各週刊誌の正月明けの皇室記事 悠仁さまの進学、愛子さまの結婚、等々

皇室

こんにちは。正月も今日で終わり普通に令和4年がスタートした感じです。関東地方は大雪になりそうだとか、雪の降らない地方では10センチでも交通面や生活がかなり困難な状況になりますから、
気をつけてお過ごしください。
正月明けのワイドショーはオミクロン株感染拡大を懸念しての連日の報道にウンザリしていたのですが、本当に感染者が増えてきました。コロナワクチン3回目も盛んに言われますが、2回目接種を8月に打ったしこのまま春になって収まるといいな~と思ってます。
感染者が限りなく少ない地方に住んでいる為か、正直なところ以前より危機感が無くなった、3回目は打ちたくないので手洗い、消毒、マスク使用で乗り越えられるのではないかと、乗り越えたいです。

各週刊誌も正月明けに皇室記事を出してきました。

*週刊女性2022年01月18・25日合併号
小室眞子さん(30)日本の警備に守られた税金NY生活

小室眞子さんは元皇族、内親王なので降嫁されてもある程度の期間は警備がついて然るべきなのですが、いかんせん結婚相手が国民が大嫌いな小室圭氏で、眞子さんも国民に喧嘩を売ったような形で結婚、渡米した為、この2人には一銭の税金も使われたくない人達からの批判が絶えません。

税金だけでなく元皇族の特権、忖度も使われるのが嫌なのは分かりますが、もう結婚したからには2人が仲良くずーっと米国に滞在して欲しいのです。それには小室圭氏が安定した高収入の仕事に就くことですが、果たして2月の司法試験で合格するのかどうか。 不合格で今の弁護士事務所を解雇になった場合、コネでどこかに就職できないものですかね。
2人は当分子供は作らないと思うのですが、子供が出来た、小室圭氏は司法試験に落ちた、弁護士事務所も解雇、これで日本に帰国されるのは最悪のケースです。子供無しのうちに離婚して眞子さんが帰国なら良いけど。そういうことで、小室夫妻には皇室と関わって欲しくない、皇室の冠婚葬祭に2人で出席して欲しくないので、結婚生活を続けて子供も儲ける予定なら小室圭氏が続けられる仕事を紹介しても良いのでは・・・と、思うしかない状況です。とにかく2人で帰国して欲しくないんです。

*女性セブン2022年1月20・27日号


こちらの記事は後半だけNEWSポストセブンでアップされています。
全文は以下のURL
https://www.news-postseven.com/archives/20220106_1718373.html?DETAIL

偶然でしょうか、先日男系男子のいる旧宮家復帰を記事にしましたが、女性セブンは愛子さまの結婚相手に東久邇宮家と賀屋家に愛子さまと年齢の近い男子男系がいることを記事にしていますが、男系女子である愛子さまが男系男子の旧宮家と結婚「将来の天皇の母としてこれほど適した女性はいません」と、悠仁さまを差し置いた記事内容には不満が残るのですが、女性セブンにしては秋篠宮家ディスりが少ないので読んでも良いかな~の記事でした。

来年は上手く出来るといいね。画像はシロガネの草子からお借りしました。見たかったんです。
https://blog.goo.ne.jp/abcdefghij/e/4d0aa7529265d3d0483556d642be69d7

*週刊文春1月13日号

虎の子スクープ新年ワイド 皇室話題は3つ。
*秋篠宮 小室さん不合格で想定外 待ち受ける2022年三つの壁。
壁①2月下旬の小室圭氏の司法試験。生活基盤に黄色信号、NYの法律事務所では
二度目の試験に落ちれば、解雇される可能性が高い。
壁②27才になった佳子さまの結婚問題。多くの人が納得し喜んでくれる
結婚を後押しできるか。
壁③悠仁さまの進学問題。 小室圭氏が手厚い奨学金を得たことで、皇室利用、
特別扱いと批判された。 筑附進学が国民の疑念を生みかねないのは3年前と変わらない。

*悠仁さま全科目優秀 2月合格計画

こちらの記事も以前、ブログで悠仁さまは数学は得意なのだろうか?とコメントに書いたことがありまたが、週刊文春によると「得意科目は数学でお好きなのは生物」 全科目優秀、内申点が抜群と書かれていました。

それが本当なら良かったです。理系に数学が得意は必須ですから。小室圭氏は皇族でないのに忖度のように見えたのは悪かったけど、本物の皇族はある程度の忖度は使うでしょう。愛子さまだって学習院幼稚園の園長をそのまま学習院小学校に連れて行ったくらいの事をしていますから。学校も休みがちでしたが、難なく大学まで進学。ご優秀伝説は誰かが意図して広め、週刊誌まで持ち上げて広め定期的に出ていたくらいです。悠仁さまが優秀なら良いんじゃないですか、本人もその気でいるなら。
我々が心配しても本人と秋篠宮ご夫妻が決めることですから。

*愛子さま”類例を見ない”衣装の衝撃

こちらは普通に成年式で着られたジャケットがテーラードカラーだった、どってことのない記事でした。

週刊新潮の記事もあるのですが、昨日の夜から少し風邪気味なので今日はこの辺で終わらせていただきます。忖度良いんじゃないかの私の考えに不満のある方もいるとは思いますが、人権のない皇族から特権、忖度まで使うな! これはあまりにも気の毒かなぁと考えました。特権と権力とは違いますから。昨日、自称中立のブログ読んでから些か気分が悪いんです。

それと、眞子さんの結婚を3年延期にしたのは、秋篠宮殿下だから出来たこと。国民の声を聞き、何とか3年の間に小室圭氏が辞退する、諦める期間を儲けフェードアウトすると思ったのでしょうが、2人は諦めなかった。特に眞子さんは皇室脱出の為に必死だったと思われます。
コメントにも書かれましたが、もし無理矢理引き離したら、眞子さんは神田沙也加さんと同じことをしたかもしれません。確かに秋篠宮殿下の初期対応は悪かったのは事実ですが、生きるの死ぬのと脅される親の身になってみてください。また、結婚に大反対した国民もマスコミも眞子さんから自死されたら物凄く後悔します、取り返しがつかないんです。2人のことは諦めるしかないんだと私はそう思いました。



コメント

  1. 三島 より:

    篠原さんの動画は毎日更新しているので毎日観ています。
    篠原さんの調査では、小室圭は今年2月の弁護士資格試験も再び落ちると見込んでいるようで、外務省や宮内庁等の政府筋は、落ちれば今度はNY州のある大学を卒業すれば、試験なしで弁護士になれる所があり、そこに入学させようと計画しているそうです。
    ロイヤル忖度で次々と逃げ場を作っては、端から穴に落ちて二度と這い上がれない・・・になればいいなとも思います。
    権力にまみれた不正にはそれなりの結末はあるはず。
    魔子は「圭君は私がついてなければ駄目なんです」と言ったそうで、愛と自身が皇族から離れたい一心ゆえ、愛と手段を混同している頭が足りない苦労を知らない愚か者としか思えません。
    または巷で書かれているように、本当に皇室を破壊したい者達のやらせだとも思えなくもないです。
    本心は、早く目覚めて離婚して欲しいけど眞子には無理。
    同じ穴の狢で、圭の母親代わりを今度は眞子がしているようなものでは。
    それがどんなにか本人のためにならず、何をしても実力が伴わないので長続きせず、いつまでも男一匹自立できない事に追い込んでいる自覚が回りにもあるのだか。
    篠原さんが動画で前から話してたように、真実を暴く週刊誌記事は今後も出そうです。
    逃げ場を作ってうまく逃げられると思うのが間違いです。
    必ず空飛ぶ鳥は射落とされると信じてます。
    この世で起きる事はこの世で始末をつけて責任を取るほうが良い、最後の審判で永遠の火の池地獄に投げ込まれるよりは。

  2. くまのこ より:

    こんにちは。
    mayuさんに秋篠宮さまと紀子さまの親として、皇族としての苦しみを書いていただいて本当にうれしくて涙がでました。

    私などはまだ長女がやっと成人式を迎える未熟な親です。長女は無事にここまで成長しましたが、それでも娘が中高生のころに主人も私も仕事が忙しくてあまり話も聞けず、親の都合を押しつけて我慢させすぎたのではないか、と反省しきり…。

    畏れ多いものの、秋篠宮ご夫妻の眞子さんへのご心境はいかばかりかと心痛めておりました。
    それでも祭祀もご公務も全てご参列、ご出席されてバッシングに耐えて、国民のために祈ってくださってます。

    小室圭への嫌悪感は1ミリも減りませんし、増えるばかり。もう二度と日本には来るな!という気持ちですが、

    秋篠宮家がこれ以上傷つかれることがありませんようにと願わずにはいられません。

    mayuさんも寒さ厳しい中、お身体ご自愛くださいね。

    新参者のくせに、長々とすみません。

    ありがとうございました。

  3. 月の砂 より:

    mayuさん
    いつも歯切れのよい記事を挙げて頂きありがとうございます。
    私も眞子さんの事に関しては全面的に賛成です。
    離婚して眞子さん一人で帰って来て貰いたいです。
    あのケイとやらにはもう縁無しにして頂きたい。
    と言うよりも早く自分の夫の怪しさに気付いて欲しい
    と言うのが本音です。
    それが分かったらさっさと危険で何の取り柄も無いどころか
    害虫のような夫から離れる事だけを希望しております。
    何だか実も蓋もない様な事を書いてすみません。

  4. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    こちらが先にアップされているのを気がつかずに次の記事に先にコメントしてしまいました。

    女性週刊紙って一体どんな人が読むんでしょうね。
    駅でも書店でも買ってるのを見たことないです。

    私もmayuさんと同じで元皇族へのサポートは多少は必要だと思います。
    眞子さんに対して批判が絶えないのは、ご本人が国民に喧嘩を売るような発言をしたからですよね。
    あれは全く擁護出来ず、それなら自力で何でもしなさいよっ! となってしまいました。
    そして小室圭の留学に関しては皇室利用してるとしか思えないからですね。
    例のブログが追いかけていますが、素人が真相を掴むことは不可能だと思います。
    奥野、F大、LS等、どこも自分達は裁量で入学させた、雇用した と言えば済む話しですから。
    例えば圭以降、LLMからJDへの編入を認めなくなっていてもその時はその時、と言い訳出来ますからね。

    ウィスコンシンの話し、ガセネタでしょうね。
    あんな、NYより寒い田舎に引っ込むつもりはサラサラないでしょ、見栄っ張り圭君には。
    ミュンヘン、サッポロ、ミルウォーキー~のCMが懐かしい~。

    mayuさん、風邪気味とのこと、七草粥をフ~フ~召し上がって、暖かくしてお休みくださいね。 お大事に。

  5. マグノリア より:

    こんにちは。
    今日は「昭和天皇祭の儀」が皇居や武蔵陵墓地で行われましたね。
    昭和天皇が崩御された日は衝撃的でした。
    これからの日本はどうなるのだろう?と不安でいっぱいの日でした。
    私が働いていたオフィス街は、どんよりとしたこの日にどのビルにも半旗が掲げられテレビもキャスターさんは黒ネクタイで報道していました。
    「山稜に奉幣の儀」では佳子内親王が皇族代表として臨まれました。
    このような真摯に行われている行事に対して、なぜ愛子内親王ではないのかという人もいるようですが、代表としてお務めされるには経験も必要かと思いますので問題ないでしょう。
    どうもアゲアゲサゲサゲする人はその内容についてご存じない方が多く、残念に思います。

    皇室問題を考えるとき、100人が100人違う意見を持つと思います。
    皇室と一般庶民の世界は全く違いますので、本来は切り離して考えれば良いのですが、どうしても戦後の皇室は庶民化の傾向がありますので、そこで特権や忖度などを生んでしまっているように感じます。
    皇族に学歴・偏差値評価は必要ありません。
    あと皇室を離れ行事に参加しない元皇族は自立していただきたいです。
    黒田清子さんのように行事に携わっていらっしゃる方は元皇族として、そうでない方は元皇族から離れ自分の力で生活していただきたいですね。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、体調はどうですか?どうか無理なさらずに。
    そんな中、更新有難うございます。

    そーいや、K氏は試験でしたね。合否がまた一々Yahooトップに出るんでしょうかー…
    あちらで静かに過ごしてくれよと思います。
    これに悠仁さまの進学も重なり、騒がしくなるのか?
    何だか一緒にされている様で嫌ですね…

    NYでの警備は、私も眞子さんには少しは付くんじゃないかと思っていました…
    と言うか、どこに居ても
    (結婚間もない頃なんて)
    色々教えたりする人がいるのかな?まぁ夫とお金が絡んで来るから…ですかね。

    こちらも嫌な感じで感染者が増えてきたり、昨日の雪が凍って寒いです。
    mayuさん、ゆっくり休んで下さいね。

  7. やしま より:

    mayuさん、お風邪気味なところ、数々の週刊誌記事を紹介していただき、ありがとうございます。また、私が余計なコメントをしたために、お気を悪くさせてしまい、申し訳ありません。mayuさんは、ずっと今と同じでいていただきたいと強く想う一人です。

    週刊誌というのは売れて何ぼですし、今、紙媒体の落ち込みは凄絶ですから、目を引く見出しをつけて何とか読者の気を引こうとする、けれども中身のない憶測的なものが多いです。悠仁様も一方では大変優秀と書かれ、一方ではとても一般受験では無理と書かれ、何が本当なのか分かりません。
    ただ私てきに気になったのは、筑附の保護者会での悠仁様がご入学なさるかもという学校側の話が、保護者には不評だったということ。これはあり得る話だと思っています。今のこの時期、コロナも増え、受験者には大変厳しい局面です。そんな中、筑附中から筑附高に上がるときに15%外されて進学できない生徒さんと入れ替わって、外から超優秀な生徒さんが激烈な戦いを勝ち抜いて高校に入学してくるわけで、そんな厳しい場所に大切な皇嗣家の殿下が入られて、周りがどんな雰囲気になるだろうと思うと、私は気が気でありません。楽しい高校生活を送っていただきたい。御学友に恵まれていただきたい。ただそう祈るばかりです。

    あとこれも与太話、篠〇某という方のYou Tube話ですが、Kが2月の弁護士試験に不合格な場合、次の手としてウィスコンシン州立大学進学話があるんだとか。ウィンスコンシン州はニューヨーク州に比べると田舎で弁護士のなり手も少ないため、州立大学卒業資格=弁護士資格になるんだそうで(真偽のほどは不明)とにかく弁護士になるというためだけなら、ウィスコンシンに移転して大学入学すればまた何年か後には、今度は確実にウィスコンシン州の弁護士になれるんだそうです。バカバカしい話ですから聞き捨てでいいと思いますが、よもやま話として一応。

タイトルとURLをコピーしました