紀子さま55才の誕生日 眞子さんの結婚については去年とほぼ同じ回答でした。

秋篠宮皇嗣ご一家

紀子さま55才の誕生日おめでとうございます。
画像では去年と同じように見えますが、動画を見るとやっぱり紀子さまお疲れが見えるのですが、思い込みでしょうか。去年の映像は秋篠宮殿下と2人で散策されたり、なかなか良い映像でしたが、今年は悠仁さまと同じような映像でした。

注目の眞子さんの結婚の質問は、見事に去年とほぼ同じでした。「長女の気持ちをできるだけ尊重したい」とのことです。

悠仁さまの進学は「話し合い、本人の希望を大切にしていきたい」

佳子さまについては「一つひとつの公的な務めに誠実に取り組んでいるように思います」「結婚や将来につきましては、次女の意見をよく聞いて、家族の語らいを大事にしていきたい」

まあ、紀子さまの文書はこんなものでしょう。突っ込んだことは、秋篠宮殿下を差し置いて今は言えないでしょ。

秋篠宮妃紀子さまは11日、55歳の誕生日を迎えられた。宮内記者会の質問に宮内庁を通じて文書で回答を寄せ、長女の眞子さまと婚約内定相手の小室圭さん(29)のご結婚について、昨年に引き続き、「長女の気持ちをできるだけ尊重したい」と寄り添う考えを示された。眞子さまは来月にも婚姻届を提出されるとみられるが、今後の見通しなどについては言及を控えられた。紀子さまは現状について、「親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております」とご説明。「共感できることもあれば、意見が違うこともあります」と明かされた。こうしたご表現は、昨年の回答とほぼ同じだが、宮内庁関係者は「ご結婚への思いを『尊重』することに、改めて重心が置かれている」とみる。文書では、新型コロナウイルス禍で外出を控える中、眞子さまを含むご家族で皇族としての活動や、日々の出来事について話し合ったこともご紹介。秋篠宮さまとともに今夏、オンラインで視聴した全国高校総合文化祭は、眞子さまや次女の佳子さまも臨席された経験があり、「今まで出席したときのことをふり返って話をすることがありました」とつづられた。記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20210911-JCZDRCQNSJJDBPVCPG3XZBTUQM/

*去年の紀子さま54才の誕生日文書の眞子さんの結婚について

「長女の結婚については、対話を重ねながら、親として娘の気持ちを受け止め、一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では、共感したり意見が違ったりすることもありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ、長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め、話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます」

*今年の紀子さま55才の誕生日文書、眞子さんの結婚について

「長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております。一連の対応についての受け止めや、今後の見通し、話したことの内容などをお伝えすることは控えさせていただきます」

殆ど定型文のように去年と同じ回答でした。正直、つまらない。



悠仁さま、佳子さま、眞子さんについての文書

【質問】
新型コロナウイルスの影響で外出を控えられる日々が続く中、秋篠宮さまをはじめご家族とどのように過ごされ、どのようなお話をなさっているのでしょうか。佳子さまは今年5月に就職されました。勤務のご様子や公的な活動への取り組みをどう見てらっしゃいますか。結婚や将来についてのお考えもあわせてお教えください。また、悠仁さまは中学3年生となり、来春高校進学を控えられています。学校や日常生活でのご様子とともに、期待されていることや進学先を決めるにあたって大切に思われていることをお聞かせください。

【回答】
「この一年、感染症の拡大に伴い、出席を予定していた公的な行事が延期や中止になったり、オンライン行事になったりするものが多く、家族で健康に気をつけながら過ごしました。私たちの間では、公的な活動について話すこともあれば、日々の出来事について話すこともありました」「例えば、宮様と娘たちとともに、ウイルスやワクチンなどについて専門家から説明を受けた後、長男も加わり、そのことについての話をしたことがあります。感染症によって深刻な影響を受け、厳しい生活を送る人々のことを心配し、感染が少しでも早く収束することを願う会話が多かったように思います」

「この夏に宮様と一緒にオンラインで参加した『全国高等学校総合文化祭』は、長女と次女も以前行事に出席した経験があり、昨年は長男もオンラインで開会式などを見ましたので、家族で共有することができ、今まで出席したときのことをふり返って話をすることがありました。高校生たちが力を合わせて作り上げた開会式や様々な部門の発表は、それぞれの心に残っています」

「オリンピックとパラリンピックについては、世界から集う選手たちの活躍に加え、視覚障がいのある人の伴走者、競泳のタッパー、義足や義手、車いすなどの競技用具を製作し調整する人など、選手を支える様々な人たちのことも話題になりました」

「次女は、引き続き、一つひとつの公的な務めに誠実に取り組んでいるように思います。そのうち、いくつかの行事については、以前に私が携わっていたものでもあり、行事を引き継いで心をこめて務めてくれていることを、うれしく思っております。ビデオメッセージや文書で言葉を寄せる過程を見ても、それぞれの行事を大切に思っていることが感じられました。公的な務め以外の仕事についても、真摯に取り組んでいるようです」

「これからも、皇族としての務めを十分に果たしつつ、経験を重ねていってほしいと思います。結婚や将来につきましては、次女の意見をよく聞いて、家族の語らいを大事にしていきたいと思います」

「長男は、感染防止対策による制約がある中で、授業を受け、学校行事に参加し、同級生とともに今できることを工夫して、充実した学校生活を送っているように思います。昨春には感染症拡大のために数ヶ月間登校ができず、在宅期間中には遠隔授業を受けるなどの経験をしましたが、その後、学校で同級生たちと再会し、一緒に学び、活動ができるようになった日々をとてもうれしく感じていたようです」「中学校の最終学年になり、学習への意欲がさらに増したようで、試験があるとそれに向けて計画をたてて、それぞれの教科の学習に積極的に取り組んでいました。そして、今年の夏休みも、各教科の課題を熱心に進めていました」

「これからも、学びや暮らしの中で様々なことに気づき、考えを深め、成長していくことを期待しています。進学先につきましては、長男としっかりと話し合い、本人の希望を大切にしていきたいと考えています

【質問】
昨年11月、眞子さまは小室圭さんとの結婚についてのお気持ちを文書で明らかにされ、秋篠宮さまは記者会見で2人の結婚に対するお考えを述べられました。一方、小室さんは今年4月、母親と元婚約者との「金銭トラブル」について説明する文書を公表するとともに、元婚約者に解決金を渡す意向も示しています。小室さんの一連の対応をどう受け止められていますか。結婚に向けた今後の見通し、母親としてのお考え、親子で話し合われていることがあればお聞かせください

【回答】
「長女の結婚については、親として娘の思いや考えを受け止められるよう、対話を重ねております。こうした中、共感できることもあれば、意見が違うこともありますが、お互いに必要だと思うことを伝え合い、長女の気持ちをできるだけ尊重したいと思っております。一連の対応についての受け止めや、今後の見通し、話したことの内容などをお伝えすることは控えさせていただきます」

記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20210911-NAIU6MND6BJ7HMG6Q7UWS6EUBA/



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m

    お誕生日がおめでたいくないということではないですが、やはりガッカリの方が強いです。
    二言目には尊重、尊重…。皇室に関わることにおいては、何から何まで尊重ではおかしいのです。その証拠に、尊重の結果がこれです。国民のことはどこ吹く風、自分のことしか考えないワガママモンスター内親王となってしまいました。精神的にも大変稚拙です。
    生まれながらの皇族としての生きかた・あるべき姿の教育、という面において、紀子さまはやはり失敗なさったと思います。久子さまや信子さまは(途中で承子さまが道を踏み外しても、またきちんと戻されたように)、しっかりお出来でいらしたのだと思います。やはりご出自・生育環境の違いもあるのかもしれませんね。残念です。

    アメリカでも、裏ルートで日本(税金)の他、多くの人の援助を受けながら生活するだろうと言われていますが、小室母子の十八番「集りながらのセレブ生活」が約束されているのかもしれませんね。佳代さんなど、秋篠宮家の後ろ盾を武器に、社交界に出入りの画策もしているかも(ーー;)

  2. やしま より:

    蒸し返してすみません。ラベンダーブログなんですが。一番最新のものを読んできました。
    中の文章として
    「反秋篠宮、反上皇后、反雅子さま、といった特定の集中攻撃を読みたい方は、当ブログではそれをやるつもりはないので、他のブログ等でお楽しみくださいませ。」
    「肩書をつけただけで、擁護派扱いして攻撃してくるのは異常だと思います。」
    等ありました。

    その他、書かれていることは、しごく全うな感じで、秋篠宮ご夫妻が批難されるのも、mayuさんも「のん気すぎる」と以前おっしゃられておられましたが、私もそもそもKを婚約内定者として認めたのは御両親であり、そこは責任が皆無とはとても言えないと思っています。

    今日は新宿で眞子さんに関するサイレントデモがあるそうですね。マスコミでは絶対取り上げないと思いますが、ネット記事で取上げるようなら注目したいと思っています。
    このデモの主催者は、その前に、反対署名運動をして、署名簿を宮内庁に持っていたったら、宮内庁側は受け取らなかったそうです。まあ前代未聞で前例もないし、どうしたらいいか分からなかったんでしょうね。

    あとミラージュさんが書いておられたニューヨークのデジタル博物館。1,000万円の報酬の件は私には記事が見つけられなかったのですが、眞子さんがそこの名誉館長となり、何がしかの報酬を得るのではないかということはあり得るかもと私も思います。
    今年5月に開館って、タイミングがよすぎますよね。

  3. アール より:

    mayuさん おはようございます。

    体調いかがですか。
    無理なさらずにお過ごし下さい。

    さて、本日 東京の新宿で真子様の結婚反対デモが行われるらしいですね。

    マスコミにはこの話は消されているようですが、前代未聞 ですよね。

    ニフティのニュースで真子様の結婚覆るかも、という記事も見ました。

    今回の国民の大半が反対している結婚は、天皇は国民の総意の元、という憲法の違反になるのではないか、ということでした。

    この結婚を進める、応援する人は憲法違反になるということ。

    国民の総意がない、のであれば、皇室の存在理由は無くなりますから。

    ろくな説明も無しで、娘の気持ちを尊重 では済まない問題になってしまいました。

    覆せないなら、明確な説明とそれなりの対応がないと。
    悠仁様や愛子様の将来もなにも、
    このままでは、令和で皇室は終わりになるのが現実味を帯びてきたように思います。

  4. ゆきんこ より:

    ご無沙汰しております。

    mayuさま、ご体調のすぐれないなかでの更新ありがとうございます。
    どうか、ご無理なさいませんように。

    最近思うのは、皇族女子に生まれるとはどういうことなのか、
    男子でない(決して女子だからではない)とがっかりされ、
    でも皇族としての制約はあり、
    結婚にもあれこれ期待されて、でも結婚後は皇族ではなくなる。

    多くの方は、皇室を離れたいと思ってらっしゃるでしょう。

    「できるだけ皇族時代の生活を維持して」、
    「民間人の自由も手にいれる」、
    そういう結婚こそ幸せ、
    そういう本音教育を秋篠宮ご夫妻はなさってこられなかったのでは?

    でも、そういうところこそ、このご一家の聖なるすがたとも思えます。

  5. mayu より:

    こんにちは。

    紀子さま55才の誕生日は夜中に書きましたが、
    今日は蒸し暑くて体調もイマイチです。
    特に頸椎神経根症の右肩の痛みがあり、
    パソコンをする時間を減らして休んでいるので
    コメ返しを休ませていただきます。

    パソコンは立ち上げているので
    自由にコメ返ししてください。

    • 白雪山羊 より:

      mayuさん、体調大丈夫ですか?どうかお大事になさって下さいね。

      こちらも涼しくなったのは結構ですが、夏の疲れが出たのか?身体が追い付かずキツいです。
      しかし、もうすぐ2回目のワクチン接種で…(T_T)
      体調を整えている所です。

      紀子さま、お誕生日おめでとうございます.:*:・’°☆
      折角のお誕生日だというのに、紀子さまもここ数年
      穏やかな気持ちじゃないでしょうね。
      しかも、結婚関連感想トップバッターと言うか…
      国民ももっと爽やかに御祝いしたいです。

      前記事にも書きましたが、眞子さまはKの事、まだ好きなの?何だか解らないです、本当に。

  6. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます!
    ありがとうございます。やはりmayuさんの記事が1番です。先程、テレビをつけたら、2017年の内定映像。今よりはほっそりしていても、お行儀よくしていても、時々イチャイチャしていて気持ち悪い。
    昨夜はベッドに入ってから、なんか暑いなあと思い熱を測ったら38度超えていました。昼間の37,5度よりもつらくは無かったのですが、不安でネットを見たら、熱が出ても3日目には下がるとのこと。ロヒプノール半分飲んですぐに寝ました。朝起きたら測らずとも熱が下がっているのがわかりました。絶対にかかってはいけない病気ですね。3回目ワクチンは打ちたくないので、対策万全で過ごさなければ。

    眞子さんはねえ…昨日やしまさんが書いてらしたように、多少、アスペの傾向があるんでしょうね。ぺんぺん草さんが噓を書かれるとは思えませんから、お勉強ができないのも事実でしょう。学習院へ進んだ場合、大学から入ってきた学生たちにバレるのがイヤだったのかも?昭和の時代とは違いますからね。

  7. やしま より:

    静止画のお写真は修正もあるのでしょう。お美しいままですが、動画のほうは、ああお年を召されたなと分かる瞬間が確かにありますね。動画として添付してくださった写真のご表情も晴れやかなものではありません。いつも心に悩みを抱えつつ公務に専心、おまけにコロナの昨今で、これでやつれないほうがおかしいです。

    去年に比べて加わったのは、悠仁様の進学の件ぐらいでしょうか。やはり想像したとおり、「本人の希望を」と出ましたね。我々庶民では、「合格できる偏差値の高校」というのがまず大前提で、その高校の中から本人の希望で選ぶのです。秋篠宮家を見ていると、どうもこの「そもそもその学校の水準に悠仁様がお合いになっておられるのか?」という部分が欠落しているようで気になります。お茶の水附属中学校は、女子の平均偏差値が73、男子の平均偏差値が53と言われる極端な学校で、だから男子には人気がありません。こんな状況から、悠仁様が希望なさるのは一体どのような学校なんでしょうか。
    以前、この夏休みに御所でトンボ取りをしたという話が紹介されていました。中3の夏休みにトンボ取り・・・申し訳ないんですが、筑附に入って楽しい学校生活を送れるとはとっても思えないです、ごめんなさい。(ペンペン草さんが、悠仁様が東大入学後に大学内でトンボ取りなされば~といったニュアンスの揶揄話を書いておられました)

  8. マグノリア より:

    おはようございます。
    早々に掲載いただきありがとうございます。
    秋篠宮皇嗣妃殿下、お誕生日おめでとうございます。
    秋篠宮家は9月~12月にお誕生日が集中していますね。
    文章については、お立場上秋篠宮殿下がいらっしゃいますのでどうしてもこのような内容が精一杯なのではないでしょうか。
    だから報道関係者もあることないこと勇み足報道するのでしょう。
    真実はわかりません。
    でも、眞子内親王の結婚問題と悠仁親王の進学問題は国民の関心事として目が離せません。

    河野さんが総裁選に出るにあたり、なんか皇室利用している気がしてしまいました。
    以前女家天皇だか女性宮家などを検討していたのに、急に皇室問題と脱原発問題を回避する発言をしました。
    更に「日本の礎は皇室と日本語だ」、訳わかりません。
    天皇ありきの日本ではなく、日本は日本国民ありきです。
    そして天皇や皇室の役割は、国家の安寧と国民の幸福を守るために祈るのです。
    皇室を政治利用しないでいただきたいです。

  9. 桃の花 より:
  10. アール より:

    mayuさん
    朝早くからありがとうございます。

    いつもコルク壁の天皇家と違って、きれいに見える演出がされているなぁと感じます。
    真子様の事がなければ、素直に喜べる御誕生日なんですが。
    お綺麗ですし、文書もさすがです。

    ヤフコメも見てきましたが、
    真子様が結婚することや税金を皇族が使うことが嫌なのではない。
    皇族にやっかみや嫉妬など無い。
    普通のまっとうなお相手ならお祝いする。
    この反対、反感はそれだけ国民は皇室が好きで尊敬しているから、心配している。
    といったコメントを多く見ました。

    清子様、典子様、絢子様、ご結婚の時たいていのコメントはお祝いで溢れていたと思います。我々の税金云々騒ぐ人は少なかったと思いますし、一時金も必要経費だと納得して受け入れていました。

    どうみても、明らかにふさわしくない家庭だからです。

    やはり、真子様が ⚪ぬ とか言って脅したのではないかと思います。

    秋篠宮家の秘密情報を小室氏が持っていたとしても、お金で解決させられると思いますし、小室氏も重たい真子様無しでお金だけ流れこむのは悪くない話です。

    真子様が一時的に住むとかいうマンションに小室母達が一緒に入るのではないかと思います。

    真子様と小室氏とずっと連絡をとっていたようですが、母親も交えていたのでしょうから、すっかり操り人形ですね。

    お金は無くても誠意のある態度を見せてくれたら、と何度もチャンスを与えても理解出来ない親子と真子様。
    残念ですね。

タイトルとURLをコピーしました