佳子さま26才の誕生日 おめでとうございます。

秋篠宮皇嗣ご一家

佳子さま、26才の誕生日おめでとうございます。
単純に佳子さまも26才になったのか~月日の経つのは早いな~と思いました。12月29日といえば正月の支度で何となく気持ちが忙しい時期、冬真っ盛りの時期ですが、公開された映像は紅葉が綺麗で冬の感じがしないと思ったら、12月4日午前10時に撮影された映像だそうです。

今年は眞子さんの誕生日映像でも姉妹2人が出ていましたが、佳子さまの映像も姉妹2人でした。2人髪を軽く結い上げ、コートの色は水色と青の寒色系。佳子さまはグレー色のチュールを重ねたプリーツスカートにショートブーツでフェミニン系のファッションでした。 眞子さんはオフ白のニットにオフ白のワイドパンツですね。眞子さんは少し痩せられたような気がします。

天気が良くて赤坂御用地の紅葉も綺麗です。今年は新型コロナ感染拡大で公務が極端に少なく、佳子さまも単独での開会式にビデオメッセージを出したり、リモート形式が多かった。大きな儀式は立皇嗣の礼に参列、などでした。



コロナ禍で眞子さん、佳子さまと同年代の若い人達が仕事が減った、失業したなどで生活に四苦八苦している人達がいる中で、広い赤坂御用地をのんびり散策している姿を見ると、改めて皇族と庶民の違いを如実に感じます。生きている空間が違うような。正直に書けば、眞子さんと小室Kの結婚騒動で、皇室に対する敬愛の気持ちより働き盛りの若い2人が、特に働かなくても食べて生活していける、庶民より皇族は確かに自由度は低い、しかし皇族としての大きな特権を持っている。自由も特権も持ちたいは無理なのが皇族に生まれた者の宿命でしょうか。

佳子さま26歳に(完全版)初冬の絶景!赤坂御用地をご散策

秋篠宮ご夫妻の次女、佳子さまは29日、26歳の誕生日を迎えられた。新型コロナウイルスの感染拡大で行事の中止や延期が相次ぐ中、ウェブを使い専門家から感染症の影響を聞いたり行事を視聴したりするなど、5月以降35回にわたってオンラインでの公的な活動に取り組まれている。9月には「全国高校生手話パフォーマンス甲子園」を赤坂御用地にあるお住まいの宮邸(東京都港区)で視聴したほか、開会式にビデオメッセージを寄せ、手話を交えて参加者らを激励された。10~11月にウェブ上で開催された「少年の主張全国大会」出場者の発表動画もご視聴。側近によると「さまざまなことを感じ、考えたことが、強い思いとともに伝わってきた」と話されていたという。11月には、秋篠宮さまが皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられたことを示す「立皇嗣(りっこうし)の礼」の中心儀式「立皇嗣宣明(せんめい)の儀」に姉の眞子さまとともに参列するなど、皇室の重要儀式にも臨まれた。
記事出典 産経新聞https://www.sankei.com/life/news/201229/lif2012290006-n1.html

昨夜は9時前後から物凄い睡魔に襲われ、コタツの中で寝ていました。ふと目が覚めて、これでは駄目だとそのまま布団に入り寝たら午前3時に目が覚めてブログを書いてます。今、4時半、起きるにはまだ早いのでもう一度寝ようかと思ってます。生活レベルは皇族方に比べると天と地ほど違いますが、年金生活の我が家も2人働かなくても生活はしていける、適当に暮らす自由もあり心配事もそれなりにあります。でも、なんたって高齢者だから眞子さん、佳子さまより先は短いわけで(苦笑)その人に備わった運命とか努力とか忍耐など、いろんなものが混ざっているんでしょうねぇ。



コメント

  1. クロワッサン より:

    mayuさん お疲れですのに、更新有難うございます。mayuさんのブログの画像は鮮やかできれいですね。

    佳子さまお誕生日おめでとうございます。やはり華やかで、きれいで、可愛いです。

    佳子さまは、KKと姉上との結婚を応援している雰囲気の仲の良さです。「あんな男は止めなさいよ」と諌めないで、3人でスカイプで話して、盛り上がってる感じがします。二次洗脳かしら?

    KKとの結婚を、どれだけ国民が心配し嫌がっているか……それなのに眞子さんの涼しい顔を見ていると、なんだかなぁです。皇族のメンタルは国民とは掛け離れていると思いました。

  2. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    真夜中の更新、ありがとうございます。 そしてお疲れさまでした。
    今日も眠いのではないでしょうか? ご無理をなさいませんように。

    秋篠宮姉妹の誕生日に誤解されているコメントを見かけますが、文書の発表はなし、誕生日にあたっての写真発表も昨年からでこれは皇太子家と同等の皇嗣になられたからであり、それ以前は写真発表はありませんでした。
    悠仁様誕生日には写真が発表されていましたのでやはり特別なお立場ということですね。
    悠仁様の誕生日写真にはお二人のお姉様との写真は度々発表されていますが、姉妹の誕生日写真に悠仁様が一緒というのはないです。

    眞子さんの誕生日写真に佳子様も加わって、佳子様誕生日にはお返しのように眞子さんもご一緒しているのを見ると、眞子さんの結婚を佳子様は応援されていらっしゃるというメッセージを発信されているように感じました。
    庶民感情をお分かりのように感じる佳子様ですが、やはりお分かりではないようで残念です。

  3. 木の葉 より:

     mayuさん、佳子さまのお誕生日ですね。今朝ニュースで姉妹の映像を見ました。更に詳しく載せて下り有難うございます。

     今、20代の女性達は仕事を中心に充実した生活を送り、以前ほど結婚願望が強いとは思いません。お姉さまが結婚を繰り返し連呼されていて、つくづくお暇なんだな〜と感じます。広大な御用地の美しい庭を散策される姉妹の姿、ある意味浮世離れしていて、コロナ渦中の国民の現実とは全く違う事を改めて思いました。

     庶民のレベルに皇族がなる必要もなく、ましてや庶民から毛嫌いされるレベルにまで落ちぶれる必要も全く有りません。このまま垢にまみれず、祭祀などのお勤めを果たして頂きたいです。そして真に困っている人達を笑顔で励ます。それだけして頂ければ充分です。

     世界に類を見ない2600年続く伝統ある血を大事にして欲しいです。お婆さまの代から俗世に汚れ過ぎました。皇族のお勤めの祭祀、ご遥拝されずキチンとこなされる紀子様からまた軌道修正して、悠仁様の妃殿下に繋いで行って欲しいです。

     戦後アメリカが皇室自体を解体したら日本人は心の拠り所を失い生きていけないだろうと、存続させたと聞きます。内からこの皇室を壊すような事は是が非でも避けて欲しいです。

     髪を綺麗に束ねた姉妹の映像ですが、お姉さまより、お母様と散策される絵図見たかったな〜。

     

     

  4. 狗児 より:

    mayuさん
    こんにちは。記事の更新ありがとうございます。
    佳子さまが26歳のお誕生日おめでとうございます。
    もうお二人とも20代も後半なんですね。佳子さまのご結婚は、お姉様に遠慮されなくて先にされていいと私も思いますね。大変不敬ながら、あんなことになって揉めに揉めている方に遠慮する必要さえないのでは?と思います。
    今時、老嬢、オールドミスなんて、そんなこと言う方がコンプライアンス違反、セクハラで叱られます。私自身は既婚でも、そういう言葉は不快ですね。若さや性的魅力がない女は無価値と言っているようなものですから。

    生涯結婚しない人も増えていますから、眞子さまも、もう「結婚」という形に拘らなくてもいいと思います。そんなにKがいいなら内縁関係でずっといけばよいんじゃないの?と、この頃思うようになりました。Kは、全く表に出てこず、親戚付き合いもなし、もちろん警備もなく税金も使わないと言うことにすればよいような気がします。

    • やしま より:

      >狗児さん
      「老嬢」そうですね。一般の方に対してこんなことを言ったら叱られます。三島由紀夫の小説では32歳ぐらいの方を称して「老嬢」という表現があり、読んだ私は驚いたものです。その当時は普通の呼び方ですが、今では死語です。
      ただし、私が言いたかったのは、皇室の未婚の方たちに関してのみ、この言葉が残るなという思いです。今はまだ30代のひげの殿下の女王方には、この言葉はきつかったかと思いますが、あの方たちは、多分50歳、60歳、そして70歳代になっても「お嬢様」です。
      生活のための糧を自分で汗水たらすことはありません。必要なものは、段どりも含めて周囲が準備してくれます。秋篠宮家の姉妹もまさにお嬢様そのものです。佳子様はお仕事をお持ちではなく、そして眞子様は週3回、車の送迎つき10時半出勤の重役待遇よりも上です。
      眞子さんはとある週刊誌の記事で「卵焼きも作ったことはない」という話が出ました。結婚はしたいけど、家事仕事やあくせく働くことは恐らく何も考えておられない。そんなお姉さんを佳子様も応援する。

      皇族女性は本来、適齢期にはきちんと嫁ぐのが常でした。いつまでもお嬢様でおられることを、今はまだ良いけれど・・・という皮肉まじりのコメントでした。お気を悪くされたらごめんなさい。

      • 狗児 より:

        やしまさん
        いえいえ、こちらこそ老嬢という字面だけで過剰に反応してしまったようで、申し訳ございません。

        仰る通り、一般女性と、皇族の女性とでは事情が全く違うと思います。一般女性の場合、セクハラになる云々もありますが、今時女性一人で十分食べていける仕事もありますし、つまらない相手と結婚するよりは、独身の方が気楽で好きなようにお金も時間も使える、という考え方も一理あり結婚に拘る必要もありません。

        一方で、男系男子である以上、男性皇族は、いつか髭の殿下の仰ったように「血のスペア」として皇室に残る意義がありますが、女性皇族はそれがないのだから従来さっさと降嫁していった、というのは間違いないと思います。税金で生活しているんですものね。
        50代になっても、60代になっても、死ぬまでお嬢様、生活していく苦労も大変さも知らずに、周りにかしずかれて何の不自由もなく生きていける…まあ、最初からそういうご身分なんだから、と納得する一方で、国民はコロナ禍で生活が成り立たない人さえいる、と思うと、嫌味の一つも言いたくなりますね。
        特にK氏の場合、一般人でも「そんなんと結婚する位なら一生独身の方がマシよ」というタイプなのに…本当に悲しくなります。
        なお、三島由紀夫は大好きで色々読んでいます。確かに「老嬢」はよく出てきたと思います。それについては、そういう時代だったんだなあ、と思います。

  5. イリス より:

    mayuさん、記事アップありがとうございますm(_ _)m
    あれからお休みになれましたか?

    前記事の、各国のロイヤルの皆さまのステキなこと!待降節第一主日に撮影のようでしたね。キャンドルも美しかったです。自然体で、自然と敬愛の念が湧きますね。そして私的にツボは、可愛いワンちゃん達と、小さい王子さまのオールインワン的なトナカイさんウエアでした(笑)。

    佳子さま、お誕生日おめでとうございます。
    何だか国民が煩くワーワー言ってるけど、勝手に騒いでいれば?皇室の将来?別に…という雰囲気満々の姉妹画像・動画に感じられました。
    よくもまあ、しれっと眞子さんもおしゃべりに興じ、並んでカメラ目線など送れるものだとも思います。これが正真正銘の鉄面皮?鋼の心臓とで、鎧は磐石でしょうか。
    佳子さまも、リモート公務も聞かなくなりましたし、ご趣味のダンスも今は封印でしょうか。やしまさんのご指摘通り、一体毎日何をして過ごされているのか、何にも垣間見えませんね。周りが皆やってくれるので、ご自分のことだけしていれば良いのですから、時間は有り余っているでしょうね…ゲームや映画鑑賞?
    彬子さまは、ご研究と日本文化継承のご活動を柱にお持ちですが、眞子さん姉妹や瑤子さまは、全くそういったものが聞こえてきませんね。

  6. 白雪山羊 より:

    mayuさん、記事更新
    ありがとうございます。
    体調は大丈夫ですか?

    佳子さま、お誕生日おめでとうございます。
    早いですね~もう26歳ですか。
    姉妹お二人で並ぶと、眞子さまは秋篠宮殿下に似ていて、佳子さまは紀子さまに似ていますね。

    確かに、私がこういう自然がある大きな場所に行くのならば
    場合によっては、入場料とか払うんだろうなぁ…(^^;

    この間の眞子さまの「お気持ち」文書の衝撃で、佳子さまも文書あるのか?とつい思ってしまいましたが
    考えてみたら、以前に眞子さまの件に触れたのは、大学卒業の感想(?)の文書内の質問にあったから、お答えになったんですよね。
    なので、写真や映像だけなのかな。

  7. マグノリア より:

    おはようございます。
    佳子内親王、26歳のお誕生日おめでとうございます。

    この方はお美しいです。
    オーラがありますね。
    今回は両内親王とも比較的素敵なファッションです。
    個人的には私好みです。
    特に私はショートブーツが好きです。

    今のカメラはとても進化していて、素敵なショットが撮れます。
    素人でもナイスなショットが取れますが、プロが撮るとそれはそれは素晴らしいです。
    もともと佳子内親王はオーラが半端ないので、魅力さもマックスです。

    mayuさんのおっしゃるように、皇族は自由がないけど特権がある、同意です。
    私的には、自由はないけど、欲しいものは比較的手に入りやすいと思います。
    また、健康に留意でき病気になれば最高の医療技術は手に入れることができます。(だから長生きなのでしょう。)
    更に、明日の心配の必要がないですね。

  8. 匿名 より:

    mayuさん、おはようございます。佳子さまのお誕生日記事をありがとうございます。佳子さまお誕生日おめでとうございます。(棒)撮影された12月上旬頃は確かに暖かかったです。中旬、大寒波がやってきましたね。年末年始はもっと凄いのが来るらしく今日明日で買い物を済ませなければ。

    フィギュア全日本も終わり、今日からJスポーツでロシア大会を見ます。ロシア女子の4回転祭りが楽しみです。ま、庶民には楽しみもも苦しみも色々あると言う事です。皇室に対する意識や興味は、以前に比べて10分の1ぐらいになりました。今の1番の関心ごとは、鬼滅の刃アニメの続きです。漫画よりもアニメで見たいんです。+映画のBR化も早くして欲しいところです。

  9. やしま より:

    mayuさん、年末でお疲れですね。そんな中、早速の佳子様お誕生日記事をアップしてくださりありがとうございます。
    もう26歳におなりですか・・・
    お姉さんがあんなままだと、そのうちひげの殿下の「老嬢」お二人同様になってしまわれないか心配です。華の季節は短いので。今は40歳代でも出産普通な世の中になりましたが、やはりお子さんをお持ちになりたいのなら、早いに越したことはありません。東京農業大卒、留学先で知り合った男性話はどうなるんでしょうね。お姉さんに遠慮して、「姉の結婚が決まったら」とか言っていたら、いつになるかわかりませんよ。

    文章もお言葉もお気持ちもまだ発表されないので推測でしかありませんが、眞子さんの誕生日も姉妹二人。今回もそう。何となく姉妹の世界を作って、外の声をシャットアウトしているようで心配です。特に、20歳前半までは可愛がっておられた悠仁様が、お姉様方の映像に登場しなくなったことが気がかり。「皇室」という狭い世界で、これが当たり前のことと生きていかれることは、大変危険なことでもあると思います。佳子様の手話や公務での活躍は報道されますが、趣味的な、個人的な話題というのは出てきませんね。一体何をしてお暮らしなのかなと本当のところが知りたいです。

タイトルとURLをコピーしました