絢子さま 朝見の儀 天皇皇后両陛下に別れと感謝のあいさつ*記念に公開された写真

高円宮家

絢子さま  朝見の儀 天皇皇后両陛下に挨拶

成年式で作られたローブデコルテにティアラの正装の絢子さま綺麗でした。
絢子さま、どんどん綺麗になっているみたい。ダイエットしなくても良かったです。
私だけかもしれませんが、こういうドレスは痩せているより
ある程度体にボリュームがある方が似合いますね、特に胸があると違います。
挨拶も通る声で挨拶していました。下に載せています動画の最後の方、職員がたに
お見送りをされて皇居を去る車を見ると、胸にジーンとくるものがありました。
この日が最後で皇室を去り庶民になるのですね・・・
特に絢子さまに対して強い思い入れはなかったものの、良いお相手とご縁を持たれて
降嫁される絢子さまに祝福を送りたいです。
おすべらかしに赤い小袿姿も絢子さまにお似合いでした。
29日の結婚式での絢子さま、守谷慧さんを拝見するのが楽しみです。

天皇皇后両陛下、心中複雑な表情に見えます。孫の眞子さまのことも考えて欲しい。

3日後に結婚式を控えた高円宮家の三女・絢子さまは、皇居・宮殿で、
天皇皇后両陛下にお別れと感謝のあいさつをする「朝見の儀」に臨まれた。

絢子さま「今日まで長い間、深いご慈愛をもって
お導きいただきましたことを、謹んで御礼申し上げます」

「朝見の儀」は、宮殿・松の間で行われ、ローブデコルテに勲章と
ティアラを身に着けた絢子さまに、両陛下は、はなむけの言葉を贈られた。

天皇陛下「このたびはおめでとう」、「2人の末永い幸福を祈ります」

皇后さま「どうか、お2人して良い家庭を築き、ともに良い社会人
として過ごしていかれますように」

このあと、絢子さまは、両陛下と別れの杯を交わされ、
宮内庁職員らに見送られ、皇居をあとにされた。
結婚式は10月29日に明治神宮で行われる。FNNPRIME

9日に結婚し皇室を離れる高円宮家の三女、絢子さま(28)が天皇、皇后両陛下に
感謝の気持ちを伝える「朝見の儀」が26日、皇居・宮殿「松の間」で行われた
絢子さまはロングドレスに勲章、ティアラを着用した正装で、両陛下に
「今日まで長い間、深いご慈愛をもってお導きいただきましたことを
謹んで御礼申し上げます」と深々と頭を下げられた。

天皇陛下は「今後とも二人で愛を育み、良い家庭を築いていくよう願っています」、
皇后さまは「お二人のご健康と幾久しいお幸せを祈ります」と祝福された。

これに先立ち、絢子さまは26日午前、宮中装束に身を包み、皇居・宮中三殿で皇室の
祖神や歴代天皇などに結婚を報告する「賢所皇霊殿神殿に謁するの儀」に臨まれた。
日経新聞

取り合えずアップします、後程、加筆の予定です、
新しい画像も出ましたら追加でアップします。


今日公開された絢子さまの写真

高円宮殿下ご存命の時の家族写真もほのぼのとしています。
3人姉妹、お揃いの洋服を着て、小さい時の承子さまは可愛いですねぇ。
お父様の高円宮殿下、絢子さまの晴れ姿を見たかったでしょう。
勿論、千家典子さまの時も見たかったと思います。
末端宮家は自由度が高かったのか、まだ三笠宮大殿下がお元気な頃で
美智子さまもうるさく言えなかったのかもね(^^;)
秋篠宮家の自然体の家族写真を見たいものです。






【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. メープル より:

    まゆさん、こんにちは。

    コメントしようと思いながら、遅くなってしまったのですが、朝見の儀の際の、皇后さまの

    「ともに良い社会人として過ごしていかれますように」

    というお言葉を聞いてすぐに、果たして小室kは良い社会人なのだろうか、と思ってしまいました。

    その点で、小室母子は皇后さまのお言葉にはどうあがいても相応しいお相手にはなれないと思います。

    絢子さまの結婚式も終わったことだし、11月が勝負ですね。

  2. やしま より:

    mayuさんがジーンとなさった、宮内庁職員とのお別れの礼ですが、あれって、他の方のときにもあったんですよね?なぜ全然記憶にないのだろう。今回初めて見た気がします。これって感動的ですね。

    「下げる要素」って、本当にどうして?と思うようなことがあって、例えば「また太った。妊娠してるんじゃない?」とか。なんか余りにも下世話で泣きたくなります。絢子さまの結婚への流れは、まさに「ザ・皇室」そのもので、私はこういう映像なら、何度でも見たいと思います。

    また本当に絢子さまはおきれいになられました。
    高円宮さんちは、承子さまはとにかく、後の方はちょっと・・と思っていた私の間違いでした。凛としたお姿は、まさに「皇族」
    お辞儀も他の所作もおきれいで、さすがに生まれながらの皇族で、しかも血筋も大正天皇のお孫さんであり、母方たどると九條家であり。今の本家皇室よりも血筋的には上流なんですから。

    お母様がやり手なのは確かです。名誉職をそのまま持っていくというのは、これははっきりとした定めのない「慣例」により、皇族の身分を離れたときに、今までの方は、名誉職もお辞めになられたんでしょうか?ちゃんとしたルールがなかったら、そこをうまく突かれて、「お小遣い」と「箔付け」として、「絢子元女王殿下」の「持参金」のようにも見えます。確かにこれを今回やってしまうと、眞子さまのときも当然使えるようになりますから、そこはちょっと危うい感じがしますね。

    まあでも、そのことについては、「絢子さま」ご自身に関しては余り心配していません。そういうルールをつくると、「眞子さまのときにどうなる」というほうがとても心配なわけです。

    高円宮殿下がまだご健在のおり、とあるテレビにて「四番目も挑戦したかったんだが、宮内庁から産児制限させられて、断念させられた」とおっしゃったことがあります。
    あえて「宮内庁」を悪者にしたのかもしれませんが、皇室に対して産児制限ができるのはどなただったのか?この当時まだ次代の男子が誰もいないころ。
    お父上の三笠宮殿下は子沢山でした。(昭和天皇もです)
    高円宮妃が40歳近くなっても、四番目のお子さんを産む気でいらしたのなら、宮内庁的には男子を望んでいたはずで、産児制限をかけるとは思えず、これまた「東宮家に対して遠慮せよ」という、どなたかの意思だったのではと今さらながら思います。

    • mayu より:

      やしまさん

      清子さん、典子さんの時にも映されたのでしょうか?
      やしまさんと同じように記憶に無いのですが・・・
      感動と感傷が入り混じった良いシーンでした。

      絢子さまと守谷さんの結婚を下げるって、ひねくれているんじゃないかな。
      ややぽっちゃり体型、良いじゃないですか。激痩せしていられると
      返って心配になります(苦笑)
      承子さまは留学中の羽目外しで失敗しましたが、若気の至りですかね。
      他の2人はなかなか見事な結婚でした、千家典子さんもいつまでも
      久子さまが元気で健在しているワケで無し、いつかは親から離れる時がくる。
      その為には出雲に帰るか離婚して出直すか、自分の道を考える時期でしょうねぇ。

      名誉職って皇族でなくても良いと思ったのですが。
      両立できるなら引き継いで、共働き感覚でするのか。
      経済的に困らないように、との久子さまの配慮なのか?
      はっきりわからない所がなんとも・・なのですが、
      眞子さまの場合、相手が小室Kだったら猛反対です。
      昨日の絢子さまの一連の儀式を見て、益々小室Kではダメだ!と確信しました。
      生理的に受け入れられません。

      丈夫な久子さまなら、40才くらいまであと2人は産めたでしょうに。
      産児制限をかけるなど庶民でも滅多にないことをよくやったものです。
      今の皇室の惨状を見ると、責任者出てこい!と言いたくなります。

  3. メープル より:

    まゆさん、再びこんにちは。

    下から2番目の写真がいいですね。おじい様もおばあさまも、孫娘3人としっかりもののお嫁さんに囲まれて幸せそうです。思うんですけど、久子さまって髪が長かった頃、すごくお綺麗だったと思うんです。どうして短く切られてしまったのでしょう。

    私も、絢子さまが職員の方たちに見送られる場面は感動しました。目頭が熱くなってしまって涙が出てしまいました。更年期症状真っ盛りなので、涙腺も緩いようです。。。

    眞子様にもご家族はもちろん、職員の方々や、それこそ国民から祝福される結婚をしていただきたいです。皇后さまの一言でなんとかスッキリと行かないですかねぇ。もう!

    • mayu より:

      メープルさん

      良いおじいさん、おばあさん、だったのでしょうね。

      天皇皇后両陛下にはこういう孫たちとのプライベートな写真が
      出てきません、あるのかないのか??

      久子さま、若い時は美人でした。
      ショートもかなり短いベリーショートにしてしまい
      どうしたんでしょうか。男っぽくなりましたよね。

      職員と皇宮警察の方々に見送られるシーンには胸がジーンときました。
      どうしてでしょうね、皇室から離れて嫁いでいくのだと実感できる場面でした。

      昨日は天皇皇后両陛下、秋篠宮家の人達もいろいろ考えた一日で
      あって欲しいと思いました。

  4. ももた より:

    絢子さまの写真かわいいですね。明るい話題で嬉しくなります。
    絢子さまが降嫁後も今の名誉職を続けるというニュースがありました。
    細かいかもしれませんが個人的にはケジメをつけて辞める方がよいと思うのです。
    今の皇室の全体的なゴタゴタから言うと小さなことかもしれません。
    でも眞子様がこのまま何事もなかったかのように結婚されて(その可能性があるように見えるので)
    名誉職を降嫁後も続けるとなれば良い気分はしません。
    名誉職に報酬があってもなくてもです。
    皇族の数が減るなら公務の数を減らせばよいだけだと思うのですが、素人考えでしょうか。
    皇族が公務を沢山すると宮内庁は儲かるのでしょうか。
    眞子様の騒動までは皇室のお金の使い道を突っ込んで考えたことなかったのですが
    今はとても気になます。お金は湧いて出てくると思っているのかなと疑問に思ったり。
    おめでたい記事に下世話な話ですみません。

    • mayu より:

      ももたさん

      絢子さまには結婚後、早くお子様が授かるといいな、と思ってます。
      平成になって清子さん、典子さんが降嫁しましたがお子様に恵まれず
      孫、曾孫を見る事ができない、お目出たが続かないのが残念でした。

      >日加協会や日本海洋少年団連盟の名誉総裁職を継続される
      >方向で検討が進んでいる

      と、時事通信に書かれていましたが、守谷慧さんはサラリーマンで、
      千家典子さんが嫁いだ家とは違う、人生何が起こるかわからない、
      絢子さまが1人になっても生活に困らないようにとの、久子さまの配慮なのか?
      そもそも名誉職だの総裁だの皇族がなる必要もないんですけどネ。
      三笠宮家、高円宮家の独身女性皇族は次々降嫁して欲しいです。
      一生独身で皇室に居られるよりまだマシだと思いました。

      眞子さまが小室Kと結婚するなら嫌ですけど、私も矛盾してますね(^^;)

      • YUKI より:

        日加協会の会計と言うのは、基本会員の会費で成り立っていると思うんですが、この名誉職の給与がその中からだとすると、それ程高い給与は出せないと思うんです。もしカナダと日本政府から補助があれば結構な金額になるかもしれませんが、どうなんでしょうか。私も昔ある国との日〇協会 (敢えて国名は伏せさせていただきます の会員だったんですが、会費を毎年払っていて、会計の内容も開示してくれていました。その中に名誉職の方の給与があったかどうかというのは、昔のことで覚えていません。外国と日本の何とか協会と言うのは結構スノッブな世界で、名誉職の方が皇室と言うのはよくあることのような気がします。絢子さまはカナダに留学されていたりしたので自然な感じはしますね。すべての皇族の方々に、色々な名誉職でそれぞれどのぐらいの給与があるのか開示して頂いてもいいですよね。

        • mayu より:

          YUKIさん

          名誉総裁職は毎月決まった給料のようなものが出るのか、
          式典などイベントがあった時に来て頂いてお車代と謝礼で終わりなのか、
          皇族方がイベントに出るのにどのくらいの報酬をいただいているのか、
          それとも無給なのか、私は全然わかりません。
          皇族方も開示しませんから、どのようになっているのでしょう。
          降嫁された方々が講演会で金儲け、も聞いたことがありませんね。
          名誉職、肩書は沢山あるけどそれほどお金にならないものもありそうですが。
          年間どのくらい稼いでいるのか気になります(苦笑)

  5. 狗児 より:

    早速記事更新ありがとうございます!
    絢子さま、あっという間に朝見の儀ですね。
    お小さい頃からのお写真を見ると、ご両親や周囲に可愛がられてすくすくと成長し、立派な大人になられたのだなあ、と感慨深いですね。なんだか、親戚のおばちゃんのような気分になります(笑)
    何度目か分からないですけど、それに引きかえ…ですね(涙)眞子さまのことも「自慢の姪」みたいに思っていたんですけどね。異性で失敗は怖いよって我が息子にもよくよく言い聞かせたいと思います。

    • mayu より:

      狗児さん

      今日の絢子さま、和装も洋装も似合って綺麗でした。
      高円宮殿下も見たかったでしょうね。
      動画の最後の方で、職員たちに見送られて車で去るところは
      胸がジーンとしてしまいました。
      これが眞子さまだったら泣いたと思います(T_T)

      予定通りなら11月4日は眞子さまの結婚式でした。
      相手が小室Kでなければ・・・あーーあ。
      天皇、皇后も心中複雑ではなかったのでは。

      異性の失敗、庶民でも大変なのに、皇族ではかなりのダメージ。
      眞子さまにも皇族の結婚とは国民に祝福されなければ無理だと
      分かって欲しいです。

タイトルとURLをコピーしました