代替わりをしてから秋篠宮ご夫妻の公務が増えたようです。
今日14日から天皇皇后から引き継いだ「全国育樹祭」式典臨席のため沖縄県に訪問され
到着されると糸満市の国立沖縄戦没者墓苑を訪れ献花され、沖縄県平和創造の森公園を訪れ
上皇ご夫妻が在位中の平成5年、「全国植樹祭」で同地に植えられた
リュウキュウマツとフクギの成長を確認し、枝打ちや施肥などの手入れをされ
その後は「全国育樹祭」のレセプションが開かれた糸満市のホテルに足を運ばれ
夏に悠仁さまと3人で懇談された「豆記者」とロビーで再会されました。

引き続き病気療養中の雅子さまに合わせた緩い公務に比べると、なんとも忙しい
秋篠宮ご夫妻の動きです。
天皇皇后両陛下は奈良への移動だけで1日使いますからね。
でも、見た目はとっても元気そうですが、雅子さま病気なので仕方ないですね。
一部の週刊誌に事実と違う事を書かれてストレスにより体調不良の美智子さまに比べると
事実と違う事を沢山書き続けられてきたであろう紀子さまのメンタルの強さは凄いです。
しかし、紀子さまも秋篠宮殿下も生身の人間で、50代半ばになりました。
若い時のようにバリバリ動くのも段々辛くなってきます。
二人に倒れられたら世間の人達は改めてこのご夫妻の底力を感じると共に、
今の皇室ではなくてはならないお二人であると実感されるはずです。




秋篠宮ご夫妻は14日、「第43回全国育樹祭」の式典臨席などのため
民間機で沖縄県に入り、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑などを訪問された。
式典は15日午前に宜野湾市で行われ、同日午後には10月末の火災で
主要な建物が全焼した那覇市の首里城をご覧になる。記事出典産経新聞

秋篠宮ご夫妻 戦没者を慰霊

ご夫妻は那覇空港から糸満市の国立沖縄戦没者墓苑に向かい、献花台に
花を手向けて先の大戦での戦没者を慰霊された。献花後、県遺族連合会や
県平和祈念財団の役員らの列に歩み寄り、秋篠宮さまは、語り部活動を
する遺族らに「伝えていただくことはすごく大事なことですね」などと
声をかけられた。ご夫妻はその後、同市の沖縄県平和創造の森公園を訪れ、
上皇ご夫妻が在位中の平成5年、「全国植樹祭」で同地に植えられた
リュウキュウマツとフクギの成長を確認し、枝打ちや施肥などの手入れをされた。

育樹祭は代替わりに伴う公務の分担で、天皇、皇后両陛下から秋篠宮ご夫妻
が引き継がれた行事の1つ。同県での開催は初めて。記事出典 産経新聞


沖縄県平和創造の森公園で、肥料を与えられる秋篠宮ご夫妻=14日午後、沖縄県糸満市

秋篠宮ご夫妻 夏に懇談の「豆記者」と再会

沖縄県を訪れている秋篠宮ご夫妻は14日、ことしの夏休みに
記者の仕事を体験する「豆記者」として東京を訪れた沖縄の
子どもたちと再会し、懇談されました。
「全国育樹祭」の式典などに出席するため、沖縄県を訪れている
秋篠宮ご夫妻は、14日午後5時半すぎ、「全国育樹祭」の
レセプションが開かれた糸満市のホテルに足を運ばれました。
ロビーでは、ことしの夏休みに記者の仕事を体験する「豆記者」
として、東京を訪れた沖縄の小中学生10人が出迎えました。
記事・画像出典 NHKニュース

画像出典 まとめました
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191214-00000100-kyodonews-soci
https://www.asahi.com/articles/photo/AS20191214001787.html
https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/191214/lif19121418150017-n1.html
https://www.sankei.com/life/news/190815/lif1908150040-n1.html
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191214/k10012215321000.html