雅子さま5ヵ国語を話せる類い稀な語学力で相次ぐ絶賛報道!お元気そうなので全国植樹祭の式典出席を期待します

皇室

女性セブンのタイトル
「雅子さまが見せつけた日本の天皇家の力」圧巻の瞬間。
そしてネットにアップされているnewsポストセブンは
トランプ大統領も衝撃を受けた、天皇皇后両陛下の英語力
と、物凄いタイトルでした。
特に女性誌ですから、雅子さまが英語でトランプ米大統領と
話したことが絶賛されています。
紀子さま、久子さま、他皇族方は普通に英語は話せると思っていたので
こんなに英語で話したことで揉め称えるとは・・・想像通りかも。

newsポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190531-00000006-pseven-soci&p=1

女性セブンのタイトル

「雅子さまが見せつけた日本の天皇家の力」圧巻の瞬間。

雅子さまは会見を通じて、メラニア夫人とすべて英語で会話され
トランプ夫妻は、雅子さまの類い稀な語学力に衝撃を受けたに違いない。
アメリカ通商部相手の国際交渉で通訳官を務めたほど英語が堪能で、
スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語なども話されます。
並みの通訳など軽く凌駕するネイティブレベルです、とは皇室ジャーナリスト。

凄いですよねぇ。地方住まいなので標準語もまともに喋れない私なので、
日本語(標準語)の他に、五か国語も話せるとは素晴らしい~!
欧州王室には5ヵ国語くらい話せる王族もいるんです。
ルクセンブルク公国のマリア・テレサ大公妃も、英語、スペイン、フランス、
ドイツ、イタリア、ルクセンブルク語が話せます。
大体、欧州王室は固まっているので、母国語と英語は普通に話せます。
美人だけど勉強はいまひとつ・・と言われていたスウェーデン王室の
マデレーン王女も英語ペラペラで、今はフロリダに住んでいるはずです。

画像はルクセンブルク公国のアンリ大公とマリアテレサ大公妃
画像出典https://ameblo.jp/audrey-beautytips/entry-12265956078.html

これほど英語が出来ることが絶賛されるのは日本とかK国とか・・??
私の知っているフィリピン女性は母国語、英語、日本語が話せます。
だからと言って自慢することもない、かえって過剰な自慢は恥ずかしいかも。



ということで、雅子さまの外国語が得意なのは充分分かりましたが、
全国赤十字大会では日本語でのスピーチ、挨拶の映像が見られませんが
挨拶したのでしょうか? 上皇后陛下は挨拶していましたよね。

紀子さまの心労、やつれたお姿と違い、とても元気そうな雅子さま。
皇后になってからは本当に元気、元気で、晩餐会の後の懇談(後席)にも
16年振りに出席されたそうです。
明日は1泊2日と短く、スケジュールも緩いので是非!出席していただき
海外のお客だけでなく日本国民も喜ばせてくださいませ。

秋篠宮ご夫妻がお疲れ状態の今は、雅子さまに期待することにしました。
代わりに紀子さまにはご静養して頂きたいです。

天皇陛下は1日から1泊2日の日程で、全国植樹祭の式典出席などのため
愛知県を訪問される。即位後、地方を訪問される初めての機会となる。
皇后さまは当日の体調に支障がなければ同行される。

陛下は1日午後、あま市にある愛知県の伝統工芸品「尾張七宝」の施設をご見学。
夜には名古屋市の宿泊先のホテルで植樹祭のレセプションに臨まれる。

2日は尾張旭市で植樹祭の式典にご臨席。陛下はお言葉を述べるほか、スギなどの
苗木をお手植えされる。また、岡崎市の医療療育センターで入院する重症心身障害児
の院内学級などを慰問、夜に帰京される。産経新聞より 画像出典 gettyimages.、毎日新聞
全文は以下から
https://www.sankei.com/life/news/190531/lif1905310039-n1.html




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. 水玉 より:

    ラッキーさんのおっしゃる通りです。
    小室親子はまさに自分たちの生活のために眞子さまを利用しようとしています。
    これに全く気が付かない眞子さまは完全に恋愛脳のお花畑で、それをいいことに完全に詐欺師の小室に洗脳されています。

    秋篠宮さまも宮内庁もどうして眞子さまの通信手段を取り上げずに放置させておくのでしょうか。
    眞子さまは今でも毎日小室と連絡を取り合い洗脳を深めています。

    オウム真理教などのカルト教でも信者を奪還するのに家族は大変な思いをしているのに、まるでカルト教信者の眞子さまをそのまま放置してるなんて信じられません。
    本気で眞子さまを小室から奪還する気があるのか、
    本気で婚約内定を破談にする気があるんでしょうか。

    天皇皇后両陛下愛知に行かれましたね。
    調子が良さそうなので両陛下には頑張っていただきたいです。

    天皇陛下は国民を思い、国民に寄り添うと言ってくださったので、お世話になった方への借金踏み倒しが平気でいじめも謝らない、その他色々、皇室利用甚だしい詐欺師の小室は絶対に認めないでいただきたいです。

    小室のような者を認めれば皇室が詐欺師、犯罪者を認めることになり、皇室崩壊、日本の道徳観の崩壊、犯罪国家日本になり、日本の崩壊に繋がります。

    眞子も詐欺師の片棒を担いでいるのと同じです。
    犯罪に加担しているのと同じです。
    眞子の名誉総裁、眞子の公務も中止していただきたいです。

    眞子の名誉総裁も公務も国民にとっていい迷惑です。
    名誉総裁職、公務先、訪問先にも失礼になります。
    眞子は小室といつまでも切れないことが、国民に失礼になること、国民に迷惑をかけていることが分からないんでしょうか。

    宮内庁に電話するときは眞子の破談と公務中止についても必ず話しています。

  2. よしだ より:

    通りすがりの者ですが…、記事を拝見させていただきましたので…コメントさせていただければと思います(すみません…)。

    ルクセンブルク公国のマリア・テレサ大公妃が6ヶ国語を操れる…というところなのですが、スペイン語、イタリア語、フランス語は、もともとラテン語がルーツなので言語が似ています。
    特に、スペイン語とイタリア語は「スペイン語とイタリア語でケンカできる」と言われるほど似ていて、かくいう私も、第二外国語でイタリア語を選択しましたが、初級レベルでもスペイン語はなんとなく理解できてしまいます。
    また、ルクセンブルク語はドイツ語の「方言」を国が「ルクセンブルク語だ」と規定したものです。
    お友達のフィリピンの方が、タガログ語と英語と日本語が話せる…とのことでしたが、フィリピンは文化の大半がアメリカナイズされていて、「英語」は公用語なので、しゃべれるのは当たり前かも…(しれない…)。

    大学時代にお隣のK国や中国から留学生が複数来ていて、彼らを見ていて気がついたのが、「日本人ってそもそも言語習得がすごく下手な民族なんだな」ということでした。
    彼らの言語習得のレベルは、まさに「土が水を吸うごとく」どんどん吸収して、グイグイ成長していく高さなのですが、かたやこちらは中高6年間勉強した英語もロクにしゃべれない状況なわけです(苦笑)。

    そのため、雅子様を絶賛されたジャーナリストの方というのは(原文を拝見していないのですが…)、「そもそも言語習得が苦手な日本人である雅子様が、母国語のほかに、ルーツが違う言語を複数操れてすごいね」という意味ではなかったかと思います。

    雅子様がお小さい頃使われていたロシア語についても、忘れてしまう帰国子女が多い中、30過ぎても維持していることは、やはりすごいことだと思いました(私の知り合いの娘さんは、小さい頃はオランダ語ペラペラだったそうですが、今ではほとんど忘れてしまっていると言っていました)。

    個人的には、雅子様は非常に「言語習得レベル」が高い方なのだな、と思いました。言語の習得が早い(維持できる)方は往々にしてみなさん頭が良いので、やはり雅子さまが「非常に優秀な方」というのは、本当のことなんだなぁと思います。

    • べるもんと より:

      mayuさん、再び横から失礼します。

      >雅子様がお小さい頃使われていたロシア語についても、忘れてしまう帰国子女が多い中、30過ぎても維持していることは

      はたして本当に維持していらっしゃるのか?
      ご成婚後すぐにあった宮中晩餐会で、ロシア語が堪能であることを売りの1つとしていた雅子様は、ロシアのエリツィン大統領の隣に着席でした。
      当時はその様子がテレビで生中継されていましたが、雅子様とエリツィンさんが和気あいあいと会話なさる図はなかったと記憶しています。
      少々のやり取りはありましたが、通訳を介していたはず。それもほんの少々で、その後、エリツィンさんは正面を向いて、目を瞑ってしまわれたんですよね。まるで拒絶のように見えて衝撃でした。

      意地悪なツッコミかもしれませんが、外務省職員として、そういう場での通訳の経験があるはずの雅子様にしては緊張でガチガチのご様子で、あれほどご優秀と謳われていた方の実態はこんなもんかと、拍子抜けしたのでよく覚えています。

      当時から雅子様は持ち上げられすぎだと思います。
      そうすれば「使いやすい方」なのでしょうが、国民にそれを過剰に強調するのは、私みたいな重箱の隅をつつきたがる意地悪おばさんには逆効果です(笑)

      • やしま より:

        私も、もう何年も「雅子さまの日本語」すら聞いたことがありません。今回も映像は出るけど、音声はなし。
        別にどーしても外国語でしゃべらねばならないことはないんですよ。通訳を介したっていいじゃないですか。
        皇室なのですから、一番大切なことは「美しい日本語を人前で話せる」ということです。
        まずはここから始めていただきたいです。

        週刊誌話は、ガセが多いです。
        「だそうだ」「のようだ」を、そのまんま信じる方って、ものすごく素直な方なのか、それとも??

        • 餃子大好き より:

          mayuさん、こんばんは
          よしださん、べるもんとさん、やしまさん、横レス失礼します。
          雅子さまの5か国語とか、
          マリア・テレサ大公妃の6ヶ国語とか、
          私から見れば全然大したことありませんよ。

          福岡ソフトバンクホークスの登録名リック・バンデンハーク(本名Henricus Nicolas van den Hurk)投手は、
          母語であるオランダ語はもちろん、
          英語、ドイツ語、スペイン語、フランス語を操る上に、
          韓国のKリーグに所属した時には韓国語を習得し、
          2015年にホークスに来てからは日本語も習得し、
          計7か国語を話せるんですよ。
          野球を本業としながらこの言語習得能力、これこそ大したもんです。

          バンデンハークはオランダ代表として2017年WBCに参戦し、
          ホークスでは昨年の日本一に貢献しましたが、
          2016年複数年契約を結んだ途端に故障と称しシーズン後半戦線離脱、
          今シーズンも春季キャンプ中に腰の異常を訴え開幕以来公式戦未登板と、
          雅子さま同様、体調の波で仕事を休む(サボる?)癖があります。

          やしまさんが記しておられるように、外国語を操る能力より、
          皇族はまず美しい日本語を話しご公務を果たすこと、
          野球選手は公式戦で結果を出すことが大切ですね。

          ちなみに英語力だけで言えば、皇族の誰よりも、
          小室圭が堪能なのではないでしょうか?
          だからといって、彼を皇族に迎えて皇室外交なぞさせたいとは誰も思いません。
          英語を流暢に操っても、中身のある話ができるとは思えませんし、
          人間性が皇室に向かないことは、火を見るよりも明らか。
          皇族はまず、人間性で国民の尊敬を得ることが第一ですね。

          • 餃子大好き より:

            追伸です
            よしださんのコメントのうち、

            >言語の習得が早い(維持できる)方は往々にしてみなさん頭が良いので

            という点には、賛成です。
            バンデンハーク投手ばかり引き合いに出して恐縮ですが、
            ホークスのコーチ・選手の話によれば、
            非常に研究熱心で頭が良い選手だそうです。
            野球選手といえば、天然で有名だった長嶋茂雄氏で誤解されがちですが、
            もともと地頭の良い人が多いです。
            野球に限らず運動のできる人は、勉強はじめ他の能力も高い。

            高校時代ソフトボール部で捕手だったという雅子さまも、
            地頭が良く言語習得能力が高い方であるのは事実でしょう。
            ただ、その優秀な頭脳が本当に生かされる場所は、
            皇室ではなく外務省だったという感は今でも否めませんが、
            皇后という立場につかれた以上、改めて皇族としてのスキルを積まれ、
            失われた十数年を取り戻していただきたいと、期待しています。

            以上、超がつく運動音痴で、当然の如く勉強も出来ず、
            もちろん英語も習得できなかった餃子大好きの管見でした(笑)。

    • さり〜まま より:

      雅子さんのロシア語の能力ですが、幼い頃に覚えたロシア語をキープ出来ているのはすごい、とおっしゃっていますが、それはおかしいですよ。
      雅子さんのモスクワ滞在は幼少期、小学校入学前です。
      日本の小学校入学前の子供達、どんな日本語(母国語)を話しますか?
      そう、幼稚園児の日本語です。
      だから、幼少期のロシア語キープだけでは、使い物にならないんです。
      その後のレベルアップが必要です。

      韓国に、キム・ジェウクさんと言う俳優がいます。
      父親の仕事の関係で、赤ん坊の時に来日し、小学校入学頃まで日本で生活していたそうです。
      小学校で帰国して、韓国語では、随分苦労したそうです。
      俳優としてデビューして、映像の中で日本語を話したり、日本の俳優と共演して、日本のメディアにインタビューされたりしてますが、知らない人が見たら、全く日本人の日本語です。
      そんな彼の経歴を、マスコミは、子供の頃日本で暮らしていたから日本語がペラペラと言いますが、私は違うと思います。
      今でこそ、ネットで外国語のメディアに気軽にアクセス出来ますが、彼の時代は、韓国では日本語のメディアに触れられる機会は、非常に少なかったと思います。
      ですが、彼は、日本人の友人を作ったりして、日本語をその年齢に相応しいレベルにアップする努力をし、大学では日本語を勉強して、そうやって今、大人としての日本語の会話が出来るんです。

      確かに、子供の頃に習得した外国語の発音は、ネイティヴに近い発音になります。
      でも、日本の幼稚園児の日本語を想像して下さい。
      日本人の我々だって、小学校に上がって、日本語のレベルを上げていきます。
      もしかしたら、雅子さんのロシア語の発音は、普通の日本人のロシア語よりキレイかもしれません。
      ですが、それ相応の努力がなければ、社会で、ましてや公人として、使い物にはならないと思います。

  3. ゆきんこ より:

    mayuさん、おはようございます。

    さんざん気を持たせて、皇后陛下は愛知県行幸啓にご出発なさいました。

    今日も、白っぽいグレー?なスーツでの装い、なぜ膨張色の白がお好きなのかとも思いますが、
    皇后陛下が黒や紺をお召しになると、威圧感を感じられる(これはスリム、比較的にですが、なころでもそうでした)と思います。

    英語力については、こういう外交の場では、英国のフィニッシングスクール卒の信子さまが最適な感じですね。

    紀子さまは発音はおきれいですが、小学校時代の半分以上をアメリカやオーストリアのインターでお過ごしになったからでしょう。
    何年間ではなく、何歳のときというのが重要らしいです。

  4. やしま より:

    私もそう思います。「他に褒めるところがない」
    皇族の素養としては、「英会話」は必須のことではないかと。そして皆さん、日常会話ぐらいお話できると思います。それを各誌が殊さらに強調すると、かえって妙なことに気がつかないのか、それとももしかしたら褒め殺しなのか!

    反対方向の話で、「外国人なのに日本語ペラペラ」って、まさに今の大相撲のモンゴル力士たち、皆そうじゃないですか。イントネーションまですばらしい日本語ですよ。かの朝青龍は日本語(標準語)ペラペラの上、土佐弁も流暢だったそうで。
    西欧人にとって、近隣の言葉というのは、日本人が標準語以外に各地の方言を話せるのと同程度ではないかと私は思っています。

    こんなことしか褒められないのは、日本人としては恥ずかしい。つまりは現皇后のファッションセンスやら、所作については、アカーン!ということなのかも。美智子サマのときはその辺り、随分ageられていたものですが。

    これで、植樹祭には欠席だったら、大笑い。ま、週刊誌はまた大げさにフォローするか、全くスルーするか、でしょうね。

  5. ラッキー より:

    おはようございます。
    記事とは関係無いですが、ミラージュさんのグッディの話を少し。

    kkがらみで出てくる人皆さん残念!な感じです。
    今回の親友は少しでもkkの印象が良くなればと出て来ましたと言ってましたが。

    倹約家、節約家と言ってましたが、(エピソードは思い出せない!何か言ってたかな?)これは自分のお金は、びた一文出さないって事です。だって人のお金は使いたい放題!
    思い出すと帝国ホテルの写真館や、5万の靴等。
    人のお金で留学もするし、よく言うわと思いました。

    あと、とにかくお母さんが大事で仕方が無く心配で、そこの所の話が長かったです。行事で会うと僕にも挨拶してくれた、そんなエピソードでした。

    眞子さまのと話は一切出ず、トンチンカンな話でした。8月留学前に秋篠宮様に面会拒否されて、それが物凄くショックだったと。

    安藤さんのコメントは、小室さんのお母さんの話は良く分かりましたが、じゃあ眞子さまとどうしたいのか?その話が全く無くて、繋がらなくてと言ってました。

    やっぱりこの親子はフツーじゃないです。
    まず一番大事なのはお母さんで、自分達の生活の為に眞子さまを利用してると再認識しました。

  6. いずみ より:

    皇室典範が変わらなかったら、令和が終われば秋篠宮殿下や悠仁さまが天皇になられるんですよね。雅子さまが回復して皇后のお務めなさっている間に、紀子さまは粛々と一生懸命子育てされたらいいんじゃないかしら。子育ては大事。一番大事。雅子さまや紀子さまを見ていて、子供を見てくれる人がいていいよなぁと思ってもきましたけど、案外安心して任せることができる人はいなくて大変だったのかもしれません。子供のことで悩むのは、世の親とみな同じ。
    悠仁さまが誠実で信頼できる人柄に育てば、天皇制がどう変わろうと、力になって応援してくれる人がきっとたくさん現れてくるはず。紀子さまはめげずに頑張って欲しいなぁと思います。

  7. しろ より:

    こんばんは。
    yahooニュースの天皇皇后両陛下の語学力ニュースはタイトルだけで恥ずかしくて。。。やめてーって叫びそうです。(不敬ですが、やめてあげてー!!って笑いそう)
    それより、しきりに話しかけて落ち着きなく、威厳なく見えたのが気になりましたよ。英語凄い記事はそういう何かのフォローなのかな?ご挨拶でメラニア夫人と秋篠宮様の会話に入った時と晩餐会の始まる前に雅子様が大統領に話しかけられた時に、紀子様がフォローしたり、心配そうな顔を向けられたのが気になりました。会話内容に問題あった?とか。。。もしかすると雅子様のフォローで雅子様より紀子様の方が疲れたのではないでしょうか、など色々想像してしまいました。

    正式な会談では通訳を介するのがプロトコル、中国の周きんぺいさんなんかは、英語ぺらぺららしいですが、英語で話することはないと聞きいたことがあります。語学がお出来になるのは素晴らしいことですが、先ずは落ち着いて、そして正式な場では直接話すのを控えて通訳を介する方がスマートだと思います。

    明日の植樹祭、雅子様の予定外同行期待しています。車から少しお手振りされるだけで、拍手喝采ですよ。きっと。(いやみじゃなくて、心から頑張ったねーと思います)

  8. メープル より:

    まゆさん、おはようございます。

    やっぱり褒め称えすぎですよね。私も、雅子様が何か国語も話せるのは知りませんでしたし、今回初めてそう書かれたのではないですか?
    ロシア語は幼少期にロシアに住んでいたからなのですよね。でも普段使わなかったら、母国語以外は忘れてしまうと思うんですけど。

    そう言えば、少し前、天皇陛下が皇太子時代にどこかでフランス語でスピーチされてませんでしたか?そういう機会にご一緒に練習されているのかもしれませんね。

    それはともかく、今週末が楽しみですね。マスコミもあまり過剰に褒め称えず、プレッシャーにならないように、一定のペースでご公務されやすいようにした方がいいと思います。

    そしてやはり紀子様には少しご静養して頂きたいです。

  9. イリス より:

    mayuさん、続々の記事アップありがとうございます(^_^)
    ハンドルネームや匿名で、自由に感想や意見を発信できるのは、プライバシーが守られる良さがある半面、それを逆手に取って、自分は安全な場所にいながらブログ主さんを名指しで攻撃したり、ストレス発散をするような人が必ず出てきますよね(-_-;)
    mayuさん、お疲れだと思いますがどうぞお続けになってくださいね。いつも応援しています(^_^)

    雅子さまが並みの通訳を凌駕する、…随分とプロフェッショナルの通訳の方々に挑戦的な表現ですね。通訳というのは、外国語の前に、母国の文化や母国語に対しての高い教養と、豊かな語彙、表現の幅、センスなどが備わっていないと務まらないお仕事だと思います。
    …失礼ながら、まだ会見をしていらした頃の雅子さまの言葉のチョイスや、やたらに「10年」、「馬」、「ですけれども」が繰り返される不自然な流れのお話しぶりなどに、違和感を覚えました。
    確かお妃教育の時も、(教科書だか講義が)英語ならよく解るのに、のようなことを仰ったとか何とか…。もしやこの方は、日本語がアヤシイのではないのだろうか、と不安が過りました(゜д゜)
    たとえ外国語をいくつ操られたとしても、土台となる日本語が厳しいレベルでは、プロフェッショナルの方々と同じ土俵で語るのはいかがなものか…と思います。
    そんなに絶賛されるマルチリンガルだというなら、リアルタイムで音声を流していただいて、ドイツ語やフランス語、ロシア語のスピーチや会話などで、ぜひ証明なさってほしいものです。(いつぞやのエリツィンさんとも、スムーズに会話が弾んでいるようにはとても見えませんでしたがf(^^;)

    もはや、「愛子さまご優秀説」と大差ない感じになってきている気が…(笑)。

  10. ミラージュ より:

    ヤフートップに出てましたね~。
    タイトル見ただけで内容まではとても読む気はしませんでした。
    というか、私の脳内では、トランプさん、雅子様の余りにもカジュアルな英語に驚愕した!
    となっていました。
    メラニア夫人は、きっと親しみを感じたでしょうね。
    アラ、私と変わらないレベルの英語っ! ってね。

    いつの間に5カ国語に増えたん?と思ったんですけど、10年以上引き込もっていた間にきっと語学に研鑽を積んだのでしょう…ね?!

    マスコミこぞっておだてて貰って、どんどん木に登っていただきましょう。
    紀子様も安心して静養できますから。
    前にもコメントしましたが、明日の公務は通常は2泊3日。 それを雅子様用に1泊2日にし、尚且つお帰りは壮大な税金無駄遣いして、特別機ですからね~、出るっきゃないでしょ!

    今日のグッディは、小室圭の親友の証言とやらをやっていて、彼は浪費家ではない、倹約家だ
    とか、とても気遣いをする人間だ とか、アナウンサーが一生懸命アゲアゲしてました。
    いつもの木村さんともう一人の男性コメンテーターは、僕たちはずっと二人が結婚出来るよう応援してるとか言って
    報道内容にニコニコでした。
    一方、安藤さんは、ムムム……と、言葉を呑み込んでました。こっちが正しい日本人ですわ。

    まだ先のことですが、秋篠宮様のお誕生日会見迄に決着がつくことを願っています。
    お誕生日会見と言えば、雅子様、今年はされますよね? 日本語が不自由なら英語でも宜しいので是非お願いしたいですね。

  11. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    記事更新ありがとうございます。

    記事冒頭のお三方の画像ですが…
    よく見ると、それぞれが違う方向を見ていて
    何故だかツボに入って笑ってしまいました…
    (^^;

    「類い稀な語学力に衝撃」って、何だか凄いですね。
    フランス語とスペイン語、ドイツ語が話せるのは知りませんでした。

    植樹祭、雅子さまが出席なさると陛下も嬉しいんじゃないですか。

  12. メラニア より:

    mayuさま やはりメディアは他に褒めるところがなかったのですね〜 眉毛〜

タイトルとURLをコピーしました