旧宮家から愛子さまの婿取り、政略結婚の危機!?

皇室

出ました~~旧宮家から愛子さまの婿取り記事。

スポンサーリンク

旧宮家から愛子さまの婿取りを!雅子さま母の苦悩・政府驚計画が進行中

まだネットに上がっていないので簡単に引用、要約と感想など書きます。

4月19日に予定されていた秋篠宮殿下の「立皇嗣の礼」が延期されたことに伴って、安倍政権は皇位継承策の議論もその後に延期することに決めました。立皇嗣の礼は秋以降に延期の予定で高位継承策の議論も6ヶ月以上遅れることになります。女性自身5月5日号より引用

安倍政権がワザと議論をおくらせているような書き方をしていましたが今は、皇位継承策議論どころではない、武漢発新型コロナ感染拡大が止まらず、大型連休明けまで非常事態宣言が解かれるか、継続されるかの瀬戸際で、大事な「立皇嗣の礼」も延期になっている、6ヶ月遅れになったからと言って皇室に大きな影響があるとは思えません。とにかく、現状は新型コロナ感染を押さえる為に国民も必死なのです。 政府にとって皇室なんぞ二の次、三の次、五の次くらいの状態です。

「立皇嗣の礼を行えば『次の天皇は秋篠宮家になる』という印象を内外に与えることになります。その状況で議論を始めれば『愛子天皇』を望む声はやや弱まるのではないでしょうか。女性天皇容認の世論が弱まるタイミングを待つために、議論を立皇嗣の礼の後に先送りしたとも感じてしまいます」象徴天皇制を研究する名古屋大学大学院准教授の河西秀哉さん

上皇の無理矢理「生前退位」から、棚ぼたで「徳仁天皇誕生」この時点で、秋篠宮殿下が本来は「皇太弟」の敬称でも良かったとは思いましたが継承順位一位を示す「皇嗣」になられました。これは順番通りのことで「立皇嗣の礼」の前から皇位継承策議論をする必要はないですよ。秋篠宮皇嗣殿下、次は悠仁さまと、悠仁さままでは男系男子で繋げられるのは確実なのですから。「愛子天皇」は、眞子さまと小室Kの結婚問題から大きくクローズアップされただけで、悠仁さまがいるのに「愛子天皇」など論外だし、そもそも幼い時から高校になっても身体が丈夫でない、頻繁に学校を休まれていた愛子さまに天皇は務まりません。やはり男子でなければ一番重要な祭祀、国事行為含めて無理でしょ。



旧宮家に未婚の男系男子7人を皇籍復帰する方法と内親王との結婚

そして出てきたのが、4月15日 産経新聞
<独自>皇位継承で「旧宮家復帰」聴取 政府が有識者ヒアリングで 論点整理への明記が焦点に

政府が安定的な皇位継承策の検討に向けて実施している有識者への意見聴取で、戦後に皇籍を離脱した旧宮家の復帰に関する考えを尋ねていることが15日、分かった。安倍晋三首相は皇位の男系継承維持の重要性を主張しており、政府が今後まとめる予定の論点整理に皇位継承策の一つとして旧宮家の復帰が初めて明記されるかが焦点となる。記事引用・画像出典 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/200415/lif2004150091-n1.html

 

20代以下の「未婚の男系男子」が旧宮家に7人ほどいる。その為、女性・女系天皇に反対する一部の保守派は「旧宮家の皇族復帰」を求めている。政府が検討している旧宮家男子の「皇籍復帰の方法」。「現存する宮家に養子に入る」「皇籍取得」「旧宮家の未婚の男子が内親王と結婚」

旧宮家の未婚の男子と結婚する可能性があるのは、愛子さまと佳子さまだけ。政府は特に天皇陛下のお子様である愛子さまが旧宮家から婿取りすることを念頭に置いているのでしょう。(皇室担当記者)
中略
愛子さまと旧宮家の男性が結婚すれば、そのお子様は「男系」ということになり、愛子さまのお子様に「男系男子」が生まれれば、皇位継承資格者が増えるとともに女系天皇の誕生を阻止できる。

皇統維持の為に「政略結婚」させられたという印象を強く持たれてしまう。上皇陛下と美智子さまの結婚、天皇陛下と雅子さまの結婚、それらは『恋愛結婚』でした。だからこそ世間の風潮と合い、国民から支持されたのだと思います。天皇陛下は周囲が推薦するお妃候補が何人もいたが、ご自身の思いを貫き、雅子さまを選ばれたのだ。引用 女性自身5月5日号

男系男子で皇統を繋いできた皇室の伝統を簡単に壊すことはできません。その伝統を皇族方はあまりにも軽く見過ごしてきた結果が、今のような惨状になってしまいました。惨状とは、悠仁さま1人しか若い男性皇族がいないこと。

女性自身は記事で、上皇夫妻と天皇皇后夫妻が恋愛結婚だと書いていますが、天皇陛下などお妃候補だけは沢山いましたがことごとく断られ逃げられていました。片思い結婚、押し切り結婚、小和田恒氏による策略結婚と言っても良いくらいでしょ。

7人くらいいる男系男子の旧皇族の方々からお断りされることも有り得るのですが、佳子さまなら・・・と言う方もいらっしゃるかもしれません。眞子さまは無理。

私の、私の理想としては、悠仁さまには今からお妃候補を選んでいただいて(幸いお茶の水中は女子が多いので今からでも)大学卒業と共に結婚、海外留学したいなら夫妻で留学でもいいでしょう。語学に堪能でなくても良いので、健康で丈夫で5人くらいは産める方と結婚して頂く。できれば、佳子さまに男系男子の旧皇族と結婚して頂き悠仁さまの藩屏になって頂くことかな。そのうち、女性自身の記事もネットに全文載ると思います。その時に、愛子さまに婿取りが良いのか、出来るのか読んでみてください。



コメント

  1. やしま より:

    それらは『恋愛結婚でした』に目が点に。

    恋愛結婚だったのは、秋篠宮殿下ご夫妻と、まあまあ準恋愛が三笠宮ひげの殿下と高円宮殿下だったんじゃないと。ひげの殿下は数年待ち続けたし、高円宮は「Will you merry me?」ってプロポーズしたんですよね。雅子さまの場合は一番乗り気だったのは雅子さまの両親だったのでは。

    そして上天夫妻。これは完全にセッティング婚です。上天陛下って、15歳過ぎからは結婚大作戦が始まっていて。でも見合いしては断られ。男性的魅力に乏しかったみたいです。何十人逃げられたことやら。で、このお見合いに乗り気になったのは、聖心女子大。大学として推薦リストに載せてきた。カトリック国内普及のビッグチャンス!!
    今さら成績を公開したら、あっと驚く普通の成績の美智子様を総代に!盛大な「盛り」と「推し」がありました。
    結婚前の美智子様のあだ名は「お月様」
    お顔、真ん丸でした。最初は超美人じゃなかったっす。結婚してからおキレイになられました。

    皇族との結婚というのは、双方ウインウインの関係でないと難しいかと。典型的なのが容子さまと裏千家。本当は出雲大社側としても、ウインウインを望んだんでしょうにねぇ。これは双方思惑違いになってしまいました。私、残念ですよ。出雲と伊勢の子孫がまた皇室に入るのもよしかなぁ~と思っていたので。(典子さんに即女児誕生なら悠仁様と7歳違いでした。今となっては幻ですが)

    そういう意味で、愛子様のお相手。ウインウインだと婿さん側が思われれば、まとまるかと思います。愛子様はある意味扱いやすいかも。結婚してもお飾りでよろしいと親からして思うでしょうから、お子さんは生まれてくれないと困りますが、そのほかの気働き等は、輿入れ先の方々もあてにしてないんじゃないかな。

    反対に佳子さまのほうは、うまくいけばとてもうまく行くと思いますが、佳子様は気性がハッキリしておられるしご自分をお持ちなので、そういう意味では難しいかもしれません。ウインウインとは関係がなさそう。そして佳子様的一番のネックは、やはり姉上のカレシのことでしょうね。この二人がくっついてしまったら、男系男子家はもちろん、名家もみんな逃げていきそうな気がします。

    ※内容違いでごめんなさい。
    猫だにゃおんさんの直近ブログが気になって、ちょい調べてしまいました。「(ブログ主名) 本」で検索すると、本当に出版物の紹介が出てきました。ビックリ!
    お名前も、お暮らしぶりもみんなわかってしまうのは、今の時代ちょっと危ないかも。ただ1968年当時に18歳だとしたら、今は69歳位。「後期高齢者」はちょっと違うのでは?多分にゃおんさんと同齢ぐらいだろうと私は思いました。
    (意味不明な方はゴメンナサイ)

    • mayu より:

      やしまさん

      天皇皇后夫妻が恋愛結婚に一番目が点になりました。
      ナル天皇の片思いか小和田パパの野望か、雅子さま自身は
      当初は乗り気じゃなかったんじゃないかな。

      上皇は60年も昔なのに、なぜにそんなに断られ続けたのでしょうか。
      男性的魅力に乏しいだけですか。
      徳仁天皇の方がモテない印象が強いのです(笑)

      容子さまと裏千家の結婚報道は当時、週刊誌を見て裏千家の御曹司が
      お気の毒に思ったものでしたが、意外に上手くいったのか3人子供に恵まれましたね。
      典子さんの結婚は失敗でした、いずれ離婚するんじゃないかな。
      愛子さまは結婚に際して3人くらいお世話係をつけて結婚でしょうか(^^)

      佳子さまも眞子さまの件を見てよくよく考えて相手を選ぶと良いのですが。
      眞子さまにはもう少しマシな男性と知り合ったら~と、今更ながら残念です。

      猫ださんのブログを見てきましたが、コメントに貼られたリンクを
      辿っていったら本当に本を出版していてでれでれさんが買ったみたいでした。
      で、Rさんて高卒で留学したのですか、学生時代の友人とかなんとか
      ブログに書いていたような、忘れましたが。私も本を買って読んで見ようかしら。

      • やしま より:

        「雅子さんではダメですか?」とナル殿下が周囲に訴えていた話は有名なので、ナル殿下はお好きだったんでしょう。雅子様のお気持ちは?ですね。
        なぜ明仁殿下のご結婚がなかなか決まらなかったかというと、明仁殿下が生真面目で男性的魅力に乏しかったみたいですが、私思うに、この方の時代は「現人神」時代で、責任は超重い。男子は絶対産まねばならない、妃としてのプレッシャーも今よりずっとあったのではと。

        reさんが何歳で留学したかは、この本を買って読めばわかる、わけですよね。わかった折にはぜひなんとなーくお知らせいただけたら嬉しいなぁ~というのは私の全くの野次馬根性です、スミマセン。

        • mayu より:

          やしまさん

          雅子さんではだめですか、は当時は雅子さまに対して失礼な言い方だなと思いましたが
          あれだけ「結婚しません」と言っていたのに婚約速報で小和田雅子さんと出た時は
          仰天したものでした。
          やっぱり健康な男子最低でも2人はいないと男系男子を継続させるのは
          大変なことで、3人、4人いるとプレッシャーも比較的軽くなりそうです。
          常陸宮殿下に男の子がいたら、かなり違っていたでしょうね。
          reさんですか、あまりよくブログも読んでいないのですが
          本も買うのを忘れていました。Amazonで売られているのかしら。

  2. いつしょう より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。
    赤系なので、写真の雅子さまは中国共産党の婦人、愛子ちゃんはチマチョゴリに見えてしまいましたw。ずっとお気に入りののび太君は成長して東出くんのような高身長イケメンになったと書かれておりましたが、かの俳優さんはああなりましたね…愛子ちゃんと会話もせずよそに本命女性を作るという偽装結婚ならあるかもしれません。そもそも愛子ちゃんが公務かつ出産、育児というイメージが全くわかないのです。

    佳子さまは「一個人の~」と言っているので、また変なのを連れてくるのか、それとも小室には良い印象は持ってなくて好きなタイプは地味な人だという記事を見たことがあるので結婚は別でちゃんとしてくれるかもしれません。
    眞子様の悲劇は祖父母、両親が民間との恋愛結婚でフィーバーを起こしたことで「自分もそうでなくては」と、逆に見合いは嫌という呪いをかけてしまったことです。そして祖父母はともかく両親は完全恋愛でも、学習院の中でもクロちゃんのように暗黙で選抜されたメンバー間の恋愛なのだと気づかなかった鈍さ。
    せめてKK事件は悠仁様の教訓になったと思いましょう。

    • mayu より:

      いつしょうさん

      そういえば、愛子さまにはのび太君がいたのでした。

      愛子さま、簡単な公務くらいは出来るかもしれませんよ。
      卒業式でも簡単だけど挨拶していましたから。

      愛子さまにはお世話係3人くらいつけたら出産、育児が出来る、というか
      お世話係に育児をお任せでも良いんじゃないでしょうか(^^;)

      眞子さまは小室Kが近づいてコロっと恋愛に落ちてしまったことや、
      学生のうちに結婚相手を見つけておきたい、この気持ちが大きかったでしょうね。
      どのような結末を迎えるのか、小室Kと結婚しそうで嫌だな。

  3. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    「愛子天皇」を望む声が弱まりそうです??
    立皇嗣の礼と絡めて、こんな風に煽る様に書く週刊誌って変だなと思いました。

    それと、両陛下は恋愛結婚って事になっているんですか。(私、両陛下のご結婚が恋愛結婚と思った事は一度もないです)
    上皇ご夫妻は、今から思えば「テニスコートでお見合い」みたいな感じか?
    週刊誌って、やたら恋愛結婚が素晴らしいみたいに書きますよね。

    「政府は愛子さまが旧宮家から婿取りをすることを念頭に置いているのでしょう」(皇室担当者)
    皇室担当者、何気に重要な事をさらっと書いてますが…どちらかと言うと愛子さまは「ちゃんと大学に通えるのかな」とか、体調などが気にかかります。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      週刊誌が「愛子天皇」と書かなければ、一見声が弱まった風には思えるかも。
      週刊誌は愛子天皇と書き過ぎだと思います。

      徳仁天皇と雅子さまが恋愛結婚って・・えっ??と思いましたよ~
      最近こそ雅子さまが徳仁天皇にベッタリ寄り添ってますが、一時期は
      仮面夫婦みたいによそよそしく見えましたけど。
      上皇夫妻は見合い恋愛かな、お見合い結婚でも仲の良い夫婦は沢山いるのにね。
      皇族は身元がしっかりした方とお見合いが良いです、小室Kが出てきてから
      ロクなことがないです。
      愛子さま、男系男子の方を婿取りできるならそれはそれで良いと思います。
      降嫁して一般人になるのも大変そうじゃないですか(^^;)

  4. nono より:

    mayuさんこんにちは!いつも有り難うございます!
    この週刊誌の書き方だと、愛子さまには旧皇族からでしか婿が来ない。と思ってるともとれますね。
    mayuさん同様私も見た目の印象だけを切り取っても佳子さまは選んでも愛子さまは無いかなぁ。と思います。
    更にいえば、佳子さまと旧皇族の男子での結婚が成るなら、愛子さまは両陛下含め尚も自由に為さるような気がしますね。
    陛下の嫁取りは時代も恵まれませんでした、結婚して家に入る、という考え方自体を否定する様に、女性が社会に大きく出ていけるようになり、バブル経済の中で欲しいのはセレブリティであり、伝統を守るような重荷は嫌だと言う時代であったと思います。
    ま、何れにせよ、悠仁様までは皇位継承に何ら問題はなく、必要なのは、健康で出来れば見た目の良い女子を早くからお側におき、自然妊娠ではなく計画妊娠を受け入れる子を妃として迎えることですね!
    最近、私の不妊治療に通う病院では(色々費用が高め)20歳くらいでブライダルチェックを行い、計画妊娠、出産をして人生設計をした方が良いとよく聞きます。
    実際そう思う子が多いのか、若い子で、話を聞くと結婚時に駅前の5千万位するマンションを買えるような結婚した子が多いです。
    悠仁様に必要なのはこう言うお嬢様かな、と思ったりもします。
    ま、宮さまににはご自身の経験捨て置かれ、未来のための布石きちんとして頂きたいですね!

    • mayu より:

      nonoさん

      現状未成年男子は悠仁さまだけで皇族先細り、だけど男系男子で皇統を繋けたいのなら
      愛子さまに旧宮家の単系男子7人から婿入り、それで愛子さまが男子を出産されれば
      男系男子で続けていける、このような感じでした。
      結婚してくれる方がいれば、私は愛子さまでも良いのですが(^^)
      お相手の好みもありますからね、愛子さま最近は可愛らしくなられましたし
      可能性ゼロでも無いとは思うんです。

      ともかく悠仁さまには早くお相手探しをして、男女産み分けも出来るような
      時代になるでしょうから、男の子三人産まれれば良いですね~♪

      20才くらいで計画出産と人生設計ですか、産む気満々でそういう女性も良いですね。
      家の娘は不妊治療2年くらいやって、38才で1人目、39才ギリギリで2人目で
      雅子さまも体調が良ければ年子で出産も可能だったでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました