上皇后美智子さま心臓の検査結果は三尖弁逆流症*来週は白内障の手術を受けるそうです

ブログ

美智子さまの心臓の検査結果、三尖弁逆流症と診断されたとのこと。
三尖弁逆流症と言われても心臓専門医でもないのでよくわかりませんが、
不整脈が生じている可能性もある、心臓収縮の際に弁が完全に閉じないため
血液の一部が逆流する症状だとか、素人にはちょっと怖いな~と思いましたが
美智子さまは11日から2泊3日で京都を訪問される予定に変更なしだそうです。
勿論、主治医も同行するのでしょうが、定期検査での経過観察で対応、
ということは、それほど重い症状ではないということかしら。

今までアクティブに動き過ぎて、特に退位前は連日お出かけ。
超人美智子さまもお疲れになったのでしょう、何より84才、10月20日には
85才の後期高齢者ですから、身体にガタがくるのも自然の摂理でしょう。

6月16日と23日には白内障の手術も受けるそうです。
片目づつ2回に分けて手術するのは、皇族も庶民も同じか・・・
私など上皇后より20才も年下なのに、白内障の手術で4カ月待ち((+_+))

白内障と聞いてやはり「美智子さまもお年なのね」
84才の美智子さまもこれから、あちこち身体に故障、ガタが来ますね。

反対に新皇后雅子さまはとても元気になられました。
目の上のタンコブが弱ってきたからかな~?(^^;)
評判悪い秋篠宮ご一家の分も引き受けて、これからどんどん活躍してください。

上皇上皇后陛下は天皇だった時から、身体の症状、病名を正式に公表していました。
風邪、インフルエンザから癌まで公表していました。
新天皇皇后両陛下も同じように、公表して頂きたいです。



宮内庁は10日、上皇后さまが心臓検査を受けられた結果、弁の機能が不十分で
血液の一部が逆流する症状が認められたと発表した。
心臓への負荷の増大が疑われ、当面は経過観察が必要だが、譲位関連儀式で11日から
京都府を訪問される予定に変更はないという。

検査は8日、宮内庁病院で実施。右心房と右心室の間にある三尖弁(さんせんべん)が
完全に閉じず、血液の一部が右心室から右心房に逆流する「三尖弁逆流症」のご症状がみられた。
逆流症による不整脈が生じている可能性があるほか、左心房と左心室の間にある僧帽弁
(そうぼうべん)が閉じにくい軽度の「僧帽弁逆流症」も認められた。

一方、同庁は10日、上皇后さまが16日と23日、都内の医療機関で両目の白内障の
手術を受けられると明らかにした。
上皇后さまは数年前に白内障と診断され、ここ1、2年でご症状が進み、医師から手術の
必要性を指摘されていた。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. 茉莉花 より:

    今晩は、京都住まいです、ものすごい雷雨です。 手荒い歓迎でしょうか?? 京都市内規制で混むので、もう出歩くのはやめて欲しいです。

  2. nono より:

    mayu様こんにちは、今日は少し晴れてお洗濯日和でしたね!皇族方皇族方はお天気を気にせずお仕事できるのが羨ましい…と感じる所謂現役世代です。
    85歳ともなれば大病はなくても何だかんだ身体に生じるものがあるのですね、私の祖父は85で天寿を全ういたしました。
    病名のつく事柄なのにお出かけは休まない、ある意味素晴らしいことと感じました。私が新卒で入った会社は夏バテのような倦怠感くらいは気のせいと言われてましたよ(笑)
    いいなぁ、皇后様…。このテンションが即位の大礼まで持てば良いのですが。
    英語に関して言えば、外務省に入るような方は当然と思うのですが、実際外務省内でも珍しい事なのかと思うような報道だらけで、そろそろ飽きてきました。
    遅ればせながら英国のトゥルーピングザカラーのフルバージョンをYouTubeで見つけたので見ようと思います。

  3. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(__)m

    美智子さまと雅子さまは、世(お花畑的な人々)の心配や同情を得て、非常に巧みに注目を集めながら、着々と目的に到達されるところが、よく似ていらっしゃる気がしています(-_-)

    皆さまの仰る通り英語は手段であって、あんなにage報道をされ続けて、逆にバカにされているようだと恥ずかしくなられないのかと不思議です(苦笑)。

    美智子さまは、京都にお出ましになれる程度のご症状なので(歓迎のお手振りや歓声を浴びる機会を、この方が逃されるわけはありませんよね)、じきにご症状は騒がれなくなると思いますが、気になるのは「目的」です(-“”-)愛子天皇、そしてKKの破談でしょうか…。破談の方だけにしていただきたいです。これはもう、KKによって利益を得る人間以外は、誰も異を唱えません。
    ですが愛子天皇は、だめです。今までも折々に悠仁さまを遠ざけるようなお振る舞いやお言葉があり、その度に嫌な予感が過っていました

    こんなに身を削ってまで皇室の未来を危惧しているのですよ、ワタクシこのままでは倒れてしまうわ、とアピールしながらあれこれを思い通りにされてきた今までを思うと、美智子さまのご思惑には油断ができません(-_-;)
    一年半のために5億を費やされた一回目のお引越しは、どうなられているのでしょうね。

  4. 山田 より:

    美智子さまは今まで婦人科系を除き、入院を伴うような大病をされたことがなく、実にご健康でいらっしゃいます。京都旅行の許可も出ているということで、今回も最高の医療を受けてきっと乗り越えられることでしょう。

    雅子さまはご結婚当初から「風邪のような症状」とか「夏バテのようなもの」みたいな病名にすらならない理由で大事な公務をお休みすることがしばしばありましたね。
    即位後のフルスロットルなご活躍が出来るようになった目覚ましいご回復に関しても何も説明がないまま。ずっとこの調子で説明なくいくのが令和流ということでしょうか。

    雅子さまの英語は、コアラの頭に鼻を押し付けて「ンーラブリー、ソーフラッフィー」と、障害があって歩行器を装着する少年に歩行器に乗った愛子様の写真を見せながら「ライクユー」ぐらいしか耳にしたことがないですよね。
    オリンピック総会の久子さまのような、原稿を見ずに5分くらいスピーチされるような場面を是非見たいところです。

    皇后の務めとしては、各国要人の妻と英語で会談する以上にずっと大事なことが沢山ありますので、そちらも同じくらい頑張ってくださると良いですね。

  5. クロワッサン より:

    雅子さまが流暢に英語が喋れるという事を、大変持ち上げられていますけど、英語が喋れる事がそんなにスゴイ事なのかしら。狗児さんの仰る通り、会話の中身が肝心ですよね。

    美智子さまさまも85歳になられるのだからガタもきますね。
    お顔も年上の三笠宮百合子さまの方が、美智子さまよりスッキリしてて美しいです。

    上皇さまや美智子さまは風邪位でも公表しましたが、天皇や雅子さまは秘密主義だから、病名は隠すかも。特に雅子さまは。

    精神科医が何十年も一人きりで診察し、毎年同じ、「体調の波があるが温かく見守って」のコメント。他の複数の精神科医の診断も必要だと思います。

  6. 狗児 より:

    どんなにお元気な方でも80代にもなれば、どこか悪い所が出てきますよね。美智子さまのお顔、大変失礼ながら、ちょっと浮腫んでらっしゃる感じ?心臓が弱ると浮腫んでしまうんですよね。もうあちこちにお出かけになるのおやめになったら良いのに…その為に、時限立法までして退位なさったのでしょうに。

    前の記事のことで恐縮ですが、通訳を付けるのは、例え相手の言葉がわかったとしても、通訳者が話している間に返す言葉を考えることが出来るから、と聞きました。

    久子さまが絶賛されるのは、流暢に話せるのに加え、相手を飽きさせないウィットに富んだ楽しい会話が出来るからでしょうにねえ。また美智子さまも、留学経験がなくても、外務省に勤めてなくても、随分と努力されて英会話をマスターされたんでしょうに、そちらの方が偉いです。

    外務省にいた人が、英会話出来ることを褒められるなんて、ピアニストがハノンやチェルニーをきちんと弾けるのを褒められる、みたいなことで、そんなん出来て当たり前で、むしろ恥ずかしいくらいじゃないんでしょうか。

  7. ラミリー より:

    mayuさん、またまた新しい順をありがとうございます。もう、お休みになったかなあと思っておりました。美智子さん、病名がついて良かったですね。てんこうが不安定な京都へ来られるのですね。贅沢な徘徊ですね。一体この方は何をやりたいのか。。ひたすら旅行。。名目を作ってはどこかへ、贅沢三昧。ウンザリデスネ。kkを使って女性宮家を作り、愛子天皇を誕生
    させたいのかしら。。皇室破壊者ですね。こんどこそ、おやすみなさい。

タイトルとURLをコピーしました