佳子さまガールスカウト100周年に出席と本当か嘘か同級生歯科医と交際か?*秋篠宮ご夫妻 ボーイスカウト100周年記念に出席

秋篠宮皇嗣ご一家

秋篠宮ご夫妻はボーイスカウト日本連盟の創立から100年の記念大会、佳子さまは長野市を訪れ、日本のガールスカウト運動100周年を記念して行われている「インターナショナルキャンプ」に参加されました。100周年とは長い歴史になりました。

相変わらずヤフコメでは、秋篠宮ご夫妻が出席されたボーイスカウトに悠仁さまを出席ささせたらどうだ、このような批判的なコメントも見ましたが、それを言うなら「ガールスカウトには愛子さまが出席されたらどうだ」と反論したくなります。
秋篠宮家がお出ましになると、オンライン、リモートで充分、という割には天皇皇后両陛下が8月15日に東京の日本武道館でおこなわれる「全国戦没者追悼式」に出席されるとのニュースには「有難いことです」「お疲れ様です」になり、オンラインで、リモートで・・にはならないんですよ。
こういう矛盾したコメントを寄せるのがヤフコメで精力的に秋篠宮家批判している人達。よく目にするのが、hap***なのですが、同じような記事に同じようなコメントをコピペしていて、同じヤフコメする人達から注意されていました。朝から晩までヤフコメに張り付いて秋篠宮家批判を生き甲斐にしているのでしょうかねぇ。

今回のガールスカウトの記事には佳子さまの画像が沢山載せられていました。どの画像も佳子さまが明るく溌剌とされていて、本当に佳子さまに来て頂いた会場は明るくなるんだろうな~と思いました。振り返ると眞子さんは完璧な公務でしたが、佳子さまほどの明るさもなく固かったような気がします。失敗は許されない緊張感を持って公務されていたのかな。

私は初めて分かったのですが、佳子さまは左利きのようで、上の孫も左利きで不便じゃないかと心配をしていたのですが、何となく心強く思いました(^^)

女性自身が本当か嘘か分かりませんが、「同級生エリート歯科医との“秘められた交際”…七夕前夜に実家をお忍び訪問」このような記事を出しました。
クリニックを持っている歯科医の三代目だそうで、ご両親、兄弟が学習院。Aさんは佳子さまと初等科で同級生だったとか。

小室家のように借金があるとか、自死が多い、何かと胡散臭い家では無さそうだし、お金に困る事も無く、本当だとすると良い縁談だと思います。佳子さまが降嫁するのは寂しいのですが、結婚するのも良いでしょう。すると、佳子さまの公務の少しくらいは愛子さまが引き継ぐことになるのかしら。

愛子さまも応援している皆さんの期待を裏切らないように頑張らないと・・・。

*佳子さま、ガールスカウトの中高生らとご交流

秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは7日、長野市を訪れ、日本のガールスカウト運動100周年を記念して行われている「インターナショナルキャンプ」に参加された。

キャンプは4~8日の日程で、中学、高校の女子生徒約90人が参加。ジェンダー平等などについて学び、7日に発表会も行われた。白いジャケットに黒いズボンを着用し生徒らと同じ水色のネッカチーフを巻いた佳子さまは、生徒らの発表にメモを取りながら熱心に聞き入られた。続いて発表者らと懇談し、「チームで意見をまとめていくのは大変じゃなかったですか」「よくまとまっていてすばらしいなと思いました」などと言葉をかけられた。

夜にはキャンプファイアにご参加。佳子さまは火のついたたいまつを持ち、会場中央に積まれた薪に火をつけ、生徒らの歌声に合わせて手拍子をされていた。
記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20220807-TOIBQ6T7VNLDLGGKMH4MMTHJAE/

佳子さま 同級生エリート歯科医との“秘められた交際”…七夕前夜に実家をお忍び訪問

クリニックは3階建てで、1階部分は診療スペース、2階・3階は院長一家の居住スペース。
クリニックの院長夫妻に見送られながら、佳子さまは満面の笑みで、ワンボックスカーに乗り込まれた。ご滞在時間は2時間半に及んだことになる。
取材を続けると、院長は地域ではかなり評判の高いデンタルクリニックの3代目で、2人の息子もクリニックの歯科医として名を連ねていた。またこの一家は佳子さまだけではなく、秋篠宮ご一家ともゆかりがあることがわかった。

特徴的なのは一家4人全員が“学習院出身”ということだ。
院長夫妻は紀子さまの同級生にあたり、特に夫人は、紀子さまと同じ学習院大学文学部心理学科を卒業している。また長男も次男も、初等科から学習院に通い、高等科まで学んでいるという。

子供が初等科時代に、佳子さまと同級生だった女性によれば、「(院長一家の)長男のAさんは、初等科時代から高等科まで成績優秀なお子さんでした。初等科6年のうち、佳子さまとAさんは4年間同じクラスだったと思います。

6年間の生活で、子供だけではなく、その保護者たちも絆は深まっていきます。大学の同級生だった紀子さまとAさんのお母さんは特に親しそうでしたね。

佳子さまの学年の初等科同窓会は、お名前にちなんで“佳桜会”と名付けられました。お母さま同士のご縁もあり、人柄もいいAさんは同窓会の幹事を務めることになりました。

初等科卒業後は、男子と女子は、中等科と女子中等科に分かれて進学するのですが、文化祭やスポーツの試合の応援などで交流もあり、仲がいいのです」

Aさんは俳優の桐谷健太似で、眉毛もしっかりした、彫りの深いイケメンだ。

学習院高等科を卒業後は、有名私立大学の歯学部を卒業。現在は別の大学の歯学部に入局し、治療技術を磨きながら、家業を手伝っている。スタッフからは“若先生”と呼ばれているという。

また、ある学習院関係者はこんな証言を――。

「Aさんは初等科時代からアイスホッケーを始め、高等科時代には、東京都代表チームのメンバーに選ばれ、国体にも出場しています。佳子さまがAさんの試合の応援に駆け付けたという話も聞いたことがありますね。佳子さまも初等科時代には明治神宮アイススケート場で、フィギュアスケートを習っていらっしゃいました。

Aさんの実家のデンタルクリニックは評判もよく、経営も順調そうですし、ゆくゆくはAさんが継ぐわけですから、収入面での問題はないと思います。そしてAさん自身も歯科医としての実績を積みつつあります。紀子さまもAさんのご実家のことはよくご存じなので、そういう意味でもご安心なのではないかと思います。

いちばん大きいのは、Aさんもご両親も、佳子さまを6歳のころから見守っており、注目され続け、ときには自由も制限される“皇族のお立場”にも理解があるということではないでしょうか」

女性自身 https://jisin.jp/domestic/2124766/?rf=2
ヤフーニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/9ed4041cdeef750436679ae1547e09be6800b7e2

*秋篠宮ご夫妻、ボーイスカウトの大会にご臨席

秋篠宮ご夫妻は7日、東京都大田区の体育館を訪れ、ボーイスカウトのキャンプ大会「第18回日本スカウトジャンボリー」の集会に臨席された。大会は4年に1度開催。ボーイスカウト日本連盟の創立から100年の記念大会となる今回は、新型コロナウイルス禍のため各地の会場に分散して開催し、中継でつないだ。

秋篠宮さまはお言葉で、新たな様式で行われる大会について「対面とは違う難しさがあると思いますが、このような経験は、必ずや皆様の将来に役立つことと考えます」と述べられた。
これに先立ち、全国の代表スカウトとの交流の機会も設けられ、秋篠宮さまは「今までのジャンボリー大会で印象に残っていることは何ですか」とご質問。参加者によると、秋篠宮妃紀子さまは「こういう機会を大事に楽しんでください」と声をかけられたという。記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20220807-TOIBQ6T7VNLDLGGKMH4MMTHJAE/

母の入院騒ぎで草臥れたようなのでコメ返し省略させていただきます。



コメント 【注意】既にコメントしている方に被らないハンドルネームを入れてください。匿名・名無し、通りすがりは承認できません。皇族方には敬称をつけてください。

  1. やしま より:

    いやぁ~すごいですよ。
    もう相手の方のいろんなことが特定されて出てきています。さすがネットの時代ですね。

    診療コンセプト・理事長紹介|氷川台・平和台|医療法人社団 伸桜会 伊藤歯科医院
    練馬に根差して60年を超える氷川台・平和台の歯医者「医療法人社団 伸桜会 伊藤歯科医院」の診療コンセプトと理事長・スタッフ紹介のページです。インフォームドコンセントを大切に、安心・安全な治療をご提供するための設備と環境を整えて、できるだけ痛みを抑えた丁寧な治療をご提供します。

    理事長のお父様にご長男さん、次男さん。皆さん歯医者さんです。
    特筆的には、ここのおうちは、「学習院絶対系」なんですね。理事長のお父様、理事長夫人のお母様。長男さん次男さん、全部学習院を高校まで(お母様は大学まで)卒業。多分皆さん小学校から学習院なんでしょうね。

  2. おきうと より:

    ボーイの日本ジャンボリーのお出ましは 歴代皇太子のお勤め
    コロナ禍で、リモートは残念
    毎回4万人程の大キャンプです
    技術的企業が、技術の粋を持って参加してくれます。自衛隊も
    男の子にとって、大変魅力的な催し
    「今までのジャンボリー大会で印象に残っていることは何ですか」殿下のご質問は、大不合格
    4年に一度 ある程度以上のスカウト(中2、3年生)が、参加出来る一生に一度の経験。年齢的に参加出来ず終わる子も居るのです
    佳子様も、中学生達と高原で、楽しまれたご様子楽しかったと拝察
    ファイアではなく、焚き火のようでした。
    最近は、にわかスカウトが増え、本来のスカウトにとって 迷惑かも
    広がるOA入試、就活のために 高、大学生に 人気があるそうです
    テント張りも出来ず、BBQ気分で来られても困るのです
    本来この年齢はボーイ隊卒業で リーダーをやります

  3. ミラージュ より:

    mayuさん、こんにちは。
    佳子様の恋人説、何度目でしょうか。
    今度こそ本当であって欲しいと思いますが、事前に出てしまうと大概破談になるので、マスコミ嫌いの佳子様は今頃怒髪天かもしれません。
    又は、ある程度固まってきているのかも?
    その場合は来年秋頃には皇室を離れてしまわれるのか。。。
    眞子さんは早く結婚したかったのに恩返し(?)をしてからと婚約を伸ばされましたけど、佳子様は今すぐでも結婚するのに早いと言われる年齢ではありませんからお許しが出るようにと願っています。
    女性皇族が降嫁後も公務を担う法案が急遽決まるとは思えないので益々公務をされる方がいなくなるのが宮内庁としては頭の痛いところでしょうか。
    雅子様、愛子様が単独公務をされれば一気に解決するんですけどね~。
    この話題のヤフコメにネガティブなのが無くてホッとしました。

    mayuさんのお住まいの地域では豪雨は続いていませんか?
    東京はカラッカラッの酷暑。
    平等に降って欲しいです。

    親が入院すると手続きやら何やらで大変ですよね。
    私も数年前に母が夜中に転んで救急車で運ばれた時は大変でした。
    もうタクシーを呼ぶことも出来ない時間でしたので一番電車が来る朝迄廊下の椅子に座って過ごし、その日手術と言われたので又すぐにとんぼ返りしました。
    幸い我が家は交通の便は良く、駅からは病院のバス便があったので通うのはそんなに大変ではありませんでしたが、気が休まることはなかった。mayuさんは、ご主人や娘さん等に頼れる時は頼って無理しないでくださいね。

  4. 白雪山羊 より:

    mayuさん、お疲れの中
    更新有難うございます。

    笑顔の佳子さまがお出ましになると、雰囲気と言うか周りが明るくなりますね(^^)
    歯科医との交際は本当かどうかは解らないけれど
    (私が言うのも何ですが)
    そっとしてあげてほしいな~と思います。

    こちらは今日は暑すぎます(涙)。蝉の声が煩いです。
    mayuさん、お疲れは少しは和らいだでしょうか…
    休める時にゆっくり休んで下さいね。

  5. やしま より:

    お母さま虚血性腸炎とのこと。mayuさん本当にお疲れさまです。この病気については私自身も義母も罹患しました。ただ繰り返すような病ではないとの話です。腸からの出血は驚くし痛いしなんですが、義母も私も今のところ1回で済んでいます。私の場合は虚血性大腸炎でまだお腹が痛いところに、大腸カメラ突っ込まれて患部をカメラでこすられたので、痛くてクリニックで大絶叫でした。義母の場合は治癒してからカメラ撮りました。お母さまもいずれかの時点で大腸カメラをなさるかもしれませんね。そうでないと原因が特定できないので。

    佳子様については、このお話が進むといいなと心から思っています。何度も申し上げて誠に恐縮なのですが、学習院男子高等科の生徒さんは、優秀でなおかつお家柄が良く、育ちもよくて人柄も良いという、本当にいい高校なんですよ・・・こういう方が現れてくださって、私も嬉しいです。また、歯医者さんというのは他のお医者さんと違って過当競争ぎみなところもあり、下世話で恐縮ですが、佳子様をお迎えできたらお互いWin-Winなのになと思ってしまいます。
    佳子様、サウスポーでいらっしゃるのですね。ただ多分、右手もお使いになられるんじゃないかと思います。サウスポーの方は器用で運動能力も高い話を聞いたことがあります。まさにそんな感じではないかと。本当に皇室関係、特に秋篠宮家関係で、慶祝なことがあるといいなと心底思っています。

  6. マグノリア より:

    こんにちは。
    お母様が市立病院に入院されたとのこと、少し落ち着かれましたか?
    mayuさんも病院との行き来で精神的肉体的にお辛いかと思います。
    コロナ禍で面会できない状態ですが、今は病院側にお任せするしかありませんね。
    時間のあるときはお休みください。

    佳子内親王のお姿を拝見すると、暑さが和らぎます。
    私も画像を見て、左利きなんだと思いました。
    そう言えばそのような噂もチラチラありました。
    でもたいまつは右でお持ちなので、時と場合によるのかもしれません。
    テーブルマナーとか儀式などは普通に皆さんと同じです。
    同級生のことについても出始めました。
    今回はお相手の方の素性がはっきりしていますし、前例の反省から良い方向に向かうと良いですね。

    秋篠宮両殿下はボーイスカウト、佳子内親王はガールスカウトと上手に公務分担されています。
    一説にはガールスカウトの方は愛子内親王の公務でも良いのでは?とどこかで目にしましたが、私個人は佳子内親王のこの笑顔で会場の明るさが増して和やかに感じました。

タイトルとURLをコピーしました