天皇皇后両陛下親謁の儀 神武天皇陵と孝明天皇陵を参拝 奈良から京都へ

天皇皇后両陛下

薄いグレーの参拝服、寒いからかハイネックのジャケットを着用、
その下からシッポのようなものが見え、何かと思ったらロングドレスの
後ろにフリルが付いていたのでした。玉砂利で歩きにくかったでしょう。
確かに雅子さまはウェストが寸胴になり中年、老年体型になっていますが、
私は雅子さまの体型に対してあれこれ言えないのです。
自分も大デブではないものの、小デブ、ぽちゃりの腹デブなので
「お前が言うか~~!」なんですねぇ・・・(ノ_・。)

テレビのニュースで2か所の参拝を終えてホテルに帰る車内での
映像は雅子さま、お手振りしながらも眠そうな表情でした。
元気、元気だった雅子さまもさすがに疲れたみたいです。


徳仁天皇は相変わらずシルクハットの持ち方が他の方々と違う独特の持ち方です。
普通は他の方々のように腕を伸ばしてシルクハットを持つのですが、天皇は
肘をあげシルクハットを持つんです。 これは、皆さんと同じように持つと
シルクハットが床上30㎝~40㎝程度になるからでは、と随分昔に思ったのでした。
なぜ、あのような持ち方をするのか真相はわかりません。
誕生日会見で聞きたいことのひとつです。( ゚Д゚)

天皇、皇后両陛下は27日午前、奈良県橿原市にある皇室が初代天皇とする
神武天皇の陵を参拝し、即位の礼と大嘗祭(だいじょうさい)が終わった
ことを報告する「親謁(しんえつ)の儀」に臨まれた。
天皇陛下はモーニング姿で玉砂利の参道を歩いて陵の拝所に向かい、
玉串をささげて参拝した。続いて皇后雅子さまも洋装で拝礼した。
宿泊先の同市内のホテルから陵までの沿道には、両陛下の姿を見ようと
大勢の人が詰めかけた。

両陛下は同日午後、京都市東山区にある孝明天皇陵を参拝し、28日は
伏見区の明治天皇陵で即位儀式が終わったことを報告する。
平成の代替わり時に上皇ご夫妻が天皇陵を参拝した際は皇族が夫妻で
同行したが、今回は男性皇族の減少に伴い、同行を取りやめた。
記事出典 毎日新聞【高島博之】

https://youtu.be/An9CFB25gRk
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

両陛下神武天皇陵を参拝ノーカット版

両陛下神武天皇陵を参拝ノーカット版

橿原神宮前駅に到着された天皇、皇后両陛下=27日午後、奈良県橿原市

両陛下は午後、近鉄線で京都駅に移動し、車で孝明天皇陵へと向かった。
陛下は午後4時すぎ、陵へと通じる坂道を上り、玉串をささげ拝礼。
皇后さまも同様に拝礼した。
両陛下は28日午前に京都市の明治天皇陵を参拝する。
帰京後の12月3日に東京都八王子市の昭和天皇陵と大正天皇陵を参拝。
同4日に皇居・宮中三殿を参拝し、一連の即位関連儀式を終える。
記事・画像出典 https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112700149&g=soc

画像出典 まとめました
https://www.mag2.com/p/news/headline/426531
https://mainichi.jp/articles/20191127/k00/00m/040/062000c
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images
https://www.sankei.com/life/news/191127/lif1911270020-n1.html


コメント

  1. メープル より:

    まゆさん、連日の多くの画像をありがとうございます。雅子さまが2泊3日されると、まゆさんもお疲れですね。

    今回はまゆさんのお好きな薄いグレー系でしたね。しかし、後ろのひらひらは・・・。最初ジャケットから出ているのを見た時は、なんだこれは!と驚きましたが、ジャケット無しの後ろ姿なら、後ろで結ぶリボンのような感じもしてそれ程変な感じには見えませんでした。

    私も以前は太っている風ではなかったのですが、この2,3年であれよあれよと言う間に5㎏くらい太ってしまいました。更年期にも関係するのかもしれません。5㎏の米袋を持って歩いているようなもので、それでは身体が重いはずだわ、と思います。

    でも雅子さまは背もお高いし、太り気味でも見栄えがしていいのかもしれないですね。

    • mayu より:

      メープルさん

      そうなのでした、1泊2日なら楽でしたが、夕方到着でも出発しました、
      到着しましたのニュースが出るのでちょっと疲れました(笑)

      私は自分の服が無難な薄いグレーが好きなだけで、皇族方は色とりどり
      華やかなに着て欲しいと思っています。
      ジャケットの丈が短いのが悪かったです、ロングコートにすれば良かったのに。

      メープルさんもジワジワと太られましたか(^^;)
      友人たちは中年以降の老年は少し太っていた方が見た目が良いと言いますネ。
      もっと太りたいという友達もいるくらいです。
      それにややポチャリの方が寿命が長いとか・・・
      雅子さまは50代半ば過ぎてるのでガリガリよりは見た目が良いと思いました。

  2. yuki より:

    まゆさん、新しい記事のアップデートありがとうございました。ご迷惑をおかけしております。先ほど確認しましたが、ありがとうございました。

    天皇陛下のシルクハットはとても素敵ですね。どちらで誂えられたんでしょうか。こういうのって英国の職人さんが有名なんでしょうかね。。全然わかりませんが。。英国の女王さまの帽子は、何点か日本人の帽子デザイナーの方も作られたとか言う記事を見たことがあります。メインはもちろんご用達の英国のデザイナーの方でしょうが。。そう言えば、英国女王さまは95歳になったら引退されるだろうと言う記事が最近出ています。もちろんチャ-ルズ皇太子が後を継がれるはずですが。あと18ヶ月後ぐらいみたいです。。

    • mayu より:

      YUKIさん

      天皇のシルクハット、モーニングなどは皇室御用達の仕立て屋さんでしょうが
      どこのお店かは私にはわかりません。
      男性は毎回同じモーニングなどで簡単で良いですよね。

      エリザベス女王も生前退位されるようなのですか。
      あと1年半でチャールズ皇太子が国王になるのか・・・
      エリザベス女王も次男のアンドリュー王子のことではかなり
      心にダメージを受けたでしょう、お気の毒です。

  3. shirogane より:

     すいません⤵️⤵️途中で送ってしまいました。本当に皇后様も今まで、ご静養されていた分、しっかり取り戻す心持ちで、どんな公務などに取り組んで頂きたいと思います。でも今は、体調は好調みたいですのでそれを維持するのが一番ですね。

     先週の伊勢神宮での皇后様の十二単のお姿、これで見納めでしょう。多分、シロガネが生きている内は、もう皇后様の十二単姿を見る事はないと思います。上皇后様の時も同じでしたから。なんか勿体無いな~と思います。

     今、守谷絢子さんのご結婚式の映像を(まとめてありますので)見ておりますが、やはりおすべらかしは、地毛で結い上げるのが一番です。かつらだと今はハイビジョンですし、色々と見えますし、どうしてもお芝居の様な感じに見えます。結い上げるのに時間がかかるのは知っていますが。

  4. shirogane より:

     お久しぶりです。しばらくコメントをお送りしませんでしたが、mayuさんの記事は毎日とても楽しみながら読んでおりました。皇后様、体調の波も出ず、お出ましが続いて誠に結構な事です。

     このままの状態が、皇后様の後半生ずーーと続いていってほしいとマジで、思います。

    • mayu より:

      シロガネさん

      雅子さまは元気に即位関連の儀式をこなしていますね。
      今まで静養期間が長く動きも悪かったので、秋篠宮ご夫妻のような
      活動は無理でしょうが、この調子で頑張って貰わないと・・

      私など次代の即位式も見られるかどうかです(^^;)
      シロガネさんは今上よりずーっと若いし
      悠仁さまが天皇になるのも見られて若さが羨ましいです。

      ブログ拝見しています、絢子さんが饗宴の儀で着用していた緑色の
      ドレスがお祖母さまの百合子さまのモンタントだったのですねぇ。
      ふくよかでゆとりのある百合子さまで妊婦でも着られて絢子さんに
      よくお似合いでした。

      おすべらかしはカツラを被ってます~と分かり、映画、テレビの時代劇の
      かつら担当者からやってもらえば良かったのに、と思いました。
      絢子さんの結婚式画像も楽しみにしています(^^)

  5. nono より:

    mayuさん、こんばんは!
    陛下のシルクハットの持ち方、言われてみれば変だー!となりました、気づいてませんでした。
    やはり他のかたの位置に合うようになんですかね!?是非お聞きしたいです!
    雅子さまは私の母と年齢が同じくらいなんですが、娘(私)はいい感じに小デブなんですが、どーしても母は太りにくい体質で、いつも実年齢より更けてみられています。
    多少肉付きがいい方が、幸せそうには見えるかもしれませんね(^_^)その幸せがどこから来るのかが大事だなと思いますが(意味深)
    モデルじゃあるまいし、そこそこでいいと思います。着物は今くらいの体型がよくお似合いになるでしょうし。
    ニュースを見てて思いましたが、御陵参拝には「参拝服」というお召し物なんですね、グレーのモンタントということなのでしょうが、どうも日本は制服好きというかよくわからない決まりものを作る気がしますね(^_^;)

    • mayu より:

      nonoさん

      シルクハットの持ち方はずーーっとあんな感じなんです。
      死ぬまであの調子でいくと思います(苦笑)
      やっぱり床上何センチを気にしているのかな。

      雅子さまは若い時も太っていたので、太りやすい体質でしょうね。
      反対に太りたくても太れない方も結構いるもので、我が家の旦那も
      年々痩せていく痩せ体質です。義母も義姉も太ったのを見たことがありません。
      寧ろ、義姉は若い頃より痩せていました。
      食っちゃ寝しても太れない人もいるし、動き回ってもデブもいるし
      私は自分の体型を見ると雅子さまには何も言えないです(^^;)
      私よりまだマシな方だと思うくらいですから。

      参拝、礼拝はモンタントとは言わないのかも。
      参拝服、お長服とか、そんな感じかな。

  6. ramiri より:

    mayuさん、こんばんは。

    無理矢理な上皇天皇のなさりようは、マスコミ業界も噛んでいたのでしょうね。勝手な想像ですけど、ネットの普及で苦しくなったテレビ業界などは、この件で、かなり儲けたのでは?批判したい為に見る人もいるでしょうし、お祭り騒ぎが大好きな人も多いでしょうし。空撮までしていた生放送を見た後でmayuさんにコメントを書きお返事を読んでいてふと思いました。ニマニマしてるのを大画面で見るのは、私は苦手で、mayuさん頼みです。陛下のハットを持つ手は何なんでしょうね?

    • mayu より:

      ラミリーさん

      ネットの普及は新聞社、週刊誌、テレビなどマスメディアは
      大打撃を受けているはずです。
      嘘を書くと嘘だと証明することも出来るようになっている今の時代では、
      ガセネタ、妄想、作り話では読者も飽きる、呆れるようになりますネ。
      今は、雅子さまアゲアゲ報道が続きますが、そのうちボロが出てくるかも。
      しかし、空撮までするとは・・・そこまでやる必要あったのですかと。唖然

  7. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    雅子さまは、年齢なりにふくよかで良いと思いますね。ぺんぺん草さんが、上皇后陛下は、今の雅子さまと同じ年頃でお痩せになり過ぎで、鳥のガラのようだ、と前に書いてらっしゃいましたが、私も同感です。雅子さまの方が、安心して見ていられますよ。50,60代の女性は、少々ふくよかの方が皺も少なくて綺麗だと思います。

    と、これと同じことを以前雅子さま大批判の某ブログに書き込んだら、ブログ主からも、他の方からも、随分と叱られました。曰く「人前に出る立場なのだから見栄えを気に使うのは当たり前だ。デブなのは許せない」「何も痩せる努力をしてなさそうだからダメなんだ。それが分からないのか」とかなんとか…怖かったですねぇ。

    • mayu より:

      狗児さん

      雅子さまが痩せたら痩せたで「苦労しているからだ」とかなんとか
      天皇家擁護ブログやヤフコメ、ガルちゃんでワンワン書かれるんだから
      このくらい太っていた方が良いです(笑)

      同じく雅子さま大批判のブログも痩せたら、鶏がらとか痩せ過ぎと
      書くだろうし、太っても痩せても批判するようになっているので
      天皇家批判以外は受け付けないのだと思ってます。
      雅子さまが憎くて仕方ないのでしょう。
      信子さまは相当のデブですが批判されませんから。

      私は30代半ばからジワジワと太り始めて50代でMax60キロ越えでした。
      雅子さまのように160㎝くらいなら良いのに10㎝近く低いのに60キロ超えで
      内科医に10キロ減量と言われたものでしたが、確かに実年齢より若く
      見られることが多いかも(^^;) しかし、デブがデブと批判できないです~~
      批判できるのは、スマートでスタイルが良い方たちなのでしょうネ。

      • 狗児 より:

        三十代後半になりますと、どうしても太り易くなりますね。幾つになっても体型の変わらない女優さんやモデルは、非凡な努力をなさってるんでしょうね。

        雅子さまの一挙手一投足を悪く言う人達って、実は雅子さまが羨ましくて仕方ないのだと思います。
        同年代の一般庶民の女性は、仕事に家事に子育てに介護に走り回り、義実家や親戚ご近所さんに気を遣い、諸々の人間関係に気を揉んで、お金の苦労もある、と言うしんどい日々を過ごしています。
        一方雅子さまは、お手伝いをしてくれる人が周りに多数いらして、子育ても家事もしなくて良い、夫も優しそうですし、子供の進路について悩む必要もなし、公務も病気を理由にお休み、姑に当たる美智子さまも却って気を遣って下さるように見える…きっと「なんで、あんただけそんなにワガママ出来るのよ!ずるいわ!私だってそんな優雅な生活したいわよ。」と内心思うから雅子さまを悪く言うのでしょう。

        気持ちは分からなくもない、私も羨ましいとは思いますが、本当に雅子さまが気楽なばかりなのかな?と思う所もありますし、O田のお父様の出世欲で皇室に送り込まれた犠牲者じゃないのかと思いますし…誰かを悪く言い過ぎるって悲しいと思いますね。

        • mayu より:

          狗児さん

          私は20代は病気、ストレスでガリガリに痩せていました。
          昔の信子さまのような感じです。
          少しづつストレスが少なくなり、母の体質の遺伝もあり
          ジワジワと太っていきましたねぇ。デブは体質も大いにあります。

          雅子さまを羨ましいか?といえば、家事炊事無し、これは羨ましいです(笑)
          老後の心配、介護の心配も無し、これも羨ましい。

          しかし、ただ羨ましいだけでなく雅子さま批判がされるのは
          雅子さまが皇太子妃としては相応しくない、性格、両親の存在、
          チッソのこと、適応障害と称して15年も静養しながら遊んでいた事、
          雅子さまにも大いに原因があることはあるんです。

          私は上皇が生前退位をして、徳仁天皇が即位すると決まってから少しづつ諦めました。
          今はキチンと令和をやって次代に繋いでほしい。
          見られるかわかりませんが悠仁さまの代になって欲しいと願っています。
          なので、愛子天皇、女性天皇、女性宮家創設、これらは強く反対します。

          • yuki より:

            まゆさん、狗児さん、横から失礼します。

            一点だけ。。家事をしなくて良いので、私たち庶民から見ると羨ましいと言うのは確かにあるとは思います。私もお手伝いさんいなくて、最近アイロンがけが、手が痛くてきついんですよ。でも、こちらで富裕層や中流の上の人たちでお手伝いさんを雇うのは本当に普通の事なんです。私の同じアパ-トでもメイドさんがいる家庭は多いです。私は最初メイドさんと思われたりもしたんですよ。私の義母も週に2回はメイドさんに来てもらっています。

            上を見てもきりがないんですが、富裕層の人々の生活は凄いものがありますよ。アラブやロシアのお金持ちは自分の車の前後に護衛の車をつけて走っていたりしています。普段、あまり富裕層との接点はないんですが、リゾートホテルでお子さんのためにナニ‐を連れてきていて、全てお世話させている家族などは見る事はよくあります。

            皇室の方々を本当の庶民の生活と比べる事はできないのではないかなとは思います。雅子さまは、皇室ではなく海外赴任をされたりそのような方と結婚されていれば、家事もしなくていいし自由もあるしどこでも行けるしと、ずっとお幸せだったんじゃないかなと思います。。超富裕層だと王室のような生活でプラス自由もあるし、もちろんそれが最高なんでしょうが。。

            • mayu より:

              YUKIさん

              すみませんね、私は日本での平均的年金生活の低所得者の立場でブログを書いています。
              雅子さまと低所得者、あるいは平均的所得者の庶民と比べないで、日本、あるいは
              YUKIさんがお住まいの「海外では」の海外の富裕層と比べたらいいのですね。
              雅子さまが富裕層の方と結婚していたら、羨ましいと思うことなど無いということですね。

            • 狗児 より:

              yukiさん
              ご返信ありがとうございます。
              私も、皇室の方々の生活と我々のそれを同次元で考えてはいけないと思います。家事や育児等をしなくてよい代わりに、一歩外に出たら一挙手一投足に注目され、とやかく言われ、紀子さまみたいに並大抵でない努力をなさっても、必ず一定数悪く言う人はいて、言動の自由がないというのは、我々の想像を絶する大変さがあると思います。生活苦がない代わりの代償は、すごいものがあると思います。ヒゲの殿下は、そのせいでアルコール中毒になった、と告白されていましたよね。

              雅子さまが皇太子妃時代に公務をして来なかったことや、チッソのこと、実父の行動や特定の宗教との関係等を批判される、というのは私も十分納得します。私だってそれらについては、決して良いなんて思ってません。
              しかし、どうも見ていると、一部の人は過剰に感情的になって何に関しても雅子さまを貶めようとしているように思えます。そんな風になるのは、嫉妬、羨ましいのかなあ、でも考えたら世の中そんな甘い人生があるわけなし、皇族と我々とは根本的に違う所があるはずなのに、まあよく言うなあ、と思う次第です。

              雅子さまも海外のセレブと結婚なさっていたら、お金は幾らでも使えて、家事育児しなくてよし、国民からの批判もなし、で一番良かったんだろうなあ、と私も思います。皇室に嫁ぐということの意味を理解せず、入内なさったのが間違いの元だったんでしょうね。

              • yuki より:

                まゆさん、狗児さん、ご返信ありがとうございます。

                まゆさんのお気に障られたとしたら、申し訳ありませんでした。ただ、数日前に男女平等云々の話の中で、まゆさんも皇室と庶民を比べる事はできない、120トンの引っ越し荷物がある庶民がいますかとおっしゃっていましたね。。私は、家事しなくていい云々は、皇室とはかなりかけ離れたような事に思えました。それよりは、皇室にかかる全体の費用についてもっと考えた方がいいのではないかなと思うんです。

                狗児さん、ご意見にほぼ同感です。おっしゃるように、海外のセレブと結婚すればお幸せだったと思います。海外セレブと結婚するためにはそれなりにかなり競争が激しいのでもっと現実的な事を考えると、例えば、ご両親と同じように海外赴任だけであってもよかったのではないかと思いました。海外赴任では、家事はしなくてもいいし豊かな生活はできたと思います。

  8. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!

    天皇陛下のシルクハット、私も気になっていました。常にあの位置では、腕もお疲れになりそうですよね(^^;でもmayuさんのご推察を伺って、その可能性はオオイニありそうと思いました。
    雅子さまのお召し物は、フリルが後ろに付いたデザインだったのですね〜。私も最初、変わったデザイン?と思ってしまいましたが、ジャケットを外されたお写真で、ようやく解りました(^^;)目線外しや縦のライン強調効果もお考えでの、あのフリルだったのかもしれませんね。
    会見は、一連の行事のお疲れが出られて…と回避なさるかもしれませんね(ーー;)

    82歳の教皇さまは毎日分刻みのスケジュールで、恐らく雅子さまよりずっとハードでいらっしゃいますが(しかもアパートにお暮らしで、贅沢を拒まれます)、全てこなされていることを思うたび、お立場への「決意」や「覚悟」は、お召し物にではなく(笑)、生き方そのものに表れているからこそ、信徒以外の多くの人にも敬愛されているのでは…と改めて感じます(^^;

    • mayu より:

      イリスさん

      天皇は上半身が普通の男性並みなのに、下半身がかなり短いので
      シルクハットを下に持つと格好悪いので、ああいう持ち方をしているんだろうな、
      とずーーっと1人で思っていました。

      雅子さまのドレスは後ろに何もない方がいいのに、好きですねぇフリル。
      ジャケットをもっと長くすればシッポが見えなくて済んだのに
      誰がデザインしたのか? 変だと思わなかったのが変(笑)

      82才の教皇さまは動きなれているのでタフでしょうね。
      雅子さまの決意と覚悟のレベルが違う、人格も違うでしょう。
      私も最近はグータラで一度楽をすると動くのが苦痛になるものですねぇ。

  9. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    記事アップありがとうございます。

    このおながふく(?)は、変ですね~。
    参拝時には上着は脱がれているようなので、も少しましなデザインに出来なかったのかしら。
    或いはコートにするとか。

    今回の日程は超ゆるゆるで、昨日は橿原到着が5時近くて仕事なし、ホテルに入っただけ。
    今日は午前は神武天皇稜だけで、京都に移動して孝明天皇稜参拝が4時過ぎ。
    4時過ぎって暗くなるし、寒くもなりますよ、遅すぎです。
    秋篠宮ご夫妻なら、出発したその日の内に参拝出来るような日程を組まれるんじゃないかしら。
    やっぱり雅子サマが朝起きられないんでしょうね。
    来月の武蔵野御陵参拝後は宮城に行くまでおやすみ決定?

    丸山議員、どうせならぺんぺん草さんが書かれたような質問をしてほしかった。
    一番は、警備に莫大な税金が使われているということ。
    何もお答えにはならないでしょうけれど、お寂しいですか? では、応援してくれる人もいるんだわ!って勘違いされてしまいそうです。
    現代ビジネスとやらに、男系男子支持者(?)の真っ当な記事が出ていたのですが、コメントは秋篠宮家に絡めて否定的なものばかりでした。
    KKを切ったからといって、果たして秋篠宮家の評判は回復するのでしょうか?
    疑問です。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      11月下旬なのでロングコートにしたらシッポなフリルも見えなくて良かったのに。
      美智子さまはケープという調節のきくアィテムがあったなぁ~と思ったのでした(笑)

      2泊3日と言っても前回の日程も緩くて1日目は移動だけでした。
      2日外泊することに意味があるのが雅子さまでしょう。

      秋篠宮ご夫妻はトンボ帰りも普通にやる方々ですから動きが違うんですよね。
      それもこれも雅子さま仕様で仕方ないと、わたしはすっかり諦めてます(^^;)
      いるんですよねぇ~どんくさい人、面倒くさくて手の掛かる人。

      丸山議員の質問はぺんぺん草さんが書かれているように、いろいろ聞いて欲しかったな。
      国民は小室さんとの結婚に大反対が多いのですが、それでも結婚しますか?
      一時金辞退しても結婚したいですか? 聞きたいことは沢山ありますよね。

      現代ビジネス、読んでいないので分からないのですが、小室Kを切らないよりは
      切った方が安心、一度落ちた評判を回復させるのには時間相当の時間がかかる。
      天皇家ファンは引き続き秋篠宮家批判を続けると思います。

  10. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    画像と動画ありがとうございます。

    午前中が奈良で、午後が京都だったんですね。
    さすがに、お二人ともお疲れ気味でしょうか。
    上から三番目の画像を最初に見た時、ジャケットの裾が降りてきた!?と勝手にドキッとしてしまいました(^^;
    参拝服のウエストのフリル(リボン?)でした。

    陛下のシルクハットの持ち方は、陛下にしか解らないんでしょうね…
    (同じく長年気になっています)

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      昨日の夕方のニュースで雅子さまが眠そうな、今にも寝てしまいそうな瞬きと
      目の状態を見て、雅子さまにしては疲れたんだろうな~と思いました。
      たまにしか動かないと変わったことをすると疲れるんですよね。

      ジャケットの下から見えたシッポのようなフリルはちょっと・・・
      ロングコートにすれば良かったのに~
      天皇のシルクハットの持ち方はずーーーっとこの状態で、床上30~40㎝を
      気にしているのかも~と思ってました(^^;)

タイトルとURLをコピーしました