秋篠宮ご夫妻、天皇皇后両陛下から引き継いだ芸術祭鑑賞 公務で外出は2月以来

秋篠宮皇嗣ご一家

今回のお出ましは代替わりに伴い「天皇皇后両陛下から引き継いだ」公務でした。去年の第74回文化庁芸術祭オープニング公演、オペラ鑑賞でも秋篠宮ご夫妻が出席されています。第73回文化庁芸術祭オープニングは、まだ即位前なので当時の皇太子ご夫妻が歌舞伎を鑑賞されています。

第74回文化庁芸術祭オープニング公演

第73回文化庁芸術祭オープニング公演の当時の天皇皇后夫妻

なので、今回秋篠宮ご夫妻が鑑賞公務に出席されたことで批判する、という事は過去の皇太子ご夫妻をも批判すると同じことでしょう。御代替わりによって、天皇皇后両陛下から秋篠宮ご夫妻へ引継ぎですから。

 

それにしても、マスクで鑑賞になるとは新型コロナには困ったものです。せっかくの紀子さまの着物もマスクでは・・・なんとなく・・。近頃、気が付いたのは、秋篠宮殿下ってマスクをすると髭が見えなくなる為か、マスク無しより若く見えますね。 マメに染めているのか白髪も見えないしとっても若々しくハンサムに見えます(^^)

秋篠宮ご夫妻は1日午後、東京都千代田区の国立劇場で、第75回文化庁芸術祭オープニング公演「花鳥風月によせて」を鑑賞された。新型コロナウイルスの影響で行事の延期や中止が相次ぎ、ご夫妻そろって外出先で公務に臨むのは2月以来。代替わりに伴い、昨年からご夫妻が天皇、皇后両陛下から引き継いだ。公演では人間国宝の演者らが箏曲、狂言、琉球古典音楽、京舞の4演目を披露。ご夫妻はマスク姿で客席から何度も拍手を送っていた。

画像出典
https://www.ntj.jac.go.jp/topics/kokuritsu/2020/667.html
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020100100717&g=ryl&p=20201001at37S&rel=pv
https://mainichi.jp/articles/20201001/k00/00m/040/263000c
https://www.sankei.com/life/photos/201001/lif2010010027-p1.html



コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。

    すみません、今日もコメ返しが出来そうもありません。

    ウォーキングを続けているうちに、足首が痛くなったので
    ウォーキング用の靴とスマホがすっぽり入るスポーツ用のズボン、
    急な雨降りとこれから寒くなるのでフード付きウインドブレーカーを買いに行く。
    昼過ぎから孫2人が久しぶりに遊びに来て、ビッチリ遊んで行き疲労困憊です。

    やしまさん、私の白髪は利尻トリートメントで染めてから、白髪は全く見えなくなりました。
    髪は毎日洗っていますが、美容院のシャンプーを使っているからか?
    利尻トリートメントにも髪質をよくする成分が入っているからか?悪くないです。

    まさかね~秋篠宮ご夫妻もダークブラウンか黒の利尻トリートメントを使っているとか??
    1週間に1回程度浴室で染められるので、簡単な事は簡単です。

    ペンペン草さんは、もしかして音大に入ったのかしら。
    ピアノでは食えないから・・・と書かれていましたね。

    遡って今上の結婚相手と言われていた方、クニさんのこともなるほど、と思いました。
    文系の人がいきなり理系は無理でしょう。
    数学Ⅲって超難しいのに、それ以上のことを覚えられるとしたら天才ですね。
    物理も文系では習いませんから、精神科の医者なら何とか・・なのでしょう。

    佳子さまが学習院大に入学のために「教育学科」を新設されたとも言われました。
    その後、退学して眞子さまと同じICUにAOで入学。
    これで学習院とのご縁は決定的に悪くなったのではないでしょうか。
    学習院は後ろ足で砂をかけられた気分だったでしょうね。

  2. やしま より:

    今さらながらペンペン草さんの秋篠宮家に関する記事を読んできました。心の底からため息が出ました。ペンペン草さんのおっしゃることは、余りにも正論だからです。皇室には特権があるけれど、それは庶民の権利を侵さない部分でのものです。だからこそ教育機関としては学習院が「宮様の学校」として存在してきたのです。

    「眞子様の結婚」「悠仁様の進学」「結婚&教育」は一般国民にとって無関心ではいられないもので、それをこうまでさらけ出されると、こちらとしてはオロオロしてしまいます。
    私も紀子様の悠仁様に対する教育方針については首をかしげることが昨今多くなりました。例えば去年の槍ヶ岳。お忍びながら随行員が多く、一般登山客を2時間も待たせることになったあの出来事。いきなり何で槍ヶ岳に登らねばならなかったのだろうと思います。(筑附絡みだと書かれていました。筑附も険しい山に登るからと)

    ペンペン草さんの文章の中で私は一つだけ訂正申し上げたい。難関学校の生徒さんが寝る間も惜しんで勉学に励み東大に行く。。実はここはちょっと違うのです。難関校に在学している生徒さんたちは、いわゆるガリ勉と言われる人たちは余りいません。例えば開成は、部活が盛んで中学校では軟式野球部ですが強豪校です。もちろん東大入試のために、開成や筑駒、桜陰等限られた学校の生徒さんしか入れない「鉄緑会」で勉強にも励みますが、勉強だけの学校生活ではありません。それでも、一般の我々から比べると信じられないほど頭がいい。
    そんな中に偏差値53程度のお子さんが入ったら、ご本人がどれほど辛いか。親として想像できないのかが不思議です。

    悠仁様に帝王学をきちんとつけていただきたい。帝王学とは東大にごり押し入学させることではありません。

    • 静御前 より:

      紀子様も母親として必死なのでしょう。
      そのお気持ちは痛いほどわかります。
      しかし偏差値53程度のお子さんが入ったら、ご本人がどれほど辛いか。親として想像できないのが不思議です。やしま様のおっしゃる通りです。もう学習院に進学させる気はないのでしょうか。皇族が通学するのには理想的な環境で、小室氏のような場違いな人もいないと思いますし、警備の面でも安心して任せられるのではと思いますが。友人をいっぱい作って心豊かな充実した学生生活が送れそうな気がするのですが。眞子様も学習院を選んでいたら小室氏と出会うこともなかったのに。言ってもしょうがない事ですがとても残念です。
      帝王学とは東大にごり押し入学させることではありません。本当にそう思います。
      眞子様の破談が成立しますように。そして悠仁様が実り豊かな学生生活を送られるような高校に進学できますように。これら二つの事が叶えられたらとてもうれしいです。

    • イリス より:

      >mayuさん、やしまさん

      横から失礼いたします、イリスです。

      ぺんぺん草さんのブログ、拝読いたしました。本当に仰る通りですね。
      特権は、こういうことに使われるべきものではありません。皆さまの言われるように、あとで苦しまれるのは、結局悠仁さまです。

      ぺんぺん草さんは、音大ご出身ではないと思います。以前コメント欄をまだ開けていらした時にお話しさせていただきましたが、ご自身は音大ではいらっしゃらないような文面でした。でも相当厳しいレッスンでいらしたようですね…。よく耐え抜かれたと思います。

      やしまさんが、難関校にガリ勉さんは少ないと仰っていたのも、同感です。私はカトリックですので、教会で暁星やラ・サール、栄光学園などカトリック校のいわゆる難関校のお話しは良く聞くのですが、暁星はサッカーがわりと強かったり、聖歌隊も有名です。部活動は一定のお成績を収めないと入部や活動ができないそうなのですが、どの生徒さんも軽々クリア、運動や合唱に明け暮れても、普通に東大などに現役で入ってしまうそうです。その他、文化祭やボランティア、ミサ関連の宗教行事にも熱心です。
      地頭の良さ、理解とインプットの速さ、応用力の高さ…本当に能力の高い生徒さんが集まっています。難関校の生徒さんは、ガリ勉の必要のない人がほとんどなのかもしれませんね。
      悠仁さまには、お成績で悩み苦しまれたりなどとは無縁の、伸び伸びと楽しい学生時代を謳歌していただける環境が一番です。

      眞子さまが、一時藝大の美術学部か何かをお考え…とかいうお話しが出たときに、藝大側が一般入試でどうぞ的なお応えをしたようで、これぞ国立大学のあるべき姿、とホッとしたのを思い出しました。
      もっとも、あまりに現実をご存知ないユルフワな環境のお育ちの眞子さまには、ぜんこくから猛者が挑むあの一般入試の過酷さを身をもって知っていただくのも良かったかも、とは思いましたが(笑)。芸術分野をナメナイデいただきたいです。

  3. 狗児 より:

    mayuさん
    記事更新ありがとうございます。
    お疲れの所、ご無理なさらないようにお願いします。
    秋篠宮両殿下、外出されたのは喜ばしいです。マスクなのは残念ですが、紀子さまのお着物姿、相変わらず素敵です。
    さて、前の記事の件で恐縮ですが、悠仁さまの進学問題も、眞子さまのご結婚問題と同じくらい飽き飽きして来ました…結論が分かっているのに、しつこく繰り返し出てきて解決が付かないからです。どう考えても、あのK氏との結婚があり得ないのと同様に、皇族が高学歴である必要はないでしょう。

    学歴が要るのは、家柄もなく、お金もなく、ある意味裸一貫で社会に出て行かないといけない庶民だけです。子供に何も武器を持たせず、世の中に送り出すのは怖いから、何とか学歴位は身に付けさせてやろうと言うのが、庶民が出来るせいぜいのことなんです。皇族には全く関係がない話です。

    この件に関して、ぺんぺん草さんがお書きになっていたこと、ご本人は、怒る人がいるかもしれないと懸念されていましたが、私は全く賛成だと思いました。mayuさんも仰ってましたように、過保護すぎても、放置しすぎでもいけない、子育ては難しいですね。

  4. mayu より:

    こんばんは。 前の記事にも書きましたが、今日は疲れたので
    コメ返しを休ませて頂きます。
    明日、時間が空いた時にコメ返しさせていただきます。

  5. クロワッサン より:

    秋篠宮さまが同席して、悠仁さまに日本の近代史を講義した半藤一利氏という方がいます。文藝春秋の編集者だった方ですが、主に戦前・戦中・戦後の日本の歴史の在り方の本を出しています。

    半藤一利氏は、日本の近代を否定する自虐的な歴史観の方です。あまり皇室に向いていないのでは?上皇掛り付けの床屋さんが、上皇は半藤一利氏の本を何冊も読んでいたと言っていたので、上皇の推薦かもしれません。本当の所は分かりませんが。

    悠仁さまには、日本は悪かったの思想を植え付けず、競争ばかりの過酷な勉学現場に参加させないで、全般的な人間的な教養と日本文化と祭祀の継承を教えればいいと思います。

    悠仁さまには、心豊かで伸びやかな少年・青年として成長してほしいです。

    • ミラージュ より:

      クロワッサンさん

      横から失礼します。

      半藤氏を秋篠宮家に推挙したのは上皇だと週刊誌だったか、何かに書かれていたのを読みました。
      ご一行様では、上皇が愛子天皇を望んでいるなんて真っ赤な嘘、悠仁様の帝王教育に心を砕いて下さっている、
      と、狂喜乱舞状態でした。
      心を砕いて下さるのなら、もっと別な人選或いは別な形でお願いしたいものです。

      同じ穴の狢(?)の保坂氏もお気にいりで、度々皇居に呼ばれていますね。
      秋篠宮殿下は上皇のスポークスマンと言われている位ですから、お父上の思想にどっぷりはまっていらっしゃるかもしれません。
      悠仁様には頭が軟らかい内に自虐史感から脱却した学者を政府主導で派遣して欲しいと思います。

      • クロワッサン より:

        ミラージュさん

        保坂氏も度々呼ばれているんですか。半藤氏と、瓜二つそっくりな思想の人ですよね。
        はっきり言って人選は、間違っています。偏り過ぎです。

        秋篠宮さまは、いつも「上皇と上皇后の仰せの通りです」なんですね。

  6. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。
    昨日は、姑が、施設ー病院ー施設と、なりまして仕事を休んで行って来た旦那。
    7時に、寝てしまいました。寝室へ行ってもらえばよかったんですけど、何も見たくない、したくないので、薬飲めば眠れるかなあ、、と思い自分が寝室へ行ってしまいました。結局10時すぎまで起きていたので、記事は読ませていただきました。いつもありがとうございます。マスク姿ででのご鑑賞。ワクチンや特効薬ができるまでは、仕方ないことなのでしょうね。全て休演してしまうのではなく、客数を減らしての舞台。武漢コロナは、昔、どなたかが、使われた「風邪のようなもの」ですが、風邪、インフルエンザと共に用心し、罹らないように生活する事が肝心です。

    前記事も読みました。これ以上、紀子さまが批判に晒されるのは耐えられない事です。何とか批判されない道が見つかりますように。

  7. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)
    久しぶりのご公務のお姿で、嬉しいです。やはりお着物を着慣れていらっしゃるのと、姿勢や体型のおきれいさで、本当に場が一気に華やぎますね。雅子さまのように左右のバランスがアレで、間違っても腕が出てしまうようなこともなく(笑)、本当にお召し物の美しさを最大限に引き出していらっしゃいます(^。^)
    mayuさんや皆さまの仰るとおり、秋篠宮殿下はマスクですと、よりお若く見えますね。体型もお変わりないためもありますよね。すばらしいです。

    前記事の、悠仁さまのご進学問題…本当に学生時代は、唯一の自由な猶予期間ですので、伸び伸びと思う存分学んで、楽しんでいただきたいです。mayuさんや皆さまもご指摘のように、私も難関校の必要性は全く感じません。むしろ、苦しいお辛い学生時代になる可能性もありますよね。周りは神童のように言われる生徒さんの集まりでしょう。授業を一回聞いただけで理解はもとより、それに関する枝葉の知識まで、ほぼその日のうちに仕入れて、完全にインプットしてしまうような生徒さんがゴロゴロいるようです(ーー;)努力だけではカバーできないものを備えているのでしょうね。
    悠仁さまがそのタイプなら、それはそれですばらしいことなのですが、それならばあの無理やり感の拭えなかった提携推薦?など、実施に至らなかったのでは、と思います。
    神道の学び、和歌、音楽、美術、スポーツ、語学、ライフワーク、できれば学生時代にボランティアも少し…そして国民を思いやるお心、そうしたことをを豊かにしていっていただければ、もう充分と思っています。

  8. やしま より:

    mayuさん秋篠宮ご夫妻公務の記事、ありがとうございます。
    コロナ太りなんて全く関係のない世界。50歳代になると、どうしても下腹が出てくるのですが、お二人はモデルさんのような体型をずっと維持しておられますね。いつもお変わりなく。。というかここのところ少しお痩せになられましたよ。(眞子さまもお母さまの体型、見習うべきです)

    今回私のツボは「マメに染めておられるのか白髪が見えない」です。本当に凄いな。どんなふうに染めておられるんだろうと思います。幾らいい染料で染めたとしても余りに頻回だと髪を痛めるし、mayuさんお使いのものはどうなんでしょう、ここまでしっかり染まるものなのでしょうか?しかもお二人とも髪質もよくてツヤツヤ。殿下の髪染めの方法、ぜひ知りたくなりました。(ひょっとするとお二人のマスク姿は初めて見るような気がします)

  9. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    秋篠宮ご夫妻の本格的なご公務再開ですね。
    マスク姿は残念ですが、それでもお二人のオーラは消えません。
    紀子さまのお着物素敵です。
    演者の方々もお喜びのことだったでしょう。

    相変わらずマスク必須のソーシャルディスタンスご進講を続けられている天皇皇后陛下。
    一日も早く秋篠宮ご夫妻のようなご公務に取り組まれてほしいですね。

  10. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新ありがとうございます。

    mayuさんと同じ様に
    先日の秋季皇霊祭に向かう車中の秋篠宮殿下のマスク姿を見て、何だか若く見える!と密かに思ってました(笑)。

    7ヶ月振りのお出ましなんですね。コロナ対策で座席も離れて…仕方が無い事ですが
    当分こういう形での
    皇族方のお出ましがあるのかも知れませんね。

    前の記事のコメント返信読みました。確かに幼稚園が3年って、もう当たり前の様ですね。今更ながら気付きました(^^;
    紀子さま、ここまで本当に大変な忙しさだったでしょうね…

  11. アール より:

    mayuさん 
    こんばんは。 

    秋篠宮ご夫妻、お若く見えますね。
    スラリとしてスタイルも良いですし、コロナ太りとは縁が無さそうですね。
    運動されたりしているのでしょうかね。
    立皇嗣の礼、無事に行われますように。
    こんな立派なご両親を思い、
    眞子様も将来のことを今一度、よく考え直していただきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました