天皇皇后両陛下って真面目に何かに呪われているんじゃないでしょうね。2011年4月29日、イギリス王室のウィリアム王子とキャサリン妃の結婚式に参加予定だったのが、同年3月11日の東日本大震災で行けなくなりました。そして今回は新型コロナウィルスで、おそらく延期になるでしょう。行くとしたら今年の秋か来年の春か・・・さっぱりわかりません。

世界的に感染している現状、両国共に王室、皇室のことまで手も頭も回らない状態でしょ。私的には皇室行事、儀式の中止が相次ぎ非常に寂しいのですが・・・・天皇皇后の2人がイギリス訪問、エリザベス女王とお会いする様子とか、どんな珍道中になるのか、いろいろ見たかったのですが( ゚Д゚)

マジで中国武漢発のコロナウィルスが恨めしい!
私の楽しみを奪ってます。早く終息してほしいです。
BGMには映画「ピアノレッスン」のメインテーマ
“楽しみを希う心”の曲が流れてきそうです。


5月はじめを軸に調整されていた、天皇皇后両陛下のイギリス訪問について、政府は、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を考慮し、当面、延期する方向で検討を始めました。天皇皇后両陛下は、天皇陛下の即位後初めての外国訪問として、5月はじめから1週間程度の日程を軸に、国賓として、イギリスを親善訪問される方向で調整が進められていました。これについて、政府は、新型コロナウイルスの感染が国内だけでなく世界的にも拡大している状況を踏まえ、当面、延期する方向で検討を始めました。政府関係者は、「ことし春の訪問は厳しい」としたうえで、即位後初めての外国訪問であり、日本とイギリス双方が万全の準備で臨む必要があるという認識を示しています。また、政府は、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣」になられたことを内外に広く伝える来月の「立皇嗣の礼(りっこうしのれい)」のうち、祝宴にあたる「宮中饗宴の儀」について、中止や規模の縮小を含め、実施の在り方を再検討することになりました。出典https://news.goo.ne.jp/article/nhknews/nation/nhknews-10012331931_20200315.html