立皇嗣の礼 天皇皇后両陛下と秋篠宮皇嗣ご夫妻リハーサル*皇居で文化勲章親授式

皇室
スポンサーリンク

皇室 皇居で文化勲章親授式

今日、文化の日なのをすっかり忘れていました。だいたい旦那が仕事を辞めてからは、日曜祭日関係なくなりましたが、土日祭日はイオンなど人の多い所には出かけないようにしています。どうせ平日暇なんだから年寄りは人の少ない平日に動くのが良いと思ってます(笑)脚本家の橋田寿賀子さん95才になっていたのにビックリでした。

皇居で文化勲章の親授式 彫刻家の澄川さんら出席(2020年11月3日)

文化勲章の親授式が「文化の日」の3日、皇居・宮殿「松の間」で行われ、天皇陛下が彫刻の澄川喜一(きいち)氏(89)ら3人に勲章を手渡された。出席した他の受章者は、日本文学の久保田淳(87)と工芸(人形)の奥田小由女(さゆめ、83)の両氏。脚本の橋田寿賀子(95)、物性物理学の近藤淳(90)の2氏は欠席。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、式では全員がマスクを着用。式に続き、澄川氏が代表で感謝の言葉を述べると、陛下は「くれぐれも体を大切にされ、今後もそれぞれの分野の発展のために尽くされますよう願っております」とねぎらわれた。
記事・画像出典 産経新聞 https://www.sankei.com/life/news/201103/lif2011030022-n1.html



天皇皇后両陛下、秋篠宮皇嗣ご夫妻 立皇嗣の礼のリハーサル

両陛下、秋篠宮ご夫妻そろって最初のリハーサルを実施中 立皇嗣の礼(2020年11月2日)

早いもので後4日後には「立皇嗣の礼」が行われます。「立皇嗣の礼」を終えるまでは、天皇陛下の即位礼関連儀式も全て終わらないことになるので、無事に「立皇嗣の礼」を終えてこそ、晴れて天皇は天皇になった、という事で。その後は秋篠宮皇嗣殿下も宮中三殿の殿上に上がって拝礼することになり、11月23日の新嘗祭にも天皇陛下と秋篠宮皇嗣殿下が宮中三殿にて参拝することになります。11月8日までは、天皇皇后両陛下、秋篠宮皇嗣ご夫妻、体調を整えて儀式に臨んで頂きたいです。楽しみですねぇ(^^)

天皇、皇后両陛下は2日、皇居を訪れ、8日に行われる立皇嗣の礼のリハーサルに臨んだ。両陛下がリハーサルをするのは、新型コロナウイルス感染症の影響で立皇嗣の礼の延期が決まった4月以来。
立皇嗣の礼では、両陛下は皇位継承順位第1位の皇嗣となった秋篠宮さまとともに、皇嗣となったことを宣言する中心儀式「立皇嗣宣明の儀」や、秋篠宮さまが両陛下にあいさつする「朝見の儀」などの儀式に臨む。この日は秋篠宮ご夫妻とともに、儀式での所作などを確認したという。今回は感染防止のため招待者を減らし、祝宴は開かない。両陛下と秋篠宮ご夫妻を除く参列者にはマスクの着用を求める。記事出典 デジタル朝日 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14681534.html?pn=2

画像出典 室蘭民放 gettyimages



コメント

  1. イリス より:

    mayuさん、連続アップありがとうございます!

    大統領候補は、お二人とも70代…せめて60代くらいですと、二期くらいお務めでも(持病がなければ)ちょっと余裕があって良いのですが、上の方がたくさんツカエテいると、下の方が出て来られませんねf^_^;

    文化勲章、奥様方もお写真に収まられれば、もう少し絵的に良かったですね。私も橋田先生のご年齢には驚きました。瀬戸内寂聴さんも同じくらいですよね。皆さまご長命で、すごいですね。

    さてリハーサルもご無事に終わられて、あとは当日をお待ちするばかりですね。お天気と、場数が圧倒的におありでない雅子さまが、秋篠宮殿下の、日本のこの大切な日に、汚点となるような所作のミスがないように…という以外は心配ごとはないです(笑)。
    待ちに待った日が目前というのは、気持ちも上がりますね(^。^)

    あとは、眞子さまの大問題ですね…(ーー;)

  2. やしま より:

    この受章の仕組みがそもそもよくわかりません。今回受賞された方は、そもそも5名なんですよね。新聞にもそう書いてある。過去の受賞の写真は、奥様含めて20人ぐらい写っていたときもあったような気がするんですが。今回が特に少ないのでしょうかね。それと黄綬褒章・藍綬褒章・紫綬褒章あるじゃないですか。いつぞやサザンが勲章をおちょくって大問題になったこともある。高須先生は藍綬褒章を過去6回受賞しているとか。そのほかに中曽根さんが葬儀で飾ったあの勲章の数々。勲二等とか勲三等とか。これまたベツモノ?それとも受章としては一緒?勉強しなきゃわかりませんね。まあ一生縁がないから関心も薄いんですが。

    ところでミラージュさんが言われたこと、私も気になったんです。皇嗣殿下ご夫妻がシートベルトをしておられること。現天皇が皇太子のとき、お出ましは長い車列で前後に警護がつき、だからシートベルトの必要はないということで、なさったことはありません。まさかまさかですが、このシートベルト不要の長い車列は、「上皇后夫妻」「天皇夫妻」のみで、皇嗣ご夫妻は内廷皇族じゃないから、警護車両も今までどおりで短く、シートベルト必要なんでしょうか。それっておかしいと思います。これからが注目ですね。

  3. マグノリア姐さん より:

    おはようございます。

    私も文化勲章親授式の日なんてすっかり忘れていました。(全くご縁がないもので。)
    親授式に出席された方々や該当者は皆天皇陛下よりお年上。
    お写真ではマスクも外されソーシャルディスタンスで凛々しいお姿の受賞者はとても輝いていますね。

    いろいろと規律があるのであくまでも私個人の考えですが、天皇家の方々も公務以外ではシートベルトをされた方がいいと思います。
    信号も青で警備も万全なので危険はほとんどないとは思いますが、でも皆無ではありません。
    マスクは絶対するけど、シートベルトは絶対しないのですね。
    秋篠宮家はきちんとシートベルトをされておりますので、国民に寄り添う行動をされていると感じます。
    そして、危険予測に対応し、交通ルールをきちんと守られていると思います。
    今後公務では、内廷皇族と同等になることでしょう。

  4. ミラージュ より:

    mayuさん、こんばんは。
    新しい記事のアップありがとうございます。

    文化勲章受章者記念撮影が3名とは寂しいですね。
    後のお二人は体調が悪かったのかしら?
    左の奥田小由女さんのお着物と帯がとびきりの素晴らしさで眼福です。

    リハーサルに向かわれる写真で今更ながら(遅すぎ!)気がついたのですが、秋篠宮ご夫妻はいまだにシートベルトをなさってますね。
    ということは、警備は皇太子並みにはまだなっていないということ。
    立皇嗣礼が終わってもそのままなのか。
    ちょっと気になりました。
    外出時の警備は、物々し過ぎるようには思いますが、悠仁様の警備は見直して万全の対策をとって頂きたいものです。

タイトルとURLをコピーしました