欧州王室のクリスマス 王子、王女たちが成長しました。

王室

遅くなりましたが、欧州王室のクリスマス画像です。エリザベス女王のクリスマス画像を見つけられませんでした。北欧王室はインテリアにも注目でしょうか。そして王子、王女たちがどんどん成長しています。他にもオランダ王室などありましたが、いかにもクリスマス風の画像の王室、公室を載せました。イギリス王室のウィリアム一家もツリーのある部屋での画像を見たいです。 日本の皇室が眞子さんで大嵐なので、ちょっと一息でしょうか。

イギリス王室

2020年12月16日、ケンジントン宮殿はケンジントン公爵夫人とその3人の子供、ジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子の新しい家族写真を公開しました。写真は今年の公式クリスマスカードに使用されます。

デンマーク王室

12月20日日曜日、デンマークの皇太子妃一家、つまりフレデリック皇太子、メアリー皇太子妃とその4人の子供、クリスチャン王子、イザベラ王女、ヴィンセント王子、ジョセフィン王女が自宅からクリスマスの挨拶を送りました。フレデリック8世のパレスアットアマリエンボー。家族は、アドベントの4本のろうそくに火をつけている間に撮ったビデオと写真を共有しました。

クリスチャン王子の身長がフレデリック皇太子と同じくらい伸びて、大人っぽくなりビックリしました。小さい時は次男ヨキアム王子の子供たちより・・・でしたが、ハンサムな王子です。

2020年12月23日、デンマーク王宮はヨアキム王子とその家族の新しいクリスマスの写真とビデオを公開しました。ビデオは2020年12月22日にシャッケンボルグ城で撮影されました。ビデオでは、ヨアキム王子、マリー王女、ニコライ王子、フェリックス王子、ヘンリック王子、アテナ王女がクリスマスの挨拶をしました。家族はそこでクリスマスを過ごします。

ノルウェー王室

 

降臨節の第一日曜日を祝うために、ノルウェー王室、つまり、ハラルド王、ソニア女王、ホーコン王子、メッテマリット王女、イングリッドアレクサンドラ王女、スヴェレマグナス王子がオスロ⁣(王宮礼拝堂)に集まりました。11人のノルウェー王室全員が、スカウグムのメットマリット皇太子妃とハーコン皇太子妃の家で、クリスマスイブとクリスマスデーを一緒に祝います。



スウェーデン王室

12月20日日曜日、降臨節の第4日曜日、カールグスタフ王とシルビア女王は、ドロットニングホルム城から降臨節の挨拶を送りました。王と女王のビデオ挨拶は、ドロットニングホルム宮殿にある王室の夫婦のプライベートアパートのストーンホールで録画されました。

12月20日、ビクトリア王女、ダニエル王子、エステル王女、オスカー王女がノルマルムのストックホルム市ミッションを訪れ、困っている家族にプレゼントを届けて包みました。

毎年恒例のスウェーデン王室ヴィクトリア王太子のクリスマス動画

カールフィリップ王子一家のクリスマス動画

2020年12月24日、スウェーデンのマデレーン王女はInstagramで新しい写真を共有し、子供たちのレオノーレ王女、エイドリアン王女、ニコラス王子を一緒に見せ、みんなにメリークリスマスを願っていました。写真のキャプションは「みんなメリークリスマスとハッピーホリデーを!」です。写真はマイアミのマデレーン王女が撮影したものです。

ルクセンブルク公国

2020年12月20日、ギヨーム大公とステファニー大公爵夫人が新しい家族の写真を共有し、みんなにメリークリスマスを願いました。ギヨーム大公世子の、ステファニー妃、チャールズ公子が一緒に写っている家族の写真はフィシュバッハ城で写真家のソフィー・マーグによって撮影されました。

結婚して8年目で生まれたチャールズ公子。正式にはチャールズジャンフィリップジョセフマリーギヨーム公子、凄く長い名前ですが、今年5月10日に誕生。メッチャメッチャ可愛い顔をしています、ステファニー妃に似たのかな。可愛くって仕方ない表情の夫妻です。

ベルギー王室

2020年12月16日水曜日、ベルギー王室、つまりフィリップ王、マティルド女王、ガブリエル王子、エリザベート王女、エレオノーレ王女、エマニュエル王子が毎年恒例の王宮でのクリスマスコンサートに出席しました。パンデミックのため、今年のクリスマスコンサートは聴衆なしで行われました。エマニュエル王子とエレオノーレ王女はコンサートでサックスとバイオリンを演奏しました。

ガブリエル王子が高身長イケメンです。エマニュエル王子はサックス演奏していますね。
画像・記事出典 https://www.newmyroyals.com/

コメントでいちごケーキの話が出て食べたくなり、昨日買ってきました。SSサイズの一番小さいケーキで直系10cmくらいかも。2人で半分にして食べましたが、一回で食べる気になれば食べられるけど、昨日、今日の2回に分けて食べました。いちごスペシャルケーキとか、値段は消費税入れて約2900円でした。 高い~と思いましたが、普段質素な生活をしているので、思い切って買いました。ケーキを買うのに思い切ってと書くところが笑わせます。美味しかったです(^^)

降臨節などクリスマス用語が出てきますが、自分で検索して調べてください。旦那が畑仕事がなくなり暇になった為、2人でフラフラと買い物に行ったり市内や隣市まで動くことが多くなりました。適当に生活している年金生活者のようするに暇つぶしです(^^;) これが結構疲れるので、コメ返しは出来る時にしますのでご了承ください。



コメント

  1. やしま より:

    美しい写真の数々御紹介ありがとうございます。
    西洋の方々は本当に絵になりますね。1枚1枚がすばらしい。コロナ禍の中ではありますが、晴れやかな気持ちになれます。(実情はいろいろ大変なんでしょうが)
    私はヨーロッパ王室の中ではスウェーデン王室御一家が好きです。特にこの旦那様がいいなと。温かい感じがするんです。身分違いで結婚までの道筋は山あり谷ありでしたが、今はお子様にも恵まれて幸せそうで、見ているこちらも嬉しくなります。(どこぞの輩とは大違い!)
    今年はコロナのせいでノーベル賞の授賞式がオンラインになってしまい、毎年恒例の王族の皆様のお姿を見ることができず寂しく思っておりましたが、ここで見せていただき感謝です。

    東京はコロナ感染者が1,000人突破が目の前となり、義母の介護施設も厳戒態勢。施設長の方を初め職員の方々全員が、とても心痛なさっておられる様子が分かり心が痛いです。息子たちが義母を見舞えるような日が来るのか全くわからないので、とりあえず来年1日に息子たちとも一緒に車で義母の入所している施設の近くまで行って、外観のみ見せてくることにしています。

  2. マグノリア より:

    おはようございます。

    ヨーロッパ王室はキリスト教が多いので、クリスマスの過ごし方を日本と一緒にするのは正しくないのですが、ご様子を拝見してほっこりしますね。
    素敵なお写真ばかりです。
    真っ先に思ったのは、主にこれらはクリスマスカード等に使われることが多いかと思いますが、ほとんどは親子の家族写真、または子供の写真、ご夫妻の写真と現役の方々です。
    引退した人はでてきません。
    反面日本のカレンダーはどうでしょう?
    公務から引退した方がメインです。
    一般には、これからの時代を担う子供の成長記録を見たいですよね。

    我が家もクリスマスケーキ食べました。
    高いですね。
    4人前ぐらいの生クリームのイチゴのホールケーキ(mayuさんのとほとんど同じです)で3000円ちょっとしました。
    おいしかったです。

  3. 木の葉 より:

     
     mayuさん、ヨーロッパ各王室のクリスマスの写真を沢山載せて下さりありがとうございます。

     どの王室もそれぞれに自然体で、何より幸せそうで、拝見するこちら側まで幸せになります。

     日本の皇室はクリスマスを祝う歴史とは根本的に違うので、比較してはいけないと思つつ、、、直衣やおすべらかしのお姿での家族笑顔写真、拝見してみたいなぁ〜。

     mayuさんが以前話題にしていらした、皇室カレンダーの写真。これが祭祀の際の笑顔の各宮家のお顔が載れば、是非買いたいです。

     しかし現実は、引退したはずのジョーご夫妻の、法事色のお写真が多すぎて、とても買う気になりません。

     コロナ・コムロ禍で明け暮れた令和2年。沈みがちな国民の心を幸せにするような、mayuさんの軽やかで明快な文章解説がついた皇族方の写真を拝見する日を夢みています。

     

     

  4. クロワッサン より:

    mayuさん 更新有難うございます。

    ヨーロッパの王室は、笑顔が自然体で華やかで見ていて楽しくなりますね。

    毎回毎回コルク部屋での黄色いクッション、簡素なテーブル。代わり映えしない質素なインテリアは、見飽きてウンザリしています。

    美智子さまも、灰色茶色系の辛気臭いファッションばかり。年取れば取る程、鮮やかな色合いのファッションのエリザベス女王を見習えばいいのに。

    孫の件でも、エリザベス女王は自分が悪者になって嫌われる覚悟で介入し、ヘンリー王子を諌め、キツイお灸を据えた。そういう点も、無責任で我関せずの美智子さまは、エリザベス女王を見習えばいいのに。

    たくさんのヨーロッパ王室の画像有難うございました。

  5. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    外国の王室のX’masの画像、有難うございます。

    ルクセンブルグの小さな王子様、ほっぺがぷくぷくしていて、可愛いですね~(о´∀`о)気持ちがほんわかとしました。
    そして個人的に気になる(笑)ノルウェーのサラリーマンみたいな王子様、調べたところ悠仁殿下と同世代なんですね。

    昨日ケーキを食べたばかりなのに、mayuさんのケーキを見て、また食べたくなりました(笑)。

  6. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    素敵な写真の数々ご紹介ありがとうございます。

    ビクトリア王女とエステル王女がラッピングをされているようですが、こういうところが欧州王室の自然体な姿が見れて良いな~と思います。
    我が国の皇室の皆様の写真、何かをなさっているのは殆どないですよね。
    ただかたまっているか、何かを見ているだけなど。
    お餅つきとか、美智子様がオレンジを(?)搾っているのは見たことがありますが。
    個人的には去年(?)に公開されたイギリス王室エリザベス女王からジョージ王子まで4人でケーキ種を混ぜている写真が微笑ましくて好きです。
    その後この4人の正式な写真が公開されました。

    イケメン王子NO.1は今の所デンマークのニコライ王子でしょうか? スウェーデンのニコラス王子も将来が楽しみ。
    偶然同じ名前です。
    やはり男の子は母親に似るので母親が美人だとイケメンになる率が高いみたい。
    ノルウェーの王子様は益々おじさん化してますね~。
    美人さんは、エレオノーレ王女かな。エステル王女も可愛いです。イングリット王女も可愛いけれどちょっと意地悪顔なのが惜しい。
    ルクセンブルグの王子は、チャールズではなく、シャルルとフランス語呼びするみたいです。
    名前自体は同じですけど。
    お父様のギョーム大公世子(こちらは英語だとウィリアム、アンリ大公はヘンリー)、可愛くてしょうがないというお顔をされています。
    ルクセンブルグも今後二代男子で継いで行かれますが、今10代の後継者は女性が多く、ん十年後は女王ばかりになりそう。
    お婿さんの選別、大変でしょうね。

    ショートケーキ、美味しそう!
    私は結局スポンジを焼くのがめんどくさくなって、カステラにポイップクリームと苺でデコレーションしたなんちゃってショートケーキ擬きを作りました。
    それなりに美味しかったですよ。(^_^)

タイトルとURLをコピーしました