眞子さんが出した結婚宣言文書に関連した週刊誌記事、つくづく小室さんは無責任男だね

皇室

今週の週刊誌は当然、眞子さんが出した文書に関連した記事を、各誌出すことは皆さま分かっていたと思います。皇室ネタが何もなくても定期的に、眞子さんの結婚問題の記事は出されていて、毎回「眞子さまの結婚の意思は固い」でした。

今は週刊誌もdマガジンで安く読めるのと、発売前からネットにあげる週刊誌、近々ネットにあげる週刊誌も多くなりました。なので、以前のように記事の概要を書くのも程々にします。

私自身も深く読みませんでした。嘘か本当か?

このまま秋篠宮家のなかで対立が続けば、皇室への敬愛も損なわれるだけでなく、家族もみんな不幸になってしまう・・・美智子さまはかねてから心配され紀子さまの誕生日前に、秋篠宮家に電話をして”もう強く反対するのはやめて、眞子本人に決断を委ねたらどうでしょうか”と提案をされたとか。(女性自身12月1日・8日号より)

これが本当だとすると、美智子さまってつくづく老害ですね。二言目には可愛い初孫眞子さま、と書かれるのに、眞子さんに決断を委ねた結果がこれですよ。退位前に上皇に「裁可取り消し」でも囁いたら良かったのに。

「女性セブン」では、眞子さんの「お気持ち」文書は今年4月時点で公表できるように準備されてきたもので、コロナで立皇嗣の礼が延期になり発表するまで7ヵ月間、眞子さまはその決意を温めてこられた。延期から2年半、トラブル当事者であるにもかかわらず、眞子さまだけを矢面に立たせ、何もせず眞子さまだけで苦しまれ悩まれている現状。
留学で3000万、小室計算だけでなく圭与さんにもSPの警護がつき、今回再延期されたことで警備にかかる経費はかさみ続ける。一時金と合わせると2億円近い額が小室さんの結婚のために動くことになる。など小室計算批判を展開しているのが良いです。

疑問なのは、なぜ圭与さんにまで警護がつくのでしょうか?SP、警察が警護について下さいと、誰が頼むのですか?小室家で頼むのか、皇室で頼むのか、危険に晒されているので警護をお願いします、と個人でも頼むと着いてくれるのですか?ストーカー事件の被害者が何度警察に相談しても、警護、SPは着いてくれないから悲惨な事件が起きてしまうのですが。



「週刊新潮」は珍しくdマガジンに全文掲載してくれましたね。

こちらも、女性セブンと同じように、文書は4月の立皇嗣の礼の直後に発表される可能性があり、修正前の原案には、「今年の年末に入籍するつもりです」

また週刊新潮の記事で「決意文」私はこう読んだ。このコーナーで各氏が感想を述べていますが、この結婚に否定的、不安視する文が多いです。
●まるで宮中某重大事件! 原 武史氏
●眞子内親王は公の場で父上に覚悟を問うた 河西秀哉氏
●高すぎる離婚リスク 池内ひろ美氏
●無職男に嫁ぐ生活設計を知りたい 小田部雄次氏
●いかにプリンセスは”隷属”させられたか

池内ひろ美氏(東京家族ラボ主宰 家族問題評論家)の記事を少し抜粋。
今となっては“二人が好きなら致し方ないのでは”という風潮も形成されつつありますが、これは良識のない人々の意見。経験値の高いオトナなら、ヒトは結婚しても大きく変わらないというのを知っている。 400万円のお金で揉めている人の家に1億円以上のお金を持って嫁いで大丈夫か。本来品位を保つための持参金があらたな金銭トラブルの火種とならないか。そんな不安をおぼえるのも当然でしょう。    中略   一般的な夫婦の離婚率は4割、 格差婚では金銭トラブルが起こるなどして6、7割に跳ね上がる傾向にある。

結婚します宣言はしたものの、準備は全く整わず、肝心の相手はトラブル解決どころか、何も手を着けぬまま異国の地から一度も帰国せず。両親との話し合いもなく、国民からは批判され、トンデモない男、危ない家族だから結婚反対だと散々言われても、頑なに結婚を諦められない。洗脳されているといえばそうなのかもしれない。

通信手段を断つ、と書いたけどよくよく考えると無理だと思いました。庶民のようにプロバイダーと契約してのネットではなく、宮内庁のサーバーでネットしているはず。パソコンならHDDを取ってしまえば良いけど、それだって同じタイプのHDDを買って着ければ、またパソコンは出来る。やっかいなのは、スマホはWi-Fiがなくてもギガ数が多ければ長時間、テレビ電話も出来る。

秋篠宮殿下が誕生日でどのようなお言葉を述べるのか。頭を抱えているのでは・・・・

Amazonから電子本を購入しました。 dマガジンでは見られないこともありましたが、電子本だと振り返って読むことが出来るので、たまーーに文藝春秋、週刊文春を買います。Kindleに保管なので場所を取らないのも良いです。 中身ですが、私的には大したことなかったです。それと今日もまた孫が来て草臥れたので後日紹介出来る範囲内で紹介します。



コメント

  1. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。
    こちらは11月下旬と思えないくらい暑いです。(明日から寒くなるみたいですが)
    そのせいか?身体が追い付かず、ここ数日体調不良でした。
    mayuさんも気を付けて下さい。

    美智子さま「眞子本人の決断に委ねた方が…」皆さん書いてありますが、本当に余計な事を…( ̄▽ ̄;)

    女性セブンの「母ほくそ笑む」…何かもう、凄い見出しですね。皇族の結婚相手の親に付ける見出しじゃないと言うか…
    計算母、そんなにSP付けたいなら自分で民間の会社から雇ってよ!と思いました。

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      私のところも昨日の日中は暑くて、暑がり屋なので半袖ニットを着ていました。
      今週末から気温低下するそうで、体調も不安定になりますね。
      私は過眠状態が続いています、とにかく眠いんです。

      眞子さんの文書発表で、皇室が更にガタガタになりました。
      眞子さんによる積み木崩しのようです。

      圭与さんにSPは非常に不快です。
      コロナ感染者が増えて、経済も人も大変な時期なのに。
      ホント、民間の警備会社に自費で頼めばいいじゃんと思います。

  2. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)

    私が美智子さまを嫌いな理由を以前から何度か書かせていただいてきましたが、今回もやはり黒幕ぶりが炸裂ですね。この方のご入内から、皇室の内部崩壊は始まっていましたね(~_~;)また余計なことをしでかしてくださいました。ご丁寧に、紀子さまにお電話ですか…。
    皇室への敬愛が失われるとか何とか仰ったようですね。不敬ながら私は、ずっと前から美智子さまや雅子さまに対してはほぼ皆無、上皇陛下や天皇陛下には呆れと失望のみですので(笑)、何を今さらという思いですが。
    秋篠宮さまご一家(特に紀子さま)を打ちのめすのが、恐らく美智子さまの願いでしょうから、眞子計算のような人物を願ったり叶ったりとばかりに利用しておられますね(ーー;)

    ご裁可はローマ教皇さまの不可謬と性質が違って、神の御託宣ではないのでしょうから、取り下げもアリなのだと思うのですが、一度下されたのものを…という体面も大いに阻んでいるのでしょうか。
    美智子さまは、エリザベス女王の真逆ですね。卑怯ですし、悪者になっても…というお気持ちなど微塵もない。自分はいつも良い人・被害者アピールをする偽善者です。例の無駄の極みお引越しも控えていますしね…。

    苦境にある国民を蔑ろにして、国民の大きな犠牲の上に成り立っている贅沢な日常や特権を余すところなく享受し続けて、30にもなろうというのに自分のことしか考えられない◯カ娘になってしまって…。愛子さまと同い年のエリザベート王女など(お立場が違うとはいえ)を思うと、本当に情けなく、恥ずかしいです。

    2億…この国は、お金の遣い方が本当におかしいですよね。税金は何よりもまず、国民の幸せのために遣われるべきお金です。

    • mayu より:

      イリスさん

      せめて、上皇陛下までは旧華族からお妃を選ぶべきでしたね。
      今でいう上級国民だとしても、平民は平民で美智子さまを
      よく思わなかった人達も旧華族、関係者には沢山いたこと、
      美智子さまに平民コンプレックスがあり、迎えたのが同じ平民。

      平成から少しづつ皇室崩壊に向かっていったのかな。
      そもそも男系男子で皇統を繋ぐ努力をしなかったのも、今上と美智子さま。

      眞子さんの宣言に天皇皇后両陛下、上皇上皇后陛下が載ってしまい、
      宣言文に批判、苦言が多く美智子さまも慌てふためいているかも(苦笑)

      エリザべス女王のような、凛とした姿勢が見られません。
      自分が泥を被っても、眞子さん、皇室を守るなど見られないのが残念です。

      眞子さんは小室計算に洗脳状態じゃないかな。
      3年もスカイプだけの付き合い、秋篠宮殿下に言われた宿題も解決できない
      400万円返済の努力もない、誠意の見られない彼氏と離れられないって、
      ちょっと異常に思えます。

  3. やしま より:

    mayuさん、まず心よりの御礼を申し上げます!本当にありがとうございます。愚痴を書き込んでよいとのこと。また折々に報告させていただきたいと思います。感謝申し上げます。

    つい先ほど買い物に行ったら、新規開店のパン屋がありまして、「黒の生食パン」を買い求めて長蛇の列。予約優先、一般販売数分はあともう少しで売り切れなんて言われると、ふら~っと列に並んでしまい、この黒の生食パン1斤500円超を購入。「厳選小麦に国産こんにゃく芋と和歌山県の竹炭を3%練り込んだ食パン」真っ黒でまさに炭。
    さぞやおいしかろうと少し切って口に入れたら「わっ!」本当に炭をかじっているかのよう。苦い、マズイ。。。

    宣伝文句は大仰に。いかにもよさげに見えて、しかしその実は二度と買わない。圭氏登場からもこんな香りがして仕方がありません。最初こそ、「海の王子」「メガバンク勤務」という宣伝で、秋篠宮家応援者たち、まあまあ喜んだのですが(全面的ではなかったのは、名家ではなさそうというところ)。その後今に至る。ひどいっっっ(>_<)!!
    ひどさは増すばかり。ついでに眞子様のひどさも、皇室全体のひどさまで加わってきて。
    よく調べずに裁可を出したのは平成の天皇皇后も同じ。幾ら眞子さんがおねだりしたからって、「で、どんなご家庭なの?」ぐらい普通は聞くでしょうに。一般家庭だって聞きますよ。ましてや皇族ですよ??
    美智子様って、名家でないことでそれなりに苦労なさってこられたんですよね?で、自分より名家でない嫁で一安心。さらに名家でない孫婿のほうがよかった?三笠系を見返してやりたいとか思わないんでしょうか。不思議な方です。そして影が薄いのは平成の上皇。まるでいないみたいだ。
    でも実はこの方こそが、裁可をお出しになられた前天皇陛下なんですけど。

    「12月に入籍予定」の原文ですか。頭に花が咲いてますね。
    今回のこの宣言文、実に稚拙で幼稚です。何しろ「無収入」をどうするかは何も触れずに「結婚したい、しなけりゃ私は生きていけない」って、あなたアラサーですよ??頭はどこまでも中学生なんですねぇ。

    こういうのを見てくると、昔ささやかれていた嫌な噂のほうが本当のことかと、これも国民皆ひとしく思ってしまいますよ。
    例えば「休み時間は寝てばかり」「おじいさま(平成の天皇)に言いつけてやるとすぐ言う」「後ろから飛び蹴り」「猛烈頑固」「私のことを誰だと思っているの」等々(;^_^) アンチが宣伝していましたっけ。一顧だにしなかった昔が懐かしい。

    • mayu より:

      やしまさん

      「黒の生食パン」ですか、イカ墨じゃなくて竹炭とは
      凄いパンを作ったものですねぇ。
      好きな人、駄目な人、両極端に分かれそうですが、
      私は食べ物で黒系はちょっとごめんなさい~デス(^^;)

      私はネットで小室が登場した当初はそんなに悪印象持ちませんでした。
      ブログには「この人は駄目~!」のコメントが沢山出てきましたが、
      なんで駄目なの? 海の王子、バイトで学費を稼ぐ、メガバンクにお勤め、
      鈍感で、駄目な理由が分かるまで、他の方々よりかなり遅かったのです。

      裸体に半纏を着た画像を見た時に、もう無理、駄目だと思いました。
      その後でしょうか、週刊新潮が父親の自死など記事にして、これは
      皇室とは相容れない家庭だと確信しました。

      元婚約者の借金トラブルが記事になる前から、マザコン、メガバンクでの様子、
      1万円のタクシー代をケチったの記事を目にして・・・よくこれで、裁可され
      婚約内定会見まで漕ぎつけた、オマケに秋篠宮殿下の誕生日会見では、
      計算を褒めているじゃないですか。ポカーン( ゚Д゚) でした。

      今上夫妻は恋愛至上主義と言われ、お見合い結婚をする三笠宮系を
      半分見下していたんじゃないかな。
      あるいは、徳仁天皇以外は感心が薄い、内定皇族が良ければそれで良いとか。

      眞子さんは、黒田清子さんのようなおしとやかな女性じゃないでしょうね。
      脳内お花畑の状態でしょうが、気づかせてくれる専門家が必要で、
      まだまだ別れるチャンスはあるとは思ってますが・・・
      秋篠宮殿下が会見でどのように答えてくれるか。それ次第かな。

    • アール より:

      やしまさん こんばんは。

      「お祖父様に言いつけてやる」と「私のことを誰だと思っているの」
      このネタは、過去、昭和の時代には清子様がおっしゃったことになっておりました。

      清子様の場合、夜に諍いがあった同級生のお宅に宮内庁関係から「本日、宮様が泣きながらお帰り遊ばされ・・・」とお電話が入る ということでしたが、実のところはわかりません。
      同じ話が使われているのか、同じような態度をとられていたのでしょうかね。

      横から失礼しました。

      • やしま より:

        アールさんありがとうございます。

        そうだったんですか!
        私、清子さんについて、何か悪いことを聞いたことほとんどないんですよ。
        縁談にこそ恵まれなかったけど、内親王としてはステキな方だと思っていたので、そういう噂話があったことは衝撃です。
        いつでも悪く言いたい人は言いたいんでしょうね。

        ただ眞子さんに関しては「頑固で自説を曲げない」という「噂」であった話は、どうやら「本当のこと」と思えてくる昨今です。

  4. マグノリア より:

    おはようございます。

    エラー認証でまた消えちゃった。トホホ
    こまめに保存すればよかったです。

    ドイツ人(?)のなにがしとかという人が、モラハラだの結婚の自由がないだの
    言っていたようですね。
    他人の家に土足で入る行為はしないでと言いたいです。
    日本は靴を脱いで家に入ります。
    伝統を受け継ぎ、祭祀を行い、国民の安寧を願うのが皇族の役割です。
    日本の習わしがその人にわかりますか?

    このたび身内に希望退職の対象者が出ました。
    コロナ禍の今、店を畳んだり、会社を閉めたり、職を失っている人が数えきれないくらいいます。
    皇族には、そのような体験をしたことがありませんので、「国民のお気持ち」は当然わからないでしょう。
    上皇后も皇后もそのような環境をもともと知りません。

    マコさんに元皇族という称号は必要ありません。
    「幸せな時も不幸せな時も寄り添い合えるかけがえのない存在」の人と一緒なら、一時金は要りませんね。(現実の世界を知らない文言だなぁ)
    こんなに苦しい生活をしている国民のお金を使うなんてナンセンスです。
    過去には、皇統で問題が起こる源のお子様が生まれたら、すぐに仏門に入れたり、養子に出したりして縁を切ることをしていましたね。
    そこまでの覚悟がこの結婚には必要です。(もちろん当人のみならず。ご両親、ご家族にも)
    皇族としての品位を保つための一時金と定義されていれば、そうでなければお金は必要ないものと思います。
    そして当然出禁です。
    とにかく小室家の一員として生きていくことになるのです。

    小室母にSPが付くのも解せませんね。

    「鬼滅の刃」は、理不尽な世界を生きる物語、その世界を必死に生き抜く物語です。
    理詰めで解決することではありません。
    鬼になった妹を人間に戻すために、兄は闘う。
    このストーリーの発端です。
    そこからいろいろ展開していきます。
    なので、受け取り手の解釈次第でこの作品の評価が高くなったり、疑問に感じたら足踏みすることもあります。
    どちらも間違いではありません。
    アニメや漫画、ドラマや物語などは、解釈する人によりどうにでもなります。
    それは現実の世界ではないからです。(現実逃避もその一つですね。)
    今回コロナ禍で想像できないことが起こり、この作品がマッチしたのではないでしょうか。
    ヒット作品の中には、時間が経ってから開花するものもたくさんありますね。

    最初に書き込んだことと若干異なってしまいました。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      うう・・・慣れないけど慣れます(笑)
      いつの間にか認証が出て面倒になりましたね。
      勝手にブログが更新して、こんな状態になっていました。
      多分、日本語の出来ない人のスパム対策かと思うんです。

      ドイツ人が書いた記事、読んでいませんが、それこそ内政干渉ですよ。
      今現在、ドイツに王室が無いのと、王室と皇室では違いもあるのにネ。

      コロナ禍で希望退職の対象者が出ましたか・・・
      娘夫婦はコロナ関係ないので心配はないのですが、
      コロナで不景気になっているとヤフーニュースで見た
      関東に住む息子は心配しています。
      メールで聞いたらまた出勤が減りリモートワークになったとか。
      最悪の場合は地元に帰って、なんでも良いから仕事をすれば
      薄給でも私たちが生きているうちは生活できますが、本人は不満だろうな。

      庶民の不安を抱えた生活は皇族には実感として沸かないでしょう。
      お金の問題も老後の介護の心配もないんですから。

      眞子さんが計算と結婚するには、相当の覚悟が必要です。
      結婚がゴールインではなく、そこから始まる様々な試練が出てくるのですが。
      特に借金体質で見栄っ張りな小室親子に嫁ぐのは、苦労するだろうと
      目に見えて分かるのに。

      鬼滅の刃は保育園児でも話題なのか、昨日娘が休みで、孫達も休んで
      遊びにきた上の孫が鬼滅の刃を知っていました(笑)
      録画したのを見たいと言っていたけど、早く帰って欲しかったので
      後で~~と言ったまま、私もまだ観ていません。

  5. より:

    mayuさん、更新ありがとうございます。

    眞子さま、どーしても20代で結婚したいそーです(棒)。
    納采の儀を行う気はもうないんでしょう。使者も用意できないし。
    一個人としての幸せには、国民の理解と祝福はいらないと決断されたということです。
    K家では「んなもん、1円にもならんし」とか考えてそうです。
    K氏の米国の母という人がハリウッド映画のようになりますよと以前言ってましたが、
    結婚への道筋が皇女としてはありえない過激なものとなればなるほど、
    コンテンツとしての価値も上がり、利用のしがいがあります。

    月末の秋篠宮さまのお言葉が待たれますが、
    今までの様子からは、あまり期待できないかなあという気がするのが悲しいです。

    • mayu より:

      舞さん

      眞子さん、20代での結婚に拘るのはなぜかしら。
      昔なら、結婚適齢期を外れるとクリスマスケーキだの、大晦日だのと
      嫌味を言われたものですが、今は結婚適齢期は死語になり
      30、40才で結婚も普通になったというのに。

      どうしても計算と結婚したい、一時金も辞退しました、
      皇族特権も手放しました、今後一切、両親を含めた皇族からの
      金銭援助、忖度も無しで、計算と結婚します!!
      と、眞子さんが小室計算に言ったら、どんな反応するかな~?
      眞子さんは計算と駆け引きを試みることも出来ないほど、洗脳されているのか?

    • ミラージュ より:

      舞さん、横から失礼します。

      ハリウッド映画のような結末…

      これを言ったのは米国の母と言われる女性弁護士ではなく、
      フォーダム出身のアジア系弁護士だったと記憶しています。
      文春だったかで取材したはず。
      たった一回取材しただけでその後は全く登場していないので実在人物か疑問ですが。

      • より:

        ミラージュさん、ご指摘ありがとうございます。

        秋篠宮さまの会見での言葉がもう伝わってきていますが・・・
        溜息しか出ません。

  6. ドラ吉 より:

    上皇后は元々皇太子(現天皇)の系統に跡を継がせたい(女性天皇から女系天皇へ)、という願望があったと聞いた記憶があります。もしそれが本当なら、上皇后がKKとの結婚に賛成というのは、眞子内親王の幸せを願っているのではなくて、KKのような最低、最悪なクズと結婚させて秋篠宮家全体にダメージが及べばいい、そして皇統は長男の子孫へ、という邪悪なシナリオに沿っているのではないでしょうかね。そうだとしたら眞子さんも「上皇后はアタシの味方」なんて勘違いしないほうがいいですよ。

    • mayu より:

      ドラ吉さん

      美智子さまの考えは誤算だらけです。

      雅子さまを入内させて、男子を儲けて徳仁天皇直系で次の天皇へ・・・
      と思ったら、男子が授からない。
      では、愛子さまを天皇にと思ったら、ごゆっくりさんで務まりそうもない。
      紀子さまにお子様をお願いしたら、まさかの男子が誕生。
      立皇嗣の礼により、今上から秋篠宮皇嗣殿下、次は悠仁さまへと繋がりました。

      眞子さんがどうあれ、秋篠宮家がどうあれ、悠仁さまは天皇になります。
      美智子さんにも寿命があるので、もう余計な口出しはしない方が良いよ、
      と言ってやりたいくらいです。

  7. ramiri より:

    mayuさん、おはようございます。
    早朝に書いたコメント消えました。短文で、昨日の事を書いただけだったので時間を置いてやって来ました。皆さんのコメントに同意します。

    NYは学校ロックダウンだそうです。計算はチャッカリ脱出してそうでいやですわあ。いやといえば、朝から、プレジデントオンラインのドイツ人の結婚観念を読んで脱力してました。眞子さんの名前を出してるくせに一般論を書いてあり、つっこみ所満載でした。

    週刊誌は急に国民側についたのですか?美智子様が1番焦ってたりして…
    もしかしたらボケてらっしゃるのかも。「国民からの人気を何よりも気にする私」を忘れてそうです。

    • mayu より:

      ramiriさん

      コメントが消えるのは時間がもったいないので、気力が出たら
      是非、メモ帳に書いて上書き保存にトライしてください。

      またNYがロックダウンしたのですか。
      計算は抜け目なさそうなので、コロナ感染もしないですね。
      プレジデントオンライン、読んでいないのですが外人目線の記事では
      ちょっと皇室の結婚とは相容れないと思います。

      週刊誌はこぞって小室親子批判で、読むとストレス解消。
      更に小室親子憎しになっていますね。
      天皇皇后もそのうち批判されるかも。秋篠宮家批判は少ないかな。

  8. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    美智子様、ホント、老害で偽善者ですね。
    孫が不幸になろうが知ったこっちゃない?
    以前はさも反対しているように書かせていたのに。

    文春には、計算が最後に宮廷を訪れた時に東宮御所の正門から入ったのは皇太子(当時)が許可したと書かれていたそうですね。
    ということは、両親が反対しようが上位の伯父様が手助けしていたら眞子さんも折れるどころか強気になれる訳だわ~と呆れてしまいました。
    また、両親の理解イコール結婚に対して理解
    らしいので、何がなんでも結婚する事になりそうです。
    秋篠宮殿下が仰った、多くの国民が祝福してくれる状況には益々遠退いているように思えるのですけど、それでも結婚するんでしょうか。
    マスコミには今後は、贈与税や遺族年金不正受給のことを追求して、外堀を埋めて追い詰めて欲しいです。
    もう怒り心頭です。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      美智子さまは自愛の人だから、絶対自分は悪く思われたくない人ですね。
      隠居したのに、まだ余計な口出しをするとは、やっかいな人です。
      まだ影響力があるなら、秋篠宮家、皇室を思うのなら美智子さまが
      泥を被って眞子さんに「ならぬものはならぬ」と印籠をつけつければ良いのに、
      風見鶏のようにフラフラクラクラと。

      天皇も皇室の危機感もなく、ホヘラ~~と、眞子さんに押し切られた形に
      なっているのか、内定皇族が〇カの集まりだと改めて実感しました。

      秋篠宮殿下には、眞子の気持ちは分かったが、出した条件がひとつも
      解決していない、解決するまで結婚は認めません、くらいは言って欲しい。
      国民の祝福は永遠に無理ですが。

      眞子さんは借金体質のある家族との結婚は先行き暗いこと、など
      専門家によるカウセリング、話し合いをして欲しいです。

  9. 狗児 より:

    mayuさん

    こんばんは。次々と記事更新して下さりありがとうございます。

    さてさて、美智子さまの仰ること、全くまーーーったく理解できません!秋篠宮家の中で対立が続けば、国民からの敬愛が失われる、これは分かるにしても、なぜ、何故、ナゼ、そこから「眞子さま本人の判断に任せましょう」になるんでしょうか???摩訶不思議です。「秋篠宮家殿下が、父親として、家長として、嫌われようが、泣かれようが、断固として認めず破談にする。」以外に無いと思うんですけどね。

    計算親子に流れるお金が総額2億!呆れてものが言えません。たまたまタイミングが良いんだか悪いんだか、最近、私は仕事で被虐待児や、天涯孤独になった子供達を、養育する施設に関わる方々に話を聞く機会がありました。そういう気の毒な子供達やら、懸命に世話をしている職員さん達の処遇改善の為に、その無駄な2億を使ってあげられれば良いのに、と考えると、怒りしか沸いてきません。

    所で「高すぎる離婚リスク」タイトルだけで納得しますね。「無職男に嫁ぐ生活設計を知りたい」私も知りたくてなりません。週刊新潮面白そうです。久しぶりに買って読んでみようかと思いました。眞子さまの結婚宣言、ここでも皆さんが中学生の恋愛みたい、とか、少女小説みたい、とか仰っていますが、マトモな大人は似たようなことを思ったということですね。

    • mayu より:

      狗児さん

      週刊誌の書いたことなので、実際はどうなのか分かりませんが
      眞子さん本人に任せたら、こうなることは分かっていたと思います。
      それとも美智子さまも認知が入って判断力低下したか。

      秋篠宮殿下は既に条件を出していますが、何一つ解決できていないので、
      眞子さんが結婚したいなら条件クリアとしか言えないかも。
      一番の難関は国民の祝福、これは無理でしょ。

      眞子さんの彼氏身分の小室親子に警備を着けるのは無駄金ですよね。
      誰がお願いして警備を着けているのかしら?

      週刊新潮も他の週刊誌も小室親子に批判的な記事が多いです。
      dマガジンに登録すると、確か1ヵ月500円くらいで読めますよ。
      私は週刊誌より、婦人公論、ハルメク、毎日が発見、今日の健康とか
      雑誌を読む、眺める事が多くなりました。

  10. クロワッサン より:

    mayuさん いろいろな記事の情報やコメントの場を与えてくださって有難うございます。

    ケーキ屋のパートしている身で(ケーキ屋のパートを貶めている意味ではありません)VIPでもないのに、警備の警官2名を引き連れるなんて、身の程知らず過ぎます。
    警官2名が佳代さんに付きっきりになったら、他の刑事事件に支障をきたしますよ。

    普通の感覚だと人にお金を借りるのもイヤだし、もし借金があったら、早めに何が何でも返してスッキリさせたいです。倫理観の無いKK母子を眞子さんが親しみを持ち、嫌悪感を持たないというのが、許せない。佳子さまも応援してるのが信じられません。

    美智子さまが皇室の事を考えたら、一番に上皇に裁可取り消しを進言すべきだし、内親王の10代の頃から、相応しい相手を考えてもあげるのが、祖母の役目でしょ!
    大揉めになって、表に出てしまう前に、祖母として打つ手はあったはずです。

    美智子さまは偽善者です。

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      婚約内定者の母親っていうだけで警官2名も着けるとは、
      一体何に脅えているんだか、結婚に反対する国民に脅えているとしたら
      計算が眞子さんとの結婚を辞退しない限り、永遠に警官2名を
      着けるってことになるわけ?自費で出すなら勝手にどーぞで済むんだけど。

      「お金を貸して」これは私も嫌だな~親にもなかなか言えませんが、
      借金体質の人は平気らしいです。借りた途端に借りた感覚がなくなり
      返済も殆ど無いです。愚弟が見本です。

      美智子さまはイギリス王室のエリザベス女王のような判断力も
      決断力のない、采配もできず先を読むのも下手、自己中の偽善者ですね。

タイトルとURLをコピーしました