皇太子と雅子さま 最後”の全国育樹祭の式典*美智子さま水俣病著書石牟礼さんの新作能鑑賞

天皇皇后両陛下

眞子さまと小室Kの結婚問題で秋篠宮殿下の誕生日会見が注目されているうちに、
退位まで半年切ってしまいました。来年5月1日からは新天皇皇后になり、
皇太子の公務も「最後」がつくようになってしまいました。
雅子さまは前日の第42回全国育樹祭の「お手入れ行事」に参加しましたが、
その後の懇談会は欠席。18日の式典に出席する為だろうな・・と書きましたが、
やはり式典には出席、式典後の育樹祭大会関係者との御昼食には欠席したと
思われます。出席したら記事にも書かれ画像もアップされるはず。
記事も画像も全く無いので欠席で間違いないでしょう。
ニュースでは2日続けてお出ましと放送されていますが、行事と式典だけ、
懇談会と昼食会は欠席で2日続けてと褒められるようなことでしょうか。
マスコミもあまり雅子さまをアゲない方が良いと思います。
で、雅子さま皇后になっても今のような式典、儀式のみ出席、懇親会のようなものは
欠席で済ませるつもりなのでしょうか? これが平成流?
今はマスコミも2日続けて・・と雅子(サマ)アゲをしていますが、新皇后になったら、
当然、美智子さまと比較され続けるでしょうね。

18日は美智子さま、水俣病患者の過酷さを描いた著書「苦海浄土」で知られる
故石牟礼さんの新作能を鑑賞しました。
美智子さまとは生前にも交流があり、2013年熊本県を訪問した際、患者と面会、
石牟礼さんが2月に亡くなられた時は、美智子さまは献花に行きました。
次期天皇皇后になる2人が、熊本県訪問の際、水俣病患者と面会どころか、
水俣病慰霊碑に献花すら出来ないことになるだろうと思います。
皇太子夫妻は水俣関連は全部スルーしています。

今の時代なら、眞子さまと小室Kの婚約内定にネットで大反対の声に反応し、週刊誌も
いろいろ書いていますが、皇太子と雅子さまが突然婚約内定発表したのは1993年1月19日、
25、26年前はまだインターネットが普及していなかった時代で、私のような庶民は
週刊誌やテレビで報道されたことをそのまま信じ込んでいたのでした。

皇太子殿下と雅子さま 最後”の全国育樹祭の式典に出席




皇太子さまは毎年、地方で開かれる七つの行事への出席を恒例とされてきた。
今年は17、18日に東京都内であった全国育樹祭が締めくくりの行事となる。
育樹祭は1977年に始まり、年ごとに開かれる都道府県が替わる。
皇太子ご夫妻時代の天皇、皇后両陛下が第1回から出席し、全国植樹祭で
昭和天皇と香淳皇后が植えた樹木の手入れをしてきた。皇太子さまは、
陛下が即位した89年から出席する。高校総体や献血運動推進全国大会など
四つの行事も両陛下から受け継いだ。
一方、国民文化祭と全国農業担い手サミットは、皇太子さまから参加するように
なった行事だ。ご夫妻で出席することもあり、療養中の皇太子妃雅子さまは今年
、育樹祭を含めて三つの行事に出席し、滋賀県と大分県を訪れた。
ご夫妻は来年5月以降、植樹祭や国体など両陛下が出席を恒例としてきた行事を
引き継ぐ。皇太子さまが関わってきた七つの行事は、皇位継承順位1位となる
秋篠宮さまらに引き継がれる見通しだが、宮内庁が秋篠宮さまの負担を考慮し
ながら調整している。毎日新聞 画像出典 毎日、朝日、時事通信 、産経

美智子さま水俣病の被害を訴え続けた石牟礼さんの新作能鑑賞

皇后さまは18日、東京都渋谷区の国立能楽堂を訪れ、生前に親交があった
作家の故石牟礼道子さんの追悼公演で、石牟礼さん原作の新作能「沖宮(おきのみや)」
を鑑賞された。石牟礼さんは水俣病患者の過酷さを描いた著書「苦海浄土」で知られ、
今年2月に90歳で死去。皇后さまは4月、都内で開かれたしのぶ集会にも、開会前に
会場を訪れ献花した。
沖宮は、石牟礼さんの出身地、熊本県天草地方を舞台に、村のために人柱となった少女を、
島原の乱で亡くなった天草四郎の霊が導く物語だ。皇后さまは真剣な表情で見入った。
水俣病の被害を訴え続けた石牟礼さんは、皇后さまに手紙を送るなどし、
胎児性患者との面会を求めた。
天皇、皇后両陛下は2013年、熊本県を訪問した際、患者と面会した。(共同)




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. やしま より:

    「女性自身」最新号記事なんですが、秋篠宮殿下のお誕生日近くになってもこのアリサマでは、会見時破談報告は絶望的ですね。

    女性自身
    「眞子さま 小室圭さん問題会見目前「親子会議」拒絶!
    秋篠宮さま「連夜自暴酒」

    女性自身|最新号|雑誌|光文社

    今さらながら、なぜ調査しなかった?という疑問であちこちめぐると、これも過去週刊誌記事に出ており、公安警察宮内庁が「いろいろあるみたいですよ・・お調べしたほうが」と秋篠宮殿下に進言したにも関わらず、「いやぁ~大丈夫でしょう~」という感じで、調査をお断りしたとか。
    こちらも「調査拒絶」ですね。ここで食い止めておけば、殿下ご自身が「連夜自暴酒」になんぞならなくてよろしかったのに・・
    皇太子の酒好きは有名ですが、秋篠宮殿下が痛飲することは余り知られておらず、不整脈持ちの殿下が初冬の夜に、こんな生活を送られているとしたら、お体が持ちません。

    眞子さまは、そんなご両親、ため息ばかりの佳子さま、中学進学を控えて勉強に大変なはずの悠仁さま、ご家族全員に対して非常に罪なことをなさっている自覚が全くないとしたら、父上殿下の「伝家の宝刀」で、皇籍離脱を眞子さまに宣言していただきたいと思うほどです。
    皇室特権がなくても、K氏と結婚したいというのならどうぞと思います。(K氏のほうでさっさと逃げていくと思いますけどね)

    しかしこのブログってすばらしいなと思います。
    いろんな方がコメントしておられる。
    コメントしやすい雰囲気なんだと思います。
    皇室に関心を持ち始めたばかりの方も、どんどんお書きになり、知らなかったことは、主さんからの直接指導でお勉強。すばらしいです。

    チッソの祖父
    そりゃあもお、できるだけ阻止しようとしましたとも。「(雅子さんが入内したら)国会にむしろ旗が立つ!」と大反対した国会議員もいました。
    けど、ダメだったんです。
    皇太子は執着するし、旧宮家の血を引く方やら高貴なお家柄の方は美智子サマが拒否なさってしまわれて。
    あの方は、まさに「残り物」だったんです。
    国民も何となくもやっとしながらも、「他に入内してくださる方もおられないようで、皇太子さまがいつまでも独身なのはお気の毒だし、何よりも皇太子さま自身が、雅子さまへの恋情をとめられないのなら、仕方がないわね」という感じでした。
    皇太子殿下は当時としてはやや年齢も高目になっておられました。

    入内なさる方にとっては、「三代前までは、立派な日本人」というのが基本中の基本でした。(「立派」というのは、日本人として行い正しいという意味です。チッソの祖父はそういう意味では立派ではありません。そして「純粋日本人」であることも大原則)

    ところが、実は上記のこの大原則を崩したのは、美智子皇后なんです。皇后の母方の祖母って、名前もわかってないんですよ。(祖母というのは、美智子皇后から見て三代前)
    皇后の祖母は、中国人かもしれないし、西欧人の血が入っていたかもしれない。富美子さん(美智子皇后母)は、「大陸夫人」と呼ばれ、純粋日本人ではないと喧伝されていました。
    後で宮内庁は「もう少しちゃんと調べるべきだった」と反省していますが、時既に遅しでした。何しろ結婚してすぐに徳仁殿下が誕生して、美智子皇太子妃(当時)のことをとやかく言える雰囲気ではなくなっていたからです。

    ※長くなり、すみません m(_ _)m

    • mayu より:

      やしまさん

      女性自身最新号の紹介ありがとうございます。
      タイトルを見たら気になりました~~本当かしら。
      たかが週刊誌、されど週刊誌。
      公安警察宮内庁が「いろいろあるみたいですよ・・これは
      週刊新潮だったかな?婚約内定会見前に記事が載った記憶があるのですが。
      最近、次から次へと小室Kの記事が出るので忘れて困りました!
      全部の週刊誌記事を書いているわけでもないしなぁ。
      個人的には、小室Kのせいでは無いにしても、父親、祖父の
      二代に渡って自殺、これでダメです。皇室と合いません。
      早期発見早期治療じゃないけど、結婚という大事なことに
      秋篠宮殿下はあまりにも呑気過ぎ、危機感無さ過ぎ。
      ネットでみんな大反対の声を出しているのに・・・・

      眞子さま1人で秋篠宮家の評判がガタ落ちです。
      特に眞子さまと小室Kの結婚話題から皇室に興味を持ち始めた
      おそらく若い年齢層は、今までの秋篠宮ご夫妻の忍耐、努力を
      知らない人達も多く、闇雲に秋篠宮ご夫妻、佳子さままで
      批判されている辛い状況になってしまいました。

      本当にどーしても小室Kと結婚したいなら、皇籍離脱、
      一時金無し、皇室と関わらない、縁を切る、NYで圭与さんと3人で
      自活してください、日本には来ないでください。
      これなら好き勝手にやればよろしい。

      あれ、ここんとこヨイショが続きますが(///△///)
      私も知らない事が多くて、やしまさんはじめ、詳しい方々に
      助けてもらいながらブログやってます。

      雅子(サマ)はイギリス留学中にワイドショーで追っかけ取材をした人に
      きっぱり「(皇太子妃になることは)無いです」と言っていた時点で
      この人はならないだろうと思ったのに、夜8時過ぎかな?
      突然の婚約速報で小和田雅子の名前が出た時はビックリしましたねぇ。
      あれから始まったのでした・・・( ´Д`)=3 フゥ

    • YUKI より:

      まゆさん、やしまさん、ご教示ありがとうございました。私は、少し外人かぶれしているのかもしれませんが、おじいさまの事はそれはそれとして、これ以上責めない方がいいという気持ちは変わりません。

      皇室と言うところはとても特殊な環境で、中はとてもどろどろして庶民にはあり得ないような事があったりするのではないんでしょうか。そのような環境で精神的に参ってしまうのは十分あり得ますし、精神科医の方針によってはお薬が合わなかったかもしれないですし。私は雅子さまの人生についてはとても同情しています。イギリスのチャ-ルズ王子もウイリアム王子もご公務や勲章の授与などは基本はお一人でされているように見えますし、皇太子さまがお一人の公務もあまり責めなくていいと思います。

      • mayu より:

        YUKIさん

        日本国内で見る皇族と、ヨーロッパから王室と比較してみる皇族では
        凄く違いがあるはずです。 マスコミの対応からして欧州王室と
        日本の皇室では全く違い、皇室は秘密主義の傾向が強いみたい。

        病気が長引くならセカンドオピニオンを置くのが普通なのに、
        必要はないと皇太子は会見で言い切りました。
        雅子さまの祖父だけでなく、雅子さま自身にも問題があるんです。
        15年間の療養生活を見て、いろいろ思うことが出てくるのです。

        • YUKI より:

          まゆさん、ご返信ありがとうございます。何度もコメントして申し訳ないので、一点だけ加えさせてください。
          適応障害と言う病名だと言う事ですが、躁鬱病と似たような精神的な病状なんでしょうか。精神科の病気と言うのは見た目は元気なように見えても、突然最悪の事が起こるように危険な事があると思います。ですので、日々の行動は精神科医の言う通りしかできなかったのではないかと想像するんです。うつ病で精神科に自分の意志で入院しても、自分の意志でよくなったからと判断して退院できないですよね。国の行事に出て、全国民が注目するわけですから、精神科医は一つ一つ出ていい状態かまたその時間は何時間か等アドバイスしていたのではないかなと、私は思うんですが。

          • mayu より:

            YUKIさん

            私自身が長年のパニック障害で心療内科に掛かっています。
            昨日も行ってきましたので、精神的な病気については
            沢山本を読んだので、多分健康な人より分かると思っています。
            最初は本当に適応障害だったでしょうが、途中から
            病名が変わったのではないか?と疑問に思いました。
            双極性Ⅱ型ではないか、と書いた精神科医がいました。
            私もそれっぽいのでは?とも思いました。
            他に非定型うつとか。適応障害だけで15年静養、、、(・・?
            以下の雅子さまの病気について書いた投稿を読んで頂きたいです。

            https://koredeii.com/?p=7298

            https://koredeii.com/?p=8231

            • YUKI より:

              まゆさん、ご自身がパニック障害であられるというお話しで、本当に大変ですね。どうぞお大事になさってくささい。沢山の記事やコメント欄のご返事もいつもありがとうございます。お仕事もなさっていると言う事ですが、あまり無理をなさらないで下さい。

              私は、自分自身ではないんですが、昔、アメリカで日本人の友人がひどい鬱の状態になり、大学病院に2,3日入院しようとしたんです。入院はしたんですが、結局2,3日ではなく、確か3週間くらいで出てこられたと覚えています。自分の意志では出られなかったと言う事です。医師としては、もしもの事があったら自分の責任になりますからね。それに長くいさせたり薬を出し続ける方が病院としてはいいですよね。かなりの人々が躁鬱で入院していたそうです。

              雅子さまの実際の状態は分かりませんが、適応障害という病名は少し、やさしく聞こえるように発表されている可能性もあると思います。愛子さまの学校はずっとついていらっしゃったと言う事ですが、他のご公務と違って学校の中ですからじっとしているだけでそれ程にこにこお手をふったりする必要もないでしょうし、医師から許可が得られたのではないでしょうか。

              私の想像というか妄想かもしれませんが、ご公務と言うのは、園遊会も含め、とても重要ですから、すべて医師の判断により出られることができたのではないかと思うのです。また、医師だけでなく、宮内庁などから止められていた可能性もあると思います。少しのリスクも取りたくなかったらそうなりますよね。

              たまに出るとドタ出とか言われるし、まったく自由はなく、海外に息抜きに行くこともできないし、憂鬱な気分から出る事はできないと思うんです。さらに今更おじいさんがどうのとか、GIVE ME A BREAKっていう感じが私だったらするんです。

              パニック障害を調べたんですが、私の夫はまゆさんのように深刻ではないんですが、地下鉄に乗ると心臓がドキドキして苦しくなったりするんですよ。昔、東京の地下鉄の満員電車で死にそうになりながら毎日通勤していた私としては理解できなくて、慣れるだけだよとかきつく言って突き放していますが良くないかもしれませんね。

              • mayu より:

                YUKIさん

                若い時は出来る範囲内で仕事をしていましたが、今は仕事はしていません。
                ただ、実弟とゴタゴタする前までは、独り暮らしをしていた母の為に
                週に数回、実家通いをしていました。その前の父が体調を悪くして
                老々介護をしていた母の手伝いを含めると約10年くらい動きました。
                その前は義父が癌で入院、毎日、多い時は1日に3回くらい病院に通ったり
                とにかく年寄りに動かされた10数年でした。今は自由時間が多くなりました(^^)

                ネット友達で若い方で、たまに電話をしていますが、
                パニック障害と鬱病で当初3ヵ月の入院予定が10ヵ月入院、やーっと退院
                した方がいるのですが、好きなアーティストにも体調が悪くて諦めたり
                雅子さまのように、静養、スキー旅行などでは元気な精神障害者は
                珍しいと思います。 遊び、仕事に関わらず体調の波、鬱状態になると
                遊びにすら行けなくなり寝込んでしまうと聞きました。
                また、投薬治療をしながらフルタイムで仕事をしている一家の大黒柱もいます。
                たまに体調を壊して休職しながらの仕事です。
                人それぞれ症状は違いますが、皇室に適応できなくて適応障害だとしたら
                最初から皇室向きの人ではなかったということになります。
                皇族を辞めたら治ると思いましたが、意外にも皇后が近づいたら体調が
                良くなったようで、不思議な方だな~と思います。雅子さまだけが例外ではなく
                海外に息抜き、自由が無いのは、私も同じでした。でもその中の環境の中で
                治りたい一心で、皆さん頑張っているはずです。
                で、YUKIさんのご主人ですが、典型的なパニック障害で、
                今も不安障害、予期不安が酷いようだったら、心療内科で診て貰うのが良いです。
                放置して鬱病までいくと大変です。

                • YUKI より:

                  まゆさん、お母様と義理のお父様の介護は大変でしたね。10年って、色々大変な事があるとご自分の事までなかなか回らないであっと言う間であったと思います。本当に、人生って、あれもしようとかしたいとか思っていても、急に早く過ぎていくんですね。私の夫の母も80歳近いのでこれから介護の心配が出てきますが、今のところ自分で運転もして色々出かけているようです。

                  私の夫の症状についてもアドバイスありがとうございます。地下鉄にさえ乗らなければこの症状は出ないようなので、今のところバスに乗ったりタクシーに乗ったりして通勤しています。何れにしても会社までバスでも25分ぐらいしかかからないんです。今、他の治療の順番待ちをしているので、セラピストのところに予約を入れたいかどうかわかりませんが話してみます。

                  雅子さまについては、私はやはりご本人の意思でご公務に出る出ないの予定は立てられなかったのではないかと思えてならないんです。ここにきて急にといっても、急にお許しが出て、色々出られるようになったかもしれませんよね。憂鬱なら色々気晴らしにスキ-やレストランとか行かれるべきだと思います。私も躁鬱の症状の人は結構知っています。職場でも居て、休職して結局辞めて、その後は障害者としての保障も取ろうとしていたのかな。まじめで優しい人で、今でも連絡を取りあっているんですよ。

                  雅子さまについては、暖かく見守るべきだと思います。 皇室の方々については色々思う事がありますが、こちらでコメントする事は控えますが、とにかく雅子さまはご本人で、ご病気もなさり、偽者ではないと言う事は事実だと思います。

                  • mayu より:

                    YUKIさん

                    義父は介護というほどでもないのですが、どうしても近くにいる者が
                    頻繁に病院通いをすることになりますね。義母と2人で交代制で
                    一日一回は毎日行っていましたが、個室に電話があり義父に頻繁に
                    呼び出されていました。それでも最後まで見て欲しいと義父に言われたのと、
                    病気が末期癌だったので先が見えていました。
                    先が見えない介護は大変ですが、先が見えると頑張られるものでした。
                    パニック障害も人それぞれ症状があるので比較的軽い方かもしれませんね。
                    雅子さまの病気も本人ではわからない事も沢山あるだろうし、
                    公務や静養などでウォッチングしているだけで身近で暮らしているわけでも
                    ないので、各自思っているようで良いと思います。
                    雅子さままで偽物説が出ているのですか!( ´Д`)=3 フゥ

  2. メープル より:

    まゆさん、こんばんは。

    すみません、皆さんが水俣病関連のお話をされているところに、KYなコメントをさせていただきます。

    雅子様、今回は育樹祭なのに何でブルーなんでしょうと思っているのですが、いろいろ思い返してみると、雅子様は緑系の服はあまり着られませんね。大昔、海外でパンツスーツがあったような気もします。うろ覚えですが。

    グリーン系だと育樹祭にいかにもって感じでそれはそれでおしゃれじゃないんでしょうか。

    雅子様は今回のはっきりしたブルーもお似合いなのですが、前日の渋赤色とか赤紫色とかがお似合いだと思います。

    • mayu より:

      メープルさん

      育樹祭なので緑色、それも深い緑、濃い緑の服なら雅子さまに
      似合いそうですが、言われてみると新婚時代にサウジアラビアを
      訪問した時に着用していた緑色の丈の長いジャケットしか
      思い浮かべられません。他に結婚前に深緑色のコートを
      着ていたような記憶がありますが・・・
      紀子さまは意外と緑系を着用していますね、ペパーミントグリーン、
      うぐいす色、薄荷色のような色。
      雅子さまも今後、皇后になったらいろんなパターンの服を着たら
      良いと思います、他女性皇族たち、特に秋篠宮家は美智子さまに気にしないで
      バリエーションに富んだ服、ドレスを着て欲しいな。
      前日のスーツは渋赤で良かったのかな。PCが変わったら色も変わって
      正確な色がわからなくなってしまいました(T_T)

  3. YUKI より:

    私は、雅子さまご自身には罪はないですし、これ以上おじい様の事で責めるようなことはしない方がいいと思います。もしふさわしくないなら、その当時に止めるべきでしたでしょう。今私たちにできる事は、K氏について反対する事だと思います。

    • mayu より:

      YUKIさん

      雅子さま「おじいさまは悪くない」と言ったんです。
      もっと謙虚になれば良かったのです。
      確かにおじいさんのやったことですが、検索してみてください。
      江頭豊 ユージンスミス、江頭豊 恫喝 などなど・・・
      小室Kが小物に見えるほど水俣病被害者に対しての対応は
      それはそれは酷いものでした。
      こういう祖父を持つ人を皇室に入れるのに昭和天皇は反対しました。
      が、昭和天皇が崩御した後に、また雅子(サマ)入内話が再現されてしまったのです。
      父親の小和田恒氏もカンキリと呼ばれ傲慢な人です。

  4. WW より:

    mayuさま、はじめまして。
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    馬之助さんのリンクから飛んできて、馬之助さんとこちらの記事の面白さに毎日魅了されているところです。

    私には特に帽子を被ってる姿が、往年の京唄子さんにしか見えないので(体格、背、輪郭や小鼻の感じも含め)

    次第にお二人を見ると、唄子・啓助のおもろい夫婦という(古過ぎてすみません)昔の番組を思い出しています(笑)

    唄子・啓助さんは公私ともに長年一緒に居たのに晩年離婚されましたが、この夫婦はどうなっていくのか、mayuさまのウォッチングこれからも楽しみにしています!

    • mayu より:

      WWさん、はじめまして♪

      馬之助さんのブログは面白いですよね。
      ボキャブラが豊富で、ブラックも含めたユーモアのセンスが良い、
      頭の良い方だと思ってます(^^)
      私も堅苦しいことを書くのが苦手で、面白いことを書く方が
      好きなのでつい、皇室、王室のこともそんな感じになる時があります(^^;)

      雅子(サマ)はいつから帽子を被ると京唄子さんになったのかしら(・・?
      気がついたら京唄子師匠になっていた・・・
      皇太子がズラを取ったら鳳啓介風になり、2人並ぶと夫婦漫才(≧∇≦)
      古い話は昭和40年代くらいまでなら分かります(笑)
      皇太子と雅子さまは2人で1人、割れ鍋に綴じ蓋、離婚は無いので、
      今後は新天皇皇后になった2人を生暖かくウォッチングしましょう(^^)

  5. クロワッサン より:

    雅子さまは、懇談会・昼食会を欠席するのは、おおぜいの国民と直に接するのが苦手なのでしょうね。国民とのふれあいは、皇室として一番大切な行為なのに。
    だから雅子さまのドタ出を称賛するマスコミは、持ち上げ過ぎだと思います。

    水俣病は雅子さまにとって重たい枷だと感じますが、水俣を訪問することで皇后としての役目を果たし、大きくなれるチャンスなのにと思いますが、皇太子さまは雅子さまに対し指導しないで甘いですから、無理ですね。

    mayuさんは暖かさの中に凛とした気持ちをお持ちですね。
    mayuさんのコメントを読んで感じました。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      あと皇后になるのに半年切ったのに、まだ懇談が出来ない、
      欠席してしまうとは困った人です。
      今後注目なのは、ずーっと欠席している新年祝賀の儀と
      NHKで生中継する新年歌会始に来年出るかどうか?
      これらに出られないままで皇后になるつもりだとしたら
      ズーズーしいというか、正式な病名を発表して国民に説明、報告して
      もらいたいものです。
      雅子(サマ)も水俣話題が出るのは嫌でしょう。
      一度、訪問したら重荷が少しは軽くなるだろうに。

      豚もおだてりゃ木に登るらしいけど、私をおだてても
      三脚2段目くらいで終わりです~(笑)でもありがとう♪

  6. いちごラムネ より:

    mayuさん、こんにちは。

    美智子さん、水俣病についてどういうお考えをされ、どういうスタンスなんだろうと、心底疑問です。

    雅子さんの肩を持つ?なら水俣病の方に関わるのは失礼ですし、ただの偽善ですよね。

    やっぱり、雅子さん入内させるべきではなかった。
    皇室に入る、皇族と結婚するという人は、「身の綺麗な人」でないといけない。つくづく思います。

    KKなんてもっての外です。

    • mayu より:

      いちごラムネさん

      公害水俣病に関わる雅子さまを皇太子妃殿下にして、自分は
      水俣病被害者に関わる方と親しくなって水俣市に行き被害者と会い、
      慰霊碑に献花する、何だか矛盾してるよなぁ~と思います。
      美智子さまの妹が昭和電工に嫁いで、第二水俣病加害企業で、
      美智子さまは水俣繋がりが多くて、かなり珍しい人ですよね。
      裁判では雅子(サマ)のお爺さんは無罪でしたが、それは酷いことを
      したそうです、裁判沙汰を起こしている家から皇室に嫁ぐ、
      今思えばとんでもない事でした。

タイトルとURLをコピーしました