宮内庁はなぜ愛子様を大学に一度も登校させないのか 八幡和郎氏の記事紹介と感想

愛子さま

こんにちは。コメントにあげなくても良いとのことで、「アゴラ」の八幡和郎氏の記事宮内庁はなぜ愛子様を大学に一度も登校させないのかを教えて頂きました。ありがとうございました。まだ読んでいなかった、と言うかアゴラまで気が回らずヤフーニュースしか見なかったので初見でした。

リンクを貼って頂いたので読みましたが、八幡氏が記事に書いたのは、週刊女性2022年01月01日号dマガジン配信は去年の12月14日でした。

この週刊女性に書かれた記事の中に、同級生たちは大学に通っているが愛子さまは”おこもり生活”を送られている。学習院大学に登校したのは、新入生ガイダンスのみ。たった1日登校しただけでリモートで授業を受けていること、等々に対しての八幡和郎氏の苦言とリベラル系の皇室報道には裏がある、と週刊誌報道への苦言もあり。「愛子様については、皇族だからそのように育てるというのでなく、子どもの時から、ご両親は学校を休みたければ休めばいいし、いやなことはしなくていいという教育方針でやってこられたと聞く」両親である天皇皇后夫妻への苦言もありました。

「休みたければ休めばいいし、いやなことはしなくていい」この文章はそのまま、雅子さまにも該当しますよね。祭祀は美智子さまが作った「お慎み」で一向にやる気無さそうです。「体調を考慮して」も良く使われます。病気を出されると何も言えません、水戸黄門の印籠と同じです。

私ははてなブログに書いていた時に、メンタルで登録したため心療内科系に通う方々のブログを読者登録しているのですが、皆さん頑張って生活しています、働いている方もいるし具合悪くても動かざるを得なくて動いて本当に必死です。適応障害を患い数年療養し職場復帰、たまに体調を悪くしても生活の為に休みながら仕事をしている方もいます。

雅子さまのような人はまず見ないんです。で、私自身も心療内科に掛かり毎日薬を飲みながら、母が施設に落ち着くまで実家通いを続けたり、施設に入っても何かと動いいるし、母だけではなく義父母、実父のことも自分なりにやりながら、更に年子で孫誕生も加わり、寝込んだこと数回。自分の身体より自分を取り巻く親子優先で来た為か、近年になって身体がガタガタしてしまいました。年のせいもあります、雅子さまより10才も年齢が上なんです、それでも雅子さまより動いています。

ブログには愛子さま批判はあまり書きませんでした。未成年だったこともありました、でも今は成年されました。そして週刊誌、ネットでは愛子さまをスーパーガール、文武両道、品位がある、愛子さまを天皇に、の言葉が躍っていますが、実際の愛子さまはどうなんでしょう記者会見を3月に延ばしたことで察しがつかないものでしょうか。愛子天皇などと言う人達は鈍感です。記事はあまり長くないので全文載せます。



宮内庁はなぜ愛子様を大学に一度も登校させないのか  八幡和郎

何週間か前の「週刊女性」が「愛子さま大学通学1日でも際立つ存在感…レポートが参考例に、教授驚かす“神質問”も」という不可解な見出しの記事を載せた。記事によると、愛子様が二年間に登校されたのは、一昨年秋のオリエンテーションに一度だけらしい。愛子様はもっぱらリモートで講義を受けられており、日本文学について良い質問をされたそうで、それを教授が参考例として披露した。そのため、「一日しか登校しないのに先生が参考例に使う「神質問」をしたのは「凄い」ということらしい。書いた記者にとっても、ほかのマスコミが絶賛の嵐というべき報道をする中で、苦渋の表現だったのかもしれない。

学習院大学では、コロナが心配で登校したくない学生のためにリモートでの履修を認めている。私の教えている東京の大学でも同じで、ごく少数、リモートでの履修を希望する学生がいたので、別プログラムを組んだ。

リモートを活用することはおおいに結構なことで、対面式は2回か3回に一度で良いような気もするが、まったくリモートだけというのは余り良くないと思うし、皇族にとって学生時代は、社会人としての常識を獲得し、他人とのお付き合いの仕方を学ぶ意味で普通の学生以上に大事な機会だ。また、異性も含めた友人と青春を謳歌できるチャンスでもある。その機会をみすみす逃してしまわれるのは、気の毒というか痛々しくすらある。

週刊朝日電子版は、皇后様とお出かけになる愛子様について「初々しい」「母親は楽しそう」「小室眞子さん結婚から新しい風」と報じているが、大学にも行かずに母子だけで過ごしていることをこういう風に表現するのは違和感がある。

いわゆるリベラル系の皇室報道には裏がある。意図した贔屓の引き倒しでそのうち持ち上げておいて逆さ落としでも企んでいるのでないかと云われても仕方あるまい。眞子さまのときも、最初から危なっかしいということで、私など書いていたのに、何年も歯が浮くような報道をしておいて、最後はリンチだった。

自宅から30分もかからない大学に2021年には一度も登校しなかった学生がいたら、どうしたのだろうかと心配するものだ。むしろ、私は「愛子さま、心配しないで大学へ行って学生生活も青春も謳歌して下さい」と励ましたい。このまま、学校に行かないまま貴重な時間を過ごされるのをマスコミがそれでいいのだとお薦めするべきとはとうてい思えない。

二年間で一度しか登校されていないという報道は、高校時代の同級生などに綿密に取材したうえでのことで、いい加減な話ではない。もちろん、密かに登校されて先生に会われたことがあるとかいう可能性がゼロでないが、少なくともほかの学生の前に姿を現してはおられない。

「週刊女性」の記事によると、「ご入学からすでに20カ月が過ぎた。しかし、その間に愛子さまがキャンパスに登校されたのは、新入生ガイダンスが開催された昨年10月24日の1日のみ」なのだそうだ。愛子さまは昨年の4月に学習院大学文学部日本語日本文学科にご入学。学習院女子高等科からの同級生はこう語っているそうだ。

「『愛子さまとキャンパスで会うことができるのが楽しみ。お近づきになれたりしないかな』などと、心待ちにしていました。しかしコロナ禍のため、昨年は入学式も行えませんでした。現在はコロナも少し落ち着き、授業も対面かオンラインかを選ぶことができますが、愛子さまはずっとオンラインで受けられています」

ご入学からすでに20カ月が過ぎた。しかし、その間に愛子さまがキャンパスに登校されたのは、新入生ガイダンスが開催された昨年10月24日の1日のみ。そして、ついに2021年は登校ゼロなのである。テストもオンラインだけらしい。

親に感染させたらまずいからという理由で学校へ行かないのでないかというのだが、たとえ80歳以上の高齢者を家に抱えていて、狭いので距離を保つわけにもいかなくても大学生の子供がおばあちゃんおじいちゃんにうつしてはいけないので大学に2年間行かないなんてありえない。

大学に行かないというのが、愛子様の選択なのか、あるいはご両親やご親戚、あるいは宮内庁の判断なのか知らないが、たとえ、宮内庁はそんな風に考えてないとしても、こういった馬鹿げた判断に対しては諫言するべきだろう。

さらに、大学へ行かずにリモートだけで済ませておいて、「学業が忙しいから」と成人に当たって皇族なら誰でも行うことが慣例になっている記者会見は三月に延期だそうだ。大学にも行かず忙しいなんてあり得ないのだから、尋常でないし、これは、やはり批判すべきことだ。

そもそも皇族というものは、気分に左右されずに、決まったときに決まったことをしっかりやるのが仕事である。

愛子様については、皇族だからそのように育てるというのでなく、子どもの時から、ご両親は学校を休みたければ休めばいいし、いやなことはしなくていいという教育方針でやってこられたと聞く。

西洋ではそういう考え方もあるにはあるし、子供のうちはそれもありうるかと思うが(といっても学習院で普通の子がそんなことするのが許してもらえるわけでなく特別扱いで宜しくないと思うが)、20歳になってもそれでいいのかは大いに疑問だ。

体調に問題がある雅子さまへの感染を非常に怖れられているということもあるのかもしれない。しかし、それが必要なら、愛子様は両陛下と別居されるべきであろう。あるいは、御所のなかは広いので、御所内でたまにしか会わないかたちだって可能なのである。大学生になって親元を離れることは珍しくもなんともないのだから、それを躊躇する理由もない。
愛子様は、苦手科目こそあるものの、文学系の勉強にはたいへん秀でておられると聞く。自分でこつこつ研究されるようなことを続けられるなら、それも人生の選択だが、皇族の数が減り、また、皇后陛下の体調不良のためもあって、公務の担い手が求められていることを考えれば、なんとか方向を少し変えて頂ければということくらい、願っても失礼であるまい。記事出典 アゴラhttps://agora-web.jp/archives/2054628.html



コメント

  1. さざんか より:

    mayuさん、
    棘だらけのコメントを承認下さいまして、ありがとうございました。
    不快な思いさせましたこと、本当に申し訳ありません。
    「嫌い」では無くて「見下していらっしゃる」と書くべきでした。
    眞子さんのゴタゴタのせいで、かって尊崇のまとであった秋篠宮皇嗣家の評価が地に墜ちました。その現れのひとつが「佳子様や悠仁親王殿下は学力も無いのに、皇室人だから忖度されている」との批判だと思います。それらの批判は、多分内廷ゴマスリ機関の週刊誌等が書き、それがいろんな反秋篠宮皇嗣家のブログに引用され、それを読んだ人が別のブログ等に転載したりコメ欄に書いたりして、ドンドン拡散、今や猛火のように拡散しつづけて、鎮火の気配も見えません。
    秋篠宮両殿下は、新婚時代にも「タイに殿下の恋人が居る」等々デタラメな噂を流され、でも父の明仁さま、母の美智子様さえ収めようとせずに放置。四面楚歌の痛ましい状態を、おそらくは内面血まみれで乗り切って来られました。今また、更にバージョンアップした非難に追い詰められ、ご一家の精神状態の悪化を危惧せずには居られません。悠仁親王殿下については、本当に東大進学させたいと両殿下がお考えなのか、一言も発言なさっていない以上、もう少しお待ちしたほうがいいのでは無いでしょうか。

    • やしま より:

      見はぐっておりました。あ。そんなこと書かれていたんだと今気づきました。
      mayuさん、コメントありがとうございました。

      私は、日本の皇室が男系男子で継承していくことを望んでいます。なので、私にとって一番大切なことは悠仁様が正しく次々代の天皇陛下になられることです。

      今の秋篠宮家。眞子様は御両親と国民の反対を押し切りあの男と結婚。国民に喧嘩を売って出ていかれました。佳子様はそんなお姉様を応援。
      そして御両親だけでも悠仁様のことを将来の天皇陛下として、しっかり育てていただきたいと願っているのに、なぜか学歴にこだわりになる。私は悠仁様を大事に思うからこそ、ごまめの歯ぎしりをしてしまう。
      そんな私の愚痴をmayuさんが聞いていただけることに感謝申し上げております。

      こんなことになる前は、秋篠宮家を深く尊崇申し上げておりました。残念でなりません。
      そんなことを思うのは、私だけではないはずです。

  2. さざんか より:

    横入り、すみません。
    やしまさんは、本当に悠仁親王殿下や佳子様がお嫌いなのですねー。
    佳子様の入学なさった頃の学習院大は、まっかっかでした。
    「大学側は、佳子様を修学旅行と称して韓国へ謝罪に連れ出す魂胆では」と情弱なわたしでさえ、はらはらするような状況では無かったでしょうか。
    後日、ほとんど通学なさらなかったと知って、安堵したものでした。
    あの福島みずほを雇ったことのある大学ですよ。
    それと、悠仁親王殿下の悪口言ってるのは、ヤフコメなどに「愛子天皇支持」などを書いているお仲間の可能性無いのでしょうか。確実な出典は無いのに、噂だけが拡散に次ぐ拡散。そんなのの手先になって、さらに拡散なさらないで。
    ま、ご近所のお子さんにさえ遠慮があって言えぬことを、将来の天皇陛下に向かって平然と言えちゃうやしまさんを、尊敬しちゃおうかなw

    • mayu より:

      さざんかさん

      承認しようか迷いました。
      やしまさんが悠仁さま、佳子さまを嫌いというのは無いでしょう。
      そもそも私と違って誰それが嫌いとのコメントは見た事がないです。

  3. やしま より:

    >アールさん

    なるほどそうですね。皇室の方々は留学なさる方が多いですから前例は幾らでもありますね。
    ただそうすると、幾つか難関があります。

    1.雅子様の精神状態 小学校時代の愛子様の遠足バス追っかけのように、雅子様のほうが子離れできない体質のようにお見受けします。皇后としての務めより、外国まで愛子様に付き添っていきそう。
    2.留学先の授業は、どんな補佐役がつくのやら。英語がネイティヴと言われながら進学した学科は日本文学でしたっけ。とにかく英語とは関係なし。
    3.外国留学までしたとなると、将来必ず公務の一環として英語でのスピーチの披露の機会が来てしまいます。語学堪能な久子妃、発音がなかなかよかった絢子さん、私てきにはここまでが公務で英語が話せそうに思える人たち。さてさて愛子様の英会話水準は?

    楽しみですね~~~

    • アール より:

      真子さん、佳子さまも直接英語と関わりない学科でしたが留学できたので行けるでしょう。

      雅子皇后陛下が付いて行かれるのは、適応障害の改善になります、と宮内庁医師団から推薦されるかもしれませんよ。
      皇室に入ってからは海外生活が出来ないのがつらい、とおっしゃっていたように思います。
      御公務は今上陛下お一人になりますが、今までどおりです。

      もしかしたら、留学中に紹介されたお相手と帰国後電撃結婚!
      海外ならお付き合いしていてもわかりませんからね。(誰かさんみたいに)
      まぁ、どうなることか、妄想ですが。

  4. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。
    こちらのブログは本当に安心感がありますね。トップページに上がってくる、「無理に愛子様アゲアゲ記事」にはウンザリです。しかしながら眞子さんの強行結婚後の悠仁様進学問題、その先も心配事ばかりですね。

    異様に寒い事やオミクロン株にも気をつけなければいけませんし、ストレス解消とはいきません。こちらへ来てホッと一息ついています。

  5. 狗児 より:

    まゆさん

    良い記事を教えて下さりありがとうございます。いやはや、八幡氏の御指摘通りじゃないでしょうか…ああ、ついに書かれちゃったんだ…と、気の毒でもあり、でも、ホントのことやから書かれても仕方ないし、特にもうご成人なさったのだから、子供に対して厳しいとか言えないし…と、色んな思いが頭を巡ります。

    幼稚園の頃から、休みがちで高校まで改善されてなかったようなのに、いきなり大学からきちんと通えるようになる訳ないでしょう。新型コロナを大学でもらってきて両陛下に感染させる訳にはいかないからリモート授業、というのは良い言い訳が出来たはずだったのに、これまた両陛下と広いお屋敷内で実質別居が出来る、とまで反論されたんですね。

    私も、こちらで何度もしつこく書いてきましたが、学校にさえ毎日通えない子が、『この日は国会の開会日だから必ずご臨席して頂かないといけない』なんて憲法で定められた厳しい天皇陛下のお役目は出来ないでしょ、と思います。摂政を置いて、ずっと代理してもらうなんてことも出来ないでしょう。

    3月のお誕生日会見がどうなることやら、恐る恐る見てみたい気分ですね。さすがに何度も練習を重ね、映像も編集して、一見ソツのないものにするんでしょうけどね。しかし、大学生の間は良くても、卒業すれば延期や欠席の理由に学業優先は使えませんからね。こちらで他の方も仰るように、早く良いお相手を見つけてご降嫁なさるのが一番と私も思います。

  6. マグノリア より:

    こんにちは。
    私は本当に情報弱者でmayuさん始めたくさんの識者の方々にこちらで教えていただくことが多々あり、そして知ることができ感謝しております。
    アゲアゲ記事が多い中このアゴラの記事は核心を突いていて、目を通して心地よさを感じました。(ヤフー他見るに堪えない記事が多く読むのもうんざりしておりました。)
    元々小中高時代も不登校の愛子内親王、たまたまコロナ禍で大学のオンライン化が進み登校しなくても授業を受けることができるようになりましたが、本当に授業を受けているのかどうかは怪しいものです。
    皇族はそもそも学歴は必要ないと思いますのでそれでもいいと思いますが、それを極端に美談化するのは辞めて欲しいです、特にマスコミは。
    本来大学って自己都合でどうにでもなるような甘いところではありません。
    大学行きたくても行けない人も一般人にはいるのです。

    最近よく皇族に生まれたくて生まれたわけではないという話を聞きます、自由もないしとか。
    眞子さんの時も言われました。
    それはその通りですが、世界中どんな人もその世界に生まれたくて生まれているわけではありません。
    さまざまな理由で生きるのに必死な人もたくさんいますし、生を受けた環境で暮らしていかなければならない、そのために学んだり活動したりしているのだと思います。

  7. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    八幡氏の考えは殆ど私と同じ方向です。
    この方の発信力がもう少し強くてマスコミがこぞって取り上げてくれると良いのにといつも思います。
    良く登場する、河西・小田辺氏等愛子天皇派にこの辺について聴いてみたい。
    愛子様が色々問題を抱えていらしたとしとも責めたりしません。
    ただありのままの報道をして欲しいものです。
    女性週刊誌の見出しにあるような、雅子様が愛子様天皇を望んでいるような記事に訂正が入らないということは、事実なんでしょうかしら?
    母親ならそんな酷なことは望まないと、普通は思うのでは?
    もしかして、パープリンの夫が出来ているんだから問題ないっしょっ?
    という認識!

  8. やしま より:

    コロナ禍でもなかったら愛子様と大学通学問題は、1年生のうちから話題になっていたことは想像に難くありません。小学校時不登校、中学校・高校スキップ登校の愛子様は、超優秀偏差値72東大進学と片方で報道されながら、学習院のうちでも偏差値は高くない学科にご入学で今に至ります。リモート学習のみという異常さは、それでようやく愛子様のついていけないっぷりを暴露されなくて済むという、まさに隠れ蓑。卒業までこのスタイルを貫きそうです。
    雅子様がワクチンを打たないので、愛子様を外に出すのが怖いのかもしれませんが、夫の天皇はそこそこ外にも出ているので、ワクチンのみの話ではない。やはり愛子様は普通のことを普通に行うのは難しい学力と私は思います。こうして粉飾し続けるのもあと2年が限界でしょう。学習院を卒業してしまえば、皇女としての単独公務が待っています。もしそれができなかったとき。国民の期待が大きいだけに失望も激しく、「皇室不要論」の声が高まるでしょう。
    それまでに秋篠宮家が失地回復していればいいのですが、悠仁様も愛子様同様、能力の高い高校へ箔付けで入学した挙句、「ほとんど高校に行かれていない」なんていうことになったら、もうどっちもどっちになってしまう。(ところで悠仁様の筑附進学については、成績が余りにも足りないので筑附側からお断りされたという噂も飛び交っています)

    学習院大学の2年間というと、佳子様も同様「ほとんど姿をお見かけしたことがなかった」話があります。こちらは本当にそうだったんだなと思うのは、2年までの単位を取れるだけ取ったなら、他大学の2年に編入できるはずが、1年生からやり直したということで、そういう単位をお取りになる気もなかったんじゃないかと。だからご親戚、似たり寄ったりなのかなと思ってしまうところもあります。(承子様の大学遍歴もかなり厳しく怪しいです)

    なので、問題はこの4年間ではなくその先なのだと。私は愛子様の単独公務のお姿を楽しみに待つ一人です。もちろん成年会見も。

    • やしま より:

      間違いました。m(_ _)m

      「他大学の2年に編入」→「他大学の3年に編入」です。 すみません。

    • アール より:

      やしまさん
      こんばんは  アールです。

      学習院を卒業したら、海外の大学へ留学かもしれませんよ。
      オックスフォード大学ですかねぇ。

      または大学院に長ーく在籍して研究に邁進されるため、御公務は難しいかも。

      コロナ禍でなかったら成人式前に海外留学で儀式無し(延期)かも、と思っていました。 

      3月、延期されないか心配しています。

タイトルとURLをコピーしました