皇太子と雅子さま珍しい写真*眞子さまと婚約内定者ってだけなのに小室圭クンのVIP待遇

眞子さまの結婚問題

先週は週刊誌もお盆休みでしたが、今週からまた活動開始。
眞子さまと小室Kから、天皇と内定皇族まで皇室話題がてんこ盛りです。
一気に全部は書けないので、ボチボチと内容の紹介と感想を
アップしていきたいと思っています。
まずは、小室Kのことが、だーーい嫌い、嫌味タラタラな記事の週刊新潮です。
その前に、妙に仲良しに見える東宮夫妻の写真を載せました。

おいおいおい、2人がこんなに近づいた写真、初めて見るような気がするんだけど。

2018年8月21日
須崎御用邸から下田駅 画像 Twitterより 愛子さま、日焼けしたみたい。

・出発前の成田空港、混乱を避けるため特別ルートで保安検査を通過。

・搭乗時はさながら皇族のように千葉県警の警護官に囲まれてゲートを
くぐって行った。

・大学側の手配でブロンクスの外れの高級アパートに到着。
お付きのスタッフとともにエレベーターに乗り込んだ。

・13日のガイダンス当日の朝、大学側から撮影の場を設けると伝えられた。

・当日は混乱を防ぐべく、NY市警のパトカーも出勤。
さっそくNYでも税金を投入させた、大した新入生である。

・日本のプリンセス・マコのフィアンセであるケイ・コムロが入学へ、
これに宮内庁が異を唱える、2週間後「フィアンセ」の文言は削除されたが、
今も「ミスター・小室とプリンセス・マコは2017年9月、結婚を予定していると
発表した」の記述は残されている。
皇室利用に他ならないと、引き続き宮内庁は問題視している。

・記述を残す大学に尋ねると「これ以上のコメントをするつもりはありません」

・こうした大宣伝が3年間の学費全額免除という”最上級待遇”とリンク
しているのは想像に難くない。

3年間で2000万円の授業料、新入生で一人しか選ばれない返済不要の
「マーティン奨学金」の適用を決め大々的に発表している。

全米のみならず、世界中から厳しい選考をクリアして集まった数百人の
新入生の中から、これまで法律を学んだことのない彼が、なぜ選ばれるのか。
常識では計り知れない世界なのだ。

・今はスクールの建物の上層にある新しい寮に移って、大学側は
初日の登校日から専属の男性スタッフをつけ、学内の移動の際など
ガイドと警護゜をかねて、アテンドさせている。

・入学願書でプリンセスとの婚約を最大限アピールしたことで、
かようなVIP待遇を得たとされる「海の王子」。

・が、およそバツの悪さを感じている風ではない。

・ガイダンス最終日の25日には、新入生と学校関係者による、歓迎バーディーが
開かれる予定、むろんこの青年も姿を見せ”お言葉を述べられる”ことだろう。

いやはや、雅子さまの両親のように、気分はすっかり「準皇族」( ゚Д゚)
VIP待遇にも手慣れたものです。日本に居た時からSPをつけて、
普通の人は入れない皇居、秋篠宮邸を頻繁に訪問していたことから
「俺さま特別~(^^)v」を味わっているので気にならない、鈍感なんだろうな。

ルンルン気分の小室Kと比べて、眞子さまは、日常会話でも
秋篠宮ご夫妻と直接話すことはほとんどない。

昨年末の金銭トラブルが発覚してから、真っ先に動いたのは紀子さま。
一貫して眞子さまのお気持ちを最優先、見守ってこられた秋篠宮殿下も、
小室Kへの不信感が募り「経済的な安定」「金銭トラブルの解決」の
2つの課題を出さざるを得なかった。

眞子さまは、”一度は父を通じて陛下の裁可を頂いたのに、なぜ
先に薦めないのか”と不満を募らせ、秋篠宮殿下ともコミニケーションを
保てなくなった。 その軋轢は今なお続いて居る。


そこで、佳子さまが家庭内”特使”、簡単に書けば、会話のない両親と
眞子さまの橋渡しのような役目をしている。

8月4日、小室Kが秋篠宮家を訪問、早い段階で情報が漏れ
赤坂御用地には報道陣が殺到した。
紀子さま「そもそも、なぜこの日程が外部に知らされたのですか」と
苛立ちを隠せなかった。

うーーん、漏らしたのは誰でしょう?

両親と長女が半年にわたって険悪、次女が橋渡し役。
このような家庭で、悠仁さまに悪影響を与えるのでは。
小6では完全に情報を遮断することは難しいと思われる。

最後に、今後の小室K。

NYでの滞在費は給付でなく、法律事務所が貸与することになった。
3年で1000万円を超す借金を抱えることになる。
現地の司法試験に合格しても、2年間の実務を経験しなければ、
帰国後に国際弁護士として活動することはできない。
にもかかわらず、事務所は3年で戻そうと考えている。
すなわち、帰国したところで”高級パラリーガル”でしかない
可能性すらある。

摩天楼を見上げながら、お付き職員まであてがわれたVIP青年は
自らがもたらしたお相手の苦境に重いを致しているのだろうか〆

要点だけ書くつもりだったのに、またまた長くなってしまいました。
週刊新潮が小室Kをよく思っていないことだけはよく分かる記事です。

眞子さま、相当に頑固というか小室Kに良いように洗脳されている。
今は離れていてもスカイプ、LINEでコミニケーションが取れるし
眞子さまにすると、小室Kとの結婚を逃したらもう自分は一生結婚できない。
生涯未婚のまま、皇室で暮らし年老いていく、と思い込んでいるのでは?

確かに、小室Kと婚約内定会見までしてしまった眞子さまには
早々簡単に別の相手が見つかるとは思えません。
未だに2人は結婚を諦めていない、前向きとの報道が続いている。

眞子さま、どーしても小室Kと結婚したいのなら、皇籍離脱しても
一時金は貰えるそうですし、それを持参してNYで暮らしたら
良いのでは、圭与さんも呼びよせて3人で仲良く。

贅沢に慣れると一億数千万などアッという間に使ってしまうでしょ。
10年持つかどうか?そもそも住まいでかなりお金を使いそうです。

そしてNYで庶民の暮らしをしたら良いですよ。
二度と日本の地は踏まない覚悟での結婚。
温室育ちのお嬢様がここまで意固地になって踏ん張るのだから
それ相当の覚悟はしているってことでしょうねぇ??

秋篠宮殿下も国民の税金で暮らす身分、一切の援助無し。
今まで脳天気に娘と交際相手を放置、今になって慌てふためいても
相手は海千山千の強者、引き離すことはかなり難しいでしょ。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開とメールでのコメントは表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。



コメント

  1. 狗児 より:

    何度も失礼します。
    皇太子ご夫妻は、今から思えば最初から割れ鍋に綴じ蓋的な意味でお似合いだったんかもしれませんね。
    東大!ハーバード!外務省!と騒がれた雅子さんもコネと学歴ロンダリングだったと判明したことを考えると、知的レベルも皇太子殿下と似たようなもんなんでしょう。

    昔、大学生の頃、女性同士でお喋りしていた時に、結構変わってる感じの子が「私の理想の男性は皇太子様」と言って、ビミョーな空気になっていました。「た、た、確かに上品だし、真面目そうだもんね」「そうよね、誠実でしょうしね」みたいに周りが必死でフォローしていました。まあ、本音は…
    子供の頃や独身の頃は、皇太子殿下もまだ良かったと思いますが、雅子さんと一緒になって地が出たんでしょうね。

    • mayu より:

      狗児さん

      夫婦も25年も一緒にいると、それなりの似た者夫婦になるんでしょうね。
      割れ鍋に綴じ蓋、本当にそうだったのかもしれません(^^;)

      皇太子も雅子(サマ)のため口、ざっくばらんな会話が
      新鮮で心地良かったのかもね。
      皇太子に雅子(サマ)は「・・・だよねぇ」と言うらしい。
      それに、雅子(サマ)は普通より美人なので皇太子は一緒にいるだけで
      嬉しそうなんですよね。

      独身の時の皇太子はそれなりの品もあって良かったのですが、
      ズラを被った辺りから「お笑い系」に変身したみたい。

      皇太子がタイプの女性がいたんですね!(@_@)
      雅子(サマ)があれで皇太子妃なら、私ならもっと上手くできる!
      と思う人は居たと思いました(笑)

      • 狗児 より:

        以下、決して雅子さん以外の妃殿下が大したことないとは言ってるつもりはありません。

        家柄、出自、本人の容姿等を度外視して考えれば、ですが、妃殿下の公務は、毎日仕事に出て行く勤勉さと、周りに迷惑をかけないようにしようという責任感と、先輩や上司の言うことに耳を貸す素直さと揃った普通の真面目な女性ならば出来るんじゃないですかね。雅子さんは、それらが欠けているから、皇室でなくともどこの職場でもマトモに勤まる人じゃないと思います。

        そりゃ日本全国の多くの女性が「あれなら私の方が上手くやるわ」って思ったと思います(笑)

        • mayu より:

          狗児さん

          私は雅子(サマ)の病気の原因は愛子さまだと思い込んでいるんです。
          適応障害と発表される前は、公務もしていましたから・・・
          子作りに積極的でなかったことも皇太子妃としては不適格でした。
          子供3人くらい産んだあとからでも海外に行けるんだから
          早めに子作りに励むべきでしたよね。過ぎたことですが。

  2. 挽歌 より:

    mayoさん

    写真アップ、ありがとうございます。

    早速、新潮を買いに行きましたが、発売が遅れているのか、コンビニにはありませんでした。

    皆さんに不愉快な想いをさせるので、このコメントはmayo さんのみにします。

    モノクロの寄り添う皇太子ご夫妻、とてもステキ!
    これまでのベストショットです。
    私は、皇太子は名君ならず名天皇になられると思います。
    さあ、mayo さんと私の見る目、どちらがあったか、今後の楽しみといたします。

    小室圭さんにいては、意見が一致してますね。
    私は何故、切り捨てられないか・・・やはり出来ない訳、重大な弱味を握られているとしか思えません。
    それは、リベンジポルノ以上の、もっと大きな事ではないでしょうか。

    サスペンス映画、スパイ小説のようで、面白くはありますが、そうとばかりは言えませんね。

    国民全体でNO!を叫び、阻止したいです。

    立派なプログを持ってあるmayoさん、頑張って下さい。
    応援します。

    • mayu より:

      挽歌さん

      立派かどうかわかりませんが、好きな事を書いてます。
      何しろ、東北の田舎者で井の中の蛙、コメントで教えられることが
      多いんです、皆さまのコメントで支えられているブログです(^^)

      新潮売り切れでしたか、来週辺りデイリー新潮に載ると思うので
      もう少し我慢してください(^^;)

      結構当初からよそよそしくて仮面夫婦のように見えましたが、
      天皇陛下の退位宣言後に、あれ?この2人仲良しなの?
      と思うような画像が出てきました(笑)

      皇太子はどうでしょうねぇ。
      「愛子を天皇に」と言わなければ、それでいいかな。
      天皇の公務はこなしていくでしょうし、雅子(サマ)抜きでも1人でやるでしょう。

      余計なことはせず、凡庸な天皇で良いと思っています。
      雅子(サマ)も、美智子さまほどの女優にならないだろうし
      喜怒哀楽のある皇后で良いかな。即位してからのお楽しみですネ。

      小室親子は極上の心理サスペンス、「乗っ取られた皇室」
      文才のある人が書いたら面白いだろうなぁ。

    • いちごラムネ より:

      横から失礼します。

      こちらのブログ主さんのお名前は、mayoさんではなく、mayuさんです。

      差し出がましいとは思ったのですが、お名前を間違えるのはあまりよろしくないと思いましたので、失礼をどうぞご容赦ください。

  3. やしま より:

    珍しい写真、ありがとうございます。
    この年齢になると、「ほかにいない」という理由で、仲良くなる夫婦もいます。この二人、そうかな?雅子さん、皇后になるなら、ほんとに皇太子とくっついていくしかないですもんね。

    ところで新潮に続き、文春も出ているので、またよろしくお願いいたしますね。
    そちらも大筋は新潮と一緒ですが、ちょっと違うのは、文春の方が「秋篠宮殿下ご自身が、破談に向けて積極的姿勢」というところでしょうか。

    また、これ結構巷で取り上げられているんですが、圭氏の秋篠宮邸での「壮行会」
    東宮御所正門から送迎の車で出入りして、
    しかもその車は東宮専用車両で。
    それを文春は「秋篠宮殿下の指示で、東宮に無断で使用した」というふうに書かれている。
    新潮は、「なぜこの日がわかってしまったのか」と紀子妃がお怒りという文章でしたが、たしか女性週刊誌的には、「多分このあたり」と、記者たちが張っていたようなニュアンスの記事があったような気がします。だから誰が漏らしたというよりか、「ヤマカンが当たった」みたいな。
    まあ、皇室の皆様の行動って、山千海千の記者には、赤子の手をひねるみたいなもんなんかな。

    ところで文春の方でもう一つ記事で。
    先日の戦没者慰霊祭。今上陛下お言葉述べられた後に、また「老人特有の行動が見られた」というようなことが書いてあります。
    これは、ユーチューブで確認可能だったんですが(現在も見られるかどうか確認してないんですが)
    お言葉を述べられた紙を、普通はそのまま陛下のポケットにしまうべきところ、お言葉述べられたまま、陛下、行動が止まってしまわれたみたいで、隣から皇后が「『お言葉』をポケットにおしまいください」と、囁いているんです。
    昨今は高感度マイクだから、全部聞き取れてしまって。
    最初に「おしまいください」と囁くも、陛下は「え?(理解できてない)」
    また次に皇后が「おしまいください……お言葉をポケットに」と再度促して、ようやく陛下も理解。「あ、そうね」って答えておられる。

    もうね。陛下の認知能力は大分落ちておられると思いますよ。だから、秋篠宮家が抱えるこの問題も、陛下には理解できているのかどうか……

    • mayu より:

      やしまさん

      雅子(サマ)、皇太子にくっついていれば皇后になれるので、
      このまま仲良くやっていくんじゃないかな。
      皇太子は優しくて尻に敷かれても平気、お金もあるので
      見た目はアレだけど、魅力はあるのかも(≧∇≦)

      文春はまだよく読んでいないのです、さーーっとは読みましたが。
      8月4日の秋篠宮家訪問時に東宮御所正門から送迎の車で出入り、とか
      秋篠宮殿下が破談に積極的になったのですか。

      いやはや、記者たちも張り込んでいるんですねぇ。
      小室K関連の記事は興味をそそられるのと、眞子さまには
      お気の毒とは思うけど、前代未聞の(昔はあったが)結婚延期に
      黙っていられない状態になったようで、良いことです。
      もっと沢山、いろーーんなことを掘って欲しい。

      戦没者慰霊祭、生中継で見ていましたが、今上のボケは
      気が付きませんでした。去年より表情が無くて、無表情というのかな。
      最後なのに、あっさりしているな、とは思いました。
      高齢なので認知機能の衰えも出ても仕方ないのですが、退位するまでは
      あまりで出歩かない方が良いと思いますねぇ。

  4. ちゃんこ より:

    眞子さんは皇女としての覚悟が欠けるだけでなく、自らを律するだけの理性も持ち合わせていらっしゃらないようですね。
    怒りを通り越して呆れるばかりです。悲しいですね、本当に。
    キムコムロについては吐き気をもよおすほどの嫌悪感と苛立ちで、怖いもの見たさではありますが、詐欺師の本質を見ているようで恐ろしいです。これだけ周りを動かせるのは、果たして第三者の力が働いているからなのか…。
    それにしても、ニューヨークでファミリー向けアパートを買うのは至難の技でしょうね。手数料含めて一億数千万じゃ到底無理ですねぇ。例え買えたとしても日常生活が…(笑)
    支度金は当然辞退の上、家賃10万、ハーレム地区、ボロのワンルームに二人仲良く住めば、絆も深まるってものではないでしょうか(笑)

    • mayu より:

      ちゃんこさん

      母子家庭で親子で苦労して努力して大学に入り、就職して
      若いのでまだ給料は多くないけど真面目に仕事しています。

      こういう親子なら好感度も高いのですが、借りた金を返さない、
      たかり体質はなかなか治らないもので、一生皇室(眞子さま)に
      集りそうで本当に嫌な人たちです。
      好感度ゼロどころかマイナスです。

      眞子さま、お支度金も辞退しNYで狭いながらも楽しい我が家を
      作っていく気なら、結婚も良いんじゃないでしょうか。
      としか言いようがないです( ゚Д゚)

  5. 狗児 より:

    新潮記事取り上げて下さりありがとうございます。
    今回の面白いですね。これ、買って読もうかな。

    いやはや、困ったもんですね。小室氏、根が下層階級のど貧乏人かつ皇室に対して恐れ多いという気持ちもないので、贅沢の味を覚えたら遠慮も何もなくたかる訳ですね。呆れてものが言えません。
    私は、彼がフォーダム大学で真面目に勉強なんかする訳ないと思いますよ。頭がついていかないでしょう。弁護士等、難関資格の勉強舐めるなよ、です。女遊びして、メディアに取り上げられ、眞子さまご立腹、愛想尽かす、ってことになってくれればいいなあ。。

    • mayu より:

      狗児さん

      新潮は買わなくても、来週あたり全文ネットでアップされると思います。
      毎週、皇室記事は1、2週間遅れてもアップしているので、それに
      カラー写真まで載せる時もあるから(^^)

      小室親子、5、6年のお付き合いで準皇族気分かもネ。
      やってもらって当然!
      ついでに、人の金は自分の金、自分の金も自分のもの。
      国際弁護士資格取得経験者の話がネットやブログで見られましたが、
      小室K、大丈夫なのか? そうそう、女遊びに没頭して眞子さまの
      気持ちが離れることを祈ってます。

  6. とらねこの母 より:

    mayuさんこんばんは。

    8/16の東宮一家の写真を見た時も意外といい感じに仲良し親子?と感じましたが、今回の寄り添う二人にびっくりです!
    雅子(サマ)にとって皇太子は
    “自分を皇后にしてくれ、ロイヤルニート生活を保障してくれる人”
    くらいな立ち位置かと思ってましたが、よく考えればスキーも夏の静養もいつも一緒で嬉しそうでしたね。
    破れ鍋に綴じ蓋…いえ写真ではいい夫婦でした。

    仲良し夫婦と言えば今日からまた
    「思い出の軽井沢+草津」に高貴高齢者が行きましたね。
    今回も開拓団の方々と会うそうですが、そういう境遇の人は他の所にもいるのに何度も会うのは、『軽井沢に行くのは静養だけじゃないのよ~』って理由付けかも?なーんて考えちゃいました。

    • mayu より:

      とらねこの母さん

      今年に入って2人の親密度の高い写真が多く出るようになった気がします。
      皇太子は優しくて雅子(サマ)を怒ったことなど一度もないんでしょうね。
      若い時はカッコいい人、見た目素敵な人が魅力だけど、年を取ると
      優しくて自由にしてくれてセレブな生活をしてくれる男性が安心。
      似たもの夫婦、意外と気が合うんじゃないかな(笑)

      高貴高齢コンビ、行きましたね。開拓団の方々は同じ人たちかしら。
      また美智子様は草津で一流アーティストと狂演するんでしょうね。

  7. たいら より:

    mayuさん 記事のアップありがとうございます。
    つい何度もこのページを開けてしまいます。でもゆっくりなさってくださいね。
    mayuさんの諦めのような解決策、私もそんな所に落ち着くなら仕方ないのかなと思います。間違っても日本に帰って名誉職などに就かないでいただきたいと思います。
    週刊FLASHの記事で皇室ジャーナリストいわく、宮内庁はK氏が米国のメディアに秘密の暴露をすることを恐れ、K氏を怒らせないようにしているんですと。これって、結婚まで行かなきゃK氏は怒るでしょうから、結局結婚ありきなんだ、やっぱりなと言う気がしました。
    せんじ詰めれば、結婚を前提にお付き合いを始める前にしておかなければならなかったことを、皇室でありながら、せずにいたことが全ての災いの元になっていますね。借りの婚約会見までの間、6年位でしょうか、この年月の間にK氏はどれだけの優遇措置を受けたのでしょう。
    日本の皇室に○○師が入り込むのはこんなにも簡単なんだと呆れかえります。元婚約者からお金を引き出すくだりを読むと、○○師にしか私には思えませんでした。
    皇室なのですから、少しの傷を負っても、毅然とした態度が取れないものでしょうか。
    眞子さまには、厳しいようですが、それ相応の覚悟を持って結婚していただきたいと思います。

    • mayu より:

      たいらさん

      残暑厳しくエアコンの中でブログ書いている方が楽です(笑)
      小室Kの脅しに屈するような皇室では困りますね。
      反対に脅すくらいじゃないと、あ・・・脅したら秘密暴露?
      窮鼠猫を嚙む、まったくやっかいな人と恋に落ちたものです。
      結婚延期もせめて、婚約内定会見前だったら良かったのに。
      そうです、約6年間の交際期間で秋篠宮家など普通に彼女の家に行く感覚で
      いたかもしれません。インターでは日本史も習わなかったでしょうし、
      英語脳らしいので、2人プラス圭与さん、祖父も健在なら4人で
      NYで庶民として生活が良いんじゃないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました