小室圭さん年内帰国確定 年内入籍か?

眞子さまの結婚問題

小室圭さん・年内帰国確定宮内庁からは「どうやって食べていくのですか」の声

いやはや、とんでもないニュースが飛び込んできました。帰国しなくてもいいのに今年、早ければ7月の司法試験後に日本に帰国確定とのデイリー新潮の記事です。新潮が「確定」と書いたことは、ほぼ「帰国確定」なのではないでしょうか。なんで帰国するんだか、ずーーっとNYに居ればいいのに。また大騒ぎになりますネ。

7月の司法試験に合格する可能性は高く、結果が出るのは3ヵ月後の10月中。順調にいけば来年の1月には弁護士資格を得る。(デイリー新潮より)

小室Kは実際に国際弁護士として働くのではなく、ただNY限定弁護士の資格を取得する為に渡米したようです。

NYで弁護士になって働く気持ちなど更々無く、日本に帰国し日本で眞子さんの持参金でマンションを購入し、眞子さんの貯金と仕事と、眞子さんの為に特別に作って貰った職場での給料と、おそらく奥野法律事務所に戻り、パラリーガルの時よりは良い給料を貰い、都内に住むなら都民の税金で警備して貰いながら、当面結婚生活をする予定なのかもしれません、そういう夢を描いていると言うか・・・

宮内庁も一連の騒動の後、独自に「身体検査」をやった圭与さんの借金問題、NYでの生活費、学費の出所、宗教、日本で司法試験を受けた場合の合否など。

眞子さん、30才までに結婚したいと、30才に拘っていますが、今どき結婚適齢期の言葉も死語になっている、早く皇室を出て小室Kと一緒に結婚生活を送りたい、こういう事のようです。

「国民への説明」ですが、私はもう説明などしなくても結構です、の思いです。
眞子さんと小室K、2人並んで「泣き落とし説明会見」など開かれると、情にもろい国民の何割かは、結婚に賛成する可能性が大きいこと、やっかいなのは、マスコミが「結婚賛成」を垂れ流すだろうと見ています。

ぺんぺん草さんが、週刊朝日のアンケートの詳細を書いています。

1万3057の回答のうち、結婚していいと思うは149人の1.1%。どちらともいえないが159人の1.2%。約98%の人が賛成していないのが現実です。

週刊朝日・眞子サン×小室K結婚問題アンケート結果



以下からデイリー新潮より

この「年内帰国情報」について、宮内庁担当記者に聞いてみると、「なるほど、そうなると、このコロナ禍ですから結婚式はなかなか設定しづらいとは思いますが、『年内入籍』が現実味を帯びてきますね。
実は10月というのは眞子さまと小室さんお二人の誕生月で、しかも今年30歳を迎えられるとても大切な時期。眞子さまはかねて“30歳までに結婚を”と周辺に話しておられました。ですから、このタイミングに入籍する可能性は否定できず、そこに司法試験の合格が重なるなら、お二人にとってはこの上ない10月となるわけですね」

前出・フォーダム大の関係者は、

「司法試験が終われば基本的には“解放”されますから、最短で7月中に日本に戻っているかもしれません。東京で五輪が開催されていれば、その真っ最中の時期になりますね」

もっとも、お二人には差し当たって、秋篠宮さま、宮内庁長官、そして天皇陛下が「国民への説明」を求められている。説明を省略して入籍とはさすがに行かないだろう。

「そうですね、宮内庁にはお二方の結婚を支援していこうという勢力がほぼいませんから、“本当に結婚できるのか?”という声が上がっていますし、加えて、求められている説明をするにあたって、
“どうやって食べていくのか、それをちゃんと明かすのだろうか”ということが焦点になっているように感じます」(前出・担当記者)

宮内庁としても、一連の騒動の後、独自に「身体検査」をやってきたという。

「母親の佳代さんの借金問題や帰依する新興宗教に関することに始まり、1000万円を超えるとされる小室さんのNYでの生活費や学費はどこから出ているのか、日本で司法試験を受けたとして受かる実力があったのか否かということまで、細かく調べたそうです」

その中でも大いに疑問符が付いたのは、

「仮にNY州で資格を得たとして仕事にありつけるのかという点でした。これまでの一時期、授業料以外の生活費については、在籍する法律事務所から“貸与”の形で支援されていたことがあったようですが、それをどんな風に“返済”していくのか。NYに出張っている日系企業から仕事を回すというやり方もないわけではないようですが、小室さんについてしまったイメージを払拭して仕事を依頼する大手企業はそうはないだろうという感触を宮内庁側は持っています。創業者がワンマンでやっているような会社がスポンサーとしてつくならあり得るとは思いますが……」生き馬の目を抜くNYで、お金を稼ぐことは大変厳しく、もとよりそのあたりは小室さんもよくわかった上でチャレンジしているはずだ。

「そうは言っても、結婚の際に支払われるおよそ1億5000万円の支度金なしに生活が成立するのかということに関して、宮内庁は“懸念”しているということでした」今年帰国すれば、何かしら説明の機会があることだろう。

記事出典 デイリー新潮 全文は以下のURL
https://www.dailyshincho.jp/article/2021/03150600/
デイリー新潮 ヤフーニュース全文
https://news.yahoo.co.jp/articles/e922c12a046d735556a4e8053497a5e8043218ec

 



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん
    いかがお過ごしですか?お体ご自愛下さい。
    本当かどうか分かりませんが下記の記事が載っておりました。

    3月19日(金)12時0分 週刊女性PRIME

    眞子さまついに状況“客観視“か 、小室圭さん会見でも拭えぬ「一時金頼み」批判(2021年3月19日)|BIGLOBEニュース
    2月の天皇陛下のご発言で、これまで結婚への変わらぬ思いを強調していた眞子さまのお気持ちに変化が見られるという。「陛下は『眞子内親王が、ご両親とよく話し合い、秋篠…(2021年3月19日 12時0分0秒)

    この事が本当だとしたら嬉しいですね。
    どうか眞子様にはお目覚め頂きたいものです。

  2. 月の砂 より:

    mayuさん こんばんは。
    いつも精力的記事を上げて頂きありがとうございます。

    眞子様とkkの結婚問題ですが私は「強制破談」にすべきと思います。
    あれこれ理屈も要りません。

    kkの何もかもが皇室には合わない事ばかりです。
    眞子様はわがまま放題で国民の事など頭には全くなく自分の事だけです。
    こんな二人結婚させるわけにはいきません。
    秋篠宮殿下、ここは一発父親の「破談」の号砲を二人に響かせて下さい。
    殿下は眞子様の父上なんですよ!!
    父親の威厳を見せて下さい。

    • mayu より:

      月の砂さん

      眞子さんとケーの結婚問題での失敗は沢山ありますよね。

      身上調査をしなかった、結婚を白紙にしないで2年の延期に
      したことが大きかったな。

      秋篠宮殿下がモヤモヤしているんです。
      秋篠宮家の家長であり、普通の家じゃないんだから
      キッチリ「結婚は無理」と言うべきでした。

      どうしても結婚したいなら「国外追放」二度と日本の地を踏むな!
      くらい言わないと。
      眞子さんの我が儘に振り回されているんじゃないかな。

  3. 木の葉 より:

     mayuさん、けー君が帰国するのですか。そして内親王様と結婚!なんて事でしょう。

     NYで弁護士資格を取り、そのままそこで働いてもらいたかった。それを応援(笑)していました。帰国しても、結婚に98%反対の国民の1人の私は受け入れられないですよ〜‼️

     秋篠宮御一家の悠仁様を除いて、皆様3年経てば世間のザワつきも収まり、女性宮家も設立出来ると思っていらしたのかな?表面は反対のポーズを装いながら、密かに応援していらしたんだろうと、この頃思っています。

     もしもこの結婚が成立すれば、いよいよ皇室が国民を捨てる時が近づいてきました。象徴御一族をとても大事に思ってきました。
    があっ〜〜、私は心の中で皇室から完全離脱‼️します。

     メーガンandヘンリー夫妻の様に米国に移住しようかしら。でも財力無いし、皇祖神や八百万の神様を祈りながら、ひっそりこの国に居ます。居づらいなぁ〜。けー君のしたり大顔みたくないあなぁ〜(笑)

     
     
     

     

    • mayu より:

      木の葉さん

      物価の高いNYでは生活できない、就職も大変で
      帰国することにしたのか、ビザの関係で帰国でまた渡米するのか、
      とにかく今年中に帰国しそうですね。

      眞子さん、30才まで結婚したい気持ちが強くて、
      秋篠宮殿下が根負けして入籍だけの結婚になるのか。

      なんだかな~~私は2人が結婚したら、今以上に
      秋篠宮家批判をすると思いますよ。
      阻止できなかった天皇、上皇夫妻もガンガン批判します。

      今まで、何のために秋篠宮家を応援してきたのか。
      辛いわ~~秋篠宮ご夫妻が真摯に公務をしてきたことも
      眞子さんのせいで泡と消えてしまいました。

  4. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    眞子さんとKKのバカップルは、もう今年入籍で決まりでしょう(ぞぞぞ~)KK自身は、肩書きだけの実態無しのニューヨーク国際弁護士資格で、実質パラリーガルのコピー係り兼お茶汲み。

    奥野法律事務所に置いて貰い、給与を頂く予定でしょうね。既定路線の気がします。

    秋篠宮さまが、以前、「KKに高い年収を求めていないので、パラリーガルのままでいいし、都心の家賃は高いので、家賃の安い近県の住宅でいいし、子供が生まれたら、学費の高い私立に通わせず、公立に通わせるなど工夫すればいい」と仰ってたそうです。

    秋篠宮さまって、何かピント外れでズレています。KK自身が身の丈に合った人生を送って来た人間じゃないし、これからもちゃらんぽらんの生き方をするでしょうに。

    皇族の父親が、皇族の内親王に、庶民生活を求めるのも違う気がする。品性・品位を求めてください。

    98%の結婚反対のアンケート結果があるのに、結婚を強行すれば「皇室廃止」に拍車が掛かるでしょうね。わたしも、それでいいです。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      何だか、もう別れるのは無理っぽいですね。

      小室Kもスッポンだけど、眞子さんもケー君にスッポンで
      2人離れられない状態なんでしょ。
      眞子さんの希望通りなら、今年中に入籍でしょうね。

      秋篠宮殿下の身の丈に合った生活は、庶民の生活なんですけど。
      元皇族内親王が、近県の安い住宅に住んで、子供は公立に通わせて、
      警護も無しで生活出来ると、本気で思っているんでしょうか。

      小室Kも圭与さんも上昇志向が強くて、そんな生活では
      満足できないでしょうに。

      クロワッサンさん、もう諦めの境地に至りましたか~~

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    有難うございます。

    この3年間「帰国か?」などの雑誌記事は何回かありましたが、今回はどうなんでしょうね…(溜め息)

    新潮が「年内帰国情報」を宮内庁担当記者(本当か解らんが(苦笑))に聞いてみたら「なるほど」…
    なるほどって…何だか凄く呑気ですね(-“”-;)

    別に国際弁護士になる訳ではないけど、
    資格を取る為にあんなに空港で大騒ぎしてNYに行った…
    で、年内帰国する時も再び空港でゾロゾロと移動するんだろうか(怒)。

    宮内庁、改めて「身体検査」をしたんですね…「日本で司法試験を受けた場合の実力」←これを調べる必要って?司法試験受けるのか?

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      コロナ禍でもあり、帰国せずにいましたが
      いよいよ今年、帰国しそうですね。

      まんざらのガセネタでも無さそうで、眞子さん30才まで
      結婚したくて一日千秋の思いで過ごしているのかな。やれやれ。

      眞子さん、あれだけの強いお気持ち文書を出し、
      もう諦めの境地になってきました。

      小室Kを留学させたのは「島流し」で、国際弁護士はただの肩書でしょうね。
      離れている間に別れると思ったら、アテが外れた。そんんな感じかな。
      日本の司法試験は中高インターの小室Kには無理じゃないの?
      紀子さまの事、話が通じないと言っていたとか。
      そっちが通じないんだろうに(T_T)

      • 白雪山羊 より:

        mayuさん、返信有難うございます。

        自分の母親に対して「話が通じない」と言う男なんて
        私は嫌ですが、眞子さまは良いのでしょうね…
        しかもその男は自分の親や国民に話(説明)もせずにいるのに。
        mayuさんが仰る様に、国民の怒りや反対が通じてないのはそっちだろうよ…
        もう、何なんでしょうね(T_T)

        • mayu より:

          白雪山羊さん

          小室Kは中高インターなので、日本語が怪しく通じないのは
          小室Kの方だろうと思いますが、眞子さんは英語ペラペラの小室Kに
          魅力を感じたのかもね。

  6. 狗児 より:

    mayuさん
    更新ありがとうございます。
    週刊朝日のアンケート98%が反対を見て、ああ良かったと思ったらこの記事で、ジェットコースターに乗っているように乱高下する心持ちです。
    一体どのツラ下げて帰国するんですか…どうやって生活するの?も不思議ですが、成田空港に着いた瞬間からマスコミに追い回されるでしょうね。腹立たしいですが警備は付くから命は保証されるのかもしれませんが、帰国した瞬間から電話やらメールやら殺到し、自宅前に人が集まり、出勤も買い物もままならなくなるのではないか?と思います。
    そういうのが嫌になって辞退してくれないかなあ、、と一縷の望みを抱いています。

    • mayu より:

      狗児さん

      以前のテレビ報道では、6割程度反対と放送していましたが
      とんでもない、今は98%反対。殆ど反対ですよ。

      ズーズーしく帰国するんでしょうけど、マスコミに追い回されて
      大変でしょうね、圭与さんは1年間引き篭もっていましたが
      小室Kは働かなくちゃ~~(笑)

      ケー君は手切れ金貰ったら、面倒くさくて意外とアッサリ別れるかも。
      スッポンは実は眞子さんだったりして。

  7. やしま より:

    皇統譜の除籍作業。多分眞子さんと佳子さまが頼んでも宮内庁は動かないと思います。
    が。。秋篠宮殿下が宮内庁職員に命じたら、それはできてしまうでしょう。宮内庁というのは政治的なことを除けば、皇族には逆らえない仕組みになっています。(大嘗祭がいい例です)
    それほど、皇族というのは特権を持っていて、一般国民とは全く違う。
    そして降嫁するというのは、本来、特権を持っている身分からの離脱なのですがね。でもこういうことになれば、当然、背後からずーーーっと秋篠宮ご夫妻が金銭的援助をしているんだろうと国民は思いますよね。で、マコケイの行末次第では、「天皇不要論」が出てくるかも。
    悠仁様がご結婚なさって、お子様が複数できれば、静まりますが、非常に危ういなと思っています。

    東農大附高の話ですが、いとこの子供2人ともそこなんですよ。
    いい高校ですよ。ただ大学に内部進学するパーセンテージはそんなに高くないんです。ざっくり言って生徒数350人に対して枠は130人分程度です。そして実際に上に進む子はさらに少なくて、全体の1割程度なんです。上に上がるのは本来はなかなか厳しい競争があります。でもまあここら辺は入ってしまえば忖度でしょうね。どう思われるかは別にして。学校側にメリットがあるのかなぁとも思います。

    てなわけで、いろんなところから、「秋篠宮家って何だかなぁ~」と思われるようになっていくのは悲しい。でも朝日のアンケートを見ても、強行突破で入籍したら、そういう方面になりますよね。そしてもう皇族じゃないから、週刊誌の取材は一層厳しいことに。週刊誌としては結婚してほしいんじゃないですか?永遠に取材対象になりますから。(もうかなり悲観的)

    • mayu より:

      やしまさん

      なるほど、秋篠宮殿下が宮内庁に命じたら手続きしてくれるんですね。
      秋篠宮殿下がどのような対応をするか、根負けして入籍させるのか、
      どうなることやら。秋篠宮殿下の気持ちも分かりません。

      眞子さんの一時金などマンション購入で消えてしまい、
      秋篠宮家から援助が延々と続く予感がします。
      親として突き放す事はできないでしょうね。

      悠仁さま、高校からまた別の大学へ進学より
      エスカレーターで行く方が良いとは思うので
      忖度でも東京農大附高から東京農大への可能性も有りそう。

      なんだかなぁ~歯車がガタガタですね。
      週刊誌は延々と取材を続けるでしょうし、皇室にいるより不自由な
      生活になるのが分からないのかな。
      警護も50年くらい付けないと怖いわ。

  8. マグノリア より:

    おはようございます。
    ビックリビックリ、なんとも不可思議な週はじめとなりました。
    おそらく学生でなくなればビザを得ることが難しいのでしょう。
    特にこのご時世ですし。
    でも、日本もどうぞ帰ってきてください、とは言いがたいものがあります。
    週刊朝日のアンケートで明らかではないですか。
    何で帰ってくるの?と思わず言ってしまいます。

    入籍って一般の日本の戸籍がなくてもできるものなのでしょうか?
    (国際結婚はまた別物だと思いますが)
    そのためには皇統譜からの除籍がまず必要になりますよね。

    この結婚に賛成していない国民は約98%というアンケート結果があると言うことは、天皇陛下や秋篠宮殿下がおっしゃったことから、結婚は不成立となります。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      そうですよね、学生じゃなくなりますもんね。
      7月帰国は新潮の飛ばし記事だとしても、秋頃には帰国するのかも。

      本当に帰って来ないで、頑張ってNYで弁護士として働いたら良いのに。

      国民は喜んで祝福しないので、納采の儀を得ての結婚は無理。
      そこで入籍だけの結婚だとして、眞子さんはその前に皇室離脱。
      眞子さんの戸籍を作ってから入籍の順番ですか?
      あ・・・・分からなくなりました(T_T)

      面倒なので一番簡単な破談でお願いしたいです。

  9. ramiri より:

    mayuさん、再びおはようございます。
    うへえー。kは、準皇族になるためにNYに逃亡しただけだった。鬼滅の刃に出て来る鬼は太陽の光を浴びると死滅するので、戦いのさなかにあっても、夜明けが近ずくと逃亡します。国民の声が怖くて逃亡したのが、小室圭。そんなのと結婚したいのが、内親王殿下。私もmayuさんと同じく「会見不要」と考えます。ひっそりと結婚し、コソコソ生きていけばいいです。皇室行事に参加していのを見たら抗議します。ぺんぺん草さんのブログへ行って来ます。

    • mayu より:

      ramiriさん、おはようございます。

      帰って来なくていいのに、なんで帰ってくるのか。
      NYで国際弁護士していたらいいじゃん、と思いましたよ。

      今更会見は不要ですよね。何を言われても反対は反対です。
      宮内庁でいろいろ調べたとか、結婚は無理。
      破談しか選択は無いのに、皇室とは縁を切って貰わないと。
      眞子さんの気持ちが変わると良いんだけどなぁ

      • ramiri より:

        mayuさん、前記事へのコメント返信も合わせて、ありがとうございます。

        kkの奴、試験に合格する能力があるのか?疑わしいですし、忖度されて合格したとしても、実践的な能力があるのか?
        そりゃ、何処かに御呼ばれし、挨拶し、ニコニコお手ふり。この方が楽でしょうよ。こんなのを呼ぶ団体にも抗議しなきゃいけませんね。はあー、そんな元気があるかなあ?

        • mayu より:

          ramiriさん

          落ちたら面白いけど、おそらく忖度か実力か、わからないけど合格するでしょ。
          だけどNYで弁護士にはならず、奥野法律事務所で働くんだと思います。
          2人揃って皇室に出入りするのは見たくないし、ましたお手振りなど~~
          寒気がするので考えたくないです、はぁ~

タイトルとURLをコピーしました