秋篠宮ご夫妻 感想文表彰式に出席*眞子さまの結婚延期いずれ発表と皇嗣職大夫

秋篠宮皇嗣ご一家

【注意】ブログ記事とコメントを勝手に使いyoutubeにアップしないでください。

小中学生と懇談している秋篠宮ご夫妻の表情がとても柔らかくて優しくて好き!
子供たちと接している時の秋篠宮殿下はいつも同じ目線で語りかけて
子供が好きなんだろうな~ってつくづく思います。代替わりでの公務多いですね。

秋篠宮ご夫妻は7日午後、東京都千代田区の経団連会館で開催された第65回青少年読書感想文全国コンクール表彰式に出席された。これまでは皇太子時代の天皇陛下が数年おきに出席しており、昨年は皇后さまも17年ぶりに同席した。代替わりに伴う公務の整理で、今回は秋篠宮ご夫妻が初めて出席した。秋篠宮さまは表彰式で「一人でも多くの人々が本に親しみ、さまざまな人の気持ちに共感し、心を豊かにすることができる読書を身につけていただくことを期待いたします」とあいさつ。ご夫妻は続いて開かれたパーティーで、表彰を受けた小中学生らと笑顔で懇談した。記事と画像出典 時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020020700913&g=ryl

画像出典
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200207/k10012277051000.html
https://www.gettyimages.co.jp/editorial-images



眞子さま結婚延期発表から2年 皇嗣職大夫「何らか発表あるだろう」

そりゃあ~いつかは何か発表をしなきゃならないでしょう。
国民がこれほど注目しているのに軽くスルーされちゃたまらないわ。
発表の時期、当初は2月初旬、早めに発表すると思っていたのに残念!
暫くは発表されそうもなさそう。令和初の天皇誕生日と一般参賀があるから。
それが終わった3月初旬はどうかな? 立皇嗣の礼まで約1ヶ月半では無理か。
すると次は5月27日に園遊会があり、これも令和初とつく。
やっぱりあれか・・・小室圭氏の奨学金がどうなるか決まってからになるのかな。

ともかく立皇嗣の礼が滞りなく終わることを祈るのが先で次は早く小室圭氏と
縁が切れますように・・になるのかな。

眞子さまの揺れ動く気持ちを想像する

眞子さまの皇族としての責任のある判断に期待と何が何でも室圭氏と結婚したい、
これを逃したら結婚する相手はいない、一生独身で皇室に止まることになるかもしれない。
高円宮家では2人降嫁した。家柄だけ良くても愛のない結婚をした典子さんを見ると
やっぱり好きな人と結婚した方が幸せになれる。

でもでも、絢子さんを見ると国民に祝福されて結婚をしている。
お相手も圭君とは違い安定した職場で働き見た目も品性があると国民から言われ
お見合いから恋愛に発展した結婚で2人ラブラブだった。何もかも順調で子供も生まれた。
絢子さんは幸せを独り占めしているように見える。

長女の承子さまのお相手はメガバンに努め優秀だという。
長身の承子さまよりも身長が高く、ネットでは5等身、顔デカと言われる圭君より素敵だと
何かと比較されてしまう。でも私は見た目より好きな人と結婚したい。

三笠宮彬子さま、瑤子さまのように38才、36才になっても結婚のけの字も出て来ない。
一生皇室に居残って年を取って売れ残り、結婚できない女、と言われたくない。

でもでも国民の80%が圭君との結婚に反対している。
お姑さんになる圭与さんのいろーーんな悪い噂も沢山出てきて、圭君はマザコンのようだし
まさか学費まで借金しているとは知らなかったわ。お父さん、おじいさん、おばあさんまで
自殺していたとは・・・ネットでは私と圭君親子だけでなく両親、妹、弟まで
猛批判され続けている。これで私が圭君と結婚宣言したら両親だけでなく、特に将来天皇になる
弟にまで大きな迷惑をかけ皇室全体が揺れてもしかしたら皇室不要論まで出るかもしれない。
あ~~私はどのような決断をしたら良いのだろうか。以上は私の想像で書いてみました。

秋篠宮家の長女眞子さま(28)と小室圭さん(28)の結婚の延期が発表されて
2年が過ぎたことを巡り、秋篠宮家を補佐する宮内庁の加地隆治・皇嗣職大夫は
7日の定例記者会見で今後の見通しについて「(いずれ)何らかの発表があるの
だろうとは思っている」との見方を示した。発表の時期は「何とも申し上げられない」
とし、天皇陛下の誕生日(今月23日)や4月の立皇嗣の礼などを念頭に「(秋篠宮家が)
行事を考慮に入れて考えられるのでは」と述べるにとどめた。
記事と画像出典 毎日新聞https://mainichi.jp/articles/20200207/k00/00m/040/430000c

【お知らせ】ツイッターしてみました。今、いろいろ練習中でわからない所が沢山!
パソコンからなので反応悪いし絡まれたら止めるかも(苦笑)飼っていたハスキー犬のアイコンです。
https://twitter.com/o6KTErT78B2ASVw



コメント

  1. すばる より:

    やしまさん
    >400万円を返さないのは事実です

    元婚約者さんが[かなりのおっちょこちょい]で、400万円を教育費として貸したというのが、彼の思い込みだったら・・・。話はまるで違います。

    入学金や留学費用は金額と期限が明確なので、入学金や留学費用に使ったという元婚約者の証言の信ぴょう性は、送金日と金額を照らし合わせる事で確認出来ますが。全く違うんですよ。彼自身は教育費として送金していたが、別な事、結婚準備に使っていたかもしれません。

    • mayu より:

      すばるさん

      元婚約者がおっちょこちょいであろうが、教育費の名目で貸したのが
      生活費、結婚準備に使おうが貸したことは事実なのだから、少なくても
      ICU在学中の留学費用のために見せ金として200万円ヘルプに貸しているので
      せめて200万円借りたものは返すのが当然でしょ。

      結婚準備って、まだ納采の儀もしていないのに何に使うんですか。
      圭与さんの服とか圭君のスーツですか・・・

    • やしま より:

      >すばるさん

      要するに、あなたは、全国民の中で1%はいると言われている「小室圭擁護派」なんですよね。
      Fさんのお部屋に出没しているあの方と、同じ方かしら?
      そんなに擁護派がいるとは思えないから~~

  2. すばる より:

    >納采の儀の使者のなり手がいない状況で、

    黒田家の時は黒田さんに近い年齢の黒田家の従兄弟が使者となり、職業や肩書きは公表されていません。守谷家は守谷家の近親の男性ではない代わりに、社会的に高い地位にある親族を立てました。守谷家によって前例が出来、使者が同姓の三親等内の男性に限られないなら、血族ではなくても良い、姻族でも良いなら、圭さんにも使者のなり手は居るのだと思います。
    ですから、父方の祖母の家系や母方の祖父の家系が気になるのですよ。

    絢子様の時は、守谷姓ではない親族が使者でしたが。それ以前、典子様までは、同姓の三親等内の親族が使者を務めました。例えば、黒田慶樹さんの時は黒田姓の従兄弟。千家国麿さんの時は千家姓の叔父。使者は姓を同じくする同族の近親(三親等内)の男性が務めるという慣例だったのでしょう。ところが、守谷家の時は姓の違う親族で続柄も公表されなかった代わりに、使者の職業や肩書きが発表されました。慧さんとは血の繋がらない姻族かもしれません。

    小室圭さんの父親の兄弟は、養子に行った弟しか居ません。つまり、近親者(三親等内)には小室姓の男性が居ない。慣例通り小室姓の近親の男性を使者に立てるよう求められたら、なり手は居ないのです。

    >婚家と疎遠にする、KKのお父さんの法事にも出ないなどは、もしかしたら圭与さんは祖父の遺産相続後に姻族関係終了届けを出している可能性も有りではないでしょうか。

    取材を受けている小室家の親族は、祖父の長兄が継いだ小室本家とその親族。そもそも姻族ではありません。姻族は養子に出た義弟ですが、そちらの話は全く出ませんね。夫が跡取りでも跡を取る前に亡くなった場合は、当主の財産や祭祀がダイレクトに孫にいき、未亡人が亡き夫に代わって当主となり家の祭祀をする事が出来ない。祖父の代から始まった小室分家は祖母が亡くなった時から圭さんが当主。そこをはっきりする為に、未亡人があえて小室家の祭祀に出ないとも考えられます。信子妃もそうですね。

    >銀行の業務も沢山ありまして外回りの営業、窓口、システム開発、

    確かにそうなんですが。守谷慧さんの所属部署をご存知ですか?所属部署まで報じる方が少ないですし、報じていたとしても覚えている人がどれだけ居るか。殆どの人は知ってて会社名でしょう。そして、何かあれば、皇室の親戚の〇〇さんの会社と報道されますよ。末端宮家でも内廷皇族と同じ赤坂御用地に暮らすので、一般的な親族関係より繋がりは深いと考えられます。特に高円宮家は両陛下のデートをセッティングしたキューピットですから。

    • mayu より:

      すばるさん

      それで何が言いたいのでしょうか。
      承子さまとA氏との結婚はできないということでしょうか。
      それは私もわかりません、高円宮家のことですから。

      それとも眞子さまは小室Kと結婚するのに何の問題もないというこでしょうか。
      使者がいなくても大丈夫そうなコメントですが。

      すばるさんのコメントは私が投稿した記事とどんどんずれていくんですよね。
      結局なにを言いたいのか回りくどいコメントは疲れます、簡潔に書いていただきたいです。

  3. すばる より:

    やしろさんではなく、やしまさんですね。
    大変失礼しました。

    • やしま より:

      皇族は政治的利用をされてはいけないことは確かに法律で決まっているかもしれませんが、それは皇族の身分である限りであり、結婚して平民になってまでその縛りが及ぶとはどこにも書かれていないはずです。

      「皇室典範第十二条
      皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる。」

      以上です。皇室会議にかける必要もありません。
      なので、「この職業の男性とは結婚してはならない」とはどこにも法律的記述はありません。あるというのなら、具体的に法律名の記述をお願いします。

      マスコミの話を聞いていると、弁護士こそ、皇族女子の結婚相手としてふさわしくない、ということが以前言われていた記憶あり。週刊誌にも書かれていたはずです。だのに今、K氏が目指すものは、弁護士です。
      確かにアメリカの弁護士かもしれませんが、日本においても「外国法事務弁護士」として働くことは可能です。これこそ、特定の方や特定の団体の利益に供与する活動をするわけですから、お相手としてふさわしくないと言われても仕方がないのでは?

      400万円を返さないのは事実です。そしてそもそも、400万円なら、返そうと思えば返せたお金だと誰もが思っています。カヨ氏は、ケーキ屋のパートを辞めた後無職のはずなのに、そんなに生活に困っている様子はありません。それこそどこかに別収入があるのなら、普通にパートで働いて、そのお金を返せばいいだけでしょう。そして自分は他の収入で今のように暮らせるのだから。

  4. すばる より:

    やしろさん、遅くなってすみません。
    千家家の家系図が分かり良かったです。

    >>メガバンク勤めでは皇族と結婚できない。
    >→これに依拠するものは何ですか?辞めたのは本人の意思であり、赤メガバンク勤務のままでは眞子様と結婚できないから、という理由はどこにも示されていません。その皇族と結婚できない説は初耳なので、ぜひ論拠をお示し願いたい。

    皇室の方々には公平性が求められ、特定の人や特定の団体の利益に利用されてはいけないという事が法律で決まっています。もし、元皇族が配偶者で天皇が家族親族の社員がいれば、それだけで宣伝効果は抜群、信頼性も高まり他社より断然有利でしょう。利用するつもりはなくても、結果的に利用した事になり、皇室を会社の利益に利用したと批判されれば反論は難しいです。また、採算が合わない店や工場はどんどん潰し、多くの人が職を失っても、その地域が寂れても自社を守るのが民間企業です。メガバンクは回収できない会社の融資を止めて倒産させる事がよくあるでしょう。自分達の利益を優先し、それゆえに利益が相反する相手を蹴落とす事もある民間企業勤めが天皇の家族親族の仕事として相応しいですか?
    皇室や政府・宮内庁はこういう事は絶対に言いません。民間企業にお勤めの方々を侮辱する事になりますから。
    黒田慶樹さんも三井銀行からの転職組で、婚約内定はちょうど都庁勤務が銀行の勤務期間と同じになった頃。「母親の近くに住む為」というのが転職の理由だと報じられました。

    >>圭さんの父方祖母の家系と母方祖父の家系、なぜ全く触れないのか。
    >→そこまで発表する慣習がないからではと思います。

    実家の財力によっては佳代さんが生前贈与を受け自力で返済が可能。本当に返済能力が無いのか、母方の祖父や祖父の家系を調べないと本当の事は分かりません。
    マスコミは宮内庁が公表していない事をいろいろ探って記事にしていて、小室家の経済力を問題視しているのに、そこをスルーっておかしいでしょう。
    祖父の元々の家が持ち家で土地付きであれば、数百万円の相続はある筈です。

    • mayu より:

      すばるさん

      銀行の業務も沢山ありまして外回りの営業、窓口、システム開発、
      メガバンならもっと沢山あると思います。

      地方銀行ならまだしも、既にメガバンクであること、システム開発部門、
      末端宮家でそれほど大きな影響力があるとは思えません。

      KKの父方祖母、母方祖父の家系よりも、圭与さんの実弟すら
      なんの仕事をしているのか、どこに住んでいるのさえ報道がありません。
      納采の儀の使者のなり手がいない状況で、婚家と疎遠にする、KKのお父さんの
      法事にも出ないなどは、もしかしたら圭与さんは祖父の遺産相続後に姻族関係終了届けを
      出している可能性も有りではないでしょうか。

  5. やしま より:

    すばるさんのコメントは、いろんな意味で興味深いので、深掘りの形で問いかけさせていただきたいと思います。

    >メガバンク勤めでは皇族と結婚できない。

    →これに依拠するものは何ですか?K氏との一番最初の一方では、K氏の勤務先は「三菱U●J銀行」と、誤って報道されました。ここに就職したのは確かで、しかも丸の内の法人関係営業まではわかっています。そして辞めたのは本人の意思であり、赤メガバンク勤務のままでは眞子様と結婚できないから、という理由はどこにも示されていません。その皇族と結婚できない説は初耳なので、ぜひ論拠をお示し願いたい。

    >千家家は皇族のご親戚

    →千家家の家系図は調べてみたのですが、中山家との関係等全くわからず。明確に家系が示せる書物等ありますか?この目で見てみたいです。

    >圭さんの父方祖母の家系と母方祖父の家系、なぜ全く触れないのか。

    →そこまで発表する慣習がないからではと思います。それを持ち出したら、そもそも「美智子上皇后」の正田家の家系図を見ると、美智子様母方祖母の名前は空欄です。「副島」という名字はわかっているものの、下の名前は結婚当初から不明のままです。ご存じなら教えていただきたい。

    • やしま より:

      千家家の家系図、詳細なものがネットで見つかりました!

      「近現代・系図ワールド 千家男爵家 家系図」
      にて、確かにありました。
      これについては、新しいことを教えていただき、感謝いたします。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、再び失礼します。

    あわわわ…(((・・;)
    先日のコメントに
    「今更、発表の時期などどうでもいい。今まで散々皇室の行事に気遣ってきた割には、国民含め周りのストレスが増すばかりで
    (眞子さま、すみませんね)
    それならば発表して(皇族方ももやもやしてたと思う)心新たに日々を送れば」…と言う心の叫び(?)が出てしまいました(汗)。

    私もきょうだいの一番上で、親も徐々に育児に慣れ肩の力が抜けるのか、自分と違う対応を目の当たりにすると時々ずるいと思う事もありました。
    が、眞子さまあんなに愛されてお生まれになったのに…ご両親殿下はお忙しく、寂しかったのかも知れませんが。
    第一子は一番下の子と比べ、当たり前ですが親と居る年数が長い。思春期あたりのそういう自分との折り合いがつかないまま、28歳になってしまったのか…
    それをK氏に話すのではなくて、ご両親殿下に言う機会がない…なら、手紙でもいいから書いて下さい…なんて、私は職員か(苦笑)。

    長過ぎる文章で愚痴った様になり、申し訳ありません。

  7. すばる より:

    メガバンク勤めでは女性皇族と結婚できない筈です。
    女性皇族のお相手は、公益に関わるお仕事をしている事が条件。ですから、「民間企業は利益追求で駄目」と昔から言われていました。
    実際これまでのお相手で民間企業勤めは、別の形で要件を満たした守谷さんだけ。
    絢子様の夫の守谷さんは日本郵船で、初の民間企業勤めですが。婚約内定の前に特定非営利活動法人の理事になっており、別の仕事で公益に関わるという条件を満たしています。

    「お付き合いする方は、結婚を考えられる方でありたい」とは眞子様の会見での言葉ですが。「結婚を考えられる方」とは、具体的にどういう方か。
    「民間企業は駄目、公益に関わる仕事に就いている男性」という条件だけでも、女性皇族の結婚相手の条件は、一般人とは全く違いますね。

    千家国麿さんは天皇ご一家や三笠宮家高円宮家と血の繋がった親戚です。父方の祖母は、明治天皇の生母中山慶子様のご実家の出身で母方は九条家。
    でも、この繋がりについて皇室、宮内庁、千家家は全く触れていませんね。
    百合子様は入江侍従長の姪、華子様は徳川侍従長の姪、信子様は吉田総理の孫で宮内大臣も務めた牧野大臣のひ孫、久子様の母方の祖父は友田宮内庁式部官。そして、いずれの方も皇室の親戚。身内なら調査の必要無く、互いに相手の内情が分かっていて安心でしょう。
    ただ、相手が皇室の身内だと血筋や家柄で相手を選んでいる印象を与えます。現代では出したくない情報かもしれません。
    宮内庁がわざわざ言わない限り、母方の親戚や父方の祖母の親戚は父系ほど詳細に公表する必要はなく、名字が違うのでその繋がりは表に出にくい。

    圭さんの父方の祖母の家系と母方の祖父の家系について、マスコミは何故全く触れないのでしょう。

  8. 雷鳥 より:

    更新ありがとうございます。

    紀子さま、薄いピンクのお洋服がほんとによくお似合いですね〜。

    皆様のコメントを読んで
    眞子様が小室kに固執する理由やご両親に対して頑なな態度をとられる気持ちも分からんではありませんが
    何故に相手が小室kなんでしょう!!!
    もっと良い男性はたくさんいるでしょうに。
    30近くになってなお、自分探し?とか、そんなのが内親王さまの相手だなんて。
    口のウマサだけは天下一品かも知れませんが。

    小室k氏、上手くいけばNY州の弁護士ですか。
    皇后様の妹さんのご主人と同じになるんですね。
    皇后様のお父様は、この事には何ともお思いにはならないんでしょうかね?

  9. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新どうもありがとうございます。
    紀子さまのお召し物、柔らかい女性らしいピンク色で素敵ですね。今日の私のセーターの色は似たような色なので、ちょっと嬉しいです。いつまでも若々しくお可愛らしい紀子さま、目標にしたいですね。

    そして、「眞子さまの件はそのうち発表されるだろう」ですって?まあ、なんて他人行儀な。きつい言い方してしまいますが、「この問題が正しい方向に片付かなければ、皇室存続の危機ですよ?そうしたら、皇嗣職も無くなってしまうんですから、皇嗣職大夫さん、あなたも失職するじゃないですか?‼︎」と申し上げたいです。あまりの危機感の無さに呆れます。
    やしまさんが仰っているように、眞子さまは、厳しく育てられ過ぎて、反動が来た結果が小室氏なんじゃないかと私も思っています。
    私の友人で、立派な旧家の出身の人がいますが、その子も実家にいる間は絵に描いたような品行方正なお嬢さんで、男のおの字もなかったのに、就職して一人暮らしを始めた途端に、人が変わったように次から次へと遊び始めました。信じていた男性から裏切られたり、色々辛いこともあったようでした。もう今では彼女も落ち着いて良い家庭人ですが、きっと、ご実家にいる間は相当良家であるが故の抑圧があったんだろうと思います。抑圧、それから開放された時の反動って本当に怖いな、と私は心底思いました。
    眞子さまを見ると、その人のことをいつも思い出してしまいます。私の友人と同じように、時が経つにつれ、本人も納得して、悪い男性とは袂を分かち、落ち着いて行かれることを願うばかりです。

    • mayu より:

      狗児さん

      紀子さまのスーツは優しい春色で顔色を明るく見せる効果がありそう。
      年を取ったら明るい色を・・と言われるのですが、こういう色は
      ちょっと若くて私には似合いそうもないです(^^;)

      皇室の行事、儀式など合わせていると、どんどん発表が伸びてしまうので
      思い切って発表したらいいのに・・・と思ってます。

      確かに眞子さまは厳しく育てられたでしょう、だから海外での単独公務も
      素晴らしくどこに出しても恥ずかしくない内親王ですが、結婚相手だけは
      悪かったですねぇ。小室Kがしぶとく辞退しないとは当初は思いませんでした。
      抑圧からの反動、タガが外れる状態でしょうか。
      とにかく初めての子、長女って凄く損です。

  10. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^ ^)
    先日の事件でクローズアップされた音大附属高、昨春あそこに進学した生徒さんがいた関係で、ちょっとバタバタしていました。

    秋篠宮さまご夫妻の温かいお人柄が、よく伝わってくるお写真ですね(^。^)スモーキーなピンクのお召し物の紀子さまも、本当におきれいです。お顔のオウトツなど、まったくおありにならなくて…やはり元々のお美しさと不断のケアの賜物ですね☆
    天皇陛下ご夫妻が会われる人々や子どもたちは、心なしか表情がカタイというか、無表情に見える時が多くて、やはり何か感じ取っているのかも…なんて思います(^^;目は口ほどにものを…ですよね。

    眞子さま…。この時代ですからネットは使いこなされているでしょうし、昔のお姫さまとは事情も環境も違いますよね。もう少し賢いお方かと思っていたのですが…。他者の声に耳を傾けない頑固な方のようですから、mayuさんの仰るように、仮にお友達がいらしたとしても、だんだん離れて行ってしまわれたかもしれませんね。
    絢子さんは、小学校時代からの良いお友達がいらっしゃいましたね。守谷さんにも会っていただいて、絢子さんはこのお友達に守谷さんの印象や感想、助言を求めていらしたのですよね。お母さまのお言葉をはじめ、素直に人の言葉を聞かれる在り方は、やはり周りからも愛されると思います。確かに過去にお付き合いされた方はあまり…でしたが(笑)。でもこうして国民に祝福される、お幸せなご結婚をされましたものね(^ ^)

    • mayu より:

      イリスさん

      その事件では生徒にも聞き取り調査などいろいろあったでしょうね、ご苦労様でした。
      紀子さまは色白なので淡い色がお似合いです、50代でこの色を着こなして似合うとは
      さすが~です。それに無理に作り笑いしているのではなく自然体なのがいいですネ。

      眞子さまと小室Kの付き合いは長く、それも早々に結婚前提のお付き合いをしたので
      なかなか踏ん切りが付かない乙女心は分かるのですが・・・
      生木を裂くような別れ方は可哀想、でも皇室に小室家は無理。

      高円宮家は恋愛と結婚は別、とのドライな考え方なので
      承子さまも早く結婚されるといいですね。

  11. やしま より:

    昔の週刊誌記事に、紀子様が母として、長女眞子様のしつけに対しては、かなり厳しいということが書いてありました。

    皇室に入られて、決して後ろ指を指されまいと、それはもう懸命にお育てになられたんだと思いますが、眞子様にとっては、「外ではニコニコしているのけど、私に対してはとてもしつけに厳しかったお母様。それが妹にはかなり緩くなり、弟に対しては溺愛。何で私にばかりこんなにきつく当たられたのだろう・・」とか、思ったんじゃないかなと、今さらながら思うんです。

    例えば身内だけの会で、「お父様」と眞子様がおっしゃったら紀子妃に「殿下とおっしゃい!」ときつく叱られ、周りの方が「身内だけの集まりだからいいのでは?」ととりなしても聞き入れてもらえなかったとか、清子様がなさっておられるからと、嫌がる眞子様に日舞をやらせ、やはり続かなかったとか。

    妹は長じるにつれ美貌となり、マスコミからチヤホヤされる。弟は全てにおいて特別扱い。頭でわかっていてもその落差がどうしても感情的にはついていけない。
    両親の公務は激務になるばかりで、自分の心の深淵など取り合ってもらえる暇もない。

    眞子様は私から見ると「愛に飢え続けた子供」だったのではないかと。。

    ICU入学して、学習院女子とは全く違う世界に驚き、喜び、仲良しになった山守氏を眞子様はお好きになられたかもしれない。でもその後にいろんな情報が流出し、眞子様はお母さまには叱られ、山守氏の両親からハッキリお断りされて、かなり傷つかれたことでしょう。
    その心の隙に、ドンドン入り込んできたのがK。身分の差とか、そんなものは全く動じないKに、眞子様は心の安らぎを得てしまった。そして「私を真実愛してくれているのは、K君だけ!」と、ひたすら思い込んでいるのかも。

    おまけに、もう婚約できると道筋がついたころからは、「皇室のタブー話」も、夫になるのだからと、かなり暴露してしまったおそれあり。今となっては、にっちもさっちも行かない状態になってしまっているのかもしれません。

    皇室には確かに秘密があります。
    美智子様のお母さまが週刊誌に「私が真実を暴露したら、100人の方が困る」と昔告げていた。
    今は100どころではないかもしれませんね。

    その「言ってしまった秘密の話」まで含めて、本当は眞子様の心をケアサポートする「医師団」が必要なんだと思います。雅子様のようにね。その方に橋渡ししてもらわないと、この状態は、K氏がニューヨークで母子ともに生涯暮らせる目途がついて、あちらから「婚約辞退」してくるまで、ずっと膠着状態。誇り高き眞子様は、自分が暴露した内容を周囲に告白したくないでしょうし。

    その間、ご両親は立場を悪くし・・というよりか私は、佳子様、やがては悠仁様のご縁談にも非常に悪影響を及ぼすことになるのが、すごく嫌です。

    • mayu より:

      やしまさん

      目は大丈夫ですか。 眞子さま日舞をやらされていたんだ~
      当時の天皇皇后にとっては初めてのお孫さんでどうしても注目の的になり
      紀子さまも恥ずかしくないように育てなきゃ!と必死だったのでしょうね。

      長女というものは本当に損な役割り、生まれだな~と私も実感しています。
      美人になった佳子さま、写真集まで出されて同じ姉妹なのに・・・と
      心穏やかではなかったでしょうが、自分には圭君がいるからと心の支えに
      していたんだろうし、小室Kも上手いこと言っていたのかもしれません。

      美智子さまのお母さまの「私が真実を暴露したら、100人の方が困る」これは
      結構有名ですよね。どんな真実があり誰が困るのか知りたいわ~(^^;)
      眞子さまが話した秘密を暴露したら圭君は日本に住めないどころか
      もしかしたら地球にも住めなくなるんじゃないかな。
      秘密を知ることは意外と怖いことですよね、特に特権階級のある人の秘密は。

      ともかく一日も早く白紙にして欲しい~~

      • やしま より:

        目のことご心配いただきありがとうございます。手術は成功したので、右目は1.5まで視力UP。手術していないほうの左目が0.1なので、ガチャ目の極みです。手術したほうの目は、PCに向かうと、目の右端がパシパシ光るのですが、これは慣れていくより仕方がないそうです。あと術後、眼圧が高いのがちょっと心配かもしれません。ほぼ毎日医者に行き、毎日同じ検査をして、毎回数千円取られる生活が、この先もかなり続きそうで、ゲンナリ。ただここ、朝イチで行けば、時間的には早く終わることが判明。他の時間に行くと3時間待ちなんです。
        とにかく検査検査で、しょっちゅう来いですから、患者さんが増えるの当たり前ですね~高齢者ばかりです。緊急を要する患者さんには向きません。いろいろ学んだので、次は研究してからお医者さんにかかる予定です。

  12. ラミリー より:

    mayuさん、こんばんは。嬉しくなってTwitter先におくりました。アイコンはスターウォーズのBB8です。鍵かけてますが、フォロー押してくだされば、こちらにフォローリクエストが表示され、私が気づいてタップすれば、相互フォローになります。
    今回の記事のmayuさん流眞子さまの気持ち。こうだったらいいなあと思います。ここまで考えておられず、ひたすらkくんと結婚したい一念かもしれず。困ったちゃんですねー。

    • mayu より:

      ラミリーさん

      試行錯誤でツイッターをやってみましたが、なーーんだか私にはあまり
      合わないような気がしています。マメじゃないので・・・(^^;)
      眞子さま、小室Kを取るのか、皇室を取るのか揺れ動きますが
      ここは決断して貰わないと。小室Kには困ったものです。

  13. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    秋篠宮家の皆さんは子供が好きなのが良く伝わってきます!
    紀子さまのスーツは薄いピンクでしょうか、暖かい色味で良いですね♪
    お話しのとおり、先ずは立皇嗣の礼が滞りなく終ることが優先で、眞子さまのご発表時期はさらに先でしょうか、とは言え今年はオリンピックがありますから夏までには発表して欲しいですが、案外オリンピックの最中にこっそり発表にしそうです…。

    • mayu より:

      nonoさん

      秋篠宮ご夫妻は本当に子供好きが表情に出ていますね。
      無理していないです。紀子さまのスーツは若々しいピンクベージュで
      とてもよく似合ってます。眞子さま、佳子さまにも似合いそうな色ですね。
      皇室行事を優先にすると発表の時期がどんどん伸びて行くので
      オリンピック期間中でも良いですよ、白紙発表なら(笑)

  14. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新ありがとうございます。

    紀子さま、ピンクベージュのお召し物がお似合いです。mayuさんの仰る様に
    子供さんと会話している
    両殿下の表情がいいですね!

    皇嗣職大夫「いずれ何らかの発表あると思う」…って、本当ですかね??
    私は白紙になるのなら
    (乱暴な言い方かも知れませんが)発表するのに、行事・儀式に気遣わなくていいと思います。
    今まで、他の皇族方も落ち着かなかっただろうし
    もう発表した方が(白紙限定)案外清々しく行事・儀式に臨めるのでは…
    かなり勝手な考えですが。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      色白の紀子さまには淡い色が似あい、ピンクベージュのスーツで若々しいですね。
      紀子さまも笑顔も良いのですが、今回は撮影者が良いのか秋篠宮殿下の表情が
      とっても素敵でした。

      眞子さまの発表はいずれなんらかの発表はあるとは思いますが
      私もその時期が~~はっきりしなくて早く発表した方が良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました