小室佳代さんを1年半振りに拝見、暗い時間にコソコソと出掛け新しい恋人が出来たか

秋篠宮皇嗣ご一家

ヤフートップニュースを見て久しぶりの佳代さんの姿を見せて頂きました。
約1年半振りの最新画像の佳代さんを拝見できて嬉しかったですねぇ~(笑)

2019年12月20日、午前5時頃。今の時期はまだ暗い時間帯ですから
張り込みをしていたのでしょうねぇ。女性自身の記者、久しぶりに良い仕事をしました。
先週の女性自身には記事になっていたなかったので、今週号に載るかもしれません。
私はガラパゴスなのでスマホを持っている方は既に記事を読まれていると思います。

画像出典 女性自身https://jisin.jp/domestic/1819018/
消えた小室圭さん母を発見 左手薬指にはピンクの宝石輝く指輪
全文は以下URL
https://jisin.jp/domestic/1819018/
全文は以下URL
小室さん母支える男性の影 午前4時のクリスマスイブ外出強行
https://jisin.jp/domestic/1819024/

周囲を深い闇が包む中、マンションの前には佳代さんが呼んだとタクシーが止まっていた。
ブラウンのワンピースの上に、同系色で上半身いっぱいを包む大きなストール。
バッグを2つ持って、黒いブーツはピカピカに磨かれていた。
はたして金銭トラブルを解決する意思はあるのか? 
本誌が取材を申し込もうとすると、佳代さんはストールで顔を覆い、マンションへと
引き返していった。早朝に“セレブマダム風”のファッションで外出しようとしていた
佳代さんはいったいどこへ出かけるつもりだったのだろうか。
意外なことに佳代さんの左手薬指にはピンクのダイヤモンドのような宝石が入った、
真新しい指輪が光っていた。記事引用 女性自身https://jisin.jp/domestic/1819018/

圭与さんの姿が見られなくなってから、週刊誌で「夜に出掛けていた」などの記事は
見ることがありましたが、1年半も暗くなってから動き、お天道さまの下を歩けない状態で
小室Kが眞子さまと結婚できるとは益々思えなくなりました。


さっさと元婚約者に400万円返済すればいいのに、実際はお金がなくて出来ないのでしょうネ。
と、しか思えません、贈与だと言い張るメリットが無いからです。

セレブマダム風って横浜では明け方の一番寒い気温でも大判ストールを巻くだけで
コートを着なくても良いんですね。
髪は白髪もなくキチンと染めてアップされていますが、美容院に行ってカットしているのでしょうか。
前髪は自分でパツンと切ったようにしか見えませんが。
暗いのでさすがにサングラスではなく黒縁眼鏡、化粧もされているようです。
ボアのバックはそれほど高価に見えないしピンクの宝石、ピンクダイヤモンドなら凄いけど。
他はピンクサファイヤとか?? 少し痩せたように見えますね。

圭与さんがどうやって生活しているか。
以前勤めていた洋菓子店は辞めたようで、ウチとは関係ない、電話をかけないで、との事です。
父親の年金、高齢者なので20万くらいは貰っているとしたら2人暮らしなら生活出来ますが。

疑問は尽きないが、本誌は再び佳代さんの動きをキャッチする。
12月24日、クリスマスイブの早朝4時のことだった。
マンションの前にワンボックスカーが停車。するとマンションから佳代さんが現れ、
車に乗り込んだ。運転席には50代ぐらいとおぼしき小柄な男性が座っていた。
そして走り去ったワンボックスカーは、夜になってもマンションに戻ってくることはなかった。
記事引用 女性自身 https://jisin.jp/domestic/1819024/

女性自身の記者は連日張り込みをしていたのですね。それが仕事だから良いとして。
圭与さんが家から出たのは12月24日、早朝4時です。

今時こんなに早く出掛けるのは、新聞配達の方とか介護施設とか
食品製造業、皆さん大変なお仕事をされている方々でしょう。

無職の圭与さんは、人目を忍んでまだ暗い早朝4時に50代くらいの男性が運転する
ワンボックスカーに乗り、夜になっても戻らなかった。

クリスマスイブに現れた男性は佳代さんの新恋人なのだろうか。
X氏のように生活を支援してくれる男性をまた見つけたのか。
記事引用 女性自身

女性は見た目だけじゃないんだとつくづく思います。
次から次へとよく男性が現れるものだと感心してしまいます。
男友達なのか、男性が寄ってくるのか、圭与さんが寄っていくのかわかりませんが
私などリアル生活で男友達がいない、いるのは女友達だけ~旦那がいるので男友達は不要ですが。
ともかく、圭与さんを見ても全然羨ましいとは思わないです。

コソコソと暗い時間にしか動けないような母親、使者も立てられない家庭、
借金トラブルを解決しようとする意志が見られない、2年経っても進歩なし。
これで来月、どのような答えを出すのでしょうか。


コメント

  1. sawayaka より:

    皆さん、こんばんは
    ここまできたら小室家とすると
    辞退するわけにはいかないですよね。
    辞退すると日本でも外国でも生きていかれませんから。
    本当に、時間が経てば経つほどずるずる引き返せないところに来てしまいましたよね~

    やはりやしまさんの書かれているように、
    この状態を受け入れているということは、
    取りあえず何を言われようと眞子さまの威光で
    資格を取り、アメリカで暮らさないといけないわけで、
    小室家とすると絶対辞退はできないですよね。
    やしまさんが書かれているようにもしかして資格を取ってある程度やっていけるようになるところまで眞子さまを利用し、その後、カッコつけて辞退する可能性も無くはないかも。
    それにしても万一結婚すると、眞子様の立場とすると、この母親を無視すると何を言われるか分かりません。小室氏と結婚するということはこの母親込みです。
    眞子さまもあの人を義母とし、子どもの祖母としてこれから一生暮らしていかないといけません。
    とんでもないことになってしまいました。

    さっきもプレジデントオンラインの例の何とか氏の記事を
    読み、ついここに書きにきましたが、普通の道徳観、良心を持っている普通の国民が小室氏のどこが受け入れられないかと言う、肝心な点に敢えて触れず、おかしな記事です。

    もう本当のところ、着地点をどこに置くか
    分からなくなっているのかもしれません。

  2. 洗浄液ありす より:

    週刊誌はクリスマスに動きがあると予測していたでしょう。イブではなく前日の早朝。でも引き返して行きましたと。
    10年以上前に郵便局が全国スイーツ切手とでもいうのか、記念62円切手のスイーツバージョンを売り出していて10種のうち一枚が鷹番マッターホルンでした。絵柄がバウムクーヘンです。先日10種からどれを使おうか迷っていたら聞いたことある名前だなあと気づきました。

    洋菓子はヨックモックとトップス、モロゾフしか知らない私。
    超絶有名店なのですね。よくそんなパート先を見つけてきたなと感心しました。

    ケーキ屋と言えば小保方さんも今、ケーキ屋で働いていますね。

    ところで英国訪問の最新記事でコメントの「ぶつかり稽古」に吹き出しました。

    それにしてもYahooコメで佳代さんの次から次へ男性に貢がれる様子を木嶋佳苗を思い出すと言った人がいましたが、木嶋佳苗が使っていたのはYahooパートナーで、詐欺する相手を探して最終的には◯してしまいました。婚活するメッセージのうち定型文の返信がそのまま週刊誌にでていて同じ頃私もYahooパートナーを利用していたのですぐわかりました。定型文でやりとりまでは無料なんです。さすがコスパに敏感な佳代さん。

  3. 雷鳥 より:

    おはようございます。

    小室母、久々の登場ですね。
    デートからなのか?小綺麗にしてますよね。マニキュアまでしちゃって。
    堂々としてればいいのに。なんで顔隠すの!?
    隠さなきゃいけない状況だからでしょ。

    メーガン妃のせいで、英国王室はメチャメチャですね。
    眞子様は、この状況をどう思われているんでしょう。

    王室のみならず国民からも大反対されてでも、お二人は愛を貫き通されて、素敵〜!  
    なんて、お花畑のような事をお考えじゃないですよね。

    眞子様には現実を見ていただきたいものです。

    小室親子のせいで、ご両親がどれだけ批判されているか。一番仲良しの佳子様まで、ダンスや公務選り好み(よ○こ様じゃないの?)、計算高いと言われ。
    挙げ句の果てには、何もされてない悠仁様まで悪く言われてるのに…

    なんともお感じになられないのかしら?

    あ〜あ、来月が憂鬱です。

  4. 遊星 より:

    mayuさん初めてコメントさせていただきます、遊星と申します。今までmayuさんや馬之助さんのブログをいつも楽しみに拝見させていただいておりますが、横浜とkkの話が出ましたのでコメントさせていただきました。

    年末は暖かい日もありましたが、横浜でも朝5時ですとストール一枚での外出はさすがに厳しいですが、すでに他の方がご指摘されている通り、玄関から車までなら大丈夫だと思います。
    また、kkのお陰で良くも悪くも有名になった大倉山は私の実家でもあります。
    御婚約が発表された当時は多くの商店街のレジ横に白地に赤字で、眞子内親王殿下御婚約おめでとうございますという三角柱を置いてお祝いムードを盛り上げてました。綱島街道沿い近くに熊野神社がありますが、御婚約発表翌年の元旦では参道に「眞子内親王殿下、kkさん御婚約おめでとうございます」と書かれたボード、お祝いの幟旗、祝日は国旗掲揚しましょうという幟旗等が並び、神社の力の入れようが凄かったのを覚えています。今年も元旦に参拝してきましたが、もう幟旗もなかったですよ。当時を思い浮かべると色々用意された神社さんやお祝いムードを盛り上げようとした商店街の方々が本当に可哀想で。
    もし縁を繋いだのが熊野神社であるならば、、と思い、破談になるよう今年はそのお願いのみをしてきました。地元民として申し訳なさがありますが、眞子様にはどうか目を覚まして欲しいと思うばかりです。

  5. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます!

    久しぶりに姿を見せたのですね。普段は籠城を決め込みでしょうか…。今はネットで、家に居ながら何でも購入できますものね。でもmayuさんのご指摘の通り、生活費はどうなっているのでしょうね(・・;)
    勤務先だったマッターホ◯ンは、佳代さんとやっと縁が切れたようで、ホッとしました。美味しいし、素朴な愛らしさのパッケージも人気で、超絶オシャレパティスリー激戦区の東横線沿線でも、長く愛されてきたお店なのですが、佳代さんのことでイメージダウンの大きなダメージを負われて…大倉山の街のイメージも同様ですが、本当にお気の毒です。確実に二次被害です(><)
    やましいことがないなら、堂々と出て来られるはずですものね。このままズルズルと時間稼ぎをしていくつもりなのでしょうか…。
    メーガンさんの野心が、ああいうかたちで成功していった様を見ると、どうしても日本のこの母子と重なってきてしまう私です(ーー;)

  6. 狗児 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。
    久々の小室母登場ですね。新しい恋人が出来たですと?その方は何を考えているのでしょうね。「世間は悪く言うてるけど、この人はいい人なんだ。僕だけには分かる」みたいな感じでしょうか。そう思い込ませる才能、ある意味頭が下がります。
    先ごろ英国ロイヤルオペラの「ドン ジョバンニ」の映画を見たんです。主人公ドンジョバンニは次から次へと女性に手を出していき、二股三股かけていることがバレて、相手の女性に責めたてられる訳ですが、2人きりになって話し合うと、誰もが納得して「やっぱり、この人は私を愛している。良い人なんだ。」と思い込ませることが出来るんですね。見ていて、ケイさんとカヨさんを思い出しました。似たような才能があるんじゃないかと思います。

  7. やしま より:

    護送されていく容疑者みたいです。こんなふうな日常を送ってまで、皇室との縁を結び続けたいのでしょうか?
    このままのほうが、メリットがあると踏んでいるのでしょうか。バッグは二つ、肩からかけているものと、モコモコのですが、「大荷物ではない」「コートを着ていない」ので、車移動で外を歩く必要はなく、また、家から衣類を持ち出す必要もない環境にいるということかと。
    車で自宅前まで迎えに来る男性がいるというのも、スゴイことです。
    髪はフラッシュの反射かもしれませんが、白髪が目立つように私は見えました。ケーキ屋は「関係ない」と宣言したということは、縁が切れたんですね。したらば今は、無職?

    いや本当に、この方の背負っている闇は、どこまで深いのか。

  8. ラミリー より:

    mayuさん、こんにちは。佳代さん記事ありがとうございます。pcでそこそこ長文を書いたのに、エラーが出て送れません。やむを得ずスマホからです。
    変なブログが目に入るのはイヤなので
    Googleアプリをタップしない私はmayu さんのブログで初めて見ましたよー。何ともかとも、やはり、準皇族などにはなってはいけない人ですね。
    眞子さまには目を覚ましておられる事を信じたいです。

  9. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。

    k氏母、久々に登場ですか。
    早朝の真っ暗な時間帯に
    一体、どこに行くのでしょう…k氏祖父は一人でお留守番なのだろうか?

    恋人とか、指環なんかより
    結局話し合いってどうなってるんだろう?と思いました。洋菓子店も色々と大変だったでしょうね。

  10. nono より:

    mayuさんこんにちは!早速の更新有り難うございます。
    久し振りに拝見しました、K氏母。
    記者の粘り勝ちでしょうか、母側の気の緩みでしょうか…。
    話題になる人に必ず世論とハンタイノ支援者が現れたりしますが、仰るようにどういう仕掛けで母に支援者が現れたりするのでしょうか、世の中不思議です。
    流石に横浜でも明け方はコートなしではかなり寒いです、氷点下までは中々いきませんが。
    ただ、車に乗るくらいまでならストールでも大丈夫だと思います( ´∀`)
    mayuさんのお住まいは積雪してますよね、今年の関東は暖かくてスキー場に雪がないです(ToT)

タイトルとURLをコピーしました