小室眞子さん 結婚から7日 1人で里帰りしました。

小室眞子さん

眞子さんが1人でタクシーに乗って秋篠宮邸を訪問、7時間以上秋篠宮邸に滞在したそうです。コメントで紹介されたTBSニュースの記事では荷物の整理に来たとのことです。良い方に解釈すれば、渡米してしまうと帰国もなかなか難しいので滞在中に荷物の整理をしに来た、との事になりますが。

夜逃げで体一つでの駆け落ち結婚でもない、小室圭氏帰国後2週間の隔離期間で充分に荷物の整理が出来たと思うんですがねぇ。夫の小室圭氏の弁護士試験不合格で、今後の生活をどうしようかと秋篠宮ご夫妻に相談に来たのではないか?と推測したくなります。

あるいは7日間の主婦業で息抜きをしたくなった。今の所、買い物も自由に出来ないし、当然2人であちこち遊びに行くことも出来ない、試験に落ちた鈍感力に長けた小室圭氏とマンションで2人が窮屈になったとか。いろいろと想像逞しくなっちゃうんですよ。

昔はお見合い結婚が主流でした。母が「昔から親孝行息子とは結婚するものではない」と言っていました。

お見合い話を持ってくる世話好きなおばさんたちが、いかにも「親孝行な息子さんで、とっても優しいんですよ」の言葉は褒めているようだけど、半面、母親と嫁が結婚しても母親の味方になる、今でいうマザコンもどきで嫁としては辛い状況になるという事でした。

小室圭氏はとーーっても親思いの孝行息子ですよ。ウチの息子は親離れが早くて冷たいところがあるので、私が圭与さんのようなことをやらかしたら、「母親が恥ずかしい、縁を切りたい」と言いそうです。

3年以上もパソコン画面越しにしか会わなくて、その間になーーんとなく小室圭氏も変わっていく。2日、3日と24時間一緒に過ごしていると嫌な面も出てくる。主婦業は同じことの繰り返しだし、昼になれば腹減った、あっという間に夜になり腹減った、ホント面倒くさいものです。

結婚がゴールではなく、結婚から始まる結婚生活。
果たして眞子さんはどこまで忍耐できるのかな。

皇族としては類例を見ない結婚をしたのだから、
元皇族として初の離婚をしても良いと思ってます。



小室眞子さんがタクシーで“お里帰り” 結婚から7日、初めて赤坂御用地を訪問7時間

秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30)が2日、結婚後初めて秋篠宮邸のある東京港区の赤坂御用地を訪問した。先月26日の結婚から7日の“お里帰り”となった。眞子さんは午前9時過ぎに東京・渋谷区のマンションからタクシーで外出。午後4時半過ぎに御用地を出るまで7時間以上の滞在となった。その後、18時45分ごろ渋谷区内の自宅マンションにタクシーで帰路に就いた。黄色いカバンを持った眞子さんは終始うつむき加減だった。眞子さんの新婚生活をめぐっては、この7日間で大きな動きがあった。先月29日に、小室圭さんが受験した米ニューヨーク州の弁護士試験の結果が不合格だったことが判明。ニューヨークでの生活へ向け、収入面などへの心配の声も各方面で報じられた。
記事・画像出典 https://news.yahoo.co.jp/articles/100cc54daa747c642aa7acce62b32ff3197767d6

秋篠宮家の長女・小室眞子さんが、結婚後初めて秋篠宮邸がある東京・港区の赤坂御用地を訪れています。眞子さんはきょう午前9時すぎ、東京・渋谷区のマンションからひとりで、タクシーで赤坂御用地に向かいました。関係者によりますと、眞子さんは荷物の整理に来たということです。先月26日以来、一週間ぶりに家族との時間を過ごしているものとみられます。記事出典 TBSニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/1f2cec19d3e04828fe3fc9c300efa0dc6e55db65



コメント

  1. 月の砂 より:

    mayuさん
    うるさくすみません。
    思い出した事があります。
    kkがフォーダム大学に入っている時によく夕方携帯で話しているのを見て
    友達が聞いたら連絡取らないと怒られるんだよと言っていたそうです。
    今思えば連絡がないと怒る方は眞子さんだったようです。
    時差などから言って当たっているでしょうか。

    ここで
    夕方で➡携帯の絵文字を入れてしまいました。

  2. 読者A より:

    みなさん、こんばんは。

    結婚後の眞子さんが外出される時の姿を見ると、「元皇族」のオーラのカケラもありません。
    ですが、眞子さんにすれば「品位を保つためという名目の一時金を辞退したんだからそんなの気を遣う筋合いもないでしょ」ということでしょう。

    お金もらってませんから保てませーん、と言われればそれまでかもしれません。

    つくづく残念な方です。

  3. やしま より:

    今回の眞子さんを見て、思わず「貞子みたい・・」と思ってしまいました。クワバラクワバラ。
    くら~~~いです。新婚1週間ですよ?一番ルンルンしているころなんです本当は。でもそんなカケラもない。結婚して初めての大げんかをしたかもしれませんね。それで思わず飛び出してきた。今回の名目は何とでもつきます。でもこんなことを繰り返していたら、もう言い訳はききません。こんな感じでは、圭はニューヨークに一足先に帰ったら、今度は眞子さんのスカイプにも出ないかもしれませんね。「勉強と仕事の両立でそれどころじゃない!」と言われれば、眞子さんもどうしようもない。

    ・・・そして、お一人でどうするんでしょうか。ひたすらニューヨーク移動の手続を進めるのでしょうか?そもそもこの方は、そういう手続やしたくを一人でできるんでしょうか?今までは全部周囲がやってくれて、本人は指示に従って動けばいいだけだったかもしれないのです。
    画像が残っている島津貴子さん、そしてごく最近の守谷絢子さん、2人からは「幸せ」のオーラが出ていました。当時絢子さんのドレスを見て、やれネグリジェみたいだの、子供っぽいだの揶揄した方も他ブログにはいましたが、あの慶事は我々の心を本当にほっこりさせました。嬉しい出来事であり、非常に皇室的だった。
    眞子さんに関しては、目を覆いたくなります。写真の眞子さんはとても投げやりです。そして服装も中途半端にセーターをたくし上げ、髪はざんばら。バッグは投げやりにドンと座席に置かれ。。

    1週間前までは「内親王殿下」と呼ばれていた人とは、とても思えないし、新婚とも思えない、不幸のズンドコのようなお写真です。

    • バンビ より:

      やしまさん

      バンビです!
      前の記事でいただいたコメントに
      返信させていただきました!

      遅くなりまして申し訳ありません!

  4. 月の砂 より:

    mayuさん 
    またコメントして失礼致します。

    眞子さんの結婚一週間の冴えない顔をみて夫である㏍が試験に落ちたのは
    勿論原因となるでしょうが、
    一番原因として考えられるのは「永すぎた春」でないですか。
    もう結婚へ進むことで勢力を使い果たしその先の結婚生活の始まりに
    かける力が無くなったのではないでしょうか。
    離婚するんだったら早い方がいいです。

  5. ジマ より:

    mayuさん
    こんにちは。
    もう里帰りとは。黒田清子さんはご結婚後3週間たってからだったそうです。
    mayuさんのおっしゃるように、荷物整理は口実で、今後の相談、息抜きのためではないでしょうか。
    それにしても会見であれだけのことをおっしゃったのです。もっと毅然と二人で独立して生きていくのかと思い、それでいいかと思いましたが、眞子さんの結婚後のお顔はいつも暗く、さらに今回の不合格が輪をかけているのでしょう。
    不合格と言えばミーハーながら法学部出身の私は最初から危ぶんでいました。
    検事や弁護士になった級友達は、私と違い在学中から全て投げ打ち、真摯に司法試験に取り組んでいました。それに比べ小室氏はあまりに安易な気が。
    日本の司法試験よりはるかに簡単とはいえ、メディアが合格間違いなしというようものではありません。日本で法学部を卒業せず、フォーダム大の1年目もJDコースをパスしている彼は、法学の基礎、リーガルマインドが身に付いていないのだと思います。
    現状では2月の試験も覚束ないのでは。
    更に金銭問題への対応、28ページ文書を見ても法律家としての適性が感じられません。
    つまり職業選択を誤ったかもしれず、将来が危ぶまれます。
    眞子さんもやっと現実が見えてきたところなのかもしれませんが、もう意地は張らず、方向転換の決断は早い方が良いのではないでしょうか。

  6. 月の砂 より:

    mayuさん
    眞子さんのお里帰り日本国民に複雑な思いを抱かせましたね。

    私が結婚したころは初めての里帰りというと着物を着て意義を正して
    行ったような気がします。
    あまり昔で確かな事は忘れてしまいましたが(笑)
    私は今回㏍が試験に落ちた事でk夫妻が子供は試験に受かってからに
    しましょうと妊娠と言う事がないようにして貰いたいです。
    眞子さんも結婚生活と言う物を一週間経験して結婚に失望を持ったのかとも思います。
    自由が欲しくてこの結婚に夢中になったでしょうが自由にはとても重い責任が伴う事に目覚めて欲しいです。

  7. やしま より:

    >バンビさん

    いつも大変だなぁ~と思って読ませていただいています。バンビさんはおひとり暮らしなんでしょうか?(ご家族がいるとしたらすみません)もしお一人だとしたら、そろそろご自分自身の老後を真剣に考えたほうがよろしい時期が近づいてきているかもしれません。毎週、あなたが親元に行くと、先方は「来るのが当然」と思い、さらには「こちらに来ることによって何らかの利益があるのだろう」とまで思ってしまいがちです。あなたがどんなに苦労なさっておられても、親ごさんがそれを察しているふうには読めずにいます。あなたがお気の毒です。
    毎週行かれているとのことですが、そろそろご自分の時間を大切になさる時期ではないでしょうか。とりあえず月2回にしてみては?何か言われたら、「体調がよくない」でいいと思います。本当に困ったら、同居の弟さん夫婦が何とかしてくれるはず、と、そう思って割り切られてもいい時期に来ているのではないかと思いながら読ませていただきました。

    • やしま より:

      すみません!
      バンビさんの返信欄に書いたつもりが、トップの単独コメントになってしまいました。
      またmayuさんの記事については、改めて書かせていただきたいと思います。m(_ _)m

    • バンビ より:

      やしまさん

      温かいコメントありがとうございます。
      すっかり返信が遅くなってしまいました。

      私も毎週末はやめようかと思うように
      なりました。

      なんだか情で深入りしてる自分を
      感じたりするんです。

      もういまや両親は完全に私を当てにして
      インフルエンザの予防接種も
      私が連れて行くと思ってます

      私は実家で放っておかれて
      惨めな感じの両親が哀れに思ってしまうんです。

      でも冷静に考えてまだ母は掃除も洗濯も
      かろうじて出来るし
      父も歩いたり日常はなんとか過ごせるから
      私が毎週行く必要はないんです。

      なので月2回程度にしようと
      思いました。

      今日、地元の友人が
      夫と別居して実家のお母様と暮らす事に
      したと、話してくれて。
      彼女はずーっと夫と不仲の日々で
      実家に通ってお母様をフォローしていたので、親のフォローの話を共有していました。で、今日私の話をして
      しばらく月2回くらいでいいんじゃないか?って話になって
      あとは何か起きたらその時考える!に
      しようと。

      まだまだ、気持ちとかしんどいのですが
      少し自分を中心にしてみます。

      アドバイス本当にありがとうございました!
      mayuさんにもこのような場所をいただいて
      本当に感謝です。

  8. まお より:

    mayuさん、おはようございます。
    眞子さん、ホント早い里帰りですね。

    上皇后ではないですが、宮家の邸宅と比べれば狭くて息が詰まるのではないでしょうかね。せっかくいい場所だけど自由に買い物に出かけたりもできずやることなくて退屈だったのでは。

    あと圭はリモートでの仕事(しかも時差つき)もあるはずなので、おしゃべりしたい眞子さんと喧嘩になるのかもしれませんね。想像ですけど(^^;)。成田離婚(古い?)になるかも?!。

    出発まであと一週間くらいでしょうか。日本も静かになるかな。

    • アール より:

      まおさん
      こんにちは

      私もそう思いました。
      やっと結婚したけど、
      なんか思っていたのと違う!っていう感じですかね。
      真子さん、ああ見えて短気で癇癪持ちみたいな気がします。

      3年間も直接会わずにいた人と
      再会後、数時間だけの対面、会話(抱擁等あったかもしれませんが)で、いきなり同居生活ですから、ストレス感じると思います。

      小室氏も正直ウザイと思ってるかも。NYで気楽に暮らしてたのに、日本に帰ってきたら、ずーっと監視&監禁状態に近いですから。

      真子さん、結婚したら堂々と振る舞うかと思っていましたが、まともに顔もあげられない状態。
      あの会見の勢いは何処へ行っちゃったんでしょうね。

  9. マグノリア より:

    おはようございます。
    前項より、天皇皇后両陛下マスクリモート公務は緊急事態宣言も解除され今のところ感染者も減少傾向なのでお考えになる時期でしょう。
    「ご尊顔を拝する」という言葉もあります。
    あんなに大きなお部屋で少人数、除菌対策も万全だと思います。
    東京オリンピック金メダリストも紫綬褒章をいただきましたが、天皇陛下との面会は今年も見送りだそうですね。残念です。
    アクリル板バンバン並べて、それこそご尊顔を拝し奉り、健闘をたたえることも大切だと思いますが。

    小室眞子さんはほとんどオーラがなくなり、どんどん庶民化されていますね。
    見られている意識がなく、ヘアスタイルも疑問ですがバッグの置き方も無造作です。(わっ、小姑みたいな私(笑笑))
    でも、タクシーに一人で乗ると言ってもSP付です。
    おそらくタクシーも自分で予約はしていないでしょう。
    それに主婦のテーマの家事、炊事洗濯掃除、何一つできないでしょう。(宮内庁職員がやっているようですものね。)
    何十年か前、皇族は服は脱ぎっぱなし、なぜならお世話する人のお仕事がなくなってしまうから、と聞いたことがあります。
    天皇陛下も留学中に洗濯したエピソードがよく語られていますね。
    眞子夫人もまずは家事全般を今は学ぶことが必要なのではないでしょうか。
    加えて「お金」というものを学習されることを希望します。
    そして今回のお里帰り、荷物整理とのことですが、一般の平民がやるべき日常があるわけではなく、婚姻届を出すまでにたっぷりお時間があったことと思いますので、なぜその時間を有効活用できなかったのでしょうか?

    何でもかんでも美談化される皇室について、世間は堪忍袋の緒が切れているのです。

  10. アール より:

    mayuさん

    こんばんは。

    小室夫妻の1ヶ月の警備費用 2000万円なんだそうですね。
    (警察による警備)
    小室氏の年収(予定)と同じ金額の税金が1ヶ月で消費されていくのですね。

    眞子さんって、お金がかかるとか、忖度というものが本当にわからないのでしょうね。お父様もわからないでしょうね。
    「お願いします」と言ったら勝手に周りが準備してくれたことです。

    奥野弁護士事務所所長さんは、引き続き小室氏をサポートするそうですが、
    このお金は貸与でしたよね。
    名誉のためにも借金はしないほうがいいですよね。
    これが贈与だとすれば、贈与税が発生するはずですよね。

    いつまでもこんな感じが続くなぁ・・・・。

    秋篠宮さまのお誕生日会見では、小室夫妻は一般人なのでそっとしておいてほしい
    なんていうコメントが出そうな気がします。
    宮内庁からは・・・もう一般人なので言うことは無いでしょうか。

    先日の不合格発表は、広報がいないから奥野さんが代わりにされたのかしら。
    広報担当がいないとドンドンいろんな事を報道されそうですが、必要なら御自分達で雇うようにしてほしいですね。
    というか、弁護士になるくらいの知識があり、頭が回り、口がたつであろう小室氏が回答できそうですが?

    アメリカにいつ行くのでしょう。
    小室母も職を失ってどうやって生活しているのでしょうね。
    (小室家って、無職ばっかり?かろうじて、圭氏は事務員ですが)

    それまでに眞子さん妊娠してしまうかも・・・。
    そのため渡米せず、そのまま赤坂御用地に住まうなんて、よして欲しいですね。

  11. 白雪山羊 より:

    mayuさん、こちらも更新有難うございます。

    お里帰りで7時間…と報道されて嫌だな~と思っているかな?でも、結婚されても
    そういうお立場なんですよ。
    心の底から自由なんて、一般人にもありません…なんて
    思ってしまいます。
    無理しなくてもいいんじゃないんですかね…

    話変わって、我が家の父親は結構親不孝かも知れません。で、そういう場合は娘(私)が聞きたくもない、昔話(愚痴)を聞かされたりして、たまに大変です…どんな家も色々ありますね(^^;

  12. tartotu より:

    更新ありがとうございます。
    私は「もう離婚したい、どうしよう」の泣き言を言いに来たと思いたいですよ、もはや。「試験落ちた、事務所のあてもないからなんとかして」だったら頭に来ますが。あのハグはなんだったのか。大体引っ越しもあったし、荷物なんてNY用でも都内用でもある程度断捨離してると思うんです。

    気にかかるのは会見以降、車の中の眞子さんが一般人とはいえ髪を下ろしカジュアル化が進んでいることです。そりゃ宮様だった時のようにメイクやシニヨンをやってくれるスタイリストもいないでしょうが部屋着がすすんでいるような。佳子さまは器用で自分で研究熱心に編み込みなどやりそうですが、どうも眞子さんは生き方も何も不器用そう。
    サーヤもセーター姿ってありましたっけ?初期KKが白セーターで宮邸に向かい、叩かれたことを思い出します。眞子さんもカヨ化でぴったりワンピになるんですかね。

    • アール より:

      tartotuさん
      こんばんは

      眞子さん、元々はカジュアルな服装がお好きだと思います。
      箱根旅行の格好とか、出勤の服装等。

      週刊誌で読んだ記事ですが、
      清子さんも独身の頃、(30歳くらいの頃でしょう)ご自宅ではTシャツにジーンズの色気の無いラフな格好なので美智子様が「この子ったら、いつまでもこんな感じなのよ」と御友人にこぼされていたというのがありました。

      先日の川嶋氏のお見舞い、佳子様もボーダーのトップスでした。
      ネットに写真が出ていましたが、やはり眞子さん痩せたと思います。
      お腹がペタンとしていましたよ。
      引きこもり続きでやけ食いしないと良いですけど。

      あと、皇室は御料牧場の極上の厳選された食材を使い、栄養バランスを管理して調理したものを宮様方にお出ししていると聞きます。
      お手入れや化粧品もありますが、皆様、肌が綺麗なのは食事だと思います。
      これからの眞子さんの肌に出てくると思います。生活環境が。

  13. バンビ より:

    mayuさん

    こんばんは!更新ありがとうございます!
    眞子さん、もう里帰りですか〜

    駆け落ち婚だの言われてますが
    単純に儀式をやらない結婚、ってだけの話で他の皇室行事(父、弟の即位)は
    シレッと普通に参加するような気がします。

    弁護士資格が取れなかったら
    涼しい顔して国連機関ででも職を得るんじゃないですかね。
    ロイヤルパワーで。

    本当に人生の大半を他人にたかって
    生きていくのも才能(皮肉)ですかね

    この前の記事でmayuさんが
    おっしゃっていた子供との同居は
    いい話を聞かないみたいなことでしたが
    まさに、我が両親と弟家族!

    両親は私達が小さい頃から弟をあととりだからだのなんだのと溺愛してきましたが
    いまや老いた両親をお荷物扱い
    ろくに口もききません。
    我が家の話でお恥ずかしいですが
    mayuさんのブログで、みなさまが
    それぞれご苦労されていることを
    知り、私も語らせていただいて
    癒していただいてます。
    今日はまた、父の定期通院の付き添いで
    仕事休んで実家へ迎えに行き
    母が前からゴミの分別が難しくてできないからゴミが気になり食べたいものが食べられないなんていうので、ゴミ箱買って行ったのですが、母のなんの感謝の気持ちもないわがままな振る舞いにキレてしまいました。
    ゴミ箱は渡してきませんでした。
    押し入れの整理も出来ないと嘆いてるので
    夏の間冬の掛け布団預かっていたのですが
    先日寒いから持ってきて欲しいと言うので持っていったのですが、暑いからいまはかけないよ、といいまして。
    まあ、その時々で思った事を口に出す。
    昔からそうなんです。
    で、なんか今日は久しぶりにウンザリな気持ちになりました。
    毎週日曜日、お惣菜作って、日用品の不足を持って行って、トイレを掃除して帰ってくる私の負担とか思い及ばずなんでしょう。毎月の通院の付き添いも仕事休んで私がいくのが当たり前。みたいな。
    なんとなく弟達に大切にされていない
    両親が可哀想で頑張って毎週末通うのですが。ちょい疲れました。
    独りよがりなんですかね。

    両親も弟家族と同居なんて最初から
    当たり前みたいに思ってましたけど
    むずかしいのじゃないかと
    若い頃から私は思ってました。
    絶対無理なんですよね。
    うちは特に母は我の強い人だから。
    思ってたとおり
    それ以上に情け無い家族になりました。

    まあ家計の事とかあっていまさら
    別居はできないけど、本当に親との同居は
    避けるべきです。

    眞子さん達は佳代さん暮らすのですかね。
    まあ、嫁姑だけはロイヤルも関係ないのだから、眞子さんも苦労を味わうといいです。
    自由を手にいれたければ相応の苦労も
    覚悟が必要です。

    いつも自分の事をツラツラ綴ってしまい
    すみません!
    今日両親にキレたときにこのブログを
    すぐに思い出しました!

    また、距離と時間おいて両親には
    優しくしたいです。

タイトルとURLをコピーしました