薄いグレーの参拝服、寒いからかハイネックのジャケットを着用、
その下からシッポのようなものが見え、何かと思ったらロングドレスの
後ろにフリルが付いていたのでした。玉砂利で歩きにくかったでしょう。
確かに雅子さまはウェストが寸胴になり中年、老年体型になっていますが、
私は雅子さまの体型に対してあれこれ言えないのです。
自分も大デブではないものの、小デブ、ぽちゃりの腹デブなので
「お前が言うか~~!」なんですねぇ・・・(ノ_・。)

テレビのニュースで2か所の参拝を終えてホテルに帰る車内での
映像は雅子さま、お手振りしながらも眠そうな表情でした。
元気、元気だった雅子さまもさすがに疲れたみたいです。


徳仁天皇は相変わらずシルクハットの持ち方が他の方々と違う独特の持ち方です。
普通は他の方々のように腕を伸ばしてシルクハットを持つのですが、天皇は
肘をあげシルクハットを持つんです。 これは、皆さんと同じように持つと
シルクハットが床上30㎝~40㎝程度になるからでは、と随分昔に思ったのでした。
なぜ、あのような持ち方をするのか真相はわかりません。
誕生日会見で聞きたいことのひとつです。( ゚Д゚)

天皇、皇后両陛下は27日午前、奈良県橿原市にある皇室が初代天皇とする
神武天皇の陵を参拝し、即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わった
ことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。
天皇陛下はモーニング姿で玉砂利の参道を歩いて陵の拝所に向かい、
玉串をささげて参拝した。続いて皇后雅子さまも洋装で拝礼した。
宿泊先の同市内のホテルから陵までの沿道には、両陛下の姿を見ようと
大勢の人が詰めかけた。

両陛下は同日午後、京都市東山区にある孝明天皇陵を参拝し、28日は
伏見区の明治天皇陵で即位儀式が終わったことを報告する。
平成の代替わり時に上皇ご夫妻が天皇陵を参拝した際は皇族が夫妻で
同行したが、今回は男性皇族の減少に伴い、同行を取りやめた。
記事出典 毎日新聞【高島博之】

両陛下神武天皇陵を参拝ノーカット版

橿原神宮前駅に到着された天皇、皇后両陛下=27日午後、奈良県橿原市

両陛下は午後、近鉄線で京都駅に移動し、車で孝明天皇陵へと向かった。
陛下は午後4時すぎ、陵へと通じる坂道を上り、玉串をささげ拝礼。
皇后さまも同様に拝礼した。
両陛下は28日午前に京都市の明治天皇陵を参拝する。
帰京後の12月3日に東京都八王子市の昭和天皇陵と大正天皇陵を参拝。
同4日に皇居・宮中三殿を参拝し、一連の即位関連儀式を終える。
記事・画像出典 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112700149&g=soc

画像出典 まとめました
https://www.mag2.com/p/news/headline/426531
https://mainichi.jp/articles/20191127/k00/00m/040/062000c
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images
https://www.sankei.com/life/news/191127/lif1911270020-n1.html