小室圭さんのロング文書のウソ、元婚約者は解決金を受け取らない

眞子さまの結婚問題

私は出掛けて生放送で観ることは出来なかったのですが、「バイキングMORE 」で週刊文春の記事を取り上げていたようで、今しがたyoutubeで小室圭氏の所だけサラ~っと見ました。週刊誌の方はAmazon Kindleで買って読みましたが、当り前の事ですが「バイキングMORE 」で放送されたことと同じでした。

やしまさんがコメント欄に貼ってくれた、元婚約者さんが録音したという音声も聞いて、一応録音ソフトで録音しておきました。(削除されるかもしれないので)

なるほど、少しだけ圭与さんの喋りが入っていましたが、見た目と声、話し方にギャップがありました。声だけ聴くと女性らしい柔らかいお上品な話し方で、これで次から次へと男性が惹かれるのか~?!あの声であのような話し方で「パピー」「ヘルプ」と言われちゃ、出しちゃうんだろうな。その後にATMのように際限なくヘルプが続くのに、婚約者とは名ばかりで2年間もの婚約期間中、家族であって家族でない、中途半端なATM扱いに元婚約者もヘキヘキしての婚約解消だった。 そういう事は、28ページの小室トイレットペーパー文書には書かれていない、自分たち親子に都合の良い事だけ書いた言い訳文書でした。

小室Kが咄嗟に録音したという音声も、週刊文春が出した音声との違い。これを週刊文春は「小室さん文書のウソ」と書いていました。8日に小室トイレットペーパー文書が発表された時から、いろいろ矛盾点が出ていた。国民が納得するどころか、一段と批判が強くなった。そこで4日後に解決金を出すとの発表としか思えないのですが、

「代理人によると、文書の公表で話し合いによる解決を目指していたと表明できたことから、今後は解決金で問題を収めたい意向だという。」(引用 時事通信)

言いたい放題、書き放題、小室親子の主張を28枚の文書にした挙句の果て、どうにも反応が悪くなり、やっぱり解決金を出した方が良いと判断したのだろう、と誰もが思うのに、上記のような説明でした。こんなんだったら、29枚目の文書を作り最後に解決金をお支払いしこの問題を収めたいとしたら良かったのに。やることなす事がマイナスに動いてしまうのは、日頃の行いの結果でしょうか。

【音声】小室圭さん「28枚説明文書」を覆す交渉音声



一応ヤフーニュースの眞子さんと小室Kの記事は読んでいるのですが、どうにもこうにもじっくりブログを書く余裕が無くて、情報弱者です。やしまさんがコメントで、明日発売の「週刊現代」の記事。圭与さんの元婚約者さんは解決金を受け取らないとのこと。週刊現代2020年12月5号で、元婚約者さんは一切返金は求めない、と宣言されていました。

生活に困窮しているという70代独り身の元婚約者さん、解決金を受け取りたいのは山々でしょうが、受け取った後のデメリットも考えたのかもしれませんし、復讐の言葉は言い過ぎかもしれませんが「受け取らないことで2人の生き方や嘘を啓発したい」と思ったのではないでしょうか。そこで、眞子さんですが、そろそろ小室親子の正体に気付いて婚約内定破棄の気持ちになると良いのですが・・・2人の結婚を祝福する、結婚しても良いと言えるのは、テレ朝モーニングショーとバイキングMORE で本日コメンティーターとして出ていた松嶋尚美さんとか、皇室ジャーナリストの山下晋司氏とか、極々少数でしょう。

すみません、明日は午前中内科の診察と薬を貰いに行きます。明日の週刊現代の記事は注目ですが、投稿が遅くなるかもしれません。週刊文春の記事の内容も書く余裕がありませんでした。桃の花さんが紹介されたyoutube、時間が30分以上と長いので時間がある時に拝見します。



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん

    私ちょっと書き過ぎたでしょうか?
    もし、問題になりそうだったら没にして下さい。
    ご迷惑おかけして申し訳ありません。

  2. 月の砂 より:

    mayuさん
    お加減いかがですか。
    またまた、大変な騒ぎが起こりましたね。

    皇族の方々も私たち庶民もこの結婚へ突き進もうとしている
    眞子&kkに根負けしないように気を張ってどこまでも
    「この結婚反対」を連呼していきましょう。
    どうもこの二人は周囲の根負けを期待しているような節があります。

    宮内庁もどうも二人が結婚してくれれば良いという部分が見え隠れ
    して不安この上ありません。

    あの嘘と矛盾だらけのロング文書から湧いてくる怒り。

    日本全国が心配し注目している事であるから一番いいのは
    小室母子が出て来て記者会見をしたら一番納得のいく答えが
    聴けるのでは。
    いつも文書ばかりでうんざりです。

    この縁談は小室氏の方から辞退すべきです。

    またこの事を解決出来る筈の上皇ご夫妻は何もなされないんですか?
    ご自分たちが音頭をとって勧めた小室氏を辞退させることが出来るのは
    恐れながら上皇ご夫妻だと思います。
    上皇后さまも小室氏のロング文書を読んで具合など悪くなっていないで
    可愛いお孫様のため頑張ってください。

    庶民レベルでこのような事が起これば警察か法律家に訴える事案です。

    以上どなたかに失礼になったかも知れませんがやっと書きました。

  3. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます!

    reさんのように、コピしたくなるほど、ヤフコメには正論が溢れています。

    前にも書きましたが、眞子さんはパリピでチャラい人間なんでしょ。
    コソコソ婚でよいのでは?
    佳子さまは普通に結婚すればいいので、悠仁殿下だけはまともに育てて欲しいです。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん
    お忙しい中、本当に
    更新有難うございます。

    毎日毎日Yahooで結婚関連の見出しで…グッタリしています。
    mayuさんも無理なさらず、と言いつつ
    こうして書いてしまうのは(すみません)、皇室を心配しているからです。

    私でさえそうなのだから、秋篠宮殿下や紀子さまのお身体が(心身ともに)
    更に心配になって来ました。休養してほしいくらいです。
    眞子さまも本当、カウンセリングみたいなのを受けながら
    気持ちを整理してほしい。
    (経験者として、29才から30才になる事は、意外と対した事ないかも知れませんよ…)←暴言かな…

    これから私も病院など、色々用事です…(@_@;)

  5. マグノリア より:

    おはようございます。
    小室文書が発表されてから気忙しい日々が続きますね。
    mayuさんもご自身のことや町内会等のお仕事でお忙しいことと思いますので、くれぐれもご無理されないでくださいね。
    最近はコメントくださる方も増えましたので、きっとmayuさんはお一人お一人にお返事を差し上げたいのではと思いますが、このところの形で十分でございます。
    ブログ作成にはとても労力を使いますし。

    国民が声を上げ続けていますので、少しずつではありますがこの結婚騒動に動きを感じます。
    以前にも申し上げました通り天皇陛下も秋篠宮皇嗣殿下も「多くの人が納得し喜んでくれる状況」にならなければ、皇族としての結婚式は行えないと思います。
    なので、皇室独特の結婚はないと私は思っています。
    ただ、2人が一緒に暮らす形態は考えられます。
    眞子内親王におきましては、もう公務や皇族としての表舞台に立つ行動はお控えいただきたいと考えます。
    見えないところで静かにお金をかけずにお過ごしいただきたいと思います。

    元婚約者の方が解約金を受け取らない行動を起こしたことには、大変評価いたします。
    今まで相当いろいろなことがあったでしょう。
    そして、近頃の意味不明な小室文書から解決金へと進み、世間を混乱の渦へ巻き込んでいることにお灸を据えた形となります。
    元婚約者の方の生活は厳しい状態と想定いたしますが、新たな展開となるきっかけの一つではないでしょうか。

    昭和天皇が決して特定のテレビや新聞名をおっしゃらず、そのコメントに笑いを誘っていた会見を今でも鮮明に私の脳裏に残っています。
    それだけご自身の発言の影響力の大きさをご理解されてのことでした。
    なので、天皇陛下や秋篠宮殿下、宮内庁長官や皇嗣職大夫の方々があのような発言をするのはその影響力を考えていらっしゃるのかなぁと個人的に思っています。

    このゴタゴタの影で公務を連続欠席のおサボリ皇后陛下が気になってしまいました。
    それでいて新居見学はできる、やはりご病気なんだなぁ。
    長文失礼いたしました。

  6. やしま より:

    いつも丁寧な記事、ありがとうございます。

    昨日は「週刊現代」本日発売の関連記事を御紹介したのですが、その後、私が見た本日発売の「現代」のタイトルと内容の説明が、ネット上から全部削除されたというのです。どこかからか圧力がかかったのか?と結構騒ぎになりました。

    そして今、週刊現代は本日発売の記事を、また出してきました。

    独占告白!「小室圭文書」に元婚約者が反論「私は納得できません」(週刊現代) @gendai_biz
    「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

    が、昨日紹介のものと、ニュアンスが微妙に違います。
    ジャガーさんへのインタビュー記事であることは変わりはないのですが、「解決金を受取拒否する」という文言がどこにも見当たらなくなりました。ここが肝なんですが・・・。
    巷にも言われていますが、ジャガーさんには「解決金」は受取拒否してもらいたいというのが一般人の願いです。多分この解決金に対しては条件も附帯されていて、「以後小室家に関しての一切の発言をしない」とかあるんじゃないでしょうか。
    それよりは、ジャガーさんどんどん発信してもらいたい。週刊誌インタビューって、聞くところによると一般人への謝礼は5万ほどだそうです。
    ネットで「ジャガーさんにクラファン等で寄付したい」という声多数。中には「200万円まで出してもいい」という豪気なことを言われる方も。
    ともかく真実を捻じ曲げることは吐き気がするほど嫌悪感を感じます。自分の都合のいいところだけの録音切り取りによる主張。(このときKって20歳の小童ですよ。いかに母子してこれが日常茶飯事だったかわかります)

    mayuさん御紹介してくださった例の長大言い訳文を読んでいると、そこにKの深い憤りが感じられます。
    この男、こういう理詰め論はフォーダム大で学んだのでしょう。そして結婚したら、眞子さんに対して何をするにも理屈で通し、黒も白と言いくるめる超絶モラハラ夫になる気がします。

    本日の週刊現代に「解決金を受取拒否する」と果たして書かれているのかどうか注目です。

    • やしま より:

      追伸です。

      小室圭の文書に対し、「自分ならこうまとめる」という方の「模範文書」が掲載されております。
      さすが!と感じ入りました。
      これだったら国民も騙されたかもしれません。
      あれがいかに駄文か、比較するとよくわかります。

      小室さんの長すぎる説明文書 危機管理のプロならA4判1枚にこうまとめる(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
       どこまでが想定の範囲内だったのだろう。眞子さまの婚約者、小室圭さんが4月8日に発表した「経緯説明」を巡って、報道、議論、井戸端会議が止まらない。

      なお秋篠宮殿下もまた、あの長大駄文に納得されておられないお一人だということです。
      宮内庁の眞子さんを結婚させたいような、妙な発言が気になります。

    • 静御前 より:

      mayuさん更新有難うございます。
      やしまさんの意見に大賛成です。
      元婚約者の方には解決金受け取りを絶対に拒否していただいて
      クラファン等で寄付したいです。
      解決金を受け取れば、今後一切計算母子の過去の悪事は封印されてしまいます。
      ジャガーさんと呼ばせていただきますね。
      ジャガーさんは眞子さんと計算に怯むことなく堂々と真実を語っていただきたいですね。
      クラファンをしたいという人は私の周りにも多くいます。
      ジャガーさんが告発してくれたからこそ、あの計算母子が皇室に潜り込めなくなったのです。
      ですからジャガーさんには感謝している人は沢山いると思います。
      皇族は中立を徹底的に守らなければなりません。
      特にお金に関わることには細心の注意が必要な事、眞子さんはご存じなかったのですか?
      71歳の孤立無援の高齢者に対して、弁護士、計算、内親王が圧力をかけた?
      ジャガーさんは恐怖を感じたことでしょう。
      ストレスもかなり感じたことでしょう。
      計算や眞子さんには弁護士を雇うお金も十分おありでしょうが
      ジャガーさんは71歳になった今でも働き細々と暮らしているそうです。
      住んでいる安アパート?は駅まで徒歩30分かかるそうです。
      眞子さん今からでも決して遅くありません。
      計算とはきっぱり別れて下さい。
      秋篠宮様、紀子さま「ならぬものはならぬ、破談しなさい」と言って下さいませ。

  7. ユフノ より:

    眞子さんが眞子さんが…とひがごとのコメントを多く見ますが、加地皇嗣職大夫という女系天皇派と思われる人物のフィルターを介した情報には、注意が必要ではないでしょうか。例えば、2021年4月9日の定例会見では、

    「(秋篠宮ご夫妻について)…努力したものという風に受け止めておられるようにお見受けしております」
    「(文書の基本方針には)…眞子さまの意向が大きかったと聞いている」
    《そのうえで加地皇嗣職大夫は、眞子さまのコメントも紹介し…》(NHK)

    このように、加地皇嗣職大夫の主観や他人からの伝聞にもかかわらず、わざわざ皇室の現実であるかのように先入観を作った後、眞子さまのコメントを紹介している。眞子さまのコメントだけを読めば、

    「今回発表された文書を読まれていろいろな経緯があったことを理解してくださる方がいらっしゃればありがたい」

    眞子さまは、好意的に思っている小室さんの話を聞いて、小室さんに合わせて、思いを述べたに過ぎない。私的な思いはあるのかもしれないが、一般論にも近い内容ではないだろうか。

    また、日本国民に向けて、加地皇嗣職大夫がこのような歪曲した情報発信をしているのだから、同時に、秋篠宮家の方々にも、日本国民の多くは、眞子さまを悪く思っているようです、と国民の心配する思いを恣意的に解釈して伝えているおそれもあるのだろう。

  8. フォーエバー より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。
    見事にやられましたね。
    大事になってしまいました。
    眞子さま、大丈夫でしょうか?

    一民間人の私の感覚では、無茶苦茶だと思いますが、竹田恒泰氏によるとこのままご結婚は、既定路線だそうです。
    もう私の感覚では、ついていくことが出来ませんし、どうすることも出来ません。
    残念です。

  9. 木の葉 より:

     mayuさん、、その後お身体の調子はどうですか。お忙しいと思いますが、くれぐれも無理なさらないで下さいね。
     
    1️⃣けーくん「どーだ!僕の新文章、参ったか?」国民「参りません!」
    2️⃣けーくん「弁護士論法風文章、書いてやったぜい!」まこさま「2人で考えた甲斐があったわ。老人と国民を恫喝し、宮内庁も味方にしておいたわよ。」
    3️⃣けーくん「文章、理解出来た?」なおみちゃん「よくわからへんけど、結婚して幸せになってなぁ。」
    4️⃣けーくん「僕とお母様の正当性、元婚約者の理不尽さ解ったか?」玉川氏・山下氏「はい。秋の結婚に向けて納采の儀等を経て、お幸せになって下さい。」
    5️⃣けーくん「録音もあるし、僕の文章すごいっしょ!解決金も良い案でしょ。」マスコミ「次から次へ新ネタ有り難うございます。」

     私は全く文才が無いので、事の騒動が収まったら、後日三谷幸喜さんに、喜劇仕立てでこの10年のお二人を主役にした脚本を書きおろし、是非映画化してもらいたいわぁ。

     畏れ多くも、冗談言ってごめんなさい。

     まこさまお辛いと思います。皇室存続の為に犠牲になるのがお嫌でしたら、けーくんと結婚しかありませんね。不本意ですが、私も皇室の終焉を見届けます。
     
     でもそうでなければ、伊勢の杜に3年程籠り、朝に夕に五十鈴川で心身の穢れを洗い流し、また是非国の為にご公務に励んで頂きたいです。30歳が区切りなんて、今は昭和では無いですよ。平成を経て今は令和。一般の30代40代50代女性達、年齢なんて関係なく、バリバリ仕事しながら税金を納め、尚且つ婚活して幸せになっている現代です。貴女様の目の前にある不幸を、誰も見過ごしたく無いのです。お幸せになって頂きたいのです。

  10. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    お忙しい中記事アップありがとうございます。

    計算が出した28枚中に23回(!)も引用されている「返して貰うつもりはなかった」
    この言葉は、あくまで交際中での気持ちであって、婚約解消した2012年9月にそう思って言ったことではないと誰でも推測できるのではないでしょうか?
    返して貰うつもりなどなかったのなら、現在形で「返して貰うつもりはありません」又は「返して貰うつもりで援助していたのではありません」とか言うと思いませんか?
    過去形なのがポイントで、計算が都合良く前後を省いて、証拠がありますよ~と出したけれど、全然証拠にならなかった。。が落ちですね。

    それより、新潮の見出しにもある、眞子様は一線を越えられた。
    これ、相当まずいですね。
    ポストセブンにも同じような論調の記事が出されました。
    TVではそこを追究は出来ないかと思いますが(一昨日のバイキングで横粂さんがちょっと言及してたようですが)、週刊誌は売れれば良いだけなので、どんどん出てくるかもしれません。
    眞子さん包囲網がジリジリと狭まりつつあります。
    打開策はあるの?

  11. クロワッサン より:

    mayuさん お忙しいのに、更新有難うございます。皇室情報は、網羅されてる情報が、たくさんある、mayuさんのブログで仕入れています。

    わたしの知り合いで、何でこんな御面相で、男性からモテんだろうと思う女性がいますが、声が甘いというか心地好くて、柔らかい話し方です。佳代さんもその系統ですよ。
    男心をそそる声。お金を出したくなる声(笑)

    皇族の婚約内定者が「借金を踏み倒す」という生の言葉を、文章であらわにするなんて、世も末です。

    週刊誌によると、眞子さんと佳代さんとで、ホットラインがあるそうですが、紀子さまと意志の疎通が滞っているのに、佳代さんとは順調なんですね。

    眞子さんにとって、佳代さんの下品さが、たまらなく居心地がいいのかもです。

    小室Kだけでなく、眞子さんも国民を敵に回してしまいましたね。

タイトルとURLをコピーしました