眞子さま老人ホーム、古代アンデス文明の織物博物館を視察*眞子さまの地味な通勤スタイルと佳代さんと3人で駆け落ち?

秋篠宮皇嗣ご一家

眞子さまのペルー公式訪問の様子をアップしても、週刊誌がロスで会うのではないか、
小室さんは早く結婚したいと代理人を通じて世間に発表した、などがあり
常に眞子さまの後ろには小室Kの姿が影か背後霊のように憑いてまわり残念です。
最近は殆ど週刊誌を読まなくなりました。眞子さまと小室Kの結婚問題に進展がない。
小室KはNYに行きっぱなしで動きがない為、週刊誌もネタ切れで適当なことを書いて
お茶を濁しながらいわれのない紀子さま批判をやらかしたりするので読む気力も
無くなっていますが、下の方にNEWSポストセブンにアップされていた眞子さまの
画像とまだネットに載らない、おそらく今日明日には載るだろう記事を少しだけ
書きましたので、良かったら見てください。

 


ペルーを公式訪問中の秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さまは12日(日本時間13日未明)
日系人が中心となって運営している老人ホームや、中南米各地で事業を営んだ日本人が
1964年に設立した古代アンデス文明の織物博物館を視察された。
日系2世の神父が中心となり設立された医療福祉施設「エンマヌエル協会」が運営する
老人ホームでは、入居する日系人ら約30人が唱歌「故郷」を歌うと、眞子さまも一緒
に口ずさまれる場面があった。眞子さまは入居者に「日本語がお上手ですね」などと声
を掛けられた。


続いて、古代アンデス文明の織物などが展示されている天野プレコロンビアン織物博物館へ。
千年以上前の織物を見て「大胆な構図ですね」と驚かれていた。両施設は秋篠宮ご夫妻も
平成26年に訪問されている。
眞子さまは視察後、世界遺産のマチュピチュ遺跡を訪問するため、民間機でクスコに移動された。(共同)
記事・画像 産経新聞


小室圭さん「眞子さまとママと3人アメリカ駆け落ち」極秘準備


女性セブン7月25日号
駆け落ちって結婚に反対された男女2人がするものじゃないの?
圭与さんも入れて3人なら、夜逃げみたいだよね(笑)
圭与さんはお荷物でしょうに、マザコン男に眞子さまウンザリだと良いけど。

NEWSポストセブンにアップされていた眞子さまの普段の画像は、勤務している
博物館を出られる眞子さまの様子(7月上旬)でした。
車で送迎付きの通勤とはいえ、庶民の通勤スタイルより地味で、おばさん風に見えて
眞子さまはファッションにはあまり関心のない性格なのかな~と思いました。
歩いている時の画像なので、表情は普通にこんなものでしょう。
公務をしている時のようなニコニコ笑顔で歩いていたら気持ち悪いです。

「アッコにおまかせ!」6月30日放送で、小室さんの代理人弁護士が
「圭さんとしては結婚は早い方がいいと考えていますが、いろいろ環境を
整えないといけないわけでしょうから、それが整った段階で(結婚)と
いうことだと思います」と明かした「結婚は早い方がいい」の一言が波紋を広げている。
秋篠宮ご夫妻の沈黙に対して盾突くような挑戦的な態度に見える(皇室関係者)

3ヶ月もの夏休み小室さんは帰国もしていない。
国民の中には小室さんをどうしても受け入れられないという人もいるでしょう。
何らかの抗議行動を起こす人もいるかもしれない。

続きが以下でネットにアップされている。長文なので転載しません。
2019.07.12 07:00
眞子さま ご結婚された場合はアメリカで「自由な生活」も
https://www.news-postseven.com/archives/20190713_1409649.html

2019.07.13 07:00
小室圭さん、成績優秀者ではないのに奨学金 母は車で夜の闇
https://www.news-postseven.com/archives/20190713_1409649.html





コメント

  1. やしま より:

    mayuさん、記事を書いていただくだけでもお時間かかるのに、コメント対応お疲れさまでした。ありがとうございました。感謝申し上げます。
    衡平感覚をお持ちで決断力のおありになるmayuさん、本当にすばらしい!
    そして、行き過ぎはいけないけど、「KK話題に触れるのは禁止」令が出ないのもありがたいです。(マジ話です)

    今回のあの方は、思えば某巨大掲示板老舗「御一行様」の残党、のような感じでした。
    私は平成の皇室に疑問を持ったとき、ネットでいろいろ探してたどりついたのが、まずそこでした。
    読み始めて最初は知らないことばかりで、興味深く、ああ!変だと思っていたけど本当に変なんだ!と、啓蒙されることも勉強させられることも多くて感心していたのですが、そのうちに、「こんなに何から何まで雅子様批判をしていて、でもそのうちにはどうしたってこの方皇后になる。そのときはこの掲示板に書き込んでおられる方々のお気持ちははどうなるのだろうか?」と思っておりました。
    そして、哀れだなとも思いました。今はもう行き場がないんですよね。眞子様のことはアクシデントで、さらに悩みは深くなったわけですが、それよりも何よりも、令和時代が発進してしまった今、そこにディープにかかわってしまった方々の憤懣激怒憎悪のやり場がないという気がします。
    それが、「コメントは平等に載せていただける」このブログに向かったのでは、と。
    あの方のコメントでは、他ブログでは承認もしてもらえないかもしれません。それでも、どうしても書きたい!というのなら、ご自分のブログを立ち上げるか、掲示板に自分でスレッドをつくるか。

    でも、ああいう人に限って、絶対そういうことはしないんですよ。批判はしたいけど、批判されるの大嫌いです。反省もしないしね。

  2. mayu より:

    こんばんは。

    コメントは酷い誹謗中傷、匿名で アホ、バカ などのコメント以外は
    承認しているので、バトルになることもあると思いますが、
    昔のパソコン通信のように延々とやり合う時代じゃなくなっていることもあり
    注意とコメント禁止にさせて頂きました。

    ミラージュさんも書いてくれたように、皆さまに大人の対応をしていただき
    安心しました。

    シロガネさん、コメントは承認する時にきっちり読んで承認するので
    全部読みました(^^;) 本当はブログを更新してバトルストップしようかと
    思いましたが、雑用があり出来ず荒れてしまいました。

    とにかく、眞子さまと小室Kの問題が解決しない、
    長期に渡っている、秋篠宮ご夫妻、悠仁さままで批判される、
    週刊誌はグータラ15年の雅子さまアゲが凄い、一方では
    過労で倒れるのでは?と思うほど動いてきた秋篠宮ご夫妻、紀子さま批判を
    する週刊誌、愛子天皇、女性宮家創設、
    とにかくイライラもMAXになっているのが理解できるんです。
    私だって、バカップルと書く時もありますから(^^;)

    眞子さまと小室Kが別れた時に、あーんなに批判してしまった・・と
    後悔しない程度にしましょう。ということでこれからも宜しくお願いします。

  3. シロガネ より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます……と、いつもの様に、お礼を書くところなのですが、なんか、大変なことになっていたようですね( ̄□ ̄;)!!。

    12日、記事の内容を拝見したのですが、コメント欄、しっかり拝見していなく今日、記事の更新があり、mayuさんのコメントを読んで、12日以降の有り様を、知りました。

    コメントを、書かれて方々は、いろいろな思いがあるかと思いますが、これは、本当に行き過ぎです。

    何だか、記事の内容に、関係ないのない持論を書き連ねてる人が出て来てmayuさん、マジで、チョー迷惑だったでしょう!!何故、日米安保が、こちらの皇室ブログに?12日のコメント欄76もあり、ビックリしましたがこれから読まさせて頂きますけどこれらをmayuさん、読まれたのですか……。

    姫宮様の事、これからどうなるかは、分かりませんが、シロガネは、最悪の事態は、もう覚悟しています。

    もう、今からそう思わないと、こちらの身が持ちませんから。

    一度、シロガネの夢の中で、姫宮様に
    「なんで!あんな男と、一緒になろうとしてんですか!!国民の血税は、あんな男と一緒になるために、姫宮に捧げたんじゃないんです!!!」
    ……と、んな感じの内容のことを、姫宮様に伝えたほどです。

  4. ラッキー より:

    今晩は、大変お疲れ様です。私もついつい熱くなってしまうので、これから気を付けたいと思い
    ます。mayuさんの負担を増やしたくないです。

    ですが、いつまでたっても破談にしない眞子さまにいい加減イライラも限界です。見守るのも大変です、子育てによく似てます。
    またつい書いてしまいました!

  5. YUKI より:

    まゆさん、記事のアップデートありがとうございます。眞子さま、一生懸命活動されていていますね。やはりお若い方はエネルギーが違うと思います。

    ところで、掲示板で見つけたんですが、ペルーのメディアに眞子さまの婚約のスキャンダルの事が出ているとのことで、見て見ました。Peru21と言う、ネット新聞のようなのですが、日本で言う読売や朝日のような大手ではなく、かなりリベラルで、ゴシップも書いていているようです。2002年にエコノミストにより設立されたが、政府の批判したりして差し止めさせられたこともあるようです。

    そのPeru21に、眞子さまの婚約について、下記のような事がありました。

    ・婚約者の金銭トラブル
    ・眞子さまは、どんなに国民から反対されても、皇族としてのすべての権利を捨てる事になっても愛を貫く覚悟がある。
    ・日本の皇室は、女性だけ結婚して特権をすべて捨てる事になる。
    ・雅子さまは眞子さまをサポートしている。
    ・絢子様も皇族の特権を全て捨てなくてはならなかった。

    この新聞は他のメディアの記事の寄せ集めをしたのか、新たに取材したのか全くわかりませんが、ペルーの庶民はこの記事を読んだ人も結構いたのではないでしょうか。

    眞子さまが訪問されたのは良かったとは思いますが、このようなゴシップ記事は世界中行く先々について回りますので、それは知っておいた方がいいと思います。女性だけ特権を捨てなければならないとかも強調されていますので、女性宮家推進したい方にとってはいいでしょうが。。
    それにしても雅子さまがサポートしているって本当でしょうか。。。

    この記事を日本のメディアが拾うかどうかわからないですし、私のこのコメントだけで信じていただく事もありませんが。。

    昨夜、夫に助けてもらって、この記事を読んでみました。夫もスペイン語はそれほど得意ではありませんので、間違っている場合もありますが、大筋はだいたいあっているかなとは思っています。

    • YUKI より:

      敢えて、リンクは貼りませんが、7月11日付けの記事で、下記の見出しでした。

      ¿Lo harías? El sacrificio que hizo la princesa Mako por amor

  6. 吾亦紅 より:

    mayuさん 新しい記事のupありがとうございます。
    母親思いの優しいひと、と思っていたら、母親に頭が上がらないだけのマザコン男だった、と気がつくと大抵の女性は冷めます。
    眞子様もKKが母親の言いなりのマザコンで、自分にプロポーズしたのも、母親の指示があったからだ。と早く気が付いていただきたいです。

    三人で駆け落ち?マザコンも極まれり、ですね。笑。

  7. 静御前 より:

    mayuさん、記事と写真有難うございます。
    眞子様はうどんKとの出会いさえしなければ、今頃は結婚して子供が一人くらいいたかもしれません。
    女の一生は惚れた男で決まると、どなたかが言っておられましたが・・・・。
    守谷絢子さんと眞子様を見ているとため息が出ます。
    宮内庁も秋篠宮家と過去に確執があったかもしれませんが、
    今、宮内庁がやるべきことはあの集り母子と眞子様を引き離すことです。
    眞子様の今一番にすべき公務は、うどんKと別れること。
    宮内庁はいったい何をしているのでしょうか?
    上皇夫妻も、ただただ放置なのでしょうか?
    上皇夫妻、秋篠宮夫妻、宮内庁が協力すれば、今の膠着状態から抜け出すことは可能なはずです。
    あの集り母子に手玉に取られているように見えます。
    週刊誌も面白おかしく憶測記事を書くのではなく、小室佳代さんの脱税疑惑、遺族年金不正受給問題などを徹底的に追求してほしいです。
    もし逮捕されるようなことになったら、破談になるでしょう。
    この問題を早くスッキリさせてほしい。
    スッキリさせるのは、破談しかありません。

  8. mayu より:

    こんばんは。

    7月12日投稿の眞子さまの記事のコメント欄がいつになく荒れてしまいました。

    C63Sさんには書き込み禁止の処置をしましたが、バトル原因の
    相手でもありました、水玉さんにも毎回、毎回同じような
    眞子さま批判も控えて頂きたいです。

    ミラージュさんがコメントされた5chは紀子さまの着回しの時以来
    見ていないので何を書かれているのかはわかりませんが、私なりに
    紀子さま批判に対しては反論のつもりで、着回し画像を作ったり
    7月12日には、
    紀子さま第55回献血運動推進全国大会に出席 皇后雅子さまは
    毎日何をしているのでしょうか?
    のような記事も書いています。

    以前も書いたことがありますが、どちらかといえば秋篠宮ご一家が
    好きで書いてきたし、元東宮擁護ブログではありませんが、
    眞子さまと小室Kの結婚問題が出てきてからは、秋篠宮家批判も
    書いてきました。また元東宮家のことも良いと思ったことは良いと
    書いているだけですが、コメントであまりにも眞子さま批判を
    展開すると、C63Sさんが思われるように天皇家擁護ブログのように
    思われてしまいかねないのです。

    • 水玉 より:

      mayu さん

      了解しました。
      たしかにちょっと熱くなり過ぎましたm(_ _)m

      秋篠宮紀子さまはご成婚時から大ファンで、
      とても清楚な美しさ可愛さに憧れていました。
      今でもとても頑張っておられると思います。

      眞子さまもすごく好きで、
      自分と同じ三人兄弟の長女という事で、
      親近感もあり応援していたのですが、
      KK問題から、初めは眞子さまが騙されている、
      と思っていたのが
      なかなかご決断されないので、
      どうしても熱くなってしまい申し訳ありませんでした
      m(_ _)m

      昨日のC63Sさんですが、
      別に私は何とも思っていなかったのですが、
      色々絡んで来られたので、
      応対の仕方がまずかったかもしれません。

      以後気をつけてコメントさせていただきたいと思います。

    • 餃子大好き より:

      mayuさん、こんばんは

      私も水玉さん同様、舌鋒鋭く眞子さまKK批判を展開してきた一人です。
      コメント欄の荒れていく様子を拝見しながら、私自身いろいろと反省しました。

      確かに眞子さまに言いたいことは山ほどあれど、ここはmayuさんのお部屋です。
      人さまのおうちに上がり込んで長々と持論を展開し、
      結果mayuさんにご負担をかけてはいけないな、と。

      何しろmayuさんはご家族やご自身の健康のことで負担を抱えつつ、
      驚異的なペースでブログ記事を更新、山のように押し寄せるコメントもさばいていらっしゃる。
      その姿勢には頭が下がります。
      同時に、ブログに集う我々も、mayuさんに甘えてはいけませんね。

      皇室を思う気持ちはみな一緒です。
      思いのたけをぶつけ合うのではなく、互いに気持ちのいいやりとりを心がけたいですね。
      私も、肝に銘じます。

    • ミラージュ より:

      mayuさん、今晩は。
      早速取り上げて頂き感謝します。
      5chの小室母子を冷静に語るというスレッドでこちらのことを揶揄している書き込みを見たのです。
      タイトルを逸脱した、眞子様罵りコメントが多く、秋篠宮家擁護は少数派になってきてしまっているようです。
      なので私も近頃は見ていません。
      書かれていたのは先週だったかも。

      mayuさんのコメントに早速お二人の返信があって、とても感心しました。
      大人が集う場はこうでなくっちゃ!!

      水間氏が、上皇が裁可されたものを秋篠宮様が勝手にどうにか出来るものではないのだ と 仰っています。
      上皇后が心配しているとか、最初に小室さんを疑問視したのは雅子様。とか週刊誌はアゲ記事を書いていますが、
      実際はな~んにもなさらない。
      特に上皇后はいっつも良いとこどりばかりですよね。
      2020年迄延期と発表されているのですから待つしかないのかもしれません。
      今の状況で小室母子側から辞退を言い出すことはないと思います。
      辞退を言い出したら裏取引成立かも?

    • メトロポリス より:

      mayuさん、こんばんは。

      私も昨日は新参者にも関わらず、批判的なコメントをしてしまい反省しています。
      c63sさんの書き込みは片寄っているところもありましたが、読んでいて確かにそうかもしれないと気付かされる部分もありました。
      眞子さまを批判し過ぎると、東宮上げ~秋篠宮下げと同類と見られると…。
      今後は気持ちを抑えて、mayuさんのブログにご迷惑のないように心掛けたいと思います。

      多くのコメンターさん方が書かれているように「最終的には破談になる」と、私もそのように思えたらいいのにと思います。
      過去を振り返れば、昭和天皇に一度は反対されたけれども崩御された後、「雅子さんではダメでしょうか」で望みを叶えたナル皇太子。
      雅子さまの体調の波、ヤフオク事件(真偽不明)スキー静養、山中湖付き添い等で総バッシング状態、ビラ運動、「廃太子なさいませ」記事まで出るも、結局は順当に即位され、今では国民も手のひらを返したように雅子皇后を称賛しています。
      こう見ると、皇室の方々は意外にも国民の意見などさほど気になさらずに(雑音?)、泰然として自分の意志を通されるのだなぁと思いますし、国民もまた気持ちが変わりやすいものなのかもしれない。
      KKはNO!とこれだけ国民が反対の声をあげても、最後には本人(身内)の意思をを尊重して結婚を認めてしまうような甘さ、自由さ、緩さが今の皇室(宮内庁含め)に垣間見えてしまうのです。
      そして結婚後、当たり前のように皇室の行事に眞子さまと並んで参列するKKを受け入れざるを得ない時が来るのだろうか?と。
      ちょっと考え過ぎでしょうか?
      今まで秋篠宮ご一家に期待して、想いを寄せ過ぎていたかもしれません。
      あれこれ考えても何も変わらないし、時間の無駄とさえ思えてきました。
      取りとめのない文章ですみません。

  9. 水玉 より:

    mayuさん記事ありがとうございます。

    眞子さま勤務の時と公務の時では、
    化粧、服装だけでなく、表情も全然違っておられ、
    やはり公務の時は相当気合いを入れておられるんだと思います。
    その辺は流石です。

    眞子さま老人ホームのお年寄りにも優しく接しておられ、性格も優しい方なんだと思います。

    その優しさがKKのような詐欺師親子にもつけ込まれるようなところにもなったのかもしれません。

    眞子さまの優しさはKKにのみ向けられた間違えた優しさです。

    KKにだけ何億もの警備費用投入したり、
    KKにのみ皇室特権でNY留学させたり、
    借金踏み倒し文書にお墨付き与えたり、

    眞子さまの優しさは国民無視、親無視、
    ただ一人のKKにのみ向けられており、
    その優しさは全く優しさとは呼べません。

    眞子さまは完全にKKの洗脳下にあり、
    完全におかしいと思います。

    ほかの国民の苦しみ、被災地の方などの苦しみは無視、
    両親も無視、
    ただKKだけに向けられる優しさ。

    税金の重みも自分の立場の重みも何も分かっていません。

    KKが佳代さんと眞子さまと3人で駆け落ちって、
    冗談半分の記事ですね。
    本当に夜逃げか何かですよね。

    KKが結婚は早い方がいい、とかどの口が言ってるんでしょう。
    よくもここまで辞退せずにいられますよね。
    並みの神経じゃないです。

  10. ミラージュ より:

    mayuさん、新しい写真・記事アップありがとうございます。
    ロス疑惑もあるようですが、ヒューストンで約7時間も高級ホテルに滞在したそうなのでそこで再会したのではないか?という疑惑もありますね。
    小室さんが早く結婚したいと、あたかも眞子様も同じ気持ちでいるかのようなことを言っているのは単にポーズだと思います。 そうしておかないと支援者からの援助がたちきられてしまい、弁護士資格をとる前に闇に放り出されてしまいかねません。
    前にもコメントしましたが、延期発表後、留学が決まった頃の佳代さんの⚪⚪組姐さんみたいなスタイルで闊歩していた時点で皇室との縁はなくなったと二人とも分かっているように感じています。

    こちらのブログのコメント数がとんでもなく多くなり、懸念していたことがやはり起きてしまいましたね。
    5chの某板で、ここに書かれていることはこれでいいのだ日記にコメントしている内容を口汚くしたものと変わらない等という書き込みを見ました。
    別のブログのコメントにも同様なものがあり、多分、毎回眞子様に対して苦言を通り越した誹謗の書き込みをさしているのだと思います。
    今上、秋篠宮家、どちらも良い所は誉め
    どうかな?と思えることには悪口ではなく、苦言を呈していたブログのはずなのに1~2名の糾弾口調のコメントでmayuさんの穏やかなブログが批判の対象になってしまったことが悲しいです。
    記事とは関係ないことを毎回毎回書き連ねている方にも、もう少し自重していただけないものか と思います。

  11. ゆきんこ より:

    mayuさん、kkネタありがとうございます。

    両家の親が反対なのなら通信手段を取り上げても効果があるかもしれませんが、
    眞子さまからスマホを取り上げても、kkは持ってろので固定電話からだってかけられる、
    手紙という古典的手段もある、
    何よりもカヨさんが協力しそう、

    そのうちますます高揚しそう、
    だから秋篠宮ご夫妻はあえてなさらないのかもしれないと思ってました。

    k kのマザコンぶりに眞子さまが嫌気をさしてくれたらいいのにと思います。

  12. 反論壇net より:

    眞子様の博物館での画像を見ると、日本語の解説も掲げてある事が判りますね。訪れた博物館のサイトを貼っておきます。

    「天野プレコロンビアン織物博物館」http://jp.museoamano.org

    創設した天野芳太郎は日米戦中の強制送還による中断を乗り越えて現地での事業を成功させました。

  13. やしま より:

    またやってしまいました・・・(>_<)

    ×「日系後継者」
    ○「日系高齢者」

    「系」と打つと「圭」と出ちゃうし。本当に困ったものです。
    すみませんm(_ _)m

  14. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    記事更新ありがとうございます。

    眞子さま、老人ホームの日系のお年寄りの方々と「故郷」を歌ったんですね。

    週刊誌の見出し、私は新聞広告で見たのですが
    「何で駆け落ちに母親が付いてくんのよ…」と
    呆れてしまいました。
    見出しの通りになったら本当に嫌ですが
    mayuさんが仰る様に夜逃げみたいです。

    通勤先から帰宅時の様子を撮られるのも大変だな、と思いました。

    今はどうしても
    うどんkが背後に浮かび上がるので、こういう表情の時を切り取られるのでしょうね。
    だからと言って
    公務と同じ様に周囲に
    にこやかにお手振りしていたら、それはそれで変な感じですし(^^;

  15. クロワッサン より:

    mayuさん 記事と新しい写真有難うございます♪

    眞子さまは、外国親善の公務をきちんと果たしていると思います。着物姿も美しいし、立ち振舞いも見事です。

    でも残念な事に、眞子さまの背後にいつもKKが浮かび上がってしまうのです。

    KKは、自分の心情と眞子さまとの状況を、その時々に代理弁護士に言わせています。

    まだ眞子さまとは連絡を取り合い、関係は終わっていないよと言いたいようです。なんて姑息で卑怯な行為でしょう。

    KKからは、絶対に別れる気はありません!モンスターですから。

    皇室側からアクションを起こさなければなりません。
    荒療治でも眞子さまを説き伏せさせ、絶縁させるのみなのです。

    • メトロポリス より:

      mayuさん、すみません!
      先ほど送信したコメント、HN入れ忘れたかもしれません。メトロポリスでした。

  16. やしま より:

    今は、異国の日系後継者の方に対して、ということですが、内親王がひざまずいて目線を合わす時代なんですね。リアル明治天皇からの祖母話(祖母は照憲皇太后のファンでした)を聞いて育った私にとっては、隔世の感あり。平成天皇皇后から、皇室って、一種のサービス業になったんだなぁ~と思うときがあります。

    眞子さまは、美智子様が同じぐらいの年頃だったころのような、女優的美貌はないけど、本来お育ちのよさがうかがえるお顔立ちです。お化粧の具合もあるでしょうが、目も大きく、公務のときのお顔は、お綺麗ですよ。
    よいご縁に恵まれれば、国民全員が祝福し、そして立派な藩屏になってくださる資質はしっかりお持ちのはず。
    早く次のステップにいき、今のこの状態を払拭していただきたいと願うばかりです。

  17. nono より:

    mayuさんこんにちは、
    仰るように本当に背後霊です。ちらつく影が鬱陶しいです。
    博物館学でしたか、専攻されてる内容に合う公務は新鮮さもあり、公務ながら楽しみでしょう。
    明るい日本のプリンセスです。
    今は悪霊悪鬼の一刻も早い退散を願うばかりです。

    • ゆうとり より:

      nonoさん

      横から失礼します。

      悪霊退散。その通りです。安倍晴明、陰陽師にお願いしたいです。
      願い事をする好機の七夕には関東は大雨でした。

      Kikoさんという実の母親と喧嘩しても、眞子さまがどんなに実家が恵まれていたかを感じるには本当に知らない土地で自分で稼いでおまけに働かない義母も養い、いつも二人きりになれず邪魔が入るキツい生活をやってみるのがいいのかも。

      じいさんはさすがNYに連れていかず日本で近郊の施設に入れるのでしょうが。その費用も東京で3世帯住宅を用意しろを言われるよりましだからじいさん入居費用、月々の費用もこれから殿下が支払うことになるのでしょう。もしかすると佳代さんがちょくちょく行く必要があるとNYで施設に入れたがったりして。
      悠仁さまの学費なら一般の高学歴さんと同様の金額を見積もっていただいて結構ですが、kkが絡むと母親とじいさんまでの生活費を面倒みることが前提になりそうです。

      眞子さま、一般の結婚でも母親と同居、過度の干渉を拒否できますよ。引いてるくじに【貧乏】って書いてませんか。見えないのですね。お願い出来ませんかで一生を集ってきた母子なんです。
      しかもそのお願いは相手はいくらでも代わりが見付かる。こっちが駄目ならそっち。今思うと元婚約者さんがお金を返せ、といい出さなければ本性が明らかになってなかったのかもしれません。
      【父に私達のプランニングを話しました】のメール
      (遺族年金のために事実婚はしられたらダメ、お互いの収入を合算する話)でおじいさんが家長として君臨する家族なのか

      または、kkがおじいさんに節水シャワーにするな、母の機嫌が悪いと学業に影響する、と言っていたので
      母親が強くて祖父は二番目なのか、どちらかわかりませんが一家揃って皇室と一度繋がったら子々孫々美味しい。スッポンのように食らい付くことで異存なし!
      家族会議を開くまでもなかったでしょう。

      Kkはこの家族においてはただの実行犯、駒に過ぎません。手を引いてるのは佳代さんです。別々の警備ができなくなって通勤同伴を余儀なくされてから初日だったかなSPに警備されて姐さんと若頭の写真、吹きました。

      • nono より:

        こんばんは、そうですね。
        本当に陰陽師にでもお願いしたいくらいです。
        仰るように、一般家庭でさえ義理親との同居はなるべくしたくない!と言うものです。
        眞子さまは洗脳されておいでなのでしょう。
        悲しいばかりです。

タイトルとURLをコピーしました