眞子さんのお気持ち文書がきっかけ 佳代さんの元婚約者お金の返済求めない 理不尽

皇室

眞子さんが文書発表をしたのをきっかけに、佳代さんの元婚約者Aさんが、「一切返金は求めない」と公表し、全国ニュースで流されました。


Aさんは71才、再雇用の形で週5日働いている。乗っていたジャガーは虎の子の退職金で購入。その車もマンションのローンも払えなくなり、とうの昔に売り払い。今は家賃8万円の木造アパートで暮らしている。 最寄りの駅から徒歩30分。71才の身には毎日の往復は応える。

まだ55才の圭与さんはパートタイムで働いている職場の通勤に、たまにタクシーを利用していましたね。警護もつけていました。

400万円の未練の気持ちもあったが、11月13日の眞子さんの「お気持ち」文書を読んで、「自分が二人の結婚の障害になってはならない」と思い、返金を求めないということを公表しようと決めた。

小室親子の粘り勝ちですか?
借りたお金は小室計算のICUの入学金、留学費、生活費に使われていました。Aさんのお陰で計算はICUに進学できました。その恩人に対して、あまりにも酷い、冷たい対応ではありませんか。

更に去年の12月「もう返済は求めないので話し合いを終わらせたい」と申し出た、小室さんの母親側は男性側に対して「問題は解決済み」と公表することを求めた。これにはAさん「解決」とは考えず、平行線のまま・・・だったのが、先に書いたように、眞子さんの「お気持ち文書」で、気持ちを変えて今回の「返済を求めない」と公表したのでした。

これにより、小室親子の印象は落ちるところまで落ちていたのが、落ちて姿形も見えないくらい落ちました。ボキャブラ足りなくて表現の仕方がわかりません。眞子さんに対しても同じです。週刊現代には「一時金辞退」と書かれていますが、それは分かりません。「皇女」が実現し眞子さんが「皇女」対象になれば公務の一部を担い、安定した収入を得られることになります。多分、年収700万くらいは頂けるんじゃないですか。眞子さんは皇室公務のプロですから、サラリーマンがあくせく稼ぐお金より、ずーっと楽で短時間な公務で。

眞子さんと小室親子のやり方を見ると、理不尽 の言葉が頭の中をグルグル回ります。



「もう私は小室佳代さんから、400万円は返してもらわなくていいのです。先方と交渉を続けるつもりもありませんし、今後、小室家に対して返金を求めることは一切いたしません」そう語るのは、小室圭さんの母・佳代さんの元婚約者の男性A氏だ。これまで1年半以上も沈黙を続けてきたA氏が、本誌の独占取材に応じた(以下、「」は断りのない場合はすべてA氏の発言)。

佳代さんからA氏への金銭援助の依頼が始まったのは婚約直後からだ。最初は、’10年11月に圭さんの国際基督教大学の入学金45万3000円を求められたことだった。その後も、生活費など、様々な形で要求が続く。「夜中に電話がかかってくることもあり、毎月のように金銭を求められた。圭くんの留学費用として、200万円を振り込んだこともあります」A氏にとって、それらはすべて小室家に貸したものであると認識してきた。例えば’11年3月に佳代さんはA氏に以下のようなメールを送っている。〈申し訳ありませんが、当分の生活費をお借りしても良いでしょうか
佳代さんは明確に「借りる」という言葉を使っているのだ。積み重なったカネは約400万円にのぼった。A氏は佳代さんからの度重なる金銭の要求によって、精神的に負担を感じ、’12年9月に婚約の解消を申し出た。’13年に佳代さんへ借金返済を求める文書を送ったが、「400万円は借りたわけではなく、贈与である」という返答のみだった。週刊現代 2020年12月5日号 一部抜粋 ネットにアップされた全文は以下のURL
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77782

元婚約者の男性(70代)の代理人によると、男性が小室さんの母親に渡したおよそ400万円の返済をめぐる話し合いは去年の夏に始まった。進展がない中で、男性は「ご結婚の障害になっている」と考え、去年12月に「もう返済は求めないので話し合いを終わらせたい」と申し出たという。小室さんの母親側は男性側に対して「問題は解決済み」と公表することを求めたが、男性は「解決」とは考えず、平行線のままだったと代理人は話している。代理人は「眞子さまがお気持ちを発表されたことをきっかけに、男性は返済を求めない意向を公表する決意をした」としている。(ANNニュース)



コメント

  1. アール より:

    mayuさん こんばんは。

    元衆議院議員 伊吹文明氏が、小室氏は借金問題についてきちんと説明すべきだ と発言されたそうです。
    また、秋篠宮様は皇嗣としての立場と父親としての思いの相克にお苦しみ、とも言われました。
    皇族は 日本国民ではない ので憲法の「婚姻は両性の合意に基づく」に当てはまらないとのこと。
    とてもこのまま見過ごせない という思いからでしょう。

    Aさん の借金返済要求は2013年 交際発覚よりもずっと前の話ですもの。
    今更学費には使ってないとか言い出す始末。
    でも大学は奨学金で行きました、って まだそれも返済してないのでは?
    どれだけの借財があるのか、説明してほしいです。
    返済したならきちんと書面で明示して頂きたい。
    本当に有耶無耶すぎます。

    伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言「国民にしっかり説明を」 - ライブドアニュース
    自民党の伊吹元衆議院議長が秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期されてきた小室圭さんに対し、国民への説明責任を果たすよう異例の苦言を呈した。伊吹氏は最高顧問を務める自民党二階派の会合で、秋篠宮さまが誕
  2. やしま より:
    伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言「国民にしっかり説明を」(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
    自民党の伊吹元衆議院議長が秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期されてきた小室圭さんに対し、国民への説明責任を果たすよう異例の苦言を呈した。

    伊吹氏は最高顧問を務める自民党二階派の会合で、秋篠宮さ

    伊吹元衆議院議長が秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が延期されてきた小室圭さんに対し、国民への説明責任を果たすよう異例の苦言を呈した。
    (最高顧問を務める自民党二階派の会合での発言)

    「小室さんはやはり皇嗣殿下がおっしゃってるようなご説明を国民にしっかりとされて、そして国民の祝福の上にご結婚にならないといけないんじゃないか」として、母親の元婚約者との金銭トラブルをめぐる小室圭さんの姿勢に異例の苦言を呈した。

    「国民の要件を定めている法律からすると、皇族方は、人間であられて、そして、大和民族・日本民族の1人であられて、さらに、日本国と日本国民の統合の象徴というお立場であるが、法律的には日本国民ではあられない」
    「眞子さまと小室圭さんの結婚等について、結婚は両性の合意であるとか、幸福の追求は基本的な権利であるとかいうことをマスコミがいろいろ書いているが、法的にはちょっと違う」と指摘した。

    うん。私はこれには賛成です。
    二階派の重鎮の言葉。政治家もしっかり受け止めてほしい。そして手を打ってほしいです。
    このまま突き進んだら、国民は秋篠宮家に対して「No!」と言うようになりそうで怖いんです。

    • mayu より:

      やしまさん

      皇族の秋篠宮殿下では白紙にするのは無理なのでしょう。
      身上調査をしなかった、秋篠宮殿下の自業自得ではありますが、
      ここまで来たら政府関係者にも動いて頂いて、一旦白紙に
      誘導して頂きたいものです。

      私は最近、宮内庁に電話、メールより地元の国会議員に
      メール、手紙を書く方が返って良いのかな~?と思うようになりました。

      それと、眞子さんの洗脳状態を解くような専門医を
      さり気なく眞子さんと接触させるとか、小規模でも対策チームを
      作ったらどうでしょうか。 

      小室親子には納得する手切れ金を渡す、これは仕方ないと思ってます。

  3. 静御前 より:

    mayuさん、更新有難うございます。
    こうやって、どんどん周りが仕方なく折れていくという形で
    解決の方向に向かっているのがやるせない。
    これは解決ではない。あくまでお相手の方が幸福を願って身を引いただけであって
    どうしても小室さん側の謙虚さや、誠実さで国民の皆さんが納得する形には
    向かってない気がする。これはアンミカさんの発言です。
    皇族の内親王ともあろうお方が、借金を踏み倒した家族、貧する後期高齢者に対して
    誠意ある言葉ひとつかけない
    非情な親と子の正体を見抜けない、気づけないとは実に愚かではないか。
    これは猫だにゃんおんさんの発言です。
    アンミカさんと猫だにゃんおんさんのお言葉があまりにも素晴らしかったので
    投稿させていただきました。
    借金を踏み倒されたAさんはかなり痩せた方ですよね。御身体大丈夫なのかしら?
    家も車も手放されたAさん。駅から歩いて30分も掛かるなんて高齢者にとってはかなり辛いと思います。借金を踏み倒した計算母はタクシーでご通勤ですか。とても憤りを感じます。
    皇女の法案が認められれば眞子さんと計算母子は税金で一生ぬくぬくと暮らして行ける。
    皇女と言う制度など必要ありませんし、絶対認めたくありません。
    納税者として絶対反対です。

    • mayu より:

      静御前さん

      教えていただいてありがとうございます。
      猫ださんは家の建て替えで多忙そうで、ブログの更新が
      ストップしてたようなので、ここのところ見に行っていませんでした。

      今しがた見に行きました。
      それで、静御前さんのこちらのコメントを今日書いた
      愛子さま誕生日の記事にて紹介させてください。

      猫ださんのブログもリンクしますので、よろしくお願いします。

      • 静御前 より:

        mayuさん有難うございます。
        猫ださんのお言葉がとても素晴らしかったので
        ひとりでも多くの人に知ってもらえたら嬉しいです。
        眞子さんと計算母子にも聞いてもらいたいですね。

        • mayu より:

          静御前さん

          教えていただいてありがとうございました。
          何とかうまい具合に解決できないものでしょうかねぇ。

  4. やしま より:

    以前、ジャガー氏の430万円返してのことについて、デビ夫人が猛烈批判してたんですよ。男らしくないとか何とか。賛同する人たちが結構いるので驚きました。じゃあデビ夫人はあの男と眞子様が結婚することに賛成なのかなと。まあ最近のデビ夫人、自分の発言で猛烈バッシング受けて、今少し静かですけど。あの方が妙な考え方の持ち主ということが知れ渡ってよかったかな。
    私はお金を返してほしいとあの時点で言ったジャガーさんを責める気持ちは全くありません。それどころか、とりあえず宮家側が立ち止まって考える機会を与えてくれてありがとうです。眞子さんがもう少しまともな頭の持ち主なら破談もあり得たと思います。今回の殿下お誕生日写真を見ての感想もありますが、もしかしたらあの宮家って、皇族としての常識も、いや、人としての常識もなかったのかしら?一番心配なのは悠仁様のご成育歴ですねぇ。お母さまが箔付けにご熱心なところがうーん。帝王学とは目指す方向がどうも違うような気がしてならない昨今です。

    そしてあれから2年半。ジャガーさんが今回の申し出をした気持ちもわかります。もう疲れてしまったのでしょう。マスコミに折々インタビューに来られることも嫌気がさした。娘さんからも何か言われたかもしれません。
    もとはと言えば、「貸して」と言われてお金を出してしまったご本人にも責任があります。
    「貸して」は「くれ」と同義語です。
    私も義弟の義母へのねだり集りの連続を目の当たりにして、「世の中にはそういう輩が本当にいるんだ」と実感しきりなので。義弟とて、「くれ」とは言わないのです。必ず「貸して」です。絶対返しませんが。

  5. satoko より:

    mayuさん、こんにちは

    数々の記事の更新、本当にお疲れさまでした。
    そしていつもながらありがとうございます。

    遅ればせながら秋篠宮皇嗣殿下、55歳のお誕生日おめでとうございます。
    本来ならば立皇嗣の礼などおめでたい話題に重きをおくところに、今年は殿下にとっても気の重い会見になってしまいましたね。
    痛々しかったです。

    ご家族そろっての御用地での映像・お写真も、何年か前なら「なんて素敵!」「これぞロイヤル!」と感激したかと思います。
    が、特にソファーに横並びにギュウギュウの写真なんてまさにホームドラマの番宣のポスター撮影みたいで、「カット」とか「OKです」の合図が出たら、それぞれがプイっと視線を外して解散しちゃうみたいなそんな光景が思い浮かびました。しらじら過ぎる。

    K母子は卑しいというかおぞましい心の持ち主で、こちらの想像の上の上を行く感じです。
    昔昔女子の結婚を「永久就職」なんて言っていた時代もあったけれど、まさにKはこれで晴れて「永久就職」ですね。
    母親もたっぷり恩恵をあずかることでしょう。
    何とかして欲しかったけれどもう絶望的なのでしょうか。
    残念無念です。

  6. mayu より:

    こんにちは、秋篠宮殿下の誕生日会見は週刊誌の記事で、耐性がついていたので
    それほどショックではなかったのですが、まさか当日、圭与さんの元婚約者の
    このような記事が出てくるとは思わず、週刊現代を読み、バイキングを観たり
    しているうちに小室親子に対しては怒り心頭でした。
    裏があったのかどうかはわかりません。
    本当にため息しか出ませんでした。
    草臥れたのでコメ返し省略させていただきます。

    愛子さまの誕生日から、ボチボチとコメ返しさせていただきます。

  7. アール より:

    mayuさん こんばんは。
    記事の掲載、有難うございます。

    呆れかえるというか、気が滅入るというか、なんとも言いがたいですね。
    写真は、頑張って仲の良いアピールでしょう。

    少し前にマスコミから何故か会見内容が一部予告されていたのは、ショックの緩衝材になりましたけれど、やるせない気持ちに変わりはありません。

    眞子様は、何故あの母親を見ても変だと思わないのか?
    紀子様とは全然違う、お友達のお母様方とも違うとは思わないのでしょうか?
    あの雰囲気。

    眞子様って結婚後の生活を本気で考えているのかしら?

    あの内定会見も変でした。
    結婚さえできれば、その先は何もかも皇室におんぶに抱っこって考えてた。

    確かに他の皇族の方達もよくわからない公務やお仕事もあります。
    高円宮承子様も日本ユニセフ協会なんて、本物のユニセフじゃない所にお勤めだったり
    するし、降嫁後も典子さんは名誉職だし、そういった仕事に就けてもらうとか。

    ただでさえ、そういう曖昧な感じなのを皇族だから仕方ないなと思っていたのに、小室氏や眞子様だと本当に嫌になります。

    誰も、個人的に眞子様が誰と結婚しようが構わないんですよ。
    一個人としての幸せを求められるのは、自由です。

    借金のきちんとした説明も公にできない、責任もとれないような人が嫌なんですよ。

    だから、皆、納得できないって、ずーっと言っているのです。
    眞子様だけに でなく、私達にも理解できるよう、納得いくよう説明頂きたいのですよ。
    それをしようとはしないで押し切るのは、やはり、恐ろしい人達だと思います。

    何故、眞子様は小室氏に会見させないのか。説明させないのか。

    多くの国民が恐ろしいと思っているのに、信じている眞子様はやはり、小室親子に精神的にすっかり取り込まれてしまっているようです。

    つらつらと書き込みました。もう、私も憂鬱。

    佳子様、悠仁様には、このことから国民や御両親のお気持ちをわかっていただきたいです。
    それだけが、微かな希望です。

  8. 狗児 より:

    mayuさん

    続々と記事更新ありがとうございます。
    返済求めない、ですか…yahoo!コメでは、「持参金が入ったら2倍にして返す、とでもKYさんに言われたから引っ込んだんじゃないの?」と言う意見がありまして、私は強ちあり得ないことではないと思いました。
    Aさんは、早くに父親を亡くした計算を心から気の毒に思ってお金を貸したお人好しな面もあるでしょうけど、婚約内定が報道された途端に返せと言い出した人間性は、ちょっと…と思う所がありますので。。
    他の方もお書きになってますが、13日の眞子さまの「お気持ち発表」、数日して「皇女制度検討」の報道、今日の秋篠宮さまのお言葉、Aさん「返済求めません」偶然にしては出来過ぎなタイミングな気がします。特に皇女制度なんて、今と状況変わらないのに、絢子さんがご結婚なさる時は一切出てきませんでしたからね。

    所で眞子さま、益々コロコロしてきましたね。後ろから見たら中年女性に間違えられると思います。恋の病で痩せ細るんじゃなくて、ドカ食いなさったんでしょうか…結局なんだかんだで周りがお膳立てしてくれるはず、お金も、仕事も心配なし、とでも思ってらっしゃるのかな、と邪推してしまいました。
    mayuさん、どうぞご無理なさらず。

  9. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。

    一連の記事アップありがとうございます。

    今回の週刊誌による事前報道は、いつもと違って正しく報道されたようですね。
    会見の内容を読んで、あれっ違う
    ということはありませんでした。

    秋篠宮殿下の結婚と婚約は違う発言、納采の儀はしません、
    勝手にしなさい! だと良いと思ったのですが、逆にあの親子にとっては都合が良いかも
    と思ってしまいました。
    使者を頼める親族がいない、絹織物等の品々を用意できない、こんな家庭ですから、あ~良かった、面倒なことしなくて。
    なんて思っていそうです。
    地味婚するにしても披露宴に出席してくれる友人、いるんでしょうかね?
    学習院時代の友人に2年前から年賀状を出していないんだそうですよ。

    「皇女」の収入、どの位なんでしょう。
    同年齢の国家公務員の給与を時給にした金額にすれば月2~3回、1回あたりの所要時間は2時間位だとしたら、月に10万円にも満たないんじゃないでしょうか。その位ではバカらしくて受けて貰えないでしょうから当然「特別職員」ということで破格の待遇になるのかしら?
    万が一この制度が決まったらその辺の根拠は明らかにすべきですね。
    それと、学術会議を任命許否したように、今の身位で自動的に決めるのも止めてほしい。
    昨日の国会儀式出席でも思ったのですが、あんな男に狂っている眞子さんに頭を下げなければいけない国会議員の方々がお気の毒だと思ってしまいました。

    昨日のお召物は、上着とスカートのバランスが悪いですね。
    スカート丈をもう少し短くするか、上着丈を短くしてスカート丈をあと7cm位長くしたらバランスが良くなると思いました。
    眞子佳子姉妹は服の趣味が悪いです。
    とても良い家のお嬢様には見えないわ。

    ご一家の写真、私もmayuさんと同じように白々しく嘘寒く感じましたね。あの雰囲気が自然なのだとしたらもっときちんと話し合いが出来ていて、今回の禅問答のような回答はなかったでしょう。
    美智子様が女優と言われましたが、秋篠宮家の皆様も役者ですね。

    元婚約者氏、どこかから金銭援助があったのでしょうかね?
    なんか不自然です。
    結婚の障害になっていて申し訳無い なんて言ってないで、あの家は内親王を迎えられるような家じゃないっ!位言えばよいのに。

  10. シロガネ より:

    maynさん、連続の記事の更新凄いですね!!しかも朝早くから、本当に凄いです。皇嗣殿下の『許す』発言には、いろいろなご意見が出ていますが、ちょと、横にずれて申し訳ありません。

    ワイドショーで、宮崎謙介氏の2度目の不倫が報じられています。本人は、否定しているみたいですが。宮崎謙介氏は、シロガネと同じ年です。氏(し又は死んだら無限地獄行きです)が前に議員の育休云々と訴えていた時から、胡散臭い男だと、思っていましたが、そして不倫へ・・・・・あぁやっぱりな男から見たら、最低ーーーと思っていましたし、又するだろうな・・・・と思っていましたが、やはり、的中しました。同じ年のせいか、氏に対する嫌悪感が、凄いです。

    こんな男に議員の給料を国民の血税が、支払われていたのが、よっぽどシロガネとしては、嫌悪感が有ります。

    ですので、眞子内親王のあんな系氏の元にご降嫁されるときの持参金については、きちんと支払われるのは、全く賛成です。しかし皇嗣家としては、持参金に関しての、幾つかの約束事を取り決めた方が、絶対にいいです。

    シロガネは、あんな系氏は間違いなく、皆さま方と同じく、持参金狙いなのは、ハッキリしておりますのでどう、あんな系氏の思い通りにならないよう、対応しなければならないと、絶対に思います。

    宮崎謙介氏と金子恵美氏の夫婦をみますと、姫宮とあんな系氏みたいです。シロガネの思い込みでしょうか?

    あんな系氏は、今だに、何の動きもないですね。最低な男です。

  11. キリンちゃん より:

    イヤですねえ。年に不定期で、テレビ番組の中に、結婚詐欺師や借金踏み倒し女を追い詰める内容のものがあったりしますが、今回のことで母子家庭(全部じゃないけど)で借金踏み倒し母親なんかが開き直りとかやりそうですよね。小室計算母子の話を引き合いに出して。でも、今回のことでまた1つ小室計算母の本性が分かって良かった。まずは、Aさん「返済は求めない」の言い方だけにしてえらい。どんな形であれ、お金を要求して来たのは、計算母の方です。貸した、借りたの事実は消えません。結婚前提で、言われるままにお金を渡して下さり、散々贅沢させて(大学にも通わせてもらって)くれた男性に対して、問題は解決済みと公表しろと脅すとは。返していない側のくせに偉そうに言う。絶対、準皇族だと勲章?を掲げて悪いことやる人だと思う。そういう人だって分かって良かったわね!そんな姑がいる家に嫁ぐつもり?

  12. ユフノ より:

    借金の返済を求めないのは、貸し側の温情と善意だと思う。
    結婚祝いのつもりなのかもしれませんが、
    借り側の謝意はまったくない様子。

    人のなさけや思いやりを理解できない人が、
    好きだ、結婚してほしいと言っても、
    普通は信用できないと思うんだけどね。

    眞子さまは、騙されてるのでは?心配です。

  13. マグノリア より:

    こんにちは。
    連日のmayuさんの怒涛のブログ作成、お疲れではありませんか?
    いくら綴っても終わりのないテーマですね。
    そしてお気持ちも癒されない今日この頃となってしまいました。

    元婚約者も疲れ果ててしまったのでしょう。
    おそらく私たちの見えていない部分で、風評被害やいろいろなことが起こっているのだと思います。

    眞子さんも元婚約者もどうしてそんなに小室家に魅力があるのかわかりません。
    しかも、金銭が絡むということは血縁でもない限り色恋が関わることでしょう。
    商売でない限り。

    皇室の存続は今後どうなるでしょう。
    皇族は日本国民ではないので戸籍がなく納税も選挙権もない、でも国民が手にできない特権があり生活の保障もされている。
    皇室典範があるのに、なんで日本国憲法が出てくるのかなぁ。
    皇族は国民の苦しみがわからない、国民は皇族の苦しみがわからない、どこまで行っても平行線ですね。(個人的つぶやきです。)

  14. ramiri より:

    mayuさん、こんにちは。またまた更新ありがとうございます。

    朝よりは元気になりましたので書かせていただきます。A氏へは、どこからか、400万円振り込まれたのかも?マスコミからも少しは入っているでしょうし。

    チラッとミヤネ屋を見たら、やってましたよー。大画面で丸々眞子さんを見たくないのですぐに消しましたが。元々「鬼滅の刃」を見ていたのに、間で別番組の
    cmが入るのでチャンネルを変えただけでしたし。

    世の中には理不尽が溢れ、正直者が馬鹿を見るようにできているのでしょう。

    お馬ka内親王の結婚問題なぞ取り上げて視聴率が下がれば面白いなあ。コロナ問題で、「特別税を取ればいい」などとたわけた事を繰り返す似非関西人mcには消えて欲しいです。

  15. 白雪山羊 より:

    mayuさん、更新有難うございます。

    本当は(?)、計算母側が元婚約者側に解決済み文書を出せと言っていたんですか。
    で、元婚約者側は「解決はしていない」と思って今まで来たが、眞子さまのお気持ち文書で返済しなくていいと決めた……?
    頭の中が混乱して来ました…(@_@;)

    うーん…何だか言葉になりません。計算と計算母って、世話になった人に対して思い遣りの気持ちがないのは良く解りました。

    • 白雪山羊 より:

      追伸:気持ちを吐き出させる場所があって、mayuさん本当に有り難うございます。
      私ほとんど一番乗りで、すみません…(汗)
      3年間凄く心配していたのだけど…溜め息が出ますね。

      先程、夕飯の買い出しから帰って来ました。
      頭の中で「計算」しながら、血眼になって(苦笑)「お得だ値」シール付きの食料を探している時に、これまでの色々な騒ぎが頭に浮かび、何だか…本当に虚しかったです( ;∀;)
      結局愚痴ってしまいました…

タイトルとURLをコピーしました