秋篠宮ご夫妻はフィンランド訪問前にヘルシンキを舞台にした
映画「かもめ食堂」を公式訪問前に鑑賞したそうです。
若い女性から中年女性まで(高齢の女性もかな?)家具、インテリア、食器など
北欧ブームのきっかけになった女性に人気だった日本映画です。
私はCSで見ましたが、どうにも退屈な映画でやーっと最後まで見ました。
好みの問題でしょうねぇ(^^;)


紀子さまのフィンランドでのファッションは到着した日のクリーム色のスーツが
レース素材を使用したのか、スカートがカットワークになっていて素敵でした。
大統領表敬訪問の時に着用したワンピースとトゥルク市を訪れた時に着用したスーツを見ると
スカート部分が同じで、もしかしたらトゥルク市訪問の時は短いジャケットを重ねたのかな?
と思いました。画像の色が違って見えるのですが、室内、屋外、撮影者で微妙に色が
違って撮影されることもあるので、はっきりはわかりませんが、とにかくスカート部分が
同じに見えました。大統領表敬訪問の時に被った帽子が可愛らしいです。
無名戦士の墓に献花の時の白いスーツに濃紺を使った帽子がキリリッとして良いですね。

外交関係樹立100周年を記念したレセプションでは3回目の着物をお召しになりました。
今回もうすーーいモカ茶色で地味なお着物ですが、品があって紀子さまに似合っています。
早いもので6日には帰国されます。


秋篠宮ご夫妻外交関係樹立100周年を記念したレセプションに出席

フィンランド公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は3日夜(日本時間4日未明)、
首都ヘルシンキの日本大使公邸で、日本と同国の外交関係樹立100周年を
記念したレセプションに出席された。
同国のハービスト外相をはじめとした政府関係者、在留邦人や両国関係に
ゆかりのある人ら約140人が出席。
外相に続いてあいさつした秋篠宮さまは「両国の友好関係がフィンランドの
夏の太陽のように明るく、末永く続いていくことを願ってやみません」と述べた。
画像出典http://www.bta.bg



これに先立ち、ご夫妻は南西部の古都トゥルク市を訪れ、同国最古の城
「トゥルク城」や、約700年の歴史を持つ「トゥルク大聖堂」を視察した。
大聖堂前には日本犬の愛好家らが愛犬を連れて歓迎に集まり、秋篠宮さまは
「この犬は日本から来たのですか」「来てくれてありがとう」と声を掛けていた。
時事通信  画像出典 gettyimages

秋篠宮ご夫妻、フィンランド大統領表敬 無名戦士の墓に献花

フィンランド公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は3日、首都ヘルシンキから
西に約180キロ離れた観光地ナーンタリ市を訪れ、同国のニーニスト
大統領を表敬訪問された。
ご夫妻はこれに先立ち、ヘルシンキ市内にある戦死者を祭った
「無名戦士の墓」と、同国の英雄マンネルヘイムの墓に献花。
続いて、陸路でナーンタリ市へ移動し、ニーニスト大統領が夏の間滞在
する官邸を訪問した。


ご夫妻は大統領夫妻と官邸前で握手を交わし、室内で懇談。大統領は、
日本の文学がフィンランドでもよく知られていると紹介し「私も今、
村上春樹の作品の一つを読んでいる最中です」と語った。
秋篠宮さまは両国が今年で外交関係樹立100周年を迎えることに触れ、
「人々の交流が次の100年に向けてさらに発展し、両国間の友好関係が
より深まっていくことを切に祈念いたしております」と述べた。
ご夫妻は続いて、官邸で開かれた大統領主催の昼食会に出席。
バラやライラックが咲く官邸庭園を、大統領夫妻と並んで散策した。
時事通信 画像出典 https://www.presidentti.fi

秋篠宮ご夫妻、在留邦人と懇談、訪問前に映画「かもめ食堂」を見る


フィンランド公式訪問中の秋篠宮ご夫妻は2日夕(日本時間3日未明)、
首都ヘルシンキの日本大使公邸で、在留邦人代表や日本とゆかりのある
フィンランド人らと懇談された。
日本人会や商工会の関係者、現地で活躍する音楽家ら29人が出席し、
ご夫妻は一人ひとりに言葉を掛けて回った。
現地での日本食人気が話題に上ると、秋篠宮さまはヘルシンキを舞台にした
映画「かもめ食堂」を公式訪問前に鑑賞したと話したという。


ご夫妻はこれに先立ち、市内の国立博物館や美術館、大聖堂を訪問。
国立博物館では、昭和天皇がフィンランドの初代駐日代理公使に贈った掛け軸や、
両国の外交関係樹立100周年の記念行事で使用されたみこしなどを見学した。
時事通信 画像出典 デジタル朝日




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。