佳代さん3年前に適応障害で1年半健康保険組合から支給、今年4月上旬は顎の手術、今回はアキレス腱断裂

小室親子

デイリー新潮に載った週刊新潮の小室佳代さん、勤務先の洋菓子店で“無断欠勤”トラブル 労災請求に社長は困惑、松葉杖をつかないでスタスタ歩いていた、など8月5日にブログに書きましたが、その後のまだネットにアップされていない、仰天する続きがありました。

暑いので外に出掛けたくない、試しにAmazonを見るといつからでしょうか?週刊新潮もKindleで読めるようになっていました。目の悪い私にはフォントサイズを大きくして読めるのと、雑誌が増えないまま保管できるので便利です。早速DLして読みました。

佳代さんの代理人から店側に連絡があったものの、社長は事故があったことを事業主として証明する書類に署名していない。今回、仮に労災が認められた場合、大まかには月給を日割りにした日給の8割が休業中は支給されることになる。現在も佳代さんは無断欠勤が続き、給料は支払われず、勤務シフトからもすでに外されているという。
デイリー新潮 https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08041700/

この続きです。 発売中なので簡単に書きます。ペンペン草さんの書いた記事も読んでください。



実は、圭与さんの長期欠勤はこれが初めてではないのだという。最初は3年前、息子さんが渡米した年。体調不良を訴え「適応障害」と診断されたとのこで、長らく休んでいました。その間、のべ1年半に渡って、健康保険組合から支給を受けていた。

適応障害と言えば、雅子さまです。 女優の深田恭子さんも公表しましたが、やっぱり雅子さまの筋金入の適応障害には適いません。その雅子さまと同じ「適応障害」に圭与さんが・・・( ゚Д゚)

何に適応できなかったのか。そっか、愛息ケー君と離ればなれで会えない環境に適応できなかったのかも。何しろ一心同体(一身胴体短足)の親子ですから。

申し訳ないです、圭与さんの「適応障害」で苦笑してしまいましたm(_ _)m とても心療内科に罹るようなヤワな人じゃないと思っていたので、どんな顔と表情で診察して貰ったのかしら。3年前と言えば新型コロナ前でまだマスクは不要でしたよね。ともかく、精神科、神経科、心療内科の病気は数値で出て来ない、本人が具合悪いと言ったら、医者はいろいろ考えて病名を出しますよ。

その後も圭与さんの入院がありました。

週刊文春WOMANで、4月上旬に手術を受けて入院しまして、傷のあがりが悪くて集中治療室に入って、1ヵ月近く入院。お店もお休みしていました。

はっきり病名を言わないので、何の病気がいろいろ推測しましたが、洋菓子店関係者の話で分かりました。

「この時は顎の部分を手術したと聞いています。それで長期間仕事を休んでいたのですが、5月中にいったん復帰しています。今後は、8月頃に顎の追加治療が必要だとも聞いていました」

圭与さん、顎を手術したんだそうです。小室親子と言えば、2人ソックリな特徴のある顎。特に圭与さんの顎は特徴のある顎でした。

ふと美容整形をしたのだろうか?と思いましたが、美容整形で保険金は貰えないですよね、病気じゃないと。顎の手術で検索すると色々出てきました。顎関節症とか、医者じゃないので分からないのでパスします。

その矢先のアキレス腱断裂。社長が無断欠席を注意すると、「社長と話すと具合悪くなるから」と勝手に店の社労士と連絡を取り始めた。社長は「やめて欲しい」とクギを指したのに、圭与さん側から店に労災の申請書類が送られてきた。こうした経緯もあり事業主として証明する書類に署名しなかった。

労災については事業主はかなり嫌な事で、労働基準監督署から調査が入ったりします。ましてや圭与さんのような誰も目撃者がいない、1人で帰ったような事例では本当に帰宅時間も含めて就業中の事なのか分かりません。店側は「労災かどうか不明」と一歩も引かない構えだそうです。

圭与さんの金銭トラブルが報じられて以来、店にもよく「なぜあんな人を雇っているのか」「二度と買わない」と言った抗議電話が掛ってくる。非難の投書も多く、北海道から九州まで、中には右翼団体らしきところからもありました。社長が店にとっては大迷惑ですと弁護士に話した時、相手の弁護士も「うちも迷惑電話が掛ってきて困っている」と応じた。

圭与さんんの遺族年金不正受給疑惑、元婚約者さんへの借金タカリ、健康保健組合から1年半も支給、顎の手術で生命保険も受給したかな?今回は労災と、何だかなぁ~~とにかく貰えるお金なら何でも・・・ですか。

他にケー君と眞子さんの強行結婚なども書かれていましたが、割愛します。

圭与さんの「適応障害」と「顎の手術」で終ります。

雅子さまが読んだら「わたくしの真似をして~~」と憤慨するかしら。圭与さんは1年半で治ったみたいですよね、顎の手術後は仕事復帰していたし。雅子さまも圭与さんと同じ医師に診て貰ったら治ると思うよ。



コメント

  1. やしま より:

    >白雪山羊さん 返信ありがとうございます。

    今、帰宅したところなんです。実は背中が痛くて。調べるといろいろ怖いことが書いてあってテンションが下がります。眞子さんは、こんな苦労なんぞ全く経験もなく、また想像もつかないんだろうなぁ~
    猛暑の中、働きたくなくても働かねばならない人たちが一杯いる。
    結婚した翌日には「こんなはずではなかった」と思いますが、そのときにはもう遅い。皇統譜から名前が削られたら、あなたは一生一般人です。
    そして男の気持ちなんぞ、変わりますよ。特にお金で転がるK母子はね。
    お金の引っ張れない眞子さんは、あの母子にとっては全く魅力のない女にすぎません。

    • 白雪山羊 より:

      やしまさん、白雪山羊です。暑い中、お疲れ様でした!

      背中ですか。夏って意外に肩や背中がバリバリに凝りますよね。
      疲れも溜まっているのでしょうし。
      それに、コロナ禍で全身緊張してます。
      早く良くなります様に(^^)

      本当に、何で何年もこの状態なんでしょう。
      落ち着いて考えると
      手術した箇所がどことか、どうでもいいと言うか…色々不安ですね。

  2. やしま より:

    マッターホーン社長の対談がネットで読めるのでよろしければ。

    株式会社マッターホーン 代表取締役社長 金子亮一 | 仕事を楽しむためのWebマガジン、B-plus(ビープラス)
    仕事を楽しむためのWebマガジン、B-plus(ビープラス)最前線で活躍するビジネスパーソンのために、役立つ知識や息抜きとなるライフスタイル情報を発信します。

    美味しさを追及し、店舗を増やさない主義で頑張る三代目だそうです。
    私は、本当にお気の毒だと思っています。こんな人を雇ってしまったのは社長にも責任があるかもしれないけど、まさかこんなことになるとはと思います。

    ケーキ屋さんは、まさに庶民の憩いの場であり、晴れの日を飾るものです。いわば夢商売。そこにこんなキナ臭い話が舞い込んできたら、ただ当惑するばかりかと。
    いきなり労災と言われても、誰も知らない、状況も分からない、証拠もないでは、店側は拒否して当たり前。スマホを持たない人はないですし、アキレス腱の断裂などという重症は、店で発症したのなら救急車ものじゃないでしょうか。本当なら圭与さんは歩けないはずですから、スマホで誰かに助けを求めるのが当然。店で発症したならお店の店員さん、パート仲間さんに連絡するでしょう。その辺が全く表に出てこないのですから、妙な話だし、誰も信じられない。この方特有の自分だけが納得できる話なのかも。

    適応障害ですか・・・この病は雅子様で有名だから、いわば「皇族病」とでも思い込んでいそうですね。圭与さんという人は息をするように噓をつく。そのうちそれが本当のことだと思い込む。だから悪びれないし、反省もない。しかしこの方、弁護士さん使いまくりですねぇ。弁護士さんって、まず着手金がウン十万円なんですよ。それは受諾案件が成功しようが失敗しようが、とにかく最初に現金で払わねばならないお金です。分割なぞ効きません。それをポンと出す原資は一体どこから出てくるのでしょう?不思議でなりません。
    こんな人と皇族は絶対に縁戚になっちゃダメですよ~~~

    私も、年内に二人の結婚は既定路線なんて書かれて、本当にあったまに来ているんですから。このくっそ暑いのに、明日はまた義実家の片付けと義母の施設で面会です。
    明日、万が一「義母を一旦自宅引き取り」の話が出たら、コロナを理由に断るつもりです。夫は昨日ようやく1回目接種したばかりで、次はもう8月末の週ですから。うちの県も東京都に隣接していて、どんどん感染者が増えているんです。夫の職場はリモートありません。毎日出勤しています。

    • mayu より:

      やしまさん

      マッターホーンの三代目社長、真面目で人の好さそうな方ですね。
      圭与さんを雇ったために嫌な思いをされて本当にお気の毒です。

      店で転んでアキレス腱断裂なら、圭与さんの事だから大騒ぎをして
      救急車を呼ぶでしょうよ、誰も見ていない、1人で帰るなど有り得ないです。

      社長が毅然と対応をするそうなので、どう出るのか、見ものです。

      適応障害も雅子さまの真似をして、適当に症状を言えば
      医者も診断書を書いてくれるし、薬など真面目に飲んだか
      飲まないかまでは、入院でもしない限りは分かりませんからね。

      あの引き篭もっていた時期は、適応障害ってことでお金を頂いていたのかぁ。
      お金に関しては貪欲でアンテナもよく動きますね。

      弁護士は30分相談で5千円、30分で終るワケもなく結構高く着きます。

      小室家は上芝弁護士も抱えているし、誰がお金を出しているんでしょうね。

      なんというか、狡猾でトラブルの絶えないこんな人と皇族が
      姻戚関係になったら、皇室も終わりだな~と、つくづく思います。

      実は破談で開き直りでやっているのなら良いんだけどなぁ。

      明日は義母さん宅と面会ですか。暑いのと新型コロナ感染が増えて
      家から出るのも嫌になりますね、気をつけてください。

      このコロナ禍では施設にお任せが一番安心、安全だと思ってます。
      ワクチン接種しても感染はありますからねぇ。
      旦那さまが働いているのなら尚更です。

    • 白雪山羊 より:

      やしまさん、こんばんは。白雪山羊です。

      社長さんのインタビュー、興味深く読みました!
      本当に、社長さんの体調が一番心配になって来ました。

      ワクチン接種予約、何も成功してない癖に
      焦った為か、疲れきってます(苦笑)。
      早くても暑いし
      (ご主人様、お疲れ様でした)、遅くても感染者が増えている中
      いつもギリギリの感じですね。
      心拍数が上がると言うか…(´;ω;`)

      本当に「規定路線」と書いてある中に
      サラッと初めて知る情報が散りばめられて、何かこんなやり方で事実を作り上げているのか?なんて思ってしまいます。

      • やしま より:

        >白雪山羊さん 返信ありがとうございます。

        今、帰宅したところなんです。実は背中が痛くて。調べるといろいろ怖いことが書いてあってテンションが下がります。眞子さんは、こんな苦労なんぞ全く経験もなく、また想像もつかないんだろうなぁ~
        猛暑の中、働きたくなくても働かねばならない人たちが一杯いる。
        結婚した翌日には「こんなはずではなかった」と思いますが、そのときにはもう遅い。皇統譜から名前が削られたら、あなたは一生一般人です。
        そして男の気持ちなんぞ、変わりますよ。特にお金で転がるK母子はね。
        お金の引っ張れない眞子さんは、あの母子にとっては全く魅力のない女にすぎません。

  3. blanche より:

    初めてコメントさせていただきます。
    いつも拝見してます。
    眞子さまのご結婚が 強行されるかの報道が最近多くなっていて悲しくなります。

    小室母は 顎の手術ということですが 私が勝手に推測したのは 顎変形症の外科矯正手術です。
    こちらは保険適用になると思います。
    口腔内から 骨を切る手術ですので 外見は手術の後は残らないですし マスク生活の昨今には バレなさそうですね。
    マスク外して顔の印象が変わっていたら その可能性も考えられます。

    悪性腫瘍などの病気でしたら ガリガリに痩せそうですしね。

    私は医療の全くの素人なので ただの推測でしかありませんが…。

    これからも こちらのブログに訪問させていただきたいので mayuさま、どうぞご体調にお気をつけてください。

    • mayu より:

      blancheさん、はじめまして。

      読み方がよく分からないんです~
      ブランシュ、ブランシェ、ブランチェ??頭が悪いですねぇ(^^;)

      眞子さんが30才までに結婚したい、今年中に結婚、いろいろ出てますが、
      どうやって結婚するつもりなんでしょ。

      顎変形症を検索して見ましたが、圭与さんの顎が下向きになっていたら
      少しは見た目が良くなるでしょうけど、中身は同じですね。
      手術するのに真夏でもマスク必須のコロナ禍なので、圭与さんには
      良かったですよね。 雅子さまもコロナ禍でいろいろ助かっている所もあり、
      2人適応障害・・・アホらしくなってきました(笑)

      つたないブログですが、こちらこそよろしくネ。

    • ミラージュ より:

      mayuさん、こんばんは。

      次から次と良くもまぁぁ~
      佳代さんってトラブルを引寄せる名人ですね。

      顎の手術って何なんでしょう。
      さっぱり想像できません。しかもICUに入ってますからね。
      美容整形なら治療代も高額ですよね? でも医療保険は降りないと思います。
      佳代さんのことだから何だかんだご託を並べて強引に美容整形でなく普通の診療に持っていっても不思議じゃないです。
      マッターホーン、多分4年前の 内定時には一時的にお客が増えて、いや~佳代さんのお蔭だよ~とかなんとか言ってしまってその後強く出れなくなってしまったのかしら?
      あの程度の規模の会社だと社長の権限は絶大だと思うのですが、それを無視出来る鋼のメンタル持主が適応障害ね~
      ミステリアスな方ですこと。
      1年半も働かないで給与を健康保険組合から貰っていたから味をしめたのもありますね。

      前前記事のいつも更新ありがとうございますさんへ返信コメントをしたのですが、反映されていません。
      又他のところにいっちゃったかもです。

      • mayu より:

        ミラージュさん、おはようございます。

        すみません、コメントがスパムにも入っていなくて、
        コメント送信が上手く出来なかったのかも。

        形成外科と美容整形の線引きが曖昧な所もあるんですよね。
        それにしても、顎とか適応障害と言うのが・・・((+_+))

        洋菓子店は昔から有名だったそうですが、圭与さんの職場ということで
        更に有名になった、売上にも貢献したかもしれませんが、批判も多い、
        圭与さんの今回の事で社長も堪忍袋の緒が切れたようです。

        20年もお世話になって、やることがお金絡みだとクールなものです。

        1年半の不労所得で味を占めたでしょうねぇ。
        働くのがバカバカしくなっていったとか。

        • ミラージュ より:

          mayuさん、こんにちは。
          返信ありがとうございます。 前のコメント、入っていないかったのですね。
          どこかで道くさくってるのかも。

          今日の東京はどんよりと曇っていて雨になりそうなお天気です。
          台風が近付いているし、明日の閉会式が心配です。
          今上ならどうでも良いけど、秋篠宮様のご臨席ですからね。
          悪天候になったらきっと徳がないからだとか、もっと酷いコメントがヤフーに溢れそう。
          こんな時季に決めているIOCが悪いのですが。

          • mayu より:

            ミラージュさん

            本当にコメント何処に行ったのでしょう、海外からのコメント拒否しているので
            以前よりスパムコメントも入らなくなり、どこかで彷徨っているのかな。

            台風が近づいてるそうですね、午後までに通過すると良いのですが、
            秋篠宮家は今はなにをやっても批判で、眞子さんの問題が
            良い方に解決しない限りは延々と続きますね。

            五輪は始まった時から、早く終わるといいな~と思っていたので
            明日で終わりでゆっくりします。
            夏の五輪開催の時期は考えものですね。

  4. マグノリア より:

    こんにちは。
    mayuさん、前記事コメントありがとうございます。
    とても励みになります。
    先ほど帰ってきましたが、実はなかなか帰してくれませんでした。
    とにかく話が途切れない。
    元々とても気の強い人ですし、このコロナ禍で人と会うことも少なくなったので時節柄仕方ないですね。

    旦那も2回目左腕に打ちましたが、なぜか反対の腕(右)が痛いそうです。
    よくわからない人ですが、これからまだ様子を見ます。

    カヨさんも話題豊富ですね。
    適応障害って大きく2種類あるのでしょうか?
    普通の適応障害と贅沢な適応障害と。
    金銭の執着が半端ないです。
    靴を履き替えるだけで労災って申請できるものなのですね。
    しかも無断欠勤で。
    松葉杖、それに頼っているようには見えず、私には運んでいるように見えます。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      私も週に3回、買い物や雑用も含めた話し相手に通っていましたが、
      お昼を挟んで4、5時間滞在が多かったなぁ。
      気が強いのは気丈でもあるので、気弱になるよりは良いと思いました。
      気弱になって泊まってきたことがあります。
      話し相手になるのはボケ防止にも良いのかもしれませんが、こっちは
      負担が大きくなり疲れますね。

      旦那さま、反対の腕が痛いとはどうしたんでしょ(^^;)

      圭与さんの本性がよく分かる話題ですね。

      適応障害は雅子さまの病名で初めて聞き、知りましたが、
      まさか圭与さんまで適応障害とはねぇ。
      そのうち仮病の代名詞にならないと良いけど。
      本当の適応障害は深田恭子さんのような状態じゃないかな。
      随分と痩せていました。

  5. ramiri より:

    mayuさん、前記事コメントへの暖かいお返事ありがとうございます。
    新しい記事もありがとうございます。ky勤め先の社長さん、お気の毒です。
    やり取りを読むと、[kyは非常識」「社長はまとも」とわかりますよー。それとは別に「適応障害」だと言えば誰でも健康保険組合からお金をもらえるのですか?
    先程、腫瘍マーカー代と合わせて12600円払って来ました。早く着きすぎて待ち時間ができてしまったのと、マニュアル人間だらけで疲れました。血圧測定なんて機械でいいのになあ。視力検査もいらないし、来年からは姑入院の病院で腫瘍マーカーだけ受けに行こうかなあと本気で考えています。涼しくなったら行く予定の耳鼻科で出来ればなおよろしいかもです。

    私も「適応障害」と見て雅子様を思い出しましたわ。何もかもこの方のせいだとは思いませんが、皇室には不向な方でしたねぇ…

    • mayu より:

      ramiriさん

      圭与さん相手だと、元反社の遺産相続交渉した飲食店のおっさんも
      常識のある人に見えるし、元婚約者さんも男らしくないと言われつつも
      常識のある人に見えるし、洋菓子店の社長は当然、常識のある人で、
      やっぱり圭与さんが変な人でしょ。
      ごめんなさい、健康保険組合がよく分からないんです。

      検査費用も結構お金が掛かりますね、3割負担で1万超えとは。
      私は血圧は看護師さんに測って貰う方が好きなんです。
      あちこちの科に通うと忙しくなりますね。
      私など診察券を見ると、総合病院みたいです(>_<)

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    何でこんな細かく…(絶句)。書けって頼まれたとか?
    適応障害ですか…治すには離れた方がいいんじゃないんですか?で、デイリー新潮?は何故載せないのか。金額の問題??

    最近「結婚は規定路線です」とか、いつの間やら決まったかの様に書くのを見ると、不安になります。
    時々怒りも感じ、暑さで背中からファイヤーって感じです…って、訳が解らなくてすみません(苦笑)
    ι(`ロ´)ノ

    社長が気の毒になりました。
    眞子さま、最初の頃にお店は取材を受けてましたよ。
    取材の日が、休みの日か営業中かは忘れましたが…商売ですし、手を動かしながら
    取材って、本当に大変なんですよ…って…
    本当に大丈夫なんでしょうか。

    社長の思い遣りの気持ちが、本当に何だかなぁ…
    そりゃ怒るでしょうし、社長の体調の方が心配になって来ました。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      デイリー新潮はそのうち全文載せるんじゃないですか。
      今回はお盆休み前の合併号で買って読まないと分からなかったことで、
      圭与さんの適応障害と顎の手術、アキレス腱断裂で洋菓子店の
      社長と揉めていることを簡単に載せました。

      圭与さんって勝敏さんが亡くなり、マンションのローン支払いが無くなる、
      勝敏さんのお父さんの自死でケー君に遺産を貰う、など濡れ手で粟を
      経験していますよね、こういうの一度経験すると癖になるのかな。

      マッターホーンの社長には頑張って闘って、圭与さんの
      怪しい部分を暴いてほしいな。
      最初の頃に取材されたのですか、その時はこんな事になるとは
      思わなかったんでしょうね。

      • 白雪山羊 より:

        こんにちは。
        mayuさん、お店の名前が少しだけ違っています…

        何か商品を紹介していたかな?店内に商品が陳列していて…それこそ第一報、すぐ後かも知れません。
        記憶があやふやで申し訳ありませんが。

        客商売で取材が入るのは、やはり細かく気を遣います。
        まぁ私は昔のパート先で、食べ物でもないですが…
        きっと準備や段取りなど大変だったでしょう。何だか切ないです。

        • mayu より:

          白雪山羊さん

          少しどころか、マンハッタンとマッターホーンでは大いに違いました(笑)
          ありがとうございます、直しました。

          通販でも買える商品がありました。
          今、圭与さんが働いていないなら買って食べたいです(^^)

          口に入れるものなので、食品を扱う仕事は神経を使いますね。
          マッターホーンでは圭与さんがいなくても順調にお店を継続していくでしょう。
          返って辞めてもらうとせいせいするんじゃないですか。

          • 白雪山羊 より:

            私もmayuさ~ん…って、思っちゃいました(笑)。←すみません!

            もう、我慢の限界なんじゃないでしょうか。
            只でさえ、コロナ禍で大変なのに。

タイトルとURLをコピーしました