愛子さまの進学が決まりました。週刊誌に書かれていたように
学習院大日本語日本文学科へ進学。
一般入試とは別に行われる内部進学の選考を経て、合格が通知。
昔と違って学習院に通う皇族は今、愛子さまだけになったこととか
天皇陛下の内親王を不合格にはさせられないでしょう。

シツコク書いて申し訳ないのですが、大変ご優秀で偏差値72東大も狙えるとか
ご優秀と何度も書かれてきましたが、これでご優秀は終了になって欲しいです。
推測では成年式前にイギリスに留学しそうな気がします。そのあとは
大学院に進学してなるべく公務をしない選択を取るんじゃないかなぁ。
眞子さま、佳子さまのように単独で公務はできるかな、鑑賞ならできそうですが。

愛子さまは幼稚園の時からずーーーーっと学習院一筋ということになります。



学習院初等科の教職員方はなにかにつけ苦労したと思います。
卒業式に両親が出席、入学式では1人で挨拶するのか。注目したいと思います。

23日は天皇誕生日ですが、一般参賀など大きなイベントは省略でしたが
記者会見の映像くらいは出すでしょうね。

宮内庁は21日、天皇、皇后両陛下の長女愛子さま(18)=学習院女子高等科3年生=が4月に学習院大文学部の日本語日本文学科に進学されると発表した。大学ホームページによると、同学科では日本語や日本文学、日本語教育に関心がある学生を受け入れ、研究・教育を行っている。天皇陛下も学習院大文学部の史学科で中世の交通制度を研究。瀬戸内海の水運を卒業論文のテーマに選び、長年にわたり水に関する研究をライフワークとしている。同庁によると、愛子さまは1月に実力考査を終え、同学科への内部進学が認められた。
現在は卒業リポートの提出に向けて準備を進めているという。記事出典 時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022100696&g=ryl

天皇、皇后両陛下の長女で学習院女子高等科3年の敬宮愛子さまが今春、同高を卒業後、学習院大学文学部日本語日本文学科に進学されることが21日、関係者への取材で分かった。一般入試とは別に行われる内部進学の選考を経て、合格が通知されたという。父である天皇陛下も同学部(史学科)を卒業後、同大大学院に進学されており、愛子さまも同じ学部で学ばれることになる。愛子さまは学習院幼稚園から、平成20年4月に学習院初等科にご入学。26年4月に学習院女子中等科、29年4月に同高等科に進学された。高等科進学後は両陛下のご公務に同行する機会も増やされている。記事引用 産経新聞 全文はhttps://www.sankei.com/life/news/200221/lif2002210045-n1.html