7月27日両陛下経済3団体からご進講* ヘンリーとメーガンの暴露本 他 雑談 耳かき癖

王室

精力的にご進講を受けている天皇皇后両陛下です。同じ部屋で同じテーブル、雅子さまはほぼ白いスーツ、ご進講する方々が違うだけで
画像を見ただけでは、何のご進講かは分からないのですが、昨日のご進講では雅子さまがブルーグレーのスーツを着用。やっと色物を着たのを見ました。こういうことしか書けない状況になりました。

天皇皇后両陛下は、27日、経団連など経済3団体の代表から新型コロナウイルスについて話を聞き、ねぎらいの気持ちを伝えられました。天皇皇后両陛下は27日、お住まいの赤坂御所に経団連と日本商工会議所、経済同友会の代表を招き、新型コロナウイルスが企業活動に及ぼしている影響や課題について話を聞かれました。
宮内庁によりますと、27日の面会は1時間あまりで、経営状況やテレワークの課題、雇用の維持に努めていることなどについて、説明があったということです。3団体からは、これを機に新しい経営形態や社会構造の転換に取り組むと話があり、天皇陛下は、厳しい状況の中でそれぞれの企業が工夫していることに、ねぎらいの気持ちを伝えられていたということです。
記事・日テレNEWS24よりhttps://news.yahoo.co.jp/articles/20fa9ccdb8c8102485916066005692cb9a376e3a
画像出典 共同通信



スポンサーリンク

ヘンリーとメーガンの暴露本 次男夫妻の自覚はないのか

ヘンリーと、メーガンの暴露本記事は他にも沢山ネットにありましたが全部読む気になりませんでした。あまりにもバカバカしい2人です。ヘンリーの場合は悪い女に引っかかり感化された、こんな印象を持っていましたが、ヘンリー王子も相当に変な人だと思います。

人種差別を一番気にしていたのは、メーガンなんじゃないですか?なにかにつけ人種差別と被害者意識の塊。白人だけだったイギリス王室に黒人と白人のハーフ、メーガン妃が王室入りしただけでも、かなり王室はメーガンに気を使ったし、人種差別をしないと国民にも配慮した対応をしたと思いましたけど。

それとキャサリン妃の引き立て役、ヘンリー王子も、王位継承権が上位の兄夫婦が優先されることに不満を募らせていったようだ。

これって当然でしょ。将来は国王と王妃になるウィリアム王子とキャサリン妃では全く立場が違うことくらい、父親と叔父、叔母を見れば分かることじゃないですか。

つくづく、日本の皇室の 秋篠宮ご夫妻は出来た次男夫妻だと思います。常に、常に当時の皇太子夫妻の後で控えめに、控えめにしていました。長男優先は当然で、でも公務は長男夫妻より沢山やっていました。紀子さまの聡明、忍耐、努力、嫁次第だなぁ・・・

ヘンリー英王子、メーガン妃との交際巡り兄の助言に立腹=暴露本
[ロンドン 26日 ロイター] – 英国のヘンリー王子とメーガン妃の出会いから王室離脱までの内幕を描いた暴露本「自由を探して」の内容が出版前に英紙に掲載された。それによると、ヘンリー王子はメーガン妃と交際中に、できるだけ時間をかけて知り合うようアドバイスした兄のウイリアム王子の言葉に気分を害したという。

サンデー・タイムズによると、ウイリアム王子は誠実な交際相手かどうか見極めるため、ヘンリー王子に「その子を知るのに必要なだけ時間をかける」ようアドバイス。ヘンリー王子は「その子」という言葉に高慢さを感じ、反発したという。ヘンリー王子夫妻は暴露本と距離を置き、インタビューなどは受けていないとしている。夫妻は3月に王室を離脱。現在は息子のアーチー君とともに米ロサンゼルスに居住している。https://jp.reuters.com/article/britain-royals-media-idJPKCN24S0B3

他に
▼メーガン妃とヘンリー王子の暴露本『自由を探して』の衝撃 英王室は人種差別的なのか
https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200726-00190046/

▼ヘンリー王子とメーガン妃 兄夫妻を優先する廷臣は“毒ヘビ” 暴露本でのショッキングな表現が物議

メーガン妃とヘンリー王子の伝記「Finding Freedom(自由を探して)」の内容の一部が、8月の発売を前に明らかになり、英メディアではそのショッキングな記述にスポットライトが当たっている。それはウイリアム王子、キャサリン妃夫妻への嫉妬だった。かつてメーガン妃がキャサリン妃の「引き立て役になっている」と感じていて、背後に立つ様子に不穏な空気が流れていると報じられたこともあった。ヘンリー王子も、王位継承権が上位の兄夫婦が優先されることに不満を募らせていったようだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6d0878757ec1ca45db7472073a9cee3665d03ce6

 

雑談 次から次へと

今日は耳鼻科に行ってきました。私は耳かきをするのが癖になっていて、いつも耳かきをするので耳垢など極々少量、カスみたいなものが取れる程度なのですが、何となく気持ちよくて耳かきをしてしまいます。それが右肩が痛いので左耳まで腕が回らず、左手で耳かきをしたのが悪かったらしく、昨日から左耳が痛むようになり、今日は朝から痛くてたまらない。 ネットと電話で予約できるのでネットで予約し早々に診察に行きました。実は耳かきをして痛くなり耳鼻科に行くのはこれで2回目。

医者からは1回目も「耳かきは不要」と言われ、今回も何度も言われました。左耳は腫れて炎症を起こしているとのことで、細菌を殺す耳用液を処方してもらいました。 その後、雨降りでしたが火曜日、冷蔵庫も空なので生協へ買い物。耳の痛みも治まらずしんどかったです。  今回は自業自得、余計なことをしての耳鼻科行きでしたが、よく次から次へと医者通いが続くものだと我ながら呆れました。

旦那が拡大鏡で耳を見たら、耳の穴が腫れて塞がっているとか( ゚Д゚)  東北大雨ですが、私はお陰様でなにも被害なく過ごしています。東北って豪雨被害など自然災害が比較的少ない所なのですが、今年は異常だな~なにもかも。



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)
    豪雨、mayuさんのお住まいの方はご無事で、ホッといたしました。今朝は地震アラートにギクリとさせられましたが、揺れはなく、津波もなかったようです。福島では爆発事故…。令和になってから、災害、事故、事件、痛ましいものが休む間もなく、という気がしています。「災い…」と年頭から詠まれた影響も思わず考えてしまいました(ーー;)声に出して発音されることで、脳内に響きがインプットされますので、良くないですよね…。

    ご進講、また「同じ」と海外に揶揄されてしまうスタイルですね。やっていますよ感をアピールお出来で、嬉しそうにニコニコお迎えされていましたね(笑)。今これが、本当に必要なすべきことなのかなどは、お考えが及ばれないのでしょうね…。
    ハリー王子とーメーガン妃、不敬ながら堕ちるところまで堕ちてしまわれた感じがします。お兄さまが優先されることにご不満って(笑)。身近に叔父さま方がいらしても、これですものね。女王さまがお気の毒です(><)
    ご自分のお立場の意味は、嫌というほど教わっていらしたはずですのに。申し訳ないながら、…眞子さまの愚かさとも通じますね。ご自分のことばかりで埋め尽くされてしまっています。紀子さまのご忍耐もご努力も水の泡にされてもまだ、結婚宣言などということを目論まれていたとは…。紀子さまが、あまりにもお気の毒で心配です(T_T)

    • mayu より:

      イリスさん

      お陰様で豪雨だったのかな~?耳鼻科と生協に買い物に出掛けたりしたので
      あまり意識しないで過ごしていました。
      今日は朝ワイドを見ていたら関東地方に地震警告とのことでしたが、全然揺れなくて
      気象庁で謝罪会見していましたね、何事もなくて良かったです。

      雅子さまの歌会始めに詠まれた和歌の出だしが「災いの~」で、まるで
      今年の新型コロナや豪雨被害の災いを予感したような、呼び込んだような
      日本国中災いでいっぱいになってしまいました。
      特に新型コロナにはいい加減うんざりです。

      ハリーとメーガンは勘違い夫婦ですね、自分の立場を考えられない似た者同士なのかも。
      庶民と違い王室では次男は長男と同等の身位にはなれません、ましてお子様が
      三人授かっているので、ヘンリーの出る幕無しで英国王室は安泰です。
      いつまでも頭が進歩しない、やんちゃな王子と同じなのかな。

      眞子さまも小室Kに振り回されているか、感化されているとしたら悲しい。
      ヘンリーとメーガンは悪い見本なのでキッチリ考えて欲しいです。

  2. やしま より:

    更新ありがとうございます。
    日本の皇室のことは、mayuさんのような皇室関連ブログを書いてくださる方のご尽力により、知ることができる今日このごろです。一体何をしているのだろうと思ってしまいます。
    日本人には私の小さなころまで、保護者会のことを「父兄会」といっていたように、家族で父の次に偉いのは兄!という風潮があり、これまで回ってきたのだと思います。

    愛子女帝説も、愛子様が本当に美しく、巫女のような神がかりのお力を持ち、かつ学力抜群が目に見えるほどだったら、天照大神よりも、こちらは本当に女性だったらしい「卑弥呼」になぞらえる人が出てきたかもしれません。
    そういう意味では、日本の皇室はまだ大丈夫だとは思っているんですがねぇ。甘いかな。

    イギリス王室については、なんかお気の毒です。
    ダイアナ妃のときにもさんざんっぱらこの手の本が出版されて私も日本語訳になったものを図書館で借りて読んだことがあります。「僕は君(カミラ)のタンポンになりたい(byチャールズ皇太子)」
    今は皇太子&夫人としてすましこんでいるあのお二人も、随分とお下劣だったんだなと思います。それをまたどんどん外に流すマスコミもすごい。日本だったら取り返しのつかないとになりそうですね。

    雑談です。本日、目についてのセカンドオピニオンを受けてきました。実は「黄斑前膜」という病気が進行しているので、できるだけ早く手術をするようにという、クリニック院長の厳命に悩んでいたのです。
    隣県の総合病院の眼科部長さんに直々に検査してもらい判明したこと。
    「あなたは黄斑前膜については全く正常です。手術をする必要は全くありません。そのお医者さんがおかしいです。ただし、ちょっと気になるところが別にあります。まあ今のところは経過観察で良いでしょう。」

    嬉しかったけど、ちょっぴり残念な結果でもありました。
    でもとりあえずこれで、病院通いはおしまいにしたいです。
    mayuさんもどうかお体お大事に。

    • mayu より:

      やしまさん

      今年は皇室の動きも新型コロナのせいでストップしているので皇室のことは
      あまり書けない状態ですが、やしまさんはじめ、私より皇室に詳しい方々の
      コメントを読むのも楽しく、今のような状態でコメ返しをしながら細く長く
      継続して行きたいと思ってます。

      昔は父兄会でしたねぇ、その後に父母会があったと記憶していますが
      母のいない子が可哀想だとかで、今は保護者会になっているようです。

      愛子さまはご優秀と頻繁に書かれるけど、実態がわからないんですよね。
      見た目は可愛いんじゃないかな、とは思うのですが。

      今の皇室は欧州王室やタイ国のような破天荒な皇族がいない、
      眞子さまの件が上手く解決されれば元の皇室に戻ると思うのですが
      これで結婚されたら、もう皇室も末期症状だなと諦めるしかないかな。

      エリザベス女王の子供4人いて、離婚3人。自由度、忍耐力の欠如かな。
      その点、日本の皇族はいろいろありましたが偉い。

      「黄斑前膜」検索してみましたが、黄斑変性症とは違う病気でしたね。
      で、セカンドオピニオンの診察では正常と言われて、良かったですねぇ・・・
      と言いたいところですが、気になる所があり経過観察。
      手術するより良かったんじゃないでしょうか。手術と言った眼科医はヤブ医者認定( ゚Д゚)
      私は今は眼科の点眼液もつけていません、歪みもほぼ無くなりましたが
      眩しくてサングラスをかけないと運転できない状況ですが、この程度ならと
      思う事にしました。あちこち身体にガタがくる年齢なので気を付けなくちゃですね。

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。
    最上川が大変な事になってますね。mayuさんの御住まいの場所の大雨はその後どうですか?

    両陛下はご進講12回目?ですか~今回は「大変ですね」←こういう台詞付きの報道がない様に思います。私が見落としているかも知れませんが…

    ヘンリー王子とメーガン夫人は、一体どんな風になりたかったんでしょうね…
    以前もコメントしたと思いますが、結婚式なんて英国王室は凄く気を遣ってるなぁと思いました(*_*;
    感謝の気持ちは少しもないのかな…あの牧師さんのお話の時の、落ちそうな蝋燭は忘れません。ウィリアム王子も弟を心配して言ったのだろうに、キャサリン妃も大変でしょうね。

    左耳の調子はどうですか?早く腫れが治まる様に願ってます。私も耳掻きの回数、結構多いのかも…

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      私の住んでいる所は大雨も降りましたが、私は耳鼻科と生協に買い物に
      行ってきました。天気予報で大雨とのことで買い物客は少ないだろうと
      思ったらとんでもない、火曜日スタンプディで相変わらずお客が多かったです。

      両陛下のご進講、もう12回くらい受けているんですか~~( ゚Д゚)
      「大変ですね」などの報道は新聞社、テレビ局が書いていることで
      実際はどんなことを話したのか?? 分かりません。

      黒人と白人のハーフで、見た目が白人ではないメーガン妃を王室に受け入れて
      チャールズ王子はメーガンの付き添いをして、気を使った、お金も使ったでしょ。
      そうそう、あのアメリカから来た牧師の説教は凄かったです。
      説教台が揺れていましたね(苦笑)

      お陰様で耳も肩と腕も少しづつ良くなってきました。
      耳かきはついやっちゃいますよねぇ。

  4. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。
    九州から東北へと自然災害が続いていますね。
    東北といってもとても広いと思いますので、報道しきれないところもあると思いますが、mayuさんのお住まいのあたりはご無事とのことで安堵しております。
    私の両親は秋田出身(幼少時)ですので、気になっています。(親戚がたくさんいます。)

    私は個人的には宮城県に本社のある会社に勤めていましたので、東北とはご縁が強いようです。

    ヘンリーご夫妻は、王室を離脱しても永遠に王子と妃なのですね。
    このような特別待遇でも、まだご不満があるのでしょうか?

    お隣の国の何とか像の問題や、四国のある都市でのコロナ第一号中傷ビラや、病院のコロナ差別や、世界中暗い話題ばかりですね。
    何とか像の件は、世界中に問題提起を発信しました。
    コロナ問題、どんどん人間の負の面が表に出ていますね。
    関東圏だけでなく関西圏も厳しいです。
    mayuさんも息子さんとお会いできない状態ですが、スマホでもオンラインができますので、是非ご活用ください。
    (もちろんパソコンでも(^^♪)

    耳が痛いと眠れなくなりませんか?
    どうぞご自愛くださいませ。

    • mayu より:

      マグノリア姐さん

      日本も自然災害が多くなったような気がしています。
      東北は秋田県でも滅多に豪雨にならないので、豪雨、水害には
      ちょっと甘いところがあったかもしれません。
      台風も大きな台風と騒がれても、いつもよりちょっと強いかな?
      程度で過ぎていくので、これからは要注意で過ごさねば・・・
      地球温暖化で変わってきているのかもしれません。

      ヘンリーは一応王子と付くのですが、付けたくなかったのでヘンリーと
      書きました、正式にはサセックス公爵ヘンリー王子で、王子なんですよね。
      暴露本は読んでいませんが、王室を出た恨みつらみでも書かれて
      被害者意識に酔っているんじゃないかな。

      韓国の土下座像、実際に土下座した鳩山も変な人でした。
      変な国とは関わらない方が良いです。
      最近、大阪で新型コロナ感染者が多くなりましたねぇ。
      若い人が多いそうですが、もう新型コロナと共存して生活するしかないのかも。

      昨日の夜は入浴しシャンプーもしたのですが、腫れがなかなか治らず
      やや痛かったので鎮痛剤を飲んで寝ました。
      次から次へと嫌になってきます(ノ_・。)

  5. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは。記事の更新ありがとうございます。
    耳かき、私も好きでやりすぎてしまう気持ち分かります。竹の耳かきを使って掻くと気持ち良いですが、やり過ぎると、耳の穴に傷が付きますよね。幸い私はそれで耳鼻科にお世話になったことはないですが、痛くなって暫く放置、知らぬ間に治っている、なんてことはよくありました。mayuさんも、早く治りますように。

    それにしても、暴露本の言うことが本当だとして、ヘンリー王子が「兄の引き立て役が嫌だ」と思ってらっしゃるとしたら呆れますね。いやいや、初めからそういうものでしょう…
    兄と弟がいつまでもライバル関係だというのは分かります。私の夫の弟、何かと兄の真似ばかりするんじゃないかと思うことがあります。結婚式から、私ども夫婦が式を挙げた同じ式場で、ほぼ一年後に弟夫婦が式を挙げ、私どもの子供が学習塾に通い出したら、程なくして、弟夫婦の子供たちも塾に通い出し、といった具合です。実害はないですし、私は何も言わずスルーしていますが、少々びっくりします。子供の頃から比較されて、大人になっても負けたくないという気持ちが強いんでしょう。
    ですが、飽くまで一般人だから好きなことが出来、努力して実力で弟が兄を追い抜くことも可能、というだけで、生まれつきのご身位で全てが決まる王族は、事情が全然違いますよね。
    メーガン妃に感化された面は相当にあると思いますけども、始めからヘンリー王子も少々分かってない人だったんじゃないかと、私も思います。そして、某小室氏に感化されたお姫様も、しっかりされているように見えて、元々分かってない人だったんじゃないのか…残念ですね。

    • mayu より:

      狗児さんも耳かきが好きですか、竹の耳かきは強く掻くと傷つけるでしょうね。
      私も左手でやったので傷ついたのだと思います、耳の中には気持ちよくなる
      ツボでもあるのかしら、と思うくらい無性に耳かきしたくなります(笑)

      昔々は日本も長男教、男子誕生を喜ばれましたが、今は兄と弟の格差は
      無くなりました、寧ろ長男の方が損だと思うことがしばしばあります。

      王室では長男は将来の国王と決まっているので、引き立て役などと
      思うことが変だな、と思いました。そんなに目立ちたくてバカなことを
      やっていたのか、目立ちたかったらもっと勉強して兄よりレベルの高い
      大学に進学したら良かったんじゃないか。キャサリン妃より美しい
      女性と結婚したら良かったんじゃないか、なーんて思いました。

      狗児さんのご主人の弟さんは真似をしているのか、良い事だからと
      兄に見習っているのか、ご主人をかなり意識しているみたいだね。
      色々と真似をされるのは、他人、知人、友人でも嫌なものです。
      私も高校の滅多に合わない友達から、ピアノ、水泳など真似されていました(苦笑)

      眞子さまも世間知らずのお姫様で感化されているとしたら、早く覚醒して
      欲しいです、自然に連絡を取らないフェードアウトから小室Kが諦める。
      このパターンを望んでます。

      • 狗児 より:

        mayuさん
        ご返信下さりありがとうございます。
        初めて知りましたが、ヘンリーは、父親が違うと言われていたんですか!ウィリアム王子はダイアナそっくりですが、ヘンリーは、チャールズ皇太子そっくり、あれだけ似ていたら父親が違うなんて言われようもないと思っていました。お父さんに似ていることは、いいことなのに、両親が不仲なせいで、本人に罪はなく可哀想ですね。

        真似されたら不快、私も本音ではそうです。しかも、お金を出せば真似できることばかり。進学や仕事、本当に努力が必要なことは真似できてないですから、上っ面だけ真似して満足なんかな?と思います。結局当人の納得が行くかどうかでしょうから、こちらがどうこう出来ません。私はいらん事言うと、兄弟仲にも響きますからスルーするのみです。
        しかし、どうも頑張る方向性が違うというか、ヤンチャをやって目立とうとしていたヘンリーと共通するものを感じます。イギリスのやんごとなき身分の方も、日本の田舎の私どものような庶民も、似たような所があるんだと思うと、少し楽になります。

        • mayu より:

          狗児さん

          今でこそヘンリー王子はチャールズ王子に似たような顔になりましたが
          小さい頃は誰に似たんだろう?と思うような顔でした。
          DNA検査したとかしなかったとか、いろいろ噂が出ていたのですが
          その後、ダイアナ元妃も亡くなってしまいました。
          ウィリアム王子は小さい時からダイアナ妃にそっくりで、少年時代の
          ウィリアム王子はイケメンでしたねぇ。
          ヘンリー王子の兄へのコンプレックスは多少なりともあったかもしれません。

          兄弟でもあんまり真似をされるのも嫌ですよね。お金を出せば真似できる
          というのも、自分は考えず兄の真似をしたらいいだろう~的なのかな。
          私の場合は私が始めた趣味をことごとく真似していましたが、中途半端に
          頓挫して別の趣味をしているみたいでした(苦笑)

  6. クロワッサン より:

    ヘンリーとメーガンと比べると、mayuさんの仰る通り、秋篠宮さまと紀子さまは、兄上夫妻に対し、いつも出過ぎないよう出過ぎないようと、気を遣っています。

    あんだけ、ネットなどで理不尽な叩かれ方されて、兄上夫妻の何倍もの公務をされて、不満を爆発させない。スゴい忍耐力です。可哀想です。

    だから心配です。秋篠宮さまと紀子さまの身体と精神がポッキリ折れないか。

    前にも書きましたが、紀子さまは我慢ばかりしてないで、体調が悪いと、たまには休まれたらいいですよ。

    それに引き換え、メーガンは面倒な公務もしなくていいし、故郷のアメリカに住み、口うるさい義理の肉親もいなくて、お金はガッポリ。メーガンの理想通りですね。

    耳の炎症は痛いですよね。わたしは、綿棒でmayuさんより耳をほじくり過ぎて、鼓膜が破れ中耳炎になりました。激痛でした。わたしも、医師から耳の掃除はしなくていいと、言われました。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      年代が違うので比べるのは悪いのかな、とは思いつつ、ヘンリー夫妻と
      秋篠宮ご夫妻を比べてしまいました。
      ヘンリーもメーガンも我が儘なんでしょうネ。

      その点、秋篠宮ご夫妻はよく忍耐していると思います。
      眞子さまの件が無かったら、こーーんなに批判されることも無かっただろうに。
      お陰で天皇皇后夫妻が持ち上げられています。
      前々から、紀子さまは疲れたら休んで欲しい、働き過ぎだと思っていました。

      ところで、綿棒で耳をほじくり過ぎて中耳炎って凄いんじゃないですか。
      細い綿棒だと奥の奥まで行きそうですが。中耳炎は痛いそうですね(>_<) 私は竹製耳かきでグリグリして傷ついて炎症を起こしたようです。 耳掃除しなくても自然に取れると言われましたが、そういう問題じゃなくて 耳を掻くのが気持ち良いんですよね(^^;)

  7. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございます。
    東北の豪雨災害、心配しておりました…。
    令和になってから地球ごと時代が変わるかのように天変地異が起きてるように思います。きっと恐竜だって氷河期が来るとは思ってなかっただろうに、地球は周期的な天変地異を繰り返しているようです。
    昨年の夏は40度を越えるような日があったり台風で首都圏が打撃を受けたりしました。今年は長雨で野菜の値段が恐ろしいほどに…、農家さんのご苦労が忍ばれます。
    さて、アメリカの次男夫婦。ハリーは元々王室への反抗心のような事件を独身時代から起こしてきました。メーガンとの結婚はもしかすると同族婚だったのかもしれませんね。
    その昔母から「ゲーセンに通うような女にはその程度の男しか寄ってこない」と言われたのを思い出しました。
    ハリー自身は王室の義務や構成員としてのプライドが頭のどこかにはあったのかもしれませんが、ただのセレブなメーガンと結婚したことで、お貴族セレブに傾いた。そんな印象です。
    mayuさんの仰る通り、次男夫婦と言う点では、先代の常陸宮ご夫婦も秋篠宮ご夫婦も良くできたお嫁様方です。
    さて、日本のお馬鹿な姫宮と、英国お騒がせ元王子夫婦、どちらも長い歴史の中で、伝統としきたりの多いお国柄、始末の悪さはどっこいどっこいな感じがします。
    そう言えばYouTubeに「天皇皇后のご進講に意味はある」といタイトルの動画が上がっていました。
    タイトルだけしか見てませんが、中身は想像がつく気がします。
    アゲアゲでも、誹謗中傷でもない、フラットな報道が見てみたいものですね。

    • mayu より:

      nonoさん

      私の知る限りでは東北って物凄い豪雨災害ってない所でした。
      台風被害も少なくて自然災害では東日本大震災が大きかったのですが、
      地球が少しづつ変わっているのかも。

      ヘンリーもダイアナ元妃の死亡事故の他、父親が違うのでは?など
      いろいろ言われたり、勉強もウィリアム王子のようで出来なかったので
      大学進学せず軍隊に入りました、羽目を外すことも多かったし兄に対して
      コンプレックスを持っていたのかもしれませんね。

      王室も皇室もお金に不自由はしないけど、セレブじゃないんだけど
      メーガンがセレブと勘違いして王室入りをしたのか。
      ともかく王室離脱し今後アメリカでどのような生き方をするのかな~
      なにをしたいんだろう~とは思いました。

タイトルとURLをコピーしました