例年より暖冬とはいえやっぱり寒い東北、明日で仕事納めの方も多いでしょうが、
天皇皇后両陛下は26日帰りで被災地へお見舞いに訪問されました。
冷たい雨が降っていました。会話をされた被災者の方々は感激だったようです。
年末年始の東北は寒波到来、益々寒くなる東北でまだ仮設住宅で生活している
被災者の皆様方には健康に気を付けて過ごして頂きたいです。


仙台到着時の天皇皇后両陛下

両陛下が仙台到着 即位後初の被災地お見舞い 到着時だけの動画

両陛下 即位後初の被災地訪問16分と長いです。

天皇、皇后両陛下は26日、台風19号による被災者を見舞うため、被害の大きかった宮城、福島両県を日帰りで訪問された。両陛下の被災地訪問は即位後初めて。両陛下は同日午前、羽田空港発の特別機で仙台空港に到着。村井嘉浩宮城県知事から被災状況の説明を受けた後、午後に自衛隊のヘリコプターで同県丸森町へ入った。最初に阿武隈川の支流が氾濫した五福谷地区を視察。雨の中、傘を差し、パネルを手にした町長の説明に聞き入った。
その後、近くの応急仮設住宅に移動し、被災者や救助に当たった警察、消防、自衛隊などの関係者と懇談した。天皇陛下は自宅が全壊した女性を「大変怖い思いをされたんですね」などといたわり、皇后さまと一緒に被災者らの手を握る場面もあった。懇談予定のなかった入居者とも、しゃがみ込んで熱心に言葉を交わし、最後に陛下が「皆さんどうぞお体に気を付けて」と声を掛けた。
両陛下はその後、再びヘリに乗って福島県本宮市に移動。被災地を視察し、被災者らと懇談した後、夜に特別機で帰京する。
台風19号では丸森町で10人、本宮市で7人が亡くなった。宮内庁によると、両陛下は台風19号による甚大な被害に心を痛め、早期の訪問を希望。即位関連儀式が今月初めまで続いたため、年末の訪問となった
記事・画像出典https://sp.m.jiji.com/article/show/2319934

画像出典まとめました
https://mainichi.jp/graphs/20191226/hpj/00m/040/001000g/1
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191226001121.html
https://sp.m.jiji.com/article/show/2319934
動画のキャプチャー