天皇、皇后両陛下が英国から帰国

天皇皇后両陛下

私の住んでいる所は今回もいつの間にか台風が去っていきました。台風前の暑さに比べると昨日は涼しく、夜は寒くて布団を掛けて寝ました。すっかり秋になりました。 台風の被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

昨日の夜、天皇皇后両陛下がイギリスから無事に帰国しました。雨降りで貴賓室で秋篠宮ご夫妻、駐日英国大使夫妻のお迎えを受けました。愛子さまは御所でお迎えでしょうか。

2泊4日のイギリス訪問で、雅子さまが動いたのは1日だけでしたが、それでも日本国内では都内限定の1時間程度の式典公務と鑑賞、その前は御所内でのオンライン公務だったので、久しぶりの遠出と動いたことで、帰りの車内での画像を見て疲れたのでは?と思いました。それでも天皇皇后両陛下は行って良かったと思っているでしょうし、特に予定も無さそうなので今日からゆっくりお休みになってください。

両陛下帰国19年即位後初の外国訪問 皇后さまは約7年ぶりの海外

昨夜久しぶりに御一行様を探してみたら、現地でのこんなツイッターが。



英国を訪問していた天皇、皇后両陛下は20日午後7時半ごろ、エリザベス女王の国葬参列を終え、政府専用機で羽田空港に到着された。2019年の即位後初の外国訪問で、皇后さまにとっては約7年ぶりの海外だった。雨のため、貴賓室での出迎えとなり、両陛下は秋篠宮ご夫妻や駐日英国大使夫妻らと笑顔で言葉を交わした。

両陛下は17日に日本を出発し、ロンドンには現地時間の17日午後到着した。18日は、天皇陛下がバッキンガム宮殿でチャールズ国王主催のレセプションに出席し、国王夫妻に弔意を伝えた。エリザベス女王のひつぎが安置された英議会議事堂のホールを弔問に訪れ、女王にお別れを告げた。

19日にウェストミンスター寺院で執り行われた国葬に参列し、午後9時ごろ、ロンドン郊外のスタンステッド空港から帰国の途に就いた。

皇后さまは体調を考慮し、18日は陛下に同行せず、19日の国葬は共に出席して公式行事をこなした。皇室の慣例で、天皇は海外王室の葬儀には参列しないが、今回は女王、英王室との間で昭和、平成、令和の3代にわたる関係の深さを考慮し、両陛下が赴いた。(共同)
記事出典 日刊スポーツhttps://www.nikkansports.com/general/news/202209200001351.html

画像出典 日刊スポーツ・デジタル朝日・毎日新聞・読売新聞・時事通信・TBSニュースなど

*秋篠宮さま、初のご執務 陛下ご訪英で臨時代行

天皇、皇后両陛下の英国ご訪問に伴い、天皇陛下から国事行為の委任を受けた秋篠宮さまは20日、臨時代行として、皇居・宮殿の「薔薇(ばら)の間」で、政令公布などの書類に署名、押印する執務に臨まれた。秋篠宮さまのご執務は初めて。

宮内庁によると、臨時代行による署名では、秋篠宮さまが陛下の「徳仁」のお名前を代筆し、その左下に「文仁」と自身のお名前を記される。国事行為の委任は憲法と「国事行為の臨時代行に関する法律」に基づく。陛下のご帰国に伴い、秋篠宮さまへの委任は解除となる。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20220920-6NPYTWFECNJ4LFRRVOBFGGAQ6Q/



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. 月の砂 より:

    mayuさん

    ご存知の事と思いますが秋篠宮妃殿下が来月
    10月11日秋田県をご訪問なさるそうです。

  2. やしま より:

    最近、わたくしごとで忙しくて、テレビを見る暇もないので、mayuさんの記事は本当にありがたく拝見させていただいています。これから実家に行きます。今回はなんと!妹の孫を実母とともに面倒を見るというミッションつきです。妹の娘が第2子懐妊中なんですが、緊急入院してしまったんです。切迫早産の危険性が高いということで、検診に行ったまま、着のみ着のままで入院。入院で必要なものは後日の差し入れは1週間に2度、2時間の間のみというコロナに対しての厳重警戒病院なようで、もちろん妹一家で頑張っているのですが、それでも手が足りないということで、とうとう曾祖母である母と大伯母である私にまで、妹の孫の面倒のお願いが回ってきてしまいました。一般庶民は大変なんですよ~~もう成人した娘さんがお一人のみ。孫もいない。これからは雅子様もどこへでも公務にお出かけくださいましね。お元気なのですから。

    お手振りについては、私は余り組織的なものを考えたくありません。創価の団体がバスで公務先に来るのでその団体に向かってお手振りしているのだと長年言われ続けていますが、あれって何か証拠があるのですかね?私、創価婦人部のもはや長老部類女性(私と同年ですから)が2人、友人なんですよ。雅子様関連の話を聞いたことがあるのですが、かなり突っ込んで聞いても「そんな話は聞いたことがない」とのことでした。創価と知らずに友人になった長年の友で、彼女たちの話は本当のことだと思っています。

    • mayu より:

      やしまさん

      お母さんと妹さんのお孫さんの面倒まで見るとは!
      これまたホトホト疲れることで・・・特に孫は目離しできなくて草臥れます。
      くれぐれも体調に気を付けてください。

  3. アール より:

    もうご存じかもしれませんが、
    悠仁親王殿下は来月1日に伊勢神宮参拝だそうです。
    お一人で。

  4. アール より:

    こんばんは

    私も皇族の方々は反射的にお手振りしてしまうのかも、と思いました。
    微笑みと共に。

    しかし、こういったお悔やみの場合のお出ましなら、軽く会釈程度でよいのでは、と思いました。

    それにしても「メロメロ」
    こういう日本語の表現をするとは、どんな支援者なんでしょうね。

    雅子さまは、こういう感じの声かけがお好きでいらっしゃるのか、と一つ勉強になりました。

  5. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    天皇皇后訪英以降随時記事をアップしていただきありがとうございます。
    mayuさんの方がよっぽどお疲れのことと思います。
    暫くごゆっくりされて下さいね。

    台風の影響で羽田は雨がかなり降っていたようですね。
    そんな中わざわざお出迎えされる英国大使、お仕事とは云え大変ですね。
    紀子様のお隣の白髪の紳士は
    出発時にもいらっしゃいました。元駐英大使かしら?

    天皇家の今週の予定には発表されていませんでしたが、金曜日に秋季皇霊祭があります。
    秋篠宮家3名、三笠宮家・高円宮家各2名の予定は発表がありました。
    雅子様は相変わらずお慎みとやらだと予想します。
    今後体調が調えば…を使わないと云うことですが、まさか事前にお慎みと発表されるのでしょうか?

    戴冠式、雅子様は行きたいでしょうね? 他国の即位式に天皇皇后が出席した例はないと思うのですが、こちらも掟破りで出席されるかもしれません。
    国葬で訪英された時に約束されたとか、類いまれな雅子様の外交力を期待…
    とかなんとか世論を作って行きそうです。
    そして今回やオランダ即位式時のように出席されるのは一回だけ……楽勝ですわ。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、連日の記事更新
    本当に有難うございます。
    お疲れではありませんか?

    両陛下、無事に日本に帰って来ましたね。
    確かにお疲れの様な顔に見えましたが…両陛下共に
    行きたかった所に行けて良かったんじゃないでしょうか。

    秋篠宮皇嗣殿下も、臨時代行
    お疲れ様でした。

  7. 月の砂 より:

    mayuさん
    連日の記事アップありがとうございます。
    どうぞお身体を悪くなさいませんように。

    今回のエリザベス女王の国葬への出席者を日本の事情を知る
    イギリスからは天皇皇后陛下でなく秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻で
    良くないかと問い合わせが来ていたのだそうです。

    しかし粘ったのが天皇陛下でその理由を話してあの二人が
    行く事になったと言う事がネットに載ってました。

    天皇陛下よりも皇后さまの方が行きたかったので天皇陛下は
    あれこれ英国とのご縁を話して頑張ったのではないでしょうか。

    天皇皇后両陛下は戴冠式もある訳ですからそちらへ行くのがが順当な
    ことになると私は思っております。

    あのうれしそうなお顔はどう見ても国葬に行く顔ではありません。

    こういう事秋篠宮殿下も分かっていらっしゃるのではないですか。
    戴冠式の時にはどちらがいくのでしょうね。

  8. マグノリア より:

    おはようございます。
    無事に帰国されて何よりです。
    秋篠宮両殿下はじめお出迎えの方々や沢山の関係された方はずいぶん待たされたことでしょう。(羽田空港お天気良くなかったので)
    お疲れ様でした。
    秋篠宮皇嗣殿下におかれましては、臨時代行としての執務も行われました。
    お口の減らないコメ民からは「こんなの報道するな」とか「ペンを使ってる。持ち方が・・」とか重箱の隅をつつく発言もありますが、今上が上皇の代行をするときも報道していました。
    震える手ではんこをしっかり押される場面など記憶しております。

    あのツイッター何ですか。
    面白いと通り越してばかばかしい。
    言葉を覚え始めた子供だってこんなこと言わないです。
    ここにいない人の名前を出して、xxxメロメロxxx、日本語を知らない人でしょうか?
    天皇夫妻はこのような応援団にお手振りしているのですね。
    選挙前に親しくもなかったのに馴れ馴れしく電話が来る学会員、このような場に借り出されているのでしょうか。何かルールがあるようですね。
    日本人として恥ずかしい限りです。

    • 向日葵 より:

      もう20年以上前のことですが、東南アジアの某国に旅行中に秋篠宮ご夫妻をお見かけしました。
      ご夫妻がその国をご訪問中とは知らなかったのですが、まだ若かった?ミーハーな私たちはつい芸能人を見る目で「紀子さま〜」と声をかけたらお手振りで微笑んでくださいました。

      あの方たちはどんな状況でも、一般人から声がかかれば手を振るようにしているのではないですか?
      今はSNSでたとえ皇族のことでも「無視された〜」「感じ悪い」とかのせられますからね。

      雅子さまに声をかけた人たちがどういう人たちかわかりません(在英邦人か旅行者か特定の団体か)が、声をかけられたので反応されたに過ぎないのかなと思いました。
      まあそれを何でもかんでもSNSですぐ公開するというのはどうなんだろう?と思いますね。

タイトルとURLをコピーしました