天皇陛下に泥を塗ったと宮内庁大激怒の新・小室文書の感想と眞子さんの心境は?

眞子さまの結婚問題

今週の週刊女性の小室親子の記事は、眞子さんと小室Kの結婚に反対する多くの人達のガス抜きのようなタイトルでした。

ベタ褒め宮内庁が一転
天皇陛下に”泥”を塗った小室圭さんの
「背信エゴ」に大激怒

本日ヤフーニュースと週刊女性PRIMEに全文掲載されました。

ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/0e1a0f12d2a85b4b47bc37d54f62dfd0587ed101

週刊女性PRIME 全文
https://www.jprime.jp/articles/-/20661

今日はまだ週刊女性PRIMEに載っていませんが、数日で載るだろうしヤフーニュースにも載ると思います。

以下簡単に概要

真面目に生きてきた佳代さんの意向が強く出た文書

小室さんが最初に作成した文書は、公表された完成稿より多かった。それに驚いた周囲の関係者が”スリムに削った”、それでも28枚にするのがやっとだったと聞きました。(皇嗣職関係者)

28枚でもドン引き!多くて読むのが大変だったのに、スリム化して28枚って一体何枚書いたんだよ~~?

国民による批判が日に日に増して彼にも鬱憤が溜まっていたのかも。特に小室Kの感情が色濃く出たのが次の箇所。「借金でなかったものが借金であったとされてしまう事態を受け入れることはできない」この部分は佳代さんの意向も強く反映されていたという。

ここからが週刊女性もよく書いたな~と笑わせる記事です。

圭さんは以前から解決金を支払って和解する選択技も考えていた。しかし、これまでまじめに生きてきた自負の強い佳代さんが”借金だと思われたくない”という気持ちを曲げられなかったのです。

読んで、えええええ~~!?( ゚Д゚) と思うでしょ。「これまでまじめに生きてきた自負の強い佳代さん」この3年間、散々週刊誌に書かれてきた圭与さんの実態は半分嘘だとしても、真面目に生きてきたとは思えない、猫なで声で15才も年の離れた元婚約者さんから、際限なくヘルプヘルプと欲求してきて、借金じゃない,贈与と言い張る、よく嘘も付いていたようで、借金体質の人によくあるパターンの性格でもありいろーーんな意味で怖い人です。

去年12月中旬に発売された女性セブンの記事はかなり衝撃的でした。

小室佳代さんは冷たくて怖い人病んでいるご主人を置いて湘南のパパと3人でドライブ
何とも言えない気持ちで今週発売の女性セブンを読みました。ネットにあがっているのは全体の3分の1くらいでしょうか。 最初に小室Kのお父さんの自殺を記事にしたのは「週刊新潮」でした。あの時も衝撃でした。その前の週刊誌は、駅で倒れた...

NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/archives/20201217_1621330.html?DETAIL

小室新文書を読んだ、象徴天皇制に詳しい名古屋大学大学院の准教授・河西秀哉さんの文書解説が長々と書かれています。

裁判資料を読んでいるような感覚で、概要も要約になっているとは思えず、余りにも自己主張が強かったので、読み進めるのに苦労したのが正直な感想。
中略
最後の部分には<理解してくださる方が1人でもいらっしゃいましたら幸いです>とありますが、秋篠宮さまは”多くの人が納得し喜んでくれる状況“になることを求められているのであり、真逆の考え方だと感じました。

約30年にわたり秋篠宮さまと親交がある、毎日新聞編集委員の江森啓治さん。お世話になった方なのであれば、”その節は大変お世話になりました”というひと言があるべきで、そういった誠意がなかったのは残念。
中略

やっと文書を発表したと思いましたが、期待に応えるような内容ではなく”本当に眞子さまと結婚したいのか”という疑問を国民は感じているのではないでしょうか。

解決金はどこからか”借金”をして捻出する方法が有力視されている。(宮内庁関係者)

去年か一昨年だったか?圭与さんが秋篠宮家に借金の立て替えを言い出して、紀子さまが大憤慨した記事もありましたが、あれが本当だとすると小室家は400万円出したくない、出せないのだと思いました。裏で支援する人がいれば400万円は出したのかもしれません。秋篠宮殿下が「見える形で」と説明責任を仰ってから3年、NYにトンズラして延ばしに延ばして28枚の文書では解決金の「解」の字すら無かったのが、4日後に「解決金」は不自然過ぎる。



元婚約者さんが譲れない一線

小室さんとしては「お金を返せば元婚約者さんも納得し、この問題は終わる」と考えていたのかもしれない。しかし、小室さんの想定どおりにはいかなかった。週刊現代で再び元婚約者さんは「私はもう400万円の返金は求めていません。解決金を仮に提示されたとしても、受け取るつもりはありません」と小室さん側からの提案を拒否した。

自分たちが正しく元婚約者さんに非があるような、自分本位過ぎる文書が連絡もなしに公表され困惑し憤りを感じてもおかしくない。圭与さんと会って過去の支援に対して感謝の気持ちを一言でも
伝えてほしかっただけなのでは。将来の家族が困っていたから必死で支援していたのに、今回の文書で自分が悪者にされたことは耐え難い悲しみだったと思う。

一連の小室劇場に怒りを覚えているのが宮内庁。

宮内庁長官ですら、解決金の話は発表当日に知ったという。宮内庁の上層部からは、なぜ文書に解決金の話を盛り込まなかったのかと不満の声が上がっていた。(宮内庁関係者)

新・小室文書に天皇陛下や秋篠宮殿下に対する謝罪がひと言もなかったことで、宮内庁の内部では激怒する声が上がっている。

2月の天皇陛下の誕生日会見で、長引く結婚問題に言及せざるをえない状況になり、秋篠宮殿下に至っては会見を行うたびに、小室さんに対して相応の対応を望まれていた。
計28ページの文書であれば、自分の主張だけでなく、陛下と殿下に”ご心配やご迷惑をおかけして申し訳ありません”といった言葉があって然るべきでしょう。これは天皇陛下に泥を塗ったと同義で
皇族の結婚相手としてありえないですよ・・・。

儀式を経ずに強行結婚するという前例を作りたくないはずの宮内庁ですら、陛下と殿下に対しての敬意が感じられない小室さんにあ然としています。実際、殿下の意思で行うか決まる「納采の儀」に関する話は、宮内庁の中ではいっさい出ておりません。

以上週刊女性より見出しが大きいのですが、3ページの記事のおおよその内容です。

感想 語るに落ちた 小室親子  眞子さんの心境を想像

28ページの新・小室文書は読んだ事は読みましたが、長過ぎてほぼ忘れました。というか頭の中に入るような文書じゃなかった、目が疲れただけでした。識者が真面目に読んで解説してくれるのは良いです。
文書発表数日後に元婚約者さんに対して解決金を支払う、との29枚目の幻の新・小室文書??の発表と、週刊現代で元婚約者さんがハッキリ解決金を受け取る気持ちはない、との意思表示の記事を読み、「語るに落ちる」とはこういう事なんだな~と、つくづく思いましたね。

そもそも、本当に真面目に真摯に生きてきた人なら、くどい28枚の文書も不要でした。その証拠に元婚約者さんの答えは至ってシンプルで、くどくど言っていませんでした。解決金拒否ではもう解決は出来ないってことでしょ。

そして眞子さんですが、元婚約者さんの反論を聞いて、読んでどう思ったのでしょうか。それでもまだ小室Kと結婚したいとなると、もはや小室Kに盲信か歪んだ執着か、病的じゃないか?と思うのです。以前も小室圭に洗脳されているのでは?と書いたりコメントもありましたが、ちょっと異常じゃないでしょうか。精神科のカウセリングを受ける、マインドコントロールを解く専門家をつけた方が良いと思うのですが、そのような対策は秋篠宮家、宮内庁はやっていないのでしょうか。もしかして表に出て来ないだけでやっているのか?分かりませんが。

あるいは、小室圭が眞子さんを守る=男性は女性を守る韓ドラではこのパターンが多く、世間も男性は女性を守るイメージがあるのですが反対の場合もあり、眞子さんと小室Kのカップルは早くに父親を亡くし母子家庭でお金も無く、バイトと奨学金で進学した、苦労したとケー君に洗脳された、特権もあり地位もある眞子さんが「私がケー君を守る!!」このような心理状態になっているのではないでしょうか。


コメント

  1. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます!
    早朝から片付け、チョット休憩しながら、pcを開くと、ご一家が、皇居の石垣見物の記事…..脱力感でいっぱいです。まさに鋼の心臓をお持ちのようで。

    緊急事態宣言が出され、変異コロナ一色だと言うのに。私たちは、京都府民から大阪府民になります。大阪府民は絶対にけがをしてはいけないのですよ。
    慎重に注意を払いながら、頑張ります。

  2. mayu より:

    こんばんは。

    今日は病院、買い物4か所、ジム、動き回ってしまい草臥れてしまい、

    やしまさん紹介の昨日の深層NEWS4月22日(木)22時~23時録画したのですが
    番組は半分くらい観ましたがウトウトと眠くなり最後まで見られませんでした。
    内容を紹介して頂きありがとうございます。

    日テレNEWS24  4月23日(金)0時~1時こちらは録画しませんでした。
    観たい韓ドラ予約が入っていたのかも。

    ミラージュさん

    井上茂男氏 日本テレビ客員解説委員 皇室ジャーナリスト。
    河西秀哉氏 名古屋大学院 准教授、象徴天皇制を研究。
    飯塚恵子氏 読売新聞 編集委員。

    ぼけ~っと見たからか?
    さほど目新しい事もなく、討論という感じもしない、
    いつ録画したんだ?生放送なの?と思ったくらいでした。

    極端な話、バイキングMOREの小室Kネタの方が内容が濃い
    と思うくらい差し障りの無い話が続いた。

    ワイドショーじゃないので、こんな感じなのかなぁ。
    遺族年金不正受給などの話題も無し。

    やっぱり頭がハッキリしている時に見るべきでしょうが、
    いささか新ネタがないので、食傷気味でもありました。

  3. やしま より:

    昨日の番組。記事の更新でmayuさんが触れてくださるかもしれませんが、録画を見たところで記憶が新たなうちに幾つかのポイントを書き込ませていただきます。

    時系列に沿ってインパクトが強かったところとして。

    【井上氏】 宮内庁長官や皇嗣大夫は、皇族方に対して「拝察する」「お見受けする」という言葉を使う。直接のお言葉ではなく、自分ではこんなふうに感じられたというのを伝える立場。ところが今回の最初の小室文書に対して眞子さんは「理解してくださる人がいれば有り難い」と、自分の言葉で話したことを大夫が紹介。これについては、『(眞子さんには)非常にがっかりというか失望』した。(こう伝えてほしいと眞子さんがお願いされたからこその大夫の発言と推察)

    同じく、納采の儀の延期について井上氏
    衝撃的だった。しかし考えてみると、マコケイカップルにとって、4月8日というのは発表のタイミングとして必要だった。(宮内庁長官や皇嗣大夫の会見との兼ね合い)
    文書発表により、宮内庁は結婚に向かって動き出そうとしていた。
    5月卒業→7月合格発表→9月フォーダム大卒業→年内結婚
    このためには、4月8日の文書発表は二人にとっては大事な時期だった。

    同、一時金について
    1億4,000万円と言われている降嫁一時金
    これについては大変厳しい論調が日本国民に多い。このコロナ禍において、生きていくのも大変な人たちにとり、なぜこの時期?と納得できない思いの人が多い。首を縦には振れない。

    【飯塚氏】一時金問題について
    ネットで高い注目になっている。これは品位を保つためのお金で、税金である。解決金の話が出たが、この解決金をどこから出すのかも注目され、すべからくお金に絡んだ話が多数出ていて、よくわからない闇が皇室問題にからみついてきた印象。
    国民の祝福なしに、一時金を出す理解を得られない。一時金は扱いが非常に難しい。

    【河西氏】
    無理に結婚へと突き進めば、国民の不信感が増大する。お金問題はクローズアップされる。こういうお金の問題で皇室を皆が語るようになるのは非常に問題が大きい。

    【飯塚氏】
    象徴天皇制は、アメリカも日本の国の中枢と認めている。その存在意義を改めて考えなければいけない。

    【河西氏】
    一般人と皇族の方の考え方に、ずれが出てきている。(というか眞子さんの、ですがね)
    こういうことが進むと、象徴天皇制自体にきしみが出てくる。

    【河西氏】イギリス王室との比較において
    ヘンリー王子とメーガン妃に対するエリザベス女王の迅速な動きは見事だった。
    皇族がこうして自分の意思を前面に出してきた以上、国民とのキャッチボールとなる。我々自身もまた、日本の皇室を作っていかねばならない。

    【井上氏】
    国民とともにある象徴天皇制。平成の天皇が頑張ってきた国民の気持ちに寄り添うその姿を、初孫として直近で見てきた眞子内親王には、どうかもう一度、皇室の存在意義を考えてほしい。

    ちょっとウロなところあり、誤記憶もあるかもしれませんが、そんな感じでした。概要まで。

    • やしま より:

      ごめんなさい。5月卒業→のところ、記憶があやふやでした。間違えていると思います。訂正していただける方がいればお願いします。

      • ミラージュ より:

        やしまさん
        レポートありがとうございます。
        フォーダム5月卒業→司法試験受験7月→合格発表10月
        だと思います。

        飯塚氏、井上氏
        このお二人はどのような方ですか?

        • やしま より:

          >ミラージュさん

          訂正ありがとうございました。卒業が2回出てきたら変ですよね(汗)

          井上茂男氏は日本テレビ客員解説委員、読売新聞元編集委員、皇室ジャーナリストです。一番ご年配かなと。

          飯塚恵子氏は読売新聞編集委員・論説委員です。この世界で男性に伍しておられる。キレ者という感じのおば様でした。

          河西秀哉氏は日本の歴史学者、名古屋大学大学院人文学研究科准教授3人の中では一番お若いかも。

  4. やしま より:

    皇族の皇籍離脱に伴うに当たっても、「一時金」が支払われるのですが、それに対しては「皇族経済会議」が開かれて額が決められます。

    皇室経済会議の構成員

    議員
    衆議院議長
    衆議院副議長
    参議院議長
    参議院副議長
    内閣総理大臣
    財務大臣
    宮内庁長官
    会計検査院長

    予備議員
    衆議院議員
    衆議院議員
    参議院議員
    参議院議員
    国務大臣
    財務事務次官
    宮内庁次長
    検査官

    2 審議事項
    (1)内廷費・皇族費の定額の変更(皇室経済法第4条・第6条)
    (2)独立の生計を営むことの認定(同法第6条)
    (3)皇族の身分離脱の際の一時金額の認定(同法第6条)

    眞子さんの場合は、一時金をもらって皇籍離脱したいならば、この(3)の一時金の認定に対する会議が開かれるはずです。
    週刊誌に出ていましたが、この額は1円でもいいそうですよ。
    満額渡すのは絶対に辞めてほしい。国民の民意です。

    • ramiri より:

      mayuさん、やしまさん、こんにちは。
      深夜の番組はどうでしたか?

      一時金一円となったら、逃げるんじゃないですか?
      kk親子。
      フライデーや文春が、遺族年金不正受給を書き始めたようですね。

      • やしま より:

        ramiriさん

        今日図書館で先週号の新潮を読んできました。
        眞子さんは、皇籍離脱してもいい、一時金も不要と、宮内庁重鎮に訴えたのですが、「そうした前例を作らないでいただきたい。」と、却下されたそうです。
        一方Kは、眞子さんとの結婚については、アメリカに行ってから及び腰になったこともあるそうですが、眞子さんのつよーい気持ちに引きずられるところもあったとか。
        ・・・たしか、そう書いてありました(汗)。

        • ramiri より:

          mayuさん、こんばんは。場をお借りします。
          やしまさん、返信ありがとうございます。それから、番組についてもありがとうございます。宮内庁の人たちって。。世間知らずなのでしょうか?あの文書も面倒くさくて読んで無さそうですねぇ。あんなモノ発表して、後はスケジュール通りに結婚させるつもりだったなんて。。。

          やしまさんの義実家の片付けは終わりましたか?
          うちはもう大変で大変で。自分が悪いんですけどね。本とvhsに苦しみました。作り付けの引き出しなどは、ようやく空になりましたが。不要なモノって沢山あるんですね。

          • やしま より:

            ramiriさん お疲れさまです

            まだ全然片付いてないです(^-^;
            義母は、まだ当分生存すると思われるので、月1~2回で気長に片付けようかと。
            友人に聞いたら、最後家を壊す時点で家具は置いていってもいいそうで、家具の中身は片付ける必要があるとのことでした。洋服類はまだ施設で着るかもしれないので、こちらもおいおいです。とにかく物が多過ぎて・・・
            前回は納戸を片付け始めたのですが、使用した紙おむつと未使用の紙おむつが、もともとの紙おむつの袋の中に一緒に混在しており。うわって感じでした。しかもそれ何袋もありまして。。

    • 静御前 より:

      mayuさん更新有難うございます。
      もし眞子さんが計算と結婚を強行されるのでしたら
      一時金は計算母子が愕然とするような額になって欲しいです。
      今までの皇族女性が結婚される時の一時金は億単位でしたが
      眞子さんの一時金は可能ならば「限りなくゼロに近い金額」にして下さいと
      構成員の方々にお願いしたいです。
      保身の為に今まで通りの額になさらないでいただきたいです。
      1億円以上を期待している計算母子はどんな顔をするか見てみたいです。
      破談になるのが最良ですが、このまま結婚を強行するような予感がします。
      せめてもの抗議の意味で限りなくゼロに近い額を期待しております。

  5. 月の砂 より:

    mayuさん
    何回も申し訳ありません。

    ミラージュ様の書かれておられる
    >男性皇族の結婚は皇族会議を経るが女性皇族の結婚にはそれはないが女性皇族の婚姻も皇族会議にかけるよう法改正すれば良い。明後日にでも可能。
    これは今すぐにやって頂きたいです。オリンピックの前に!

    小室母子は余りに強欲で神経がすべてにおいてマトモでないです。
    眞子様が泣こうが喚(わめ)こうがとにかく破談にしてほしいです。
    そして小室母子に一切近づけない。
    通信手段も遮断するしかないと思います。
    こうでもしなければ眞子様も皇室も守れません。

    破談になった後、眞子様へ「ならぬものはならぬ」ということを
    教育してください。
    眞子様へはかつて美智子様にいろいろと助言して下さった精神医学者で友人の神谷美恵子さんのような人を選んでお話相手にして下さい。
    眞子様は洗脳状態ですから精神医学専門の方が必要だと思います。
    普段も絶対人の目があるようにして頂きたいです。
    但し眞子様の神経を逆撫でしないような普通の方を選んで頂きたいです。

    本当に学習院へ進んだらこのような思いを眞子様も国民もしなくても
    良かったのにと思います。

    以上皇室を思う一庶民の勝手な意見でした。

    mayuさんご夫妻ともお疲れになりませんように。

  6. やしま より:

    すみません。ちょっとお知らせ。
    本日深夜、日テレにて小室文書のことについて放映するそうです。

    深層告知:小室圭さん文書の余波|日テレNEWS24
    眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんが公表した28ページ文書とは。母親と元婚約者の男性とのいわゆる“金銭トラブル”への対応は。そして結婚の行方は。深掘り議論。

    【深層NEWS】
    眞子さまとの結婚が延期になっている小室圭さんが公表した28ページ文書とは。母親の元婚約者の男性とのいわゆる“金銭トラブル”への対応は。そして結婚の行方は。深掘り議論。

    【放送日時】
    BS日テレ    4月22日(木)22時~23時
    日テレNEWS24  4月23日(金)0時~1時

    • mayu より:

      やしまさん

      テレビの番組表で偶然見つけて録画予約しました。

      • やしま より:

        ありがとうございます。
        私も録画予約してあります。さすがにこの時間だと起きていられないので。
        明日またよろしくお願いいたしま~す♪

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    ご主人の手の治り具合はいかかですか?
    指先の傷は大事にしないと「大事→大ごと」になりますから
    どうぞDr.のお許しが出るまで通院なさって下さい。
    差し出がましくしてすみません。
    ここの欄に3回目です。

    眞子様関連のこと

    ①小室佳代は「遺族年金」を元婚約者さん、彫金師さんと2回も
     不正受給している事は世間の皆が知っているのに警察だけ知らない
     と言う事ですかね。不思議な事もあるものですね。
     即刻不正受給で取り調べを受けないといけないのに皇室が絡んで
     いるから忖度しているんですか。その必要なしと思います。
     狡いです。狡い!!!!!

    ②眞子様のこと秋篠宮さま諦めたのではと言われておりますが
     呆れてしまいました。
     自分の娘の結婚諦めたと言わないで最後まで反対し続けて欲しいです。
     後で眞子様から恨まれる時が来るかも知れませんよ。
     此処の行はすべて太字の赤文字と思ってお読みください。
     
    ③上皇后様はご自分の夫である上皇様に「裁可」させて置いて
     後は知らんぷりですか?
     こちらも狡いです。狡い!!!(お歳に免じて!を3回で止めます。)

    以上昨日寝てからつくづくと思った事書き連ねました。

    mayuさんもお忙しい中どうぞお体お大事になさって下さい。

    • mayu より:

      月の砂さん

      明日も病院の付き添いしてきます。
      まだ痛いそうなので、治るまで2週間くらい掛かるんじゃないかな?
      畑などは諦めているみたいで、5月連休後にボチボチでしょうねぇ。

      遺族年金不正受給は年金事務所が動くのかな?
      それとも警察が動くのか? ちょっと分からないのですが。

      親でも30才近い大人の子供には、叩いて言い聞かせることも出来ず
      かなり難しいと思います、特に頑固だと言われる眞子さん相手では
      超難しそうじゃないですか。小室Kが辞退するのが一番良いのですが。

      上皇陛下が裁可取り消しできないのなら、天皇陛下が取り消せばいいのに、
      とは思いました。

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。

    現代ビジネスに、
    “「小室圭さん問題」を放置し続ける宮内庁と政治の怠慢をどう考えるべきか ”
    という記事がアップされています。
    そこに、男性皇族の結婚は皇族会議を経るが女性皇族の結婚にはそれはないが女性皇族の婚姻も皇族会議にかけるよう法改正すれば良い。明後日にでも可能。
    とあり、男女平等云々煩い世の中なのですから結婚の際の会議も平等にするよう典範に追加したら?と思いました。
    け~君なんて一発退場ですよ。
    佳代さんの真面目に生きてきた ~~ 笑えますね。
    28枚の小室文書で出してきた録音に、
    私そういう人に会ったことない。。。
    この一言で、それまでも散々集って、金返せ~と言われてきたことがあると分かりますよね? あちこちお金借りて回る人が真面目ね~。
    世の中変わってしまいましたね。
    そう言えば、け~君のゴルフ練習場は目黒区だとか(5ch情報)ケーキ屋さんに近いのかしら?
    ゴルフ、スキー、四季折々のスポーツを人のお金で楽しむことが出来て良い学生時代でしたね。

    ご主人、農作業に最適な時期なのに何も出来ずにイライラが募るかもしれませんが、怪我を治すことを第一にお過ごしになられますように。
    mayuさんもお疲れのないようお過ごしください。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      そうですね、女性皇族の結婚にも皇族会議にかけるように
      法改すれば良いですね。
      新型コロナがなく、オリンピックも終わった頃に
      法改正の運びになれば良いのですが、何しろコロナ蔓延で
      国は皇室どころじゃない状態になってしまいました。
      今の状態でオリンピックはどうなるんだろう?と思ってしまいます。

      28枚の新・小室文書もいろいろと墓穴を掘って面白いです。
      当然、元婚約者さんから反論が出てくるだろうによく書くよ。

      ケー君は大人になってからスキー場に行ってスキーをしたことが
      あるんだろうか?スキー部に顔出しだけで終わりような
      記事を読んだ記憶があります。
      ゴルフも練習場だけでゴルフ場でプレーしたこと無いような気がする。

      四季折々のスポーツ、婚約内定記者会見で言ってましたね(笑)

      旦那は痛さに完全に負けているみたいです。
      年を取って気弱になったのかな~(苦笑)

  9. miii より:

    mayuさん おはようございます。

    お忙しい中、いつもありがとうございます。

    小室母子はKK文書で更なる批判を呼び、そこに文春砲が放たれて、国民の反対する気持ちは揺るぎないものとなりました。

    皇室が本気になれば阻止する事は可能です。
    遺族年金詐欺や元反社の人間とのつながりや国立音楽大学付属小学校の奨学金返済踏み倒し等々法に触れる件を徹底的に公安で調べあげる。そして、それらを問題にしない事とKKから辞退する事を引き換えに交渉する。
    もし駆け落ち婚をするのであれば皇室からの世話やお金の援助は一切しない。
    手切れ金は1億くらいは仕方がないでしょうが、天皇の義兄になるよりはましです。

    借金問題が出た当初、秋篠宮殿下に自分は知らなかったと嘘を言っていたことや文書後に元婚約者の録音でKKの嘘がばれても眞子さまのお気持ちに変わりはありません。マスコミ等の情報には目を通さないとの記事があったので、洗脳をとくのは不可能かと思います。カウンセリングも拒否されるでしょう。

    ですので、金の亡者KK親子を追い詰め、結婚辞退選択が得と思わせる方が容易であろうと思いました。

    弁護士資格合格を前提に動いているので、試験合格は確約済みなのでしょうね。

    兎に角、破談に。
    破談一択で!

    • ミラージュ より:

      miiiさん、横から失礼します。

      “音小奨学金踏み倒し”
      これはどこかが臆測で書いたことで、実際は借りていないので踏み倒しもしていないようですよ。
      返済義務がある奨学金は一応返したことになっています。

      私の想像ですが、佳代さんという方は、とりあえず言葉にして “貸してくださるぅ(ウフッ)”
      てな感じで相手の心をくすぐるのが上手なんじゃないかしら?
      普通は恥ずかしいと思うものですが、その辺が相当ズレているのではないかとも感じます。
      これも想像ですが、生命保険や遺産相続である程度のお金はあったと思います。
      それでなければ、自分はフルタイムの仕事に就かずに子供を全て私立に行かせることなど出来ないと思います。

      • miii より:

        ミラージュさん、正しい情報をありがとうございます。
        踏み倒しが当たり前の人が返済しているのでスゴいと思ってしまいました。が、考えてみると当たり前のことですよね。こちらの感覚までおかしくなってしまいます…

    • mayu より:

      miiiさん

      眞子さんが破談に応じるのは至難の業です。
      これまでいろんな週刊誌がいろーんな事を書いてきましたが
      箸にも棒にも掛からず、ブレないんですから。

      今のところ、圭与さんの遺族年金不正受給くらいで
      もっと大きな汚点、スキャンダルが無いと眞子さんは納得しないでしょう。

      小室親子は手切れ金で解決できるかもしれませんが、
      眞子さんが小室に固執しているような感じに見えてきました。

      生木を裂くように別れさせた後の眞子さんの精神状態も心配です。
      納得して破談にする、頭の痛い事になりました。

  10. クロワッサン より:

    mayuさん 御主人の怪我の痛みは辛いと思います。mayuさんの負担も増えて、大変ですね。ご無理なさらないでくださいね。

    佳与さんの「今まで真面目に生きてきた。名誉の問題」笑わせてくれます。今年最大のブラックジョークですよ。「今まで一心不乱に集ってきた」が真実でしょ。

    わたしもmayuさんと同じく、眞子さんが「結婚が出来なければ、生きるか死ぬか」と命をチラツカせていると思います。あと、親として、眞子さんの精神の崩壊を心配して、踏み込めないのかもです。

    黒田清子さんは、内親王時代は地味な方と思って来ましたが、眞子さんと比べると、恋愛問題で、世間を騒がせる大騒動を起こさないだけでも、マシな方でしたね。伊勢神宮でも祭主として、真面目に励んでいる。

    将来、眞子さんが伊勢神宮の祭主になりそうですが、絶対になって欲しくない。

    6万字28ページの言い訳する、卑しい精神のKKと魂が共鳴していますから。伊勢神宮が、穢れます。

    KKが帰って来て、法律事務所に戻っても、弁護士活動が出来ない、ニューヨーク州弁護士の空虚な肩書きだけの、ただのコピー係でしょうね。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      やっぱり指先は神経が集まっているからか、傷が深かったのか
      まだ痛みが取れないそうで、物に当たると飛び上がるほど痛いとか。
      明日、病院に連れて行きますが、抜歯するのかな?当分は畑も無理のようです。

      ホント、圭与さんの今まで真面目に生きてきた、これには大笑いでした。
      不真面目の間違いじゃないのぉ(笑)

      眞子さん、生きるの死ぬのと言っていると思います。
      他は両親に裏切られたとか、恨みつらみなども。
      もう誰の手にも負えない状態を想像してしまいます。
      破談まで行くには、小室家の大きなスキャンダルが必要になりますねぇ。

      ただ、今年中の入籍は無理じゃないか、とは思いますが・・。

  11. イリス より:

    mayuさん、連投失礼いたします。

    やしまさんが教えてくださった、計算ゴルフのレッスンの件には驚きました。ペンペン草さんも述べていらっしゃいましたが、アルバイトで学費云々…の計算に、そんな余裕があること自体が不自然ですね。ゴルフはクラブをはじめ、ウエアからシューズなど、本当にお金がかかります。
    あのツイートをしたヴィオラ奏者の方も、外面にすっかり騙されたのですね…。今も同じことを言えますか、と伺ってみたいです(笑)。

    思えばフォーダムもイエズス会系とはいえ、名門ではないと聞きます。実力はなくともプライドだけは何人前もある計算、周りの学生と天地ほどのレベルの差が露呈する大学は、選ばなかったのでしょうねf^_^;

    • mayu より:

      イリスさん

      一応、お金の掛かる趣味はやってみる、経験しているようで、
      でも長続きしないのが小室圭氏なのですよね。

  12. イリス より:

    mayuさん、お疲れの中記事アップありがとうございます(^^)

    ご主人さま、少しずつ回復されていてよかったです⭐︎
    mayuさんもどうぞお休みをたくさん入れつつ、お過ごしください。
    私は今日は一万歩に届かないうちに、疲れて中止しました(笑)。

    佳代さん「今まで真面目に…」→詐欺まがいでお金を他者から奪うために、一分の隙もないように、脳フル回転で計画を詰めてきて一度もブレたことはなかったのに、この結婚がその集大成だったはずなのに、とんだ番狂わせが…(爆)、といったところでしょうか(^◇^;)

    いつぞやパート帰りの佳代さんが、マスク越しにもハッキリわかるほどニンマリした写真がありましたね。不敵な笑みでした。
    文春オンラインで、年金不正受給問題が記事に大きく上ったようですね。いよいよ本丸への切り込みが始まったと思いたいです。もう佳代さんも、あの余裕の笑みは浮かべていられない状況になってきました。
    一般人でこのようなことをしたら即アウト、犯罪者です。…しかも、彫金師さんとは同居していましたよね。元婚約者さんと合わせて、確実に2回の不正受給が行われていたわけです(他にもあるかもしれません)。しかもあの狡猾な口止めの周到さ、間違いなくこれは確信犯です。
    それでも今までお咎めなし。ここにも忖度や、眞子さんの圧力があったように感じます。
    法治国家でこれがスルーしてされたら、同じことを考える人が次々と現れそうです。もう警察案件です。

    • mayu より:

      イリスさん

      私はそろそろ歩かないと・・と思いつつ、ジムの運動だけで
      手抜きしています、年々ズボラになって困ったものです。

      今週発売の週刊文春を読んだのですが、圭与さんとお金は
      切っても切れない関係のようで、事実婚だのパピーが
      年金を貰う年齢になったら結婚だの、なんだか「銭ゲバ」みたいな
      人なんだな~と読んでいて呆れてしまいました。

      明日、旦那を病院に連れて行くのと、
      ジムに行くので書ける時に書きます。

      結婚は無理だと眞子さんが気持ちを替える決め手が欲しいのですが
      果たして遺族年金不正受給でいけるかどうか。
      ジワジワと追い詰められたら良いのですが。

  13. ユフノ より:

    >眞子さんが「私がケー君を守る!!」このような心理状態になっているのではないでしょうか。

    管理人さん、こんにちは。旦那さんの手の怪我、早く回復すると良いですね。

    眞子さまのこころは今、葛藤されていると思う。どうしても小室さんを信じたいという望み。青春時代の恋愛は、誰にとっても輝いていて、5年以上の付き合いの中で、確かに乙女心のときめいたときはあったと思う。だからこそ苦境にある今、私だけは小室さんのことを信じていたい、小室さんもその思いに応えてほしいという切なる願いでははないかと。たとえ小室さんが、眞子は完全に俺の虜だな、くらいにしか思ってないとしても。

    元カノの情報は、眞子さまの聞きたくない情報かもしれませんが、2012年の二股疑惑について週刊誌は、もっと調べたほうが良いのかもしれません。眞子さまへのバッシングが間違っていること、被害者の元カノの話なしに、世間の同情は得にくいと思うからです。

    小室圭さんと元カノの関係 | FRIDAYデジタル
    結婚延期発表後も都内の弁護士事務所へは出勤している圭さん。屈強なSPはいつまで張り付くのか……。 「(眞子さまとは別の)彼女の話が出たのは、圭くんがアメリカ留学に行った’12年9月の少し前だったと思い
    • mayu より:

      ユフノさん

      やっぱり指先は神経が集まっているのか、痛みがあるらしく
      旦那にしては珍しく静かにしています。
      年齢を考えて慎重になって欲しいです~(>_<)

      本当に10代半ばからの恋愛は青春の輝きですよねぇ。
      別れても成就しても良い思い出なのです。

      相手が小室Kでなかったら・・・
      身の丈に合った生活をして、キチンと仕事をしている男性で
      真面目に生きてきた母親なら、母子家庭でも祝福、応援しただろうと思うと
      本当に残念でたまりません。

      FRIDAYの元カノ記事が出た当時もブログでも話題になりました。
      「カード貸してくれ」と小室が言ったとか、元カノの具体的な名店の
      名前もあがりました。小室圭の名前が出て、元カノとFRIDAYに書かれて
      嫌な思いをしたと思うので、どうでしょうねぇ~関わりたくないのが
      本音じゃないかな。

  14. 木の葉 より:

     mayuさん、週刊誌の記事ありがとうございます。ramiriさんが仰る通り、真面目に生きてきた❓kaよさんの文章、私も笑ってしまいましたぁ〜。

     元婚約者の方は、けーくん親子に関わると更にとんでもない事になると考え、婚約を解消したのでしょう。本当にこれ以上関わらない方が安全です。

     異常なまでに病的にけー君に執着するまこさま。その娘可愛さから婚約を破談できないご両親様。ほとほと情け無いです。

     フォーダム大卒業、NY州弁護士資格試験の後、いよいよけーくんの帰国が近づいてきました。帰国した途端S Pに護られてヘルプママのところへ直帰。果たしてまこさまと会えるかな?彼に対する嫌悪感が今日本中に充満しています。帰国が引き金になり、その不満のガスが爆発しかねません。

     まこさまやご両親殿下を傷付けないよう、また国民の不満が爆発しないよう、事を丸く収めなければならない宮内庁‼️手強いけーくん親子との金銭交渉(400万円でどうかしら⁇)も大変。コロナ禍で皇族方のご公務も減っているこの時期、お手並み拝見しています。

     追伸・めちゃくちゃ破綻した論法で、まこさまとけーくんの結婚を決まり事の様に言う元宮内庁職員・山下氏。物凄く苦手です。苦手通り越して怖いです。山下氏が皇族の結婚の決定権持ってはるんですか〜?
     

     

     

     

     

    • mayu より:

      木の葉さん

      週刊女性も圭与さんをからかってますよねぇ(笑)
      不真面目の間違いだろうがぁ~笑わせます(^^)

      元婚約者は利用されるだけ利用され、理不尽な思いをしたので
      あったまに来て婚約解消したのでしょうね。
      いい様に利用されたものです。 

      私は秋篠宮殿下はかなり反対したと思っているんです。
      怒鳴りつけもしたことでしょう。
      もしかしたら、眞子さんが生きるの死ぬのと大暴れしたのでは?
      と勘ぐって想像する時があります。
      こうなると、どんな親でもお手上げです。命が大事ですから。

      ケー君が帰国したらマスコミは大騒ぎ、国民も大騒ぎだろうな。
      SPがついていないと外にも出られないと思います。
      眞子さんとはマスコミ、パパラッチを巻いて会えるのかなぁ?

      コロナ蔓延でストレスの溜まっている国民のガス抜き、
      ガス大爆発になるかも。怖くないのかしら( ゚Д゚)

      皇室ジャーナリスト山下晋司氏、物知り顔でウンチク語る、私も苦手です。

  15. 月の砂 より:

    mayuさん
    再度失礼いたします。
    私、週刊誌のタイトルに踊らされております。
    眞子様のご結婚について全く正反対の事が出ております。

    もう手遅れにならない内に恐れ多い事ではありますが
    天皇陛下、上皇后様 に出て来ていただいて何らかの
    破談になるようなお言葉を頂けたらいいのではないかと
    思っております。

    気が気でありません。

    • mayu より:

      月の砂さん

      週刊誌は大袈裟なタイトルをつける傾向があるのですが、
      以前はたかが週刊誌、されど週刊誌、と思って読み時が多かったのですが、
      意外と本質をついて書いている時があるので、侮れなくなりました。
      天皇陛下、美智子さまもお手上げなのかもしれません。
      国民が反対し続けることしか無いですねぇ。

  16. やしま より:

    記事の紹介ありがとうございます。
    突っ込みどころがありすぎて、何からコメントしたらいいかわからなくなるほどです。
    まずK母の「借金だと認められない」ですが、確かに借金ではないと思います。「たかり金(かね)」ですから、彼女としてはお金をヘルプしてもらったのであり、借りたわけではない。もらったものなんですよね。身内同士話ではありますが、義弟だって義母に対してお金を集るときには、必ず「貸してくれ」と言うわけです。絶対に返さないのに。「貸して=ちょうだい」なわけでありまして、借金だと後から言われたら「借金なんかしていない」ってことでしょう。こういう人たちは一定数います。

    28ページのうち、脚注が多かったのも読みにくさを増しました。私は実は脚注はさらっとしか読んでいません。11ページの本文だって読み進めるのが大変なものでしたから。この文章、もともとはもっと長かったんだと聞いて呆れました。mayuさんから教えていただいた、23回も同じことが書いてあるというのも、実に無駄です。
    つまり文章表現をきちんと学習する機会がこの男には全くなくて、それがために赤メガでもあっという間にはじき飛ばされてしまった気がします。そんな男が日本の神髄である皇室に食い込もうとする。初めから無理すぎる。

    警視総監歴任の宮内庁長官って、もちろんキャリア組。キャリア組のプライドの高さはすごいです。今回のことでメンツを潰されたと激怒しているそうですね。自分の呼びかけに応じて出してきた文書。まあ借金については説明してあるかなと、賛成して結婚に向かう段取りに入ろうとしたら、その後にとんでもないオチがついていて、しかもそれに対して自分は蚊帳の外。頭にも来るでしょう。

    しかしどうにもならなくなりましたね。K氏が年内に帰国するであろうということだけは確かですが、ニューヨーク州の弁護士試験に合格したからとて、日本に来たら何の資格者にもならない。それを使っての仕事なぞできない。あの法律事務所に戻ったところでできる仕事なぞない。本当にどーするつもりなのか。
    眞子さんは、一時金放棄して皇籍離脱してでも結婚したいと思いますよ。
    それじゃあ困るんですよ小室側は。苦労した甲斐がない。無職無収入のお姫様を妻に迎える気なんぞさらさらないでしょう。(皇籍離脱したら、インターメディアクの仕事もどうなるか。少なくとも一般人に送迎付き重役出勤はないでしょうね。)

    なおちょっと前になりますが、別のブログ(本来皇室のことは余り記事にはされない方)で、即位式のときの高円宮家姉妹の小さなティアラのことが書いてありました。あれってアンチ高円宮家の人たちには「皇族気取り」と非難されていましたが、あれこそ、降嫁一時金で姉妹銘々が作られたものだそうで、「降嫁一時金の本来の使い方」と書かれておりましたよ。

    • mayu より:

      やしまさん

      私の愚弟も母に「貸してくれ」と言って返した試しがない
      借金体質の人ですが、母の他にも貸してくれと言った人が
      いたらしく母が返済していました。

      私など友達にも貸してくれとは恥ずかしくて言えないのですが、
      借金体質の人はお金を借りる事が恥ずかしい、と思わないんですよね。
      そんな圭与さんが借金と言われるのが嫌だ、名誉の問題だ等々
      書かれると、笑っちゃいます(笑)

      小室Kもインターになど通わず、市立中、高に通っていたら
      もう少しまともな文章を書けたのでしょうが、日本語に難ありでは
      仕事面でも大変でしょう。英語圏で暮らした方が良いと思います。

      警視総監歴任の宮内庁長官キャリア組、プライドは高いでしょう。
      解決金を文書に入れなかった、4日後報告もなく突然解決金。
      堪忍袋の緒が切れたかな。
      何も動かないでこのまま大激怒でいてください。

      眞子さんがどーーしても小室と結婚したいなら、結婚前に皇籍離脱、
      一時金は貰わず、海外に移住して暮らしてください。

      イギリス王室の「王冠をかけた恋」で有名な元国王エドワード8世、
      ウィンザー公のように、生涯異国の地で暮らしてください。
      眞子さんも小室Kもそのくらいの覚悟が必要でしょ。

  17. 月の砂 より:

    mayuさん
    ご主人良くなられてきて良かったですね。
    でもDr.からのお墨付きが出るまで油断なさらないで下さい。
    mayuさんもご無理なさらないで下さいね。

    宮内庁もkkさんの文書に対してコロッと態度変わりましたね。
    どうしてなんでしょうね。
    まさか「冷静に考えたから」という理由ではないですよね。

    眞子様のこと以前にも書きましたが精神科の先生にでも
    見て頂いたほうが良いと思います。
    今はあらゆる手を尽くして眞子様のお目覚めに努力すべき時と思います。
    この手のことは本人が「命が脅かされる」ような状態にならないと
    目覚めないことです。
    そのような状態になってからでは眞子様が余りにお可哀想です。
    眞子様はUターン出来ない方なのですから。

    皇室の長い歴史を見ると子供(親王も内親王も)が生まれると
    その日からお相手を探していたと聞いております。
    そのような事が皇室に民間人が入るようになってから無くなりました。

    どうか私たちの最大の心配事が解決に向かう事を願うばかりです。

    • mayu より:

      月の砂さん

      旦那、今のところ痛みがまだあるらしく大人しくしています(^^;)
      左手の指2本でも不便らしく、大怪我や動けない人達は大変だろうと
      旦那にしては珍しいことを言っていました。怪我の功名かな。

      宮内庁も文書に対して評価してしまい、国民から仕事しろ~!など
      批判されて頭に来たのかも。

      眞子さんはちょっと異常ですね。
      小室Kに固執し過ぎです。
      生きるの死ぬのと大騒ぎしたかもしれないし
      両親もお手上げ状態かも、眞子さん本人が目覚めるしかないでしょう。

      秋篠宮家は学生時代に結婚相手を見つけろ、このような事を言って
      眞子さんにプレッシャーをかけました。

  18. 桃の花 より:

    当方の占い師(家系代々続く京都の占い師)が、
    今年は2人にとって良い時期だから10月1日から10月8日までに結婚すれば結婚は可能と申しておりました。

    「眞子さまが心変わりする時は、小室圭さんの浮気がバレる時のみ。」
    と申しておりました。

    2012年に眞子さま自身のプライドを傷つけるような行為を小室さんがすれば、
    (浮気がバレる)眞子さまの心は離れて破談が容易になると。
    眞子さまが諦めない限りは2人は結婚することになるでしょうと。

    小室さんが眞子さまのプライドを傷つけた時のみ、眞子さまはこの結婚をあきらめるのだそうです。
    たとえ国民が反対して皇室が壊れても眞子さまは我を通し、
    自分らの結婚を決行する人なのだそうです。
    つくづく徳を積まない内親王だなー。

    • 桃の花 より:

      裏を返せば、今年10月9日まで結婚をひっぱれば、
      2人は結婚しない可能性が高くなると。。。
      来年、小室さんの眞子さまへの眞子さまのプライドを傷つけることがバレるそうです。

      • ユフノ より:

        ユフノ占いは、結ふの占い。
        「眞子さまのこころの葛藤」を占ってみると、

        …信じられない現実と信じていたい妄想…ひとりの女として温かな家庭に憧れる気持ちとチャラ男の詐欺師に冷たく捨てられる女の気持ち…助けてくれる男性は誰もいない…不安と孤独…

        …と出ましたね。10月や年内結婚が無理なら、あるいは…もしくは、梅宮アンナさんの破談のときみたいに、警察関係で動きがあれば、あるいは…2012年は、小室さんが元カノと別れた年のようですが、二股の疑いもあるようですね。金銭問題の元婚約者のように、元カノはキーマンになるかもしれません。

    • mayu より:

      桃の花さん

      私は占いはあまり信じない方なのですが(当たった試しが無くて)
      小室圭は用意周到ですから、結婚するまでは浮気は無いと思います。

      スウェーデン王室の次女マデレーン王女は婚約者に浮気され
      即婚約破棄しましたが、小室Kが浮気・・・今は無しな気がします。

      今回の文書と元婚約者さんの記事で、小室親子の実態を
      真の辺りにして気持ちが醒めていくと良いのですが・・。

  19. マグノリア より:

    おはようございます。
    ご主人さま回復傾向にあり何よりです。
    しばらくはmayuさんのヘルプが大切ですね。

    私個人の疑問点ですが、KKの隠し撮り録音がとても気になっています。
    ただでさえ親の話に、20歳のいい加減大人の子供が同席していることが不思議でたまりません。(大人の手が必要な未就学児じゃないんです。)
    どんな話かは事前にわからないのに、咄嗟に録音、しかも相手の承諾なし、考えられません。
    手元に持っていたんでしょうか??
    そのような経緯を考えると、もしかすると秋篠宮家での私的なことを録音録画している可能性もあります。(かなり以前から出入りしていたようなので。)
    公表されては困るので現状のような事態になっているのかも。
    突拍子もない個人的な妄想です。

    天皇陛下と秋篠宮皇嗣殿下、さすが兄弟、似ていらっしゃいますね。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      旦那は当分の間、畑など出来そうもないです。
      指も痛いらしく出掛けるのは一緒に買い物くらいで、
      他は家でテレビを見ているくらいかな。
      体力が落ちるのでは?と心配はしていますが仕方ないですね。

      隠し撮り録音、咄嗟の判断で出来るものでしょうか。

      今日、Fの部屋さんの記事を読んで、なるほど~都合よく
      切り取りされているのかもしれない、と思いましたよ。

      「だって」という言葉、私は(私の住んでいる所では)
      ほぼ使わないので録音の内容がどうにも意味不明でした。

      秋篠宮家の会話も録音していそうですが、小室圭でも
      簡単に公開は出来ないのでは。相手は皇室ですからねぇ。

  20. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。ありがとうございます。大笑いしましたよ。
    「これまで真面目に生きてきた~」のくだり。週間女性は確信犯ですね。ところで宮内庁とは1つではないのか?と思わせる迷走ぶりです。今さら激怒しても遅いんです。
    こちらに来る前に、「皇女制度」にかこつけて黒田清子さん復帰を匂わせる記事を読みました。眞子さんの人気が落ちたからだそうです。宮内庁とは、時々美智子さんも含まれるのかも?

    • mayu より:

      ramiriさん

      これまで真面目に生きてきた佳代さん、の部分は大笑いでした。
      そっかぁ~週刊女性は嫌味半分に書いたのかもね。
      「皇女制度」にかこつけて黒田清子さん復帰?

      「皇女制度」など不要です、美智子さまは裁可取り消しのことを
      考えてくれたら良いです。無理だろうけど。

  21. 白雪山羊 より:

    mayuさん
    お忙しい中、更新有難うございます。

    K文書の解説をしている、河西准教授
    仕事とは言え気の毒になって来ました。
    スリムに削った…って!?文章の意味が被っていた部分を削ったのでしょうか?
    「?」が浮かんでは消えます…

    眞子さまは、本当にカウンセリングとか受けてほしい。
    K母と電話(メールかも)したりしている
    と言う記事を読み
    まぁ洗脳まで行かなくても、影響はされていると思うんですよね…
    「ヘルプしてやって」とか言われてるのか?と怖くなりました。

    「K関連の言う事しか信じない」 「助けてあげたい」とか思っているのか…
    それは本当にK氏の為になってるのか、考えた事ないのかな…元婚約者はヘルプした結果、今の状態ですよ(ToT)

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      注釈付きの28枚もの文書がスリムだったら、元はどんだけ太った文書だったんだよ~と
      難癖つけたくもなります。終始言い訳と自己保身の文書、通して読むのは
      一回でこりごりですが、削った文書も気になりますね(苦笑)

      眞子さんも少しづつケー君から冷めると良いのですが・・。

タイトルとURLをコピーしました