11月立皇嗣の礼の予定 その後、眞子さまから小室圭さんとの結婚スケジュール発表を読んでの感想

秋篠宮皇嗣ご一家

紀子さま苦悶! 宮邸に響く「皇嗣妃の嗚咽」
9/11「誕生日文書」で娘2人の結婚問題に”回答”決定も・・・

なんという大袈裟なタイトルだろう、と思ったのですが。
発売中につきちょっとだけ、明日か明後日辺りにはヤフーニュースに全文か一部分でも載るんじゃないかな。

週刊女性によると、政府は儀式の参加人数を縮小し、大人数が集う祝宴「饗宴の儀」などは行わずに、今年11月を目途に「立皇嗣」開催する方向で検討。(「立皇嗣」としか書かれていませんが「立皇嗣の礼」と書きます)
「立皇嗣の礼」が終わったあと、そう間を空けずに、眞子さまから小室圭さんとの結婚スケジュールが発表される予定。国際弁護士資格取得を目指してアメリカ留学中の小室圭さんは、来年夏に帰国予定。秋篠宮ご夫妻は反対のスタンスを続けている。小室さん以外の男性も見てほしいとのお気持ちが強い紀子さま。忸怩たる思いを抱える紀子さまは、9月11日に54才の誕生日を迎えます。この日、宮内記者会が提出する質問に対して回答を文書で発表。

①オンラインでのご接見に関する今後のお考え、コロナ禍でのご一家はどのように過ごされているか。
②眞子さまの結婚についての発表をするべきという昨年の殿下のご発言をどう思われるか。

③佳子さまの結婚と将来について、全3問。以上、週刊女性9月8日号を簡単に引用。

 



スポンサーリンク

読んでの感想 紀子さま大変辛い状況と思われます

「立皇嗣宣明の儀」を正殿松の間で行うだけにする予定でしょう。つくづく新型コロナが恨めしいです、新型コロナが無かったら饗宴の儀も出来たのに。

質問で一番注目されるのは、眞子さまの結婚についての質問ですが、どのような文書での回答になるのでしょうか。 大袈裟なタイトル!と思いましたが、紀子さまは秋篠宮邸で密かに泣いていると思いました。

小室Kの言うこと、眞子さまの言うことを信じて小室家の身辺調査をしなかったことに、悔やんでも悔やみきれない思いでいるでしょう。次から次へと報道される小室家の借金問題だけでなく、母親の圭与さんの振る舞い、あの姐御のような姿だって紀子さまは見たと思います。小室親子は皇族である眞子さまと結婚するのに相応しくない、結婚しても苦労するだろうと、何度も説得したはずです。それでも頑固な眞子さまは母親の言う事を受け付けない。

マスコミ、ネットでは秋篠宮家、特に紀子さまバッシングがずーっと続いている。もしかすると、上皇夫妻にもお叱りを受けたかもしれません。

立皇嗣の礼が終わった後に、眞子さまが小室Kと結婚発表をすれば世間は上を下への大騒ぎで大炎上するでしょうね。今でさえ、皇室から出て行けとヤフコメやいろんな所に書かれています。悠仁さまへの影響も大きくなり、更に愛子天皇、女性天皇の声が大きくなるでしょう。
マスコミは無理に無理をして祝福するのでしょうか?
秋篠宮ご夫妻の子育て失敗の批判も飛び交うでしょう。
こんな親不孝な娘になるとは・・・

秋篠宮ご夫妻が結婚に反対では、納采の儀も出来ず、どうやって結婚するのでしょ。皇籍離脱、一時金無し、生涯に渡って援助も忖度も一切無し、2人で勝手にどーぞーと秋篠宮ご夫妻は眞子さまに対して強く出られるのかな。
書いているうち草臥れたので休みます。
画像出典
https://mi-mollet.com/articles/-/21856
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images



コメント

  1. mayu より:

    こんばんは。
    今日は旦那と出掛けて疲れたのでコメ返し省略します。
    コメントは承認する時に読ませて貰っています。

    もしかしたら備忘録など書くかもしれません。

    大阪万博のロゴがエイリアンみたいで超苦手でした。
    私、昔ネットで大騒ぎになった蓮画像を見てから
    苦手な画像が増えたみたいなんです。

  2. クロワッサン より:

    mayuさん 

    送信したと勘違いしたようです。mayuさん、お忙しいのに、お手数お掛けして、申し訳ありませんでした。

    この頃、こういう事が多いのです。何せ、年がいっているもんで(笑)

    • mayu より:

      クロワッサンさん、大丈夫ですよ。
      以前、コメントがスパムに入ったことがあったので
      表示にならなかった時は教えてくださいネ。

  3. クロワッサン より:

    mayuさん 連続更新有難うございます。

    送信したコメントが、載っていないので、新ためて送信しました。よろしくお願いします。

    紀子さまは、新婚当事、お子様を出産された時の弾けるような笑顔でなくなっています。
    口元だけの笑みで、憂いを含んだ無理した笑顔です。KK問題は、膠着状態なのでしょう。

    眞子さまも20代最後の年です。定職のない他人の懐を当てにする男を切るべき。自分の人生の決断をしなければ。

    このまま、ずるずる続けば、皇室などいらないという意見も出てきます。30歳近くになる眞子さまの人間の見る目の無さに、唖然として呆れています。

  4. やしま より:

    連続更新ありがとうございます。いやもお全く、こういう話もストレスですよね。発散させていただき感謝申し上げます。
    眞子様の心情として「(Kのことは)とっくに諦めている」「破談の時期を考えている(国際弁護士に合格するまでとか?)」「皇室側から破談の申し入れはできない」と主張される少数の方もいます。(F部屋主さんがそうです)しかし私としては、この事態が動くのはひとえに「眞子さまのお気持ち」だと思っています。

    眞子様が「破談にします。でも条件があります。彼が国際弁護士として活躍できるまで金銭的援助をしてほしい」と言い出したら、政府はその意向に沿い、内々動くと思いますよ。機密費もあるんだから裏側からお金を回すことはできるでしょう。Kの存在は政府にとって誠に厄介で、この男が「眞子様の婚約内定者」として存在する限り、女性宮家話は前に進まないのですから、政府全体としてはこの男の存在を「婚約内定者」から消去したいと切望していると思います。

    でも眞子様は「絶対に結婚する」と頑張る。どうも私は眞子様は、今や民間人になることですら想定の内に入っていないのではないかと。(Kからの入れ知恵もあるでしょう)眞子宮家の皇配として彼を迎えるために、法案成立まで時間稼ぎをしているとさえ勘繰ってしまいます。

    眞子様の意思が余りにも固いもので、攻撃の矛先が「秋篠宮家」に向かっているように思います。それは、この先破談にならない限り、もっとひどくなることも予想されます。立皇嗣の礼が終われば少し沈静化するかと期待はしているのですが、その後に眞子様の結婚宣言なんか出たら、「皇太子殿下、退位なさいませ」なんて昔、論文が出ましたが、同様の文章がマスコミをにぎわすんじゃないかな。考えただけで憂鬱です。

    「宮邸に響く皇嗣妃の嗚咽」
    眞子様、ここまでお母さまを苦しめても、なおあの男と結婚したいと言い続けられますか?あなたの気持ち一つで、たくさんの方が幸せになるというのに。

  5. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。
    1日に2つもプログアップいただきありがとうございました。
    お疲れになりませんでしたか?
    内容が内容なだけに、居ても立っても居られないですね。

    「立皇嗣の礼」は11月に行われることは確実なのでしょうか?
    あくまでも週刊誌による予定発言ですよね。
    早く政府や宮内庁等の公的機関から正式発表していただきたいです。
    盛大な「饗宴の儀」なども本当は執り行っていただきたいですが、現状を考えるとまずは「立皇嗣の礼」にて国内外への確固たるお立場をお示しいただきたいと思います。

    たくさんの一般の人々が、この突然やってきたコロナ禍のために一生に一度(例えば入学式や卒業式など)の行事を犠牲にしています。
    我が家にももうすぐ一生に一度の行事を迎えますが、おそらく中止となるでしょう。
    なので「立皇嗣の礼」は規模を縮小しても粛々と執り行って欲しいです。

    話は変わり、Kはだめです。
    これだけ世間を騒がせておきながら、自分はアメリカで勉強して帰ってきたら内親王と結婚ですか?
    どこでお過ごしになる予定ですか?
    日本に居場所はありません。海外?
    これだけのことをしたら一般の芸能人や有名人などは干されます。
    私は結婚スケジュールの発表はないと思います。(あって欲しくないです。)

  6. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新ありがとうございます。

    皇嗣妃の嗚咽…なんとまあ大袈裟な、と思いますが、立皇嗣の礼後に小室氏との結婚スケジュール発表、というのが本当であれば、髪をかきむしって嘆きたい所ですね。もちろん紀子さまはそんな下品な振る舞いはされないでしょうが…
    もしこれが本当だとしたら、もう皇室の終わりの始まりではないかと思います。mayuさんが仰るように、愛子さま天皇論が更に強くなるでしょうし、秋篠宮両殿下の教育の失敗と責められることでしょう。
    一般人になって、あの小室氏と一緒になって、一時金も辞退、秋篠宮家からの援助もなしで、金を引き出せると思っていて当てが外れた姑にいびられながら狭い賃貸物件に住んで、衣料品スーパーで買った服を着て、安売りに出かけている元内親王の姿なんて…想像したくもない、悪夢ですね。

  7. nono より:

    mayuさんこんばんは、記事の連続更新有り難うございます。お疲れ様です。
    2つ記事のまとめてのコメントになりますが、眞子さまの撒いた雑草の種が色々、きちんと管理された花壇を荒らすように芽吹いては除草されるような気持ちです。
    河野外相の発言も眞子さまの結婚問題が無ければ、もう少し趣旨の違ったモノであったでしょうし、大事にもならなかった、なんなら「外国かぶれの政治家は日本を知らない」とかバカにされて終わったと思います。
    紀子さまには、宮邸の奥でくらい泣いていて欲しいです、全部を抱え込んでは壊れてしまいます。
    感情豊かな皇后様がいらっしゃいますから、宮邸で涙をお見せになるくらい十分許容範囲内です!
    皇室、天皇、なぜ今まで続いてきたのか、なぜ誰も王朝を奪おうとしなかったのか、取って換わろうとしなかったのか、改めて日本人は考えるべきです。
    つくづくコロナ迷惑な存在で、饗宴の儀なくなるのは、ロイヤルウォッチャーとしては寂しいですが、本音を言えば一刻も早く儀式はして欲しいです。
    宮様と紀子さまの確固たる位置付けになりますから。
    旧宮家の復籍については、私は一計があります。
    改めて、儀礼称号としての貴族籍を設ける方が皇族議論を呼ばずに良いと思うんです!
    文化勲章や功績報奨の所持者にたいし1代限りの儀礼的爵位を設ければ、お妃選びや、婿選びも箔がつきます。
    旧宮家には侯爵を降嫁した女性皇族のみには公爵を、こうしておけば公務の担い手が見た目には減りません。
    ですが、天皇になれるのは皇族のみ。
    王族と貴族では得られる忖度も多少違うでしょう。
    儀礼称号なので、維持費としての税金も要りませんし。
    これじわじわ広めたいなって思ってます。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも
    更新有難うございます。

    えー?!立皇嗣の礼の後に、眞子さまのご結婚の発表………
    眞子さま、お願いだから今までを丁寧に振り返ってみて考え直して下さい!

    紀子さまは、そりゃあ泣きたくもなりますよね…人の前で中々泣けないと思うので
    きっとお一人の時などに、静かにお泣きになっているのでは…
    泣いたら少しは気持ちが楽になる時もあると言うけれど
    Kの事に関してはいつまでも(眞子さまが)
    関わっているから
    気持ちも晴れないし、心休まる時もないのでは?と勝手に心配しております。

    折角のご公務にお出まししても
    「眞子さまの事はどうした」とか言われてしまうんだもん…
    仮にkが「海外で仕事に関する事の勉強をする」が夢や目的だとしたら、今現在(コロナがあるけど)
    眞子さまがいなくても、Kの目的は達成されていますよね?
    ならば、もう結婚はなくてもいいのでは?と思ってしまいます。

    長々とごめんなさい~(>_<)

タイトルとURLをコピーしました