先週は沢山の週刊誌が小室圭さん渡米留学関係の記事を書いていた。
あいにくの多忙で、全誌をじっくり読む機会を持てなかったが
週刊新潮7月12日号、グラビアに載っている文章が好きでした( ゚Д゚)
小室圭の心情を慮ったポエムの中に辛味をミックスさせて
最後にニューヨークの象徴、自由の女神の足元に刻まれた詩を出して
疲れ果て、貧しく・・・嵐に打たれた人々を私のもとに送りなさい。

本当に島流しなのか、結婚は諦めていないのか、
今の所、真実はわかりません。辛口ポエムは以下
————–
ところで、人生においては、思わぬ落とし穴を前に
回り道を強いられることもある。

例えば仕事。せっかく大手企業に就職したものの、
いざ働きだしたらイマイチやりたいことと違っていて、
1年ちょっとで自分探しのため転職する羽目になったり。

例えばお金。好意で助けてもらったから”贈与”ってことに
しようと思っていたら、後から「返して」と言われ
“借金”問題に陥ってしまっていたり。

例えば恋愛。当人同士が愛し合って将来を約束したのに、相手の親族や
世間の反対に遭い、なかなか結婚までたどり着けなかったり….。

もしもこれらの困難が一度に重なったら?
きっと嵐に見舞われたような気分だろう。

中略

2年間の結婚延期。本人がこの回り道をどう思っているかはともかく、
留学先のニューヨークでは自由の女神像が彼を待つ。
その足元には、次のような詩が刻まれている。

疲れ果て、貧しく、自由を求める者たちを
行くあてもなく、嵐に打たれた人々を私のもとに送りなさい。

よもや、独り身という”自由”を求めているわけではないだろうけど。
———–

週刊新潮の内容、留学先については日にちも経過していることや詳細に、
書く気力がないので他の方々のブログやネット記事を読んでください。

新潮に書かれた記事の後半。

小室さんは殿下から出された課題の1つに応えられたと、意気揚々で、
6月10日には報告もかねて佳代さんと宮邸を訪ねてきた。
彼は3年後にニューヨーク州の弁護士資格を取得した暁には、それを
ステップアップの証として今度こそ眞子さまと添い遂げようと考えて
いるように見受けられた。

が、宮内庁、そして秋篠宮ご夫妻の意図は、全く異なるのだという。

国際弁護士という職を得て結婚を成就させたい小室家と、
いわば”所払い”によって眞子さまと距離を置かせたい秋篠宮家の、
当面の利害が一致しました。
ですが、目指すゴールは違います。

秋篠宮家にとっては”自然消滅となれば大いに結構”というお立場です。
3年の間に、物理的のみならず心理的にも距離が広がり、お二人が
別々の道を歩み始めれば御の字、というわけです。
現に庁内には“おのずと常識的な結末を迎えるのでは”と、安堵する
むきもあります。(宮内庁関係者)

果たして、その思惑通りに進むのか。
3年後に笑うのは、いずれの側なのか。

小室Kが弁護士資格を取得しても2年間実務が必要とのことで
合計5年間はニューヨークに滞在することになる。
待たせる方も、待つ方も5年はかなり長い。
眞子さまは庶民と違い、簡単にニューヨークまで会いに行ける
立場でもなく、繋がりはLINEかスカイプくらいだろう。
これで5年の遠距離恋愛を続けていけるものだろうか。

2、3年後、小室Kが一時帰国し眞子さまと結婚。
これも皇族の眞子さまには無理ではないか。

なによりも、2、3年どころか5年経っても国民は今回の騒動を
良く覚えているので小室親子と眞子さまが結婚することに
祝福をすることは無いだろう。

皇族の結婚は国民に祝福されるべき相手と結婚であると、
絢子さまの婚約内定会見を見て、如実に思い知らされた。

眞子さまとの婚約速報から出たマスコミ初登場以後の
小室親子は衝撃の連続だった。

佳代さんの破壊的なファッション。
この人は年齢は51才でも、見た目は60代前半。
靴、バッグも水色系で揃えているが、ミニワンピ1枚は
50代、60代では普通はできない。
そもそも、この水色のスリット入りのワンピースは
ロング丈のチュニックではないだろうか?
中に白いスリムパンツを履き、肩にカーデガンを羽織るのを止めて
同系色かホワイト系のストールを軽く巻けば夏らしい
爽やかなコーディネートになるはずだ。

新潮のモノクログラビアのファッションも、上に重ねた
ブラウス(ミニ丈ジャケットか)の胸元のボタンを留めないで
開けた方が見た目は良いし、圭与さんの背中が丸くなっている
体型では、ノーカラーが暑苦しく見えない。
一貫してペッタンコシューズを履いているのは、ヒールを履くと
息子より身長が高くなるか、同程度になるのを考えてだろうか。
それにしても、見事な短足一心同体親子である。( ゚Д゚)



前々から誰かに似ている、似ていると思っていたけど、やーーっと
検索して思い出しました、昔の怪優 伊藤雄之助さんに似てませんか?

いつも見てきたような記事を書く週刊現代。
掻い摘んで紹介しますが、既に各週刊誌が書いてきたことの記事
ではあるけど、秋篠宮ご夫妻には渡米留学は寝耳に水とか、
ロースクールへの推薦状と共に、眞子さまの婚約者として
書類を提出、まだ婚約内定で正式な婚約者ではないのに。
こうして眞子さまの立場を利用した小室K。
事実上の島流し、国外追放から自然消滅になるのか。
コメントで書かれたように、皇室が小室圭の人格否定を
出来ない状況では、この選択がベストなのかもしれない。
国内では警備費など多額の税金も使われているが、
渡米先では警備は無しで、その分だけでも税金は浮く。

3月31日号で、3月9日に秋篠宮ご夫妻と圭さんが話し合った。

「この後はどうするつもりなの?」フランクに訊ねた秋篠宮殿下。

「いつか、米国留学して弁護士資格を取得するか、国内大学院の
ロースクールに通いたいのです」と小室K。

結婚延期が決まった2月から、本格準備を開始した。
今年9月に入学しようと思えば、通常なら前年の秋口には
済ませておかねばならない準備だ、それを1~2ヵ月でこなさねばならない。

国内のロースクールへの進学も検討したが、司法試験合格率22.5%。
受験に失敗すれば、30才で「司法浪人」となり眞子さまとの
結婚など有り得ない話になる。

それに比べ、米国での弁護士資格は取得が容易だ。
フォーダム大学からNY州の司法試験合格率(初回)93%。
外国人というハンディを考えても、日本で取得するより圧倒的に簡単です。

米国大学院進学では推薦状とエッセイが決め手になるのは常識。

<Fiancé of Japanese Princess MaKo>
(日本の眞子内親王の婚約者)

著名な弁護士の推薦状とともに、こう記された書類が提出された時点で
フォーダム大学の合格は確定的になったという。
日本人留学生としては異例の、事実上の全額免除となったのだ。

6月10日、秋篠宮邸。

「米国で弁護士資格をとります。授業料免除となり、生活費は
奥野総合法律事務所に毎月の給料という形で支払っていただけるそうです」

圭さんの顔は紅潮していたが、一方の秋篠宮殿下は呆然としたという。

2018年9月にフォーダム大学に入学、2021年5月に卒業。
米国の一流ロースクールを卒業し、国際弁護士となる。
国内の弁護士事務所に戻って活躍できる。
収入も相当にものになる可能性があり、十分に秋篠宮殿下の条件を満たせる。

しかし、秋篠宮ご夫妻は想像もしていなかった展開に打ちのめされていた。
私達に何も相談せずに留学を決めてしまった。

「KYの極みだよ、母親の借金スキャンダルが発覚した時点で、
自分から破談を申し入れてくれると思ったが(宮内庁侍従関係者)

しかし、眞子さまの意思を尊重しつつも、秋篠宮ご夫妻は
「これならこれでいい」と考えている。

「眞子さまと頻繁に接触するのは困難になる、改元で慌ただしい時期に
冷却期間をつくるのには好適だ。小室Kさんも新しい環境で
学生生活を送り、気持ちが変わる可能性は高いのでは」
つまり、この留学を「国外追放」と考えれば、うまく破談に
もちこめるのではないかというのだ。

小室君はマンハッタンのど真ん中で生活することになる。
女性スキャンダルや週刊誌の告発には期待する。
そうしたら一発で破談にできる。

やれやれ、竹内まりやさんの『マンハッタンキス
吉田拓郎と中島みゆきの「永遠の嘘をついてくれ」の名曲が頭に流れたりして。




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事
メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い時、多忙な時はコメ返しを
省略することもあります。ご了承ください。
皇室・王室以外の年金生活、節約、家族のことなどは
こちらのhttp://kokoroo.hatenablog.com/黄昏日記
に移動しました。良かったら見に来てください。