悠仁さま お茶の水大付属中に進学 眞子さまと小室圭の騒動が無かったら

悠仁さま

悠仁さまの中学進学先が発表されました。
前々から週刊誌にも書かれていたように、お茶の水女子大附属中学に
内部進学されるとのことです。
「悠仁さまは別の学校への進学も検討したが、両親と相談し」とは
眞子さまと小室Kの問題が無かったら、難関中学への進学も検討していたのでは?
と思いますが、無理を通して進学すると、今以上に秋篠宮ご夫妻への批判が
強まるだろうと、特に紀子さまに対しては週刊誌も、ここぞとばかりに批判記事を
書くのではないか?それに煽られて国民の批判も多くなると、かなり危機感を持って
見ていたので落ち着くところに落ち着いた、なんとなくホッとしています。
例え、悠仁さまが優秀で国立難関中学に入学したとしても「ズルした」と思われる、
そういう雰囲気になってしまっているんです。

3年の間に眞子さまと小室Kがどのようになるか、全くわかりませんが、
3年後、悠仁さまは15才になり今より大人になって強くなられるだろう。
12才の悠仁さまに取っては心無い言葉、目線で見られるより精神的にも良いのでは?
私は私立中学の無い田舎に住んでいるので、難関私立中受験事情が分かりません。
眞子さまと小室K騒動の煽りを受けたであろうことには同情したいです。
高校進学では是非、頑張ってください。としか言いようがないです。

宮内庁は4日、秋篠宮ご夫妻の長男で、お茶の水女子大付属小6年の悠仁さまが
4月から、同大付属中に内部進学されると発表した。
3日に必要な筆記試験を受けられ、4日夕に合格が発表された。

秋篠宮さまは昨年11月の誕生日記者会見で、中学の進学先について具体名は明かさず
「いい教育をしてくれるところだといいなと親としては思っています」と話されていた。

宮内庁幹部によると、悠仁さまは別の学校への進学も検討したが、両親と相談し、
慣れ親しんだ学校での内部進学を選ばれたという。お茶の水女子大付属高は女子校のため、
高校は外部に進学される見通し。産経新聞




【お願い】
*今まで匿名、名無し、通りすがりなどの名前でのコメントは
承認しませんでしたが、その時の気分によって承認することにしました。
特に、酷い中傷コメントはIPアドレスと共に公開しますので宜しくネ(^^)
HNを入れないと匿名になるので気を付けてください。
*非公開のコメントには表でもお返事メールしませんのでご了承ください。
*コメントが多い、多忙、疲れている時はコメ返しを省略することもあります。
*別館はリンクコーナーにあります。


コメント

  1. メープル より:

    まゆさん、こんばんは。更新ありがとうございます。

    とりあえ進学する中学校が決まってよかったです。同級生の多くも中等部に行くとなると、ストレスも少ないように思います。

    12歳の男子にとっては家のごたごたは悲しいことだろうと思うので、せめて進学のことについてはすんなりとストレスが少ない方がいいのではないでしょうか。

    悠仁さまはまだ12歳なのですが、ご家族の雰囲気が悪いのとか、眞子様の件が嫌が応でも耳に入ってきたりとか、多感な時期なのにどんなふうに感じられているのか心配です。

    普段、眞子さまは悠仁さまとどんなお話をされているのでしょうか。悠仁さまには心に引っかかるものがあるのではないかと想像するのですが、とてもお労しいです。

    • 桃の花 より:

      親はともかく、何の反発のない妹や弟に迷惑かけても自分さえ良ければ、恋路を貫き通す覚悟なのでしょうか?

      妹や弟への申し訳ない気持ちは眞子さまにはないのでしょうか?
      眞子さまのご心情は、いかばかりか、。。。

  2. satoko より:

    こんにちは
    すみません、追記です。

    お茶中の男子は高校入試を避けて通れないわけですが(今後お茶の高校が共学にならない限り)、受験があるという事は一般の公立中の子、横国、筑府、学芸附属の生徒同様に同級生男子は中学入学と同時か春休みごろから塾通いが始まると思います。
    悠仁様は通わないにしても何だかそういった雰囲気って落ち着かないですよね。
    今となっては幼稚園から高校までは皆一緒に進学進級できる環境は魅力的ですね。
    先日飯田橋、九段散策をした時に暁星小の前を通ったのですが、なかなか子どもたちに好感が持てました。
    ゆとりをもった幼小中校の一貫教育で”一生の友”も見つけという機会があっても良かったかな。
    でもお茶の幼稚園や小学校でも素敵なお友達と沢山知合って、これからも交友が続くと良いです。

  3. satoko より:

    こんにちは
    進学先が確定しましたね。

    高校の進学先は既に水面下で決まっているのか、これから何か動きがあるのか、いずれにしても3年間なんてあっと言う間に過ぎてしまいますが悠仁様の中学生活が実りあるものになりますようにお祈りいたします。
    楽しいことも一杯ありますように。

    お茶中の1学年の男子の人数は30数名で4クラスあるようですね。
    中学からの募集人数は男子が20数名、帰国子女が男女合わせて10数名のようなので、悠仁様と一緒に小学校から連絡生としてそのまま中学に進学する男子は10人に満たないのですね。
    1クラスの連絡生は等分されるはずなのでお茶小からの男子は各クラス2名位でしょうか。
    そう考えると寂しいですね。悠仁様とお友達だった方は一緒に進学か、他校を受験して流れたのか、どうなのかしら。
    又お茶小の先生のお話では、筑波との交換制度も6年間は継続との事なので、何だか今となっては無意味な制度が残ってしまう感じですね。

    お茶中の入試は学科試験のみで面接はありません。
    小学校からの内申書はあるけれど、まさか親の職業欄なんてないし、そう考えると良い意味でも逆の意味でも色々なお子さんと知り合う機会ができますね。

  4. やしま より:

    お忙しい中のアップ、ありがとうございます。
    近頃寂しいなぁ~と思うのは、もともと秋篠宮家応援系のブログが、減少してしまっていること。書かれていてもコメント閉じられている方もいたり。また書き方が直裁ではなくなったり、他の記事中心になられたり。仕方がないこととはいえ、本当に眞子さまの破壊力のすごさを改めて身にしみます。

    悠仁さまの中学校進学、発表されましたね。まあ大方の皆様の予想どおりだったので、驚きはありませんでしたが、紀子妃殿下としては、いささか計算外の進学だったかもしれません。もともとはお茶の水大附属女子高校の共学化を目指されていて、そこの時点でOGの強烈な反発に遭われてしまわれました。既にそこから「皇室特権力」がかいま見えてしまったのは残念です(結果的にいろいろ頓挫しましたが)
    まあ3年という時間的猶予が出てきたので、改めて秋篠宮家全体」の立て直しですね。頑張っていただきたいと思います。くれぐれもトンデモナイ方向に行かれませんように・・・(って、特にあの方がね)

    ところで、こんなブログがあり、へえと思ったり、くすっと笑えたり、ほおおと思ったので、紹介させてくださいませ。

    近代華族の美人令嬢を紐解く | キヌブログ!

    特に皇室に特化したブログではありません。ご本人は皇室ファンでおられるようですが。
    華族の令嬢を特集している記事です。
    まずは美人さんたち。そして、ちょっとお顔が・・・の方たち(^-^;
    この後半部分に、香淳皇后陛下のご両親のお写真が掲載されています。
    私、香淳皇后陛下のお母様のお顔をまじまじと拝見するのは初めてだったかもしれません。
    注目は顎です!アレたちを思い浮かべてしまいました(汗)。
    (いや本当は全く違います。暴言申し訳ありません)

    香淳皇后は、ご両親のいいところを受け継いで、おかわいらしい日本人形のようなお顔立ちだったんだなぁと。この方の「引き目」というお公家さん的な切れ長瞳が、悠仁様にも伝わっているような気がします。
    そして、ご両親の写真があるのですが、座っておられる香淳皇后母上の横に香淳さま父上のお姿。
    お母様が座っておられるのに、ほとんどお背の高さが変わらない~~~

    皇太子殿下のお背の低さは、こちらからの遺伝と言われています。(お父上のお顔立ちは普通ですよね)
    どうか悠仁さまはご先祖様のいいとこどりでありますように。これからのご成長をお祈り申し上げております。

  5. 狗児 より:

    mayuさん、おはようございます。
    記事更新ありがとうございます。
    内部進学で良かったと思います。mayuさん仰っている通り例え実力で難関校に受かっても、皇室特権だと批判されていただろう、とは私も思いますね。ご本人も、ゆっくり学生生活が楽しめて良いのではないでしょうか。

    結果的には良かったと思いますが、眞子さまはご自分があんな男に拘るが故に可愛い弟にまで影響していること、分かってらっしゃるのかな?と疑問ですね。破談に出来ないのは、眞子さまが結婚したいと未だに思ってらっしゃるからではないかと思います。

    あと、仮に紀子さまが学歴にこだわる方だとすれば、残念ですね。私の推測するに、庶民の出身だからではなく、「学者の家庭」出身だからではないかと思います。親が学者だと、就職に有利とかステータスとか以前の根本的な所から学校は良いところ行くのが当たり前、と言う考えになりがちですから。
    いずれにせよ、批判材料が一つでもなくなり良かったです。

  6. よこはま より:

    交換推薦で筑波大附に進学したら、単なる皇室アンチからだけでなく、同世代のお受験組の親達からも攻撃されてしまいますからね…。
    どこを受験されても一緒、お気の毒です。
    お茶中の男子は学ランなので、それを見るのは楽しみです。
    中3くらいになれば学ランも馴染んでキリッとした姿になってるでしょうね。本当に楽しみ。

    アメリカの国家元首トランプ大統領の息子バロン君も昨年、進学先の中学が注目されてました。
    バロン君は現在12歳ですが3月に13歳になるので悠仁さまより一つ上の学年で、一足先に中学生になりました。
    ニューヨークのコロンビア大と関係深いアッパーウエストの私立小に通っていましたが、ホワイトハウスに入ったことで、ホワイトハウスからほど近いメリーランド州のセントアンドリューズ聖公会学校という私立中学に進学されたそうです。

    バロン君は昨年、12歳にしてメラニア夫人の身長180センチを超えて、アメリカでも“こんな12歳いるか?”と驚愕されて報道されていますよ笑
    また、トランプ大統領が当選してもメラニア夫人とバロン君はしばらくニューヨークで生活してたそうなんですが、二人の警護にかかる1日あたりの費用は100万ドル(1億円)だったとCNNが報道しています。

    悠仁さまも中学入学したら中2くらいには紀子さまの身長(163センチくらい?)は抜くと見ます。
    日本の男の子は中3~高2くらいが一番伸びるので、高校で秋篠宮さまを抜くと私は思っております。

    アメリカ大統領の子息は代々ワシントンDCのシドウェル・フレンズ・スクールという中学校に進学する習慣だったそうなのですが、35年ぶりにそれを打破したのがメラニア夫人の意向で、アメリカでもそれなりの物議があったようです。
    メラニア夫人はセントアンドリューズの選考理由として「その多様なコミュニティと優れた学問への取り組み」を賞賛されたとか。

    オバマ大統領の二人の娘はシドウェル・フレンズを卒業して、長女のマリアさんが一昨年ハーバード大に進学しました。
    日本人では秩父宮勢津子さまがシドウェル・フレンズの卒業生だそうです。

    トランプ大統領はバロン君にアメフトをやってもらいたいと考えいるそうですが、当のバロン君はサッカーに夢中で、ワシントンDCのプロサッカーチームがバロン君の為にU12ユースを作ったそうですよ。
    アメリカも露骨な忖度するんですね。

    お茶中は男子が一学年30人くらいしかいないそうなので、サッカーや野球など10人以上メンバーが必要なスポーツチームは難しいかもしれないですが、なにかいい課外活動されるといいですね。
    悠仁さまは生物など自然科学系がお好きなようですね。

    • バード より:

      よこはま様

      アメリカより、始めてコメントさせていただきます。トランプ大統領は、先週末、スーパーボウル(プロアメフトリーグの決勝戦)直前のインタビューで、バロン君にアメフトをやらせたいか、と聞かれて、本人がやりたがったら、反対はしないけど、積極的に進めない、と言ってました。やらせたくない理由は、やはり、危ないから。トランプは以前アメフトのタックルに関する規則が厳しくなって、激しいぶつかり合いが減って、試合が面白くなくなってけしからん、みたいな事を言ってたので、メディアに批判されてますね。自分の子供さえ良ければいいのか、と。

タイトルとURLをコピーしました