雑談 新型コロナ感染者の少ない田舎に住むこと *熱帯魚の拒食が治りました 他

雑談

東京ではここの所、新型コロナ新規感染者が1000人超えで、当初は1000人超えた!!と驚いたけど、今では「またですか」の状態になっています。私の住んでる所は、過疎っているので毎回一桁、ゼロの日もあり東京、関東圏内の1000人超えも新型コロナ長期化により申し訳ないのですが、他人事になってきました。

人口少ない、昼夜遊ぶ所がない、大概の若者は仕事が終わったらゲームでもしているんじゃないかな。それでも、飲食店、スーパー、医療関係、他 感染対策は厳重で私たちもマスクをしないと、箱ものには入れません。

新型コロナ感染者が少ない地方に住むということ

他に都会と違い、電車がありません。年々路線バスも廃止になっている地域も多くなってきました。

移動手段は自家用車。これも感染拡大しない原因のひとつかも。家族に3人運転免許取得者が居れば、車は3台、これが定番です。

町内会に若い人が少ないのですが、見ると高卒で働いている子が多くなりました。当然、実家から通い中古車を買って通勤。そのうち新車を買うようになるでしょう。実家暮らしをしていると、給料が低くても生活出来ますから。結婚するまでお金を貯めて、結婚したら独立するとか。

就職氷河期と違い今は地元でも仕事があるので、何も無理をして大学、専門学校に行く必要が無いのかもしれません。ただ、義弟の子のように頭が良くて進学校から偏差値の高い国立大学へ進学し、大学院まで出てしまうと地元には帰りません。公務員、銀行員、団体職員、などの職場で働ける子は帰りますが。四年生大学進学率もまだ30~40%くらいじゃないかな~?自宅から大学に通学できる環境は羨ましいです。学費の他に生活費の仕送りがかなり親の負担になってしまい、お金のある家は良いけど奨学金制度を利用しての進学になります。

昔は「格差社会」に興味がありいろんな本も読みましたが、今はそれもどうでも良くなってきました。全部劣っている底辺なのですが、高度医療を受けてまでも長生きしなくてもいいや~とか、美味しい物を食べ歩きのグルメも特に興味ないし、旅行に行きたいの気持ちも無い。ちなみに私はパスポートを持っていません。

幸いなことは、私たちは年金生活に入った、娘夫婦は新型コロナとは直接関係のない仕事をしている。息子も新型コロナの影響を受けるのかな?と思ったら意外と多忙とのことで、今のところ失業は無さそうです。職場にも新型コロナ感染者がいない、とのことでこのまま感染しないで暮らして欲しいと願っています。未だ結婚する気がないとかで、60才か65才になったら地元に帰ってくる予定だと言っていました。都会で1人で老いるより、娘夫婦がいる地元に帰るのは良いと思います。あまりアクティブな性格じゃないので、田舎暮らしでも生活していけるんじゃないかと思ってます。元々田舎者で18才までは生活していたところだし。帰る田舎がある人は恵まれているのでは、とも思いました。娘の旦那さんも「たまに帰って来ないかな~」と言ってくれているし、私と違い姉弟仲が良いのも幸いです。

つらつらと書きましたが、皇室関連の事を書くのも若干スランプに陥っているんです。皇室行事、儀式がなく動きがない。あるのは、眞子さんと小室Kの結婚問題だけ。以前より週刊誌もマメにチェックしなくなりました。

ジムに通うことが加わり、今までロクに運動してこなかったのでこれが結構疲れます、慣れるまでは疲れると思います。高血圧の薬の効き目が良くて、100を切る事があります。ジムでは毎回血圧測定するのですが、一昨日はこれで大丈夫?85-45でした。トレーナーが高いより良いですよ~と言っていたけど。朝から低くても飲んでいます。フラフラしなければ良いのでしょうか(苦笑)



リハビリに行く回数を減らすことにしました。

ジムとリハビリ2つで3時間近く掛かるので、面倒になってきました。そこで、ホームセンターで肩を温める物を買いました。値段は消費税を入れて1000円未満で、意外と安かったです。電子レンジで温めて、カバーに入れて肩の辺りに乗せます。リハビリの温熱パットと似たり寄ったりな感じで、これが結構気持ち良いんです。

拒食になっていた、熱帯魚のオスカーが食欲を取り戻しました。

食べなくなって2週間過ぎ、いよいよ生食メダカを与えました。子赤という金魚もあるのですが、生食は苦手で金魚は特に嫌で何とかメダカ5匹を2日に分けて与えたら、やっぱりオスカーは生食食いの魚だな~と思いました。食べっぷりが良かったです。その後、ゆで卵の白身を少し、これも食べました。ゆで卵の白身に小さく切った今まで食べていた餌を埋め込んだら、何も知らずにパクパク食べていました(笑)この後から、小さくした餌を食べるようになりました。今は丁度良い太り方で、今まで食べ過ぎの太り過ぎだったのかもしれません。

Amazonプライムビデオはサメ物パニック映画4本見て、他に見たい映画もない、パソコンで見るのが見え辛い、などで今月で解約します。CSで韓ドラ観ているし、最近過眠傾向が強くて眠くなるんです。今日はまた午後からジムに行ってきます。 週刊文春記事に圭与さんのことが書かれていました。ぺんぺん草さんのブログに詳細が書かれていました。書ける時、夜にでも思ったことなど書きたいと思ってます。



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん。
    最初にご挨拶もせずにいきなり書いて申し訳ありませんでした。
    思い出しましたことがあります。
    私は整体へ行ったり整形外科は二カ所行きやはり頸椎の異常を
    指摘されておりました。
    それが私には肩凝りとして感じられたようです。
    腕を動かすのもつらい日々が続きとても苦しい日々でした。
    髪を洗ってもドライヤーを自分でやると具合が悪くて眠れない程でした。
    mayuさんはご回復に向かっておられるとのことで嬉しく思います。
    私は現在は全く何でもないので必ず治ること間違いありません。
    いきなりで大変失礼いたしました。
    ようやくmayuさんとお話できてとても嬉しいです。

    • mayu より:

      月の砂さん

      私も肩と腕の痛みが、まさか首から来ているとは思いませんでした。
      医者に掛からないと分からない事もあり、素人判断は危険な
      部分も大きいですよね。 少しづつ回復し、今は湿布を貼ることも
      少なくなりました。医者から2年と言われたので、気長にリハビリと
      運動をしていく予定です。

  2. 月の砂 より:

    ようやくコメント欄をみつけました。
    大分前からコメントを思ってましたがやり方が分かりませんでした。
    送信したかったコメントはmayuさんの肩の症状についてです。
    もう既に調べるだけお調べになっておられると思いますが
    「肩凝り体操」がよく効きます。
    私も最初はアレコレやって見たのですが整形外科へ行った時に
    先生も「肩凝り体操」を勧めて下さいまして私が「それ私やってます」
    と言ったら三カ月目くらいから効き目が出て来るから貴女はもう一ヶ月
    位で出て来るね。」と言ってくれてそれだけで治しました。
    アチコチ歩きましたが最終的にはお金も何もかからない自宅で
    出来る方法で治しました。
    約1年ちょっとで治りました。
    「肩凝り体操」と言うのは検索すると沢山動画として出て来ます。
    私の時代はNHKの「今日の健康」というテキストを使ってやりました。
    どうぞお大事になさって下さい。

    • mayu より:

      月の砂さん

      肩凝り体操はやっていないのですが、去年の5月、6月頃に
      比べるとかなり良くなりました。

      今、ジムでも腕を動かしているんです。
      肩凝りではなく、頸椎ヘルニアと頸椎神経根症、
      肩の損傷があるのですが、だいぶ動かせるようにはなりました。
      「肩凝り体操」youtubeで見てみますね、ありがとうございます。

  3. アール より:

    mayuさん

    こんばんは。
    過疎地はコロナ少ないですよね。

    私が住む地域は少ないのですが、
    県内には出ており、感染者の家庭は住めなくなって引っ越ししたそうです。

    感染が多い地域から来た車は酷い場合、傷つけられているという噂も聞きます。
    デマであってほしいですが。

    少ないと何処の誰かはすぐに広まります。
    隣県の飲食店が感染を間違われて新聞やネットに載せられた結果、閉店しています。

    自粛警察の圧力が半端ないですよ。
    だから感染者がいないのかもしれませんが、その圧が息苦しいです。

    都会の方が仕方ないで済まされるのかも、と思ったりします。

    閉塞感、半端ないです!! 田舎なのに・・・ つまらない 雑談でした。

    • mayu より:

      アールさん

      過疎っている地方の悪いところですよね、職場や地域で
      大体検討がついて個人を特定するのも早いんじゃないでしょうか。

      自分の家からは絶対、コロナを出したくないと思っているので、
      都会に住んでいる人達より自制、感染予防意識も高いような気がします。

      緊急事態宣言が出ていないのに、町内会の役員の集まりも中止、
      懇親会も中止になりました。都会並みの予防です。
      感染者が少ないのも納得できるような感じかな。

      私のような引き篭もり傾向のある人は、そんなに不自由はしていませんが(^^;)

  4. やしま より:

    首都圏は雪予報でしたが、雨で済みそうです。ほっとしました。昨日買い物に行ったんですが、まあすごい人!雪では買い物ができないと考える人が多かったんでしょうが、店内ごった返していて、まさに「密」そのものでした。
    私の従兄73歳が、北関東の雪深い別宅に夫婦して移住すると言い出しました。来月には移動するそうです。別宅放置したら、雪の重みで家がつぶれそうだから何とかしろと地元の人から知らせられて、というのがその理由ですが、何となくそれより大きな理由がありそうです。今は東京23区の便利のいいところに住んでいるので、「何でその年になって豪雪地帯に??」と友人全員に止められたそうですが。コロナも関係してるのかなぁ。でもコロナより雪のほうが怖い気がしました。家がつぶれるかもしれないほどの雪って正直恐ろしいです。

    雑談ということで、他ブログのことですみません。お歌の先生のブログが、去年12月の頭にて、突如更新を停止されてしまいました。毎月お歌を募集されていて、読ませていただくのが楽しみだったのに、一体どうしちゃったんだろうと。ブログはある日突然停止したまま二度と再開されずというのがあります。やまのこ山さんなんかもそうでした。写真がメインの皇室ブログだったのですが、突然停止したまま。
    ブログ主さんと我々との付き合いは、主さんが更新停止したらそのままになってしまうのが非常に残念です。

    mayuさんとのお付き合いがずっと続くことを、心から祈っております。

    • mayu より:

      やしまさん

      天気予報外れて良かったですね、雪よりは雨の方が良いですよ。
      皆さん、雪の天気予報で降る前に買い物をしておこう、
      この気持ちはよく分かります。 スーパーでの買い物は
      お喋りもかなり少ないし、時間もさほど長くない、マスク着用で
      スーパーでコロナ感染ってあるのかな~と思う時があります。

      73才の従兄さんが夫婦で豪雪地帯に移住ですか!
      冒険ですねぇ~( ゚Д゚)

      家がつぶれるのは1m以上積もらないと潰れないと思うのですが、
      屋根の雪下ろし作業中に転落して亡くなる方、屋根から落ちてきた
      雪に潰されて亡くなる方、除雪車に巻き込まれて亡くなる方、
      雪が多い所では毎年何人かが亡くなられているのと、雪道運転も怖いのですが、
      春になればコロナも少ないし住みやすいけど。

      歌詠みの先生のブログ、以前はたまに読ませて貰いました。
      更新ストップされたのですか。
      事情があってブログ止めます、と書いてくれる方もいますが
      突然止める方も結構多いですねぇ。

      私は今までHPからブログまで放置は無く、止める時、引っ越しする時も
      お知らせしていましたが、年を取ってくると急な病気、あるいは急に
      死んだ時に旦那は勿論ですが、子供たちもブログの存在を知らないので、
      お知らせできないんですよね(^^;) コメント承認できないと思います。

      他はサーバー料金未納になると、ブログは自然消滅になります。
      ボケて妙な事を書くようになって、そろそろ止めたらどうですか?と
      コメントで注意されるまで、細々と続けたいと思ってます(笑)
      共に年を取っていきたいですね(^^)

  5. satoko より:

    mayuさん、こんにちは。
    こちらは冷たい雨が降っています。寒い!
    更新ありがとうございます。

    ”ゆたぽん”は夫が愛用しています。
    でもレンジでチンしたのを時々忘れてしまうようで、後に私が扉をあけてギョッとしてしまうこともあります。

    1~2か月の外出自粛ならまだしも、この状態がダラダラと1年も続くと緊張感がなくなります。
    「不要不急」といっても、それは人それぞれで感覚が違います。
    私は知人友人にも全く会っていないし外食も控えているけれど、1人では適度に出かけています。
    後ろめたい気持ちもあるけれど今のところ美術館通いは続けています。
    私立だけではなく、都立や国立の美術館や博物館も”感染対策バッチリですよ”っていうスタンスでフツーに開館しているので。

    以前、紀子さまの髪がいつも黒々と奇麗だけれど白髪染め対策は・・・?などと話題になったと思いますが、もしかしたら紀子さまは白髪がほぼないのでは?
    私は雅子さまより年上ですが、白い毛はほとんどありません。
    目を凝らせば髪の分け目にちょっとと言う感じで、顔回りなどは全くありません。
    美容師が言うには後ろも全くないそうです。
    知っている限りでは、同窓会で会った同級生1人、子供の同級生のお母さん(私と同じ年)で1人、会社の昔の上司(60過ぎ男性)1人が数年前までカラーリング経験なしで黒々していました。
    ちなみにうちは白髪家系のはずなので遺伝ではないようです。

    そちらの地方は一層寒さが厳しいと思いますが、どうぞお身体気を付けてくださいね。

    • mayu より:

      satokoさん

      天気予報では関東地方に雪とのことでしたね。
      まだ1月なので、寒さはまだまだ続くだろうと覚悟してます。

      ゆたぽん、旦那様が愛用しているのですか(^^)
      レンジでチンを忘れると膨らんで破裂しそうになるかと怖くて、
      私はレンジに付きっきりしています(^^;)

      中国武漢でコロナで武漢閉鎖して1年経ったそうです。
      日本も3月の緊急事態宣言からそろそろ1年になり、感染者は増えていますが
      ボチボチ限界にきている人達も多くなっていますよね。

      美術館巡りは会食を伴わないし、静かに鑑賞するので良いと思います。
      目の保養も必要ですよねぇ。
      皇室の行事が延期、中止になって寂しいのは
      目の保養が出来ないからだと思いました。

      白髪が少ないのは良いですねぇ、羨ましいです。

      紀子さまは白髪が目立たないのかな、一本も白髪が無いとは思えないので
      簡単にトリートメントくらいはしていると思いますが。

      秋篠宮殿下は若い時から白髪が多くて、今はきっちり染めていますね。
      天皇陛下は禿げで、秋篠宮殿下は白髪、兄弟でも違うものですね。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    私が住んでいる周りは、遊ぶ場所からは離れているんです。
    が、近隣の病院もクラスターが出ていて、医療崩壊が始まっています。
    医療従事者の皆様は本当にギリギリの毎日だと思います。
    なるべくなら出たくないけど、どうしても…という時もありますし、気を付けながら行動するしかありませんね。
    家庭内での感染対策も限界があるし、出先でピリピリしている人に遭遇したりする時もあり、緊張します。

    前記事も読ませていただきました~もう週刊誌も皇室関連で書く事がない時に、高輪の事を書くのか?定期的に出ますね。
    侍医って何やっているんでしょう?ちゃんと診て、お話相手になって下さい…

    皇居と比べて、遥かに狭いと言われても…(そんなに遥かに狭いんですかね)
    私が寝ている部屋なんて、玄関か物置以下かしら…何だか脱力してしまいました~( ;∀;)

    長々とすみません!
    レンジで温めて、肩に乗っけるのが気になりました。
    肩凝りに効きそうですね。.:*:・’°☆

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      病院からクラスターが発生するとは大変ですね!
      新型コロナって、ねずみ講式に増えていく感じがあるので、
      感染をストップさせるのに時間も掛かり大変。

      医療崩壊が始まっているとは、うっかり風邪も引けませんね。

      出掛けるのも、生活するには食品、生活用品の買い物もあり
      引き篭もっていることも出来ず、感染防止もマスクと消毒で
      それ以上対策のしようがありません。

      遊びに行くな、飲みに行くなと思うと、今度は飲食業が大変だし。
      ワクチンは遊びたい若い人達から先に接種が良いのでは。

      仮仙洞御所を狭いと言われると、かなりムカつきます。
      私の家だって狭いし庭は猫の額ほどしかないので、散策など出来ません。

      レンジで温めるのは良いですよ~約30分くらいですが、
      気持ちよくてリハビリの温熱パット治療と似ているんです。
      肩と首の凝りにも良いし、値段も880円だったかな。
      消費税入れて1000円程度でした。

  7. マグノリア より:

    こんにちは。
    雑談、いいです。
    皇室関係はコロナの影響もあり、話題性も乏しく、なんかここのところ夢も希望も花もなく、と感じます。

    私も電車もバスもなく、タクシーもなく(呼べばある)、移動手段は車だけと言うところの住んだ経験があります。
    ホント運転手分の車が必要ですね。
    そこは自転車に乗っている人もほとんどいませんでしたので。

    自分が40~60歳代ぐらいですと、親の介護を念頭に置かなければならなくなりますね。
    子育てが一段落つくくらいでしょうか。
    私の母は気丈(さらに気が強いです)で一人暮らしですが、身体的な老化は着々と進んでいます。
    昨年仕事を辞めて正解でした。
    いつでも駆けつける状態の人がいないと今後はだめですね。
    また、我が家はおそらく年金を当てにすることは難しいと思われますので、とにかく贅沢をしない日々を送っています。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      皇室はもう眞子さんが小室Kと破談しない限りは、暗雲立ち込める雰囲気。
      新型コロナもありネタ不足でもあり、全然面白くないです。

      そうなんです、地方は車が必需品ですが、最近は高齢ドライバーが、
      免許を手放してスーパーの買い物にタクシーに乗ってくる方が増えました。
      補助が出ているのかな~? 道路を歩く人も少ないです(苦笑)

      私の母は老々介護もしていましたが、私が手伝っていたので
      やれたんだろうな~。いよいよ無理になり老健に入所、
      その後に入院で父が亡くなったあと直ぐデイサービスに2回通わせました。
      気晴らしと1人なので入浴が心配でした。

      私自身はすぐ駆けつけられる方でしたが、私が後期高齢者になり
      仮に独り暮らしになっても、娘はアテに出来そうもないです。

      年金だけで生活できるのは私の年代でギリギリかな。
      5年、10年先の人達は大変だろう、母が貰っている
      遺族年金より少ないだろうと思ってます。

  8. やしま より:

    雑談ありがとうございます。私も胸にモヤモヤしていることが多くて。書かせていただける場をいただき感謝です。

    「勝負の2週間」って何だったんでしょうね?その後の警戒宣言が出てまた2週間。まさに「またですか」という気持ちになります。ようやく「2,000人以下にはなっています」という高止まり。今一番怖いのは発熱ですね。爆笑問題の田中氏が脳梗塞では救急車で即入院できたけど、コロナ疑い患者は6時間たらい回しとか。そのたらい回しが本当に怖い。昨日友人とメールしましたが、一昨年まではこの時期、二人でバーゲンに行ってました。「おいしいものが食べたい!買い物したい!旅行したい!」と、彼女の〆の文章でした。
    日本地図が出ていつも不思議に思うのは鳥取県。「0」の日が多いですね。島根も少ない。何でなのでしょう?感染者の少ない秘訣を全国に分けてもらえるとありがたいです。

    義弟に関する愚痴話
    ようやく渋々こちらに連絡をとってきた義弟。現在義母のいる施設を聞いてきたので夫が教えたら、速攻で施設突入。(コロナで直接面接禁止中)
    顔がわかる距離で本人と会わせるよう施設側と談判して通した上、根掘り葉掘りいろんな話を聞いて帰ったとか。その後施設から夫に電話で連絡。「こういう方がいらして・・・施設の規則も申し上げたのですが聞いていただけず」みたいなクレーム。夫は平謝り。義弟にその旨注意の電話をするも出ず。メールしたけどまた無視。
    だけど、義弟は義母宅近所のおばさま数人にわざわざ挨拶に行ったそうです。(おばさま方から情報あり)「礼儀正しくて、優しい弟さんね」と言われると、「ケッ!」と言いたくなります。。。すみません。。

    熱帯魚オスカー君、好物は活メダカなんですか。なかなかに獰猛ですね。熱帯魚の世界も奥が深いです。好きでないと飼えませんね。私は相変わらず猫にてこずっています。昨日もまた噛まれました。何が気に食わないんだか。ちなみに深夜にオシッコすると必ず旦那を起こします。猫砂を掃除しろと深夜3時に毎晩。妙に潔癖症のようです。昼間は文句言わないのに。

    • mayu より:

      やしまさん

      小池都知事は頻繁にテレビに出ていろいろ話すし、
      ワイドショーもいろんな事を話すので、関東圏内の事は
      ワケわからなくなっています。
      爆笑問題の田中さんの脳梗塞は、やっぱりコロナの後遺症でしょうかね。
      1人暮らしで自宅療養中の若い方が急変して、亡くなってしまうのが怖いです。

      都会の人達は行くところも多いし、収入も多いのか、
      出掛ける人達が多いなぁ~これだけ感染者が多いのに
      黙っていられないんだろうか、と思う時があります(笑)

      鳥取、島根も人口が少ない、東京から離れているから感染者が少ないのかな。
      とにかく地方の過疎っている所は少ない、動かないからだと思います。

      義弟さん、今は面会すら出来ない状況でしょうに、
      即施設突入で義母さんに何を聞きに行ったのかしら。
      通帳は持っているか?お金を貸してくれとか、そんな感じかな。
      私の愚弟は母の通帳を凍結したら、翌日に来ていました。
      父が危篤の時も直ぐに来なかった人で、亡くなった翌日に来ました。
      外面は良いんですよ~~やしまさんの義弟さんと似た所があります。

      オスカーは生き餌を食べさせるのが嫌でしたが、メダカ5匹だけ買って
      食べさせてから食欲が戻っていきました。さすがに金魚は私が無理でした。

      猫もお義母さんから可愛がられて育ち、高齢になってから
      居場所もお世話する人も変わったので、戸惑っているのでしょうね。
      深夜にご主人を起こすのが面白いですねぇ。
      早く新生活に慣れると良いですね。

タイトルとURLをコピーしました