眞子さんと小室圭さん10月26日に結婚同日会見、眞子さん複雑性PTSDと診断

眞子さまの結婚問題

とうとう宮内庁から正式に発表されました。入籍される日も10月26日で、会見も同じ10月26日に行うということです。テレビの予想では21日か22日と言われていましたが、30才の誕生日を過ぎてからの入籍になりました。

更に衝撃だったのは、眞子さんが秋篠宮ご一家と小室家に対する誹謗中傷と感じられる出来事が続いたことで、医師から「複雑性PTSD」と診断されるほどの精神的苦痛を感じている、とのことです。

神経がタフと思われていた眞子さんですが、国民の99%が反対する中での強引な結婚でメンタルを病んだのかもしれませんが、誹謗中傷と言われてしまうと・・・小室親子の生き方があまりにも常識から掛け離れていた為、結婚反対の為に書いてきたのですが、美智子さまが週刊誌で叩かれて自身の誕生日に失声症で倒れたのと同じ。何も言えない状態にされました。

中学生の頃から身近な方々や自身に対する誹謗中傷と
受け取れる情報に精神的負担を感じていた。

この中学生の時から、の文言が考えさせられました。傷つきやすい年齢、悠仁さま誕生の時期、雅子さまが静養三昧していた、愛子さまの問題もありました。母親の紀子さまのバッシングもありました。なんというか結婚発表とセットで長年に渡る誹謗中傷による「複雑性PTSD」を出されるとは!

【追記】眞子さんを知る方々って、私のように生まれた時からずーーっと見てきて、高齢出産で産んだ娘のような、叔母のような気持ちで見てきた人たち、同年代前後で見てきた人たち、様々な人たちがいるのですが、皆「眞子さんに不幸になって欲しくない、幸せな結婚をして欲しい」と願っているのです。それが繰り返す必要がないくらい国民に浸透した、小室圭の母親圭与さんの借金トラブルだけではない、父親、祖父母の自殺者3人いる、身の丈に合わない生活をしてきた、誰かに金銭をタカるのが恥と思わない、元反社の人との付き合い、恩を仇で返す人間性、圭与さんの労災保険不正受給疑惑、外面だけは良さそうだ・・・・とにかく、真面目に暮らしている我々から見ると、非常にタチの悪い生き方なのです。なので眞子さんが思う誹謗中傷ではありません。少なくとも私は過激な書き方での誹謗、中傷は抑えてきたつもりですし、コメントされる方々にも注意し皆さん大人の対応で酷いコメントはない方なのです。眞子さんは「木を見て森を見ず」で被害者意識に囚われています。自分で自分の首を絞めているんです。それが分からないのかなんとも歯がゆく、眞子さんが「複雑性PTSD」なら、こちらは4年間に渡り「慢性疲労症候群」です。

小室圭と結婚すると正式に発表されたことだし、2人は一日も早く日本を離れてニューヨークで生活されたらよろしいでしょう。



秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんが10月26日に結婚されると宮内庁が正式に発表しました。お二人はこの日記者会見も行います。宮内庁によりますと眞子さまは、ご自身とご家族や小室圭さん一家への誹謗中傷と感じられる出来事が続いたことで、医師から「複雑性PTSD」と診断されるほどの精神的苦痛を感じておられるということです。また、一時金については眞子さまのお考えで辞退されるということです。納采の儀など行わず 秋篠宮さまが「多くの人が納得し喜んでくれる状況ではない」と判断一般の結納にあたる納采の儀などの儀式や行事などの祝い事は一切行わないということです。
その理由について、秋篠宮さまが「多くの人が納得し喜んでくれる状況ではない」と判断したためとしています記事出典 TBSニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/1fd67c981eed220e773b49387dddabb0f585395b

宮内庁は1日、秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまが26日に婚約内定相手の小室圭さん(29)と結婚されると正式に発表した。眞子さまは同日、小室さんとともに記者会見に臨まれる。眞子さまのご意向も踏まえ、一般の結納に当たる「納采(のうさい)の儀」など結婚に関連する儀式は行わず、結婚で皇籍を離れる皇族に支給される一時金も支給しない見通し。眞子さまは小室さんとの婚姻届を自治体に提出した後、パスポートやビザを取得して米国で生活されるとみられている
記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20211001-GAR3AFFMMBKWXBXABC5F3CATCY/

眞子さまが複雑性PTSD状態に 宮内庁公表 医師「結婚巡る誹謗中傷で

宮内庁は1日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)が小室圭さん(29)と今月26日に結婚すると発表するとともに、眞子さまが複雑性PTSD(心的外傷後ストレス障害)の状態になっていることを明らかにした。会見には秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長が同席。秋山室長は眞子さまについて「自分自身と家族、結婚相手と家族に対する、誹謗(ひぼう)中傷と感じられる出来事が長期的に反復され、逃れることができないという体験をされた」と説明した。

秋山室長によると、眞子さまは2018~19年ごろから中傷を正すことが難しく、人間としての尊厳が踏みにじられていると感じるようになったという。これまで恐怖感を再体験(フラッシュバック)することもあり、「幸福感を感じるのが難しい状態にある」とした。現在の公務や、結婚の準備に支障はないものの、秋山室長は「周囲の方々の温かい見守りがあれば、健康の回復は速やかに進むと考えられる」と強調した。【和田武士】
記事出典 毎日新聞 https://news.yahoo.co.jp/articles/d5f7f3ab778cea3c5e251488bcc91c7bd24c437f

*宮内庁はなぜこの時期に結婚するのかについて次のように発表しました。

「時期は当初は去年の予定だったが、コロナなどの状況を鑑みて慎重に考えてきたが、眞子さまご自身とご家族、相手、相手家族への誹謗(ひぼう)中傷が続き、眞子さまのトラウマになり、複雑性PTSDになるほどの苦痛を感じられている」としています。そのうえで「眞子さまがこれ以上これが続くのが耐えられないとして、秋篠宮さまご夫妻は天皇皇后両陛下に相談したところこの結婚になった。上皇さまにも報告されている」としています。

記事出典 テレビ朝日 https://news.yahoo.co.jp/articles/9bbb0d144dae011714a97dca9e5878dddb758f67



コメント

  1. フォーエバー より:

    mayuさん、おはようございます。

    秋篠宮両殿下のご苦労は相当のものだったのではないでしょうか。
    眞子さまが心の病では、対応が難しかったと思います。
    宮内庁の職員の方々が、この件を早く終わらせたい気持ちがわかりました。
    色々な意味で、お気の毒になりました。

    今後、小室さんは複雑性PTSDの眞子さまのケアを第一に考えてあげてもらいたいと思います。治療法は、確立されているのでしょうか。

    心の病は、治ったように見えても発症を繰り返したり相当に長引く方もいらっしゃいますし、眞子さまを一生ケアする気持ちを持って対応していかないと更に悪化する可能性もあります。

    これだけの反対を押し切って結婚する小室さんの責任は重大です。

    結婚後、アメリカへ渡っても、将来どんな状態になるのか誰にもわからないと思います。

    お大事にしてほしいです。

  2. わかくささき より:

    mayuさん、
    数年前、一度コメントさせていただいた者です。

    眞子様のお相手に小室氏はNGだと今でも私は思っています。

    しかし、眞子様の「中学生の頃から~」の文章を読んで、眞子様は本当に皇室から出たかったのだなぁと思っています。

    悠仁様誕生の前後、週刊誌には雅子様愛子様擁護から紀子様を下げる記事はありました。皇室内にも紀子様のご懐妊について、不快感を口にされる方がいたとも。
    また、2ちゃんねるにも雅子様派、紀子様派のようなスレが立ち上げられ、いろいろ書かれていました。

    紀子様がどのようなお考えで公務に当たられていたかは知る由もありませんが、思春期の頃、お母様がご自分たちより公務に忙しくしているのに批判される。
    皇太子妃時代の雅子様が、眞子様の感情は抜きにして税金泥棒と国民から批判される。

    皇室に対して、皇族である自分に対して悩まれたのではないでしょうか?
    そして、皇室に対しての不快感が増幅し、そこから逃れる術として結婚を考えて(離脱の権利はありますが、実際に離脱するのは難しいと思う)、そこに運良く(悪く?)小室氏が現れ愛を囁いてくれて、ご自分も憎からず想う様になって…。

    2014年に一時金辞退の話を持ち出していたことから、小室氏が銀行勤務をしていた頃に結婚を希望したけれど、ご両親に皇室に恩返しをしてからと慰留されたのは本当だと思います。

    後は、婚約内定会見から今に至るなのですが、小室氏にバッシングが起きたのは想定外で、今更婚約を破棄して皇室から出るチャンスを逃す訳にはいかない、次は無いという思いだけだったのではないでしょうか。

    ご自分が誹謗中傷と思う物が際限なく大きくなって心が傷付き、皇室から出るチャンスが危うくなる「焦り」が益々増大し、精神の均衡が崩れてしまったのだと考えます。

    私自身が生活環境の不具合や身体の不調等により夫婦関係が悪くなり執拗な夫の言葉に傷付き、しかし思うように治らない身体に焦り、精神を病んだことがあります。今は寛解しましたが、あの時の「焦りの気持ち」は今考えても本当に怖かったです。

    小室氏を愛しているのか?今の眞子様の本当のところの気持ちは分かりません。
    あの時出会ったのが小室氏ではなく普通の人で、「お幸せに」の言葉でお祝いをして差し上げたかった。
    私も娘がいますから、小室氏はご遠慮願いたい。

    紀子様のお気持ちを考えたとき、2年前に眞子様の体調を案じたお言葉は嘘ではなく、結婚に反対するお気持ちが強くても、精神の均衡を崩した眞子様を見ている方が辛かったのだと思います。
    ビデオメッセージの眞子様と今日の先頭写真の眞子様のお顔が違い過ぎます。今日の方は自信に溢れている。
    何故説得出来なかったのかと言われますが、したくても出来ない時は出来ないのです。結局、儀式無しという妥協点で折れるしかなかった秋篠宮ご夫妻なのかなと思います。

    生温い考えでしょうかね…(苦笑)。
    長々と失礼いたしました。

  3. ラ フランス より:

    あ~あ心底疲れました。

    世間一般からみて、あのような厚顔無恥の男性が眞子様、いえ皇室全般を貶めることになるからとの思いです。お辛くても圭との婚姻を踏みとどまって、日本に居て頂きたかった!

    しかし筋書き通りに事は運んで、留めは心の病の発表。(心の病は本人にしか分からない苦しみとお察し致します)

    テニスのお方も鬱と発表されてから、誰も何も言えなくなりました。

    幕は下ろされました(溜息) 眞子様の選んだお幸せをお祈りします。

  4. イリス より:

    mayuさん、こんばんは。

    とうとう出ましたね〜最終兵器にして、最大の効果を発する、宮内庁造語かと一瞬目を疑う「ごビョーキ」セッティング。やはり三大Mの決定打も、国民の目を剥く筋書きとなりました。美智子さまの血は、恐ろしいまでに受け継がれています。病気になってしまうのは国民の方ですよ。

    一時が万事とも言います。それまでのマナーや公務がどんなに立派だったとしても、コムロケイに対する執着(粘着)、母子のしてきた事実をきちんと見ようとしない・人の話に耳を傾けない頑迷さ、これ以上望むべくもない環境を与えられながら、幽霊学生だと笑って散々休学の上に丸投げする神経…学問に対する真剣さのかけらもないあの態度(これもごビョーキを理由に学問に邁進できなかったとか、しれっと言い出すのでしょうか)は許し難く、私は嫌悪と軽蔑を覚えました。

    世界一物価の高い街で自由を得ても、就職を始め、皇室からの援助のパイプは太いままです。まさに良いところ取りの人生叶ったりでしょう。
    民間の警備は本当にかかりますので、あっという間に貯蓄(?)の一億など消えます。でもそこは原資税金という打ち出の小槌がありますので、怖いものなしなのでしょうね。納税がバカらしくなります。

    私は皆さまのような温かい眼差しを向けることができず申し訳ありません。でももし、彬子さまのように真剣に美術研究に励み、コツコツと実績を重ね…黒田さんや守谷さんのように人として誠実で、経済力も包容力もある男性と結婚などであれば、好む好まないに関わらず、祝福したと思います。

    私は以前から彬子さま推しでしたが、やはり間違っていなかったという思いです。交際されていた相手の本性を見抜き、ご自分からお別れなさった勇気と聡明さ。天晴れです。

  5. ミラージュ より:

    再度すみません。

    26日ということは、誕生日後。ということは今年も誕生日映像を見せられるのかしら?
    今年はもう見ることはないとホッとしていたのに。。。

    そんなに日が経っていない情報で、宮内庁長官が眞子さんと面談し、小室さんは素晴らしい男性なのです。と仰った眞子さんを目の当たりにして説得は不可能だと悟ったという記事がありましたよね。
    長官はその時もしかしたらある種の狂気のような物を感じたのではないかと思えてきました。

    記者会見は、記者クラブが
    ご病気の眞子様をお煩わせては申し訳ないので、小室氏お一人でお願い事します。
    と宮内庁に申し入れれば眞子さん、嫌なことから逃れられますね。
    それでも眞子さん同席しないと何いわれるか分からないから頑張って同席されるのかしら?
    会見は婚姻届け後で一般人になってからと言ってもお二方で会見されたら、やはり忖度質問しか出来ないですよね。

    お住まいや渡米時期等は一般人になっているので発表しないとか。
    それはそれで構いませんが宮内庁職員はアンタッチャブルでお願いしたいです。

  6. キリンちゃん より:

    家族に何かしら事件、事故、病気があったりすると、よく「何代か前のご先祖にそういう人がいた」って言いますよね?内親王のご先祖に称徳天皇という女性天皇がおりましたね。彼女も精神的に不安定な頃に、道鏡という女たらし・・・いや僧侶に言い寄られて、私を救ってくれた!と夢中になってしまいました。血筋だとしたら、眞子さまじゃなくてアイコさんにしてほしかったわ。それとも祭祀をきちんとやらない、キンジョー陛下への罰なのか・・・。惨すぎる。

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    思いもよらない言葉が出て来ましたね。
    「複雑性PTSD」だと言う言葉初めて聞きましたが何で
    眞子さまが今になってこういう事を言うのでしょう。
    私たち皆眞子様のことを心配して書いていただけです。
    誰も誹謗中傷などしてませんよ。
    ここは穏やかな場所なんですよ。
    あのような言葉を聞けば尚の事心配になります。
    それでNYに行くんだったら尚の事心配です。

    kkは母親の事は心配しても眞子さまの事は心配しませんよ。
    それにkkのマイクと繋がってすべて生活を把握されていたら
    それこそ精神を病みますよ。
    まだ入籍もしてませんし結婚延期で最後は白紙に
    した方がまだマシです。
    「どんでん返し」の機会がまた出来ました。

    でも腑に落ちない事ですね 
    不思議と言う言葉が何回も頭を駆け巡ります。
    私は今日は結婚の日取りを聞いて落ち込んでいたのです。
    泣きたくなりましたよ。
    本当にmayuさんの仰る「慢性疲労症候群」そのものの心境です。
    最後に病気を出してくるとは卑怯な眞子さまですね。

  8. アール より:

    mayuさん

    皆さん

    ラベンダーのブログ

    というかたのブログを見てきました。

    2014年に一次金を受け取りをしないと秋篠宮様、小室氏と相談した。
    2015年に当時の宮内庁長官にも聞いた。
    おかしいのではないか、と。

    mayuさんのこちらのブログにもテレビの画面が貼り付けてあります。
    私も腑に落ちません。
    2018年より、4年間も前に?
    不可解です。

    • まお より:

      2014年典子様が結婚された年ですね。記憶にありませんが一時金に対する批判があったのでしょうか?

      やしまさんのコメントを読みながらふと思ったのですが、当時の皇太子御一家への誹謗中傷がショックだったのかもしれませんね。あの時もあることないこと書かれて物凄かったです。廃太子という言葉もありました。今回もお父上、悠仁様に対する廃位という言葉も出ていてフラッシュバックしたのかもしれませんね。

      普通は自分や自分の家族に対する中傷のみで考えてしまいますが、他の子が叱られていても不安定になる子どもも一定数いるので眞子様も実はそういう気質だったのかもしれません。

      あくまで想像ですが。

    • アール より:

      追記です

      学習院時代に色々言われたんでしょうか?
      黒田清子さんの時に一次金について批判ありましたか?
      凄い金額、という話はありましたが、皇族はお付き合いのお金が大変だし、実家の援助も無いのでは、さもありなん、と納得していました。

      学習院だからといって
      悠仁さまは守られる約束は無いと思います。
      愛子さま仕様になっていますし。

      皇族に関心が無い、他所の学校のほうが気楽かと思います。
      難しいかなぁ。

      この結婚のせいで真子さまより、佳子さまと悠仁さまがどうなるやら。心配です。

  9. ミラージュ より:

    mayuさんこんばんは。

    皆様と同じ感想しかありません。
    この時期にこんな発表をするのはどう考えても、記者会見で余計なことは言うなっ!というある種の恫喝ですよね。
    上皇后、皇后に続き三人も精神的な病にかかるような皇室、終わりの始まりの曲がり角を曲がってしまったようです。
    佳代さんもストレスで精神的に不安定でジャガーさんに会う事が出来ない状態だとか。
    皆様病気を理由に逃げるのが上手いですね~。

    秋篠宮殿下が、会見場所は赤坂御用地内の施設を使わせないと決められたとのことですが、目眩ましに思えてしまいます。
    mayuさんの “4年間の慢性疲労症候群”、全くその通りです。
    脳学者の茂木さんが、宮内庁は国民の心のケアも考えて
    って言ってましたが、ホントその通りです。
    と勢い余って書いてしまいましたが、冷静になって考えてみたら、皇室のことなんかに関心を持たなければ済む話なんですよね?
    現に無関心層の方が大半でしょうし。
    それは決して良い傾向ではないはずなんですけどね。

    ひとつ疑問。なんで宮内庁病院の医師発表じゃないの?

  10. やしま より:

    正直ビックリしました。というのも中学生というと、悠仁様がお生まれの頃です。あの頃は国民の目は秋篠宮家大賞賛でした。それは眞子さんがあの男を世の中に出すまで続いたはずです。批難されていたのは、専ら現天皇家でした。愛子様の激やせや不登校、「?」のお振る舞い、お母さまと同様、愛子様もいまだに単独公務ができないこと。

    上記のことを全て見事にクリアされ、公務に励み、どこからも誹謗中傷なんてされていなかったはずです。もし悠仁様誕生で傷つけられたというのなら、それは皇室内部の話となります。国民からの誹謗中傷ではないですね。

    そして今回の話。これも誹謗中傷ではありません。そもそも誹謗中傷とは、根拠のない悪口を言いふらして他人の名誉を損なう行いです。我々は週刊誌等が調べてきた真実をもとに、あの男だけはおやめくださいと、誠心誠意お願いし、お祈りしていたのです。

    それが、「誹謗中傷」そしてPTSDという病名ながら、結婚の準備には支障はない。
    好きなことなら、動けるけど、面倒くさいことは病気だからしない!聞きたくない!知らない!!ということですね。精神的な病を抱えておられるのならさらに、「今、結婚するのはお辞めください」と本当なら言いたいところです。

    今、コロナ禍の中で、国民の多数は心に悩みを抱えながら懸命に生きています。
    日々の暮らしに困ることない、お城の中で安穏と暮らされた日々。
    これから先、異国の地で、生活基盤もまだまだ安定しない中、病気を抱えて暮らしていく蛮勇に近い勇気だけはお持ちとのこと。
    さすがに、ご勝手に。としか言えない心境です。

    もうたくさんです。これ以上ご家族と国民を悲しませないでください。

    ※mayuさん、ここのブログではmayuさんを初めとして、コメンターのどなたも、決して眞子さんに「誹謗中傷」などしていませんよ。皆さん懸命に何とかこの話がなくなるように、ひたすら祈っていただけです。皇室全方向において敬意も持ちながら話をしていました。そのためにreブログのコメンターからは、それこそ誹謗中傷を受けた過去もあります。そのぐらいここは天皇家にもその他の皇族の方々へも、公平な目を向け続けてきたブログでした。

    ・・・無念です。

  11. アール より:

    mayuさん
    ありがとうございます。

    真子様
    伝家の宝刀を抜いた というふうに感じました。

    何も言わせない!

    これなら、真子様にも小室親子にも誰も何も言えませんし、マスコミも
    動けない。

    私の母が、あの人と別れれば、こんな病気にはならなかったのでは?
    と。
    中学時代からの症状、とは言うけれども、確かに色々書かれていました。佳子さまとの比較も可哀想だったと思います。

    しかし、あの人でなければ、病も治っていたかもしれません。

    黒田さんや、守谷さんのような人なら、皆、そっと見守りますよ。
    事実、そうでしょう?

    ニューヨークへ行けばすっかり回復するものでしょうか。

  12. 犬の太郎 より:

    とても不思議です。
    小室さんは、留学費用を出してくれた(借りている)秋篠宮殿下の懇意の法律事務所に
    お金を返さないのでしょうか?  400万円どころではない。年間生活費込みで
    約 1000万円それを3年も。
    日本の弁護士資格取れないのに、そんな大金貸すのも変ですが、
    小室さんは、お世話になっている法律事務所への莫大な借金と恩を踏み倒せるのも不思議。

  13. tartotu より:

    更新ありがとうございます。
    まさか眞子様までメンタルを武器にしてくるとは…しかしその病気が本当なのだとしたらいきなり3年以上あってない男と生活を共にすることやNYに行くことというとんでもない環境の変化は大丈夫、なんて都合がいいな…と。
    確かに眞子様佳子さまは望んでアイドルになったわけでもないのに、ネット上で騒がれました。しかし眞子様小6ぐらいから「今どき目元涼やかで礼儀正しいお嬢様」と画像掲示板ができて最初は良い反応から始まったと思います。真実はどうあれ愛子さまの方がくさされて美少女姉妹でした。褒められても評価されること自体は思春期にはつらいものだったと思います。(ちょっとでも太ったり変化があったり、服のセンスとか言われますし)
    昭和天皇の内親王のどなたかも「皆の手本にならねばならぬ」というプレッシャーを学生時代に書いてます。
    加えて伯父伯母の矛盾や悠仁さまの存在の複雑さも「なぜ?」の連続だったでしょう。アイドルならまあ事務所ともめても引退できますしね。

    ならばなぜ黒田さんや守谷さんのように包容力がある人とガンガン実質お見合いをしなかったのか?バンビさんが言われているように、KKは高校の同級生をいじめで中退にまで追いやった男でとても病を抱えた人を守ってくれそうにありません。自分と母親が病気で働けませんという権利は主張しますが。眞子さまは自分の能力のなさを冷静に見る力もなく、恋愛結婚という呪いにかかっていたんですよね。結局KK母子と眞子さまは似たもの同士で気があうのかもしれません。
    私はうみへびの頃の無邪気な女の子がこうなって悲しいです。

  14. miiiii より:

    mayuさん、嫌な予感がしました。

    日本から出国前にこの情報を出しておく

    アメリカでメーガンのように被害者ポジからの皇室と国民非難ビジネス

    これ、最悪のシナリオですね…

  15. かいる より:

    PTSDですって?馬鹿馬鹿しい。こちらの皆さま、おやさしいから、ふざけんなとは申しませんが。国民のせいなんだ、そうなんでしょ?でも国民が関わったといわれれば、結婚案件からでしょう。

    親御さま、このニュース、ご承諾の上なんでしょうか。まさか、と思いますよ。逆撫で、敵に回した・・・ 

    トップの写真はかわいいです。目に邪気がない。

  16. 白雪山羊 より:

    前記事にも書きました。
    眞子さまのPTSDそのものを今現在→助長、増長させているのは、小室母と小室Kですよね?
    いい加減、気付いて下さい!
    中学生は弟宮がお生まれになる頃でしょうか?でも
    もう思春期は過ぎてますよ。

    眞子さまがKと結婚すると形勢逆転になり、身が危険だと感じるから心配しているんです。
    決して、誹謗中傷じゃない!
    心配しているからこそで、今の眞子さまは心配している国民の事も誹謗中傷していると見ているのですね…
    (このコメントも)

    私は(東北の皆さん、ごめんなさい)津波の映像は一度だけ見ました。ですが、今はもう見れません。
    国民、皆にPTSDというなら、被災地にいる避難者については?

    もう話が通じないんですね。
    きっと。結婚って、そんなに楽しい?と言いたいです。

    mayuさん、支離滅裂でごめんなさい。国民皆敵になるのはゴメンです。

    • 白雪山羊 より:

      何か更に纏まりのない文章ですみません。

      私は高校の時にいじめを受けた事があり、不登校→編入しているんですね。
      あんまり書きたくないがトラウマです。
      (学校の側に行くと過呼吸)
      Kにいじめられた、音小の同級生の事、どう思っていますか?
      「俺(K)の言う事以外信じるな」かな……2018年や、中学生の頃からならば、何故早く発表しなかったの?

      大変な時に人の心が良くわかるともうしますが、周り見てないんですね。宮内庁の職員も気の毒になりました。

      そしてPTSDなら、結婚など取り止め、入院して下さいね!

  17. miiiii より:

    mayuさん、こんにちは。
    いつもありがとうございます。

    眞子さまのご病気発表ですが、会見前というタイミングなので国民を黙らせようとする意図を感じてしまいます。

    こんな風に小室母子の周りの人が病んでいったんだろうと思い、ゾッとしました…
    被害者ポジションテクであれば良いのですが…

  18. りんご より:

    mayuさま、皆様、こんばんは。
    無念です。
    何年も前ですが、眞子様が南米を訪問された時の所作の美しさ気品、たおやかさ。これぞ皇族だと思いました。
    私は全ての原因が上皇后が長男一家を優遇し、雅子さんの我が儘を見逃してきたからだと思っています。

    今更こんなこと言っても仕方がありませんが、この3年の月日の間にどうにか出来なかったのか悔やまれてなりません。

    今後、秋篠宮家の皆様方が更にお辛い事にあわないか…悠仁殿下が無事に即位出来るのか…不安しかありません。

  19. まお より:

    mayuさま、ありがとうございます。テレビのニュースは見れてなかったので、中学生からというのがショックでした。思春期の学校でのことなのか、悠仁さま誕生の折の秋篠宮家への心ない言葉なのか、というか複合的な要因なんですよね。

    表情が変わらないことがメンタルの強さと思い込んでいましたが、むしろ心を見失っている状態とは。

    益々あの無責任ポジティブ男のもとでは心配ですね。秋篠宮ご夫妻、佳子様はさぞご心配でしょう。

    記者会見なんてKKだけで十分なのに!どこまで使えない男なんだろう。

  20. ramiri より:

    mayuさん、早速記事にしてくださりありがとうございます。
    はい、やはり、美智子さんの血が半分流れているだけありますね。自分のわがままを通しておきながら、病気発表とは。そう、mayuさん、お書きのように「日本を離れてニューヨークで...」ですね。キツイ物言いは止めておきます。上に書いた文言でもヤバいかもしれません。もう一言だけ、我々の方こそ、ストレスを受け、病気になりそうですが。

  21. マグノリア より:

    こんにちは。
    とうとうXデーがやってきました。
    折しもお天道様もお涙を流していらっしゃいます。
    もう決定事項ですので、内親王としてのお立場を卒業され一般人になりますので、これからは眞子さんまたは婚姻届後は小室夫人と呼ばさせていただきます。

    「複雑性PTSD」また皇室発祥の新しい病名が出てきましたね。
    PTSDは以前からありますが、「複雑性PTSD」という言葉は初めて見ました。
    病気ならば、、、とも思いますが、腑に落ちない部分もあります。
    まるで日本国民が悪者で、眞子さんを病気にしたような言い方です。
    しかも中学生からとのことですが、その頃皇室に関心を寄せる平民は今よりずっと少なかったと思いますし、今ほどネットの普及率はなかったと思います。
    世の中PTSDの人はたくさんいますし、一人で耐え忍んでいたり、治そうと努力したりしている人もたくさんいます。
    2018年頃から難しくなったと言うと、原因は小室家が大きな要素ではないでしょうか。
    また、厳しいしつけや自由がないとか言われてきましたが、それが原因とは言いませんね。
    精神的な病気を持った人がこれから日本とは全く違う外国暮らし、今まで全て側近の人がやってくれていたことを自分でやらなければならない環境に果たして適応できるのでしょうか?

    岸田新総裁は、人の話をしっかり聞くことが特技だと言っています。
    是非眞子さんにも、これからは人の話に耳を傾けることを大切にしていただきたいです。
    そして、病気を克服していただきたいです。

  22. バンビ より:

    mayuさん

    こんにちわ。早々にニュースを取り上げてくださりありがとうございます。

    今日は台風接近で外は雨と風が激しくなってきました。
    どうか、災害が起きないようにと祈るばかりです。

    さて、眞子さまの結婚発表ですが
    結婚することはもう今更でしたが
    複雑性PTSDを患われているとは
    驚きました。
    私は初めて耳にした病名です。

    反発される方もいらっしゃる方も
    おられるかもしれませんが、私は同情できません。
    原因の多くは、ご自分が生涯の伴侶と
    決めたオトコの下品な振る舞いではありませんか。
    お世話になったジャガーさんへの金銭トラブルへの対応。払わないと言ったり払うと言ったり。でも結局は払っていませんよね。
    眞子さまを矢面にたたせて
    男として眞子さまを守るための行動もしない生涯の伴侶に何の責任もないとはいえません。
    それともすべてが国民のせいですか。
    ならば、税金で今まで、特権を当たり前のように享受して過ごしてこられたのは
    なぜかをお考えください、と言いたいです。
    よくわかりました。
    国民への感謝の気持ちはひとかけらもないですね。
    会見で感謝の言葉を聞かせていただくこともないでしょう。
    そして明日からマスコミは提灯記事が
    沢山出てくる事でしょう。

    誹謗中傷が中学生のころから続き傷ついていた、それについては完全に否定はしません。
    今更ですが、でしたら秋篠宮家は今まで
    そう言った記事に抗議をすることを
    なぜしてこなかったのかと思います。
    また、宮内庁は何をしていたんだ!と
    思います。よ。

    まあ、小室圭の過去のいじめの被害者だって傷つきPTSDをかかえているのではないですか?そのことはどう思われるのか。

    残念ですが、雅子さまの良い前例がありましたね。
    国民を黙らせるのは病気設定ですね。

    ご病気なのにご結婚などしている場合なんでしょうか。アメリカで新たな生活を
    始めたらセイセイとしてよくなられたらいいですね。

    すいません。言葉選んだつもりですが
    不適切な承認見合わせてくださいね。

    • おきうと より:

      バンビさん
      何も間違って いませんよ
      複雑骨折ならぬ 複雑PTSD つまり いろんな事が 気に入らないんでしょう
      本当にPTSDなら そんな状態で 新な環境を決断してはならない。
      当分は 年収5、600万の法律助手。 家事もやったことが無い 精神不安定なお嬢さんが 耐えられるだろうか
      ジャパンナンタラ博物館の(名誉)館長? 何もせずして1000万 親の情けですかねえ
      眞子さんは おばあ様に
      性格が 似てらっしゃると
      前から お見受けしてました
      初めての伊勢参拝の おなが服 プリンセス風味の針金入りスカート
      一度 抜かれても 、しっかり復元の美智子さま
      とにかく「頑固」
      「言葉を失う」事件を思い出します
      ここ数年 秋篠家の中は
      荒れに荒れていたのでしょう
      私が 親なら、娘なら
      その事に触れず 談笑し合うなぞ 不可能です
      だって 一番大事な事、心配な事ですもの
      時折の 仲良し写真が 気味悪かった
      喚いて、叫んで 手がつけられなかったんでしょう

      しっかり お金は返して
      御所以外(帝国ホテルがお好き)施設を借りて お金も払い、警備費も 自ら払って下さいね

      御所を使わせない(許さないけど 仕方なく結婚させる)は そういう事でしょう
      どうせ 、病気の姫に 質問を浴びせる事は 憚られるでしょう

      私は 会見は 見ません

      • バンビ より:

        おきうとさん

        バンビです。ありがとうございます。
        コメント送ってからもずーっと
        モヤモヤ考えてしまいました。

        やはり、誹謗中傷ねー
        たしかにネットとかで口汚く
        秋篠宮家への罵詈雑言はありましたよね。
        今はエスカレートしてるところあります。
        ですが、やはり同情はできません。
        2018年頃からといいますが
        この4年間、原因である小室圭が
        眞子さまのためにトラブル解決をする行動を起こしませんでしたね、
        愛情感じますか?といいたいです。
        大事な人が苦しんでいるのに、自分は
        他人のお金でNY生活だったじゃないですか。

        やっぱり眞子さまには申し訳ないけど
        白けます。

        もうこれ以上はウンザリです。
        私も会見はみません。

        同情が集まれば、これから帰国や
        皇室との親戚付き合いもなし崩しで
        普通にされるんじゃないですかね。

        国民を黙らせて。

        しつこくすみません!

タイトルとURLをコピーしました