伊吹元衆院議長が小室圭さんに国民にしっかり説明をと苦言*嘘吐き親子だよねぇ

皇室

すみません、朝から晩までパソコンにしがみついて情報収集できません。コメントで教えて頂きました「伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言」動画と文を貼り付けました。 国会議員でまともなことを言う方がいました。コメ返しにも書きましたが、宮内庁、皇族方、秋篠宮ご夫妻だけでは問題解決は無理だと思いました。眞子さんの結婚したい気持ちは分かりました、秋篠宮殿下の結婚と婚約とは違うもほぼ分かりました。眞子さんが小室計算と結婚できるまでは2年くらい掛かるのではないでしょうか。そもそも結婚できるかもまだわかりません。一番良いのが、小室計算の結婚辞退です。やはり皇族が納采の儀もせず駆け落ちのような結婚、国民が祝福しない、大反対が多い、このような結婚はするべきではないですよ。

伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言「国民にしっかり説明を」

伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言「国民にしっかり説明を」

自民党の伊吹元衆議院議長が秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期されてきた小室圭さんに対し、国民への説明責任を果たすよう異例の苦言を呈した。

伊吹氏は最高顧問を務める自民党二階派の会合で、秋篠宮さまが誕生日に際しての会見で、眞子さまと小室さんの結婚を認める発言をされたことについて、「父親としての娘に対する愛情と、皇嗣という者のお子様である者にかかってくるノブレス・オブリージュ(高貴な者の義務)としての行動と両方の間の、相剋のようなつらい立場に皇嗣殿下はあられるんだなと思った」と感想を述べた。

そのうえで伊吹氏は「小室さんは週刊誌にいろいろ書かれる前に、やはり皇嗣殿下がおっしゃってるようなご説明を国民にしっかりとされて、そして国民の祝福の上に、ご結婚にならないといけないんじゃないか」として、母親の元婚約者との金銭トラブルをめぐる小室圭さんの姿勢に異例の苦言を呈した。

また、伊吹氏は「国民の要件を定めている法律からすると、皇族方は、人間であられて、そして、大和民族・日本民族の1人であられて、さらに、日本国と日本国民の統合の象徴というお立場であるが、法律的には日本国民ではあられない」と説明し、「眞子さまと小室圭さんの結婚等について、結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとかいうことをマスコミがいろいろ書いているが、法的にはちょっと違う」と指摘した。



秋篠宮さまが「いろいろな人の意見を聞いて欲しい」とお考えだったこともあり、年明け以降、眞子さまは宮内庁長官や参与などにも、結婚の是非や文書の表現を個別に相談していました。こうした過程で、結婚の時期を明示する文章は削除されたようです。

今年六月まで参与を務めていた國松孝次元警察庁長官は、週刊文春の取材にこう語った。「具体的な内容は明かせませんが、文書についての相談はありました。眞子さまがご自分でお決めになって、(文書の中で)言われたことは、ご立派なこと。ぜひ幸せになって欲しい」

当時、小室さんは警察の警備対象だったのですが、彼はマスコミに情報が流れていると考えたのか、出国時に警察側に「羽田空港から飛行機に乗る」と嘘をついたのです。飛行機の出発直前になって「成田から行きます」と連絡してきたので、警察側は激怒しました。しかしフライトが予定時刻より
かなり遅れたため、情報を摑んだ報道陣が成田に集結。小室さんが搭乗口を通過する姿をしっかりカメラに収めた。警察関係者は「ざまあみろ!」と溜飲を下げていました。 小室さんの警察側からの評判は決して芳しくない。

渦中の姉を一貫して応援してこられたのが、妹の佳子さまだ。

他にも、眞子さまに密かにエールを送られていた意外な人物がいたという。

「天皇陛下です。小室家の借金問題が取り沙汰されていた18年8月4日、小室さんが秋篠宮邸を訪れたことがありました。その三日後に渡米する小室さんが、眞子さまに一時のお別れを告げに来たものと見られ、その日は秋篠宮邸のある赤坂御用地に大勢の報道陣が集まりました」その日、ほとんどの報道陣は秋篠宮邸に近い「巽門」にいたが、小室さんはそれを避けるかのように、皇太子ご一家が使われる「東宮御所正門」を通った。当時、皇太子だった天皇が小室さんの通行を許可し、眞子さまをアシストされたのだ。

眞子さまも、天皇の”側面支援”を実感されていたのだろうか。今回のお気持ち文書では<天皇皇后両陛下と上皇上皇后陛下が私の気持ちを尊重して静かにお見守りくださっていることに、深く感謝申し上げております>週刊文春2020年11月26日号より抜粋

当然のように今週の週刊誌は秋篠宮殿下のお言葉と圭与さんの元婚約者の400万円返済不要、などの記事で溢れていました。 週刊新潮は私のところは田舎なので金曜日にならないと買えません。週刊文春は小室計算の生まれてから今までの総括のようなものでした。

女性自身の記事は小室家代理人弁護士は小室家の印象を悪く、悪くしていて良いですね(笑)何を今更、圭与さんが借りた430万円は学費に使っていないですか。それじゃあ何に使ったのか?明確にして貰いたい、説明して欲しいですよね。少なくとも借りる時は「留学するのに必要な見せ金」でお借りしていたはず。 200万円を留学費用に使わず他の目的に使ったとしても、借りた事に変わり無し。疲労困憊し返済しなくても良いと言った元婚約者に「問題は解決済み」と公表することを押し付けた癖に、よく言うよ。嘘吐きは泥棒の始まり。計算はこんな母親を持ったと、運が悪かったと眞子さんを諦めて潔く辞退しなさい。嫌悪感MAXでどこで暮らしても危ないですよぉ。

明日はいつもの整形外科の診察とリハビリの他に雑用があり、コメント承認が遅れるかもしれません。コメ返しも省略させて貰うかもしれませんのでご了承ください。



コメント

  1. シロガネ より:

    「意味のあるなしで言ったら、お前の存在自体、意味がねーんだよ!!」

    「サッサと、状況を説明しやがれ!!この、弱味噌がーーー!!!」

    by猪之助

    maynさん、伊吹氏の発言等記事にアップして下さってありがとう御座います。

    冒頭の言葉は、『鬼滅の刃』で炭治郎と仲間の猪之助が、昨日、放送されたアニメの中で、言った言葉です。maynさんもご存知でしょうが、『鬼滅の刃』の最終刊が発売されて、大きな話題となっております。

    先程の猪之助の言葉は、そのまま、あんな系に対して、多くの人達が思っていることをドンピシャに当てはまる、見事な言葉です。間違いなく。皇室に取ってなんの意味もない、系氏ですが、眞子内親王のみは、違いますね・・・・・。

    女性セブンでは、あんな系氏が涙ながらの会見、しかも姫宮も同席しての会見をするんじゃないかと、憶測の記事が出ておりました。

    ・・・・・国民は、このコロナの状況下の中で、そんなクダラナイ会見を見ろと、いうのでしょうか??私情優先な姫宮様の、世界の中心で愛を叫ぶ、お姿を見ろと・・・・とんでもない事です。

    『高貴なる勤め』『無私の心』『皇室は祈りでありたい』それらの言葉は、何処へいったのでしょう。

    天皇陛下は、この縁談に理解を示されていらっしゃるとか、危機意識が、足りない証拠です。陛下については、イロイロと言われておりますが、それを立証してしまったのではないかと。

    伊吹氏の発言は、本当に胸がすくう思いです。眞子内親王は、国民では、在りません。そのご自覚があれば、ご自分が何をしなければならないのか、何を間違えているのか、理解出来ると、思うのですが、ここまで来てしまったら、もう、ダメでしょうね。

    皇室の行く末が心配です。

  2. つとむん より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。皆さんのコメントもためになります。私も「幸せな時も不幸な時も」の表現はキリスト教かじりで、眞子さんはICUのチャベルでダイアナ妃みたいなウェディングドレスの式やりたいんだなと思いました。「小袿よりかわいいもん!」という幼さのみで。パレードやバルコニーからお手ふりができると思っているかもしれません。
    眞子さん、小室母子は圧力とだんまりのワルですが、空港の件や文書の対応からしてドタバタして抜けたあほなワルですね。いっそ証人喚問か先日の芸人並みのつるし上げしてほしいです。

    そして破談になったら眞子様の引きこもりを心配しているという記事もありましたが、私はいっそもうそれでいいです。あの身で将来伊勢の斎宮になったら穢れをまき散らしてしまうのではないのでしょうか。大体内定から延期になって式場などのキャンセル、参加予定じゃなかった即位の礼で新たに十二単とドレスなど眞子様一人でどれだけ労力と金が振り回されたんでしょう。

    婚約内定以来、伊吹元衆院議長という公人が発言したのは大きいのではないでしょうか。ほんとは麻生さんが言いたくてたまらんだろうけど近いので黙っていた。あとは皆「お見守り」「幸せを願う」蓮舫・辻本あたりは「おめでたいですねえ!」と満面の笑みだったのでこれは逆にやばいを証明しました。
    皇族が難しいところは秋篠宮が「稀代のワルだね!」とかつての梅宮パパのように一国民(納税も怪しいがそれでも一国民)を攻撃できないし、昭和帝の時のように周りの誰かが身命をなげうって皇族に反対意見を言えない。
    これをきっかけに続々と意見を言ってくれる人がいるといいのですが…。

  3. 静御前 より:

    mayuさん更新有難うございます。
    伊吹さんのような議員さんがもっといてもと思いますが。
    あれくらいの立場にならなければ難しいのでしょうね。
    皇女制度も簡単に決まらないでほしいです。
    借りたものは返す。当たり前のことが何故出来ない?
    記者会見を開いてこれまでの経緯を説明する。
    この二つの事はしてほしかったですね。
    借金を踏み倒した母子と言う烙印は一生消せないのです。
    残念なことに眞子さんもそれに加担してしまった。
    どう考えてもこの結婚を祝福するなんて無理です。
    将来の天皇陛下の義兄に計算がなるなんて悲しいです。
    計算母子に関わった人は皆、不幸になるような気がします。
    もう引き返せないところまで来てしまったのでしょうか?

  4. さるとび より:

    伊吹文明さんは京都では有名な人ですよ。自民党の重鎮だと思います。

  5. 狗児 より:

    mayuさん

    記事更新ありがとうございます。
    いやはや、伊吹文明氏の発言はもっとともですよ。眞子さまばかりを矢面に立たせて計算は何も言わない、との批判は、こちらでも皆さま何度もされていましたので、新鮮味はないですが、こういうニュースになるような発言力のある方が言ってくれることに意味がありますよ。アンミカさんを除き、テレビに出てくる人が軒並み当たり障りのないことしか言わなくなってきたので、喜ばしいことです。

    皇族は日本国民ではない、憲法の保障する自由がそのまま享受できるかというと、それはちょっと違う、その通りだと思います。義務教育でも習いますよ。眞子さまも勉強されてきたはずなのに何故分からないのかな?

    所で、mayuさんが貼って下さった文春の表紙、計算親子の893風で下品なこと…今朝、主人と二人で呆れました。ほんまにこの人達が皇族の縁続きになって良いんですか?と世の中に訴えかけるにはもってこいな気がします。計算の試験が終わり仕事を始めるにはまだ年単位かかるんでしょうし、その間にまだ引き返せるんじゃないかしら、と、諦めきれず思います。

  6. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。ありがとうございます。
    計算親子には嫌悪感しかありません。伊吹元衆院議長、よくぞ発言してくださいました。変な応援モードになっているテレビに騙される国民が減りますように。
    まあ、ほとんどが無関心なんですけどね。

  7. やしま より:

    mayuさん、記事の紹介ありがとうございます。
    伊吹氏は、議員として最長老だそうですね。だからこそ言えた言葉かなと。あるいは皇室のご親戚、麻生氏と相談したかもしれない、なんていう憶測も飛び交っているようです。

    さて、今回のことについては前記事で書かせていただいたので、話が少し違う方向で申し訳ありませんが、とある方のブログにおもしろいことが書いてあったので、少しの部分をご紹介したいと思いました。
    「眞子様はあの男に洗脳されている」という証左のようなものです。

    「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくのに必要な選択です」
    まずこの有名な一文。
    結婚は生きていくのに必要→結婚しなければ生きていけない→結婚できなければ死んでしまう
    まさにご両親、国民に対する恫喝ですね (-_-;)

    mayuさんや私も信じる「言霊」。そもそも日本は古来から言霊の国と言われており、言葉化は現実化へのパワーがあるため「不吉なことは言葉にしない」のが日本の慣習。皇族はこの伝統を大切にされてきたはずです。「結婚できなければ死ぬ」という眞子さまの発言に含まれた「脅し」は、伝統的な日本人の感じ方や皇族の方々の振る舞いからはかけ離れた考え方です。
    そして!この一文は日本語として非常に不自然なのです。
    眞子様のお気持ちとして発表されたこの文章。なぜ「私にとって」ではなく、「私たちにとって」なのでしょうか。
    ここで疑問がわきます。もしかしたら眞子様の書かれたお気持ち文章。大もとの文章はKの手による英文で書かれていたのでは?

    このお気持ち文により、今のところ矢面に立たされているのは眞子様お一人です。影の当事者、Kは国内におらず、何を考えているのかも知らされません。愛する女性?のはずの眞子様を攻撃の嵐に立たせて帰国もせず。責任をとる男らしい文書も発表せず。ただただ「卑怯者」としか思えません。

    もう一つ。
    「幸せな時も不幸な時も寄り添い合える」この言葉。
    これはまさに英語の結婚の誓。「for better or worse 」
    直訳すると「いい時も悪い時も」言霊の原則から言っても、皇室の方が「不幸な時」とピンポイントでネガティブワードは入れません。

    以上のことより、今回の眞子さまのお気持ちの原稿には、宮内庁や秋篠宮殿下、そして皇室関係者が目を通していない、ということが推論できると思います。

    以上、かいつまんでご紹介しました。そして、Kがフォーダム大学に最初に提出した自己アピール文の、長すぎる80ページの文章で、既に皇室について詳細に語っている可能性があり、フォーダム大学はその中身を暴露本として出す権利を持っている。なんていうことも書かれていて、さらに背筋が寒くなったのでありました。

    • ramiri より:

      やしまさん、おっしゃる通り本当にヤバいですね。
      まともな日本語で、ものを考えられないカップル。欧米かぶれの一般市民ならば、どうでもいい話ですが。

      • やしま より:

        >ramiriさん

        ありがとうございます。本当にそうですよね。
        このブログでもう一つ盲点だった、80ページに及ぶ自己PRのことにも触れていて、それについては私も何も考えたことがなかったなぁ~と思ったんでありました。
        この主は、その皇室詳細報告書みたいなものがフォーダム的には役に立つと思われて初年度の奨学金につながったのではないかとも見てるんですよ。外に知られていない皇室話。これが後で日本外交に役に立つ。とかね。そんなの噓であってほしいです。

        • ラミリー より:

          やしまさん、mayuさん、再びお邪魔します。
          眞子さんは、何を計算に教えたのでしょうか?そういう事もあって、生きていく上で大切な選択なのかしら?もう、面倒くさいですわ。たま~に思い出す程度。に、したいと思います。
          「鬼滅の刃」に浸ってる方が楽しいです。おやすみなさい☆

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お忙しい中
    更新ありがとうございます。

    秋篠宮殿下の誕生日会見の時?官房長官(間違っていたらすみません)が「静かに見守る」とか言っていて、もう温かく・静かに見守る段階ではないのではと思っていたので、伊吹さんの苦言はまぁ少しだけ良かったです。

    警察に嘘の情報を教えたが、結局飛行機が間に合って「ざまあみろ!」…警察の怒りを感じました。
    そして陛下は重要な事をサラッと許可して…( ;∀;)優しい伯父様なんでしょうけど、当時の東宮職は止めてほしかった。

    今の眞子さまには、反対する皆「敵」なのかも…カウンセリングなどを受けて気持ちを整理してほしい。
    皇嗣両殿下の心身面も心配しています。

  9. マグノリア より:

    おはようございます。
    すでにmayuさんはお出かけかもしれませんが、綴らせていただきます。

    伊吹元衆院議長、よくぞ言ってくださいました。
    普通の国民一人一人が声を出してもスルー状態だったこの結婚問題、政府関係者や有識者などある程度の立場の方から発していただけないと先に進むことができません。
    秋篠宮殿下もあの会見が精一杯の声だったと思います。
    それに伊吹さんが応えてくださいました。
    また、アンミカさんもよく声を上げてくれました。
    皇族は法律的には日本国民ではあられない・・・そうなんです、だから特権があります。
    申し訳ありませんが殿下が憲法の話をされたときは不思議に思いましたが、強ち私の考えが間違っていなかったと確認ができました。

    これを機会に、皇室とはなんぞや、と見直しすこともよいかもしれません。
    そして公務のあり方、必要な皇族についてを考えてもよいでしょう。

    ぺんぺん草さんがいち早く伊吹さんの発言を取り上げてくれました。
    ですが皇室関係のブログ、特に秋篠宮家を応援しているブログがこの件を取り上げてくれているものが少ないですね。
    結婚問題で疲れちゃったのかな。

    また、小室Kと言う人は30年弱の人生に全く一貫性のない経歴を送っているようですね。
    目標がなく、いろいろ手を付けても飽きてしまうのか合わないのか、続かない。
    趣味もないのかな。
    このような人のもとに嫁いだら、人生振り回されてしまう可能性が大きいですね。

  10. miii より:

    mayuさん、こんばんは。
    いつもありがとうございます^^

    伊吹元衆議院議長のお話で、沈んだ気分が慰められました。日本人として至極全うな感覚ですよね…

    小室母子を見ていると、あまりにも共感出来なさすぎて、こちらの価値観が変なのかなと錯覚させられます。

    そもそも結婚への近道は、感じよく記者会見をして、400万円返す事。
    このシンプルな事を何がなんでもしない。
    何故しない?!ず~っと疑問でした。
    秋篠宮殿下の結婚容認発言以来、さらに疑問が深まりましたが、mayuさんやペンペン草さんや猫ださんやシロガネさんやアンミカさんのコメントで気付きました。
    小室母子は、至極全うな感覚の対極にある生き方をしてきた。その生き方を続けているだけで、他の選択肢なんて持たない人達なんだと…

    本当に結婚してしまうのでしょうか?
    三文役者計算の記者会見なんて、見たくもありません。
    計算が何をしたとしても、言ったとしても、もはや嫌悪感しかありません。

  11. クロワッサン より:

    mayuさん お忙しいのに更新有難うございます。

    計算・佳与コンビの行状を書いた週刊誌の目次を読んだだけでも、あまりの品性下劣さに、不快感で背筋がゾクゾクしてしました。

    皇族の相手が上流階級の人でなくても、本人が真面目に働き、誠実に人に接し生きてきた人物だったら、日本人はお人好しなので、ここまで反対しないと思う。

    他人の金を騙し取り、踏み倒し、催促した人を諦めろと脅迫し、身の程知らずの身の丈に合わない生き方をする。日本人が一番嫌いな生き方だから大反対するのです。

    Aさんが借金を諦めたのは、眞子さんの文書を読んだからだと言っていました。とうとう眞子さんは、計算の共犯者となってしまった。皇族として前代未聞。結婚したら眞子さんは、あの佳与さんを「お母様」と呼ぶの?

    これだけ大きなダメージを受けた皇室は、どうなるのだろう。もう、どうでもいいやとも思っている。

タイトルとURLをコピーしました