眞子さま 上皇ご夫妻に小室圭さんとの結婚のあいさつ *雑談 補聴器の次は眼鏡が壊れる

眞子さまの結婚問題

おそらくお召しになっているのは、眞子さんが好きだと言った「朱鷺色」の紀子さまのお下がりで、ボリビアを訪問した時のワンピースではないでしょうか。グラデーションになっている和風のワンピース、眞子さんによくお似合いでした。今回が最後の帽子を着用しての盛装になり、母親の紀子さまのおさがりを着用されたのは、眞子さんの紀子さまに対して深い感謝の意味もあるかと思いました。
https://koredeii.com/archives/12027  ←ボリビア訪問時の記事

何度もぼやいてしまいます。なんで小室圭と結婚するんだろう。
眞子さんは国民に祝福された結婚をすると思っていたのに。
こういう結婚をして海外に行ってしまう、紀子さまがお気の毒で
倒れたりしないかと心配になりました。

秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは25日、上皇ご夫妻に結婚のあいさつをするため、ご夫妻のお住まいである仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区)を訪問された。眞子さまは午前10時20分ごろ、仙洞仮御所にご到着。車で門を通過する際には、窓を開け、手を振って沿道の人に応じられた。宮内庁によると、上皇ご夫妻は昨春以降、新型コロナウイルス禍で外出や誕生日の行事なども控えており、眞子さまと面会されるのは昨年3月以来で、約1年7カ月ぶり。ご夫妻はご結婚について静かに見守り、眞子さまの幸せを願われているという。眞子さまは26日午前に小室圭さん(30)との婚姻届を提出し、皇籍を離脱される。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20211025-WGCFP776GRKXJMDSDBJJZCZJWI/



雑談 今度は眼鏡が壊れたと連絡

午前中、母の身体障碍者申請書を出しに市役所に行ってきました。身体障碍者手帳が出来るまで1か月から2か月掛かるとのことでしたが、何事もなく受理されたのでホッとしました。

その後、市役所でやっている期日前投票に行きました。これといった方はいないのですが、あの人とあの政党を書いて、最高裁判所の判事ですか? その投票もありましたが、眼鏡を持って行かなかったのと、知らない人なので何も書かずに箱に入れてきました。年々期日前投票する人が多くて並んで投票しました。当日に投票する人より多いんじゃないかと思いました。
旦那は50年近く真面目に投票していたのに「もう誰でもいい」と言って期日前投票すらパスでした。

市役所のあとはドラッグストアに行き、毛染め、髪を抑えるスプレー、トイレの芳香剤などの買い物、パン屋に寄ってパンを買って帰宅。

旦那から母のいる施設から「眼鏡のフレームが壊れた」と電話がきたと教えられてガックリ来てしまいました。

なんで次から次へとこうも手の掛かることを・・・”(-“”-)” 長生きするからこういうことになるんだよ~長生きし過ぎなんだよ~と、旦那に愚痴ったけど「仕方ないじゃないか」と言われてお終い。

施設に電話をして、水曜日にレンタルしている補聴器と一緒に眼鏡を取りに行きフレームを買うか、修理できるか眼鏡屋に行くと言った。



コメント

  1. アール より:

    mayuさん
    よくおわかりになりましたね。

    一着おいくらなんでしょう。
    高価なお品ですから、丁寧に保管しているのでしょうね。

    御着物も振袖は今後は着ませんから、必要ありませんね。御太鼓なら自分で結べるようになるでしょう。

    真子様には手入れは無理でしょうから、宮内庁関連の専門業者に依頼するのでしょうね。

    これからは、こういう服装はされないのではないかと思います。
    通勤着や箱根に御友人方と行かれた時の服装はかなりカジュアルな感じでした。

    皆さん、真子様の家事を心配されていますが、
    よくよく考えたら、4年間もあったんですから、秋篠宮家の職員に家事を教わることが出来たんじゃないかと思うのですが?
    どうなんでしょうね。

    紀子様に厳しく言われているということですから、お掃除など完璧でしょう。
    料理に関しては、和洋中プロの料理人が宮邸にはいますし。

    4年間も花嫁修業していたら、全然、心配ご無用です!

  2. 猫好き より:

    お忙しい中、連投のブログアップありがとうございます。

    本日のお召し物はオレンジじゃないよ、とテレビ観ながらつぶやいてしまいました。
    マスコミは何でも美智子様に絡めたいのか、薔薇プリンセスミチコ縁の色です!!と大騒ぎでウンザリ。
    私もお母様である紀子妃に対する娘からの「想い」だと思います。

    本当に何であんな家系のあの母親がいるKなんでしょうね。
    旧華族の名家でなくとも定職に就き、正直に生きて来た人に降嫁して欲しかったです。
    これからも元皇族姫宮の忖度でKは狡く生きて行くんでしょうね。

    出版社がちょっと調べた程度で叩けば直ぐ分かるくらいの埃がたんまり出て来る家で、二人が深入りする前に国家権力使ってきちんと調査すれば内親王が降嫁するに相応しいかどうか分かったはずなのに。

    中国の報道ではこんな相手に破談にしなかった家長が悪いとあったそうですがね。
    今更言ってもですねぇ……。

    渋谷区のマンションにお住まいだそうですが、セキュリティのしっかりしたマンションなら賃貸物件でもすっごい高い場所です。
    簡単に無職の人が住めちゃうんですね、税金泥棒言われても仕方無いんじゃないですか〜。
    不動産屋、保障会社の書類審査も普通なら通らない様な二人だと思いますよ。

    明日も東京は雨予報です。
    眞子内親王がご結婚関係で出歩くと悪天候ばかりでした。

    • mayu より:

      猫好きさん

      へーーテレビでは未だに美智子さまなのですか!
      テレビもいい加減「脱美智子さま」にした方がいいのに。

      紀子さまのおさがりとは報道しないんですね。
      あ・・・それほど関心が無いので知らないのかも。

      トンデモない親子なのに、眞子さんの神経が分からないんです。
      とにかく小室圭と結婚して皇室を出たい一心なのかなぁ。
      そりゃあ国家機関を使って調査すれば、内親王と結婚できる人たちでは
      ないことはすぐ分かるでしょう。

      家長が悪いは当たっていると思いますよ。
      中国もまともな事を言うじゃん(苦笑)

      降嫁して庶民になっても超上級国民には変わりないですね。

  3. 冨樫無礼子 より:

    mayuさん

    こんばんは

    たびたびお邪魔します。

    とうとう明日の午後に会見ですね。

    普段から寒色系の洋装が多かった眞子さま、上皇さまに挨拶にいくのに美智子さま好みの暖色系でかつボカシと思いきや
    まさかの紀子さまのお下がりでしたか。
    よく20年も保管しておかれますね。
    袖つけが若干バブルの終わりを思わせるデザインです。
    淡い色あいがご本人もお好きな朱鷺色、よくお似合いです。

    このままの景色つまり帽子を被り黒い車に乗って手を振るだけでありがたがられる場合もあるのでどうか眞子さま渡米を辞めて公務をしてもらえないでしょうか。
    渋谷区内のマンションで渡米の準備に入るとのこと、横浜で嫁姑やってればいいのに。

    メガネのフレーム!

    ちょうど我が家でも娘のメガネのフレームが外側に伸びていたので直すようドライバーを渡したところでした。レンズを一回外してフレームをはめてドライバーで締め直す必要があるみたいで素人には直せませんでした。

    あ、何で読んだのかが定かではないのですが皇族費を受け取るのがお誕生日なのでちゃっかり誕生日に一年分受け取って結婚するとの記述を見ました。
    もしそうなら30歳までに入籍したかったところ、30歳未満を諦め30歳になってしまい、一時金も諦めたし、kkと記者会見をすることを望まれたご両親と10/26入籍で折り合いをつけた眞子さまは、国民から見ている分よりもかなり「自分たちは譲った」という意識に満ちて明日は堂々と出てこられるのでしょうか。明日のはライブではない発言の修正可能な記者会見になるそうです。

    • mayu より:

      冨樫無礼子さん

      眞子さんはローブモンタントも紀子さまのお下がりを
      着ていたこともあるので、仕舞い方、手入れが良いのでしょうね。

      マンションで小室圭が渡米するまで、2人で甘い生活を送るんですね。
      小室圭は圭与さんから離れた方が良いです。
      遅い親離れ子離れする時期になったと思わないと。

      母のフレームは耳掛けの所がポキッと折れたそうです。
      直せるのかどうか、また眼鏡屋に行くことになりました。

      明日の会見が生放送じゃないとは残念です。
      収録ではまた早く情報が洩れる可能性がありますね。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新有難うございます。

    うーん、こういうご正装は最後なんですよね。
    本当に何故K氏と結婚するんでしょうか…( ;∀;)
    お揃いのワンピース、綺麗ですね~もっと嬉しい気持ちで見たかったです。

    9月くらいから?一気にここまで、いや~早いですね。
    今まで何だったのか。
    眞子さまは嬉しいのかな。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      当分、こういった帽子を被っての正装は眞子さんには
      無いでしょうけど、秋篠宮殿下、悠仁さまの即位式に
      出席するとすれば正装での出席になりますね。
      小室圭と同伴は止めて頂きたいです。

      9月は皇室だけでなく、私の生活も忙しかったです。
      眞子さん、結婚まで貫いたので嬉しいと思いたいです。

  5. 31031 より:

    mayuさん、こんにちは。お母様の件・町内活動・日々の家事、お疲れ様です。自分はmayuさんの娘さんの少し上世代かな?町内活動とかやや似たような感じです。親の定期通院に月3.4回付き添い、本格的な介護はまだ少し先ですが、覚悟はしています。

    眞子さん入籍&小室氏との会見まで24時間切りました。こんな結婚が許されるとは〜本当に信じられず、まだ半信半疑でいます。自分は出来る範囲で反対の意見をしてきましたが(宮内庁や保守系地元議員へ意見・Twitter・Twitterデモなど)自分の力はあまりにも微力ですね。直前に結婚白紙の大どんでん返しがあるのを祈ってみたり、心が落ち着きません。

    会見は生放送では無いようですが、どこまで疑惑に迫る質問が出来て回答がされるのか?明日じっくり見るつもりです。
    不利な質問が続く。小室氏「回答控えます」で沈黙。眞子さん、強い不安を感じて倒れる。会見中断。小室氏の眞子さんを優しく介抱する姿が放映される。眞子さん可哀想、小室氏男気見せた、もう2人を見守ろうと世論形成。なんてなったりして。あくまで想像妄想憶測ですよ。

    • mayu より:

      31031さん

      通院の付き添いを月に3、4回もやっているんですか。
      親孝行ですねぇ~ウチは定期的な通院の付き添いは無理だろうな。
      旦那と私、どちらかが元気なうちは協力して子供に頼らないような
      生活にしなくては・・・の気持ちです。

      会見は生放送じゃないのですか。
      残念だな~~、入れ知恵されていいようにはぐらかされるのかも。
      あんまり期待しないで見ようと思ってます。

  6. マグノリア より:

    こんにちは。
    素敵なお色のお召し物です。
    どちらかというとブルーやグリーン系がおおかったので、新鮮に映ります。
    明日は時間が許せば、出来レースであろう会見を見てしまうと思います。
    そしてまた理解しがたい不思議なことがたくさんでそうな気がします。

    衆議院とともに最高裁の判事の投票もあるのですね。
    いつも思うのですが、誰だか全くわかりません。
    今回も期日前投票にしようかと迷っているところです。(この日はマンション内の修繕日となっていますので。要在宅。何ヶ月も前から決まっていました。)

    • やしま より:

      >マグノリアさん

      いろんな裁判について、裁判官の意見の違いがあり、それを見て判断してくださいというサイトもありますが、今回一番話題になっているのは「選択性夫婦別姓」ではないかと思います。
      パッと見てきたんですが、この夫婦別姓法案に賛成の裁判官は3人。反対が8人です。(残りの方は新任でこの裁判時に任官していません)
      もし、この問題に興味がおありでしたら、その辺りで判断したらいかがでしょうか。「最高裁判官 国民審査」でググると、サイトがいろいろ出てきます。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      眞子さんは朱鷺色の振袖も持っていて、ブータン訪問で着ていました。

      明日は怖い物見たさで記者会見見ますよ~、2人どんな顔をして
      出てきて話をするのか、特に小室圭はどんな状態なのか。

      最高判事の投票って〇×式なのか、眼鏡を持って行かなかったので
      よくわかりませんでした。

  7. やしま より:

    mayuさん、ボリビアのときと、紀子妃お召しのものと、同じものだとよくわかられましたね。すごいです!ボリビア訪問って、5年前ですか・・・まだこの問題が表面化しない、平和な時代。眞子さんはお着物がとてもよくお似合いです。でも素朴な疑問なんですが、眞子さんって、着付け自分でできるのかな?そういうことは全ておつきの方がやってくれていたのではないか。沿道で100人の方がお見送りに。それに手を振る生活。これ、今日までなんですよね。明日からは平民の眞子さんになります。さて、どうやってお暮らしになられていくんでしょうか。他の方は皆さんそれなりのお家に降嫁なさった。それでもご本人も受け入れる側もそれなりに大変だったという。清子様は生活が軌道に乗るまで女官をつけられていたそうな。
    最上級の生活から、最下層の生活へ。眞子さんの今までの常識は全く通用しませんので、びっくりなさることが多いのではないでしょうか。少なくともご自分のことは、全てご自分でなさるのですよ~~お食事のしたくもなさるのですよ~~できるのでしょうかね。

    お母さまのお話、次から次へ。電化製品じゃないですけど、壊れるときには次々壊れていきますね・・・。大変です。mayuさん、あまり頑張らずに過ごしてくださいませね。

    今週は義母のほうへ行きます。シルバーの方に庭木を剪定してもらったら、生垣が珍妙な形に伐採されました。問い合わせると、樹木のためだから仕方がないと言われたそうです。正論なのでしょうが、でも妙です!ご近所に何か言われないといいんですけど・・・あとは義母自身。「お正月、どうするの?」と、また聞かれるかなぁ~憂鬱だな。幾つになってもお正月の過ごし方が心配でそれだけ頭に残るらしいです。私がお嫁に行ってからは、もうそりゃ下働き大変でした。そんなのが庶民の暮らしなんですがねぇ。

    明日、いよいよ2人の結婚会見ですね。見る勇気が出るかどうか。
    眞子さん、何だかんだで、「私的」ながら、あちこちの訪問を済ませました。天皇皇后にも会い、上皇后夫妻にも会いました。これは追い出され婚とか駆け落ち婚ではありませんよという体裁はしっかり整えました。「納采の儀には進めない」けど「結婚は認める」秋篠宮殿下のご発言が、こういう奇妙な形の私的儀式で進められていくのかと思うと、残念です。これって詭弁です。こんなのが前例になってしまうなんて。

    皇室は前天皇の生前退位から、どんどん内部崩壊してきているのが目に見えてわかり、つらいですね。

    • mayu より:

      やしまさん

      紀子さまのお下がりはシロガネさんが教えてくれました。
      シロガネさんは昔の紀子さまの画像も沢山持っていました(^^)

      着付けは訪問着、付け下げは呉服屋の奥さんは自分でやっているので
      習えば出来ると思います。
      振袖は帯結びが大変なので一人では出来ないですね。

      最下層はワンルームで暮らすウチの息子のような若者たちの事で、
      一応2LDKくらいで暮らせるなら30才では良い方ではないでしょうか。
      料理なども結婚生活で覚えていくケースが多いかと。

      本当に母には困ったものです。
      怪我はする、物は壊れる、いちいち呼び出されてます。

      お義母さん、まだ正月の心配が出来るんですか。
      身体は動かないのに、口と頭だけは動いて動かされる。
      沢山経験しました、本当に疲れますね。

タイトルとURLをコピーしました