10連休明けからテレビではまた小室圭話題を放送していましたが
弁護士にはならない、眞子さまと結婚する為に頑張っているとか
何が本当なのか、日本にいない小室Kのことはよくわかりません。
今週の週刊文春が佳代さんのことを書いていたので興味がありました。
近頃の週刊誌は小室K関連や話題性のある記事は買って読めが多いです。
女性セブンの今週号はまた秋篠宮家批判になっていました。
一度にあれもこれもと書けないので、週刊文春の佳代さん語録をメインに紹介と
女性宮家創設し小室圭が皇室入りしたら・・・など、掻い摘んで紹介します。
前半は令和になってからの一般参賀や今までの眞子さまと小室Kのおさらいの
ような記事だったのでかなり省略しました。



ヌードモデルをやってみようと思うの、お金じゃなくて芸術に貢献

 

( ゚Д゚)  今より若い時の圭与さんですから、顔を見なければできそうですが。
なんだか読んでいると、圭与さんは絵画教室の50代の先生に
好意を持っていたのでは? 先生の10万円以上の作品を買おうとしていたとか、
ヌードモデルをやってみようとか、年代の男性でも性欲ってあるんですか、と
聞いたりして、何気にアピールしているみたい。先生が男性だったらの場合ですが。

圭与さん、夢を語る。

A子さんの告白は「お金に汚い人ではありません」と言いつつ
「4億男」「ある男性が『いま百万円手元にあったら何に使う?』」だったり
結構、お金のことを仰っていて、これで圭与さんのイメージが改善されるとは思えない。
やっぱり身の丈に合わない生活をしている、お金を持っていそうな年上を
小室圭のパパにしたい、あわよくば自分の「店を持ちたい」夢を叶えれくれそうな
男性を物色していたように思えてしまいました。
一度付いたイメージはなかなか払拭されないものです。





【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事しませんのでご了承ください。
*お問い合わせからのメールには基本、返信しませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。