小室家の借金を眞子さんが肩代わりするのか。

眞子さまの結婚問題

週刊誌報道だけですが、これまでの圭与さんの身の丈に合わない「セレブに憧れた生活」を読んできました。一方で借りたお金は返さない、借金体質の人は金遣いが荒く、お金が無くなると誰かにタカる。タカれる相手を探す。「貸してください」と言って返済することがない。借りた時点で「自分のお金」になり「借りた感覚が無くなる」あればあるだけ使ってしまう。身内にそういう者がいるので、借金癖のある人の特徴が大体わかるんです。 堅実に貯金をするってことも殆ど無いです。 400万円返済出来ないのは貯金が無いから。マンションを抵当に入れてお金を借りると返済しなければならなくなる。銀行はシビアですから1か月でも滞るとかなりうるさくなります。

これで小室Kが大卒から仕事をしていたら、400万円くらいはフリーローンで借りて返済できるかもしれませんが、なんたってまだ学生なんです。小室家は圭与さんの金銭感覚が悪いので(他人事ではありませんが)400万の大金をパッと銀行から降ろして出せないと思います。だからこうしてダラダラと長引いているとも言える。

眞子さまの尻に敷かれる小室さん

眞子さまが小室家の金銭トラブルの対処に深くかかわられていることが明らかになったのは、小室さんの文書発表翌日のこと。秋篠宮家の最側近である皇嗣職大夫が会見で、「眞子さまのご意向が大きかった」と語ったのだ。

「これまでは、“眞子さまは小室さんに利用されている”という声が少なからずありました。ですが、実状は違った。眞子さまの“積極的な介入”が公になった衝撃は計り知れません。眞子さまからすればご自身が矢面に立つことで小室さんをかばうお気持ちもあったと思いますが、かえってご自身への批判を招く事態となってしまいました」(宮内庁関係者)

解決金を払うという突然の方針転換も眞子さまの「ご意向」が大きかったはずだ。宮内庁のトップである西村泰彦宮内庁長官が「(小室さん側からの連絡は)事前にありませんでした。事後も話を聞いていない」と発言したことから、眞子さまの“独断”だったのではないかという声も上がった。

「解決金について、秋篠宮ご夫妻も発表されるまでご存じなかったのではないでしょうか。ご夫妻や宮内庁幹部、側近たちにも相談なしに、眞子さまが小室さん親子と直接やり取りをされたとしか思えないのです」(別の皇室ジャーナリスト)

秋篠宮家を古くから知る関係者は「確かに、眞子さまは大変なしっかり者です」と言いながらも、顔を曇らせる。「一方で、ご自分の意思を曲げない頑固さもお持ちです。小さなことにも“自分らしさ”にこだわられ、時には周囲からの提案をはね返し、ご自分の意見を通される強さもお持ちです」

そうした強さは、小室さんにも発揮されてきたという。

「眞子さまは普段から小室さんをリードされることが多いようです。“圭、わかった?”“ちゃんとしてね”と声をかけられることもあるそうです。対して、小室さんはそんな眞子さまに引っ張られる面がある。婚約内定会見では堂々と話した印象が残っていますが、それも眞子さまの“ご指導”があったからでしょう」(別の宮内庁関係者)

小室家に近い関係者が口を揃えるのは、
「圭くんは口ベタで従順。母親の佳代さんがよどみなく話すのを、隣でうなずいて聞いている場面が多い」ということだ。
前出の別の宮内庁関係者が続ける。
「小室さんにとっては、自分をリードしてくれる相手が、母親から眞子さまに代わったということかもしれません。案外、眞子さまが小室さんを尻に敷かれ、金銭トラブルの解決方針もそうですが、舵を取られている関係なのでしょう」

以上 出典 ヤフーニュース NEWSポストセブン
https://news.yahoo.co.jp/articles/51d7ffb6faa769da50e14f11ca2ed6b9e537319d?page=2



以下 まだネット、ヤフーニュースに載っていない部分。

「解決金はどこから出るのか」

掻い摘んで紹介します。

小室家にはとても解決金を支払える充分な経済力があるとはいえない。解決金の出どころとしてまず考えられるのは、前勤務先の法律事務所。生活費以外にまとまったお金を借りて解決金として、元婚約者さんに渡した後に、結婚時に税金から支払われる約1億4000万円の一時金から返済する算段ではないか。秋篠宮ご夫妻が手を貸されることは考えられない。(皇室ジャーナリスト)

秋篠宮家としてでなく、眞子さま個人として援助される可能性は充分に考えられる。解決金という手段を眞子さまが提案されたとするならば、眞子さまが責任をもって支払われようとする可能性もある。眞子さまの皇族費、年間915万円。成人されてからの10年間だけでも支給総額1億円に迫る。皇族方の倹約精神は広く知られる、小室家を援助されるだけの蓄えは充分すぎるほどあるでしょう。
眞子さまが小室さんを助けたい一心で自分が解決金を払うと決断されたら、止められる人はいるのでしょうか。(皇室関係者)

かつて佳代さんは騒動を収めるために皇室でお金をサポートしてもらえないか、と発言し紀子さまあ然としたことがある。

元をたどれば小室家の金銭トラブルへの批判が大きくなったのも、その解決金に税金が使われることへの忌避感を持つ人が多いから。だが眞子さまがお手元金から解決金を出されるようなことがあれば、それは結局、税金で小室家の借金が賄われることになる。以上女性セブンより

30才で課税されず手取り900万円の収入のある人はかなり少ないでしょうねぇ。それも過労死するほど働いていない状況です。10年間で眞子さんへの税金投入1億円近い、税金、税金と言いたくないけど税金からです。眞子さんに払われた税金が回り回って小室家に行く事に我慢できない。コロナ禍で大変な時代で、理不尽と思う人だって多いです。 国民からこれだけ反対され批判されても小室Kと結婚。一時金も頂きます。それで借金返済します、国民の怒りは何処へ向かうか。皇室の存続の危機になりますが、眞子さんは自分さえ良ければ良いのでしょうか。


コメント

  1. 金久保康夫 より:

    小室佳代⇒旧姓角田佳代
    角田美代子(尼崎連続変死事件)に何かつながるものがあるか???

    ※このおばちゃんたちの顔がよく似ている
    ※角田美代子は一時横浜に住んでいた?

    • 金太郎 より:

      小室佳代角田佳代、はやはり、黒い人になり得る。破談金を宮内庁側に10億円を請求しています、宮内庁側は7億円はどうですか、と聞くと。小室佳代は7億円ではたりないと、言う。結婚してもしなくてと。小室佳代さんにとつては、ふりにならないようにお金で解決するように考えている、結婚した場合は。それなりの遺産相続を目当てで皇室に。金を要求してくるだろう。

  2. クロワッサン より:

    mayuさん 連続更新有難うございます。

    角田組……有り得ますよ。今まで、佳与さんの実弟の情報が、全然、出て来ない自体がオカシイですもん。

    893の喫茶店主を従えて、旦那さんの実家に遺産交渉に乗り込んだ。普通の主婦が893の男の人を怖がらないなんて、有り得ない!見慣れているので怖くないのかも。

    28ページ6万字の自己弁護満載で、頭の悪い読み辛い文章に、嫌悪感や不快感を感じないで共感する眞子さんの感性って、どうなっているんでしょう?もうリッパな小室家の一員になってるって事ですよね。

    少し前は、人生やり直して、眞子さんに相応しい男性と結婚すればいいと思っていましたが、心身共に離れられない小室Kと、どうにでもなりやがれと思うようになりました。

  3. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは。記事の更新ありがとうございます。

    GWも貧乏暇なしで働いていた下級国民の一人として、30代で税金や社会保険料も納めず手取り年収900万円なんて、羨ましすぎて涙が出ます。
    前からここまで長引くのは眞子さまがKK氏を離さないんじゃないのか、と言われてきましたが、その通りのようですね。そして長期入院だなんて、今時ちょっと調べたらすぐ分かる嘘をつくカヨさん…登場人物全てが情けないですね。

    愛子さまが奥二重になっても、そんなに変わらない気がします。何度も申し訳ありませんが、あのガタガタの歯並びを直したら、笑顔が何倍も可愛くなると思うんですけどね。今はマスクをしているからあんまり関係ないのかもしれませんが。

  4. やしま より:

    うわっという噂を拾ってしまいました。真偽のほどは定かではないのですが、とりあえず、横浜に「浜尾組」という「組」があります。もちろん反社です。
    でその組織図がこちら

    組織図

    組 長 – 浜田重正(六代目山口組若中)
    若 頭 – 高橋和志(高橋連合組長)
    本部長 – 稲江英尚(二代目浜田組組長)
    顧 問 ‐ 角田真一(角田組組長)
    舎弟頭 – 床枝 武(床枝組組長)

    この角田組組長、角田真一が、圭与さんの実弟だというのです。
    本当だったら・・・・・(((( ;゚Д゚)))

    ちなみにこの組自体は存在します。実弟かどうかはまだ噂段階です。

    • イリス より:

      >やしまさん、

      すごいものを見つけてくださいました!
      もし仰るように、この角田組が佳代さん実弟の組ということなら、即逆転ホームラン的な決定打になりますね。
      マスコミにはこのことについての徹底追及も、佳代さんの詐欺罪容疑の追及も、頑張っていただきたいですΣ(-᷅_-᷄๑)

      • イリス より:

        度々失礼いたします。
        容疑→疑惑、でした(ーー;)まだ一応…。

      • やしま より:

        >イリスさん

        はい。ある方のブログから引っ張らせていただきました。
        皇室記事はたまにしかお書きではない方だったのですが、最近はマコケイ関連を取り上げておられます。
        「反社を身内にするおつもり?」というタイトルに目が引かれました。

        私としては、公安と「週刊実話」に頑張ってもらいたいです!!

        噂にすぎないかもしれませんが、圭与さんが小室家の代襲相続の交渉に元反社の男を使い、しかも相続成功後は相手に2万円渡して、もう関わらないでと言い放ったことに、私はずっと違和感を持っております。我々一般人が反社人とつながりを持つ機会はないし、小室祖母(後自殺)に恐怖を与えて勝ち取った相続金に関して、たった2万円で元反社の男性を追い払えるなんて、普通ならとても考えられないことです。

        • イリス より:

          >やしまさん、

          これがもっと世の中に拡散されて、マスコミが動いてくれると良いですね!
          顧問…役員に名を連ねるなんて、相当な人ですよね:(;゙゚’ω゚’):
          やしまさんの仰るように、喫茶店のマスターを遺産交渉の場に遣って(この時点でありえないですが)、交通費程度のあんな額で関わりを絶てるなんて、一般人にはまず無理ですよね。実弟が…となると、逆らえば生命の危機が、という暗黙の恐怖も相手に与えることができます。パズルのピースがはまるように、辻褄が合ってきますよね(ーー;)

          • より:

            やしまさん、イリスさん、横から失礼します。

            この元反社の人の嘘も明らかになっています。
            圭与が5年間同棲していた彫金師と険悪になったときにも出てきて追い出したのがこの人です。
            相続の交渉以降会っていないというのは大嘘です。
            こんなに元反社の人を使えるのは、本人か近い人が反社で、そもそもなじみがあったのではということです。
            それで実弟が~、とつながっていくらしいです。

            • イリス より:

              >舞さん

              驚愕のコメント、ありがとうございます!

              この喫茶店マスター、現職より前の立場ばかりが大きく肩書きに出ますよね。それだけキーパーソンの一人ということですよね。

              ((((;゚Д゚)))))))彫金師の時にも再登場だったのですか…。
              これはまさに、手足のように使う・従う関係ですね(ーー;)いくら悩みを打ち明ける程度に親しい関係とはいえ、喫茶店のお客さんとマスターという関係で、あそこまでプライベートな問題に深入りするなんて不自然ですし、こんな人を思うように使えるなんて、やはりどこかにつながりがないとありえませんよね。
              恐ろしい真実が白日の下に晒されるのも、時間の問題かもしれませんね。

              実弟さん、ますますダークな匂いが…:(;゙゚’ω゚’):

  5. より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。

    >かつて佳代さんは騒動を収めるために皇室でお金をサポートしてもらえないか、と発言し紀子さまあ然としたことがある。

    「あの時さっさと出してくれていれば、ここまで大事にはならなかった」という態度らしいです。
    長文文書も「説明っていうから書いたんで、あとよろ」ってな感じで、炎上にもめげていないそう。

    やしまさん、

    >眞子さんの愛はかなり重荷

    昨秋のお気持ち文書のときの近所の方の話を思い出しました。
    大学生の息子さんが、「結婚できなきゃ死んじゃう、みたいなのは重くてヤダ。自分なら逃げだす」とか、「でも1億5千万円持ってくるんだよ?」には、「そのぐらい自力で稼げるようになってやらぁ」だとか。

    本当にこのままでいいわけがないので、皇室にも宮内庁にもしっかりしてもらいたいです。

  6. ユフノ より:

    管理人さん、みなさん、こんにちは。

    >これまでは、“眞子さまは小室さんに利用されている”という声が少なからずありました。ですが、実状は違った。(宮内庁関係者)

    実情は違った?宮内庁関係者のその認識はありえない。

    なぜ、2012年の結婚前提の付き合い始めのとき、二股疑惑があったのか?なぜ、結婚前提で真剣に付き合っているのに、メガバンクをあっさり退職したのか?いずれも、結婚前提でお付き合いしているお相手の眞子さまをしあわせにしたいのなら、まずあり得ないことです。プリンスを語った海外留学と奨学金もそうですね。実状、眞子さまを小室さんが利用しているのは間違いないと思います。

  7. マグノリア より:

    こんにちは。
    再びのブログ連投、お疲れ様でした。
    こちらでまとめてコメントさせていただきます。

    まずは、、、「御養蚕始の儀」、お写真がないのが残念です。
    頑張ってされているご様子を拝見したかったです。
    お車からのご挨拶だけでは、、、いつもと同じです。

    次に私の記憶が定かでないようですが、確か皇后陛下は馬アレルギーと耳にしたことがあるような。
    そのため、馬車に乗れなかったはずですが。。。
    また、愛子内親王の愛馬について語られたことはとても少ないと思いますが。
    奥二重を発見されたことはとても鋭い観察力です。
    不思議な出来事ですね。

    小室佳代さんの長期入院はガセネタですか。
    元婚約者もだまされてしまったのですね。
    嘘のまわりに嘘を塗り固めて、どんどん大きくなっているようです。

    今回の騒動キーパーソンは女性2人、眞子内親王と小室佳代さん。
    その間を小室Kさんが行ったり来たり、右往左往している図式が浮かびます。
    そして、たくさんの人を巻き込んでしまっています。
    あくまでもいろいろな意見からの想像に過ぎませんが、日本国中を混乱させている大事件であることは確かですね。
    お金と特権が絡んだ美しくない歴史的事実になりそうです。

    まとめて、皇室って嘘を真実に変える不思議な力があるように感じました。
    なんかまともに生きているのが空しくなります。

  8. 木の葉 より:

     mayuさん、Mこ様にはガッカリを通り越して、情けなくて嫌悪感を覚えました。

     国家予算の中から宮内庁へ行く金額は、全体のパーセンテージで見ると微々たるものかも知れませんが、確実にそれは私達が納めた税金で〜す。それを一部でもMこ様の恋愛・結婚成就の為に、また今後もケー君親子に使われるかと思うと、ぞっとします。

     今はそのお金、コロナで苦しむ人々に、医療に、ワクチン開発に少しでも使って欲しいです。

     ケー君とひたすら結婚したい‼️結婚したいと‼️暗躍するMこ様。国民を金蔓にしか考えない点は、他人を金蔓にするケー君親子にそっくりでございますよん‼️今後は皇室と一切の縁を切り、身一つで結婚なさってください。国民から内親王様へのお祝金ならぬ手切れ金‼️として409万円は、税金だなんだかんだとケチな事は言わずお渡します。どうぞお持ち下さい。

     日本の歴史に汚名を残す、国民を見捨てた内親王様ご自身による脚本・演出・主演のドタバタ結婚劇。ハリウッドで映画化されるかしら。スポンサー見つからないかもね。

     他の皇族方は、国民を見捨てず寄り添ってくださっていると信じています。もしもそうでなければ、災害やコロナで苦しむ令和の国民は救われません。去年、済生会病院にガウンを御一家で手作りされた事を思い出しました。

     何枚かは既にコムロ菌が付着していたのかしらと思うと、寒っ‼️怖っ‼️どうか一日でも早くコロナが収束しますように。この結婚話も私達の前から消えますように。
     

  9. やしま より:

    ありがとうございます。ますます混沌の度合いを深めてきました。
    この問題、突き詰めるとこの先、可能性はこんなところかと。

    1.破談 (オリパラを中止決定すれば菅さんの支持率が上がるとラジオで言っていましたが、秋篠宮殿下が破談宣言なさったら、宮家の株は急上昇し、我々も心の底からほっとするんですが)

    2.皇籍離脱 離脱後即結婚になるのか、一旦川嶋家の養女となり、川嶋姓を名乗って結婚なさるのか分かりませんが、悩ましいのは一時金。そしてこれは皇室初めての例となります。

    3.強硬突破婚 納采の儀は奥野氏に頼む。結婚式は全て宮家持ちで帝国ホテル。厳戒態勢の中で行われて、その模様は一切報道されない。あるいは海外での挙式もありか。後で報道陣に写真だけ配られる。
    もちろん国民からは批難轟轟となり、悠仁様の進学先も含め、皇嗣家としてのこれからに物すごい暗雲が立ち込めることはやぶさかでなく、心が痛い、一番望ましくない行末です。

    私はかすかな望みをもう一つだけ持っています。
    破談なんですが、小室母子としても、描いていた女性宮家の皇配殿下の道はさすがにないと思っているでしょう。ならば、皇室を利用できるだけ利用してトンズラ。つまり大学を卒業し、弁護士試験に忖度合格し、国際的な仕事の場を見つけてもらって、母親を呼び寄せて、以降二度と日本に戻らない。戻らないことを宮内庁側と裏取引。それにより眞子様とは二度と会わないことを約束。
    皇族である限り、眞子様は一般人のように気軽に海外へは行かれません。通信手段も小室側から断ってしまえば、眞子様からのアクセス方法がなくなります。手助けする人もいないでしょう。
    K氏にとって、眞子さんの愛はかなり重荷になりつつあるんじゃないか。そんな気がします。

    • 桃の花 より:

      やしまさん

      4.前の天皇陛下の婚約内定取り消しで、2人が一般の恋人同士に戻る 
      となれば、さまざまな婚約内定者特権はなくなり、
      警備も今ほどはつかなくなると思う。

      この可能性が一番強いと思う。

  10. 白雪山羊 より:

    mayuさん
    お忙しい中、立て続けに更新有難うございます。

    「K、わかった?」って、この台詞…本当だか解らないけれど
    嘘でも見たくなかったです…(T_T)
    週刊誌もだんだん気を遣わなくなって来た様な(?)感じで、何だか…(溜め息)

    解決金は、K母とK氏が働いて合わせて返すのがいいんじゃないですか?
    眞子さまからだと税金になるし…
    そもそも「解決金を払う」と発表した時に、どこから出そうとしたのか?

    宮内庁も「眞子さまがそう言うなら止められない」じゃないでしょう!
    しっかりしてない自分が言うのも何だけど、本当にしっかりして下さい…

タイトルとURLをコピーしました