両陛下の即位30年とご成婚60年を皇族方で祝う*黒田清子さん夫妻を見て改めて小室圭を皇室に入れては駄目だと確信する

皇室

天皇皇后両陛下の1年間の活動を紹介を見た時、黒田清子さんのお姿を
何度か拝見できました。黒田清子さんは海外留学もせず、降嫁するまでは
精力的に公務に取り組み、美智子さまより目立たず自身の身位をよく
理解されていた聡明な女性でした。晩婚ではありましたが秋篠宮殿下の友人、
黒田慶樹氏と2005年に結婚。降嫁されてからも、天皇陛下の誕生日や
去年は高円宮家の絢子さんの結婚披露宴にもご夫妻で出席されています。
また2017年には高齢になった池田厚子さんに代わり、伊勢神宮の神宮祭主に就きました。
皇族に生まれたご自身の運命を受け入れたとも言える人生です。

伊勢神宮を参拝 神宮祭主への就任を報告する黒田清子さん

三重県にある伊勢神宮の祭主は、古代から天皇家の女性が務めるのが習わし。
2013年の式年遷宮は、高齢の池田厚子さんを補佐するため清子さんが臨時祭主を務め、
2017年6月に正式に神宮祭主に就いた。天皇の代理として伊勢神宮に赴き、10月の
神嘗祭など毎年、五つの大祭をつかさどることになる。週刊朝日より抜粋

天皇家の内親王は愛子さま、眞子さま、佳子さま。
愛子さまがこのような重要な儀式ができるかどうか?は分かりませんが
天皇皇后両陛下は清子さんの次は眞子さまに、と思っていたかもしれません。
元内親王であり降嫁されても皇室と深く関わっている清子さんと黒田慶樹氏を
見ると、眞子さまが小室圭と結婚したら、清子さんと黒田慶樹さん夫妻のように
何かにつけ御所を訪問し、皇室、皇族と関わり合いを持つことになります。

清子さんだから、無害な黒田慶樹さんだから安心して見ていられますが
小室親子が将来天皇になる悠仁さまと少なからず関わることになる、
寧ろ、小室圭は喜んで関わり合いを持つでしょうね。
胡散臭さ満杯過ぎて、もはや限界を超えている小室親子は皇室とは
関わっては駄目な人たちです。私は今後も時間があれば宮内庁に意見として
電話をして1日も早く白紙に戻し、小室圭の名前が週刊誌、テレビに出ないように
要望したいと思っています。 小室圭一匹のせいで、悠仁さまの誕生日コメントまで
酷い状態には我慢の限界を超えています。


陛下即位30年、ご成婚60年祝う皇太子ご夫妻ら主催

生前退位をするということは、なんと幸せな事だと思いました。
総じて幸せな人生だったのではないでしょうか。傍から見るとそう思えます。

天皇陛下の即位30年と、皇后さまとのご成婚60年を記念した内宴が17日、
東京・元赤坂の東宮御所で開かれた。
皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、黒田清子さん夫妻が主催した。
両陛下をはじめ、皇族方や元皇族、親族計49人が出席し、約3時間を共に過ごした。
両陛下は正午ごろ、東宮御所に到着。正門前で車の窓を開け、待ち構えた人らに手を振り、
にこやかな表情を見せた。内宴は非公開。
宮内庁によると、昼食会の後、シャンソン歌手の桜井ハルコさん、仲マサコさんが歌を
披露したという。朝日新聞

即位30年と結婚60年 両陛下を昼食会でお祝い

天皇皇后両陛下は17日、天皇陛下の即位30年と両陛下の結婚60年にあたって、
皇太子さまや秋篠宮さまなどが開かれたお祝いの昼食会に臨まれました。
両陛下は、17日正午前、車で東京港区の赤坂御用地に入られました。
門を通過する際、集まった人たちや報道陣ににこやかに手を振ってこたえ、
皇太子ご夫妻のお住まいの東宮御所に向かわれました。
門を通過する際、集まった人たちや報道陣ににこやかに手を振ってこたえ、
皇太子ご夫妻のお住まいの東宮御所に向かわれました。
17日の昼食会は、天皇陛下の即位30年と両陛下の結婚60年を祝うため、
皇太子ご夫妻と秋篠宮ご夫妻、それに長女の黒田清子さん夫妻によって
開かれたもので、皇族方や元皇族などおよそ50人が集まりました。
宮内庁によりますと、両陛下は出席者と和やかに歓談し、食事のあと、
3人のお子さま方が相談して招かれたシャンソン歌手とピアニストによる
演奏を楽しまれたということです。
昼食会はおよそ3時間に及び、両陛下は、赤坂御用地をあとにして皇居に戻る際、
贈られた花束を手に報道陣に再び笑顔を見せられていました。NHKニュース

伊勢神宮などで「奉幣の儀」=天皇陛下の退位を報告

着々と退位の準備が進んでいます。黒田清子さんのお姿も・・・

天皇陛下が4月30日に退位されることを、陛下の使者が伊勢神宮(三重県伊勢市)と
神武天皇陵(奈良県橿原市)、昭和天皇はじめ前四代の天皇陵に報告し、供え物を
ささげる「奉幣の儀」が15日行われた。
12日から始まった一連の退位儀式の一環。
15日午前は伊勢神宮外宮と昭和天皇陵(東京都八王子市)、孝明天皇陵(京都市)で、
午後は伊勢神宮内宮と明治天皇陵(京都市)、大正天皇陵(八王子市)で儀式が行われた。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. やしま より:

    すみません!間違えました

    「私は紀子さんは」×
    「私は清子さんは」です。

    訂正させてくださいませ。

  2. やしま より:

    清子さんが学生のころは、今よりももっとずっと、皇室に対して畏敬の念をお持ちの方が多かった時代です。そして大学の場は学習院。皇室特権をもくろんで突撃してくるような男子がいるワケもなく。
    以前ちょい調べてみたんですが、女性皇族の方は、眞子さま以外、皆お見合いだと思います(典子さん、絢子さん含)。

    そして当時は早婚だった。須賀宮貴子さんは、学習院を中退して結婚していますし、三笠宮のご長女の方は、たしか4年生在学中結婚。(卒業はなさいました)

    清子さんはまことに慎み深いご性格で、服装髪型全て地味。男性に対するアピール度は低かったと思います。
    清子さんの結婚は今上夫妻の力が必要でしたし、まだこのころは、宮家の内親王をいただけたら光栄と思われる方も結構いたと思うんです。特に、新興の実業家の方たちなど。
    私は紀子さんは、おかわいそうにお母様に生涯お手元に置かれてしまわれるのかと思っておりましたので、兄上様のご配慮で、温厚篤実そうな黒田さんとの縁談がまとまったとき、心から喜びました。
    そりゃあまあ20代初めだったのなら「あら・・これまでの方々のような、元華族や名家の方ではないのね」と物足りなく思ったかもしれませんが、ご年齢がご年齢だったので。
    そして一日も早く、お子様ができるといいなと思っていたのですが・・本当に皇室の方、なかなかお子様おできになりませんね。絢子さんのところどうなのかな。

    つい先ごろ、今上夫妻即位30年とかのパーティーが主催され、東宮も夫妻そろって、そして元皇族の方々も呼ばれたそうです。絢子さんはご夫君伴っての出席だったでしょう。
    もし眞子さまがK氏と結婚していたら、そのパーティはかなりの上座に座ったと思われます。あ~思っただけでぞっとしちゃいました。

    • mayu より:

      やしまさん

      降嫁された女性皇族では、最近では絢子さんも母親の久子さまの
      紹介ですから、基本はお見合い結婚で、どこの馬の骨かわからないような
      男性を連れてきたのは眞子さまだけ。

      清子さんも一時期、坊城さんを気に入られていましたが、
      坊城さんは逃げちゃいましたね。
      美智子さまって本当に元華族が嫌いなのか、徹底的に避けている
      印象があるんです。ご縁もなかなか無かったけど黒田さんと結婚して
      今は安定して良かったと思います。
      皇族は不妊が多いですよねぇ。庶民も不妊が多くなったけど
      ちょっと多過ぎ、絢子さんもそろそろ授かっても良いと思うのですが。

      先日、皇族方だけで東宮御所で食事会がありましたが、眞子さまが
      小室Kと結婚していたなら当然、2人で参加。恐ろしすぎ~~(>_<)

  3. peko より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見しております。

    祭主は内親王でなくてはならないのでしょうか?
    私も今の内親王がたに祭主は無理ではないかと思っています。
    愛子様の場合、雅子さまが反対しそうですね…。
    私は彬子さまの方が、一生懸命努めてくださるように思います。

    • mayu より:

      pekoさん

      私は皇室専門家ではないのですが、明治天皇から皇女が
      努めていたようです。詳しい事は検索して調べてみてくださいね。
      女性皇族で独身なら一番良いですよね。
      結婚しそうもない彬子さまも適任のようですが、
      美智子さまは自分の孫の眞子さまに~と思ってるのでは?と
      私が推測して書きました。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こんにちは。
    記事更新ありがとうございます。

    清子さんは、黒田さんとご結婚されて本当に良かったと改めて思いました。

    「奉幣の儀」の動画ありがとうございました。
    これからの事に向けて粛々と儀式や準備が進んでいるんだなと感じます。

    こういうのを見ると
    …スキーなんて、行っている場合なのかな?と思うのですが(^^;

    • mayu より:

      白雪山羊さん

      着々と退位の儀式が進んでいますね。
      退位の翌日は即位ですが、雅子さまは本日の雅楽鑑賞も
      皇太子、天皇皇后両陛下、秋篠宮家など皇族が出席しているのに
      1人お休みしていました。物凄く体調が悪いんじゃないでしょうか。
      スキー旅行に行けめのかしらね(棒)

  5. nochio より:

    mayuさん

    なかなか私が知り得ない情報アップ有難うございます。黒田さんは皇室を離れても、千年以上続く日本の皇室の伝統を守るという大切なお仕事をなさっていたのですね。ご立派です。

    スキーには行けるのに公務となると病気になってしまう、ご先祖さまが不明とか言われてしまっている(言いたくないけど)誰かさんとは大違いですね。mayuさんがおっしゃる通り、土台、雅子さんには無理なのだと思います。ここまでくると雅子さんに対しても眞子さんに対しても同情とか共感とかいう気持ちが持てなくなり、腹立たしさしか感じません。自分たちの置かれた立場が全く理解できていないこんな愚かな人たちに、果たして皇室を存続させていくことができるのでしょうか?日本人として残念に思います。

    • mayu より:

      nochioさん

      小室Kが出てきてから、今までの皇室、皇族のことを知らないまま
      皇太子、雅子さまを急にアゲる人達、ヤフコメ、ガルちゃん、
      東宮擁護ブログが出来たりで、危機感を持っています。
      長く皇室を見てきて、皇太子と雅子さまをむやみに批判しているのではなく、
      批判されるようなことが沢山有ったんです。

      眞子さまの場合は褒められたことではありませんし、秋篠宮殿下の
      脳天気ぶりもブログに書いてきました。
      眞子さまが急にちゃぶ台をひっくり返したとしたら、
      雅子さまは15年という時間をかけて食い散らかした、
      それを皇太子も天皇皇后両陛下も止められなかった、ということです。
      眞子さまの場合はやり直しがきくけど、雅子さまは無理でしょう。

  6. ベリー より:

    以前もトンチンカンなコメントしてしまいました、ベリーと申します。
    私はまだトンチンカン思考のままで、眞子さまと婚約内定者との結婚に何とも思わないというか、結婚していい側です。
    少数派の意見を聞いてみたい方もいるかと思い、勇気を持ってコメントさせて頂きます。
    簡単な問いで、何故世間は婚約内定者との結婚に反対なのか分かると思ったのです。
    ー質問ー
    眞子さまと婚約内定者との結婚に賛成の国民には、
    一人1億5千万円を与える。一生ロイヤルパワーを使える権利を与える。
    と御達しがあった場合、あなたは結婚に反対し続けますか?
    人数限定先着です。
    急いで賛成に転じませんか?

    • mayu より:

      ベリーさん

      本当にトンチンカンです、何故結婚に反対なのか
      ずーっとブログに書いているのに。
      反対に何故賛成できるのか聞きたいくらいです。

      • やしま より:

        もしこのコメントの方が、あちらこちらでいろんなHNを用いてトンチンカンなコメントをしたり、自作の歌を披露している方と同人なら、次回からコメント反映をお断りなさったほうがよろしいかと思います。
        質問内容が全く意味不明です。

        ブログ主さんに対しての敬意が全く感じられず、とても不愉快な思いになります。

        • mayu より:

          やしまさん

          ええ??自作の歌まで披露するのですか( ゚Д゚)
          迷子になっているんでしょうねぇ・・・次回から気を付けますネ。

  7. クロワッサン より:

    黒田清子さんは目立つ事はお好きではないですが、皇族として、ご自分のやるべき仕事を、運命を、静かにしかし毅然として受け入れている方です。

    伊勢神宮の祭主に相応しい高い霊性をお持ちです。
    伊勢神宮の祭主として真摯に祭祀をしてくださって、日本を守って下さっています。

    秋篠宮さまは紀子さまという宮家の伴侶に相応しい、公務に真摯な女性を娶り、婚期の遅れた妹に、黒田さんという穏やかで真面目で物静かな男性を結婚するよう紹介しました。
    ここまでは、最良の選択をしていたのに……

    それなのに最凶の事故物件のタカり圭と娘が付き合って結婚することを5年間以上黙認してしまいました。
    かえすがえす残念で、悔しくて怒りが沸きます。

    タカり圭だけは神聖な皇室に入れてはいけません。穢れてしまいます。
    mayuさんが宮内庁に何回もタカり圭の件で電話で抗議してくださってます。わたしは、なんかドキドキして躊躇して、宮内庁に電話出来ないのです。だからmayuさんには感謝しています。有難うございます。

    「た」と打つと「タカり圭」とすぐ文字が出てきます(笑)

    • mayu より:

      クロワッサンさん

      皇族の自由恋愛も相手が守屋慧さんのような方なら
      大歓迎でしたが、近づいたのはチャラ男の小室Kでした。
      素性が自己申告だけで信じてしまうというのは危険だと
      我々庶民も勉強になりましたよねぇ。

      清子さんは母親、美智子さまより出来た方のようです。
      目立たず、小姑としても紀子さま、雅子さまともバランスよく
      お付き合いされていたんだと思いました。
      だから御所にも顔を出してまろやかな雰囲気を作っているのかも。

      宮内庁に小室Kのことでは沢山のクレーム電話が行っているそうなので、
      宮内庁もホトホト困っているんじゃないかなぁ。

      >「た」と打つと「タカり圭」とすぐ文字が出てきます

      ええっ! そうなの? と「た」を打ったら私の場合「たからくじ」と出ました(≧∇≦)

  8. 水玉 より:

    黒田清子さんやはり神々しいです。全く俗っぽいところがなく巫女になるために生まれてこられたような方です。清子さんの神聖で厳かな雰囲気は伊勢神宮の祭主がぴったりです。
    伊勢神宮の祭主は本人はもちろんですが、俗世の欲にまみれたような人が夫や親族にいては無理だと思います。
    眞子さまは分かっておられるのでしょうか。
    早く気付いていただきたいです。

    • 桃の花 より:

      黒田清子さんには子供がいないから現実的な雰囲気が出てこないため精神的な伊勢神宮の祭主としてふさわしいのだと思います。
      子供がいる女性は、どうしても俗世の現実的な事を優先しなきゃならなくなるので、祭主には不向きになるでしょう。

      子供が18歳になるまでは、お母さんは日々の現実と向き合わなくてはならない。
      日々の現実と向き合う、それが子供を育てるという事ですから。

      • mayu より:

        桃の花さん

        清子さん、49才でお子様が授からなかったのか、敢えて作らなかったのか、
        はわかりませんが、結婚してお子様がいたら、12才くらい。
        伊勢神宮の祭主になるまで5、6年先でしたね。

        そういう風に備わった運命の人なのかもしれません。

    • mayu より:

      水玉さん

      清子さんにお子様がいないこと、ご主人の理解の元に
      できることでもあり、黒田さんと結婚して良かったと思いました。
      眞子さまは小室Kと結婚したらNYに住むつもりだったかも。
      すると伊勢神宮の祭主は出来ませんね。

      • 水玉 より:

        mayu さん
        伊勢神宮の大きな儀式は年間5回あるらしく、3日ほど儀式が続くこともあり、儀式の準備なども含めて前後一週間くらいは伊勢に滞在されておられることもあるようです。
        今回のような特別な儀式もありますし、結構ご家庭を留守にされたりすることも多く、清子さんもお忙しいのではないかと思われます。
        そういった意味でもご主人やご家庭の理解が必要ですし小さいお子さんがおられたりしたら、伊勢神宮は色々な理由で難しいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました