小室親子に眞子さんも加わり秋篠宮殿下に「パラサイト家族」

秋篠宮皇嗣ご一家

早いもので今年の1月も終わり2月になりますが、2018年2月6日の眞子さんと小室Kの結婚延期発表された日から3年になります。2人は26才から29才になりました。当時発表された眞子さんの文書には、

色々なことを急ぎ過ぎていたのだと思います。私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。両陛下は、私たち2人の気持ちを尊重してくださいました。私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作る良い機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。
全文は日経新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26593660W8A200C1I00000/

 

3年の間に、破談、白紙になるのではないか?と期待をしていましたが、2020年11月13日の眞子さんの発表された文書「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために
必要な選択です」秋篠宮殿下の記者会見での「結婚を認める」2人の気持ちを尊重するが「結婚と婚約は違う」という何とも歯切れの悪い会見により、週刊誌も結婚へ向かうのか、それとも更に国民の批判が高まり、このままでは国民に祝福されての結婚は無理だと判断したのか?

年末の女性セブンでは圭与さんと自殺された祖父母のことなど、今まで表に出なかったことが記事にされました。週刊文春も小室Kが高校時代に女生徒に対して陰湿な苛めをし、女生徒が退学したことも載せていました。が、これでも眞子さんの気持ちは変わらないようで、なんだか近頃は「結婚をしたら」と、2人の結婚前提の記事がボチボチ出ています。

実際のところ、眞子さんと小室Kは本当に結婚するのか?マスコミも手探り状態なのでしょうか。今週の女性誌、女性セブンと女性自身に眞子さんの事が書かれていますが、詳細はペンペン草さんがブログに書いていましたので、そちらを読んで頂くか、ネットに上がった記事を読んでください。

眞子さま 小室佳代さんにも高級マンションを!

眞子さまご結婚なら、義母・佳代さんに「高級マンション」の可能性
女性セブン2021年2月11日号掲載 全文は以下のURL
https://www.news-postseven.com/archives/20210129_1631249.html?DETAIL

小室圭さんとの結婚ファーストで仕事も卒論も放棄

眞子さま 次の就職は?研究員任期が3月終了、博士号も未取得
女性自身2021年2月9日号 掲載 全文は以下のURL
https://jisin.jp/domestic/1943722/?rf=2

特に女性セブンは結婚に反対する国民感情を逆なで、無視するような記事で、本当に腹立たしい限りです。



眞子さんにとってよき相談相手の黒田清子さんは、眞子さんと小室Kの結婚に対してどう思っているのでしょうか。キッチリ反対の立場を取り、説得するということは出来ないのか、それとも説得しても無理だったのか?

その黒田清子さんの義母さんは、黒田夫妻の自宅のすぐ近くの高級マンションを10年ほど前に購入し住んでいる。簡素な生活をしていても、品位、安全を守るために不可欠な出費を清子さんの一時金と黒田さんの東京都職員の収入だけでまかなうのはかなり厳しく、天皇家の私有財産のなかから、結婚後もサポートされてきたでしょう。(皇室ジャーナリスト)

黒田家に比べて、小室家ははるかに生活のセキュリティー面で強化する必要がある。宮内庁への抗議が続く女性皇族の結婚は背前代未聞。不測の事態に備えて、しばらくは新居の警察警備が必要不可欠なうえ、小室さんの親族の安全も確保しないと、取り返しのつかない事件も起きかねません(警備関係者)生活費や大学の入学金さえ、知人の援助に頼らなければならなかった小室家が、眞子さんを迎えたとき、次はどこに頼るのか。秋篠宮殿下から小室家にかなりの援助がなされないと、生活が立ちゆかないのは明らか。 皇族の私的財産の具体的な使い道に公開の義務はないため、国民がそれを把握する術はありません。(女性セブンより)

そもそも、不測の事態だの新居の警察警備が必要不可欠、小室さんの親族の安全も確保、取り返しのつかない事件とか、今までも圭与さんに警備をつけたり、そのこと自体が前代未聞で、そういう身に危険が及びそうな相手と結婚を強行する方がおかしいんじゃないでしょうか。小室親子だけでなく、眞子さん自身にも危害が加わる危険性も大きいでしょうに。 このコロナ禍で生活に困窮している人達が増えている時代で、国民の税金を小室親子に使うことは税金の無駄というものでしょうが。それが分からないんだよねぇ。

映画の内容とはかなり違うのですが、「パラサイト家族」という言葉が頭をよぎりました。圭与さんもパラサイト気質で、似た者親子の小室Kもパラサイト気質の2人揃ってパラサイト家族。この2人のパラサイト家族に、眞子さんが結婚すると、眞子さんもパラサイト家族の仲間入り。タカる相手は眞子さんの父である、秋篠宮殿下。

秋篠宮殿下は皇族として生まれ育ち、生涯を皇族。戦後の皇族は資産、財産がなく国民の税金で暮らしています。皇族たちは国民に「パラサイト」して生活をされているようなもの。皇族は立場が立場なので仕方ないとして、眞子さんは小室Kと結婚するなら、皇室にパラサイトしないで自立する覚悟は必須条件になりますが、なーーんにも無さそう。

しかし、小室家も親子でパラサイト家族、恥ずかしくないのでしょうね。眞子さんも同じ、あんな文書を出して恥ずかしくないのでしょうね。長くなってしまいました、今日はこれで。



コメント

  1. やしま より:

    噓半分としても、知らない事実もあったので、とりあえず「文春オンライン」を添付させていただきます。

    《春には中3に》秋篠宮悠仁さま 「学習院以外」のご進学先に、佳子さまが与えた“影響”とは(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
    「“姉”が目指した都内私立大トップの付属高校か、皇室にゆかりの深い学習院高等科か――」(秋篠宮家関係者)

    ・悠仁様の高校進学先について。悠仁様は成績は悪いほうではないが、有名大学附属高校に行くレベルではなさそう。学習院が選ばれる可能性もあり。ちなみに殿下ご本人には特に「ここに行きたい」というご希望は特にないらしい。
    ・佳子様の大学受験について。学習院高校卒業時に、有名大学を2校受験し、いずれも不合格。(そのうちの1校は上智と思われる)
    ・Kの就職先としてニューヨークで当てにしていたとある機関がコロナで経営難のため、受け入れは難しくなった。(就職は皇室忖度で既定されていた?)
    ・紀子妃がKとの結婚を容認したという噂が。本当なら最後の砦が崩れることに。眞子さまの最近の表情は明るい(我々は暗いです)。

    • mayu より:

      やしまさん

      午前中にヤフーニュースとペンペン草さんが記事にしていたので
      読んだのですが、午後からジムに行き、その後はまた眠くなり
      寝てしまい、これから少し書きます。

      学習院高校に進学は警備と世間の批判をかわすのには、良い選択だと
      思うのですが、秋篠宮ご夫妻の事も分からない状態になりました。

  2. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。昨日は、手ごろな価格の中古家を見に行ってました。でも私向きではないとわかりました。今、団地の5階に住んでまして、その階段もしんどいわけですが、家に上がる玄関もなかなか…実家もマンションなので、忘れておりました。多分、中古マンションに落ち着きそうです。維持費と駐車場代合わせて3万円近くかかり、家のほうがその分お得なのですが、如何せん、道が坂で狭いとか、ガレージがあるけど車高が低い車でないと入らないとか、階段が急で怖いとか、広いのは2階であり、無駄であるとか。なんやかんやで、内職してでもマンションにしたいと思いました。狙っている所はスーパーも映画館もも近いし、映画館の入っている所には、ホットヨガもありますし。まあ、庶民の生活とはこういうものですわ。

    いつもながら、mayさんの「タイトル」は的を射て最高であります。

    • mayu より:

      ramiriさん

      5階でエレベーターがないのはしんどいですよね。
      娘宅が4階でエレベーターが故障した時、登るより降りる時の方が怖かったです。
      マンションは維持費、修繕積立、駐車場料金で高くなるんですよねぇ。

      スーパーが近いのが一番良いです。
      私んちはスーパーが若干遠くて、車で買い物になり年を取ったら
      歩いて行けないかも。老人車を引っ張って歩くにも天気が悪い、
      冬場は無理で考えてしまいます。駐車場が無いのも不便で考えてみると
      ずーっとここに住みたいと思ったけど、無理かも・・・と思ってきました。

      皇族は衣食住、老後まで心配が無くて良いですよね。

  3. 木の葉 より:

     mayuさん、国民がコロナウィルスの脅威にさらされて一年、M子様問題を心配してはや三年。時が経つのは早いですね。

     降家された内親王様や女王様方の生活に、多少税金が使用されても、元皇族としての品位を保つためならば、私はあまり何も言えません。生活の基盤はそれぞれの夫君の収入で賄われていると思いますから。M子様の相手も、人間性が良く、しっかりした職業を持ち、普通の家庭環境ならば、こんなに反対はしません。

     これから先、元内親王➕その夫➕義母➕義祖父の為に使われるであろう生活費や警備費は莫大なものになるでしょう。これらに税金が使用されるより、コロナで困った人々に還元して欲しいと強く思います。生活の基盤となるものを、M子様はどうまかなっていくおつもりなのか。やはりmayuさんが仰る通り、多分ご実家にパラサイトするのでしょう。いづれ天皇になられる父上だけでなく、弟君にも二代に渡り、長くまとわりつきそうです。

     婚約内定者の母親のために使われた警備費を是非、神奈川県、開示してください。結婚相手ではなく、その母親に警備がつくなんて有り得ないです。摩訶不思議。謎で闇です。まさか〜、もう既にパラサイト先から費用が出ているなんて事は無いと信じたいです。

     ミラージュ様
    私はmayuさんのブログファンになってから日が浅く、皆様の様に、親しく話せずごめんなさい。気軽にお声がけして良いものかどうか悩んでいました。mayuさん中心に皆様優しく、またペンペン草さんもミラージュさんにエールを送っていらっしゃるのを読みました。遅くなりました。どうか術後のお身体、くれぐれも大切になさってくださいませ。

     

     

    • mayu より:

      木の葉さん

      本当に一年の経つのが早い事。
      結婚延期から3年になり、なんの進歩もありませんでした。
      眞子さんも相当頑固です。
      小室親子が真面目に暮らして、高収入ではないにしても
      就職した働いていたのなら、母子家庭でも頑張ってるんだ!と
      好意的に見られたのに、圭与さんのタカリと、結婚後の
      秋篠宮殿下からの援助=タカられる、これに国民は納得できません。

      優秀な論文を書こうが、小室家と皇室が親戚関係になるのが嫌なんですよ。
      小室Kってあまり働きたくないイメージがあるんです。
      家の息子も神奈川県民で税金を払ってました。
      圭与さんの警備費は無駄金じゃないですか。
      何が怖くて警備をつけているんだか。

  4. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    KK母子の一番の問題点は、身の丈・身の程を考えない事です。

    母は収入に見合わないのに、背伸びして学費の高い私立校ばかり通わせるし、息子は息子で、皇族の内親王と知り合って半年とか1年で結婚を申し込む。普通の神経じゃあり得ませんよ。

    日本で弁護士になれないので、聞こえのいい国際弁護士になろうとする。前職がパラリーガルと言わず、銀行員と言い張るし。肩書きが目的の空虚な男。早く正業に就け!

    こんなデタラメの男に対し、皇族達と宮内庁が、いまだに破談に出来ないなんて(怒)
    mayuさんの仰った「パラサイト家族」KK母子の本質にズバリです!その一員になりたいなんて、眞子さんも頭がパープリンですね。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      やはり圭与さんの気持ち、考え方がかなり変わっていますよね。
      祖父の遺産も相当入ったでしょうが、計画性がなく
      金使いが荒い、見栄っ張りで有るお金も直ぐ使ってしまうのかな。

      小室Kも29才で、まだ学生。ホント聞こえのいい国際弁護士と
      前職銀行員、意識高い系なのか知らないけど、働け~と思います。

      眞子さんもパラサイト家族に加わりたいとは幼稚ですよ。

  5. マグノリア より:

    おはようございます。
    mayuさん、この週末はいかがお過ごしでしょうか?
    平日は自分のペースでお過ごしかと思いますが、週末は元気なお孫さんとご一緒にお過ごしとのこと、お疲れさまです。
    英語で「Over the hill」という言葉があります。
    人が最盛期を過ぎた、盛りを過ぎた、若くないという意味です。
    諸説ありますが、40歳~50歳過ぎの人に使います(笑)

    今いらっしゃる内親王方はどなたも似たり寄ったりでしょう。
    その筆頭に真子内親王がいらっしゃいます。
    国民の税金で品位を保ち、生活のための苦労を知らず、何不自由ない日々を暮らしていることに気づかない環境でお育ちです。
    角度を変えてみれば、お気の毒ですね。
    黒田清子さんが内親王としてのお立場を全うされたころとは異なる平成令和の内親王方です。

    nekodaさんがブログを卒業されましたね。
    ご多忙ゆえにお身内の方に引き継ぎも考えられたようですが、皇室への興味が薄いとのことで閉鎖を決断されました。
    お疲れさまでした。

    皇室の存続が問われます。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      昨日は短時間でバイバイし、今日は朝から左側の腰が痛くて無理だと言いました。
      湿布を貼ったら少しづつ良くなってきました。
      最盛期、盛りが過ぎて、昔なら両足を棺桶に突っ込んでいるような
      年齢ですからねぇ。自分の健康を優先したい年齢になってきました。

      今の皇族を昔の皇族と同じように見るのは、時代錯誤なのかもしれませんが
      最低限、タカリ親子と親戚になるのだけは勘弁です。

      猫ださんのブログ見てきました。
      引っ越しで多忙なのかなぁ~残念です。
      皇室のことは興味が無いと書けないでしょうねぇ。
      仮に私が書けなくなり、娘に・・・と言っても無理です。
      有っても無くてもよい皇室になりそうで心配です。

  6. やしま より:

    ごめんなさい。「バインダー」じゃなくて「エキスパンダー」です。訂正させてくださいませ。

  7. やしま より:

    mayuさん、記事のご紹介ありがとうございます。ペンペン草さんの記事も、今読ませていただきました。ミラージュさんへのメッセージも温かい気持ちになりました。
    私の高校時代の友人は乳がん手術をした上に、乳房の再建もしました。私、ビックリしてしまいました。だって彼女のオッパイは、ラグビーボールぐらい(誇張でなく)大きかったのです。片方乳房を全摘で、それをまたラグビーボール大に戻す手術が、乳がん手術よりもきつかったみたいで、バインダー方式では失敗し、改めてお尻の肉を移植したそうです。これは成功したそうですが、乳首を健常のほうから半分に切って、摘出して膨らませたほうに付けたという話を聞いて、私はもう頭がグルグルしてしまいました。

    今回の話、規模は物すごくしょぼいながら、我が家もパラサイトがいたんだなぁと。
    昨日、義母の書類や日記関係をまとめて家に持ってきました。義母は去年は記憶能力がどんどん喪失するのに危機感を覚えたらしく、覚書のような形で日記が残されていて。
    ところがその日記、日ごとに切り取られているページが多いんです。
    なぜなんだろうと不思議に思っていたら、1カ所だけ「義弟に、年金とともに3万円を加えて送ること」というメモが残されていました。そっか。義母は年金が入るたびに義弟にお金をむしられていたんだ。しかもそれじゃ少ないとプラスする月もあり、さらにそれでも足りなくて、義弟は実家に乗り込んできて義母の貯金からジャブジャブお金を引いたわけです。その途中で我々が偶然気づいてやめさせることができたわけですが、義母は我々にその詳細な記載を見せまいと全部切り取った。義母は非常に義弟に甘かったです。そして徹底して集る義弟はすごいなと。「母が緊急入院した!至急連絡するように」という夫の連絡はガン無視してました。義弟にとって必要なのは義母のお金だけなんでしょう。

    世の中には、コジキ根性、集り、それが恥でもなく非常識でもない人っているんだと、本当に思い知らされています。
    そして皇族もそういう恥を持っていませんね。昔は国会でお車代が多額過ぎると追及もされていました。
    〇〇宮記念とか〇〇宮杯と冠されたイベントに、ご本人がプレゼンターで来訪された場合は、お車代は何十万円~何百万円だったそうです。これはひげの殿下初め、三笠宮系が多額でした。議事録にも残っているし、多額過ぎるお金は追及されて返金したそうですが。今はどうなっているのか。国民には知らされない、皇族にとって「天から降ってくるお金」です。

    • mayu より:

      やしまさん

      巨乳の方は大変ですねぇ。
      私だったらパット入りブラジャーで済みそうです。
      最近はそのブラをするのも面倒になっていますが(笑)

      やしまさんの義弟さんは、本当に私の愚弟に似ています。
      母の家計簿にメモ書きがあり、やっぱりチマチマと
      渡していたようでした。中に、愚弟のことが嫌になった、と
      書かれたメモもありましたが、負けてしまうんでしょうねぇ。
      今の母には貯金もなく、年金が入る通帳しかありません。
      施設の費用など引かれて、少しづつ通帳にお金が貯まると
      私が引き出して使っています。貯めておいて愚弟に渡るのが嫌なのと、
      今まで無報酬であれこれやってきた謝礼だと割り切っています。
      タカられなくなった今は、どこでどんな生活をしているか、
      音信不通なので分かりませんが、いつまでもあると思うな親と金ですよね。

      皇族方も自分たちは税金で生活している、この自覚は無さそうですネ。
      美智子さまの着道楽を見ると凄いなと思いますよ~

  8. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m

    マグノリアさん、ありがとうございます(T_T)ホッといたしました。

    ミラージュさん、お家でゆっくりお過ごしになれるのは、何よりお気持ち的に良いですよね(^。^)お母さまのことも、ひとまずホッとなさったのでは…と思います。本当に良かったです☆

    眞子さんのパラサイト生活は、いわば生まれた時からです。お金は向こうからやってくるもの、的な認識なのかもしれませんね。衣食住、学費、留学、旅行、幽霊学生の休学費用(個人的には、これに本当に怒り心頭です)…すべて税金で賄われていますから、お財布がイタム経験もご両親共々なく、誰かに頼って何がおかしいの?の世界なのかもしれません…(ーー;)

    黒田清子さんも、ご実家から援助を受けていらっしゃると私も思います。それだけに、強く仰れないのかもしれませんね…(・_・;

    • mayu より:

      イリスさん

      眞子さんが皇族として生まれたことでの、庶民とは違う
      不自由さはあったとしても、恵まれていたことも多く有り
      特にコロナ禍で失業、貧困に喘ぐ若者が多い中で、そういう心配無用。
      29才でお金の心配などしたことがない生活、仕事の心配も無し。
      タカリの小室家では、そんな境遇の皇族とは結婚できるはずがないのに、
      わからないのが、小室親子と眞子さんの3人。似た者同士なのかも。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。

    何年も騒がせておいて国民を不安にさせて、ちっとも説明しない。
    そんな人と結婚したい気持ちって一体何なの?と、雑誌の記事を見る度に疑問に思います。
    両陛下は本当に応援しているのか??

    少し遅れましたが
    ミラージュさん、退院おめでとうございます.:*:・’°☆
    まだまだ寒い日が続くので、ゆっくり休んで下さいね。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      3年間、何一つ解決されていないですよねぇ。
      圭与さんの元婚約者が返済不要と折れた形で引いただけ。
      説明責任と言われても動きが悪く、不誠実、不真面目です。
      2人の世界に入り込んだまま、結婚だけ夢見ているのでしょうか。

  10. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。
    はぁーと深いため息が出ますね。
    眞子さまとKが結婚したら、序でにKYまで付いてきて、秋篠宮家にパラサイトですね。私も言いたい。「いい歳した大人の癖に、他人に集って、そのコジキ根性、恥ずかしくないの?」と。

    ぺんぺん草さんのブログで、「清子さんも、品位を保ち、皇室とのお付き合いをするために、上皇陛下ご夫妻が陰ながら支援をなさってきた。」というのを読みましたが、「まあ、それはそうだろうなぁ」という感想しかありませんでした。元は税金なのに、なんて思いません。そういった支援が一切要らない大金持ちじゃないにせよ、黒田さんご夫妻が極めて真面目で良識的で立派な方だからですね。一重にお人柄と行いとバックグラウンドの違いですね。
    もう、本当に暗澹たる気分です。なんでこんなことになってしまったのか…答えの出ない問いを繰り返してしまいます。悲しくてなりません。

    • mayu より:

      狗児さん

      眞子さん、結婚後の生活は「ねぇね こと黒田清子さんを見習って」
      などと女性セブンが書いていましたが、そもそも出発点が違いますからネ。

      国民に祝福され、黒田さんは堅実な都庁職員で借金トラブルやら
      家族のあれこれは出てきませんでした。SPも付けずにいました。
      上皇夫妻がお小遣いとして、清子さんに渡す事もあったとは思います。
      タカリ親子と結婚しようという眞子さんの気持ちには暗澹たる思いです。

タイトルとURLをコピーしました