今の小室親子は沈黙は金(かね)小室圭さんは帰国しないと思う

眞子さまの結婚問題

一度ならずも二度、三度と良い思い、楽をすると、なかなか抜け出せない。小室圭は生まれて初めてNYで本気で勉強をしたのかもしれません。

眞子さんと小室圭は「共依存」のような関係で、眞子さんは早く結婚して皇室から出たい、小室圭は眞子さんと付き合っているメリット、特にお金に対する執着心が強いとみられる小室親子にとっては、「打ち出の小槌」に見えたことでしょう。

皇族との結婚にはお金が掛かるのに、納采の儀から帝国ホテルでの結婚式、その衣装も含めて全部秋篠宮家に頼れば結婚出来ると思っていただろうし、秋篠宮家は無い袖は振れない、とのことで費用は出したかもしれません。秋篠宮殿下が出さなくても、眞子さんが出したでしょうね。

小室親子、納采の儀の使者も該当者がいないなど、段々面倒くさくなってきて結婚辞退まではいかなくても、現状のままでも損はしないですよ。損するのは国民と眞子さんの年齢かなぁ。

もう今後、眞子さんと結婚しても良いと思う、そこそこいい所の男性はいないとも思います、いつも背後霊のように小室圭の影がチラついて精神的ににかなり負担、重荷になるでしょ。

小室圭は辞退しても、解決金をせびるだろうし損はしないように出来ています。

眞子さん、30才まで結婚とよく週刊誌に書かれますが、30才に拘る理由はあるのだろうか。 ただ区切りよく30才までに結婚したいなのか。

小室圭は7月で帰国などしないと私は思います。記者会見で説明もしないでしょう。火に油を注ぐようなもので、小室圭が動く、何かするとマイナス、マイナスと印象もマイナスになっていくんです。
元々が誠実じゃない、嘘吐き、タカリ親子ですから。小室親子は今は「沈黙は金(かね)」なのでしょうね。眞子さんのことなど考えていないでしょ。



小室圭さん、現状維持がベスト? 婚約内定者であり続けるメリット

NEWSポストセブン
https://www.news-postseven.com/

ヤフーニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/a5aa5c368f5036a548a4f060ffa5ff79e2f2f681

本当に結婚を進める気があったのか“どうしても結婚したい”というお気持ちから、眞子さまは小室家を支え、さまざまな手立てを講じられてきた。もし、小室さんが眞子さまと思いを同じくしているのであれば、留学先のアメリカからいち早く帰国し、会見を開くなどして眞子さまの後押しをするはずだろう。だが、小室さんは一向にそうした動きを見せず、沈黙を続けている。不可解ともいえるその行動にはこんな理由があるという。

「小室さんからすれば『現状維持』が“最良の状態”なのでしょう。無理に籍を入れなくても、結婚を視野に入れた交際を続け“フィアンセ”であり続けることのメリットを感じているのだと思います」(別の皇室ジャーナリスト)

先月末に卒業した米フォーダム大学ロースクールの入学時、小室さんは授業料を全額免除する奨学金を受けた。年間授業料約660万円、書籍代や寮費、日米の往復の航空券代を合わせれば年間約1000万円にものぼるという。

「留学生200人中の1人」という高倍率を、法律を専門的に勉強したことのない小室さんが勝ち抜けたのは、「自分はプリンセス・マコのフィアンセだ」と自己アピールしたことが考慮されたとみられている。

「小室さんの現地での生活費用は渡米前の勤務先だった法律事務所が支給していましたが、『眞子さまの婚約内定者』でなかったら、それだけの支援をされたでしょうか」(皇室関係者)その立場にあることで、必要に応じて「皇室マネー」に頼ってきた小室さん。金銭トラブルの発覚前にも、こんな話があった。

「トラブルが明るみに出る直前、納采の儀の準備は大詰めのところまで進んでいたようです。ですが、本来は小室家が準備するべきものなのにその蓄えがなく、秋篠宮家側が費用を用立てたものもあったと聞いています」(別の宮内庁関係者)

もしかすると小室さんはそのときから、“いくらでも頼れる”ことを理解していたのかもしれない「秋篠宮ご一家は、金銭的に余裕のない小室家に対して善意で支援をされていたようですが、そもそも小室家側は自分たちでお金を準備するつもりはあったのでしょうか。実際に結婚となれば、式の費用など少なからず小室家が負担するタイミングが出てきます。ですが、これだけ秋篠宮家に“頼り切り”の
姿を見ると、“本当に結婚を進める気があったのか”と疑問すら抱いてしまいます」(前出・別の宮内庁関係者)眞子さまの誕生日は10月23日。30歳まではもう日がないが、夏に大きな動きが
あるのだろうか。※女性セブン2021年6月24日号より 記事一部抜粋、全文はURLから。

小室圭さん、五輪利用の“どさくさ帰国”で天皇陛下へ「3度目の無礼」


週刊女性PRIME
https://www.jprime.jp/articles/-/21069

1度目は今年2月、陛下のお誕生日に際する記者会見において、眞子さまと小室さんの結婚問題に関する質問が出たこと。天皇ご一家ではなく秋篠宮家の、しかも私的な事柄である結婚に関する質問に応じていただくという前代未聞な出来事でした。

2度目は、4月に小室家が抱える金銭トラブルの経緯などを説明する文書に、陛下に対する謝罪の気持ちがひと言もなかったこと。

3度目は、あえて五輪開催の直前に帰国して、陛下による開会宣言などのニュースがかき消されるようなことになったとしたら、遺憾な事態だといえます。開催期間中も小室さんの報道が過熱してしまうと五輪のニュースが減り、結果的に“五輪ムードに水を差す”形となれば、名誉総裁を務めていらっしゃる陛下に対して、大変な無礼にあたるからです。(宮内庁関係者)週刊女性PRIMEより引用

※コメ返し休ませていただいています。



コメント

  1. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。バカップル問題記事は毎日毎日トップに載っていますが、
    mayuさんの解釈を通した、mayuさんの言葉で書かれたこちらで読ませていただくのが一番です。ネット記者は何も理解せずに書いてるような。。「元々が誠実じゃない、嘘吐き、タカリ親子ですから。」この言い回しなどスカッとします。

    コロナストレス、五輪ストレス、バカップルストレス、秋頃には無くなりますように。自分の生活も色々大変で、耳鼻科と共に心療内科にも行かなあかんような気がしてきました。耳鼻科は以前の所へは遠くて行けないので、バスで駅前まで行く予定でして、心療内科も何件かあるので帰りに寄りたいです。ここ数日寝つきが悪くていけません。

    mayuさんのお身体の具合も良くなりますように。

  2. 月の砂 より:

    mayuさん
    いつも記事を更新していただきありがとうございます。
    眞子様も小室も本当に年齢を重ねたら自分たちの今の事を
    どういう風に思い出すでしょうね。

    それにしても
    >「自分はプリンセス・マコのフィアンセだ」と自己アピール
    この時米フォーダム大学側が日本の皇室に問い合わせをしなかった
    のが信じられません。
    大分後で分かり訂正を求めましたよね。

  3. ユフノ より:

    日本国民の誰もが感じていること。

    次の天皇となるべき皇嗣にもかかわらず、皇室利用されている秋篠宮家に、失意と懸念を抱きつつあること。

    皇室の事情を承知の上で、皇室利用をしている小室家の傲慢さと狡猾さには、怒りすら覚えること。

    大きくこの二点ではないかと思う。皇室としてどのように対応すべきか、日本国民の感情を改善するにはどうしたらよいのか、宮内庁としてはどう対応すべきか。今は、進むべき方向を見誤っているため、何をしても事態は悪化する方向に進んでしまっているように思う。

    もっとハッキリ言えば、眞子さまは納得しないかもしれないが、破談する方向に進まないと、日本国民の誰もが納得しないと思う。

  4. イリス より:

    mayuさん、たくさんの記事アップありがとうございます!
    なかなかリアルタイムで拝読できなくて、コメントもいつもまとめてで申し訳ありません(><)

    オリンピック…衣装面も、どれをとっても絶望的にひどいデザインです(・_・;あんなにひどいものを創る方がいたとは、ショックでなりません。もっと適任者がいらしたはずなのですが…。海外でも開催自体が非難の的ですが、日本の恥の上塗りになってしまいました。

    上皇夫妻の結婚記念日でしたか。不敬ながら私は美智子さまが昔から嫌いですので、この方が絡むと何も喜ばしい気持ちにならないのです(苦笑)。
    またもや、国民に寄り添うアピール節が炸裂でしたねf^_^;結局、あちこちにお出かけになる時の印籠として渋々打たなくてはならないけれど、出来るだけ引き伸ばして、副反応の現れ方を、生の人間の容態で知りたかったのが本音でしょう。ご自分の御身が何より大切な方です。国民はワタクシのために喜んで犠牲を払うものよ、の感覚だと思いますよ。

    そういえば、代々木公園などの木々を伐採して、オリンピックのライブビューイング会場を設営…という話に、緑を守るべきと多くの国民が反対していますが、既にこの国にはご自分一人のワガママで、大切な森を見事に潰してくださった美智子さまという大先輩がいましたね(・_・;ご自分の願いを叶えるためなら、緑を守るなど二の次・三の次なのです。

    さてコムロ氏、今の状態をズルズルと引っ張れるだけ引っ張り、眞子サンのポケット税金も引き出せるだけ引き出させながら、虎視眈々と次のステップを計画していると思います。本当に奸計だけには長けた親子ですから(ー ー;)
    フォーダムはスタンフォードのような超名門ではないものの、法律を学んだことのない学生が全額免除の奨学金を得られるほど、甘い大学ではあり得ません。眞子サンの婚約内定者だけを理由に得させたのは明白です(奥野事務所の援助も然り)。 大学が自分たちの箔付け・格好の宣伝に使えると踏んだのでしょう。案の定、他の学生さんの優秀さの現実を突きつけられて、卒業時はあの有様でしたσ(^_^;)大学側は、とんだ見込み違いだったと悔しがっているでしょう。

    眞子サンの暴走を利用し尽くして、いくらでもお金と特別待遇を得られる今の立場はたまらなく愉快でしょうね。国民の税金で丸抱えですから、二人とも自分は何も失わず、得続ける一方です。
    コロナ禍で職や住まいも失って苦しむ国民も少なくない中、こんなことが公然と許されているのですよね、今の日本は。
    申し訳ないですが、莫大な税金で眞子サンを支える意味をすっかり見出せなくなりました。

    • イリス より:

      >mayuさん、勘違いしてごめんなさい(><)
      結婚記念日は、天皇陛下でしたね。仕事柄、雅子さまのあれこれ(良いエピが皆無なところは、コムロケイ氏との共通点かも…です)も方々で聞いてきたことや、天皇陛下の残念さがひどいこともあり、さらにこんな世の中ですし、不敬ながらもう正直どうでも良い、というのが本音ですが…f^_^;

  5. やしま より:

    「幾らでも頼れる」=「幾らでも集れる」ですね。端から見ていると、小室母子にとって眞子さんは非常に頼もしいATMです。今回は渡したお金を返してと言われそうにないし。
    小室母子にとっては、ここまで学歴がステップアップできたし、後は「就職」というゴールに向かえば万歳なのではないかと。そこまではどうしても眞子さんが必要。そして眞子さんの力とお金がさほど必要でなくなり、別のATMを見つけ次第、眞子さんのお役目は御免となります。この母子が皇族の親戚になることは、実際は面倒くさいんじゃないかな。見下されるのは火を見るより明らかだし、絶対に温かく迎えられるはずもないんだから。
    眞子さんのお金=国民の税金、つまり我々こそ、いい面の皮なわけで、だからずっと怒っているわけですが、いっそ就職した途端に、日本へ帰国もせず、「婚約内定関係をご辞退させていただくことにいたしました。」と、先方からへらっと一枚文書が出ておしまいになっても、私はさもありなんと思いますね。この母子はそういう人種です。
    今は眞子さんの目がさめないことのほうが、非常に不可解です。とてもかばいようがない母子でしょうに。

    このタクシーの横顔、すごいですね。鼻と顎のラインが酷似しています。タクシーに座って、こんなに顔を上げている人って見たことがない。ドヤっているようにしか見えません。下品です。

  6. マグノリア より:

    こんにちは。
    こちらでは最も大迷惑なKK結婚騒動について。
    「沈黙は金(かね)」まさに私も同じことを思いました。
    一般常識の域として考えると、まずはこんな大騒動を引き起こしてしまったら、皇族との結婚は辞退します。
    しかし、プリンセスのフィアンセを前面に押し出すことにより奨学金などを手に入れることができたので、こんな甘い汁をみすみす手放すことはないと考えているのでしょう。
    あ~いやだいやだ。
    ここにいらっしゃる方々は、身近でお金関係のトラブルに巻き込まれている方も多く、この騒動に早く決着をつけたい気持ちでいっぱいですよね。
    皆さんの声が届かず、特権使いまくりの人に対してとてももどかしいです。

タイトルとURLをコピーしました