美智子さま 隔離生活でコロナストレスで体調不良が続く

上皇上皇后陛下

新型コロナ感染拡大になって約1年近くになってから、数か月に1回はこうして女性誌に美智子さまのコロナストレスが書かれるようになりました。夕方になると原因不明の微熱が出てくる、皇居に比べると仮仙洞御所が狭い、今回はご丁寧に「代わればえしない景色」と付け加えられました。

早く東宮御所に引っ越ししたくてたまらないのでしょうね。「欲」というものは、これで満足にならない、次から次へと欲が出て、それが「強いお気持ち」で簡単に叶ってしまう立場なので、キリがないようです。 ところが、その欲も中国武漢ウィルスには勝てず、思い通りの「引退後の生活」にはならなかったようで、こうしてグチグチと美智子さま御用達の女性セブンに書かせているのか?  セブンが気にかけて書いてやっているのか。

「書けば書くほど贅沢な悩み」だと気付かない所が、庶民感覚とズレまくっているのでした。 秋篠宮家、眞子さんも同じ、庶民感覚とは相当ズレているのが分かります。

新型コロナウイルスの感染拡大で“ステイホーム”が求められるいま、上皇上皇后両陛下も仙洞仮御所(東京・港区)でのおこもり生活が続く。「美智子さまはいま、長年のご趣味であるピアノを思うように弾けない状態だと聞きます。指がこわばって思うように動かず、さらに、背筋を伸ばすと首や肩が痛くなるため長時間座ることもできないそうです」(皇室ジャーナリスト)1月上旬、緊急事態宣言が発出されたことも相まって「隔絶生活」はさらに進んでいるという。

美智子さまの体調不良の主な原因

●御所には最低限の宮内庁職員の出入りしかないので、人との会話も極端に減っている。

●美智子さまは昨年末にはパソコンを使い、皇族方とリモートでお話をされたこともあったが
機械が苦手で機会も頻繁ではなかった。

●美智子さまは年が明けても変わらず、夕方になると原因不明の微熱に悩まされる状態が続いている。

●例年なら1月下旬から2月上旬にかけては葉山御用邸で静養されるが、新型コロナの影響で中止。
●誰とも会えず、心身を整える機会であったご静養にも行けない。さらに、体は思うように動かない。

●日々の運動は御所の庭を散策される程度。

かつて住まわれていた皇居に比べるとはるかに狭く、景色も代わり映えしない。
そうした環境が、またさらにご夫妻のお体に無理を生じさせている。



さらに心配なのが「手の指のこわばり」

女性は男性に比べて関節が弱く、変形しやすい。にもかかわらず、細かな家事をすることが多く、年を経るごとに影響が出やすいと考えられる。体の不調に、ストレスフルな自粛生活が拍車をかける。

手との指のこわばりは高齢になると多くなり、女性は家事もすることが多いので関節痛に悩む高齢者も多くなりますが、美智子さまは家事炊事、一切やらなくて良いので庶民の高齢女性より、はるかに楽な生活をしているのですが。指がこわばってピアノが弾けない、これはストレスかもしれません。

私も美智子さまと同じ病気、頸椎神経根症で肩、腕が痛くてピアノを弾くことがめっきり少なくなりました。弾いても3曲くらい弾くと肩甲骨から肩、腕が痛いんです。でも、新型コロナ以前は、美智子さまは元気にピアノは弾いていましたよねぇ。私の方が重症な気がしてきました。

それでもリハビリだと思いながら、家事炊事しています。

あれこれ書いていますが、結局美智子さまのストレスは、眞子さんの結婚問題での心配と、認知症が進んできた上皇陛下の心配と、美智子さまレベルで狭い仮仙洞御所住まい、新型コロナで行動が制限され籠の鳥状態になっている事でしょうか。  現役中よくやられていた「お忍び」で感染対策を充分に取ってお出かけしたら良いのに・・・

天皇陛下のズボンの膨らみ

この画像だとよく分かります。右側ポケットが異様に膨らんでいます。左側も若干膨らんでいるように見えます。ズボンのポケットに何か入れているのでしょうか。うちの旦那は買い物など出掛ける時は、春、秋はジャケットとズボンですが、大概の物はジャケットの内側ポケットに入れて納まるようです。よく分からない画像でした。

他に女性セブンは眞子さんと小室Kの事に絡めた、天皇皇后夫妻雅子のことも書かれていました。眞子さんと小室Kが結婚したら・・・の仮定の記事で、小室圭さんとは一生会わない、どころか結婚されるのは嫌なのですが。



コメント

  1. ミラージュ より:

    mayuさん、イリスさんこんにちは。お気遣い頂きましてありがとうございます。
    お陰さまで手術は無事におわりました。が、普通翌日には一般病室に戻れるのですが、麻酔の後遺症で頭が痛いし、気持ち悪いしで、戻るのが一日遅れてしまいました。
    ひ弱な人間ではないので翌日も回復しないなんて、全くの想定外でした。女性には良くあることらしいです。
    今朝はだいぶ良くなってきまして、こうしてmayuさんのブログをじっくり読んだところです。
    病室の窓から綺麗に冠雪した富士山を見たせいで気分も上がってきたようです。

    美智子様、贅沢な悩みを記事にして貰って又脚光を浴びると思っていらっしゃるのでしょうかね?
    広い広い御所にお住まいで、一切の家事をしなくて良くて、それでピアノが引けないのがお辛い?
    家事全般こなし老親の世話や介護もして尚且つ仕事もしていて、3LDKのマンション暮らしなんていう一般庶民がなんて思うか。。
    国民に寄り添うのはお止めになられたのかしら?
    シロガネさんの、喜久子様の夢枕。あるかもしれません。
    旧吹上げ御所には香淳様の御霊が宿っていそうで避けられたけど高輪に迄は思い至らなかったようです。
    それと、那須ですが、葉山の御用邸でさえ不便だからと却下されたはずなので、那須なんてとんでもございませんっ! でしょう。
    東京の社交界でいつまでもチヤホヤされていたかったんじゃないでしょうかね。
    コロナのせいでその夢が露と消えてしまいました。

    文春の佳代さん略歴。皇室ウォッチャーは殆ど知っていることばかりでした。
    短大卒業後から結婚するまで何をしていたかが全く出てこないです。そもそも本当に短卒なのか?という疑惑もありますね。
    いくら佳代さんが悪事を働いていたとしても、息子には関係無いと擁護する輩はいるでしょうから、内定者自身の経歴をもっと明らかにすべきではと思います。最大の疑惑は銀行在籍年数。本当に2年在籍したのか?もし2年未満であったなら、一橋院の入学資格を満たさないのですから芋づる式に色んな不明点が浮かび上がってきます。
    それと、眞子さんエジンバラ留学後のヨーロッパ周遊旅行に内定者が同伴したかどうかも検証して欲しいです。私はいくらなんでもそれは無いと思っているのですが、5ch辺りでは根強く言われています。万が一事実だとしたら、眞子さんだけでなく、秋篠宮家も終わりです。
    事実が判明したら書けないかもしれませんが、文春砲を期待したいです。

    イリスさん、藝大入試要領、凄いですね。
    受験生の皆さんには落ちたからといって人生が終わる訳じゃない、明るく人生の方向転換を考えて欲しいと思います。昔、森瑶子さんという藝大出身の作家が、藝大出ても下手くそな歌手のバックオケに入れればまだまし。。みたいなことを書かれていたことを思い出したので。

    佳代さんが息子のバイオリンの才能に限界を感じたのはいつ頃だったのかしら?
    逆玉狙いに方向転換したのが悲劇の始まりかもしれません。

    • やしま より:

      手術されて早速のコメント!
      ひたすら嬉しいです。ミラージュさん、術後で厳しい状況のところ、書いていただきありがとうございました。ちょっと安心させていただきました。あとは、一日も早い完全復帰をと、心から祈ります。

      文春に書いてあることは大抵知っていたことですが、短大卒は私もどうなのか?と思います。サガジョの高卒アルバムには圭与さんの写真が掲載されているので、そこまでは確かでしょうが、この方のその後結婚するまでが非常に謎なんですよね。

      あとヨーロッパ周遊のお供。その問題の旅に眞子さんの友人が一緒という記事は、ネットの掲示板ではなく、記事としてどこかで読みました。その当時はまだKの話が出る前だったのです。今は多くの人がその友人=Kだと決めつけていて、それは噂でしょうが、一人で旅したわけではなさそう。
      そして眞子さんには許されたその旅は、佳子様にはご両親のお許しが出なかった、というところも、この噂にあの男の影をちらつかせる結果となっているような気がします。

    • mayu より:

      ミラージュさん

      無事に手術を終えて良かったです(^^)

      全身麻酔の後遺症に頭痛がある事は、私も全身麻酔で抜歯したので
      聞いていましたが、てき面に出てしまったようですね。
      私はひ弱なのですが、3時間の麻酔でも全く後遺症が出なかったので
      こればかりは体質なのでしょうか。
      でも早々に長文を打てるとは回復力が凄いですねぇ。
      あまり無理せず治療、療養してください。

      美智子さま、贅沢に慣れきってしまった生活から
      まさかの新型コロナでお出かけも出来ず、認知症が進んだ上皇陛下を相手に
      なかなか思い通りの生活が出来なくて、ストレスが溜まっているんでしょうね。
      庶民の生活など気にならない、自分中心で自愛の人ですから(苦笑)

      銀行在年数は、竹田さんが2か月と言っていましたが、週刊誌では
      約2年とか、はっきりしません。英語の論文の経歴には 銀行員と書いて
      法律事務所とは書きませんでしたよね。小賢しい人です。
      ヨーロッパ旅行も職員として同伴したのか? ネットの噂なのか、
      流石に事実だとしても書けないでしょうね。
      週刊文春も芸能人の不倫報道より、小室Kを徹底的に調べ上げる方が
      良いと思うのですが・・・やっていても表に出せないのかなぁ。

  2. 木の葉 より:

     mayuさん、ぐち愚痴M子様の話、大変興味深かったです。

     広い家で暮らしたければ、そのまま皇居内にとどまれば良かったのに、息子一家との同居はお嫌だったのですかね。日本一広い敷地内、顔を合わせずに暮らせたでしょうに。自分が次男の家を取り上げるから、一時的に高輪住まいをしなくてはならず、シロガネさんが仰る通り、高松宮妃が毎夜枕元に立たれているのかもしれませんね〜。国民の生霊も参加しましょうか?ふふふ~!

     朝の基礎体温と夕方の体温では、確実に後者の方が微熱ぽく高くなりがち。侍医達は何してるんだろう。手の強張りも年齢を重ねればそうなると聞いています。もしもリュウマチならば、やはり侍医は何してるんだろう?不思議〜!

     天皇陛下のズボンの写真、ビックリしました。座って立った途端なのか、物凄く硬めに織り上げた生地なのですかね?不可解〜!
     
     皇族は高貴で畏れ多くて、国民とは雲泥の差の品が有り、常に祭祀を大事にして伝統を大切にされる方々だと信じてきました。が、それをことごとく潰してくれる3人のM子様達。不愉快〜!
     
     話がガラリと変わりごめんなさい。天皇陛下と、総理総裁と、マスクを顎まで下げて国会議事堂内で居眠りする幹事長と、NYに逃げた日本一のお騒がせ青年。背比べしたら誰が1番高いんだろうか、謎のF4。知ってるどうなるものでも無いのに、この頃結構興味が湧いています。

     

    • mayu より:

      木の葉さん

      昭和天皇が暮らした吹上御所が近くにあるので、そこを改装したら良かったのに
      思い出の東宮御所に入りたいと言い出して、本来入るはずの秋篠宮家を
      入れなくしたツケが出てきたのかも。

      80代になってから、2回の引っ越しと改装費用を掛けて無駄なことを
      しているな~とつくづく思います。

      入院もしていないのに毎日朝晩、というか毎日体温測
      っている、
      後期高齢者も珍しいのでは。暇で過剰反応し過ぎかもしれません。
      他は出掛けられないストレスでしょうか。

      天皇陛下は昔からポケットがもこもこ膨らんでいて、一体何が
      入っているんだろう?と不思議なポケットなのです。

      天皇陛下、菅総理、二階、小室Kの身長比べ(笑)

      菅総理が一番高くて、次が小室K、次が二階、最後はやっぱり天皇陛下。
      こんなところでしょうか。

  3. イリス より:

    mayuさん、ご無沙汰いたしました。…ってどなたも待っていませんよという感じですよね(笑)。

    音大受験シーズンでバタバタとしています。藝だいは副科ピアノが受験科目から外されるという、異例の事態に。全国からの猛者の中でも、ピアノがネックの受験生をふるい落とすには一番と言われている科目なだけに、他の科目の競い合いがより過酷になります(ーー;)

    さて、mayuさんの記事や皆さまのコメントは、ずっと追いかけて拝読しておりました。mayuさんはジムやお買い物などアクティブで、さすが!

    ワクチンは、やはり様子を見ながら…ですよね。国民を実験台として先に…というのを、ご慈愛にスライドさせるところは、抜かりないですねf^_^;

    皇室の存在感やオーラ、有り難みといったものが、内閣しじりつのごとく見事に急降下していると感じます。どちらもひとえに、構成メンバーのためだと思いますが…。
    菅さんのモットーは、国民のために働く、でしたよね。皇室は、国民に寄り添うでしたっけ(笑)。見事に真逆の境地です。
    ピアノが弾けない、高輪が変わり映えしない、狭い、お出かけ出来ない…どこまでもワガママ・ゼイタクの極みですね(・_・;
    三大M子さん初代(笑)、安定のマイウェイです。

    ※ミラージュさん、今日からご入院でいらしたのですね。
    手術のご無事・ご成功をお祈りしています。そして、また切れ味鋭く小気味良いコメント、楽しみにお待ちしています(^。^)

    • mayu より:

      イリスさん

      大学受験シーズン真っ盛りですね。
      藝大は難易度が高い、くらいしか知りませんが
      例えば声楽科受験は声楽と副題がピアノで
      ピアノ受験科目が無くなったってことかしら。

      学校関係、学ぶことに縁遠くなり、今は生活習慣病改善の為に
      ジム通いで、目標は週に2回から3回です。
      これが今まで運動ゼロに近かったので、結構疲れます。
      買い物はグルメじゃないので、衣料品を買って憂さ晴らし、
      否、地元の商店に少しでもお金を落とそうかと・・( ゚Д゚)

      皇室という狭い世界の中で、自分が我が儘だと気が付かないで
      生活しているんでしょうねぇ。
      眞子さんも同じ、どんだけ強情なのか。

      ミラージュさんは入院されてどうなさっているかしら。

      • イリス より:

        mayuさん、ありがとうございます!
        ジムエピも、楽しみに拝読しています。筋力もついていらしたご様子、すごく良い感じですね(^。^)週2〜3はハードですが、週によって増減があっても大丈夫だと思います!
        お洋服は、気分が上がりますよね〜(笑)。お嬢さまとお孫さまと、楽しそうです♫商店街も潤ってwin-winですね。

        皇室のありがたみや敬愛の心は、三大M子さん方のおかげですっかりダウンしています。天皇陛下は頼りなく、眞子さんにも文書で利用されてしまう始末…。エリザベス女王陛下のように、悪役になられることも怯まない方の凄さ・覚悟を改めて思います。いつぞやのヘンリー&メーガンからの献花を2秒で拒否されたとか…スカッとしました(笑)。
        日本の皇室は、我関せずで悪者にならないように立ち回るだけ…。まさかの時に、人の本性は露呈しますね。
        悠仁さまが、本当に心配です(T_T)

        藝大入試は日本一長くて(笑)。声楽の場合ですと、1月の共通テストの後、2月末に一次(課題曲)、3月頭に二次(自由曲)、三次(新曲視唱・リズム課題・コールユーブンゲン)、最後に副科ピアノ・楽典・聴音があります。残ってきた人たちは専攻実技は紙一重の実力なので、それ以外の音楽の基礎的な考査で最終合否が決まるのですが、ピアノが苦手な人には朗報ですね(苦笑)。でも、飛沫はピアノより歌の方がダンゼン危険度が高いので、コロナ禍を理由に副科ピアノを中止なら声楽は大丈夫なのか…という感じですよね(^^;)

        • mayu より:

          イリスさん

          身体が重たく体力も無くなりヘタレていたのですが、回数を重ねていくうちに
          エアロバイクが10分から15分出来るようになりました。
          今週は3回行きましたが、このペースで無理しないで~と言われています。
          体重は減りませんが(笑)長期戦でやって行こうかと思ってます。

          皇室は全員、悪者になりたくない人達の集まりですね。
          ガツンと言ってくれる重鎮がいないのが残念です。
          天皇陛下も我関せず、マイホーム一番の人だし。

          皇族方は、今のコロナ禍の荒波の中では庶民としては
          生きていけないでしょうね。

          そういえば、悠仁さまも今年はお受験ですネ。
          物議を醸しだすような事はやらないで欲しいです。

          藝大入試は凄いですねぇ。勉強も出来ないと無理じゃないですか。
          そのうえ、全国から強者が参戦するので、合格、不合格も紙一重みたいで
          流石、芸術は奥が深いです。

  4. シロガネ より:

    maynさん日々の皇族方の楽しい記事を書いて頂きまして、本当に有り難うございます。

    上皇后陛下、それほど高輪がお嫌でいらっしゃるのは、もしかしたら、こちらに長年お住まいでいらした高松宮喜久子妃殿下が毎晩夢枕に立たれて、何故眞子内親王と、あんなK氏ごときの男と結婚させるのかと、上皇后陛下をお責めにられているのでは??と、思うのです。

    確か紀宮様のご結婚がなかなか、決まらなかった時、喜久子妃殿下は相当ご心配なさっておられましたし・・・・妃殿下のなかの妃殿下と、言われた、喜久子妃殿下が今日の眞子内親王のご結婚問題を、黄泉の世界からどう思われていらっしゃるか・・・・

    黙って事の成り行き見守るというお方ではないでしょうから・・・・きっと上皇后陛下や皇嗣両殿下の夢にも出ていらっしゃるでしょう。

    今の皇室には、若い不心得な皇族に、切々と皇族としての心構えや、格言みたいなことをハッキリと仰られるお方がいらっしゃらないのは何とも残念(>_<)です。

    今のご時世を何とも思われていないもう、『ご慈愛』?は皇后陛下に譲られた上皇后陛下は真の『ご自愛』の上皇后陛下になられたようです。

    そんなに高輪がお嫌さんであらしゃるのなら、いっそ自衛隊の大型ヘリ(災害時の避難用の)で上皇陛下と共に、那須の御用邸に行かれて、そちらを最後までお住まいに成られればいいのです。

    そちらは広い山林に囲まれていますし、コロナを気にせずにお散歩も出来ますし、温泉も湧いているとのことです。自然豊かな那須の御用邸にお住まいになられれば、きっとお元気で長生きされるでしょう。

    『ぽつんと一軒家』皇室版です。まぁリアル、田畑付きの『ぽつんと一軒家』にお住まいになられるのも、いいかもしれませんね。(冗談デス。)

    • mayu より:

      シロガネさん

      喜久子妃殿下が美智子さまの夢枕に立たれて叱責されていたら、
      美智子さまは嫌でしょうが、眞子さんは夢の中でも反論していそうですね。
      亡くなられた皇族の皆様、心配で仕方ないでしょう。

      雅子さまは昔からご自愛だけで、美智子さまは慈愛と自愛の
      使い分けの達人ですからねぇ。
      やっぱり雅子さまは不器用な方だと思います。

      新型コロナを気にしないで済む、ポツンと一軒家、いいですよね。
      私の旦那は生き生きと生活しそうです(笑)私は嫌だけど。

      皇居も都会の中で森に囲まれた、ポツンと一軒家みたいな感じじゃないですか。
      お隣もいないし町内会の回覧板も回って来ないし。
      美智子さまは、皇居の森から見える明るい外が好きで、3日置かずお出かけしていましたが、
      今は新型コロナと老いと仮仙洞御所引き篭もりで、寂しいのでしょうね。

  5. やしま より:

    天皇陛下のおズボン姿。別角度の写真掲載ありがとうございます。
    本当に変ですねぇ~~
    昔、Bクリームさんが、ズボンのふくらみについて検証なさっておられた。その当時、陛下が何かの泌尿器系疾患に罹患していたのは確からしく。いろんなことを書いておられて、腿の辺りに器具を装着していると、こんなふうにズボンが膨らむとか何とか。まあそれにしては陛下は山登りされたりお元気なんですが。謎です。

    美智子様。皇室カレンダーを見ると、すごい現役感があります。まだまだ私が皇室の中心なんだから!と我々に挑戦してくるがよう。でも現実はコロナもあり、国民の目はもうあの方に向けられていません。それはさすがにいろんな面でおわかりになることもあるでしょう。また、認知の度合いが進む上皇陛下のお話のお相手は、うんざりすることもおありでしょう。
    確かにお世話する方は何人もおられても、上皇陛下はやはり美智子様がいないと精神不安定になられたりするでしょうから。
    晴れやかなことは全てなくなり、毎日が単調で、同じことを繰り返し話す上皇の話し相手にならねばならず、うんざりな気持ちはわかりますが、それこそ日本国民に対する慈愛の気持ちで、「もうずっとここでいいです。余計なお金を国民に使わせたくありません」とか、そういう気持ちにはならないところがまた、美智子様ですね。

    最後のセブンの記事は中身がわかってないのであれなんですが、皇族としての結婚をしてしまったら、儀式の際には夫婦で呼ばれてしまうのではないでしょうか。そんな姿をテレビで見たりするのは絶対に嫌なのですが。
    いつかヘカ〇ーさんが「眞子さん、結婚しちゃえばいいじゃん!」と自分の記事に書いたら、コメンターに「あんな男が愛子様の親戚になるなんて、絶対に嫌です!!」って書かれていました。そこの部分は私も全く同感です。

    • mayu より:

      やしまさん

      5年くらい前でしょうか、皇太子時代のズボンの膨らみは
      皇室ブログではかなり話題になりましたよねぇ。
      泌尿器系の病気ではないか?など憶測がありましたが、
      意外に元気に過ごしているし、何が入っているのか興味深々。

      美智子さまはまだまだ現役で皇后ができたと思いますが、
      上皇陛下が認知症が進みつつあり、無理だったのかもねぇ。

      退位してからの美智子さまは、運がどんどん落ちたみたいで、
      早く引っ越ししろ、出てくれば二重権威ではないか、など
      この嫌われっぷりに本人もガックリしているでしょうね。

      セブンのもう一個の記事は、眞子さんが小室Kと結婚したら
      小室K不在で眞子さん1人で挨拶やらなにやらで、小室Kとは
      会う事はないだろう、そんな記事でした。
      他の皇族方からも総スカン食らうんじゃないかな。

  6. マグノリア より:

    こんにちは。

    ズバリ誰でもわかる上皇后さまのご病気は、ぜいたく病です。
    挙げてくださった体調不良の原因、あきれてしまいます。
    一般国民はもっともっとつらい状態です。
    近い年齢の母も手指のこわばりがあり、字が書けないことがあります。
    おっしゃる通り家事不要、あまりにも楽な生活なので暇で気が滅入ってしまうのでしょう。

    一般論として、女性皇族は一旦皇室と言うお立場を経験されたら離れたくないようですね。
    どうしてでしょう。。。なんとなく想像はできますが。

    やはり天皇陛下のおズボンはヘンです。
    ダボダボ、横だけでなく縦も。
    丈も長すぎます。
    おみ足サイズ+アルファがあるようです。

    • mayu より:

      マグノリアさん

      ぜいたく病、何だか懐かしい言葉だなぁ。
      そうなんですよ、庶民から見るとぜいたく病だけど
      美智子さまは今までの生活と変わってしまい、
      新型コロナで静養も出来ないなどで辛いんでしょうね。

      天皇陛下のズボンのポケットの膨らみは、ちょっと大き過ぎないですか。
      太腿の付け根あたりから急に膨らんで、タオルでも入れているみたい。

  7. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。グチグチ美智子さん記事をありがとうございます。

    美智子さんが家事なんかしないだろうに、いつもの庶民と一緒くたにしたムカつく内容ですねー。もう十分長生きなさってますし、ゆっくりされれば良いと思います。どうしても出かけたいのであれば、mayuさんおっしゃる通りです。まあ、人々からの目線羨望の眼差しを浴びたいのでしょうね。

    同じ週刊誌の同じ号に、k問題ですか。

    エリザベス女王を戴くイギリスと比べると情けない気持ちになってしまいます。

    • mayu より:

      ramiriさん

      美智子さまの体調不良記事は、新型コロナになってから
      定期的に出てくるようになりましたね。

      庶民よりずーっと楽なのに、庶民感覚じゃない、
      今までの自分の生活と比べるから不満なのでしょう。
      自分が年を取っているのも忘れてしまうのかも。

タイトルとURLをコピーしました