美智子さまネットで批判されて「これほど辛いことはない」自分が批判されるのは許せないようです

上皇上皇后陛下

武漢ウィルスが東京、関東地方でも感染が広がり関連ニュースが多い中で、まさかヤフーニュースに皇室記事、それも美智子さまの愚痴が載るとは!それもネットで批判されることが「辛い」と書かせていました。

ただ、この記事は元々は「週刊朝日」4月3日号の片隅にちょこっと書かれた記事で、2/3はネットでも読める記事、他のバッシング報道、ネットで批判されて辛い、などは書かれていませんでした。なので、週刊朝日の記事に付け加えてネットに上げた記事です。
以下の部分は週刊誌には書かれていません。(本誌・永井貴子)※週刊朝日 2020年4月3日号に加筆と書かれています。

スポンサーリンク

自分が批判されるのは我慢できない 

全文は以下のURL ヤフーニュースは削除するのが早いので。
https://dot.asahi.com/wa/2020032600088.html

また、美智子さまは、精神的なストレスから半年近く体調を崩しており、体重の減少も続いている。というのも、上皇さまが退位すると手のひらを返したように、美智子さまへのいわれのないバッシング報道が続いたためだ。「上皇后さまは、新聞広告でご自身を批判する記事を目にすると、取り寄せてお読みになるそうです。これまでは、そのアンテナの鋭さが良い形に働いておられたのですが……」(上皇后さまの知人)また、インターネットに書かれた批判的な書き込みもご存じのようで、「これほど辛いことはない」と、吐露したという。「これまで国民のために全身全霊で天皇として、皇后としての務めを果たしてこられたおふた方です。心無い批判に、憔悴(しょうすい)なさっているご様子は、本当においたわしい」(先の知人)(本誌・永井貴子)※週刊朝日 2020年4月3日号に加筆

ちょっとぉ、体調不良と体重減少が続いているのは、退位した途端手のひら返しをしたように美智子さまバッシングされたからだと、あ~~昔の週刊誌にいろいろ書かれて失語症になった時を思い出しました。体重減少、体調不良は85才にもなれば誰でも有ります。

雅子さまが即位礼から公務、先日は春分の日で18年振りに祭祀に臨まれたりで注目が行き、美智子さまが皇后になられた時より雅子さまは美人で華やかな所もあるので週刊誌、特に女性誌はかなーーり持ち上げた記事を連発しています。それが不満タラタラなんじゃないですか?(笑)

私など生前退位前からから批判していたので、今更~なのですが??
相変わらず「自分が批判されることが我慢できない」人なのですね。



秋篠宮ご一家、秋篠宮殿下、紀子さまの批判は気にしない上皇后

それでいて、秋篠宮ご一家、秋篠宮殿下、特に紀子さまが週刊誌、ネットで大批判されるのは一向に気にしない。眞子さまだって小室Kの問題でかなり批判されているのに、小室Kをなんとかしようともしない。ただ口だけ、週刊誌に「心配している」と書かせるだけ。
本気で心配なら裁可取り消ししろよ!と言いたくなります。

もうこうなると本当にネットしている人達は益々批判すると思いますよ。

いわれのないバッシングってなんですか?
生前退位なんだから、退位するまで時間はたっぷりあったのに、最後だ、最後だと余計に動き回ったのは事実で、引っ越し準備もおろそかになりようやくギリギリで引っ越ししているのも事実でしょうが。
東宮御所に入りたいと面倒くさくて余計なお金を掛かることをしているのも事実。引退したのに「お忍び」と称してカメラ付きで出てくるのも事実だし、即位礼の翌日にも出て来たじゃないですか~だから二重権威と言われるのも事実なんじゃないかな。皇太后は嫌だからと上皇后の造語で呼ばせているし、お出ましが過ぎたのも事実です。

ま、私のブログなどそれほど辛辣に書かないので読まれていないと思いますが、元宮内庁職員とか量産フェイクブログを本気にして読めば「辛い」でしょうねぇ。



コメント

  1. 飛鳥川 より:

    天皇と上皇はある程度離れて住むのが伝統なんです。二重権威を避けるためにも私たちはお濠の外に出た方がいいと思って、大宮御所は避けたのです。皇室の警備は警視庁でなければ、私たちには東京にいてほしいというのが政府の意向だったから、葉山や沖縄に住みたいなんてわがままは言いませんでした。上皇陛下にふさわしい仙洞御所を新築してもらうのは国民に申し訳ないから、東宮御所に戻りたいと言ったのです。皇嗣は皇族共用邸となっている隣の赤坂東邸を取り込んで改修すればちょうどいい。そして新しい共用邸として高輪御殿を再活用する。私たちがまず仮住まいする。どこからみても申し分ない。皇室の伝統を思い国民を思い最善の選択をしたのにどうしていわれなき批判をするのでしょう。
    引越しが遅いというけれど、現代は日常業務をやりながらご大礼の準備をせねばなりません。引越しどころではありません。職員が本格的に準備にかかれるのは今年のお正月行事が終わってからにならざるをえないでしょう。多少予定が遅れても職員がオーバーワークにならないように配慮するのが上に立つ者の務めです。そういう気持ちがないから、秋篠宮家はご難場なんて言われるんです。
    美智子様に気を使わなくてよくなったから雅子さまも調子がいい、とは何という言い草でしょう。私がどれだけ雅子妃を気遣い、いたわってきたか、国民はわかってくれていると思っていたのに本当に情けない、こんなに辛いことはありません!
    上皇后のお気持ちを私なりに推理してみました。

  2. クロワッサン より:

    mayuさん

    風邪気味でお疲れですのに、読みたい記事と画像を載せてくださって有難うございます。

    国民がこれだけコロナ不況に喘いでいるのに、上皇夫妻は、リフォームで税金使い放題。

    今上もコロナウイルスについて、愛子さまの卒業に関しての感想の最後にちょこっとだけ述べるだけ。他国の数々の王国はメッセージを強く発信しています。他国の王国と大違い。

    美智子さまのあざとい手口が、アンチ秋篠宮家・天皇家擁護派と秋篠宮家応援派両方から見破られ、バッシングの嵐ですね。

    魔界の男KKを眞子さまから引き離し、破談にしたら、美智子さまの評判は、お望み通り、一気に天井上りになりますよ。今すぐ実行してください。

  3. mayu より:

    こんばんは、コメント読ませて貰いましたが
    今日は何となく疲れたので明日、出来る時にします。

    ネット批判で辛いと書かせる美智子さまって凄いですよね。
    多分これでまた益々批判されることに・・・墓穴をほった感じです。

  4. シロガネ より:

     maynさん、記事の更新いつもありがとうございます。
    上皇后様のネット批判の「これほど、辛いことはない」(そのお言葉は、皇嗣家への、いられない批判の事でないのは、超!驚きです)というお言葉、とことんご自身の、美しき「名声」にこだわれるお方で、いらっしゃるのだなとつくづくそう思いました。

     全く、平成の御代に香淳皇后が、美智子様を、イジメだとか、そういう記事が、出ても一度だって、訂正の要請をされた事は、なかったのに、むしろかつて、自分を苛めて辛い思いをさせた、姑に、優しく心から尽くす、「美しいわたくし」とイメージを広げて、本当の、香淳皇后のお人柄を国民に消し去ってしまった、そのつけも、こうして、現在来たのだなと、シロガネは、記事を読んで、そんな風にも思っています。

     自分は、いい皇后、いい妻、いい母、いい姑、いい祖母。そんな事が出来るのは、「わたくし」一人。その為に一生懸命頑張ってきたのに、批判する何てひどいわ・・・・とそう思っていらっしゃるのでしょう。呆れます。

     自身が、例え「悪女」と批判されても、守るべきものがあるのだから、その為だったら、他人からなんと言われても別に構わないという、皇嗣妃殿下の様な、「覚悟」と「強さ」が、ない方なのですから、こうして、今は皇室ブログでは、皆に嫌われてしまったのですね。

     とにかく、ご自身の「名声」にとことんこだわれるのは、生きている限り、続かれるのでしょう。でも、そこから抜け出せば、評価はされるでしょうけど。もう無理でしょう。「策士策に溺れる」とは、こういう事だと思います。上皇后様を、「ご自愛」の方とは、良く言ったものです。

     「こんなに辛いことはない」、それは、皇嗣妃殿下がおっしゃる言葉です。

     しがない庶民のシロガネですが、日々の皇嗣家の訳の分からん、批判には、本当に、胸が痛みます。

     

  5. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^^)
    前記事のご返信も感謝です!
    咳も、意外と体力を消耗しますよね。筋肉も疲れます。どうぞお大事になさってください(><)
    東京は自粛要請初日です。デパートや楽器店からは営業時間短縮や休業のお知らせが来ましたが、果たしてどうなることでしょう…。
    ヤフーはほとんど見ないので、イタリアの神父さまの記事があったことを教えてくださって、ありがとうございます。多くの方に知っていただけたかも、と思いました。

    さて、まさに仰天の記事ですね〜Σ(゚д゚lll)
    ワガママ放題のこのお引越しだけをとっても数十億、こうして国難も国民の疲弊にも関係なく、ご移動となれば数時間で消える多額の警備費を自治体に負担させ…簡単に膨大な額を遣われる納税民の方がよほど辛いのですが。
    いつも悪いのは国民やマスコミ→私は被害者、と他罰的なところは、雅子さまと共通項のような感じがします。
    ブーメランというか、策士策に…というか(ーー;)
    お引越しが遅れたのは、ストレスや体調不良…?お出かけ三昧でいらして、お元気でいらっしゃいましたよね。手術やご入院も、本来ならとうにお引越しが終わられていたはずの時期でした。朝5時から仕分け…?そうならずに済むようにお時間はたっぷりありましたし、そもそも職員に決してさせないところに、何か後ろ暗いことがおありだからでは…とも言われていましたよね。おまけに並行してエゴサーチも抜かりなくなさっていれば、それは作業も進みませんよね〜(*_*)
    mayuさんの仰るように、ご自分だけが可愛い方なのだと改めて思います。あんなにひど書かれようの紀子さま(これこそまさに、いわれのないバッシングですよね)のことにも知らん顔、眞子さまの問題にも「ご心痛」で、お逃げになる。
    悲劇のヒロインにご自分を重ねて酔っておられる方が、ここにもお一人…という感じですね~_~;

  6. やしま より:

    更新ありがとうございます。天気悪くて心も暗いです。

    「これまでは、そのアンテナの鋭さが良いほうに向いていたのですが」
    今回のこの記事って、上皇后sage風味です。「心無い批判」「ネットの批判的な書き込みをご存じ」
    逆に、紙媒体しか知らないような世代の人にまで、「実はあなた、上皇后に対してモヤモヤ感があるでしょう?みんなそう思っているんですよ」と自覚させる効用があります。

    日本人は「立つ鳥跡を濁さず」という言葉が好きです。
    「昨年の10月までには御所を今上夫妻に明け渡す」という約束していたのに、延々と6カ月の延長!
    その間、後でなさればいい白内障の手術をし、思い出のテニスコート訪問、鑑賞に行かれたりで「引っ越そうとしない」という態度が一般国民にも丸わかり。幾らageようとしてもageようがありません。事実は事実です。

    上皇后夫妻、特に美智子様については、皇室ブログ主及びコメンター。立場が違っていても皆、状況を知れば知るほど、批判的にならざるを得ませんので、批判的意見が一致しています。

    本当に眞子様の件をキレイになされば、どれだけ株が上がったのにと思います。紀子妃がK氏の職がないことに危惧の念を抱かれ、反対し始めたのを知った眞子様が、彼を連れて葉山御用邸まで乗り込んでいったのが婚約内定の第一歩。「直訴」と言われました。
    眞子様の願いに呼応して婚約を後押しし、前例にはないけど孫の結婚式を退位前に参加したいと言われ、お祝いに答えて民の前で提灯を振り、裁可を出し。

    秋篠宮ご夫妻だけなら、婚約内定へ進むことを止められたかもしれないのです。殿下はご両親の決定には盲従の方なので、進みだしてしまった道を止めることもかなわず、いまだにどうしようもないことになってしまっています。
    上皇后の責任は重いのに、そのことについては全く知らぬ存ぜぬ。ひたすら「自愛」の道を行く方だと今回の記事を読んでも痛感します。

  7. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    私もヤフーでタイトルだけ見ました。
    中身を読む気さらさらなし。
    想像したような内容ですね。
    どこかで読んだのですが、アメリカ大統領が住むホワイトハウス。 大統領が代わると即退去する。いつまでも居座るやつはおらん!と。 あ~そうだわっ、誰かがその例えで説得していればバッシングも起きなかったかも~と思いました。
    今の皇室には命を賭けてでも皇族方を守る忠臣は存在しないんだな~とも。
    諫言する侍従等は皆辞めさせてますから、イエスマンしか残りませんね。
    それもどなたかが持ち込んだマイホーム主義が遠因かも。 皇室に新しい風をとやりたい放題したつけが60年経って返ってきた感じですね。
    上皇夫妻よりずっと歳上のエリザベス女王はコロナウィルスで団結するよう国民へメッセージを出されました。
    日本の天皇は娘の卒業時に乗っかって一応チョロッと言ってましたけど、なんだかなぁ~。
    娘の高校卒業くらいでメッセージを出すのもどうかと思うのに、コロナ禍に対してちゃんとしたメッセージ出さないって国民のことなどな~んとも思っていないからかしら?
    スキーに行けなくなってぶんむくれな妻のご機嫌とるのが忙しい?
    秋に延期された訪英、どうなるでしょうね。

  8. 狗児 より:

    mayuさん
    こんばんは。記事の更新ありがとうございます。
    呆れますね…批判されるのが辛い。そりゃ誰でも辛いですよ。一般人は、職場でも、地域や親戚関係でも、たとえ「言われなき批判」をされても、諸事情で言い返せずじっと耐えていることが多いです。メディアを使って「私は辛いのよ!やめなさい」なんて大々的に言えませんよね。

    私は、「美智子さまが雅子さまを虐めた」と言われるのは理不尽じゃないか、とは思っています。多分、先に入内した先輩として、親切心から仰ったことを、メンタル弱すぎの雅子さまが悪く受け取ったんじゃないでしょうかねぇ。また、心の病を盾にサボりすぎというのは、日本中が思っていることなのですから、美智子さまもそうお思いになるのは、当たり前なんじゃないでしょうか。

    ただ、秋篠宮両殿下に産児制限をなさったこと、あの小室Kとの婚約を裁可なさったこと、この2点は、批判されても仕方がないと思います。批判されたくないなら、こんなにズルズルと時間だけが過ぎて、二進も三進も行かなくなる前に、眞子さまをご説得されて、裁可をお取消になるべきでしたね。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    私も上皇后さまに対する
    いわれのないバッシングって、何を指しているのだろう?と思いました。
    ネットはともかく、週刊誌はかなり気を遣っている様に見えました(^^;
    特に譲位前後は、かなり上げた記事が出ていた様に思いましたが…(皇太子妃時代のエピソードの数々
    体調不良でも無理してお出ましとか、新皇后になる雅子さまへの気配りとか)

    上皇后さまは、眞子さまとK氏の結婚に関しては
    反対している様に書かれているけれど、肝心な所で
    秋篠宮殿下と紀子さまに任せてしまう所が、少し狡くないですか…と思ってしまいます。

  10. nono より:

    mayuさんこんばんは、記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    美智子さまの「辛い」は中身がないですよね。
    これまでの事実を時系列で並べて1つ1つに感想をつけただけの記事でもお辛くなることでしょう。
    ハウスメーカーに勤める私が軽く見積もっても大宮御所の完全な改築と今回の引越しとでは10億以上金額が違います。
    平成の御代から見比べても、美智子さまの行動は注目を集めても誉められる行動は多くないです。
    ご成婚当時から見る祖母に言わせれば批判される理由はある、と言う見解です。
    まぁ、人と言うものは事実を突き付けられると受け入れないとよく言われますが、最たるモノと思います。
    ただ、人でなしというか、なんと言うか、嫁2人がどんなに誹謗中傷されても知らん顔。
    可愛いはずの初孫のゴタゴタもどこ吹く風。
    ご自身の事のみにご興味がおありの方なんですね。
    美智子さまの大義名分「陛下との思いでの…」これ死ぬまで使うのでしょうか。

  11. miii より:

    こんばんは^^
    美智子様が名誉挽回する方法は一つ!眞子様を説得して、破談にする事。だと思うのですが…国民からの人気は絶大になるはず。
    そもそもなぜ説得しないのかが理解できません。こういう時こそ祖父母の出番では!?
    秋篠宮殿下、妃殿下がバッシングされる状況は理不尽過ぎて、日本社会が正直者が馬鹿をみる事を容認しているようでしんどいです。

  12. ラミリー より:

    mayuさん、こんばんは。新しい記事をありがとうございます。
    はーーーー。またですか?この方には「足るを知る」とか、満足感を得る感覚が無いのでしょうか?引越しにも着手せず遊び回りは凄かったですからねえ。今は、何をおいてもコロナ対策で大変なのに、ご自分へのバッシングがどーとか、耄碌されたのか、元からそういう方なのか、、誰か止めればいいのに。止める人もいない、または、止められてもきかなんでしょうね。

タイトルとURLをコピーしました