トランプ米大統領夫妻を迎えて晩餐会 動画追加 お出迎えからメラニア夫人 雅子さま 紀子さまのドレスなど

皇室

トランプ大統領夫妻をお出迎えからNHKでニュースを挟みながらの
生中継を見ました。国賓とはいえ王族ではないのでティアラ、サッシュは
無しだったのを忘れていました(^^;)  雅子さまは薄いベージュ系のロングドレスに
ブーケのような花が刺繍されたレース素材、シースルーのジャケットを羽織っていました。
薄い素材でカットワークされたヘチマ襟も重たく感じない、私は好きなファッションでした。
雅子さまのドレスでネックラインに見える金色の飾りはネックレスなのでしょうか?
いまいちよくわかりませんでした。相変わらずクラッチバックを持っていましたが
金色系の小ぶりなバックなので、腹に乗せている感じは昼の式典より目立たなかったです。

メラニア夫人はオフホワイトでしょうか、銀色で刺繍がされたような模様の
ジョーゼットのような生地でロングケープ付きのスリット入りのドレスでした。
もっと派手な色のドレスかと思ったので、ちょっと意外でしたがお似合いでした。
美智子さまのケープを見なくて良かったと思ったら、メラニア夫人が・・・(笑)
着る人によってケープの印象も変わるものですね。

皇太子の挨拶は約6分だったそうで、長かったのですが
新天皇としてのスタートはまあまあ良く出来たのではないでしょうか。
雅子さまが、歓迎式典、会見、晩餐会での出席者のお出迎えと
満面の笑みでとても元気そうで、今まで、今も療養生活を続けている人とは
思えない状態ですか、また狐につつまれたような気分でした。
今まで散々使った「体調の波」は一体なんだったのでしょうか??
今回の最後のお仕事、トランプ大統領夫妻のお見送りまで頑張ってください。

画像はデジカメで撮影したので画質が悪いです。

 

来日中のトランプ大統領を迎え 宮中晩餐会(19/05/27)

国賓として来日したトランプ米大統領夫妻を歓迎する天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が27日夜、皇居・宮殿の「豊明殿」で開かれた。秋篠宮ご夫妻ら皇族方や安倍晋三首相をはじめ三権の長、閣僚、財界の要人や文化人ら165人が出席した。天皇陛下は冒頭のあいさつで、両国の交流の歴史を踏まえ「様々な困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、今や太平洋を隔てて接する極めて親しい隣国として、強い友情の絆で結ばれております」と述べられた。
東日本大震災での支援に対しては「私たちは決して忘れることはないでしょう」と謝意を示された。陛下は上皇さまが在位中、戦争の犠牲者の慰霊を続けられたことにも言及。「日米関係が、多くの人々の犠牲と献身的な努力の上に築かれている」との認識を示された。両国の国民が「揺るぎない絆を更に深め、希望にあふれる将来に向けて、世界の平和と繁栄に貢献していくことを切に願っております」と話された。自身の訪米時の思い出にも触れながら、米国への「特別の親しみ」を語られた一方、大統領は新元号「令和」の由来に触れたうえで「美しい調和の精神の下で、この新しい時代における多くの可能性を共に祝福します」とあいさつ。そのうえで「米国と日本との間で大切に育まれてきた絆を我々の子孫のために守っていきます」とスピーチした。日経新聞

ここから下は秋篠宮家の眞子さまの画像が載っています。
眞子さまの顔も見たくない方はここで見るのを止めてください。
紀子さま、眞子さまの着用したドレスを見たい、保存の為にブログに載せました。


秋篠宮家の紀子さま、眞子さま、佳子さまのドレス画像など

テレビで見た、歩いて座席に座るまでのほんの短い時間でしたが
紀子さまのロングドレス、トップとスカート部分が同系色の濃淡と
素材が違っていて素敵でした。そして久しぶりに紀子さまのアップにまとめた
ヘアスタイル、紀子さまもお年だな~と思いつつ拝見しました。
これからもお着物の時などアップヘアスタイルにしてください。

歓迎式典でもアイスブルーのようなワンピースで、晩餐会でもブルー系。
雅子さまは歓迎式典でクリーム系で晩餐会では薄いベージュ系でした。
やはり紀子さまのバックはいいですねぇ。

眞子さまのドレスも生成り色に、もしかしたら総レースを被せたのか?
袖口がカットワークレースになって見えました。
新調したのかな、初めて見るような気がします。

佳子さまは以前も着用したことのある黄色いドレスでした。
承子さまのノースリーブのドレスもチラっと見ましたが、渋い色でした。
欧州王室だと、1人1人の全身画像を丁寧に見せてくれるのですが
日本の皇室はそういうサービス精神が無いのか、マスコミが映さないのか。
海外サイトの方がよく撮影していることが多かったりする時もあります。
見たい画像がないので殆どデジカメ撮影です(^^;)

コメント

  1. […] 出典トランプ米大統領夫妻を迎えて晩餐会 動画追加 お出迎えからメラニア夫人 雅子さま 紀子さまのドレスなど | | これでいいのだ日記part2 […]

  2. おっす より:

    雅子様は適応障害だぞ
    要するに精神に過剰なストレスを感じ、身体にまでその影響が現れた状態
    ストレス源はイジメや不合理の強要など
    優秀な人間が無能無責任だらけの組織に配属されたりしてもなる
    療養して治るものじゃない ストレス源を断たなきゃダメ

    本人に異常があるんじゃない 周囲が異常だからなる

    • べるもんと より:

      mayuさん、こんにちは。横から失礼します。

      「適応障害」、たしか雅子様が引きこもり状態になったときにできた言葉だったように思うのですが。
      ストレスによって身体や行動、思考に影響が現われるというのは理解できます。経験ありますし。
      でも、

      >本人に異常があるんじゃない 周囲が異常だからなる

      これには納得できません。100%周囲が異常で、それが適応障害の原因ってことはないと私は思っています。
      ぶっちゃけ、これは相性の問題だと思います。
      病んだ側にはプライドの高さ、頭の固さが大きい要因。
      周囲はケースバイケースだと思いますが、雅子様の場合は、やんごとなき方々にありがちな「間違い」に対する見事すぎるスルー力や、違い過ぎる環境故に、雅子様への細やかな指導が必要だったことへの無理解などでしょうか。

      皇室などのやんごとなき世界は、「できて当然」「できないのなら、できるようになるべき」「駄目なら周囲がフォローして体裁を整えろ」が暗黙の了解だと思うんですよ。
      でも雅子様は、そこらへんの空気が即座に読めないタイプなのではないでしょうか。
      また、雅子様は大勢の人を前に何かすることへ多大なストレスを感じるタイプなのではないでしょうか。
      これらはいざ自分がその場に立ってみて初めて、自分がそれが不得意であることを知るんですよね。
      皇族でこのタイプだったら、致命的なのではないでしょうか。これの克服は経験と、気持ちの切り替え、脳内シミュレーションとマナーの知識の習得が重要だと思います。

      こういう環境が居心地がいいわけないですよね。
      ずれた空気を感じながら小さな失敗を繰り返す。
      でも、何がどう悪いのか、夫は何も教えてくれない。何か言葉を飲み込んで、笑顔でなかったことにされるばかり。
      かと言ってお付きの者に指摘されると、プライドの高さゆえに怒りが先に立って耳に届かない。
      そして繰り返される悪循環。
      子供も生まれ、思い煩うことは増えるばかり。で、ある日爆発。

      ・・・・・と、推察いたします。

      皇后という女性皇族の最高位に立つことで満たされるプライド、高揚感で、今はやる気がみなぎっていらっしゃるのではないかと思います。
      雅子様の中でも「今が人生の踏ん張りどころ」という意識があるのではないでしょうか。
      のんびりまったり、周囲の助けを素直に得ながらなら、今後はなんとかなるのではないでしょうか。

      私の勝手な要望を出せるなら、まずは次の宮中晩餐会用のドレスのデザインは、専門家のアドバイスを得るようにしていただきたいです。あれでは主催者側ではなく招待された側みたいで軽すぎる。でもマントは真似しないでね(笑)

      • イリス より:

        >横から失礼いたします。

        私もべるもんとさんのお考えと同じ思いです。

        おっすさんの仰る「ストレス源」は、皇室や祭祀、ご公務(プレッシャー含め)、宮内庁、大人数の面前、マスコミなど、でしょうか。これらを絶たないと、ということは、…申し上げにくいですが、皇室は雅子さまが生きられる場としては厳しい、と示してしまうことに繋がりますね。

        紀子さまは、美智子さまから厳しいご叱責とダメだしをお受けになっても(お気持ち的にかなりダメージを受けられたと思いますが)、ご公務は皆勤、そして忍耐と努力をもって(美智子さまの所作の録画を何度もご覧になって、ご公務の合間をぬって練習を重ねられたとか…)、体得されましたよね。美しい佇まいは前からですが…。
        今はご家族の大問題に直面されていますが、先日のトランプ大統領ご夫妻来日時も、お疲れやご心痛に左右されることなく、エレガントにお務めを果たされました。場数とご鍛練の賜物だと思います。

        ご自分をいかに環境に相応しくなされるか、そのために逆境にあっても、たゆまぬ研鑽を積むことを厭わない方が、特に皇室のようなところには求められているのでは、という気がいたします。

        僭越なもの言い、失礼いたしました(>_<)

  3. mayu より:

    こんにちは、昨日は歓迎式典、会見、晩餐会と皇室ウォッチングには
    楽しい時間でした。
    画像もいろいろ選んで載せてブログも書いても楽しめました。
    映像で見ると、雅子さまは性格自体がガサツな所があるのか、
    優雅さ、落ち着きがない、腹乗せクラッチなど見た目が良くない所も
    多かったのですが、逐一書くのも段々疲れてきました(苦笑)
    私も年なのかなぁ。
    過ぎたことをあれこれ言っても仕方ないの気持ちもあるかな。

    皇后になったんだから、やるべきことはきっちりやって欲しい。
    雅子さま流皇后になるんでしょうね。
    胡散臭い色のスーツ、皿帽子とケープ、腕掴みの上皇后がいないだけでも
    良かったと思ってます(笑)
    紀子さま、お疲れ気味、それと心労で老けました。
    雅子さまの方が色艶良さそうに見えました。
    眞子さまと小室圭のことは何としても白紙にして欲しいです。
    コメントが多いのと、何となく疲れたのでコメ返し省略させて頂きます。

  4. やしま より:

    トランプ大統領夫妻、日本を発っていかれました。大雨でしたねぇ。こっちは降ってないんですよ。あれって羽田ですかね?さすが今の天皇陛下は「雨男」ですね。ざあざあ降りでお気の毒のようでした。
    こちらは、いいも悪いもしっかりコメントなさる方がおられてありがたい。理性をお持ちの大人の方が多くてほっとします。なんかさぁ。あれもこれもみんな悪い悪い悪いって、これからずっと言い続けるのでしょうか?と思ってしまう方も別のところではおられて。そんなにカリカリ過ごしたら、ご自分の健康に悪くないですかね?
    「気に食わない嫁の悪口を言い募る姑」の集団がいるみたいで少し怖いです。mayuさんのところは、ほっこりしてていいですよぉ。
    私てきには、やはり美智子さまのころといろいろ違うなと。何が違うって、昔ヘカ〇ーさんのところで「おかわいそうに雅子さまは皇后陛下から衣装を新調なさるのを禁じられて」とかなんとか書いてありましたが、確かに以前は結構着回しでした。一番象徴的だったのが、あのオランダに行かれたときのドレスね。清子さんの披露宴で着たやつをしわくちゃなまま出してきた。もしかしたら、雅子さま、本当に美智子様には圧力かけられていて、萎縮してたのかも。
    今回は後席にもお出ましということで、私から見ると所作はがさつでも、生き生きしておいでのようです。今はそれでいいんじゃないですか?この方はずーっとおさぼりまくられてきたんですから、今から始めるみたいなもんです。ここでここが悪いのなんのと叩いてまた引っ込まれたら困るので、マスコミも必死なんですよ。

    紀子妃殿下。皆様の感想と同じです。ドレスは素敵ですが、老けられました。ここのところでどっと、という感じ。精一杯頑張っておられる姿が胸に痛いです。

    私は眞子さまの目が怖い。キツネが憑いてるみたいだ・・・

  5. おま より:

    mayuさん
    沢山の写真とともに更新ありがとうございます!
    なんだか陛下の「えっへん」感がすごいなと思いました
    もう少し落ち着きがあればと残念な気持ちになりました
    ミヤネ屋で昭和天皇の映像みましたが威厳を感じました
    時代や環境もあるかもですが帝王学ってなんだろうと思いました
    やはりこんな言い方良くないと思いますが平民のミーハーのように浮かれて見えました
    雅子さまは長いブランクがあると思いますので場数を踏んで優雅さが身に付けばと願ってます
    メラニア夫人圧巻ですね

  6. クロワッサン より:

    mayuさん、たくさんの見たかった写真有難うございます。

    雅子さまは、十数年サボり続けたのにヤンヤヤンヤの持上げ方。

    紀子さまは、地道に真面目に長年務め上げてきたのに、最後に美味しい所を掬われて可哀想です。

    この頃の紀子さまは、疲れが見え笑顔が凍り付いています。
    急に老けました。辛そうです。

    KK問題、刃物事件たくさんの心痛の事柄ばかりです。
    登戸事件も刃物事件と結び付き心が震えている事でしょう。

    華麗な宮中晩餐会に、野良犬タカり圭が、出られるわけないでしょ!
    紀子さまの悩みを取り除いて下さい、親不孝の眞子さま!

  7. しろ より:

    こんにちは、先ほどYahooニュースで両陛下が大統領夫妻にお別れという記事写真を見ましたが、雅子様は今日も白のスーツでした。白系でもアイボリー、クリームと微妙に違うのでしょうが、、、ここまでくるとどれも同じ服だったという印象が。。。今日も皆様ご指摘のクラッチバッグだったし。。。

    昨日の宮中晩さん会、眞子様と佳子様は同じではないのでしょうが、いつも同じデザインに見えるドレスだな、、、と、紀子様も雅子様もレースにクラシカルなアクセサリーで大正~昭和初期風の演出を申し合わせたのかな???と思いました。雅子様のソワレなので腕を隠すのであれば、デコルテを見せるとかすればいいのに。豪華なジャケットですが、そのデザインを着るのは10年先で良いと思います。信子様のドレスが素敵でした。

    メラニア夫人は、あっ美智子様と同じ(マントドクールでした?)だけど何か違う、腕がちらっと出るのと軽い素材で、白地に銀刺繍のとても上品な夜のドレスだと思いました。デコルテも詰まっていて全体の露出が少ないのは皇室への敬意なのかな?? ミシェル・オバマ夫人の装いや態度が何となく品がない感じを受けたのは大柄なせいかと思っていましたが、思い込みだったみたいです。

  8. ラミリー より:

    mayuさん、こんにちは。きれいな写真の数々、ありがとうございます。しかし、私の気持ちの冷め方はなんだろう。。。赤十字でもそうでしたが、信子さまが、一番、素敵に見えます。「婚約者」として登場された時から、紀子さま大好きでしたが、今は、何も感じない。陛下お二人については、前からそんな感じでした。生温かく見守るしかありません。

  9. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございます(^_^)

    メラニアさんのドレスは、背がおありで姿勢も良いあの方だからこそ着こなせるタイプで、本当に素敵でしたね(^^)シルバーに輝く靴も、全体の引き締め役になっていました。

    紀子さまの、色を濃淡に、上下それぞれに素材感の違う楽しみを活かされたとても美しいドレス、大変お似合いでした。胸元のひし形のブローチ(刺繍?)も、うるさくなくて上品でした。
    信子さまのブラックとシルバーをミックスしたようなカラーのセレクト、デザイン性の高いドレス、さすがのセンスでいらっしゃいますね☆
    雅子さまは、レースのジャケットを羽織られていましたね。単品ではそれぞれ素敵ですが、レースがあのお色でしたら、中のドレスはもう少しくっきりしたカラーの方が締まりますし、ネックレスの輝きも生きますので、もったいない気もしました。
    演奏会のドレスを選ぶときに、こうした皆さまの着こなしから、いろいろ学ばせていただいています(^^♪

  10. メープル より:

    まゆさん、続々と記事の更新をありがとうございます。

    うーん、今回の雅子様のドレス、私はあまり素敵だとは思いません。というか、シースルーの長袖はいいのですが、ジャケット風でなんだか母のコーラスの時の衣装(黒ですが)を思い出してしまいました。

    メラニアさんはさすが元モデルって感じですね。背が高いので、マント?ケープ?が長くても見栄えがすると思います。

    ところで明恵夫人も長身なんですね。先日の記事でメラニアさんと並んでもそんなに低く感じなかったので驚きました。安倍さんと並んでも高いヒールだとほんの少し低いくらいだし。

    身長のことを言えば、雅子様もですが妃殿下方も皆さん割と長身ですね。遺伝を考えてそういう方を選ばれるのでしょうかね。

  11. 初子 より:

    mayuさん、こんにちは

    歓迎式典も宮中晩さん会もニュースでチラとしか見れなかったので、こちらでご紹介くださりありがとうございます。

    雅子さま、フレンドリーに見えないといけないといった強迫観念のようなものをお持ちなのかなと思ってしまいました。
    本来、社交的な方ではないあらわれだとも思うのですが、
    もう少し場数を踏んで、自信に変えられるといいですね。

  12. 美也古 より:

    mayuさん、久しぶりにコメントしたくなって(^^;

    晩餐会の装いを見ての感想、一番お洒落なファッションセンスをお持ちなのは信子さまだと思います。

    皇后さまのジャケットを羽織ってのロングドレスは晩餐会用にはちょっと違和感が・・・
    素敵なネックレスが台無しかな、洋服の縁飾りに見える。
    それと、いつも思うのがひっつめ気味のアップは厳つくみえるので止めてほしい。

    紀子さまのバッグは昨日はゴブラン織りで、今日はメタルビーズでしょうか、上品で紀子さまらしくて。

    どうにも威厳に欠けた皇室になってしまいそうですね。
    それはそれで良いのでしょうか・・・

  13. satoko より:

    mayuさん おはようございます。
    いつもありがとうございます。

    宮中晩餐会、華やかでやはり素敵ですね。
    NHKの中継を見ました。
    皇族でなくても招待されたご婦人方の一張羅のお着物や帯、ドレスなど着席された後ろ姿の映像を見るだけでもうっとりとしていました。
    その後NIKKEIプラス10を見ていたら、日経連の会長の中西さんが体調を崩され総会を欠席したこと、招待されていた宮中晩さん会も欠席したというニュース。
    私が思わず「エー、奥さん可哀そうー、折角の晩餐会で衣装も用意していて楽しみにしていただろうに。」って言ってしまったら夫に「それどころじゃないよ。きっとあまり良くない病状なんだよ。心配だ。」って。やはり視点が違いますね。

    佳子様はダントツに可愛らしく素敵でした。
    あんな美しい娘をもって隣に座っている殿下も誇らしいだろうなと思いました。
    承子さまはスラットされていてやはり奇麗だなと。
    紀子さまはドレスもアップした髪型も素敵だったけれど、老けたなーという印象が。
    ごめんなさい。

    凄く楽しみにしていたビッグイベントも終わってしまいましたね。

  14. ゆきんこ より:

    昨夜の天皇陛下のスピーチ、食後の食器洗いの手をとめて聞きいってしまいました。

    でも蛇足も多かったですよね。
    特に、上皇・上皇后の米国訪問でクリントンさんに温かいおもてなしを受けたという件に言及ですが、
    トランプさんにとっては「イヤなババア」像が浮かんできたことでしょう。
    そもそも、トランプさんは結構緊張されてる感じがありました。

    眞子さまはこうしてみると、特に太ったとも思えないですね。お顔がパツパツとか二重顎とかではないし。
    信子さまはふっくらされてても素敵です。

  15. makiko より:

    mayuさんおはようございます。
    雅子さんちょいちょいおかしな所はあったけどいちいちだと重箱の隅になるし。。。
    一連の行事とりあえずは無事終わったようですね。
    クラッチバッグをおなかの前で持つのはもう癖で、みっともないとは思ってないのでしょう。
    背中も丸く見えて、メラニア夫人に引き立て役になっちゃって。。。

    晩さん会での衣装は雅子さんに似合っていました。
    いつも暑苦しい衣装だけど、ちょっとふくよかだから腕を出したくないだろうし、レースはよかったと思います。
    ただ、私的にはイマイチ。
    私の住む田舎では、お年寄りが夏場のお出掛けに、ワンピースの上にレースか透かし編みニットのカーディガンを着るんです。
    それに見えてしまって。。。
    雅子さんの方が何百倍もお高いんでしょうが。笑

  16. 水玉 より:

    mayu さん記事ありがとうございます。
    メラニア夫人は本当にスタイルが良くて溜息が出ます。
    衣装も毎回楽しみです。

    雅子さまも貫禄ですね。
    ドレスも刺繍が素敵です。
    陛下も雅子さまがおられると嬉しそうですね。
    陛下は素直ですから顔に出てしまいます。
    紀子さま最近水色が多いですね。
    清楚な紀子さまにお似合いです。
    紀子さまも心労が多く最近お疲れなんでしょうね。

    眞子さま佳子さまも可愛いの着ておられますが、
    はよく平然と座っておられますね。
    本当にいい加減にしてくれ、ですよ。
    結婚相手はこの場にふさわしい男性じゃないとダメなんですよ。
    皇室利用甚だしい詐欺師なんて絶対あり得ません!
    早く破談にしていただかないと、皇族方だけでなく来賓の方、国民にも迷惑でしかありません!

    信子さまの黒っぽいドレスも素敵です。
    風格があります。

  17. nono より:

    主様、早速のドレス画像のアップ、有り難うございます!
    いつになくトランプ大統領が緊張された面持ちで、みていて此方まで緊張しそうでした。
    この晩餐会、出席された皇族方のドレスも素敵でしたし、皇后様のドレスも素敵だと感じました!
    シースルーの上着が下手に長袖のものより上品さがあるかなと感じました。
    小言にはなりますが、皇后様が腕を出されない事で年相応の上品さがあると感じたのですが、紀子さまは半袖でしたよね、色味はとても素敵でしたが、いますこし、袖丈が長めでも良いかと思ってみてました。
    プロトコルもあるのでしょうけども、メラニア婦人がスリットにケープのマントドクールスタイルで適度な露出感が素敵でしたので!素人目にはダサく見えたのかもしれません。

  18. 狗児 より:

    mayuさん、記事更新ありがとうございます。
    メラニア夫人は、着物を意識してケープにされたんかなあ、と思いました。同じケープでもメラニア夫人は骨格がしっかりしていて背が高いのが一番の違いではないでしょうか。背が高い分長く出来るケープがサラサラと揺れて、まるで天女の羽衣のよう。日本人には難しい感じですよね。

    雅子さんのドレスも素敵です。上着も上等なレースだからこそ品が良いのでしょうね。いいなあ。私もあんなの欲しいです。今までの体調の波は何やってん?というツッコミは入れたくてたまりたせんが、ともかく場に相応しく装って出ていらしたから良しとしましょう…と思ったら、眉は相変わらず「食い倒れ人形」みたいだったので、苦笑いしてしまいました。

  19. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんばんは。
    記事更新と画像沢山
    ありがとうございます。

    私もティアラ見れるかも…と、夕方ぐらいまで思い込んでいました(^^;

    紀子さまのドレス素敵ですね~グラデーションが(違ったらごめんなさい)海を思わせます。
    細かい所が凝っているし、出来たら全身の画像を見てみたいです。

    メラニア夫人のケープドレスは、銀色(?)の刺繍がポイントですかね。
    とにかく、無事に終わった様で良かったです…

タイトルとURLをコピーしました