皇后雅子さま58歳の誕生日 医師団の見解と文書での感想

天皇皇后両陛下

天皇皇后両陛下、服とネクタイの色がお揃いも定番になりました。金ピカサテンのような生地は雅子さまに似合います、パンプスが悲鳴をあげているようです。美智子さまより綺麗に年を取っています。下に動画があります。

雅子さま58歳の誕生日で、映像、画像、誕生日の感想、医師団の見解が発表されました。実は感想は全文を真面目に読む気が起きなくて最初と最後の部分だけ転載しました。全文は下にリンクを貼りました。
即位して間もなく新型コロナ騒ぎで出掛けての公務も中止で、雅子さまの感想には「新型コロナウイルス感染症」の文字だけ数えたら10回出ていました。活動が制限されて様々なエピソードが少ないんです。

コロナ過前は四大行幸啓、春と秋の園遊会など有ったのに全部中止で、見るのはマンネリ化したオンライン公務が多く寂しいです。

愛子さまが成年を迎えたことは感慨深い、成年皇族としての務めを無事に果たすことができますよう願っておりますとのこと。12月5日は無事に乗り越えて良かった、次は新年祝賀の儀、他新年の儀式には出るのかな? 大きな山は3月の誕生日会見で、それを終えたらやれやれ~まずは肩の荷が降りた・・ってことになりますね。

雅子さまの体調については宮内庁医師団見解全文を載せました。例年通りの定型文で、去年と同じように新型コロナで活動が制限され、体調が整いにくい。出掛けての公務が無くなり傍から見ると楽そうですが、少しは外の交流を持たないとストレスが溜まってしまいます。

新たに変異株オミクロンが出ましたが、一応は感染者も少なくなってきたのでオンラインからそろそろマスクをしてでも外に出た方が良いと思うのですが。

医師団の見解で適応障害による「体調の波と依然、快復の途上」は、あと10年くらいは続くんじゃないかな。

高齢になると痩せているよりやや太めの方が見た目が良いと言われます。雅子さまは年相応で丁度良いのではないでしょうか。

撮影場所、やーーっと防音室のようなマンネリ部屋から脱出しました。こちらの部屋は海外要人をお迎えした時に使っている部屋に似ていますが同じなのかな。 正月の映像は今年も天皇家と秋篠宮家別々に撮影になるのか。皆さま揃ってこの部屋で集合写真を見たいのですが・・・。後ろには愛子さま、佳子さま、悠仁さまがお立ちになると、悠仁さまの身長がどのくらい高くなったか、障子戸の桟で分かって良いんだけど。

ともかく、眉毛も変わらず立派だし、天皇陛下と夫婦で年を取ってから仲良く見えて良いです。仲良きことは美しきかな(武者小路実篤 )



皇后さまの体調「依然、快復の途上」 宮内庁医師団の見解要旨

皇后陛下におかれましては、これまでも医師団が説明いたしております。基本的な考え方を踏まえながら、引き続き御治療を継続していただいております。

本年は、3月の東日本大震災10周年追悼式、8月の全国戦没者追悼式などの都内行幸啓に両陛下でお出ましになりました。新型コロナウイルス感染症のために地方行幸啓を伴う行事はオンラインとなりましたが、島根県での植樹祭などの全国的な行事や、東日本大震災被災三県の復興状況御視察など11回に及ぶお出ましをされました。天皇陛下をお支えになり、国民が直面している様々な困難を心から気遣われ、出来る限り国民との触れ合いの機会を確保されようと努めておられます。
皇居での御活動につきましても、感染防止に十分配慮されつつ、御養蚕に楽しみながら取り組まれるなど御活動を続けられました。また、皇后陛下には、大学での学習に励まれる中、先日御成年をお迎えになった愛子内親王殿下を、母親として温かく見守られていらっしゃいます。

新型コロナウイルス感染症のために御活動が制限され、御体調が整いにくくなっていらっしゃるなか、皇后陛下が工夫を重ねられ、御体調を整えられながら御活動を続けるよう努力していらっしゃることは、御自信につながる望ましいことと考えております。

一方で、皇后陛下には、依然として御快復の途上にあり、御体調には波がおありです。そのため、大きい行事の後や行事が続かれた場合には、お疲れがしばらく残られることもあります。特に本年は皇居への御移転があり、御生活の環境が一変した年でもありました。十分に時間を取られて新たな生活に馴染んでいっていただきたく思います。また、かねてから皆さまにお伝えしているところですが、新型コロナウイルス感染症の感染状況に十分留意しながら、私的な部分でも御活動の幅を広げていっていただくことが大切だと考えております。

記事出典 産経新聞 https://www.sankei.com/article/20211209-ILWSE23XLJON7KDLJRVSVUZUM4/

雅子さま58歳誕生日の文書での感想

今年も誕生日を無事に迎えることができましたことを有り難く思います。また、今月初めには娘の愛子が成年を迎え、多くの方々から温かい祝福を頂きましたことに心から御礼を申し上げます。5日に行われた成年の行事もおかげさまで無事に終えることができ、安堵いたしました。
愛子が生まれてからの20年間は長かったようにも、あっという間だったようにも感じられますが、様々な思い出が思い起こされて感慨深く思います。同時に、あの幼かった愛子がもう成年かと思いますと、信じられないような気持ちもいたします。皆様には、これまで愛子の成長を温かく見守って
いただき、心から感謝しております。愛子には、これからも様々な経験を積み重ねながら一歩一歩成長し、成年皇族としての務めを無事に果たすことができますよう願っております。愛子を引き続き温かく見守っていただけましたら有り難く存じます。

大幅に省略

天皇陛下には、コロナ禍の中でも引き続きお忙しい日々をお過ごしですが、変わらずお元気でいらっしゃることを何よりありがたく存じます。また、常に私の体調にお気遣いいただき、深く感謝申し上げます。これからも陛下をお傍でお支えできますように、また、私自身の務めを果たしていくことができますように、体調の快復に向けて努力を続けていきたいと思います。
今年もこの機会に、国民の皆様から日頃より寄せていただいている温かいお気持ちに対し、厚く御礼を申し上げます。そして、改めて新型コロナウイルス感染症の収束を心から願うとともに、国民の皆様が心を寄せ合ってこの困難な状況を乗り越え、全ての人が安心して暮らせる日が一日も早く訪れることを心から願っております。記事出典と感想全文は下のURL
https://www.sankei.com/article/20211209-2BZYLRHIK5IVZDDBPHDLO43YVI/



コメント

  1. 木の葉 より:

    mayuさん、ご無沙汰しております。非公開でお願い致します。

     小室眞子さんの一連の騒動の後、私の悪い頭では秋篠宮殿下のお誕生日会見は充分に理解出来ませんでした。なんとなくずっとモヤモヤしていましたが、mayuさんのいつも変わらぬ冷静で、でもユーモアたっぷりの数々の文章にとても癒されています。

     雅子様、58歳になられたのですね。mayuさんが仰る通り、ふくよかな女性の方が綺麗に歳をとりますね。雅子様の靴のバックルを見て、ロジェ・ヴィヴィエの靴かな〜なんて勝手に想像しています。ここ最近の雅子様の写真の中では、全体がとてもスッキリ痩せて見える気がしました。白色と金色が雅子様のお好みの色なのですね。前の皇后美智子様のくすんだ色と比べると、随分世の中が明るくなる気がします。金ピカツルツル、私結構好きです(笑)。

     ティアラに勲章、純白のローブデコルテに借り物とは言え一揃いのバリュールの宝石を付けた姿を見せてくれた愛子様。これから薄い桃色や橙色や黄色等、暖色系の可愛いドレスをお召しになって頂きたいなと思います。お休みがちのお母様の代わりに、ニコニコと福のあるお顔を見せていただきたいなと思います。秋篠宮家の女性達の様に真珠のみではなく、愛子様にはルビーやトリマリンやサファイヤやエメラルド等、ヨーロッパ王室の女性達の様に色石を使用した宝飾品で、私達国民の目を楽しませて欲しいです。私、、何を言っているのでしょう。皇族方には、夢と憧れを与えてくれる存在でいて欲しいとつくづく思う今年の師走です。

     ここ暫く、お地味な秋篠宮家の女性達のファッションに心がどんよりしていたので、年が明けて新年の宮中行事で愛子様を拝見するのが楽しみになりました。

     mayuさんの解説もまた楽しみに読ませていただきたいです。

     コロナ変異株、オミクロンが少しきつい風邪程度で収まり、治療薬ができる事を願っている今日この頃です。これから寒くなります。mayuさん、くれぐれもお身体大切にまた楽しい沢山の文を書いて下さい。

  2. わかくささき より:

    mayuさん、こんばんは。

    >パンプスが悲鳴をあげているようです
    雅子様、このような足元の写真がいくつもありますよね。そうでない写真もあるので、足が浮腫むタイプなのでしょうか?

    天皇皇后両陛下は、結婚されてから今が一番穏やかな生活を送られているようですね。
    特に雅子様にそう感じられます。

    ここからはあくまで私の主観ですが…、
    結婚当初、雅子様は「結婚してあげたのオーラ」があったように思います。
    夫婦のエピソードでも、上皇ご夫妻や秋篠宮ご夫妻には、自然にエスコートしたり腕を組んだりのエピはありますが、お二人にはないですよね。皇太子時代も、皇太子がエスコートしても雅子様の身体に触れていなかったり、手を差し出しても雅子様がそれを取らなかったり、雅子様の方が拒否しているような印象でした。
    それが、数年前、ご静養で愛子様と3人でいらっしゃったときに、雅子様が陛下に身体をすり寄せる一瞬があったんです。それを見て、「ああ、雅子様は普通の夫婦になったんだな」と思いました。
    このまま、波風立たせずに平穏にお過ごしいただければと願います。

    皇后としての雅子様に望むのは、家族以外にもう少し余裕が出来たらなということです。
    美智子様は最近ヤフコメなどに散々に言われていますが、美智子様の「気の利き過ぎ」、私は嫌いではありませんでした。多分皇室で自分の居場所を作るときに必要だったのでしょう。紀子様にも通じると思います。
    特に日本文化の継承が好きでした。西陣織や佐賀錦等々。庶民には手が届かないけど、皇室だから守れる伝統文化があると思います。それを痛烈に感じたのが、即位記念の
    お写真です。雅子様の「ローブデコルテ」があまりにも寂しくて。

    コロナ禍や体調で制限がある中、皇后だから出来る事、見つけて欲しいと思います。

  3. Saki より:

    いつも記事をアップしていただきありがとうございます。
    こちらのサイトを拝見すると、ホッといたします。
    Mayuさまのおやさしい人柄が感じられます。
    皇后さまも、一般人では経験するこのできないような苦労をされたと思います。
    体型については、それはひどい言われかたをされていますが、
    皆さん、どんなにスマートで素敵な体型を維持されているのだろうと思います。
    Mayuさまのおっしゃる通り、少しふくよかなほうが健康的にはよいかもしれませんね。
    (と、最近ウエストが中年になってきた自分へのなぐさめも含め…)
    足はむくんでいたのでしょうか…。
    髪型も、皇后陛下になられてからは、アップにされ、以前のロングヘアよりは見栄えがよいのではないでしょうか。
    でも、一番お似合いになるのはショートボブではないかと思いました。

  4. やしま より:

    怒涛のような記事更新ですね。ありがとうございます。それぐらいこの期間にはいろんなことがギュッと詰まる皇室カレンダーだということで。以前はここに12月23日の天皇誕生日もありました。
    雅子様ですが、テレビでお誕生日放映の短い時間でも、立ち姿が揺ら揺ら揺れているのが明確に分かりました。体幹がお弱いのかな。短い時間でも直立不動というのが苦手、というのもこの方の弱点ですね。その点天皇陛下はすごい。この方の美点としては昔から「2時間直立不動で微動だにしない、ということができる」のだそうで、私にもこれは無理だわぁ~すごいわぁ~

    雅子様の美点としては、「お出ましがもともと少ない」「奇妙奇天烈な衣装をお召しにならない」「衣装の数もお帽子もそんなに数多く作らない」等々でしょうか。つまり「税金は余り費消しない」昨今だということで。(これ、やや皮肉なんですよ)
    愛子様子育て中は、「愛子様のために」だと、税金も頓珍漢な方向に結構使ってました。ディズニーランドは有名ですが、スケートリンク貸切(これは本当に全貸切)については、区民が文句言ってたなぁ~結局愛子様がどのぐらいスケートがお上手なのかは謎のままです。スキーの映像はよく出ていましたけどね。公務しないで静養は皆勤というところが、この方のアチャーなところだったんですが、コロナのおかげ?もあり最近はそれもなくなり、天皇家的には平穏な中で愛子様も成人を迎えられた、ということになるんじゃないでしょうか。

    天皇陛下が毎年さらにお背が縮んでいくのか、結婚当初は何とか同じくらいな背丈に見えていたのが、昨今では補正の仕様がなくなりましたね。雅子様が半歩下がっても、なお雅子様のほうがややお背が高いです。陛下の「お帽子」の様も、雅子様の位置からだとよく分かるんじゃないでしょうか。
    お背が低く、眉毛も麿眉を残すのみ、頭髪も本当はとても薄い現状をご存じでも、こうしてにこやかに話されている様子は、仲の良い中年夫婦で、我々見ている分にはほっとします。何となく無理して笑っているように見える秋篠のご夫妻、夫ぎみが高齢者特有の症状がお出になられているように見える上皇&常陸宮ご夫妻、「伴侶」が亡くなられている三笠系の妃殿下たちに比べれば、「幸せな中年カップル」と言えるのではないかと思います。

    それとは話別ですが、本日も鹿児島で震度5弱とか。全国あちこちで地震の話が飛び交っています。何とか無事に新しい年を迎えたいものです。天災・災害は本当に勘弁してもらいたい。その辺。どうか天皇家の皆様には祭祀をしっかりお願いしたいところです。

  5. まお より:

    mayuさん、こんにちは。更新ありがとうございます。

    雅子さま、白とゴールドのお召し物が多いですね。mayuさんご指摘の通り、靴は悲鳴を上げてそうですが(笑わせてもらいました)、お色目はよくお似合いになりますね。お部屋のお花の色目ともコーディネートされていて素敵です。愛子さまの成年式が無事終わられて安心された様子がうかがえますね。

    コロナで園遊会や宮中晩餐会など華やかな催しがなくなってしまい、本当寂しいです。。。あったのは眞子さん問題だけだったという皇室ウォッチャーとしてストレスのたまる日々でした。
    そんななか愛子さまの成年式はホッコリする話題でしたが、成年会見が3月に先送りされたのでちょっと物足りない気はしました。そういえば3月中旬に行う理由を宮内庁は学業優先としていたと思いますが、一月下旬には大学のレポートや試験が終わってるはずだからでしょうか。新潮だかの記事でまた秋篠宮家のせいになってましたね。。。一月は行事が多い、二月は悠仁さま受験と圭の試験で騒がしくなると思われる。プラス天皇陛下の誕生日があるので、それらが落ち着く三月中旬なんだろう、と言う話だったと思います。

    オミクロン株はまだよく分からない怖さがありますが、とはいえ東京でも感染者数が激減しているので、皇室も少しずつ平時に戻していただけるとうれしいですね。

    >狗児さん

    ご意見同意です。
    何か問題があればもちろん意見や批判をすることはありだと思います。皇族も私たちも人間で、いろんな気持ちがありますから。ただ廃太子や離脱となるとそれは行き過ぎですよね。私も公平な目を持っていたいです。

    >三島さん

    本題と全く関係ないところですが、雅子さまのお母様はどちらかというと小柄で華奢な方だと思いますよ。

  6. 三島 より:

    雅子さんのお母さんが大柄な人で体型は母親譲りですね。
    眉毛の頭を少し薄く描いてみればいいのではないかと思いますが?
    精神的に不調なのは本心に逆らって無理が生じているのか?
    愛子さんの事、祖父の事、母親の親族がPTSDを煩い自殺
    している事、はたまた何なのか。心配です。。。

    タイトル:〔KK問題おさらい〕外務省に8億円の融資してもらう〔A宮家〕
    2021年12月7日放送の篠原常一郎氏のYou tube動画での中では、
    令和3年度の謎の8億円外務省が補正予算案を組むという話をしていて、篠原氏は
    この外務省の補正予算案の項目はカムフラージュの可能性が強いと見ています。
     動画の中でKK(小室親子)問題とか、M子内親王(眞子)とか、AM家(秋篠宮)
    と動画で言っている理由は、AI(人口知能ロボット)に拾われて動画を削除されない
    ためだとの事。
    ユーチューブでは、都合の悪い動画は削除されると言う話は有名で、何人かのブログで
    削除の話を書いてました。
    篠原氏は、KK問題等は全部裏取りをした上での証拠なので私は黙りません!
    命を狙われる?誰に?隣国ではないし、その心配もしていませんと動画で話してます。
    億単位の賄賂を積まれて黙らされない可能性が全くないわけではないけど正義感を
    まっとうされる事を節に願っています。
    匿名なしで法に持ち込んだり、暴露話が出来るのは篠原さんだけなので非常に貴重です。

    それから、篠原さんはワクチン接種はしていないそうです。
    コロナの話を動画ですれば削除されてしまうとの事。
    コロナは茶番だという事をニュアンスから読み取れました。
    コロナの目的は増えすぎた人口を削除するためがひとつ。
    私が若い頃は40億台だった人口が今では倍に増えてます。
    このままゆけば地球が爆発する、食糧危機というのが人口削減の理由の一つのようですが、
    所詮は悪魔が裏で、光(善)の使いに変装して仕組んでいる事で、人口爆発や食料
    危機に対して良い解決策はあろうものを。
    けど、日本は奇跡が起きていてワクチン副反応も死者も世界に比べると少ないそうですが、
    まだまだ茶番は続き目的に到達するまでワクチンを接種させられます!
    多くの国民が茶番説に目覚めるべきです!

    篠原氏の略歴
    7月生まれの現在60才
    母子家庭に育つ
    立教大学卒
    ジャーナリストであり、もと共産党議員の秘書をしていた事もあって政治関係には
    素人ではなさそう。
    KK問題で米国や警察官等の協力者がいるようです。

  7. 狗児 より:

    mayuさん

    記事更新ありがとうございます。
    雅子さま、ゴールドのお召し物、よくお似合いになります。お顔も血色良く、ご体調も良いように思います。髪型も綺麗にまとまってますしね。愛子さまが無事に成人を迎えられて、ほっとされたのかなぁ、と思いました。
    ただ、愛子さまと一緒に歯列矯正なさったら良かったのに(-_-;)と要らんことを考えてしまいました。

    秋篠宮家ご長女のご結婚問題以来、シーソーのように、天皇ご一家がやたらと持ち上げられるのが少々気持ち悪いです。前の記事のコメントで、やしまさんがお書きになっていたように一時は「廃太子」を唱える人までいたことはすっかり忘れられて、今では秋篠宮家は全員で皇籍離脱しろ、なんて言っている人がいますよね。本当に極端な手のひら返しで呆れます。

    しかし、皇族といえど生身の人間でいらっしゃる訳ですから、人間的弱さも欠点もあり、物事がトントン拍子に進む時もあれば、不調な時もある、特に子育てなんて、親が幾ら良かれと思ってやったことでも裏目にでる事がありますしね。
    私は一皇室ファンとして、冷静で公平な目を持っていたいと思います。

  8. マグノリア より:

    おはようございます。
    報道ではオミクロン、給付金、北京オリンピック関連や前澤さんの宇宙の話題が前面にあり、すっかり皇后陛下のお誕生日を失念していました。
    考えれば、天皇家は皆冬のお誕生日ですね。
    内廷まで広げても冬のお誕生日の方が多く、秋篠宮家は秋のお誕生日の方が多く見られます。
    皇室の身位が上の方は、9月~2月に集中されていますね。

    皇后陛下はゴールドがお好きですね。
    確かに靴は少々気になるところですが、日本人特有のO脚ではなくおみ足がとてもきれいですし、眉毛もご立派です。
    文書での感想も想定内、宮内庁医師団見解(以前は東宮職医師団でしたが、今は宮内庁になりましたね)も想定内の内容ですね。

タイトルとURLをコピーしました