誰も愛子さまには何も期待していないでしょ^^;
ただ健やかに無邪気な笑顔でいてくれたらそれで良し。

皇太子、雅子(サマ)、その他、周りの方々はどのように
愛子さまを思っているのか、わかりませんが
私はごゆっくりさんの愛子さまが激痩せするほど
無理をする必要もないと思っています。
というか、近頃特にそう思えてきました。

「親の因果が子に報う」の諺どおりになっているような
その犠牲者が愛子さまではないのか。
とてもお気の毒な方なので、福々しい笑顔を振りまいてくれる、
それだけで良いと思っているのです。

週刊誌の記事も突っ込みどころ満載ですが、あまりの暑さ、今回は
暑気アタリでもしたと思う事にしました(笑)

ボブスタイルになった愛子さま 英国留学はエコノミーでご出発

NEWSポストセブンより抜粋

https://www.news-postseven.com/archives/20180727_727600.html

イギリスへの短期留学へ出発される皇太子ご夫妻の長女・愛子さまの
ご様子をキャッチした。
7月22日午前中、夏休みが始まり混み合う羽田空港の国際線ロビー。
そんな雑踏の中に、学習院女子高等科の同級生たちと並んで、
ワインレッドの大きなトランクケースを引く愛子さまの姿があった。
愛子さまが海外へ旅行されるのは、4才のときに皇太子妃・雅子さま(54)の
療養に同行されたオランダ旅行以来12年ぶり。
今回は学習院女子高等科の短期留学プログラムを利用してのもので
“ひとり旅”となられる。
エメラルドグリーンのトップスに黒のパンツ、グレーのスニーカー。
ひときわ目を引いたのは、きれいに櫛を入れられたボブスタイルだった。
流行に敏感なお年頃らしくほほえましい。
雅子さまのご体調に波があるため、愛子さまの生活も乱れがちとささやかれる中、
約3週間の旅はいいきっかけとなられるかもしれない。

中略

ボブスタイルになった愛子さま 英国留学はエコノミーでご出発

愛子さまの今回の留学は、公務ではなく、あくまで学校行事という位置づけだ。
「飛行機はエコノミークラス。男性の侍従はお供せず
、60代の東宮女官と20代の出仕の2人だけが付いていきました。
とはいえ、2人は皇太子ご夫妻との連絡係というスタンスで、
留学中、愛子さまにぴったり張り付くことはなく、宿泊する建物も別になるそうです。
ほかの生徒と助け合いながら生活する愛子さまを、適度な距離を置いて
見守りながら過ごす予定です」(宮内庁関係者)
愛子さまは、この留学を心待ちにしてこられたようだ。
英語の勉強に熱心に取り組まれ、家庭教師とだけでなく、
皇太子ご夫妻とも英語で日常会話をされることもあったそうです。
海外からの賓客とも直接、積極的にコミュニケーションを取ってこられて、
準備は万端でしょう」(学習院関係者)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。