愛子さま、学習院大日本語日本文学科へ進学

天皇皇后両陛下

愛子さまの進学が決まりました。週刊誌に書かれていたように
学習院大日本語日本文学科へ進学。
一般入試とは別に行われる内部進学の選考を経て、合格が通知。
昔と違って学習院に通う皇族は今、愛子さまだけになったこととか
天皇陛下の内親王を不合格にはさせられないでしょう。

シツコク書いて申し訳ないのですが、大変ご優秀で偏差値72東大も狙えるとか
ご優秀と何度も書かれてきましたが、これでご優秀は終了になって欲しいです。
推測では成年式前にイギリスに留学しそうな気がします。そのあとは
大学院に進学してなるべく公務をしない選択を取るんじゃないかなぁ。
眞子さま、佳子さまのように単独で公務はできるかな、鑑賞ならできそうですが。

愛子さまは幼稚園の時からずーーーーっと学習院一筋ということになります。



学習院初等科の教職員方はなにかにつけ苦労したと思います。
卒業式に両親が出席、入学式では1人で挨拶するのか。注目したいと思います。

23日は天皇誕生日ですが、一般参賀など大きなイベントは省略でしたが
記者会見の映像くらいは出すでしょうね。

愛子さま、学習院大文学部に進学へ(20/02/21)

宮内庁は21日、天皇、皇后両陛下の長女愛子さま(18)=学習院女子高等科3年生=が4月に学習院大文学部の日本語日本文学科に進学されると発表した。大学ホームページによると、同学科では日本語や日本文学、日本語教育に関心がある学生を受け入れ、研究・教育を行っている。天皇陛下も学習院大文学部の史学科で中世の交通制度を研究。瀬戸内海の水運を卒業論文のテーマに選び、長年にわたり水に関する研究をライフワークとしている。同庁によると、愛子さまは1月に実力考査を終え、同学科への内部進学が認められた。
現在は卒業リポートの提出に向けて準備を進めているという。記事出典 時事通信 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020022100696&g=ryl

天皇、皇后両陛下の長女で学習院女子高等科3年の敬宮愛子さまが今春、同高を卒業後、学習院大学文学部日本語日本文学科に進学されることが21日、関係者への取材で分かった。一般入試とは別に行われる内部進学の選考を経て、合格が通知されたという。父である天皇陛下も同学部(史学科)を卒業後、同大大学院に進学されており、愛子さまも同じ学部で学ばれることになる。愛子さまは学習院幼稚園から、平成20年4月に学習院初等科にご入学。26年4月に学習院女子中等科、29年4月に同高等科に進学された。高等科進学後は両陛下のご公務に同行する機会も増やされている。記事引用 産経新聞 全文はhttps://www.sankei.com/life/news/200221/lif2002210045-n1.html



コメント

  1. ミラージュ より:

    mayuさん、すみませんがこちらの記事にコメントさせて下さいませ。
    ぺんぺん草さん、

    退院おめでとうございます。
    現実には、したいことだけをしていくわけにはいかないでしょうけど、その気持ちを持ち続けて、また楽しいブログ記事を発信して下さい。
    まったりと待っています。

    • ラミリー より:

      ミラージュさん、ありがとうございます。mayuさん、この場所をお借りします。
      ぺんぺん草さん、無事のご帰還、心から喜ばしいです。入院してらっしゃる事がわかった折には出遅れてしまいコメントできませんでした。
      働き方改革とは名ばかりで、皆、疲弊してますよね。どうか、ごゆるりと、ブログを続けて下さいませ。

  2. ミラージュ より:

    愛子様が日本文学を選ばれたのはたんに学生数が少ないからではないでしょうかね?
    何かしらの噂がネットに出たりしても犯人を特定しやすいでしょう?
    まずは、厳しい箝口令が敷かれるとは思いますが、それでも漏れる時は漏れますから。
    お取り巻きは一緒に同じ学部に自らの意思で進まれるのかも気になります。
    本人の意思に反した進学なら人権侵害です。
    ま、何かしらの密約が交わされているのかもしれません。
    お取り巻きが一人もいなかったりしたら、それこそ不登校になりそうです。

  3. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!

    一応「合格通知を受け取られる」という体裁を取られないと、もう既にイロイロ言われているようですので、大変ですね(^^;…ご出席日数疑惑も難なくクリア、余裕の内部ご進学決定、さすがです(笑)。
    毎回90分の講義に集中されるのは至難かと思いますが、ご無理されずに、ノンビリ楽しくお過ごしになって、思い出にちょっと留学もされて…のようなご生活でよろしいと思います。時々でも楽器のメンテナンスも思い出していただければ(笑)。

    連休後には、いよいよ国立大学の試験ですね。皆さん、コンディションを保って、実力が発揮できますように。芸大も実技考査の第一次が始まります。マスコミの皆さん、チェロの一次もそれはそれは過酷なのですヨ(笑)。

    • 狗児 より:

      イリスさん
      こんばんは。横から失礼します。
      出席日数足りてるのか疑惑、言われてみれば限りなく黒に近いグレーな気がしますね(笑)内部進学って、出席日数はだいぶ重視されるのでは?と思います。その点に気が付きませんで、そうか、そうだった!と思いましたが、そこは触れちゃいけない所ですね。
      そういえば、私の知り合いは、推薦入試で有名国立大に合格しました。県外に出ますので親御さんはこれからが大変ですが、良かったと思います。国立大の一般入試は昔から2月25,26辺りなのは変わりませんね。この時期になると、もう20年以上前ですが、周りが次々推薦などで決まっていって、楽しそうにしている中、自分だけ黙々と勉強していたことを思い出します。まあ、そんなのは庶民のすることで、愛子さまには、そんなご苦労など一切不要だと思います。
      チェロは、お父さまと同様、学習院大オケで続けて行かれるんでしょうかね。お父さまと一緒に舞台で演奏なさいました、とかありそうです。そういうのは良いですが、やれプロ並みにお弾きになれると宣伝してみたり、有名な音楽家の指導を、真剣に学んでいる学生に先んじて受けてみたり、なんてことがありませんように。。

      • イリス より:

        >狗児さん

        こんばんは。コメントありがとうございます!
        はい、このご出席「日数」にかなり注目していました(笑)。狗児さんの仰るとおり、かなり厳しい日数でいらしたはずと思っていますが、もう暗黙で不問なのでしょうね(・_・;
        知人が以前、学習院女子の高等科の音楽系部活コーチをしていたのですが、外部の人ながら部活ルートでイロイロ耳にした様子です(^^;
        大学オケ、なさるかもしれませんね〜。でも仰るとおり、もう盛りエピや爆ageは勘弁していただきたいです(><)

        お知り合いの方、おめでとうございます!本当に良かったですね。きっと良い学びをされるのでは…と思います。
        狗児さんもこの二月末という日々を闘い、クリアなさった方でいらっしゃるので、受験生の心理もよく解ってくださっていて…。私も、苦しかった記憶が蘇る時期です(^^;)

        • 狗児 より:

          イリスさん
          ご返信ありがとうございます!
          私の親戚は、学校の先生だらけでして、以前、愛子さまが欠席が多いという問題について話していた時、そのうちの1人が「私が学習院の校長なら…夏休みなどに『補講』を沢山して(したことにして、かもしれませんが…)、それを出席日数にカウントして足りてることにするかなぁ」と申しておりました。さすが学校の先生だけに妙案を思いつくわ、と学校の先生ではない私は感心したのですが、学習院では、そういう超法規的措置を本当にしたのかも、と思っています。
          お知り合いの方が、部活ルートで色々耳にされたのですね。人の口に戸は立てられないとはよく言うたものですね。幾ら週刊誌に爆上げ記事を書かせても、そうやって漏れ伝わるのですから、いい加減やめにしてあげて欲しい、と切に願います。

          • イリス より:

            >狗児さん
            ありがとうございます(^^)!

            なるほど、帳尻合わせウルトラC的措置はあったかもしれませんね~。あれだけ頻繁なご静養でいらしたし、補講も「した、ことにした」が濃厚かも…ですね(^^;)ご親戚に先生が多くていらっしゃるのですね!現場ならではのお考え、説得力を感じました。
            はい、知人が元コーチでした。部活は気持ちも開放的になるのか、噂話しもしやすい空気だったようです(笑)。仰るように、箝口令にも限界がありますよね(><)

  4. 狗児 より:

    mayuさん
    記事の更新、ありがとうございます。
    学習院大学は、愛子さまが入学なさったので一安心でしょうか。申し訳ないけど、きっと他に進学しようと思っても、学力的に難しかったのだろう、としか私には思えません。学習院も、不登校問題で諸々あったのに、最後まで引き受ける気概があるのは立派だと思いますよ。

    まあ、しかし偏差値7272東大東大は喧しかったですねぇ(ため息)…内親王ともあろうお方が何を目指してらっしゃるんだろう、と疑問でした。ご本人というより、そんなことを週刊誌に喋る「猿」東宮関係者、「猿」学習院関係者でしょうか。(この表現、私はすっかり好きになってしまいました(笑)mayuさん、改めて面白い発想をありがとうございます。)
    「二十歳過ぎればただの人」じゃないですけど、もういい加減ご優秀伝説はやめてほしいです。内親王に必要なのは学力や学歴ではなく、お血筋と、品の良さと、下々を思いやる心の広さ優しさですから。
    学習院に進学なさって、くれぐれも皇室の権威やお金目当てで近づいてくる男性に気を付けて頂きたいです。

  5. やしま より:

    多分、三笠宮系列の方だったら、愛子様の高校成績での学習院大学進学は無理だったんじゃないかと。。

    でも学習院も必死なんですよ。皇族最後のお一方になられてしまう可能性が高いですからね。この先、絢子様のお子様が学習院に入学なされたとしても、それは単なる一般人に過ぎません。

    皇族の方たちが学ぶ場所として、学習院は意味がありました。昨今よく考えると、学習院大学を卒業されたのは、典子さんが最後なんですね。佳子様は他大学に出てしまわれました。だからそりゃあ、大学側は大切になさるでしょう。

    ただそれでも!
    大学もプライドというかグレードのメンツとして、譲れないところがあった。それが今回の進学先かと。

    英語がお得意と、さんざん報道されてましたよねぇ。外国の方と直接会話なさったとか。
    それで、進学するのは、日本語の先生の資格がとれる学科。

    あの池田厚子さんも、最初にお入りになられたのが、当時は短大(今は学習院女子大学)の英文科で、ちょっと学力的にアレだった(とは報道されていませんが、まあそういうことでしょう)で、たった2年なのに、途中から家政科に転科なさっておられる。まあ家政のほうなら卒業も何とか、という忖度だったのかなと。

    英語はどもならなくても、日本語なら何とか忖度。。
    そんなところじゃないですかねぇ。
    英語が流暢に会話できるご優秀な愛子様設定はおやめいただきたいモンです。

    ただ、愛子様下から上までの学習院は、これは正解だったと思います。学校側も全力で守ってくれます。
    悠仁さまも高校から学習院でもいいのにね(ボソッ)と、心の片隅で思う私がいます。刃物を机に置かれたり、肝が冷えることは、もうたくさんですよ。ああいうことが起こると、なかなか他の私立高校も困るでしょうね。どうするんでしょうか。こちらももうすぐ2年生。中学校生活はあっという間です。
     

  6. ラミリー より:

    mayuさん、おはようございます。先日のkが5等身でなければ?今回の愛子様の記事。ありがたいと思いつつ、ほとんど興味を失っている自分がいてビックリしています。今は、新型肺炎が気になりますし、私自身風邪が治りませんし。ゾンビのように女性宮家創設の話が出てきたら、全力で反対しますが、他の事はほっといてもいいかなあ、、などと思っています。別館、拝見しました。ツイッターは、何しろタイムラインが見辛いですね。どうでもいい情報も溢れかえっていますし、ミュート機能を使ったり、ピンポイントで自分が読みたい方のプロフィール画面表示で読んだり、検索ワードを使ったりしています。皇室ニュースなどはゆったりしているので、ツイッター向きではないかもしれません。新型肺炎についてなどは、とても有効なツールです。

  7. アール より:

    mayuさん こんばんは。
    以前から御両親の留学、昨年の2週間の英国ステイのことから留学も・・・と記事にされていらっしゃるので、
    成人の挨拶を免れるために留学の可能性大ですね。

    夏のご静養の際にトンボが愛子様に止まって、雅子皇后が「好かれてる」とお声かけされていましたよね。
    そんな感じでいいのではないでしょうか。
    ゆったりと穏やかで。
    東大とか、スポーツ万能じゃなくても、心優しく思いやりのある人柄こそが、皇族だと思います。
    皇族の御名前に付く仁の意味を大切にしていただきたいと思っています。

  8. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    愛子さまも大学生ですか。
    私の中では初等科や中等科の頃のイメージが強いので、入学式にスーツを着て取材に答えるのかと思うと、何だか信じられない様な気持ちです。
    お一人で公務にお出ましになられる機会もあるのでしょうか。

    偏差値72と東大は、それこそセットで長い間週刊誌に書いてありましたね。
    これからも続くか?どうなのか…(^^;

  9. nono より:

    mayuさんこんばんは!記事の更新有り難うございますm(_ _)m
    合格通知が来たんですねぇ、来ないわけ無いですよね(^o^;)
    皇族が居ないのでは学習院の意味も曖昧になりそうです。
    個人的には貴族階級の復活があっても良いように思います、あれば眞子さまの様な事も起こら無いだろうし、起こっても切り捨てやすくなります。
    「愛子さまの一人で出来るかな?」は両親付き添いの会見でお一人のご挨拶か、お一人での会見か。
    mayuさんのお話のように、ギリギリまで学生でいらっしゃると思います。
    少なくとも今までお一人で何かをされているのを見たことがないので…。
    陛下のお誕生日会見はご近影とコメント文だけでしょうか…。
    なんだか、皇室が輝かない、こんなこともあるのですね。

タイトルとURLをコピーしました